【1万円以下も!】安い除湿機おすすめ17選 | 格安モデルと高コスパの選び方(2022)

除湿機の本体価格は、1万円以下の安い小型モデルから、ハイブリッド式など4万円を超えるハイグレードモデルまでさまざま。機能はそれぞれですが、なるべく予算を抑えて、コスパのよい商品を手に入れたいですよね。

そんなときに心配なのが、「安い除湿機は、除湿力が低いのでは?」という不安。しかし最近では、安くて高性能なコスパのいい除湿機がたくさん販売されているので、ポイントさえ抑えておけば、お得に除湿できる安い除湿機が見つかりますよ。

今回はそんな安い除湿機の選び方を徹底解説した上で、おすすめ人気ランキングをご紹介します。

梅雨〜夏にかけての部屋干し対策や、冬の玄関や窓の結露対策など除湿機は季節を問わず一年中活躍するアイテム。ハイブリッド式の選択はもちろん、春夏にはコンプレッサー式除湿機、秋冬はデシカント式除湿機など2台使い分けもありですよ。賢く選んでコスパのいい安い除湿機を手に入れましょう!

安い除湿機の選び方

まずは、コスパよく除湿機を購入するタイミングや除湿方式をご紹介します。お得に除湿機を導入する参考にしてくださいね。

安い除湿機は、型落ち+1万円台を選ぶ

安くて性能がよい除湿機が欲しいなら、1万円台の型落ちモデルを選びましょう。最新型モデルの発売に際し、既に販売されているモデルが型落ちとなり、値下がりする傾向があります。

型落ちモデルと最新モデルを比較しても、性能に大して差がないことは珍しくありません。最新型が2万円台の除湿機なら、型落ちモデルが1万円台まで値下がりすることもありますよ。

型落ちを探すなら3月〜4月。通販はセール時期が◎

型落ちを探すなら3月〜4月。通販はセール時期が◎

型落ちモデルを店舗で買うなら、最新モデルの発売直前がおすすめ。大手の家電量販店では、3〜4月にかけて除湿機の新モデルが発表され、その発表直前の1ヶ月は型落ちモデルが安くなる傾向があります。

メーカーによって新商品の販売時期は微妙に違うので、お気に入りのメーカー公式ホームページをチェックしておきましょう。

Amazonや楽天では、セール時期を狙うとお得です。除湿機が自宅に届くので、店舗に足を運ぶ手間もカットできますよ。セール時期は以下の通りです。

アマゾン 楽天
お得な時期
  • 月末or月初めのタイムセール
  • 7月中旬のプライムデー
  • 11月末のブラックフライデー
  • 12月中旬のサイバーマンデー
  • 3ヶ月に1度のスーパーセールの時期
  • ポイント5倍の0と5のつく日

用途に合わせてコスパのいいタイプを選ぶ

除湿機のタイプは、コンプレッサー式・デシカント式・ペルチェ式・ハイブリッド式の4種類。除湿機によって使う季節や用途が変わります。

コンプレッサー式

用途に合わせてコスパのいいタイプを選ぶ

出典:amazon.co.jp

デシカント式

用途に合わせてコスパのいいタイプを選ぶ

出典:amazon.co.jp

ペルチェ式

用途に合わせてコスパのいいタイプを選ぶ

出典:amazon.co.jp

タイプ別の主なメリット
  • コンプレッサー式:電気代を安く抑えられる
  • デシカント式:静音性が高く冬の結露対策にも使える
  • ペルチェ式:狭いスペースで使えて本体価格が安価
  • ハイブリッド式:高性能で使う季節を選ばない

以下の表では、デメリットも含めて各タイプを比較してあります。本体価格だけでなくランニングコストも含めて、どのタイプが使い方に合っているか検討してみてください。

コンプレッサー デシカント ペルチェ ハイブリッド
メリット
  • 室温をあまり上げずに除湿できる
  • 電気代が安い
  • 気温が低い冬に除湿性能を発揮する
  • 音が静か
  • コンパクトサイズで場所を取らない
  • 価格が安い
  • 音がほとんどない
  • ミニサイズで収納しやすい

・コンプレッサー式とデシカントのいいとこどり
・季節を問わず一年中使える

デメリット
  • 気温が低い冬では除湿性能が落ちる
  • 稼働音がやや大きい
  • 本体がやや重い
  • 室温の上昇が激しい
  • 電気代が高い
  • 狭い場所でしか使えない
  • 気温が低い冬では除湿性能が落ちる
・本体価格が高い
おすすめする人
  • 梅雨〜夏の時期に使用する人
  • 電気代を気にせず使いたい人
  • 長時間使う人
  • 1年中通して使う人
  • 複数の場所に持ち込んで使う人
  • クローゼットや浴室などの狭い場所でのみ使う人
・型落ちでハイスペックな除湿機を安く手に入れたい人

さらに詳しく知りたい方は、記事後半でもタイプごとの機能を紹介しているので参考にしてくださいね。

部屋タイプ・適用畳数で選ぶ

せっかく安い除湿機を選んでも、「適応畳数」以上の部屋では除湿効果が見込めません。除湿機には「木造8畳・鉄筋16畳」など、能力に合わせた建物のタイプと広さの記載があるので、除湿能力が発揮されるよう、設置場所に合ったモデルを購入しましょう。

予算に余裕があるなら、適用サイズより少し大きめの除湿機を選ぶのがおすすめです。素早く部屋の湿度を下げられ、部屋干しするときも衣類が短時間で乾きますよ。

押さえておくべきこと
  • 部屋よりやや大きめの適用畳数の除湿機がおすすめ
  • 木造・鉄筋では適用畳数が違うので注意

編集部

数日分の洗濯物をまとめて部屋干しするなら、部屋の大きさより3畳ほど大きいものを選ぶと短時間で乾かせるのでおすすめですよ。

除湿能力は5L/日以上・タンク容量は1.8L以上がおすすめ!

除湿能力は5L/日以上・タンク容量は1.8L以上がおすすめ!

出典:amazon.co.jp

クローゼットなど限定された狭いスペースではなく、6畳以上の部屋で安い除湿機を利用するなら、一日あたりの除湿能力は5L以上以上がおすすめです。8畳以上の部屋に設置するときは、6.5L以上の除湿能力があるものを選びましょう。

タンク容量は1.8L以上がベスト!あまり小さいタンクだと頻繁に水捨てが必要なので不便です。反面、大きすぎるタンクは満水になると重くなるため、水捨てのことも考えて無理なく持ち上げられるサイズを選びましょう。大きめのタンクを搭載した安い除湿機を選ぶなら、タンクに持ち手の付いたものがおすすめですよ。

自動で排水できるモデルも便利

自動で排水できるモデルも便利

出典:amazon.co.jp

水を捨てるのが面倒な人や排水でいる場所に設置する予定の人は、ホースを使って浴室などに排水できる連続排水対応のモデルがおすすめです。

水が逆流しないよう排水場所より除湿機を高く配置しなければならないなど、設置場所に制限はありますが、水捨ての手間がかからない分、大量の洗濯物を頻繁に部屋干しするご家庭には便利ですよ。

部屋干しには、サーキュレーターと風向き調整がマスト!

部屋干しに除湿機を利用するなら、サーキュレーター機能に加え、ルーバーなどで風向きを調整できるものがマスト。左右はもちろん、上下など必要な場所にピンポイントに風を送れます。さらにオートルーバー機能がついていれば、広い範囲にムラなく風を送り、洗濯ものを早く乾かせますよ。

編集部

安い除湿機を部屋干し用に探しているなら、設置する部屋よりもワンランク上の能力を選ぶのがおすすめ!一日あたりの除湿能力やタンクも大きめを選びましょう。

より効率的に部屋干ししたいなら、サーキュレーターとの併用もおすすめです。
関連記事:【2021年】冷暖房に効果的なサーキュレーター 37選 |プロが教える選び方から使い方まで解説

関連記事:【2022年】衣類乾燥除湿機 おすすめランキング14選 機能と価格を徹底比較&レビュー

【安いvs高い】除湿機の人気3モデル徹底比較

安い除湿機が良いと思っても、「高い除湿機と何が違うのか」は気になりますよね?そこで、除湿機の人気モデル3つを徹底的に比較して、電気代や除湿量などの違いを明らかにします。

比較するのは、以下の人気3製品です。

製品を比較すると、以下の表のようになります。

商品最安価格除湿方式重量サイズコード長さ適用畳数目安タンク容量1日あたりの除湿能力モード切タイマー特徴
アイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機 DDB-20¥8,981 Amazon楽天市場Yahoo!デシカント式3.9kg290x190x477mm1.6m木造7畳/鉄筋14畳2.0L2.0L除湿4/8時間1万円以下
シャープ 衣類乾燥除湿機 CV-J71¥23,200 Amazon楽天市場Yahoo!コンプレッサー式9.4kg303x524x203mm-木造8〜9畳/鉄筋16〜18畳2.5L6.3L除湿、衣類乾燥2/4/6時間プラズマクラスター搭載、四輪キャスター付き、内部乾燥機能、連続排水に対応、ハンドル付き水タンク
パナソニック 衣類乾燥除湿機 F-YC120HTX¥56,000 Amazon楽天市場Yahoo!ハイブリッド式13.9kg370x580x225mm2.1m木造11〜13畳/鉄筋23〜25畳3.2L9.0L除湿(強・中・弱・おまかせ)、衣類乾燥(少量速乾・速乾・おまかせ・音控えめ)2/4/6時間ナノイーX搭載、四輪キャスター付き

比較した結果、価格が高い製品の特徴がわかりました。

  • 除湿や衣類乾燥コースが豊富
  • 除湿性能が優れている
  • 広い部屋での使用に向いている
  • 本体サイズが大きく重いため部屋の移動には不向き

つまり、(一人暮らし程度の)狭い部屋での使用や、部屋干しする洗濯物の量が多くない場合は安い製品で十分です。むしろ、使用場所を変えたり収納したりと持ち運びをするなら安い製品の方が適しているでしょう。

関連:【2021】新生活に!ひとり暮らし用 洗濯機 おすすめ15選 | 選び方・使い方を徹底解説

人気モデルの電気代を比較

次に電気代の違いを調べるために、1日10時間したときの電気代を計算しました。

アイリスオーヤマ コンパクト除湿機 DDB-20 シャープ 除湿機 CV-J71 パナソニック 衣類乾燥除湿機 F-YC120HTX
除湿方式 デシカント式 コンプレッサー式 ハイブリッド式
除湿にかかる1日の電気代 94.5円 47.25円 59.4円
衣類乾燥にかかる1日の電気代 47.25円 60.75円
衣類乾燥(速乾)にかかる1日の電気代 184.95円

電気代に関しては、価格の差よりも除湿方式の違いによって電気代が変わりました。デシカント式が他に比べ、倍近く電気代がかかることがわかります。毎日10時間で1ヶ月使うと、約1,000〜1,500円の差です。

しかし、高い製品でも速乾コースを使えば、約185円とかなりコストがかかります。便利な機能を使えば、結局電気代がかかってしまうということです。

電気代を抑えたい人には、デシカント式よりもコンプレッサー式がおすすめです。ただし使う頻度が少なければ、そこまで電気代に差はつきません。

2,3日に1度の頻度で、5時間使用しても1ヶ月の電気代の差は150円ほどです。使用頻度が少ないなら、デシカント式で問題なく使えるでしょう。

高い製品と安い製品、それぞれおすすめな人をまとめました。

おすすめする人
高い製品
  • 広い部屋を除湿する人
  • 使用頻度や稼働時間が長く、出しっぱなしで使う人
  • 除湿や衣類乾燥コースを使い分けたい人
  • 電気代を抑えたい人(※速乾コースはほとんど使わないこと)
安い製品
  • 1人暮らしのような狭い部屋で使用する人
  • 使用頻度が少なく、持ち運びを繰り返す人
  • 本体価格を抑えたシンプルな機能だけを求める人

ひとことメモ
一人暮らしや二人暮らしなら安い除湿機で十分!

ドンキホーテに安い除湿機は売っている?

2022年7月現在、Picky’s編集部が調べたところ、ドンキホーテにも安い除湿機が売られています。ただし、ドンキホーテは店舗ごとに安い除湿機の値段や取り扱いが異なる可能性があるので、直接店舗に確認してください。

【1万円以下!】安い除湿機おすすめ人気ランキングの比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格除湿方式重量サイズコード長さ適用畳数目安タンク容量1日あたりの除湿能力モード切タイマー特徴
KLOUDIC 安い除湿機 小型除湿機 CS03Amazon¥4,499 楽天市場Yahoo!ペルチェ式0.75kg直径130x213mm-木造6畳/鉄筋12畳0.75L0.32L除湿-1万円以下、湿度調整機能
LERIZOM 安い除湿機 コンパクト除湿機¥5,999 Amazon楽天市場Yahoo!ペルチェ式1.4kg162×142×278mm-6~8畳1.2L0.45L--七色レインボーライト・運転音39db
Hysure 小型除湿器 ブラックAmazon¥5,999 楽天市場Yahoo!ペルチェ式1.2kg163x107x267mm-9〜10畳0.7L0.3L除湿-1万円以下
zepan コードレス除湿機 ホワイトAmazon¥7,580 楽天市場Yahoo!--107x107x270mmコードレス3畳-0.1L除湿-1万円以下、コードレス、水捨て不要、無電源・無給電式
Hysure 安い除湿機 空気清浄機能付き除湿器¥8,399 Amazon楽天市場Yahoo!-2.7kg195×215×315mm-11~15畳1.0L0.75L除湿(標準・睡眠)-二段階風量調整可
Enteenly 小型除湿機 ホワイト¥3,680 Amazon楽天市場Yahoo!ペルチェ式1.3kg170x100x268mm-木造8畳/鉄筋15畳1L0.4L除湿(強・中・弱)-1万円以下
KLOUDIC 安い除湿器 DH-CS02Amazon¥7,999 楽天市場Yahoo!ペルチェ式2.3kg153x312x225mm-木造8〜9畳/鉄筋16〜18畳2.3L0.8L除湿(標準・睡眠)8/12/24/48時間1万円以下、内部結露防止、湿度表示あり

【1万円以下!】安い除湿機おすすめ人気ランキング7選

まずは、クローゼットや洗面所の湿気とりにおすすめな、ペルチェ式除湿機を中心とした1万円以下のランキングをご紹介します。

【2万円以下!】安い除湿機おすすめ人気ランキングの比較一覧表

商品最安価格除湿方式重量サイズコード長さ適用畳数目安タンク容量1日あたりの除湿能力モード切タイマー特徴
アイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機 IJD-H20 ブルー¥11,790 Amazon楽天市場Yahoo!デシカント式4.4kg165x510x325mm1.6m木造3畳/鉄筋6畳2L2.2L除湿・衣類乾燥4/8時間1万円以下
アイリスオーヤマ コンパクト除湿機 DDB-20 ホワイト¥13,131 Amazon楽天市場Yahoo!デシカント式3.9kg290x190x477mm1.6m木造7畳/鉄筋14畳2.0L2.0L除湿4/8時間1万円以下
山善 衣類乾燥除湿機 YDC-C60 ホワイト¥13,300 Amazon楽天市場Yahoo!コンプレッサー式9.5kg276x185x480mm1.8m木造6〜7畳/鉄筋13〜14畳2.0L5〜6L除湿、衣類乾燥1〜8時間(1時間単位)湿度調整機能
TOYOTOMI 安い除湿機 デシカント式除湿機 TD-Z80G¥18,307 Amazon楽天市場Yahoo!デシカント式6.1kg212x476x320mm2.0m木造10畳/鉄筋20畳2.2L8.0L除湿、衣類乾燥(多め、少なめ)2/4/8時間オートルーバー、湿度調整機能、連続排水に対応
アイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機 IJC-H65¥15,800 Amazon楽天市場Yahoo!コンプレッサー式9.7kg319x535x204mm1.8m木造7〜8畳/鉄筋14〜16畳2.5L5.5L除湿(標準・弱)、衣類乾燥2/4/8時間オートルーバー、四輪キャスター付き、連続排水に対応、湿度調整機能
アイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機 IJD-I50¥18,182 Amazon楽天市場Yahoo!デシカント式7.8kg287x640x234mm1.6m木造6畳/鉄筋13畳2.5L5.0L除湿(強・中・弱)、サーキュレーター(強・中・弱)2/4/8時間サーキュレーター付き、自動首振り

【2万円以下!】安い除湿機おすすめ人気ランキング6選

ここでは、2万円以下の安い除湿機のランキングをご紹介します。部屋干しに便利な衣類除湿機能付きモデルも登場しますよ!

【高性能!】安い除湿機おすすめ人気ランキングの比較一覧表

商品最安価格除湿方式重量サイズコード長さ適用畳数目安タンク容量1日あたりの除湿能力モード切タイマー特徴
シャープ 除湿機 CV-J71¥24,680 Amazon楽天市場Yahoo!コンプレッサー式9.4kg303x524x203mm-木造8〜9畳/鉄筋16〜18畳2.5L6.3L除湿、衣類乾燥2/4/6時間プラズマクラスター搭載、四輪キャスター付き、内部乾燥機能、連続排水に対応、ハンドル付き水タンク
パナソニック 衣類乾燥除湿機 F-YZT60¥23,400 Amazon楽天市場Yahoo!デシカント式5.9kg178x459x357mm2.1m木造7畳/鉄筋14畳2.0L5.4L除湿、衣類乾燥4/8時間-
CORONA 安い除湿機 衣類乾燥除湿機 CD-P63AAmazon¥36,400 楽天市場Yahoo!コンプレッサー式7.9kg220x515x330mm1.8m木造7〜8畳/鉄筋14〜16畳3.5L5.6L除湿(標準・エコモード)、衣類乾燥2/4/8時間フィルター交換10年、ハンドル付き水タンク
SHARP(シャープ) 安い除湿機 ハイブリッド除湿機CV-NH140¥35,800 Amazon楽天市場Yahoo!ハイブリッド式約15kg365x235x645mm-14~28畳(50Hz)16~33畳(60Hz)/木造~鉄筋約3.6L11/13L(50Hz/60Hz)除湿・衣類乾燥・衣類消臭など1-9時間ハンドル付き水タンク・24時間連続排水など

【高性能!】安い除湿機おすすめ人気ランキング4選

最後に機能性を重視する方におすすめな、高機能タイプの安い除湿機をご紹介します。

靴箱・クローゼットにはコレ!コードレスに使える「スリムドライ」

除湿カートリッジで湿気を吸収する構造なので、一般的な除湿機とは仕組みが違いますが、使い捨ての除湿剤を使うような靴箱・クローゼットなどにはぴったり。除湿剤と違い本体にセットして乾燥させることで、吸湿力が復活するため何度も繰り返して使えます。

除湿能力も市販の使い捨て除湿剤とくらべて約3倍と優秀。お部屋の除湿には向きませんが、湿気の気になる押入れなどに使うのにはもってこいですよ。湿気剤の吸湿能力では物足りない方におすすめです。

タイプ別の安いおすすめ除湿機を徹底解説

ここではタイプ別に、安い除湿機のメリット・デメリットをご紹介しています。選び方と合わせて参考にしてくださいね。

電気代を抑えたいなら「コンプレッサー式」

コンプレッサー式は、吸い込んだ空気を冷やして水滴に変え、除湿する方法です。ヒーターを必要とせず、室温をあまり上げることなく除湿できます。気温が高い季節に使用しやすく、主に梅雨時から夏の時期に使用する人におすすめ。

デシカント式に比べて消費電力が小さく、電気代が安く抑えられることが特徴。しかし、気温が低い冬には除湿能力が下がるデメリットがあります。

他にも注意すべき点は、稼働音がやや大きいことや本体が重いことです。決まった部屋で使う人や寝室以外で利用する人であれば、コンプレッサー式でいいでしょう。

ひとことメモ
コンプレッサー式は、梅雨や夏の時期を中心に使用する人に選ばれています。

関連記事:【夏の部屋干しに!】コンプレッサー式 除湿機 おすすめ15選 | 格安モデル・静音・冬モード徹底解説【2021最新】

静音で選ぶなら「デシカント式」

フィルターで吸着した水分をタンクに溜め、ヒーターによって乾いた空気を送り出して除湿するのがデシカント式(別名ゼオライト式)です。ヒーターを使うので、冬の季節にも活躍します。コンプレッサー式と違い、1年通して使える除湿方式です。

コンプレッサーを内臓していないため、音は静か。コンパクトかつ軽量で持ち運びしやすいです。しかし使い方によってはコンプレッサー式と比べ、1.5〜3倍ほどの電気代がかかることや6〜8度の温度上昇することがデメリット。

電気代が高いため1日中の使用には向いていません。「洗濯物を乾かす時」や「部屋の湿気を取りたい時」、「窓の結露を取り除く時」などの湿気を取り除くタイミングで使用するのが賢い使い方です。

また暑い時期に使用するなら、人がいない部屋で使うと室温上昇のデメリットが気にならないでしょう。

ひとことメモ
多少電気代がかかっても、冬の洗濯物の悩みを解決したいならデシカント式がおすすめ!

狭いスペースでの使用なら「ペルチェ式」

クローゼットや押入れのような、狭い場所での除湿に適したペルチェ式。コンプレッサーやデシカント式と比べて、小型で本体価格が5,000円程度です。

「ペルチェ素子」という小型の電子部品を内蔵し、空気を冷やして結露させて除湿する仕組みです。コンプレッサー式と同じく、室温が高い場所で除湿性能を発揮します。

音や振動がほとんどなく、非常に静かに除湿できる方式です。しかし、本体が小さいので除湿能力が低く、広い空間の除湿や衣類乾燥には適していません。(冬を除き)クローゼットや靴箱、浴室、キッチンなど、ピンポイントで使用するのに適しています。

コンパクトな除湿機をお探しの方はこちらの記事をチェック!
関連記事:【部屋干し対策に!】小型で強力な除湿機おすすめ15選 | 選び方・電気代 徹底解説【2021】

ハイブリッド式は高価格なので△

コンプレッサーとデシカント式の良いとこ取りをしたのがハイブリッド式。夏にはコンプレッサー、冬にはヒーターを使って効率良く除湿します。一年中使いやすい優れた除湿方式で、本体サイズが大きく除湿能力が高いです。

しかし、価格が2~3万円以上と高額で、4万円を超えるものも珍しくありません。そんなハイブリッド式除湿機で安いモデルを狙うなら、型落ちモデルがおすすめ!ただし予算が2万円以下なら、ハイブリッド式は除外して考えましょう。

関連記事:【大量の洗濯物を速乾!】ハイブリッド式 除湿機 10選 |おすすめな人・選び方 徹底解説【2021年】

コンプレッサー・デシカント・ペルチェ式の3つから、自分に合った方式を選んでください。それぞれのメリットとデメリットを以下の表でまとめました。

安い除湿機の人気おすすめメーカー

安い除湿機が欲しいとはいえ、長く使う家電なので品質が保証されている除湿機が欲しいものです。そこで、安い除湿機でも安心して買えるおすすめのメーカーをご紹介。

紹介するのは以下のメーカーです。

  • 安さ重視なら「アイリスオーヤマ」
  • スリムやコンパクトさを求めるなら「コロナ」
  • お部屋や衣類のにおいが気になるなら「シャープ」
  • 衣類を清潔に保つなら「パナソニック」

メーカーごとの特徴を簡単に説明します。

アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマは本当に必要な機能だけを備え、安い価格にこだわって製品を作ります。安さを求めるユーザーの支持を集めているメーカーです。

中でも、サーキュレーター付きの除湿機が人気。洗濯物にダイレクトに風が届き、素早く衣類を乾かせます。パワフル乾燥で生乾き臭もほとんど残らないので、部屋干し派の家庭におすすめです。

コロナ

コロナは石油暖房機器や空調設備などを取り扱う住宅設備メーカー。扱う除湿機は全てコンプレッサー式で、電気代を安く抑えられることが特徴です。

スリムやコンパクトな製品を扱っており、手軽にお部屋の除湿や洗濯物の乾燥に使えます。大きなものを部屋に置きたくない人や、普段は収納したい人におすすめです。

シャープ

シャープの除湿機は、消臭効果のある「プラズマクラスター」を搭載しています。生乾き臭や汗のにおい、タバコのにおいが気になる人におすすめです。

ユーザーの要望に答える幅広いラインナップを取り揃えていることも特徴の1つ。デシカント式は扱っておらず、製品のほとんどがコンプレッサー式です。

パナソニック

除菌・消臭効果のある「ナノイー」によって清潔に除湿したり、洗濯物を乾かせる除湿機を販売するのがパナソニックです。自宅に持ち込んだ花粉の抑制効果もあります。

商品はハイブリッド式とデシカント式を扱っているため、1年中使いたい人におすすめです。コンパクトで取っ手付きなので、頻繁に持ち運びする人でも使いやすいでしょう。

安い除湿機 関連記事

除湿機は除湿方式だけでなく、製品別で搭載機能も大きく異なります。購入後に、「デシカント式がこんなに電気代が高いとは知らなかった」「運転音が気になる」など、「他の除湿方式の製品にすればよかったかな?」と思ってしまうかたも多い家電です。

購入前にしっかり製品比較、購入後のメンテナンス・お手入れ・お掃除方法、関連製品もチェックしましょう。

関連記事:【夏も冬も大活躍】おすすめ除湿機27選|電気代・衣類乾燥・選び方を徹底解説!【2021】
関連記事:【2021年】衣類乾燥除湿機 おすすめランキング14選 機能と価格を徹底比較&レビュー

安い除湿機の人気売れ筋ランキングもチェック

こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されている除湿機のランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

安い 除湿機まとめ

失敗しない安い除湿機の選び方や、安くておすすめの除湿機を紹介しました。「どの時期に使用するか」や「どこで使用するか」に注目すれば、除湿機選びで失敗しにくいでしょう。

この記事の内容を簡単にまとめます。

  • 梅雨〜夏の時期に使うなら、電気代の安い「コンプレッサー式」
  • 一年通して使用するなら、動作音が静かな「デシカント式」
  • 部屋干し派はタンク容量が1.8L以上、除湿量が5L以上のものを選ぶ
  • 数日分の洗濯物をまとめて乾かす場合は、やや大きめの適用畳数のものを選ぶ
  • 狭い部屋で使用する人や、使用頻度が少ない人なら安い除湿機で問題ない
  • 衣類乾燥がメインなら、1万円台の型落ちモデルを狙おう

以上の点を参考にすれば、あなたに合った安い除湿機選びができるでしょう。これで湿気に悩まされる生活とはおさらばです。

関連記事:【2021年最新版】人気のドラム式洗濯機おすすめランキング15選

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー