GoPro(ゴープロ) HERO8 Black新バッテリーについて!旧バッテリーの違いは?

   

GoProHERO8から、バッテリーの仕様が変わりました。

「もしかしてHERO8は専用バッテリーなの?」と心配になっている方もいると思います。

今回、HERO7までのバッテリーとHERO8のバッテリーの互換性について、Rentry編集部スタッフが詳しく調査しました。

関連記事:【実写レビュー】GoPro Hero8を使い倒した感想と口コミを8つのポイントで徹底解説!

GoPro HERO8 Blackバッテリーは互換性はある?

HERO8に使用されているバッテリーと旧バッテリーの外観上の違いは、端子の部分が青色に変更されている点のみで、大きさなどは特に変わっていません。

このHERO8の新バッテリーですが、過去のHERO5.6.7で使用することができます。

公式でもしっかりと互換性が明記されています。

ということはHERO8のバッテリーは、買い替え前に使っていたモデルにもそのまま使用できるんです。

GoPro HERO7 BlackバッテリーもGoPro HERO8 Blackで使える?

HERO8のバッテリーは旧モデルで使用できます。

関連記事:Goproのバッテリーの持ち時間は?全機種の撮影時間や充電時間などまとめ

ではその逆、旧モデルのバッテリーはHERO8で使用できるのか。

こちらの方が気になりますよね。

HERO8に買い替えたあと、今まで使っていたバッテリーもそのまま使えれば、予備のバッテリをわざわざ買い足さなくて済みますね。

結論から言うとHERO7のバッテリーはHERO8にも使うことができます!

しかし、旧バッテリーをHERO8に差し込んで電源を入れると画面には以下のような警告が出ます。

HERO8 警告

カメラのすべての機能を有効にするのは、HERO8 Black用 GoProバッテリーを使用してください。

一度警告が表示されますが、こちらは一部機能が使えないという意味になります。

公式では旧バッテリーは×になっていますが、通常の撮影や動画に関しては問題なく使用することができます。

HERO8 バッテリー

旧バッテリーで使えない一部機能とはなにか?

使えない主な機能は以下の通りとなります。

旧バッテリーで使えない機能
  • ハイパースムーズ
  • ブーストモード
  • モジュール

一部機能が使えない理由はHERO8のバッテリーは最大出力容量が大きなっているためです。

例えば、モジュールなど一度高出力が必要となる機能は制限されてしまいます。

GoPro HERO8 Blackバッテリーも充電器は変わらない?

バッテリーはHERO8とHERO7以前のもので違いますが、充電器は全モデル共通です。

そのため、HERO5~7の充電器があればHERO8のバッテリーにも使用することができます。

バッテリーとチャージャーの関係については以下の記事でも詳しく解説しています。

関連記事:GoProの充電器はどれを選べば良い?チャージャーの使い方から注意事項を詳しく解説

特にバッテリー周りは、使い方を間違えると故障したり、自己の原因にもなりますので確認しておきましょう。

バッテリーと対応機種について、かなりややこしくなってしまったので、分かりやすく表でまとめました。

モデルHERO8HERO5.6.7
HERO8バッテリー
HERO5.6.7バッテリー×
HERO8充電器
HERO5.6.7充電器

GoPro HERO8 Blackのバッテリーの持ちは?

HERO8のバッテリーと旧モデルのバッテリーの容量は1220mAhで一緒です。

ですが、同じ容量でもHERO8とHERO7では稼働時間に若干違いがみられます。

ビデオモードHERO8HERO7
4K3074分90分
4K6047分50分
1440p12065分55分
1080p6081分90分

数値上ではHERO7の方が若干バッテリーの持ちは良いようです。

しかも、HERO8には強力な手振れ補正機能をかけられるhypersmooth2.0の「ブースト」があり、これを使用するとバッテリーの消費がかなり早くなります。

HERO8のブーストモードを多用した場合、体感的にバッテリーの持ちはかなり短く感じるかもしれません。

GoPro HERO8 Blackのバッテリーの価格

HERO8のバッテリー価格は公式で2,500円です。

モデル公式価格
HERO8バッテリー2,500円
HERO5.6.7バッテリー2,900円

旧モデルのバッテリーが2,900円でしたので、少し値下がりしました。

旅行や長時間の撮影などで予備のバッテリーが必要になることは多いので、この価格変更はうれしいですね。

GoPro HERO8 Blackをまずはレンタルで試してみるという手も!

まとめると、旧バッテリーはHERO8にも使えるということがわかりました。しかし、予備バッテリーだけでも4,000円以上もするHERO8は高い買い物になります。

もし、そこまで高い頻度で使わないなら、本体やバッテリーを全て買い替えるよりレンタルで安く済ませる、という手もあります。

または、いったんレンタルで新しいHERO8のすごさを実感してから購入に踏み切る、というのもおすすめです。

関連記事:GoProのレンタルでも本当に大丈夫?失敗しない選び方や注意点を紹介!
関連記事:【格安レンタル】GoPro(ゴープロ) レンタル商品一覧 | rentry.jp