HDMIとは何が違う?DisplayPortケーブルのおすすめ8選|意外と知らないデメリットも解説

DisplayPort

接続ケーブルの規格はHDMIやVGAなどの種類があり、その中で最も性能が高いのが今回紹介する「DisplayPort(ディスプレイポート)ケーブル」です。

4K8Kといった高解像度モニターや、スピードが重要視されるゲーミングモニターとの接続に適しています。

ただ、DisplayPortには適した使用環境がありますので、ケーブルの特性をよく理解したうえで選ぶことが重要。DisplayPortケーブルを十分理解した上で適切な環境で使用しないと、使いにくさを感じてしまうかもしれません。

そこで今回は、DisplayPortケーブルの特徴やメリット・デメリットや選び方、さらにおすすめの最新DisplayPortケーブルを紹介します。

DisplayPortケーブルとは?

DisplayPortケーブルは、PCを液晶モニターと接続し、映像や音声を伝達するためのケーブル規格の一つ。以下の写真のような形状の端子で、切り欠きがあるのが特徴です。

DisplayPort

どんなに性能の高い液晶ディスプレイを買っても、それを繋ぐケーブルの性能が低ければディスプレイの性能を引き出すことはできません。

近年の高品質なディスプレイの性能を引き出すために登場したのが、大容量データ転送に対応したDisplayPortケーブルです。

DisplayPortケーブルのメリット

DisplayPortケーブルは性能の高いケーブルですが、メリット・デメリットがあるので無条件におすすめできません。

現在PCで用いられる一般的な接続ケーブルの規格は、大きく分けて下記の4種類です。

  1. VGA(D-sub)
  2. DVI
  3. HDMI
  4. DisplayPort

まずは、これらのケーブルと比較した場合の、DisplayPortケーブルのメリットを紹介していきます。

大容量の映像と音声データを1本のケーブルで伝達できる

DisplayPortケーブルは、大容量の映像と音声データを1本のケーブルで伝達できます。

8K対応の高画質なディスプレイや、リフレッシュレートの高いゲーミングモニターにも高画質なデータを素早く送ることができます。

例えば、HDMIケーブルは4Kまでしか対応していませんが、DisplayPortケーブルは最大8Kまで対応しています。

4K動画を観るだけならHDMIケーブルでもOKですが、8Kを観るなら大容量に対応したDisplayPortケーブルが必要です。

最大240Hzまでのリフレッシュレートに対応

DisplayPortケーブルは、最大240Hzまでのリフレッシュレートに対応しています。

PS5やPS4、パソコンのアクションゲームやFPSといった、0.1秒の遅延で勝敗が決まってしまうような動きの速いゲームとの相性は抜群です。

リフレッシュレートとは?
リフレッシュレートとはモニターの更新速度(画面切り替えの早さ)を決めるモニター性能の一つです

PCモニターやゲーミングモニターの違い、選び方について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事:【2021年度最新版】用途別PCモニターの選び方とおすすめ25選を解説&徹底比較

関連記事:【2021年最新版】コスパ最強のゲーミングモニターおすすめ20選!ゲームが有利になるモデルとは?

DisplayPortケーブルのデメリット

DisplayPortケーブルのデメリットはモニターの電源をオフにしたとき挙動がおかしくなることがあるというものです。

接続したモニターをスリープ状態にしたり、モニターの電源のみを切った時に接続が失われ、様々な不具合が生じるというもので、DisplayPortケーブルの仕様上避けられません。

例えば、以下のような不具合が発生することがあります。

  • ウィンドウの配置が換わる
  • 使いやすく並べたアイコンが全部端に寄ってしまう
  • デュアルモニターの場合アイコンが全部1つのモニターに寄る
  • Direct Xを使用したゲームの接続が切られてしまう

ただし、必ず起きるわけではなく、環境や機器同士の相性によっては起こらないこともあります。

対策としては「モニターの電源だけを切らない」のが確実ですが、使用環境によってはそうもいきません。

これらの問題を回避しつつどうしてもDisplayPortケーブルを使いたいのであれば、「DisplayPort対策モニター」を選ぶのも一つの手です。

EIZOなどの一部のメーカーでは、DisplayPort接続でモニター電源を切っても不具合が生じない機能を搭載したモニターがあります。

例えばこの機種には「Compatibility Mode」という機能があり、ONにすることでDisplayPortケーブル接続の状態でモニターだけを切っても先ほどのような不具合は発生しません。

編集部

とはいえ、この症状の回避のためだけにモニターを選ぶというのも現実的ではないので、頻繁にモニター電源だけ切る方はHDMIのほうが良いかもしれません

DisplayPortケーブルとHDMIケーブルの違い

よく耳にする「HDMIケーブルと何が違うの?」と思われる人もいるかもしれませんね。

HDMIケーブルとはこのような端子のケーブルで、現在最も一般的に使われているケーブルです。見たことがある方も多いのではないでしょうか。

規格 最大解像度 リフレッシュレート
HDMI 2.0 4096×2160(4K) 最大レート 120~144Hz
Display Port 1.4 7680×4320(8K) 最大レート 240Hz

HDMIはTMDSという方式で各データを1個ずつ送るのに対し、DisplayPortはパケット方式ですべてのデータを一度に送ることができます。

要するに、対応解像度や対応リフレッシュレートといった性能面では、DisplayPortケーブルのほうが圧倒的に高いです。

ただ、DisplayPortケーブルはその高い性能を活かせる機器を持っている方が少ないという現状もあり、シェアではHDMIのほうが圧倒的に高いです。

ですが、モニターが年々高性能化・低価格化していく現状を見ると、近いうちにHDMIケーブルからDisplayPortケーブルが主流になるかもしれません。

DisplayPortがおすすめな人

以上の点から、DisplayPortケーブルは以下のような方におすすめです。

  • 4Kや8K対応のディスプレイを持っている
  • 4K動画の作成や編集をする
  • 高いリフレッシュレートの高性能ディスプレイでゲームをする

性能の高い最新式のディスプレイを持ってる方におすすめです。

いくらDisplayPortケーブルの性能が高いと言っても、それを活かせるディスプレイを持っていなければ意味がなく、それなら不具合が出ないHDMIがおすすめです。

編集部

DisplayPortは4K・8K動画が観られる環境や、本気でゲームをやる方向けのハイスペックケーブルです

DisplayPortポート使用に適した4K対応のPCモニターのおすすめを知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事:【2021年最新版】4Kモニターおすすめ15選 | 選び方やメリットデメリットを解説

DisplayPortケーブルの選び方のポイント

DisplayPortケーブルを選ぶ際は、以下の4つの点に注意して選びましょう。

  1. バージョン
  2. 端子の形状
  3. 長さ
  4. 価格による違い

「バージョン」は最新のものを選ぼう

DisplayPortケーブルのバージョンは最新のものを選ぶようにしましょう。

DisplayPortケーブルは一番最初に作られたDisplayPort1.0から何度かバージョンアップしてあり、現在7種類のバージョンが存在します。

バージョン(ver) 最大帯域幅 4Kリフレッシュレート 5Kリフレッシュレート 8Kリフレッシュレート
DisplayPort 1.0 10.8Gbps 30Hz 非対応 非対応
DisplayPort 1.1 10.8Gbps 30Hz 非対応 非対応
DisplayPort 1.1a 10.8Gbps 30Hz 非対応 非対応
DisplayPort 1.2 21.6Gbps 75Hz 30Hz 非対応
DisplayPort 1.2a 21.6Gbps 75Hz 30Hz 非対応
DisplayPort 1.3 32.4Gbps 120Hz 60Hz 30Hz
DisplayPort 1.4 32.4Gbps 240Hz 120Hz 60Hz

現在販売されているものは1.2か1.4がほとんどですが、各バージョンによって対応している帯域幅や解像度が異なるので、購入する際は注意しましょう。

編集部

性能の高いDisplayPort Ver1.2か、1.4を選んでおけば間違いありません

同じDisplayPortでも「端子の形状」には要注意

DisplayPortケーブルには「DisplayPortケーブル」と「Mini DisplayPortケーブル」の2種類があります。左が通常の「DisplayPortケーブル」で、右の小さい端子が「Mini DisplayPortケーブル」です。

Mini DisplayPortケーブルはノートパソコン、特にappleのMacなどで使われていることが多く、「Thunderbolt」と同じ端子形状です。

編集部

そもそも接続したい各機器にDisplayPortケーブル端子があるのかどうか、そしてDisplayPort端子なのかMini DisplayPort端子なのか確認してから購入しましょう。

「長さ」は10m以下がおすすめ!

ケーブルの長さは、可能な限り短いものがおすすめです。というのも、長いと取り回しが悪く、邪魔になるのはもちろん、長ければ長いほど接続伝達時にノイズが発生しやすくなるからです。

  • 0.5m
  • 1m
  • 1.5m
  • 2m
  • 3m
  • 4m
  • 5m
  • 7m
  • 10m
  • 15m
  • 20m
  • 100m(調査時最長)

様々な長さのケーブルを売っていますが、選ぶ基準としては「10m以下」と覚えておきましょう。10m以内であれば、まずノイズが発生することはありません。

ただし逆に短いと機器同士の接続がしにくくなったり、手などでひっかけた際に抜けやすくなります。

編集部

接続する機器のレイアウトに適した長さで、ひっかけても抜けないよう若干ゆとりを持たせたちょうどよい長さのケーブルを選びましょう

なお、抜け防止にはラッチ付きのケーブルも便利です。

よく足や手でケーブルをひっかけて抜いてしまう、という方はこうした抜け防止機能の付いたケーブルを選択するのも良いでしょう

DisplayPortケーブルの比較一覧表

商品最安価格バージョン端子ケーブル長さ
【Amazonベーシック】 DisplayPort to DisplayPortケーブル 1.8m¥993 Amazon楽天市場Yahoo!1.2DisplayPort0.9m/1.8m/3.0m/4.6m/7.6m
【iVanky】Displayport ケーブル1.2/4K/2M¥1,199 Amazon楽天市場Yahoo!1.2DisplayPort1m/2m/3m
【サンワサプライ】 DisplayPortケーブル 2m(Ver1.4) KC-DP1420¥2,640 Amazon楽天市場Yahoo!1.4DisplayPort1m/1.5m/2m/3m/5m
【サンワサプライ】 KC-DP2K DisplayPort ケーブル 4K60Hz対応 ブラック¥1,318 Amazon楽天市場Yahoo!1.2DisplayPort1m/1.5m/2m
【エレコム】 ディスプレイポートケーブル ver1.4 CAC-DP1410BK¥4,273 Amazon楽天市場Yahoo!1.4DisplayPort1m/2m/3m

おすすめDisplayPortケーブル5選

ここからはPicky’s編集部が厳選したおすすめのDisplayPortケーブルを5つ紹介します。

DisplayPortケーブル選びに迷ったら、ここで紹介しているケーブルを買っておけば間違いありません。

Mini DisplayPortケーブルの比較一覧表

商品最安価格バージョン端子ケーブル長さ
【Amazonベーシック】 Mini DisplayPort - HDMI 変換ケーブル 1.8m¥959 Amazon楽天市場Yahoo!1.2Mini DisplayPort0.9m/1.8m/3.0m/4.6m
【iVANKY】 Mini Displayport to Displayport ケーブル 【1m/4K75HZ】¥1,199 Amazon楽天市場Yahoo!1.2Mini Displayport1m/2m/3m
【エレコム】 ミニディスプレイポートケーブル miniDisplayPort ver1.2 CAC-DPM1210BK¥1,355 Amazon楽天市場Yahoo!1.2miniDisplayPort 1m/1.5m/2m

おすすめMini DisplayPortケーブル3選

Macなどで使用するMini DisplayPortケーブルのおすすめ3選です。

片方にDisplayPort端子が無い場合どうしたらいい?

使用する機器によっては、DisplayPort端子が無くHDMI端子しかなかった、もしくはその逆パターンでHDMI端子がなかった、というケースもあると思います。

そういう場合はHDMI変換ケーブル(またはDisplayPort変換ケーブル)で解決します。

ただしDisplayPort規格には方向性があり、「本体側(出力側)がDisplayPort規格」であることが基本となります。

一般的な変換ケーブルは「DisplayPortToHDMI」、つまり「PC側がDisplayPort端子で、モニター側がHDMI端子」用です。

その場合はこうした変換ケーブルをネットならAmazonや楽天市場、お店ならヨドバシやヤマダ電機といった家電量販店で購入し、接続すればOKです。

ただ、逆に「パソコン側がHDMI、モニター側がDisplayPort」の場合、先ほどのケーブルを使用しても映りません。

「DisplayPortケーブルを繋いでも画像や映像・音声が出ない」という問題の多くはこれが原因です。

パソコン側がHDMI出力の場合、「HDMI To DisplayPort」という特殊な変換ケーブルが必要になります。

特殊な変換ケーブルになるので種類が少なく、価格も高くなります。

変換ケーブルにはほかにも様々な種類があり、USB-TypeCをDisplayPortに変換するケーブルなども販売されています。

ただ、変換ケーブルは解像度が変わったり、組み合わせによっては「映像が映らない」といった不具合が発生する可能性があります。

DisplayPortケーブル まとめ

DisplayPortケーブルはパソコンと液晶ディスプレイを接続するケーブルで、HDMIやVGAよりも転送レートの高い高性能ケーブルです。

4Kや8Kといった高画質ディスプレイや、144Hz以上のリフレッシュレートの高いモニターをお持ちの方に特におすすめ。

24時間パソコンをつけっぱなしにしてモニターだけ消すような方には不向きですが、それ以外では特に大きなデメリットはありません。

DisplayPortケーブルを購入する際は接続する機器のスペックと、ケーブルのバージョン・長さ・形状をしっかり確認して購入してください。

なお、今回の記事を読んで、「自分にはHDMIケーブルの方が向いているな…」と思ったらHDMIケーブルについて解説した以下の記事もぜひ読んでみてください。

関連記事:【2021年最新】HDMIケーブル おすすめ21選|PC/カメラ/スマホ/TV/4K対応の選び方まで詳しく解説

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー