ジムやお風呂でも使いたい!おすすめ防水bluetoothワイヤレスイヤホン10選

   

どんなところで、bluetoothワイヤレスイヤホンを使用していますか?

スマホとつないで、通勤・通学中はもちろん、ジムなどでエクササイズしているときや、お風呂に入っている時も音楽を聴きたいという人も多いのではないでしょうか。

しかし、防水性能がないと、ただでさえbluetoothワイヤレスイヤホンです。有線イヤホンに比べると高価なものが多いので、タフな使い方は躊躇してしまうものではないでしょうか。

そこで、ジムでもお風呂でも使いやすい防水機能が付いたbluetoothワイヤレスイヤホン10選を紹介します。

はるみ

私はお風呂に入りながら、音楽聴いたり、動画観たりするから防水タイプ欲しい!

いでっち

夜、毎日走っているから、急な雨や汗でも安心な防水イヤホンいいね!しかも動いているときも外れにくいフィット性にもこだわりたい

とし

最近は、音質やフィット性にもこだわった防水bluetoothワイヤレスイヤホンが多くなっているから要チェックだよ!

目次

防水bluetoothワイヤレスイヤホンの選び方ポイント

防水bluetoothワイヤレスイヤホンの選び方としては、どのようなところをポイントにして選べばよいでしょうか?

もちろんお値段という点は重要ポイントですが、長く使うためにはより自分に合ったものを選びたいものです。

防水レベルは?

防水bluetoothワイヤレスイヤホンといっても、すべてのモデルが同じ防水レベルではありません。

防水レベルは、IP●○(※●○は数字)という表記で表されます。

1つめの●が防塵レベル、2つめの○が防水レベルとなり、数字が大きければ大きいほど高い性能があるという意味です。

防塵の指針は示していない(防水レベルだけ)場合は、IPX○(IPX5など)となっているわけです。

等級防水レベル実験方法
IPX1垂直に落ちてくる水滴程度を防ぐ200mmの高さより3~5m/分の水滴を10分
IPX2垂直より左右15度以内くらいの降雨程度を防ぐ200mmの高さより15度の範囲、3~5m/分の水滴を10分
IPX3垂直より左右60度以内くらいの降雨程度を防ぐ200mmの高さより60度の範囲、10l/分の放水10分
IPX4いかなる方向からも水の飛沫を防ぐ300~500mmの高さより全方向の範囲、10l/分の放水10分
IPX5いかなる方向からも直接噴流を防ぐ3mの距離から全方向に、12.5l/分・30kpaの噴流水、3分
IPX6いかなる方向からも強い直接噴流を防ぐ3mの距離から全方向に、100l/分・100kpaの噴流水、3分
IPX7既定の圧力、時間で水中に没しても水が浸入しない水面下、15cm~1m、30分間
IPX8水面下での使用が可能各メーカー基準(統一基準なし)

防水bluetoothワイヤレスイヤホンの場合、だいたいのモデルがIPX5以上で、なかにはIPX8のものもあります。

例えば、エクササイズ中の急な雨や汗を防ぐ程度ならIPX4以上あれば十分でしょうし、プールの中やお風呂のなかなどで水没するようなことを考えられる人はIPX7など高い防水性能がある防水bluetoothワイヤレスイヤホンが良いでしょう

ズレ落ちないフィット性

特に、エクササイズ中など動きの激しいシチュエーションのときは、すぐに耳から落ちてしまうようでは意味がありません。

特に、一般的にですが、日本人の耳は、欧米人に比べると小さいといわれており、付属のイヤーピースではなかなかフィットしない人も多いのではないでしょうか。

防水bluetoothワイヤレスイヤホンで、フィット性を重視する場合、以下の2つのポイントを見ましょう。

  • 付属のイヤーピースの数(大中小など)
    いくつかのサイズがある(もしくは、市販のイヤーピースと取り換えが簡単)
  • 耳に装着するデザイン(自分にフィットするタイプはどれか)
    完全分離型(耳に入れる部分のみ)=自分の耳にフィットすると、外れにくいため、完全に合うサイズを見つける
    完全分離型(イヤーフックが付いている)=耳に引っ掛ける部分があるため、耳から外れても落ちにくい
    首掛けタイプ(首にかけておけるので、使用していない時も、そのまま装着しておける)

耳のサイズは、もちろん十人十色ですし、装着の心地よさも人によって違ってくるので、とことんフィット性にこだわりたい場合は、一度、家電量販店やイヤホン専門ショップなどで付け心地を確認するのがベターでしょう。

バッテリーの持ち

有線イヤホンに比べて、bluetoothワイヤレスイヤホンは充電をしないと使えなくなる点はネックと言えます。

一度に使い続けられる連続使用時間が短いと、いくら防水性能が高くても、長時間使えず、すぐにバッテリー切れになってしまったら意味がありません。

bluetoothワイヤレスイヤホンの場合、だいたいのモデルが、スマホのようにバッテリー容量値の記載はなく、連続使用時間で記載されています。というのも、同じ防水bluetoothワイヤレスイヤホンでも、ノイズキャンセリングの有無など性能の違いでも、消費するバッテリー量は変わるので、比較しにくいためです。

  • 防水bluetoothワイヤレスイヤホン単体での連続使用時間
  • 付属のケースで充電ができ、そのまま使用し続けられる使用時間

が記載されていますので、途中でインターバルなしに、ずっと使い続けるシチュエーションが多い人は、防水bluetoothワイヤレスイヤホン単体での連続使用時間を基準に見るべきですし、途中で(ケース)にしまうインターバルがある場合は、ケースでの充電時間込みの使用時間を指針にしましょう。

音質はコーデックをチェック

bluetoothワイヤレスイヤホンの場合、無線でスマホなどの音楽端末にデータを転送するため、データを圧縮して送ります。

コーデックとはBluetooth通信において音声を圧縮する方式の名前で主に遅延と音質に関わるものです。

主にコーデックは5つの方式があり、スマホでもiPhoneとAndroidでは対応しているコーデックが違うため、向いているタイプが異なります

コーデックの種類特徴説明どんな音楽端末に向いている?
SBC標準的な音質、音楽によっては遅延を感じる基本的にどの音楽端末でも対応可全音楽端末
AACSBCより遅延が少なく、音質が良いiPhoneで主に対応しているiPhoneなどApple製品
aptXSBC、AACより遅延が少ない、CDレベルの音質Androidで主に対応しているAndroidスマホ
aptX HDハイレゾ相当の高音質音質ではaptX最高品質ハイレゾ対応の音楽端末
aptX LL上記のコーデックより遅延が最も少ない現状で最も遅延が少ないタイプ音楽ゲームなどより繊細な遅延もしない方が良い場合

まだ防水bluetoothワイヤレスイヤホンを使用したことがない人ですと、ワイヤレスイヤホンって遅延が凄いイメージを持っている人もいるでしょうが、一般的な考えでは、素人ですと、(最もレベルが低いとされる)SBCでも、まったく遅延を感じません。

例えば、クラシックのような繊細な音のズレも気になるような音楽ジャンルをよく聴く人や、音楽ゲームなどでちょっとした遅延も困るようなもので使用する場合は、(値段もやはり効果になりますが)より上位モデルが良いと思います。

ジムでもお風呂でも使える!おすすめ防水bluetoothワイヤレスイヤホン

ジムでもランニングでもお風呂でも、躊躇することなく自由に使える防水bluetoothワイヤレスイヤホン。

デザイン性や音質にもこだわっているなど、おすすめできる防水bluetoothワイヤレスイヤホンを10選紹介したいと思います。

WF-SP900(SONY)・・・約920曲の音楽を内蔵でき、イヤホンだけで音楽が流れる!

出典:SONY WF-SP900

WF-SP900性能追記
防水レベルIPX5IPX8(メーカー基準)
バッテリー最大3時間連続再生充電ケース併用で最大6.5時間、4GBのメモリ内臓
フィット感イヤーフック付き、イヤーピース4サイズ
コーディックSBC、AAC

WF-SP900は、SONY製の防水bluetoothワイヤレスイヤホンです。防水性能は、IPX5/IPX8相当と高いレベルがあり、bluetooth ONでも最大3時間の連続再生が可能なロングスタミナも持ち合わせています。

フィット感にこだわっており、SONY独自の軽量薄型設定で、イヤーフック付なので、ランニング中など動きの激しいときもずれにくいです。また、付属のイヤーピースも4サイズ(S、M、L、LL)と豊富にあるので、自分の耳にフィットするサイズを見つけられることでしょう。

4GBのメモリを内蔵しており、WF-SP900単体でも約920曲の音楽を収容、そのまま聴くことが可能です。

対応コーデックはSBC, AACに対応しており、AACに対応しているため、特にiPhoneなどApple製品との相性が良いでしょう。

密閉型+アンビエントサウンド(外音取り込み)モード搭載しているため、装着したままでも、会話やアナウンスなどの周囲の音を聞き取れるため、そのまま日常生活を送ることができます。

ATH-SPORT7TW(audio-technica)・・・独自設計、サイズが選べるチップで抜群の装着感!

出典:audio-technica ATH-SPORT7TW

ATH-SPORT7TW性能追記
防水レベルIPX5
バッテリー最大連続再生約2時間充電ケース併用で約5時間
フィット感汗ガード機能付きのComplyイヤピース付属
コーデックSBC、AAC

ATH-SPORT7TWは、audio-technica製の防水bluetoothワイヤレスイヤホンです。防水レベルはIPX5で、単体で最大3.5時間の連続再生、充電ケースでの併用で17.5時間の長いスタミナ性を誇っています。

商品名に「SPORT」と名を冠しているとおり、高い防水性能をはじめ、汗ガード機能付きのComplyイヤピース付属、ランニングなどエクササイズの最中に、音楽を聴きながら周囲の様子を常に確認できる「ヒアスルー機能」搭載など、スポーツ用に特化した性能を持ち合わせています。

漆黒の黒ボディは、あらゆるTPOに合い、装着している違和感がないほどのコンパクト設計を実現しています。

対応コーデックはSBC, AACに対応、内部の空間を音響エリアと電気エリアに分割したデュアルレイヤー構造のため、よりノイズの少ない音質が期待できるでしょう。

Soundcore Liberty Air 2(Anker)・・・コスパ抜群!しかも高性能でフルに使いこなせる

出典:ANKER Soundcore Liberty Air 2

Soundcore Liberty Air 2性能追記
防水レベルIPX5
バッテリー最大連続再生時間7時間充電ケース併用で約28時間
フィット感約53gの軽量
コーディックSBC、AAC、aptX

Soundcore Liberty Air 2は、Anker製の防水bluetoothワイヤレスイヤホンで、防水レベルはIPX5、連続再生時間7時間を実現している高い性能を誇りながら、実売価格8,000円弱とリーズナブルな価格で、コストパフォーマンスが高いモデルです。

音質にはとことんこだわっており、ユーザーの耳の特性自動的に測り、それに合わせた音質補正プロファイルを作成する「HearID」機能を搭載、ダイヤモンドコーティングを施した10mmドライバーを採用するなどしており、ひとりひとりに合わせたオンリーワンの音質が期待できるでしょう。

コーデックは、SBC、AACに加えて、aptXにも対応しており、iPhoneだけでなくAndroidスマホでも高い遅延の少ない高音質を体感可能です。

HA-ET900BT(JVCケンウッド)・・・カラーバリエーションも豊富!個性を主張できる

出典:JVC ケンウッド AE HA-ET900BT

AE HA-ET900BT性能追記
防水レベルIPX5
バッテリー連続再生時間最大約3時間充電ケース併用で最大約9時間
フィット感3点支持構造
コーディックSBC

AE HA-ET900BTは、JVCケンウッドの防水bluetoothワイヤレスイヤホンです。カラーバリエーションが、ブルー、ブラック、レッド、イエローと豊富にあり、自分に合ったカラーを選択することができます

回転構造によりさまざまな耳の形や大きさに合わせてフィットさせることができるJVCケンウッド独自のピボットモーションサポート、装着性を高めるオーバル形状ハウジング、耳の形に沿うフラットな形状で上下の揺れに強い縦型デザインに言った3点支持構造を採用しており、ランニング中やジムなどでの激しい動きでも、外れにくい安定した装着感を手に入れることができます。

不測かつ突発的な事故によって製品の破損や紛失してしまった場合、5,000円の負担で新品に交換してもらえる保証が付いており安心です(※補償期間中1回に限り)。

SOUNDSPORT FREE WIRELESS HEADPHONES(BOSE)・・・抜群の音質!防水でも音もこだわりたい!

出典:BOSE Sound Sport Free wireless headphones

Sound Sport Free wireless headphones性能追記
防水レベルIPX4
バッテリー連続再生時間最大5時間
フィット感StayHear+ Sportチップ内蔵
コーディックSBC

Sound Sport Free wireless headphonesはBOSE製の防水bluetoothワイヤレスイヤホンです。BOSEらしく音質に高いこだわりがあり、音質向上のためのデジタル信号処理から、安定したBluetooth接続のためのアンテナ位置にいたるまでBOSEテクノロジーを凝縮しており、クリアでパワフルな音質には定評があります。

独自のStayHear+ Sportチップは、スポーツシーンでもずれにくい、フィット性を考えた円錐型のデザインで、優しく耳に装着できます。

「ウルトラバイオレット×ミッドナイトブルー」「トリプルブラック」「ミッドナイトブルー×イエローシトロン」「ブライトオレンジ」といった他のメーカーではお目にかかれないオリジナリティのあるカラーバリエーションの個性を主張してくれることでしょう。

SAMU-SE03(OWLTECH)・・・最小・最軽量クラス、付けている感覚がまるでない!

出典:OWLTECH SAMU-SE03

SAMU-SE03性能追記
防水レベルIPX4
バッテリー連続再生時間最大4時間充電ケース併用で最大28時間
フィット感最軽量3.9g
コーディックSBC、AAC

SAMU-SE03は、神奈川県海老名市に本社を置くowltech製の防水bluetoothワイヤレスイヤホンです。特に女性の小さな耳にもフィットしやすいよう、イヤホン本体と充電クレードルデザイン共に小型化を目指し、最軽量とされる3.9gを実現、まるで付けているのを忘れてしまうほどです。

連続再生時間は、最大4時間ですが、付属の充電ケースで6回フル充電が可能で、4時間+4時間×6回と、一度の充電で最大28時間の使用が可能となっています。

シリコン製のイヤーピースは3サイズ付属(S、M、L)、人間工学に基づき外耳道に沿って装着できるデザイン性で、動きの激しいシーンでも使い続けられるフィット性にこだわっているモデルです。

created by Rinker
オウルテック
¥8,610 (2020/01/19 19:02:39時点 Amazon調べ-詳細)

Verve Life Loop+(MOTOROLA)・・・デザイン性も抜群!見た目にもこだわりたい人向け!

出典:Amazon  Verve Life Loop+

Verve Life Loop+性能追記
防水レベルIP57IPX7相当
バッテリー最大約9.5時間連続再生
フィット感イヤーフックタイプ
コーディックSBC

Verve Life Loop+は、Motorola製の防水bluetoothワイヤレスイヤホンです。カラーバリエーションは1モデルながら、ブラック×オレンジのツートンカラーがおしゃれ度を増させるモデルです。

連続再生時間が最大9.5時間と長いため、一度の使用が長く使い続けたい人におすすめのスタミナ性を持ち合わせています。

Siri、Google Now、 Amazon Alexaに対応しており、ハンズフリー通話はもちろん、さまざまなスマホ機能をカバンなどにしまったままなど直感的に操作が可能なので、お風呂での使用などスマホを離れたところに置いてある状態でもストレスフリーで使えることでしょう。

スポーツに適しているイヤーフックデザインで、リモコン部も内蔵しているので、装着したまま、音楽の再生停止、ボリューム調整、通話応答などが可能です。

Powerbeats3 wireless ML8V2PA/A(Beats)・・・最長12時間の連続再生可能!ケーブル内にマイクやリモコン内臓

出典:Beats Powerbeats3 wireless ML8V2PA/A

Powerbeats3 wireless ML8V2PA/A性能追記
防水レベルIPX4
バッテリー連続再生時間最大12時間
フィット感イヤーフックタイプ、ケーブル巻き取り用クリップ
コーディック非公表

Powerbeats3 wireless ML8V2PA/AはBeats製の防水bluetoothワイヤレスイヤホンです。Beatsは、Appleの傘下であることもあり、Apple W1テクノロジーを搭載、iPhoneなどAppleデバイス間でシームレスに設定や切り替えを行うことが可能です。

デュアルドライバ音響の採用しており、ダイナミックな高音や、パワフルな低音を実現、あらゆるジャンルの音楽を心地よい音質で聴くことができるでしょう。

スポーツシーンに適したイヤーフックタイプに加えて、ケーブル巻き取り用クリップが付いており、常に安定的なフィット感が得られ、連続再生時間最大12時間のロングスタミナぶりも売りとなっています。

created by Rinker
beats by dr.dre
¥18,211 (2020/01/19 19:02:40時点 Amazon調べ-詳細)

Soundcore Sport Air(Anker)・・スポーツ用と銘打ったワイヤレスイヤホン!実売2,000円台の安さも魅力

出典:ANKER Soundcore Sport Air

Soundcore Sport Air性能追記
防水レベルIPX7
バッテリー連続再生時間10時間
フィット感イヤーフックタイプ
コーディックSBC、AAC

Soundcore Sport Airは、ANKER製の防水bluetoothワイヤレスイヤホンです。動きが激しいシーンでも安心の首掛けタイプで、IPX7と高い防水性能を有しているので、プールでの使用など、より水に濡れやすいシーンでも使い続けることができます

12mmの複合ドライバー搭載で、特に低音の音の出に特化しており、低音はパワフルな重低音が期待できることでしょう。

人間工学に基づいた外れにくいフィット感が実現しており、高い性能を備えていて実売価格2,000円台の安さも大きな魅力です。

WATERPROOF AMART HEADSET WPM8(Tayogo)…太いネックバンドで安定感抜群!8GBのメモリー内臓

出典:Tayogo WATERPROOF AMART HEADSET WPM8

WATERPROOF AMART HEADSET WPM8性能追記
防水レベルIPX8相当(IPX7以上)
バッテリー連続再生時間1最大約0時間8GBメモリ内臓
フィット感イヤーフックタイプ
コーディック非公表

WATERPROOF AMART HEADSET WPM8は、toyogo製の防水bluetoothワイヤレスイヤホンです。太めのネックバンドのため、より安定的な装着感を手に入れることができ、動きの激しいシーンでもズレ落ちることはまずありません。

また、太いネックバンドは安定感を得られるだけでなく、8GBのメモリーも内蔵しており、スマホなどとペアリングしなくても、単体で貯めた音楽などを聴くことが可能です。

IPX7以上のIPX8相当の高い防水レベルを有しており、お風呂やプールなどでの水泳時など水没するような場面でも、気兼ねなく使い続けることができるでしょう。

ジムやお風呂でも使いたい!おすすめ防水bluetoothワイヤレスイヤホン10選 まとめ

今回は、「ジムやお風呂でも使いたい!おすすめ防水bluetoothワイヤレスイヤホン10選」を紹介させて頂きました。

日ごろ、お風呂やプールなど水没が心配なところで使用する予定がない人でも、日常、急な雨や、夏場は汗など濡れてしまうリスクはあるものです。防水仕様になっていて損はありませんよね。

昔は、防水モデルだと音質は期待できないものでしたが、今は音質も向上!安心も手に入れて快適な音楽生活を手に入れましょう、