頭の上から撮影!「Go pro ヘルメットアクセサリー」 徹底レビュー!!

   

 

「おーーっ !! この動画の迫力すごい !!」

「こんな景色見たことないっ!!」

など、GoProで撮影した動画は迫力も臨場感も桁違いです!

そんな動画撮影に活躍しているのがGoProの「ヘルメット」というアクセサリーです。このアクセサリーを使えばGOPROをヘルメットの好きな場所に固定できるので両手を使わないでも撮影することが可能になります。

エクストリーム系のスポーツやレース、スカイダイビングで大活躍しています。

そこで今回の記事ではGOPROヘルメットの魅力がわかるように、以下について細かく見ていきましょう!

この記事を読んでわかること
  • 「Go pro」と「ヘルメットアクセサリー」とは?
  • 「Go pro」と「ヘルメットアクセサリー」で撮影された写真や映像を紹介!!
  • 人気のオススメ「ヘルメットアクセサリー」Best4!!
  • ヘルメットアクセサリーの使い方を解説!
  • 「Go pro ヘルメットアクセサリー」を使って撮影する時のコツを伝授!!

Goproヘルメットとは?

GOPROヘルメットとは、ヘルメットに装着するマウント(固定具)のことです。このマウントを使うとヘルメットや帽子など好きなところにGoProを装着できるようになります。頭部につけるので自分の視点の高さの映像がそのまま撮れるのがポイント。両手が使えないスポーツやダイビングでも大活躍の人気アクセサリーです。

GoProヘルメットはGoPro HERO6、HERO5、HERO4、SESSION、FUSIONなど全部のGoProに対応しています。

また「GoProヘルメット」=「頭にかぶるヘルメット」のことだと勘違いしやすいですが、実際には固定するマウントのことを指します。ヘルメットや帽子などはどんなものでも取り付け可能です!

マコちゃん

GoPro HERO6、HERO5、SESSION、FUSIONなどGoPro本体の楽しみ方も詳しく知りたいわ~!
そんな方はこちらの記事で詳しく紹介しています。

【図解】GOPRO HERO6 black の機能や使い方を徹底レビューしてみた 【比較】Go pro HERO5 とSession オススメなのはどっち? 360度カメラのGoPro Fusionがスゴいっ!機能や使い方を徹底レビュー!

GoPro ヘルメット マウントの外観

こちらが【国内正規品】 GoPro  ヘルメットフロントマウント AHFMT-001です。GoProをヘルメットに装着する場合は、「ここが接着部分」という部分をヘルメットに貼り付けるだけです!かなり強力なテープで貼り付けるので、GoProが外れて落下するということもありません。この「GoPro ヘルメットマウント」にはいくつかタイプがあるので、後ほど詳しく説明していきます。

GoProとヘルメットでこれが撮影できる!

GoProヘルメットを使うとどんな映像が撮れるのか公式サイトから厳選しました!!スノボ、スキー、バイク、自転車などを乗るときにGoProを楽しんでいます!

GoPro ヘルメットで自転車レース

様々な地形を猛スピードで駆け抜ける自転車レース。その迫力をそのまま映像として残すことができます。

ゴープロヘルメットでアイスホッケー

アイスホッケーは氷上の格闘技と言われているスポーツです。実際の視点で見ると迫力満点ですね。

GoPro+ヘルメットでスキーを楽しむ

「Go pro」の広角レンズとヘルメットマウントの撮影者目線の体験感覚が合体すれば、そのすごさは「Go proアクセサリー1」と言っても過言ではありません。ここでは、「Go pro ヘルメットアクセサリー」の紹介から、ヘルメットアクセサリーの取り付け方、撮り方のコツまで書いていきたいと思います。

これがオススメ!人気の「Go pro  ヘルメットアクセサリー」!!

「Go pro ヘルメットアクセサリー」は、スキー、スノボ、自転車、バイクの普段使いから、プロのライダーまでたくさんの人が使用できるアクセサリーです。このアクセサリーを上手く使うことにより、上のような写真や映像を撮影することが出来ます。

それでは、オススメする人気の「Go pro ヘルメットアクセサリー」Best4がこちら!

1. Go pro 純正品「ヘルメットフロント&サイドマウント」  4,100円(税込)
2. Go pro 純正品「スイベルマウント」  2,900円(税込)
3. Go pro 純正品「Jaws(ジョーズ:フレックスクランプ)」  6,800円(税込)
4. Go pro 純正品「サクションカップ」  5,500円(税込)

第一位 Go pro 純正品「ヘルメット&サイドマウント」

ヘルメット フロント + サイド マウント

これが「ヘルメット&サイドマウント」というやつです。主にヘルメットですが、多くの「アクション」が起きる場面で大活躍です。特に、手を離したい時や、自分目線の映像を残したい時などにおすすめです。

Helmet Front + Side Mount

引用:https://jp.shop.gopro.com/APAC/mounts-accessories/?psortd1=1&psortb1=PriceLowToHigh

例えば、スキーの時、スキーを行う際はステイックを使います。また、スキーをしている時の疾走感などを記録できます。

Helmet Front + Side Mount

引用:https://jp.shop.gopro.com/APAC/mounts-accessories/

バイクなど、手が話せない場合も同様です。自分の目線、目で見ている時の景色などを記録することができます。

押さえておくべきこと
  • Go pro純正品「ヘルメット&サイドマウント」メーカー希望価格4,100円で販売されている。
  • 「ヘルメット&サイドマウント」はヘルメット正面や側面に取り付けることが出来る
  • 上下左右だけ動く。360度自由自在ではない

Go pro純正品「ヘルメット&サイドマウント」は、メーカー希望価格4,100円で販売されています。「ヘルメット&サイドマウント」はヘルメット正面や側面に取り付けます。ヘルメットに付けるアイテムの中では一番ベーシックなもので使い勝手が良いです。ただ、360度自由自在に動くわけではありません。そこが「スイベルマウント」との違いです。

第二位 Go pro 純正品「スイベルマウント」

Swivel Mount

引用:https://jp.shop.gopro.com/APAC/mounts/swivel-mount/ABJQR-001.html

 

押さえておくべきこと
  • Go pro純正品「スイベルマウント」メーカー希望価格2,900円で販売されている。

  • 「スイベルマウント」は、360度自由自在に動き、あらゆる角度から撮影出来る。
  • 一度ヘルメットに付けると簡単には外れない。そのため、雪山や、山道で大活躍。

 Go pro純正品「スイベルマウント」は、メーカー希望価格2,900円で販売されています。「スイベルマウント」は、上の写真のようにヘルメットに直接取り付けます。

「スイベルマウント」は、360度自由自在に動き、あらゆる角度から撮影することが出来ます。また、頑丈な作りになっていて、一度ヘルメットに付けると簡単には外れません。

そのため「スイベルマウント」が取れてしまう心配はありません。雪山や、山道で大活躍します。

第三位 Go pro 純正品「Jaws(ジョーズ:フレックスクランプ)」

Jaws: Flex Clamp

クリップ部分をヘルメットの側面に挟むことで使用します。クリップの力は強いのでそうそうはzyれることはありません。

 

https://www.webike.net/sd/21920702/

上図のように、ヘルメットの後頭部近くの「jaws」にクリップをつけ、くねくねしたところを自分の方に向けて装着すると下の写真のように自分の目線のような写真や動画を撮ることができます。

Helmet Front + Side Mount

引用:https://jp.shop.gopro.com/APAC/mounts/helmet-front-plus-side-mount/AHFSM-001.html

押さえておくべきこと
  • Go pro純正品「Jaws(ジョーズ:フレックスクランプ)」メーカー希望価格6,800円で販売されている。

  • バイクに乗っているライダーの目線からの映像を撮影することができる。 

  • その日1日のツーリングを映像として思い出に残すことが出来る。いつものツーリングをさらに楽しいものにしてくれる。 

Go pro純正品「Jaws(ジョーズ:フレックスクランプ)」は、メーカー希望価格6,800円で販売されています。これをヘルメットに付けることで、バイクに乗っているライダーの目線からの映像を撮影することができます。

ツーリングが好きな方、その日1日のツーリングを映像として思い出にも残すことが出来ます。いつものツーリングをさらに楽しいものにしてくれます。撮った映像を仲間にシェアしてみては!

第四位 Go pro 純正品「サクションカップ」

Suction Cup

 

押さえておくべきこと
  • Go pro純正品「サクションカップ」メーカー希望価格5,500円で販売されてる。
  • 「サクションカップ」は、主にクルマの車体など平坦なところに取り付ける。
  • クルマのスピード感や臨場感が伝わる映像を撮ることが出来る。  
  • ヘルメットへの取り付けはオススメしない。取り付けには、広い範囲の平面が必要。 

Go pro純正品「サクションカップ」は、メーカー希望価格5,500円で販売されています。「サクションカップ」は、主にクルマの車体など平坦なところに取り付けます。

これにより、クルマのスピード感や臨場感が伝わる映像を撮ることが出来ます。ただし、激しい動きをする場合には、ヘルメットへの取り付けはオススメしません。

取り付けには、広い範囲の平面が必要だからです。例えば、工事用のヘルメットなどには向いています。

ジョンくん

サクションカップは車載して動画を撮影することに向いてるんやな~!

マコちゃん

もっと詳しくサクションカップについて知りたいわ!
そんな方はこちらの記事で詳しく紹介しています。

車に付けて「Go pro」の撮影が出来る!「車載撮影」徹底レビュー!

 「Go pro ヘルメットアクセサリー」をヘルメットに取り付ける際のポイントを2つ紹介!

ヘルメットの正面か、真横に「ヘルメットアクセサリー」を取り付けるのが良い。

https://blogs.yahoo.co.jp/star5_net/30558982.html

https://www.webike.net/sd/21820905/

「Go proヘルメットアクセサリー」は、ヘルメットの正面か真横に取り付けてください。そうすることによって正面や真横からブレにくい映像が撮影出来ます。また、取り付けた後も外れる心配もありません。

アクセサリー接着時は、接着部分を温めながら取り付けると良い。

https://www.kickstarterfan.com/archives/29628 https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738967323

「Go pro ヘルメットアクセサリー」は、ヘルメットへの装着時、アクセサリーのシール部分とヘルメットの接着部分をドライヤー等で温めながら取り付ける。すると、簡単に取り付けることが出来る。

「Go pro」を頭に付けて撮影開始!撮影する時のコツを解説!!

「Go pro」を頭につけて自撮りする時のコツ

ここでは「Go pro」を頭につけて、自撮りをする時のコツを書いていきます。

http://blog.livedoor.jp/movie_for_life/archives/7218356.html

⑴上の写真のように、まずはしっかりとマウントがヘルメットに固定されていることを確認します。

⑵次に「Go pro」がしっかりと自分の方に向くように固定します。

⑶最後に、固定できたことを確認したら、いよいよ「Go pro」で撮影を開始します。

押さえておくべきポイント

自分の方にカメラが向いていることを必ず確認してください。自分の方に少し傾けるように固定することがポイントです。

追い撮りする時(スキー、スノボで友達や家族を後ろから撮影する時)のコツ

ここでは、追い撮りする時(スキー、スノボで友達や家族を後ろから撮影する時)「Go pro」を付けた時、正面から見ると下の写真ようになるコツを書いていきます。

http://psyvano.blog109.fc2.com/blog-entry-588.html

横から見ると、下のようになる

http://psyvano.blog109.fc2.com/blog-entry-1150.html

⑴まずは、マウントがしっかりとヘルメットに固定されていることを確認します。

⑵次に、「Go pro」を頭上に取り付けると目線より、少し高い位置に取り付けていることになるので、「Go pro」を少しだけ下に傾けます。

⑶下に傾けたら、いよいよ「Go pro」で撮影を開始します。

押さえておくべきポイント

「GoPro」を少し傾けることで、より自分の視点に寄った動画になります。

「Go pro ヘルメットアクセサリー」徹底レビューのまとめ!

スキー、スノボ、バイク、自転車では「Go pro」と「ヘルメットアクセサリー」を使うことで、臨場感あふれる写真や映像の撮影が出来ます。

・「Go pro ヘルメットアクセサリー」には、4つのオススメ人気アクセサリーがある。

・「Go pro ヘルメットアクセサリー」を取り付け時には「ヘルメットの正面、真横に付ける」「ヘルメット接着時は、温めながら取り付ける」といった2つのポイントがある。

「『Go pro』を頭に付けて自撮りする時」や「追い撮りする時」には、それぞれ1つずつでポイントがあり、それを押さえることで表現の幅が広がること間違いなしです。

GoPro HERO6が今すぐレンタルでお試しできます!

話題の最新ガジェットがレンタルできる「rentry」では最新のGoPro HERO6をすぐにレンタルできます「買う前に試してみたい!」「HERO6を一度使ってみたい!」という人には人気のサービスです。

年に数回しか使わないのなら、購入するよりも格安レンタルの方が安くすませることができます。レンタル後にそのまま購入も可能ですので、購入前にはぜひ一度レンタルでお試ししてみてくださいね。