【価格を徹底比較!】GoPro HEROシリーズをコスパよく使うためのコツ!

   

GoPro 価格 比較

もはやいたるところで見かけるようになったGoPro HEROシリーズ!旅行のシーズンが到来するたびに動画を熱心にとっている人をたくさん見かけるようになりました。

最新の機能を使いこなしたいという方から、とりあえずまずは使ってみたいという方にとってもやはり気になるのはその価格!!

GoPro HEROシリーズはアクセサリーまで一式すると購入するとかなり大きな買い物になるものの、なるべくお得に使ってという方に価格を全て比較しました。

とし

この記事で1番気になるすべての価格を徹底的に比較できます!
gopro Hero7 ダイビング 写真

ダイビングの時にHero7でパシャリ!!

#GoProのある生活や、#タビジョみたいなタグを見てこんないい感じの写真を旅先で撮りたい!!と思ってもGoProをアクセサリーも含めて一式揃えるとなるとかなりの金額になってしまいます。

gopro hero7

ウインターシーズンはスノーボードでも大活躍!

とにかくコスパよくGoPro HEROシリーズを使ってみたいという全ての方のために、公式ページから中古市場、そしてレンタルの価格まで一気にまとめていきます!

目次

価格の前にGoProがどんなカメラか知りたい方はこちら

【完全版】GoProHero7 blackを海や旅行で使った感想を実写レビュー!! white/silverとも徹底比較 !

【2019年最新】Goproおすすめランキング!!人気の全6機種の価格・機能を徹底比較!

この記事を読めばGoProのことに関しては全てわかります!

最新のGoPro HERO8のレビュー記事はこちら:

【GoPro Hero8】最新ゴープロの驚くべき機能をレビュー 動画&写真で詳しく解説

GoPro HEROシリーズの発売当初の価格一覧

モデル型発売価格発売日
GoPro HERO855,880円(税込)2019年10月
GoPro MAX67,100円(税込)2019年10月
GoPro HERO7 Black53,460円(税込)2018年9月
GoPro HERO7 Sliver41,580円(税込)2018年9月
GoPro HERO7 White31,860円(税込)2018年9月
GoPro Fusion89,800円(税込)2018年4月
GoPro HERO659,000円(税込)2017年9月
GoPro HERO5 49,350円(税込)2016年10月
GoPro HERO4ブラックエディション63,720円(税込)2014年10月
GoPro HERO4シルバーエディション50,760円(税込)2014年10月
GoPro HERO21,060円(税込)2014年10月

発売当初の価格は全て当時の消費税率をかけて表示してあります。

とし

こう見るとGoPro HERO シリーズの価格の歴史が見えてきますね!

GoPro HERO7はカラーによって性能と価格が違う

GoPro HERO7を検索してみると、ブラック、シルバー、ホワイトと色によって値段が違うことがわかります。最初は「もしかして、不人気色だからかな?」と思いきや、実は色によって明確に性能に違いがあります!ここは購入する前に気をつけてください。

たつや

ここで安いと思って間違えて買ってしまう人も多いので色の違いには気をつけたいですね!

最新GoPro HERO 8の価格リスト!

最新のGoPro HERO 8の価格は公式サイトで50,800円!Amazonで最新機種を購入しようとすると価格が変動してしまうので、公式サイトで買うのが断然お得です!ちなみに色によって価格に違いのあることが特徴のGoproですが、今回はBlackしかないようです。しかし360度撮影に特化したGoPro MAXが発売されたのでこちらも注目の機種ですね。

GoPro Hero8のカメラ機能を使いこなす!Super Photo・HDR・おすすめ設定まとめ

GoPro Hero8は7からさらに手ブレ補正が強化されて、バッテリーの交換がしやすくより長時間の撮影に耐えられるようになっています。価格は前作からそこまで高くなったわけではないですが、使いやすさが一気にまして、強気の価格設定になっています。

Gopro公式サイト

GoPro HERO 7の価格リスト(2019年12月現在)

Amazon楽天メルカリヤフオク
Black40,500円(税込)44,800円(税込)35,000~40,000円(税込)35,500~40,000円 + 送料
Silver27,000円(税込)30,580(税込)25,500~30,999円(税込)25,000~30,000円 + 送料
White27,000円(税込)26,790(税込)22,000~25,000(税込)250,000~27,000円 + 送料

メルカリやヤフオクは相場の予想価格を記載しました。中古市場は相場を知らないと無駄に高く購入してしまうという事案も多くありますので、シビアに見る必要があります。GoPro HERO8の登場によりAmazonでも1万円以上の値下がりとなりました。

とし

よくわからない偽物やセット販売で高めに売ったりと素人は損する可能性が高くて少し敷居が高いかも…?

通常、型落ちモデルの場合は20%ほど定価が下がります。そのため、堅実に性能で購入したい考える方は型落ちモデルで購入するのがもっともコスパがいいと言えそうです。

とし

GoPro HERO7の性能はまだまだ現役!水中撮影や雪上でもガンガン撮りたいって人は価格が落ちたころ見計らって購入するのがよさそうですね!

GoPro HERO 7全カラー共通のスペック

ワンボタン コントロール
WiFi + Bluetooth
風音低減機能
音声コントロール
タッチディスプレイ
クラウドへの自動アップロード
位置情報取得
RAW + WDR写真

ご覧の通り、どの機種でも基本的な機能を備えています。Wi-Fi経由でクラウドに自動アップロードしておけるのはとてもいいですね。またGoProも正真正銘のカメラなのでRAW写真を撮ることができ、解像度のいい画像や動画を楽しむことができるのは共通です。

では、色によって一体なにが違うのか?それは4K動画が撮れるかどうかと、手ブレを圧倒的に補正してくれるHyperSmoothという機能です!

GoPro HERO7 Black(黒)編集部が一番のおすすめ

動画画質4K60
ビデオ安定性◎(HyperSmooth)

グラフをみてもわかるように、1番ハイスペックかつ、使っていて1番違和感がないのがBlackです。そして圧倒的なその違いは手ブレ補正です。ちなみに編集部ではこのBlackが間違いのない買い物だと確信しています。

GoPro HERO7 Silver(銀)スタビライザーがあればいいかも?

動画画質4K30
ビデオ安定性

シルバーは4K動画が取れるものの、ビデオ撮影の安定性はいまいちです… これで普通に撮影してしまうと、せっかくの動画も台無しなので、スタビライザーを装着して撮影するのがおすすめです。

【実写レビュー】Hohem iSteady Pro2とGoPro撮影してきた!機能や使い方を解説

一方でスタビライザーなどのアクセサリーを揃えてしまうとブラックよりも出費がかさんでしまう可能性があるので気をつけましょう。

それでもこの小さいのに4K動画取れて、防水なので水中撮影もできるのはかなり優秀です。

たつや

やっぱりアクションカメラで動画を撮るならスタビライザーで手ブレを無くのはかなり大事かも!

GoPro HERO7 white(白)とりあえず防水カメラが欲しい人向け

動画画質1080p60
ビデオ安定性

いわゆる廉価版(れんかばん)であるホワイトの取り柄は、とにかく価格を抑えて、GoProの魅了を楽しみやすくなったところです。逆に4Kの動画は重すぎるし、そこまで編集にこだわりもないという方はホワイトでも十分の撮影を楽しめます。

GoProの一番の魅力は小さくて防水、さらに魚眼レンズで写真が撮れるということであると考えるならば、まずはホワイトを試してみるのもありです。

そのときに必要になってくるのもやはりアクセサリー!

水中撮影やダイビングを楽しくする人気のGoProアクセサリーまとめ

アクセサリーを揃える費用を考えると本体を買う価格を抑えて、水中撮影に特化するのもなかなか悪くない戦略といえます。

たつや

白は結局あまり人気がなかったのでrentryとしてはBlackが圧倒的におすすめです

GoProを新品で購入するときの価格

価格はなぜ店舗によって違うのか

価格は変動が激しいものです。そのためヤマダデンキでGoProを買うのと、K’sデンキでGoProを買うのでは価格が異なるというのは往々にしてあります。

そのため、某価格比較サイトでは現在の店舗ごとの価格を割り出して最安値を表示させてくれているんですね!これは飛行機やホテルを予約するときの価格の変動を考えれば意外と自然なことです。これがいわゆるオープン価格と言われるもので、卸売価格で仕入れた業者が価格を決めて売りに出しているのでばらつきがあるんですね。

そのため、大手家電量販店で買う場合というのは基本的には若干の割高ということが予想されます。しかし、家電量販店で購入するときのメリットは大きく分けて3つあります。

  1. すぐに手に入る
  2. 1年間の保証期間をつけてくれる
  3. ポイントが付与される

まず、意外に大事になるのがすぐに手に入るということです。明日急に旅行に行くことになってGoProが欲しい!となっても大抵近くの店舗で購入すること可能です。

そしてやはり現物が目の前にあるので、買う前に触ったりできますし、すぐに手に入るので、手元で確認して使う方を色々と試してみることができます。これはやはり店舗で買うときの大きなメリットです。

意外と忘れがちで大事なのは、1年間の保証期間!これは万一故障したときに無料で交換や修理してくれる場合があります。そのため、故障したときのコストを削減してくれるので、保険料だと思って多少割高だとしても安心して購入できるのは大きなメリットです!

たつや

お店にとっても保証期間はとても大事なサービス!ここは万一のときに備えてもっとかないとね!

また多くの場合、大型家電量販では割高の価格を相殺できるようにポイントをつけてくれます。逆に言うと、店舗購入の場合は割高な場合が多いので、ポイント還元などをしっかり考慮に入れて賢く買い物しましょう!

さらに最近は電子マネーの導入で競争が加熱しており、電子マネーのポイント還元やクレジットカードのポイントなどを計算すれば、かなり安く買えることがあるので、決済の方法はやはり電子マネーで行うのがおすすめです。

【知らなきゃ損!】家電製品を買うのにおすすめのクレジットカード8選!

一方、現金で購入する場合は交渉で安くしてもらえます!某価格比較サイトの最安値+2000円ほどで購入することもできるので、粘り強く店員さんと交渉してみましょう!また、何台も買うということになればさらに値引き交渉がしやすいですよね😆

ちなみに某家電量販店でのGoPro HERO7シリーズの価格は以下のようになっています。(2019年8月)

現在は発売されてしばらく時間がたったので価格もゆるやかに減少していますね。販売当社の価格は公式ページをみると確認することができます。

GoPro HERO7 Black¥48,114(税込)
GoPro HERO7 Silver¥34,418(税込)
GoPro HERO7 White¥28,627(税込)

さらに!店舗専用のセットやGoPro公式がキャンペーンをやってたりするので、タイミングを狙えば3wayなどのアクセサリーを無料で手に入れることができるので、実質的には店舗で買うと実はかなりお得です!😆

まとめ
  • 電子マネーやポイントカードを駆使すると安く買える!
  • 店員さんの話を聞きながらじっくり選べる!
  • 1年間の保証期間がついてくるので、故障しても安心!
  • キャンペーン中なら3way(自撮り棒)が無料でついてくるかも!

GoProを公式サイトで購入したときの価格

ちなみに公式ページを確認すると販売当初は以下のような価格で販売されていました。

GoPro HERO7 Black¥53,460(税込+送料込み) →¥40,800(税別)
GoPro HERO7 Silver¥41,580(税込+送料込み)→¥26,300(税別)
GoPro HERO7 White¥31,860(税込+送料込み)→廃盤

一見、高いかな?と思う価格ですが、実は良いところが3つもありお得です😆

公式サイトの良いところ
  • 送料無料!
  • SDカードが無料!
  • 返金保証!

さらに、公式ページでは限定カラーのダストホワイトを購入することができます。こちらブラックと同じ価格、性能ですが、数量限定なので購入はお早めに😋

限定カラー ダスクホワイト

GoProをアマゾンで購入するときの価格

さて、ではネットで購入した場合の価格はどうなるのでしょうか。

やはりアマゾンで購入するとかなり安いですね… ただあくまでも手元で確認してから買いたいという方は店舗で購入するのもありです。

新品で買うにしてもしっかりポイントなどの決済方法を気にしながら買えば、賢い買い物となります。

GoPro HERO7を中古で購入するときの価格

GoProは非常に人気なので、中古でもあまり価格が崩れていない可能性があります。オンラインで購入すれば少し安く購入することができるかもしれないので、さっそくリサーチしてみました。

GoPro HERO7をヤフオクで購入するときの価格

中古で買う場合、ヤフオクで購入すると安く買える場合があります。発売直後であったり、とんでもない人気商品でなければ、およそ2割ぐらい安くことが可能です。

人気の商品だと値崩れしにくくなるので、なかなか安く買うことは難しいですが、少し時間が経てば価格も落ち着いてくるので、オークションで買うのも賢い選択といえます。

さらにヤフオクはTポイントを決済に使えるので、溜まっているTポイントの使い所がなかなか掴めない人は少し高額なものを買うときに一気に使ってしまったほうがお得です。

オークションの場合、落札まで時間がかかってしまいますが、今の相場だとおよそ40,000円以下の価格でGoPro HERO7 Blackを落札できそうな感じです。

GoPro HERO7をメルカリで購入するときの価格

中古市場でメルカリも有名ですが、実はヤフオクよりも割高になってしまうことがよくあり、値崩れしにくいです。手数料の変動もあり仕方ない部分もありますが、値引き交渉などを考えても最近だとかなりお得感薄れてしまっている気がします。

最近は単品での購入はあまり出品されていなく、アクセサリーとセットで出品されているので、トータルコストで見ると安くなっているので合わせてチェックしてみましょう。

GoProアクセサリーに関する記事はこちら

GoProをもっと楽しむために選ばれている人気アクセサリー26選

水中撮影やダイビングを楽しくする人気のGoProアクセサリーまとめ

一方でメルペイなどで溜まっているポイントを使うことができるので、メルカリのヘビーユーザーであればお得に買えることは間違いないです。ここもキャンペーンと照らし合わせながら値段を検討していきましょう。

また中古市場のデメリットは万一壊れてしまって保証期間がないことです…

これを考慮すると店舗で買って保証期間をもらったほうがトータルコストが下がることもあります。そのため、目の前の価格に左右されずにしっかり自分が必要なものはなにか考えるのはどんな買い物でも同じですね!

たつや

自分にとって本当に必要なものは何かしっかり検討してから買うと後悔が少ないかも!

GoPro HERO7をラクマで購入するときの価格

ラクマで購入しようとしたときの予想価格(2019年8月現在 レントリー 編集部調べ)

GoPro HERO7 Black¥35,000~¥43,000(送料込み)
GoPro HERO7 Silver¥32,000~¥37,000(送料込み)
GoPro HERO7 white¥22,000~¥27,000(送料込み)

こちらはやはり手数料でメルカリよりもお得なせいもあるのかメルカリよりも若干価格が下がっています。色によってお買い得度が異なったり、出品者の質も変わってくるので一概には言えませんが、価格では少しだけ安く買えると言えます。

押さえておくべきこと
  • 中古市場には保証期間がない!
  • ほぼ新品がおよそ2割安ぐらいで買える!
  • ポイントを駆使してよりお得に買えるかも!

※過去の参考価格です(2019年12月現在)

GoPro HEROシリーズを中古で購入するときの注意点

中古市場はいかに安く仕入れたものを高く売るかという勝負の市場ですから、粗悪品が高値で紛れ込んでいる可能性があります。GoPro HEROシリーズは水中や野外で使用してその本領が発揮される商品なので、予想以上に使用感がひどいということはかなりの確率で考えられるので注意が必要です。

また偽物が紛れ込んでいたり、一度水没してしまったので心配だから修理もせずに出品しているというような悪質なケースも考えられるので、品物の見極めはかなり困難になっています。商品をよく見せるようなテクニックはかなりたくさんあり本当にいい状態のものを買おうとするとかなり時間を投入しなければならないこともあるので、忙しい人にとっては少しハードルが高めと言えます。

中古品の悪いところ
  • 使用感がかなりひどい場合がある
  • 写真は加工されているので真贋が見極めにくい
  • 安いものを見つけようとすると時間がかかる

中古市場はトラブルもそこそこ多いようですので、変な悪態をつかれる可能性もあるので、注意して購入していきたいですね!

GoProを友達から借りるときの価格

さて、ここまで購入するときの価格を調べてきましたが、読者の方にはこんなことを思ってる方もいると思います。

『旅行とか特別なときだけ使いたいから買うのはもったいない!友達が持ってるなら借りちゃえばいっか!』

そんなわけで定番の友だちから借りるということについてちょっと考えてみましょう😆笑(正直1番安い?)

友達からGoProを借りるときのメリット

メリット:無料で借りれるので、0円!

友だちが持っているのであれば、買う必要はありません。触らせてもらって撮らせてもらえばいいので、コストはゼロです。ただ旅行に使うだけなら限定的で簡単です。

しっかりした友だちがいれば、壊れる心配もないし、あとで素敵な写真をシェアしてくれるので一気に思い出が素敵なものになります!

友だちから借りときの良いところ

無料!
一緒に楽しめる!
写真や動画をたくさん楽しめる!

友達からGoProを借りるときのデメリット

デメリット:万が一壊したときに友達との関係に亀裂が入るかも

壊してしまったときって、結局責任が曖昧になってしまうし、お金が絡むとどんなに仲が良かったとしても人間関係はめちゃくちゃ…  さらに高額なカメラだからなんとも微妙な気持ちになってしまってせっかくの旅行も台無し…なんてことになる可能性がかなりあります。

さらに、海外旅行となると時期も被ってしまううえに、盗難のリスクも一気に跳ね上がってしまうので、弁償してさらに友人とも関係が疎遠に… なんて悲しいことになる可能性も笑😭

友だちから借りときの悪いところ
  • トラブルで友人関係に亀裂が…
  • 借りる時期がうまく合わないかも
  • カメラは高額なのでそもそも借りられない!

たつや

しっかりネットでお金を払ってレンタルすれば、困ったときにサポートも受けられるし安心な点も多いと言えますね!

GoPro HEROシリーズをRentry(レントリー)で借りるときの価格

GoPro HEROシリーズをレンタルするという選択肢について

レントリーではアクセサリーがしっかり揃ったセットで借りることができます。  アクセサリーがないと撮影が非常に不便なものになってしまうので、最初から必要なものが揃ってるいるレンタルは非常にお得です。

GoPro HERO7 black日数
rentry 2,950円~1日あたり
A社4,980円~3泊4日~
B社4,480円~3泊4日~
C社4,300円~1泊2日~
D社3,800円~1泊2日~

必要な時だけ賢くレンタル!話題のカメラや生活家電が送料無料でレンタル

そしてレンタルはやはりお得です!買う必要がありません。なので本当に必要なときだけに借りれて使えばいいので、買ってみたけど思ったより使わなかった… みたいなことがありません!さらに使ってみてから購入ということもできるので、冷静な判断ができます。

もし買って気にいらなかったらメルカリとかで売ればいい!って思った方!それって本当に元値を回収できるだけの値段で売る自信がありますか?出品してみたけど値段交渉とかがめんどくさくてこんなに手間になるなら最初から買わなきゃよかった… って思ったことありますよね?

手元に邪魔なものを残すことなく、スマートな生活を送る人たちのことをミニマリストと呼んだりもしますが、非常に合理的な選択です。

万一売ることになったときも安心!GoProを高く売るコツについてはこちら!

たつや

結構長かったけど、結局はレンタルするのが1番お得で安心ってことだね!

GoProを借りてみて欲しくなったら?

Rentryではレンタル後にそのまま購入することもできます。使ってみて改めて欲しくなった場合に納得して購入することができるので、無駄がないですよね!

購入する場合は、アクセサリーも全てついてくるので継続的にGoProで撮影を楽しめる状態で手に入れることができるのは初心者の方でも購入に失敗しにくいです。

買ってみたけど、こんなはずじゃなかった… みたいなことがないように賢く購入していきましょう!

番外編:【最強の節約術】型落ちモデルを購入する

2世代前のGoPro HERO6を購入する

さらによく使う節約術としては、型落ちモデルを購入するという手段が一般的です。2世代前のモデルを購入する場合はだいたい30%ぐらい値落ちするのが普通ですので、とりあえずGoProで水中撮影を楽しみたいといった方には、まずGoPro HERO6を購入するのも賢い選択と言えます。

gopro 価格 変動

created by Rinker
GoPro(ゴープロ)
¥36,619 (2020/02/27 18:16:36時点 Amazon調べ-詳細)

発売当初は59,000円だった価格も今では新品でここまで価格が落ちています。

Gopro HERO6でもタイムラプスなどの撮影はできますし、何より防水という利点はそのままです!

こちらもrentrでは日あたり¥ 2,450 ~レンタルすることが可能ですので、やはり初めてGoProを使ってみたいという方にとても使いやすいモデルと言えます。

GoPro HERO 7 BlackGoPro HERO 6
画質1200万画素1200万画素
タイムラプス
通信WiFi / Bluetooth / GPSWiFi / Bluetooth / GPS
手ブレ補正HyperSmoothアドバンス
タイムワープ✖️
動画4K/60FPS4K/60FPS

さらに詳しい比較についてはこちら⇨GOPRO HERO7とGOPRO HERO6の比較

GoPro HERO 7とGoProHERO 6の大きな違いはやはり圧倒的に進化した手ブレ補正機能です。GoPro HERO 6の段階だとまだまだスタビライザーがないとブレの少ない動画が撮りにくい状態でしたが、GoPro HERO 7から一気に使いやすさがました印象です。

とし

現段階ではGoPro HERO 8が出たことによって型落ちモデルも価格が下がって使いやすさがましてきたよね!

GoPro Fusion(360度カメラ)を購入する

少しトリッキーな選択かもしれませんが、GoProの出している360度全天球カメラを考慮にいれてみてもいいかもしれません。360度カメラなのにこちら水深10mまで耐えることのできる防水仕様!

created by Rinker
GoPro(ゴープロ)
¥36,480 (2020/02/27 20:31:58時点 Amazon調べ-詳細)

こちらも発売当初は89,800円(税込)でしたがなんと約40,000円も値下がり(2019年12月現在)して、かなりリーズナブルに仕様することができるようになりました。

最初は相当チャレンジな価格だったので、なかなか購入に踏み切れませんでしたが、この価格で水中の360度写真が撮れるなら試してみやすいです!

GoPro Fusionの詳しいスペックに関してはこちら

360度カメラのGoPro Fusionがスゴいっ!機能や使い方を徹底レビュー!

まだまだ360度カメラの使用率は低く、使い方が浸透していないだけに普通の写真との差別化でいい感じの写真を撮るためにも様々にシーンで活躍が期待できそうです!

ぼてっとして少し不格好だと話題になりましたが、価格が下がった今なら360度を取るエントリーモデルとしては活躍できそうです。しかし、最新のGoPro MAXが登場した今となってはさらに価格が落ち着きそうな印象です。

参考価格としてメルカリでは現在25,000円程度で購入が可能でした。(2019年12月)

まとめ

短期使用ならレンタルで価格を抑えられる

現在購入する可能性が高い比較的新しいGoPro HEROシリーズについて価格を比較してきました。筆者はとにかくコスパを重視するタイプですので、GoPro HERO7やGoPro HERO6は価格が落ち着いた今でもまだまだ現役な印象で多くのアクティビティで活躍できそうです。

冬のシーズンも到来して、GoProの知名度もかなり一般的になった今、旅行のピンポイントで使うならレンタルという選択肢が安く楽しめそうです😌

必要な時だけ賢くレンタルするならrentry!

型落ちモデルの購入でも機能性は高めでコスパよし!

最新のモデルを購入しなくても価格が下がったタイミングで買えば、高い金額に頭を悩ませなくてもコスパよく動画撮影を楽しむことができます。

iPhoneではまだまだ撮ることのできない迫力の水中撮影や、野外での撮影に大活躍GoProも目的に合わせて機能を絞ることができれば十分に楽しめる賢いユーザーとなることができそうです😆