【最新】楽しみ方が広がる!DJI OSMO Pocket おすすめマウント・アクセサリー10選

   

DJIのOSMO POCKETは手ブレ補正や4K映像など、超ハイスペックな機能がつまった小型ビデオカメラは本当に満足度が高いアイテムです!

そんなOSMO POCKETをさらに楽しく使うためには、便利なアクセサリーやマウントを使うのがオススメです!!

たとえば「自転車に乗りながら撮影したい」「Osmo Pocketをバックや腕に固定して撮りたい」などちょっと不便に感じるときや、撮影方法を工夫したいときってアリますよね!

そんなときに便利なのがOsmo Pocket用のマウントやアクセサリーです!

Osmo Pocketにもアクセサリーは豊富にあって、自撮り棒や三脚、固定マウントなどかなり充実した関連アクセサリーがあります。

Osmo Pocketはアクセサリーに弱いと言われてたりしますが、実際にはGoproなどのアクションカメラ並に色々なシーンで楽しめアクセサリーがあるで、今回はその辺りをまとめていきます!

『これは絶対に便利!!』というOsmo Pocketのおすすめアクセサリーを厳選してまとめてみました!!

【実写レビュー】DJI Osmo Pocket は驚きのビデオカメラ。手ブレ補正や4K映像を詳しく解説

Osmo Pocket を傷や故障から守る必須アクセサリー

まずは傷や汚れ・故障などから守るために必須なアクセサリーからご紹介していきます!Osmo Pocketを大切に使いたいという人は絶対に購入するのが良いでしょう!

Dji Osmo Pocket 液晶保護シート・保護フィルム

本音を言えば「付属しておいてよー」て思うくらい重要な液晶保護シート。

液晶ディスプレイの部分とカメラ部分は割れたり、傷が付くので保護フィルムは重要です!!

液晶画面が汚れたり傷つくと、テンションも下がるし、中古で売るときにも値段が付かなかったりと結構ダメージも大きい。よくあるケースなのは「バックに入れて持ち運びしていたら、画面がバキバキに割れていた」っていうパターンです。

こういうアクシデントは結構おこりやすいので、保険という意味でも液晶フィルムを貼っておくのがオススメです。保護フィルムを貼るだけで画面割れのアクシデントは防げます!

失敗した時、または剥がれちゃったときのことを考えて4枚入りがお得です!!

保護フィルムは2枚で十分という人はこちらがオススメです。

Dji Osmo Pocket おすすめの ハードケース

osmo pocketに付属しているケースって、ケースとしての機能は今イチです(笑) どうしてこんな中途半端なケースを作ったんだろうって思いますが、とりあえず本体をガードするという点ではいいのかもしれませんね・・・。

ただ小さい部品や付属品は落ちるし、もっとしっかりとしたケースで安心して持ち運びたいところです。

そこでオススメなのがハードケースになっているOsmo Pocket専用ケースです。Osmo Pocetの付属品やケーブル、また他のアクセサリーも一緒にしまえるのでかなりオススメ。

持ち運ぶときにも邪魔にならないコンパクトなサイズだし、チャックをしっかり閉めておけるのでアクセサリーや小物を紛失するということもありません!!

2000円くらいで買えてかなりコスパもいいので、是非活用してみてください!

Dji Osmo Pocket おすすめ専用ケース 

ちょっと周りとは違うのが良いって人にはオシャレなカラー版もあります!人気のカラー【レッド】です!

赤いケースだとオシャレ度グーンとUPしますね!個性的なOSMO POCKET 専用ケースも人気です!

OSMO POCKET専用ステッカー シールカバー 

ちょっと斬新だなと思ったんですが、オシャレだし、着せ替え感覚で使えるケースもアリです!ケースと言うよりはカバーに近いんですが、本体の傷や汚れからはしっかりと守ってくれます!

貼付けるのもカンタンだし、取り外しもカンタン。気分転換をしたいときにはカラーを変えてみるのもいいかも!

着せ替えみたいにできるんのでOsmo Pocketを自分だけのオリジナルカラーにすることも可能です!

Osmo Pocket 対応のMicro SDカード

Osmo PocketではMicro SDカードの準備が必要です。とくに4K映像など高解像度の撮影する場合には、容量も結構使うし、PCなどへの転送速度も遅くなります。そうなるとMicro SDカードの容量やスペックも重要になってきます。

詳しくは別記事で書きますが、OSMO POCKET用のSDカードでおすすめなのは32GB以上です!32GBだと4K/60FPSでおよそ1時間くらい撮影ができます。

1時間って結構あっという間なので、32GBを数枚程度持っておくか、64GB、128GBのSDカードを持っておくのが良いでしょう!

64GBであれば2時間半くらいが目安になるでしょう。

同じように128GBだと5時間程度撮れるので、かなり長時間の撮影でも対応できます。

押さえておくべきこと
  • 1~2時間くらいの撮影なら32GB~64GBでOK
  • 2~3日以上の旅行や長時間映像を撮りたい場合には64~128GBくらい!
  • 32GBを2~3枚バックに入れておくのがが安心!!

Osmo Pocket 予備バッテリー・充電池など

バッテリーも結構重要な部分です!

Osmo Pocketはフル充電の状態で150分ほど撮影ができますが、撮影している途中で充電が切れてしまうということもよくあるケースです。

ところがOsmo Pocketはバッテリーが取り外せない構造になっているので、バッテリー自体は交換ができません。

「ってことはどうすればいいの?」という人にオススメなのは、スマホなどに使うモバイルバッテリーを使用することです!!

これは編集部スタッフでよく活用している方法なのですがとてもオススメな方法です!

予備バッテリがなくてもバッテリーがなくなったらモバイルバッテリーと繋いでいれば、充電も出来るし、充電しながらの撮影もできます!

【決定版】モバイルバッテリー おすすめの全機種まとめ TOP10

Amazonの王様!! 2018年最新のAnker(アンカー) モバイルバッテリー 売れ筋 TOP10

Osmo Pocket オススメアクセサリー 三脚&自撮り棒

Osmo Pocketにはトラッキング機能があったり、自撮り撮影のビデオカメラしても使うひとが多いので、床や地面にきちんと固定できたり、自撮り棒としても使える三脚などを紹介します!

OSMO POCKET アクセサリー 折り畳み三脚

折り畳みができる三脚なので持ち運びも便利。またスマホを固定して使うのですが、横幅が60mmから90mmまで対応しているのでiphoneやgalaxyなど大きなディスプレイ型のスマホでも使用できます!

OSMO POCKET アクセサリー 自撮り棒&三脚

 

自撮り棒と三脚になる2Wayタイプです。使い分けができるので便利ですね。

必要なときはスティック部分を伸ばして延長棒になるし、固定して撮影したときには三脚として使えます。

OSMO POCKET アクセサリー 手持ち棒 & 三脚

こちらはハンドヘルド(手持ち棒)にもなるコンパクトな三脚です。デザインもシンプルですごくスマートな感じでオススメ!2wayだから手持ち棒としても三脚としても使える多機能タイプです!

 

Dji Osmo Pocket おすすめアクセサリー 卓上スタンド

 

Goproアクセサリーが使えるOSMO POCKET 用 マウント

 

 

GoPro Hero7と Dji Osmo Pocket オススメなのはどっち!?8個のポイントで徹底比較してみた!

Dji Osmo Pocket おすすめアクセサリー 固定マウント

Osmo Pocketを常に片手で持ちながらの撮影は疲れるし、なにかをやりながらの撮影だとちょっと不便です。

そんなときに身につけたり、バックなどに取り付けておけると、アクティビティをやりながら撮影できます。

車や自転車、あとは歩いたり、走ったりしながらもしっかりと撮影できるオススメのアクセサリーをご紹介していきます!

 

Osmo Pocket を身につける オススメアクセサリー セット

 

 

アクティビティで楽しむためのおすすめアクセサリー

Dji Osmo Pocketを自転車に付ける

自転車に装着するためのOsmo Pocketもちゃんとあります!