大人気の「GoPro 3 way」!3通りの使い方を詳しくレビュー!

   

Go Proのアクセサリーの中でも一番人気の「Go pro 3-way」。

ゴープロ自撮り棒としても活躍する「Go Pro 3-way」には、延長アームや三脚としての使い方があります。1台3役の「Go Pro 3-way」は持ち運びもカンタンで、持っていてとても便利。

旅行での観光やアウトドアやアクティビティーでも大活躍。これ一台でGoproの使い方がすごく広がります!!

今回はそんな「Go Pro 3-way」の使い方を徹底レビューしたので、みなさんも使いこなして楽しんでください!!

この記事を読んでわかること
  • 「Go Pro 3-way」の基本情報
  • 「3-way」の3つ使い方
  • 「3way」を使いこなすポイント

「Go Pro 3-way」とは?

「Go Pro 3-way」とは、Go Pro用の「自撮り棒」です。ゴープロでセルフィーするのに使います!

はじめから自撮りって言えばいいのですが、この自撮り棒には「3-way」という名の通り「3つの使い方」があります。ゴープロさんはそれを強調したかったんだと思います(笑)

「カメラグリップ」「延長アーム」「三脚」として臨機応変にカタチを変えながら対応できるので、自撮り棒よりもずっと優れている人気アイテムです。

3wayの3つの姿

1台でこんなにカタチを変えられるアイテムは珍しいです。gopro社もよく考えましたね。

しかも人気の理由はコンパクトに収納できるということ。延長もできて、三脚にもなるのに、延長アームを使わないときにはスッポリと元のカタチに戻る!これなら旅行の時も荷物になりません!

いろいろな使い方ができる3wayは旅のお供に必ず揃えておきたいアクセサリーですね。

カメラグリップとしてのGo Pro 3-way

1つ目の使い方はカメラグリップです。カメラグリップをつけることで手の動きが安定するので、goProのブレを減らして安定的に撮影できるようになります。

注意
ゴープロを手で直接持つと手ブレがヒドくなります。3wayに装着するメリットは持ちやすさだけでなく、手ブレ補正にもなるんです!!

延長アームとしてのGo Pro 3-way

2つ目の使い方は延長アーム機能です。カメラグリップのみだと15センチですが、延長アームを利用すれば最大50でセンチまで延ばすことができます

また伸縮は自由自在なので、自分が撮りたい位置に合わせて長さを調節できるのがポイントです!

三脚としてのGo Pro 3-way

3つめの使い方は三脚です。グリップの中に収納されている三脚をはめれば、簡単にGOPROの三脚として使えます。三脚があると景色を撮る時に便利だし、タイムラプスのときなどにも使えます

また延長アームを伸ばした状態でも三脚にできるので、高い位置で固定したい場合にも活用できます。

Gopro3wayはもちろん防水対応

そして3wayもバッチリ防水対応しています。Goproを付けたまま海や水中にそのまま持っていても大丈夫。自撮りするだけでなく、船の上から水の中を撮影したり、延長棒として使うこともできます!

3-wayの3つの使い方まとめ
  • 「カメラグリップ」として使う
  • 「延長アーム」として使う 
  •  「三脚」として使う
  • 「3way」も防水

たつや

3wayはゴープロを使うときの必需品です!本体と一緒に必ず3wayを購入しましょう!予備バッテリーと3wayは絶対欠かせないアイテムです!!

「Go Pro 3-way」の価格と型番

「Go Pro 3-way」の純正品はメーカー希望価格9,720円(税込)で販売されています。

メーカ公式での型番は《AFAEM-001》となっています。

最近ではGopro社が販売している純正品のアクセサリーのほか、サードパーティー系の格安自撮り棒もたくさん販売されているので、品質よりも安さが大事という人にはamazonもチェックしてみてください!

(PR) Gopro+3wayの初心者セットが格安でレンタルできる!!

話題の最新ガジェットがレンタルできる「rentry」ではGoproと3wayのセットをすぐにレンタルできます「買う前に試してみたい!」「3wayを使ってみたい!」という人には人気のサービスです。まずは格安レンタルでお試してみましょう!

3wayに対応するゴープロは1?

3wayは全てのゴープロに装着可能です。マウントがあるアイテムだったら何にでも装着できます!

まずは3wayとgoprosession5。小さいけどしっかりと装着できます!

次にHERO7と3way。もちろんHERO6やHERO5などの全種類のHEROシリーズに装着可能です!

話題のGOPRO HERO7を完全レビュー!Black/silver/white編

【図解】GOPRO HERO6 black の機能や使い方を徹底レビューしてみた

そしてGoproのハウジングケースとも相性抜群!!防水ケースを付けると水深60メートルまで潜れるようになります!

防水ケース!GOPROハウジング「SUPER SUIT」の使い方について

最後は360度カメラのFUSIONとも組み合わせ自由!ただしGOPRO FUSIONの場合は最初から3wayが同梱してあるので買う必要はありません!!

360度カメラのGoPro Fusionがスゴいっ!機能や使い方を徹底レビュー!

たつや

どのゴープロでも3WAYは装着可能です!防水ケースのハウジングなどとも組み合わせ自由自在!!

カメラグリップとして使う場合のポイント

カメラグリップとしての使い方

「カメラグリップ」はGoproを持ちやすくするために使うほか映像を手ブレ防止の役割があります!

Go Pro本体はとても小さいので、本体だけ持って撮影すると落としてしまったり、手が写り込んでしまいます。なので本体と3-wayを組み合わせて撮影することにで、さらに本格的な写真や動画を撮影することが出来ます。

カメラグリップで撮れる写真がこちら

カメラグリップはストラップがあると便利

Go Pro 3-wayは10000円(税込)する高価アイテムになっています。カメラグリップは落としたり、どこかに置き忘れることがあるので、3-way用のストラップをつけておくことをオススメします。

3-wayを延長アームとして使う場合

「Go Pro 3-way」を延長したときの使い方です。アームは全長50cmほどまで伸ばすことができます。

カメラグリップとして使うよりは視野が広くなるので、友達や家族、恋人と自撮りをするときに便利です。広い範囲の写真や映像を撮影するときはこの使い方がおすすめです!

また、任意に曲げ伸ばしが出来るため、長さを調整しながら使えます!

https://www.instagram.com/p/BYvdh0LDO6O/?hl=ja&taken-by=goprojp

カメラグリップ、延長アームとして使う時の長さの違い

カメラグリップと延長アームとしての長さの違いをわかりやすく図にしてみました。

これだけ伸びると使いたいシーンによって上手に使い分けることができますね。

3-wayを三脚として使う場合

最後は「三脚」という方法があります。Go Pro 3-wayは、自撮り棒として使うだけではなく、三脚としても使用することが出来ます。三脚と言っても、簡易的なものなのでそこまでガッチリ固定ということできません。ただ”とりあえず三脚が欲しい”という時にはこれで十分です!

延長アームを伸ばした状態でも三脚になる

グリップの中に三脚の脚が収納されています。そのため、集合写真などで使用した後には、三脚をグリップの中に収納できてスッキリ元の短い状態に戻せます。なかなかの優れもの。

3-way 使い方〜遠隔でシャッターを切る方法〜

Go proを3wayに装着しているときには本体の操作が届きにくいです。そんな時でもカンタンにシャッターを押せる方法を2つご紹介します。

スマホでGoProアプリに接続し、GoProのシャッターを切る。

iPhoneとgoproをwifiで接続することで、スマホをリモコンにすることができます。そうするとスマホの画面をタッチするだけでGo proのシャッターを切れます!

こんな感じにすると3WAYの先っぽにGOPROがあってもカンタンに操作できます!カップルでの自撮りもスマホから操作できるとベストなアングルで撮れます!(男同士の写真ですみません笑)

たつや

3wayを使うときはスマホと接続しておくと便利!スマホを使えば自由自在にゴープロを操作できます!
  • STEP.1
    スマホを準備する

    Go proアプリをインストールしたスマートフォンを用意する

  • STEP.2
    本体と接続
     スマートフォンとGo pro本体を接続する
  • STEP.3
    シャッターを切る
     スマートフォンを使って、Go proのシャッターを切る
  • スマホ接続での注意点!!

    ただしスマホ接続だと海や水辺では注意が必要です!なぜなら水没してスマホが壊れるからです。。また毎回スマホと接続するのが結構面倒という人もいます。

    スマホをリモコンとしておすすめしない理由
    • 海などの水があるところで、スマートフォンを使うのは危険
    • 「Go pro本体」と「Go proアプリ」を接続するのが面倒くさい

    1. 海などの水があるところで、スマートフォンを使うのは危険

    「Go pro」は防水機能がありますが、スマートフォンは必ずしも防水機能があるわけではありません。なので水上・水中・水辺で遊ぶときにはスマートフォン操作だとちょっと危険です。なので水辺で3Wayを使うときにはあまりオススメではないです。

    2. 「Go pro本体」と「Go proアプリ」を接続するのが面倒くさい

    「Go pro本体」と「Go proアプリ」の接続はそれほど面倒ではないものの、毎回接続するというのが続くとやはり面倒に感じることもあります。スマホとの接続はたしかに便利ですが、「Go pro本体」と「Go proアプリ」を接続するのには少し時間がかかります。編集部スタッフなども初めて試した時は接続するのに苦労したりします。

    ジョンくん

    スマホで接続して使いたいときもあるから、接続の方法やアプリのことについても知りたいなー!
    そんな方はこちらの記事で詳しく紹介しています。

    【写真で解説】GoProアプリの使い方をどこよりも詳しく簡単に徹底解説!

    純正品 GoPro スマートリモート(別売り)を使う

    もう一つシャッターを切る方法でオススメなのがスマートリモート(別売り)を使う方法です。Go Pro純正品「スマートリモート(別売り)」はこちらです。

    スマートリモートを使うとGoProを遠隔操作出来ます。純正品のアクセサリーなので相性が良く、ボタンも少なく操作しやすいです。私もアプリよりはこちらの「スマートリモート」を多様しています。GoProと3-wayを使って写真や映像を撮るときは、このスマートリモートを使うことを強くオススメします。

    とても便利な GoPro スマートリモート!その使い方や本体の接続方法を解説!

    Go pro スマートリモート

    スマートリモートについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。また、スマートリモートや3-Way以外のGoProアクセサリーも紹介しています。

    GoProをもっと楽しむために選ばれている人気アクセサリー26選

    3wayで注意しないといけないポイント

    「3-way」はスマートフォンのより使い勝手が良い

    スマートフォンの自撮り棒は買ったことがある人も多いのではないかと思います。スマートフォンの自撮り棒は、アームの部分を伸ばして自撮り棒を長くしたり、縮めて短くしたりして撮影することしか出来ません。

    「Go pro 3-way」は、アームを長く伸ばしたり、短く縮めたりして使うだけではありません。アームは、2ヶ所、任意に曲げることが出来ます。そのため、さまざまな位置からの撮影が出来、写真や映像に手や腕が映り込む心配なんてありません。

    それぞれの使い方も、簡単で色々なシチュエーションで活用できます。

    純正品「Go Pro 3-way」を使用するときの注意点

    Go Pro本体とGo Pro 3-wayを固定時、ネジを使って固定します。そのネジはとても小さいです。そのため、3-wayを使っている時に紛失してしまう事が多々あります。

    ネジを紛失してしまったら、Go Pro本体を固定できないため3-wayは全く使い物になりません。ネジの紛失には十分注意しましょう。

    注意
    Go pro固定用ネジの紛失に注意!!

    ちなみにネジを紛失してしまった人は、こちらからAmazonのサイトで購入できます。

    下で、一つひとつ紹介していきます。

    純正品 「Go Pro 3-way」のまとめ

    この記事を通して、Go Pro 3-wayの基本的な使い方をレビユーして来ました。ゴープロは必ず必須アイテムなので是非一緒に購入して使ってください!

    最後にこの記事のまとめを3つのポイントに分けて書きます。

    • 純正品「Go Pro 3-way」は、メーカー希望価格9,720円で販売されている。
    • 純正品「Go Pro 3-way」には「カメラグリップ」「延長アーム」「三脚」と言った3つの使い方がある。
    • 純正品「Go Pro 3-way」は防水機能が備わっている。そのため、スマートフォン+自撮り棒で撮影するよりもきれいな写真や映像が撮影出来る上、使い勝手が良い。

    また、Go Proのシャッターを切るにはスマートリモート(別売り)を使うことを強くオススメします。

    3-wayは撮影が楽しくなる分、周りが見えなくなる可能性があります。ぜひ、皆さんも「Go Pro 3-way」を使って周りを気にしながら「Go Proのある生活」をさらに楽しんでみて下さい。

    3wayをお試ししたいという人にはレンタルがおすすめ

    3wayとgoproのセットを使ってみたい、新製品のGoproが気になるけど購入する前に試してみたい、新しいHERO7と今持っているゴープロと比較してみたいという声はよく聞きます。

    また「今度の旅行だけ使いたい…」「少しだけ試してみたい…」という人も結構多くいます。

    そんなときにオススメなのが、GoProのレンタルサービスです。最新の家電がレンタルできる「rentry」では最新のGoPro HERO7から旧モデルのHERO6やHERO sessionまで格安でレンタルを行っています。

    最短3泊4日からレンタルが可能で、在庫がある場合は急にレンタルしたくなっても17時までの注文で当日出荷が可能です!

    是非この機会に話題のGopro Hero7を「rentry」でレンタルしてみてください!

    【図解】GOPRO HERO6 black の機能や使い方を徹底レビューしてみた 【比較】Go pro HERO5 とSession オススメなのはどっち?