【スペックなんて無視!】超簡単なおすすめ完全ワイヤレスイヤホンの選び方

   

完全ワイヤレス 完全攻略

みなさんはAmazonでこんな感じの商品ページを見て、なんだこれ!!全然わからない!!ってなったことはありませんか?

ワイヤレスイヤホン amazon

とし

もはや色々な言葉がありすぎて頭がパンクしそう!!結局どれがいいの!

結論から言うと、ワイヤレスイヤホンで重要な点は3つしかありません。イヤホンのタイプと音質とデザインです。この3つさえ確認すればワイヤレスイヤホン選びで失敗することはありません!

ワイヤレスイヤホンマスターの筆者がいいワイヤレスイヤホンを選ぶために本当に必要な情報をお届けします!まずはこちらの関係図をご覧ください!

ワイヤレスイヤホン 価格表

最新のノイズキャンセリングや音に関連する機能性があがるとやはり価格が非常に上がります!完全ワイヤレスは有線のイヤホンに比べると機能性が高くそれなりのお買い物になるのでしっかり安心のものを選んでいく必要があります。

とし

分布図に載っているものは現在発売されている中で特に良い!とされているものを揃えました

タイプ別完全ワイヤレスイヤホンの選び方

結局どんなにワイヤレスイヤホンの性能がよくても装着感が最悪で耳に合わなかったら使うことができません!ワイヤレスイヤホンには大きく分けて2つのタイプのものがあります。自分の好みの装着感を見つけるのがベストですが、タイプ別でおすすめをピックアップしました。

インナーイヤー型でおすすめの完全ワイヤレスイヤホン

万人受けの装着感を実現するために生まれたこのインナーイヤー型のイヤホン!耳にすっぽりハマって心地よいため多くの人に愛されています。とにかくカナル型のイヤホンが苦手な型はインナーイヤー型のワイヤレスイヤホンで間違いありません!とにかく使ってみればその良さがわかります😆

AirPods

ごめんなさい🙇‍♂️結局自信もっておすすめできるのはAirPodsでした。こんな高すぎるものをおすすめしてしまって申し訳ありません。だけどやっぱり良いものはいい!イヤホンに20,000円も払らえない!と一度思ったとしてもやはりそれだけの価値がAirPodsにはあります。安いもので失敗するよりもやっぱりこれ!失敗しません。結局これが正解です。

ワイヤレスイヤホンアイキャッチ画像

created by Rinker
Apple(アップル)
¥18,590 (2020/02/27 20:11:17時点 Amazon調べ-詳細)

とし

中国のコピー商品がかなり出回ってるけど、やっぱり結局信頼できるインナーイヤー型はこれだけでした。安くてさらにインナーイヤー型を求めるならもうワイヤレスは諦めるしかない!

airpods 装着感

あとはHAUWEIも後発ですが、インナーイヤー型のワイヤレスイヤホンを発売しました!こちらはブラックでクールな印象があります。

カナル型でおすすめの完全ワイヤレスイヤホン

カナル型のイヤホンは耳にハマってくれさえすれば非常に心地よい装着感です。遮音性が高い構造なので、周囲に音漏れすることもないため広いシーンで使えておすすめです。耳の穴のサイズに合わせて付属のイヤーチップを交換することもできるので、調節して外れにくい快適なフィット感を目指しましょう。

カナル型イヤホン 白

完全ワイヤレスイヤホンは両耳が独立している

やはりこちらのカナル型も装着感では完全に上を行っている最新のAirPods Proがおすすめです。こちら30,000円もする高価格帯にもかからず世界中ですごい勢いで売れており、イヤホンの革命とも呼ばれています。

Appleがカナル型のワイヤレスイヤホンを採用したのは、その遮音性の高さからノイズキャンセリング機能を実装しやすかったからです。また巷ではその形からドライヤーの愛称で呼ばれています。

Airpods Pro かわいい

確かにドライヤーに見えなくもない

created by Rinker
Apple(アップル)
¥30,580 (2020/02/27 20:11:18時点 Amazon調べ-詳細)

もうひとつはSONYのWF-1000XM3です。こちらもAirPodsのライバル機種として売れに売れてます。それにしても価格が高すぎる!!電車でなくしたときはどうするんだろう… って思った方も安心!SONYは1000円の保険料を支払えば、片耳を無くした場合、5,000円で片耳を購入することができます!

ぽろっと落としてしまいがちな完全ワイヤレスイヤホンだからこそ、この保証があるのは嬉しいです!

音質別ワイヤレスイヤホンの選び方

一般的にワイヤレスイヤホンは有線よりも音質が下がると言われていますが、そんなことはありません!音質をさげている要因は実はデータ転送速度の効率ですが、そんな難しいことを気にする必要は全くありません!音質を下げずに音楽を楽しむためのおすすめの選び方を伝授します。

iPhoneユーザーにおすすめの完全ワイヤレスイヤホンの選び方

iPhoneユーザーはとにかくAACに対応してる完全ワイヤレスイヤホンであれば、非常に高音質な音楽を楽しむことがでいます。AACとはコーデックと呼ばれるデータ送信の規格のひとつですが、そんな細かいことを気にする必要は全くありません!

同じApple商品であるAirPodsシリーズなら当然このAACに対応しているので、高音質の音楽を楽しむことができます。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥23,815 (2020/02/27 20:11:20時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Apple(アップル)
¥30,580 (2020/02/27 20:11:20時点 Amazon調べ-詳細)

Androidユーザーにおすすめの完全ワイヤレスイヤホンの選び方

Androidユーザーであればapt Xに対応している完全ワイヤレスイヤホンを選べば高音質で音楽を楽しむことができます!さらにハイレゾで楽しみたいという方もApt Xに対応ならより原曲に近い形で音楽や映画を楽しむことができます。

音質で選ぶならやはりこのソニーのWF-1000XM3は外せません。

WF-1000XM3_04

また、やはり音質で最高級と言えばゼンハイザーです。とにかく一級品の音質。そのゼンハイザーらしい魅力的な音質は絶対に後悔しない買い物になります。

created by Rinker
ゼンハイザー(Sennheiser)
¥34,170 (2020/02/27 20:11:21時点 Amazon調べ-詳細)

価格別ワイヤレスイヤホンの選び方

コスパ最強!1万円以下の完全ワイヤレスイヤホンの選び方

こちら価格はリーズナブルですが非常におしゃれなデザインで有名な完全ワイヤレスイヤホンです。コスメセットのようなかわいいデザインが魅力。イヤホン自体の機能は最小限ですが、普段音楽を聞く分には全く問題になりません。

ワイヤレス かわいい シャンパン

こちらはAnkerのコスパ最強のワイヤレスイヤホンです。バッテリーの持続力が最強です!完全ワイヤレスイヤホンに必要な機能は全て兼ね備えていて、10,000円の価格に対してありえないほどのパフォーマンスを発揮することでしょう。

ワイヤレスイヤホン コスパ

少し良いものが欲しい!2万円以下の完全ワイヤレスイヤホンの選び方

周りよりも少し良いものが欲しい方に確実におすすめできる価格帯です。機能性と価格のバランスが非常によく、ブランドとしても超有名ですので、持ってると一目置かれるタイプの商品です。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥18,590 (2020/02/27 20:11:24時点 Amazon調べ-詳細)

ハイエンドユーザーにおすすめ!3万円以上の完全ワイヤレスイヤホンの選び方

ここから少し値が張ります。値が張りますがそれだけの価値があります。音質に感動します。ついにワイヤレスイヤホンがここまで来たと胸をはっていえるモデルです。

MOMENTUM True Wireless

created by Rinker
ゼンハイザー(Sennheiser)
¥34,170 (2020/02/27 20:11:24時点 Amazon調べ-詳細)

B&Oは補聴器などの医療用オーディオ機器でも信頼されているメーカーで非常に高級感漂う作りとなっています。カラーバリエーションも豊富なので、ピンクやライムストーン女性の中で人気カラーとなっています。

デザイン別ワイヤレスイヤホンの選び方

超おしゃれ!ヨーロッパ生まれの完全ワイヤレスイヤホン

B&O(バングアンドオルフセン)はその淡いカラーがとてもおしゃれです。最高級品クラスですが、B&Oは医療用のオーディオ機器も開発している信頼のメーカーです。失敗は皆無です。

b&o ライムストーン

スポーツにぴったり!おしゃれな完全ワイヤレスイヤホン

アンダーアーマーのロゴが渋くひかるスポーツに特化したモデルです。こちらも必要な機能はすべて兼ね備えて、iPhoneユーザーでもしっかり音楽を楽しむことができます。防水性能はなんとIPX7と非常に高性能でお風呂でも長時間浸水しなければ使えてしまう優れものです!

フラッシュイヤホン 防水

とっても便利!完全ワイヤレスイヤホン の機能性一覧

ハンズフリー通話

airpods pro 通話

上にあげた商品はすべてハンズフリーで通話が可能です。使ってみると本当に便利です😆

お風呂でも大丈夫!防水性能

お風呂で使いたい場合は最低でもIPX7以上のものを選ぶのがおすすめです!

WF-SP900 防水

IP67 表記

IP表示 省略

リモコン操作機能!

これもどのモデルにも基本的についています😆小さいのに簡単に音楽をスキップしたりと操作ができるのは本当にすごい!

ノイズキャンセリング

ノイズキャンセリング

外部音取り込み機能

外部音取り込み機能 イヤホン

急速充電機能

急速充電

ほんとに気にしなくて大丈夫!完全ワイヤレスイヤホンのスペック

ぶっちゃけ完全ワイヤレスイヤホンからほとんど気にする必要がなくなった表示をおまけにご紹介します。昔は気にしてたのかもしれませんが、現在は本当に気にする必要がありません!現在の音質を左右するのはコーデックやBluetoothなどのデータ転送速度の問題なので、全く気にする必要がなくなりました!

Hz(再生周波数帯域)

再生周波数が広いからと言って音質がいいわけではありません。人が聞き取れる音域は20~20,000Hzなので、この範囲から外れると聞こえません。周波数が高いというのはつまり高い音ですので、これはあくまでも参考程度にするための指標と言えます。

とし

周波数は実際ほとんど関係ないですね

dB/mW(出力音圧レベル/能率/感度)

数値が高いほど、出力できる音のレベルが高いので、大きな音量で聞くことができ、感度をあげることができます。しかしイヤホンでは最大出力もたかが知れているので、全く気にする必要がありません。そんな鼓膜が破れるほど最大にすることってありますか?

とし

ライブでプロの音響を任されるようになってようやく気にするやつですね

mW(最大入力)

イヤホンに流れる最大の電力を表す指標です。大きい方が特にいいというわけではなく、プレーヤー側の最大出力に耐えるだけの数字があれば大丈夫です。これも音のボリュームの問題なので全く気にしなくて大丈夫です。そもそもこれが足りなかったらそもそも商品としてどうなの?ってところです。

とし

コンサートで何個もデカいスピーカーが必要になったら必要かも

Ω(インピーダンス)

これは抵抗値を表しているので、抵抗が小さいほど多くの電力がイヤホンに流れるため最大音量を大きくすることができます。補足として、数字が小さいと最大音量は大きくなりますがノイズが増える傾向があります。そこで抵抗少し大きくして最大音量を押さえることでノイズを軽減することが可能です。

とし

これも本当にスタンダードな調整なので、気にする必要はありません。

まとめ

今回紹介したワイヤレスイヤホンはどれも一級品なので、買って後悔することは少ないでしょう。ただしメーカーの保証があると言っても壊れたり、紛失した場合はそれなりの費用がかかってしまいますので取り扱いには注意して音楽や動画を楽しみたいですね!