FUJIFILM X-E3レビュー初心者が使いたくなるシンプルミラーレス

   

富士フイルムXシリーズで最軽量、必要最低限の機能のみを搭載した「X-E3」。小型でシンプルなボディからは想像できないほど高画質・高性能なミラーレス一眼カメラです!

そんな「ミニマリズム」と呼ばれるX-E3を画像や他機種との比較を踏まえて詳しく紹介していきます!

この記事を読んでわかること

●X-E3のいいところと気になるところ

●X-E3がなぜ「ミニマリズム」なのか

●X-E3、X-T20、X100Fの比較

●X-E3の作例

目次

富士フイルムのX-E3はズバリこんなミラーレス

マコちゃん

X-E3って他のカメラよりもシンプルな感じがするけど、いったいどんなカメラなの?
X-E3はひとことで言うと、必要最小限な機能性能のみでつくられているカメラです!最小限ながらも高い性能をもっていて、撮影の「本質」に迫る。まさにカメラ界における「ミニマリズム」のパイオニアなのです‼

くるみ先生

ジョンくん

カッコよすぎてシビレル!!!

例えるならば「千と千尋の神隠し」に登場するハク様みたいな美少年、X-E3の魅力をこれから存分に紹介していきます‼

まずは、押さえておきたいX-E3の特徴を見ていきます!

もっと詳しくスペックを知りたい人はこちらを参考にしてください↓

参考 FUJIFILM X-E3:主な仕様富士フイルム

FUJIFILM X-E3、必ず知ってほしい3つのポイント

お次は先ほどの「富士フイルムのX-E3はズバリこんなミラーレス」で紹介した中で、特に知ってほしい3つのことを掘り下げて紹介していきます!

X-E3の3つの特徴
  • 富士フイルムXシリーズ内で最軽量
  • ボタンも操作も最小限でシンプルなつくり
  • スマホへの画像転送も、チェキでの現像もかんたん

X-E3は小さくて軽いから毎日持ち歩ける

X-E3は富士フィルムのXシリーズ(富士フィルムが出しているミラーレス一眼の総称)の中で一番軽いのが大きなポイントになっています。

驚くべきことに、エントリーモデルのX-A5やX-A3、コンデジのX100Fよりも軽い!

この下のサイトは富士フイルムのミラーレス一眼が一挙に見られるサイトになっています。この中で一番軽いボディということになります。「軽いは正義」!

参考 富士フイルム Xシリーズ&GFX カメララインアップFUJIFILM X

もっと具体的に言うとこうです。

まず、X-E3のボディが約337g。四捨五入を少し盛るとだいたい缶1つ分になります。

ズームレンズはレンズキットにある「XF18-55㎜ F2.8-4 R LM OIS」が約310gなので、ボディと合わせると「合わせみそ」約650gになります。

首から「合わせみそ」を提げたり、カバンに「合わせみそ」が入っているのを想像してみてください。その重量感です!

単焦点レンズもレンズキットにある「XF23㎜ F2 R WR」が約180gなので、ボディと合わせると「500mlペットボトル」約500gになります。

「合わせみそ」よりはペットボトルの方が手軽感が伝わりますね(笑)。見た目も軽いです。

おすすめの単焦点レンズをメーカー別に紹介。初心者も玄人も、これを見て決めろ!

※あくまでイメージですので参考までに。

ジョンくん

それにしても『首から「合わせみそ」・・・』のインパクトがすごい・・・

現実に戻りましょう。X-E3を持つとこんな感じになります。

http://irodori-x.com/review/201/

小さくて軽いからこんな感じに片手でラクラク撮影できるし、液晶モニターでの撮影が不便な状況(太陽の光がモニターに反射して見えづらいとき、カッコつけて構えたいとき)でもファインダーもついているので大丈夫です。

ファインダーを覗いて撮影する方が構図に集中できるので、私はほとんどファインダーで撮影しています!

マコちゃん

ファインダーから見ると自分の世界って感じで面白いし、「撮っている」感覚がする!

ジョンくん

そうそう!あと、ファインダー覗いて撮ってる姿ってカッコいいよね

X-E3はダイヤルとタッチパネルで直感的な操作ができる

http://irodori-x.com/review/201/

マコちゃん

本当にシンプルなデザインでスッキリしているね

http://irodori-x.com/review/201/

ジョンくん

十字ボタンがないよ!だからスッキリして見えるのか

ここでは撮影に重要な3つの撮影モードについて紹介します。

ここからは、①~③までそれぞれ詳しく説明していきます。

「フルオートモード」があるから初心者でも使いやすい

まずは「フルオートモード」です。これはその名の通り、すべてをカメラに任せて撮影できるモードです。

撮影シーンにあったモードをカメラが自動で設定してくれるのでキレイに撮れます。

また、露出補正ダイヤルでは写真全体の明るさを自分で設定することができます。フルオートモードで唯一これだけが自由に設定可能!

例えば、「カメラが設定してくれたのよりももう少し明るくしたい」ならダイヤルを「+」の方に回すと写真全体が明るく仕上がります。

「コントロールモード」で自分好みの写真にできる

撮影に慣れてきたら「コントロールモード」。自分でいろいろ設定できるので、写真の勉強になります。このモードが使いこなせれば、自分が「こういう風にしたい」と想像したものをそのまま写真に反映できます。

例えば、木を見上げたとき・・・

普通はこんな風に撮れますが、「もっと明るく絵のようにしたい!」と思ったら

設定を変えて、思わず目を細めてしまうくらい眩しい写真に。

こんな風に自分の撮りたいように、自分が撮影した意図を写真に入れこむことができます。

「タッチパネルとフォーカスレバー」のかんたん操作でサクサク撮れる

まずは「タッチ操作」。スマホのように直感的な操作でピントを合わせたり、シャッターを切ったりできます。

スマホに慣れてしまっているので思い通りにいかないと、タッチ操作機能がなくても反射的に画面にタッチしてしまう人(私)からしたらこの機能は嬉しい限り。

そして、「ファンクションの呼び出し」も。液晶モニターで上下左右にフリックするとそれぞれ「ホワイトバランス」や「フィルムシミュレーション」などのメニューがパッと出てきます。

どのメニューを上下左右どこから出せるようにするかは自分でカスタマイズできるので、よく使う機能をすぐに使えるようにできるのが便利です!

カメラの各モードを解説!状況に応じてカメラを使いこなそう!

X-E3なら撮ったその場でスマホに転送、チェキでプリントもできちゃう

撮った写真は「シェアして楽しむ」。X-E3なら「シェア」が簡単にできちゃいます。

スマホ・タブレットとX-E3をつなげて使える便利機能

スマホやタブレットに無料の専用アプリ「FUJIFILM Camera Remote」をインストールしてX-E3とつなげることでこれらの機能が使えるようになります。

「FUJIFILM Camera Remote」でできること

●リモート撮影

●画像受信

●カメラ内閲覧

●リモートレリーズ

Bluetoothを搭載しているので、ペアリングをすれば画像転送やリモート撮影がよりスムーズに行えます。

チェキでプリント!お気に入りを残せる

X-E3なら最近人気になっている「チェキプリント」もできます。

X-E3で撮った写真を“スマホdeチェキ”「instax SHARE」に送信すればその場ですぐに写真をプリント。自分の手元に残るし、友達にもあげられる。部屋に飾ればオシャレになる・・・。

私が今欲しいものランキングTOP3のうちのひとつになっています。本気で購入を検討しているところです!

マコちゃん

チェキっていいね!私も欲しくなってきた!!

レビュー記事もあるのでもっと詳しく知りたい人はチェックしてみてください。絶対欲しくなります(笑)

スマホの写真がチェキになる”スマホ de チェキ” instax share sp2レビュー スマホdeチェキの魅力とは!? 人気の instax share sp-3 を口コミレビュー

公式サイトはこちらです↓

参考 スマートフォン用プリンター”スマホ de チェキ” instax SHARE SP-2/SP-3富士フイルム

【おまけ】オシャレなレビュー記事とX-E3を実際に使っている動画の紹介

ここまで引用した3つの写真の記事はこれです。富士フイルムの公式サイト(女子向けオシャレ)です。

参考 【FUJIFILM Xseriesレビュー】初心者女子におすすめ。クラシカルなミラーレスデジタルカメラ「X-E3」ってどんなカメラ?IRODORI by Xseries

お次は富士フイルム公式の動画を紹介します。

世界中のXフォトグラファーが富士フイルムのカメラを使っている動画「Xシリーズ」が富士フイルム公式で公開されています。撮影場所が街や森、海などいろいろで結構楽しいし、実際に撮ってるところや作例も見れるので写真の勉強にもオススメです。

出演されている方々はとってもグローバルで、もはや何語かもわかりませんが、何となくどういう話をしているのか伝わってしまうのが面白いところ!

参考 Xストーリー富士フイルムXシリーズ&GFXオフィシャルサイト

その中のX-E3の動画を今回の記事でいくつか紹介していきます。

スナップ&撮影風景を見ることができる動画です。作例も多いので富士フイルムの色づかいがどんな感じか、見てみてください。「こんな感じでX-E3が使えるんだ」というのがわかると思います。やっぱり街歩きには軽くて小さいボディが使いやすいです!

この動画の見どころとしては、唯一私が男性の言いたいことがわかった場面があって、それは55秒あたりのバックからX-E3を取り出している動作をしているところなのですが(ああ誰でもわかるわ、これ)。

あの場面では「X-E3は小さいからこんなバッグにもすっぽり入っちゃうんだぜ」と言っています(勘だけど自信しかない)。※この場面のリスニングができる方は解答を教えてください(笑)

そして2分50秒あたりではタッチ操作でのファンクション呼び出しをやっているところを見れます。こんなサラッと操作できるので、思ったときにすぐ設定を変更できちゃいます。

FUJIFILM X-E3ならイメージ通りに高画質で撮れる

X-E3は上位機種と同じ高画質の写真が撮れる

X-E3の高画質ポイント
  • X-H1やX-Pro2などの上位機種と同じセンサー&処理エンジン
  • 画素数は約2430万画素
  • 4K動画も撮影できる

X-E3が「上位機種と同じ質の写真が撮れる」ことを料理に例えると「同じ材料があれば同じ見た目、同じ味に調理できる。ただし、調理器具が違うだけ。」ということになります!ここでの調理器具はカメラです。

富士フイルムのフィルムシミュレーションは色がよい

富士フイルムのフィルムシミュレーションの特徴はズバリ「撮って出し」でいい写真が出来上がるというところです。

写真を撮るときに自分のイメージに合ったフィルムシミュレーションを使えば、撮った後に編集をしなくてもいい写真が撮れます!

ドラマチックな印象になる「クラシッククローム」で朝日に照らされるソバ畑を撮ってみました。(X-Pro2で撮影)

「Velvia」でリンゴを撮影。赤色の微妙な違いも鮮やかに写せています。富士フイルムは『記憶色』の美しさが有名です。(X-A1で撮影)

お散歩中みつけた公園でのスナップを「ACROS」で撮影。「モノクロ」よりも質感が良く、好評なフィルムシミュレーションです。(X-Pro2で撮影)

フィルム写真のような質感が欲しいなら「グレインエフェクト」機能で!

富士フィルムのみ搭載の「グレインエフェクト」機能を使うと、写真に粒状感を持たせることができます。グレインエフェクトは「強・弱・OFF」に使い分けられます。

効果をより強めたい場合は「思い切ってISO感度を上げる」。よりつぶつぶ&ザラザラになって面白いです!

X-E3を使うときの注意点

チルト式液晶モニターじゃないからアングルが限られる

X-E3はチルト式液晶モニターではないので下の写真のようにモニターを動かして撮影することができません。

http://irodori-x.com/review/843/

地面スレスレでの撮影や自分の顔より高い位置からの撮影が難しくなります。そうなるとどんな態勢になってもシャッターを押せるような体作りが必要です。

では、チルト式液晶モニターでないとどうなるのか。実際にX-E3で撮影している様子が見られるこちらの動画をご覧ください。

少しストーリー仕立てな感じが海外風で面白い動画です!

最初は「あれ??X-E3出てこないな」とか思ってると、いきなりX-E3出てきて、同時にカッコいいロックなBGMが流れくるのでテンション上がりました。女性二人が並んで歩いているのもイカしてます。

この動画は特に、「X-E3がチルト式モニターではない辛さ」がよくわかるものとなっております。4分あたりからです。とても大変そうな態勢で撮影されています。でも撮れた写真はめちゃくちゃカッコよい‼

チルト式モニター搭載であれば、このようにモニターを上下方向に動かせて楽に撮影できるのですが、X-E3は搭載されていないです。画面固定式です。残念・・

でも、だからこそ、X-E3は小型・最軽量でシンプルなボディを実現できたのだと思います。チルト式モニターになっていたらその分の重量が大きくなって「ミニマリズム」にはなっていなかったかも。

「チルト式って何だ?もっと詳しく教えてくれ!!!」という方は下のリンクを参考にしてみてください。

バリアングル液晶とチルト式液晶はどっちがオススメ!?気になるポイントを比較

【レンズキット】FUJIFILM X-E3、2つのレンズキットでオススメは?価格は?

X-E3には2つのレンズキットがあります。「ズームレンズキット」と「レンズキット」。正直、ややこしい・・・。でも、ややこしいのは名前だけ。それぞれちゃんと棲み分けができています。どっちにするか悩ましい方は↓を参考にしてみてください。

初心者には「ズームレンズキット」が◎

マコちゃん

はじめて買うカメラはX-E3に決めました!カメラについての知識はまだないです。

こんな人には「ズームレンズキット」がオススメです。

XF18-55㎜ F2.8-4 R LM OIS」はカメラを始めたばかりの方が一番使いやすい焦点距離の18~55㎜までズームできるレンズになっています。

X-E3で2機目or他のレンズも持っているなら「レンズキット」

ジョンくん

僕は他にも一台持っていて、X-E3をサブ機として購入しようと思っています

「レンズキット」はこのような人にオススメです。

このレンズキットには「XF23㎜ F2 R WR」という単焦点レンズがついてきます。

単焦点レンズは簡単にいうと、ズームができない分ボケさせられる量が大きくなるというレンズです。

ちなみに、

トリひこ君

富士フイルムのレンズは他にも持っていて、XF18-55㎜もXF23㎜も必要ないよ

という方はレンズキットではなく、ボディ単体での購入をオススメします。

【おまけ】オススメ単焦点レンズはXF35㎜!

●Amazon埋め込み XF35㎜ F1.4とF2

単焦点レンズといえば、「はじめての人はまずは35㎜から始めるのがいい」とよく言われています。

私も35㎜で単焦点デビューを果たしました!

「今、ここを切り取りたい!」という画角が見たまま撮れるのがとても使いやすい。富士フイルムのXF35㎜レンズは小さくて軽いので長時間の撮影や旅行、スナップ撮影にもピッタリです。

【比較】FUJIFILM X-E3とX-T20、X100Fどれを選ぶべき⁈

マコちゃん

X-E3もいいと思うんだけど、コンデジのX100Fも捨てがたいんだよね~悩む!!

ジョンくん

X-E3とX-T20、どっちを買うか迷ってる。どっちも基本的なところは同じなんだよね

そんな人たちに考えてほしいのはズバリ

“自分の撮影スタイル”と“好みのデザイン”です!

くるみ先生

カメラは大きな買い物なので、よっぽどのことがない限りはずっと使っていく相棒になります。なんだかんだ不満はあるにせよ、後悔はしたくありません。自分に最適なカメラをよく考えて選ぶのがいいと思います。

まずはそれぞれのポイントから見てみましょう。

X-E3は「撮影に集中できる極限構造」

X-E3はこれまで見てきましたが、ポイントは何といってもシンプルで無駄がないところです。X-T20やX100Fと比較しても小さくて軽い!

X-T20のようにいろいろダイヤルやボタンがついていると便利で安心感がありますが、意外と撮影する時は「どれを使おう」「これはどうにしよう」と意識があっちこっち行って撮影に集中できないことも。

しかしX-E3なら使うダイヤルやボタン、操作が限られていることで撮影に集中でき、その1枚に全力を注げるという考え方もできます。

ジョンくん

なるほど~。自分はどっちの方が合っているのか実際に触って試してみよう!

X-E3の公式サイト

参考 FUJIFILM X-E3富士フイルム

X-T20は「使いやすい王道的存在」

X-T20はタッチ操作も可能で、機能や性能についてはX-E3とほぼ同じ。

大きく違うところは、X-E3にはない「チルト式液晶モニター」を搭載しているのと「ダイヤルが3つ」あるところです。この2つの要素があるだけでX-E3よりは初心者向けで使いやすい仕様になっています。

X-E3がもつダイヤル「露出補正」と「シャッタースピード」に加えて、X-T20は「ドライブダイヤル」という撮影モードを変更できるダイヤルが搭載。利便性ではX-T20の方がいいのかもしれません。

ジョンくん

悩むなあ。X-E3のシンプルな感じも好きだし、X-T20のダイヤル3つあるところも魅力的だし・・・

X-T20の公式サイト+α

参考 FUJIFILM X-T20富士フイルム

こちらはX-T20のレビュー記事です。深く掘り下げて書いてあるのでX-T20が気になる人はぜひご覧ください!

FUJIFILM X-T20を徹底レビュー! カメラを始めたい人にオススメのミラーレス

X100Fは「クセはあるが最高の趣味性」

X-E3やX-T20は「ミラーレス一眼」ですが、X100Fはそれとは違い「コンパクトデジカメ」というレンズの交換ができないカメラです。

しかし、X100FはコンデジとはいえX-E3やX-T20と同じように上位機種と同等の質の写真が撮れるのです。『同じ材料があれば同じ見た目、同じ味に調理できる。ただし、調理器具が違うだけ。』理論です。

そして、X-Pro2と同じく「アドバンストハイブリッドビューファインダー」という特別なファインダーを搭載。一般的なコンデジとは違う次元にいます。

マコちゃん

X100F、すごく気になる‼レンズは交換できないけど、その特別感に惹かれる!

X100Fの公式サイト

参考 FUJIFILM X100F富士フイルム

気になる価格!3つの中で一番安いのは?

価格比較サイトなどで、この3機種を比較すると、大きな価格差はありません。

現時点でコスパがよいのをひとつ決めるとすれば「X-E3のズームレンズキット」です。X-E3のレンズキット(単焦点レンズ)は少し高めになっています。

※X-E3、X-T20、X100Fはそれぞれ色がブラックとシルバーがあります。この画像に掲載した価格はシルバーを参考にしていますが、ブラックとの価格差は小さいです。

それでも迷ったら“好みのデザイン”で決めちゃう

決まらなかったら製品紹介映像を見て、最終手段の「好みのデザイン」で選びましょう。

X-E3の製品紹介映像

X-E3は動画でも無駄がありません。なんという徹底ぶり!

X-T20の製品紹介映像

X-T20は撮影の楽しさが伝わってくる映像で癒されます。

X100Fの製品紹介映像

この映像を見ているとX100Fと一緒に旅したくなります!

ーーーさあ、どれが一番「ビビッ」ときましたか?

それがあなたの運命の一台・・・

マコちゃん

君に決めたぁあああ!!!

ジョンくん

君に決めたぁあああ!!!
はい。落ち着いてーーー

くるみ先生

はい。書いてる私も落ち着くべきですね。

自分に合った一台、決まりましたでしょうか?

【作例】FUJIFILM X-E3なら確実にいい写真が撮れる!

Instagramに投稿されたX-E3の作例を見てみる

窓から見える鮮やかな緑、床に反射する緑が美しく心地よいです。

 

A post shared by Nathan Duckworth (@kamoda) on

何気ない場面でも写真を撮れば作品になります。光の差し込み具合と写真全体の色合いが素敵です。

 

A post shared by Dom Marker (@dommarker) on

山々の大きさが感じられる一枚。空の青もとてもキレイで気持ちがいいです!

 

A post shared by 양훈목 (@hun_mosquito95) on

ショーウインドー(?)のぼんやりとしたボケが儚さを演出しているように感じます。

 

A post shared by Yasuhiro Kato (@yy.kato) on

X-E3は風景写真もしっかり撮れます

風景写真好きにはたまらない写真がたくさん紹介されています。感動です。

X-E3は小さくてシンプルなので「風景写真は向いていないのでは?」と思っていましたが、そんなことはない!むしろ、小さくて軽いからこそ長時間、森林の中を歩くときにも持ち運びしやすいという利点があります!

【まとめ】X-E3は持っていると一緒に出かけたくなるミラーレス!

X-E3は知れば知るほど使ってみたくなる、魅力的なミラーレスです。その魅力が伝わったでしょうか。

そして最後に質問がひとつ。X-E3を見るとその周りに何か特別なオーラを感じませんか?「確かに何か感じるぞ」と思った方はすでにX-E3の世界に片足を突っ込んでいますよ。ちなみに私は肩までどっぷり浸かっちゃってます(笑)

FUJIFILM X-E3のまとめ
  • 小さい!軽い!シンプル!
  • 初心者でも使いやすいモードとタッチ操作&ダイヤル
  • チルト式モニターじゃないので少し不便
  • 高画質で色がキレイ
  • カメラ界「ミニマリズム」のパイオニア

最後の最後にオススメサイトの紹介!

この記事中では3つの動画を紹介しましたが、それらはすべて富士フイルム公式に公開されているものです。

世界中のフォトグラファーが富士フイルムのカメラを使い、さまざまなシーンで撮影して使い心地や感想などを語るという動画です。

撮影場所は世界中の街や森、海などいろいろで結構楽しいし、実際に撮ってるところや作例も見れるので写真の勉強にもオススメ!出演されている方々はとってもグローバルで、何語かもわからない言葉が流れてくることもしばしば。それでも所々どういう話をしているのか伝わってしまうのが面白いところです。

参考 Xストーリー富士フイルムXシリーズ&GFXオフィシャルサイト

また、他の富士フィルムのミラーレスを知りたいと思った方は「富士フィルムのミラーレスのまとめ記事」がありますので、よかったらこちらを参考にしてください。

富士フィルムのミラーレス、迷ってる人におすすめ!全機種まとめて徹底比較!

この記事で少しでもX-E3について興味や関心をもっていただけていたら嬉しいです。最後まで読んでいただきありがとうございました。