[決定版]プロが教えるGoPro(ゴープロ)の選び方&最新おすすめ機種を徹底比較 (2022年)

アクションカメラの中でダントツ売れているGoPro(ゴープロ)。いまや旅行やアクティビティー、キャンプやアウトドアでも欠かせないアイテムになりました。

また【#ゴープロ女子】【 #goproのある生活】などSNSでも話題になり、Vlog用のカメラとして使用する人も増えています。

ところがGoProは毎年新しい機種が発売されていて、初心者だと選びにくいという問題も…。また「GoProって何がよいの?」とイマイチ楽しみ方や遊び方が分からない人も多いと思います!

そこで今回は本当におすすめできるGoProを比較してランキング形式でご紹介していきます

年間1500組以上にGoProをレンタルしているレントリー編集部スタッフだからこそ分かる「皆さんが失敗しがちなポイント」や「GoProの選び方」を徹底解説

「GoProの良いところ・悪いところ」「GoProを使った人たちの本音」もたっぷり掲載しているので、ぜひチェックしてみてください!

2021年に新発売された、GoPeo HERO10の情報はこちらをチェック!
関連記事:【マニアが徹底解説】2021年新型のGoPro HERO10をレビュー!9との違いは?

この記事を監修した専門家

家電の専門家
川島健太郎
家電販売員・商品バイヤー
20歳に家電業界に入り、25歳に全メーカーとの外商を担当。テレビ、パソコン、白物家電、調理家電の仕入れを行い、年間100億円程度の商品買付をしていた腕利きバイヤー。本当におすすめできる良い商品を見つけお届けすることがモットー。趣味はガジェットいじり、ノマドワーカー、サッカー観戦、コーヒー。

GoProとは?GoProが人気の理由

海や旅行に行くと、みんなが持ってるあの小さいカメラ。

インスタグラムでよく見る、背景が広く写って水平線がねじれた写真。

「あの小さいカメラは一体なんなんだろう?」「あのぐにゃっとした写真はどのカメラで撮ってるの?」

その正体は、GoPro(ゴープロ)という小型のカメラです。

GoProは、小さくて軽い小型カメラ。若者の間で大流行中の防水ビデオカメラです!

色々なアクションカメラがある中でも、GoProが圧倒的な人気があるのは以下の理由です。

GoProが人気の理由
  • GoProは小型で驚くほど高性能
  • 動画も写真も高画質で美しい
  • 防水でタフなので壊れにくい
  • 全身どこにでも気軽に装着できる
  • アクセサリーが豊富で楽しみ方が無限
  • アプリで簡単編集できてスマホに送れる

小さいのにこれだけの機能が詰まっているので、旅行やアウトドアだけでなく、子供のイベントなどでも気軽に使えます。

最初は『GoProって何がそんなにいいの??』って思ってたけど、実際に使ってみると『GoProってこんなに楽しいものだったんだ!!』ということに気づいて、撮影しながら思い出を残していくのがどんどん楽しくなります!

GoProのほかにもDJIの「Osmo Action」や「Insta 360 One R」などライバル企業からもアクションカメラはたくさん発売されていますが、結局みんな購入するのがGoPro(ゴープロ)になんです!!

GoProとは??まとめ

GoProとは小型で防水の高性能アクションカメラです。おにぎりより小さいのに、撮れる写真はとても広くて綺麗!さらに防水なので水中でもまったく問題なく使えます。アクセサリーも豊富で、様々な種類の自撮り棒やマウントが使えるので、楽しみ方は無限大です。

AmazonのGoPro売れ筋ランキングはこちら

GoProの特徴は?出来ることや楽しみ方

GoProは今までのビデオカメラや一眼レフとは全く違う、次世代のカメラです!GoProを使うとどんな写真が撮れるのか、実例を紹介しながらGoProの特徴を分かりやすく解説していきます!

GoProの魅力① 写る範囲が広い!(広角)

GoProは広角のカメラなので、写真に写る範囲がとっても広いです!

goproは写真に写る範囲が広い

そのため、手を遠くまで伸ばさなくても、自然と全身が写る自撮りができます。

4Kにも対応していて、画質もとても綺麗。

また広角のおかげで遠近感が強調されるので、ダイナミックで迫力のある写真や映像が撮影できます!

何気ない景色でも、GoProを使えば「特別な写真」にすることができるんです。

関連記事:GoProでフォトジェニックに!おしゃれな写真を撮るための上級者の撮影テクニック・アイデア10選

GoProの魅力② 防水なので水中でも使える!

GoProは防水カメラでもあります。水深10mまではそのまま水の中で使うことができます!

水深10m以下まで潜る場合でも、防水ケース(ハウジング)を使えば問題ナシ✨

泳ぎながら、カメさんと一緒に自撮りすることもできます😊

関連記事:防水ケース!GoProハウジング「SUPER SUIT」の使い方について

関連記事:もう落とさない!手首や首につけられるGoProのストラップを紹介!

GoProでの水中撮影には「水中スクーター」もおすすめです!

関連記事:話題のWHITE SHARK MIXを購入!水中スクーターって面白過ぎる。。。

GoPro以外の防水カメラについては以下の記事がおすすめです!

関連記事:【2021年】水中でも撮影できる!オススメの防水ビデオカメラの種類と選び方

GoProの魅力③ 頑丈なので、アクティビティの撮影に最適!

GoProはアクティビティの撮影に最適!

GoProは防水であるだけでなく、頑丈で衝撃にも強いです。

小型なのにとってもタフなのも人気の理由。

スマホや一眼レフなどのその他のカメラでは壊れてしまいそうな、動きの激しいアクティブな環境でもGoProなら難なく撮影できます!

長さ1mの自撮り棒や、ヘルメットマウント、サーフィンボードの先端に取り付けられるマウントなど、アクティビティやスポーツの撮影に必要なアクセサリーがとても充実しています!

そのためGoProは、スキー、スノボー、バイク、自転車、サーフィン、ダイビング、シュノーケリング、バラグライダー、スカイダイビング…など様々なスポーツやアクティビティでの体験を共有できます

関連記事:【実写】GoProをスキー・スノボーを楽しむための取付け方や撮影方法まとめ!

関連記事:水中撮影やダイビングを楽しくする人気のGoProアクセサリーまとめ

関連記事:GoProでバイク映像を撮影する方法!おすすめのマウントから注意点をまとめ!

GoProの魅力④ いろんなアクセサリーが使える!

GoProはいろんなアクセサリーが使える

GoProは定番の自撮り棒から、地面に立てられる三脚、首にかけられるネックマウント、防水ケース、ヘルメットに取り付けられる粘着マウント、など様々なアクセサリーが使えます。

自撮り棒よりも短いアクセサリー、Shorty(ショーティ)

首に付けるネックマウント

場面に合わせてアクセサリーやマウントを変えれば、手ブレで撮影できたり、壁や物に固定したりでき、今まで見たことが無い唯一無二な映像を撮影できます!

関連:首からかけられるGoPro用ネックマウントをレビュー。両手が空き、臨場感のある映像が撮れます!

GoProの魅力⑤ スマホを接続すれば、遠隔でシャッターが切れる

GoProとスマホを接続すれば、遠隔からシャッターを切れます!

つまり、iPhoneなどのスマホをリモコン代わりにできるんです😄

GoProを三脚で立てて、ポーズを決めておしゃれに撮影。

スマホで写っている様子を確認しながら写真を撮れるので、ベストなアングルを探しながら写真を撮れます!

さらにGoProとスマホを接続すれば、撮った写真をそのままInstagramに投稿できます!

わざわざパソコンに繋ぐ必要が無いのが便利なポイント。

もちろん、写真や動画をスマホに転送して友達にLINEで送ることもできます。

関連記事:【写真/動画あり】スマホで操作!! GoProアプリの使い方やwifi接続の手順を詳しく解説

GoProの魅力⑥ 4K・60FPS対応!綺麗な動画が手軽に撮れる

GoProは4K・60FPS対応で感動するほど綺麗

GoProはビデオの撮影も手軽にでき、しかもキレイに撮れます。

4K60FPSに対応しているので、繊細で滑らかな映像を撮影できるんです。

GoProは小型で体に身につけて撮影できるので、普段とは違うアングルからの映像をリアルに収録できます。

最大240fpsのスローモーション撮影にも対応!綺麗でおしゃれな動画を手軽に撮る事ができます。

また広角レンズで広く写るので、自分の目で見た通りの景色を撮影可能。

さらに、GoPro用動画編集アプリ「Quik」を使えば、音楽付きのショートムービーをとてもカンタンに撮影する事ができます。

撮った動画を編集してインスタのストーリーに公開するまで、わずか10分足らず!手軽にハイクオリティな映像を作る事ができます。

関連記事:おまかせ編集アプリ!! GoPro「Quik stories」のスゴい機能と使い方

GoProの魅力⑦ 手ぶれ補正機能で映像が滑らか!

goproは手ぶれ補正機能で揺れを感じない!

最新のGoProは、手ぶれ補正機能(HyperSmooth)が凄いです。

本来ならブレが大きくて、まともに見れないような環境でも、GoProの手ぶれ補正機能を使うとあまり揺れを感じません。

振動が大きいバイクでの撮影もこの通り。まるでドローンが空中から撮影しているかのような映像に!

※手ぶれ補正機能 HyperSmoothに対応している機種はGoPro HERO7、GoPro HERO8、GoPro MAX、GoPro HERO9です。

関連:GoPro HERO8 Blackハイパースムーズ2.0とは?ブーストも解説

GoProとは?おすすめの全機種

魅力がたっぷり詰まったGoProの代表的な機種をご紹介します!

GoPro HERO8とは?

GoPro HERO8は、手ぶれ補正機能「HyperSmooth」がさらにパワーアップし、HERO7よりもさらに強力になりました。

手ぶれ補正の効き具合を4段階に変更でき、「Boostモード」にするとまるでスタビライザーを装着したかのように揺れを減らしてくれます。

これまでの機種では必要だったフレームが必要なくなり、本体はさらに軽量化。

さらに外部マイクや、LEDライト液晶モニターなどのモジュールを組み合わせることで、GoProを自分好みにカスタマイズすることができます。

関連記事:【GoPro Hero8】最新ゴープロの驚くべき高機能を詳しく解説!写真や動画など実写レビュー

GoPro HERO7 とは?

GoPro HERO7は、手ぶれ補正機能(HyperSmooth)が初めて搭載されたGoProです。

今までのGoProで撮影するとブレブレで見辛かった環境でも、GoPro HERO7で撮影すればなめらかで揺れが少ない映像が撮影できます。

そのほかにも、なめらかなタイムラプス映像が撮影できる「Time Warp(タイムワープ)」機能や、HDRやノイズ低減処理を自動で行い、写真が凄く綺麗に撮れる「Super Photo」モードなど、今までのGoProに無かった新機能が搭載されました。

このモデルからGoProは、ただの小型な防水カメラではなく、革命的なビデオカメラとして生まれ変わりました。

関連記事:【完全版】GoProHero7 blackを海や旅行で使った感想を実写レビュー!! white/silverとも徹底比較

GoPro MAXとは?

GoPro MAXは、360°すべての方向を撮影できるGoProです。

手ぶれ補正の強さは、今までのHEROシリーズ以上。水平方向の揺れは完璧に無くなります。

液晶モニターが付いているので自撮りも可能!

片面のカメラだけを使用して、360度カメラではなく通常のGoProとしての撮影をすることもできます。

まさにGoPro3台が一つになったカメラがGoPro MAXです。

GoProのオシャレな世界観が好き!

アクションカメラには、SONYやTHETAなど他にもいろいろなメーカーがあります。その中でもGoProの人気は圧倒的です。

どうしてみんなGoProを選ぶのかというと、GoProの世界観が大好きだからです。

その世界観とは「動画や写真は撮影して楽しむ」から「みんなと共有して楽しむ」モノに変えてしまった部分です。

GoProが存在する前には、このような写真は見ることも撮ることもできませんでした。

『いま自分が見ている世界をそのまま高画質の写真や動画に残せる』というのはGoProが発明されて初めて可能になりました。

GoProは、その人の体験や感動を、手軽にみんなにシェアできるのアクションカメラなのです!

もともとスポーツやアクティビティーの撮影で多くのファンだけに愛用されていましたが、今では「特別な時間にGoProを使いたい」「GoProの世界観に憧れる」というニーズが高まり、自撮り用カメラや旅行用カメラ、そして防水カメラとしてもすごく人気が高くなっています!!

GoProの動画や写真は圧倒的にキレイ

こちらはGoPro公式の映像です。ゴープロの圧倒的な美しさも分かりますし、どんなシーンで楽しまれているかもよく分かる動画になっています。

 

GoProさん(@gopro)がシェアした投稿

人気の自撮り棒を使えば、自分が見ている絶景をパシャリと撮影して共有できます。

家族や友人との写真もGoProだと全然違う雰囲気に。

広角レンズなので人間の視界にそっくりなのも特徴的です。

 

GoProさん(@gopro)がシェアした投稿

GoProユーザーの多くはアクティビティを楽しむ人たちです。

ヘルメットや身体などに装着するのがカンタンなので、両手を使わなくてもハンズフリーな状態で撮影できるのがポイントです!

 

GoProさん(@gopro)がシェアした投稿

もちろん恋人やカップルにもGoProはオススメです!!旅行や特別なイベントをキレイに撮影できます。

朝日や夕陽、そして海も空といった景色もGoProの鮮やかな色味でクッキリ写せます!

 

GoProさん(@gopro)がシェアした投稿

GoProには防水機能も搭載されているのでそのままで10メートルまで潜れます。

ダイビングやシュノーケリングにもオススメ!防水カメラとしても大人気です。

 

Gente que Trilhaさん(@gentequetrilha)がシェアした投稿

最近のGoProは暗いところでの撮影にも強くなりました。

暗くて光が少ないところでもこんなに美しく撮れます。

GoProは小さくて軽いのでどこにでも装着できるというメリットがありますし、防水なので水の中でも使えます!

そのためアクティブなシーンにも強くて、アクティビティーをする人たちに愛用されているんですね。

GoProはカメラとしてもかなり優秀

GoProが旅行やアクティビティーで活躍するのは言うまでもありません。

海でも山でも、都会でも自然のなかでもGoProで撮る世界観は独特で美しいです。

ただ意外と知られてないのは、GoProはカメラとしても超優秀というポイント。

街で散歩しているときや、綺麗な空や夕日を見たときに、簡単にパシャパシャっと撮影ができます。

デジカメなどに比べるとズーム弱いなどの弱点もありますが、GoProにしか撮れない映像や写真がたくさんあります。

最近ではデジカメやスマホの代わりに撮ってサクッとインスタに上げることも多いです!

HERO7からはSNSとの連携もすごくカンタンになったりと、GoProも日進月歩で進化しています。

小さくて軽いから毎日でも持ち歩ける

GoProは軽くてコンパクト。これが何よりうれしいポイントです!

どんなにキレイな写真や映像が撮れても、大きくて重いと持ち運びたくなくなりますよね

私たちがいつも使っている一番の理由は、持っていることがまったく負担にならないからです!!

基本バッグに入れっぱなしで、荷物を減らしたいときはポケットに入れて使っています笑

GoProはそれほど小さいのに撮影する楽しさがギュッと詰まっているカメラなので、たくさんの人に愛用されているのも納得です!

旅行に一眼レフやミラーレスを持って行くのは正直戸惑うけど、GoProならそういうストレスが一切無し!

それでいてデジカメやスマホでは撮れないような、とびきりの絵が撮れるのがGoProの一番の魅力です!!

GoPro HERO7 Black 初心者セット ¥ 12,800〜 / 3泊4日付属するアクセサリー

3-way

ハウジング

バッテリー

SDカード

レンタルする

GoProで撮った写真や静止画をご紹介

この記事「おすすめのGoProの比較まとめ」の中で使っている写真は、Rentryオリジナルのものばかりです。

GoProがあれば誰でもこのようなインスタ映えするようなオシャレな写真が撮れます。

ここではもう少し写真や静止画を紹介していきます!

これは海の中で撮影したGoPro HERO7での集合写真。海の中でもこれだけクリアに使えます!

こちらはHERO6で撮った動画から切り出した写真です。動画からも切り出せるので、シャッターチャンスを気にする必要もありません!

泳いでいる魚を撮影した一枚です。こちらは動画から写真を切り出しました。この水の透明感はGoProならではです。

インスタやTiktokなどのSNSで使うカメラとしても人気。

広角のGoProで撮った写真だと街中のちょっとした雑景でもすごくオシャレになります。

GoProで上手に写真・動画を撮るためのテクニックを大公開!!おすすめの撮り方や設定方法もご紹介

【Rentry厳選】GoProおすすめ人気ランキング比較表

商品最安価格シリーズ画素数動画解像度手ブレ補正防水QuikStories重量バッテリー容量
GoPro HERO9 Black + 予備バッテリー + 認定SDカード + サイドドア(充電口付) + ドライバッグ + ステッカー確認中 AmazonHERO23.6MP5K/30fpsHyper Smooth3.0水深10m158g1720mAh
GoPro HERO8 Black¥39,975 AmazonHERO12MP4K/60fpsHyper Smooth2.0水深10m126g
GoPro MAX + 予備バッテリー + 認定SDカード32GB + GoPro公式限定非売品ステッカー確認中 AmazonMAX18MP5.6K/30fpsMax HyperSmooth5m154g1600mAH
GoPro HERO7 ブラック + ショーティー + スリーブ&ランヤード + コンパクトケース + 32GB microSDカード バンドル確認中 AmazonHERO12MP4K/60fpsHyperSmooth10m116g1220mAh
GoPro アクションカメラ HERO6 Black¥43,500 AmazonHERO12MP4K/60fps10m117g1220mAh
GoPro FUSION¥37,777 AmazonFUSION18MP5.2K/30fps5m220g2620mAh
GoPro HERO5 Session¥17,000 AmazonHERO Session10MP4K/30fps10m70g-
GoPro HERO5 Black¥14,400 AmazonHERO12MP4K/30fps10m117g1220mAh

レントリーが選んだ本当にオススメのGoProおすすめランキング

GoProのある生活をしていると「ココがいいな〜」とか「ココ不便だな〜」など、使っているからこそ見えてくるGoProの良い点やイマイチな点がたくさんあります

そこで実際に使ってみた感想を踏まえて、人気・値段(安さ)・機能・使いやすさなどを比較したGoProランキングを作ってみました

編集部スタッフが本気で選んだ『GoProおすすめランキング』を見て行きましょう!

おすすめ1位 GoPro HERO9 Black

Gopro おすすめ 比較

GoPro Hero9は2020年9月に発売された最新モデルです。

gopro hero9 自撮り

gopro hero9 フロントディスプレイ

GoPro HEROシリーズで唯一前面カラーモニターが搭載され、自撮り撮影も簡単にできるようになりました。

Gopro Hero9 5k 設定

また撮影モードも5K対応となり、手振れ補正も「Hyper Smooth 3.0」を搭載するなど、これまでのGoProと比較しても一番優れています。

gopro hero9 hero8 バッテリー

GoPro本体は大きくなりましたが、バッテリーの容量も30%アップし、長時間撮影もストレスなく行えます。

GoPro hero 9 レンズ交換

レンズ交換ができるようになり、GoPro MAXのような超広角撮影ができる「 MAXレンズモジュラー」も魅力的です。

その他にも「タイマー撮影」や「WEBカメラモード」など、活用方法の幅もより広くな離ました!

GoPro HERO9 Black + 予備バッテリー + 認定SDカード + サイドドア(充電口付) + ドライバッグ + ステッカー

1位
口コミ・レビュー
今回のHERO9からバッテリーが大容量化されたので撮影可能時間が伸びています!愛車にマウントして使うことが多いので、バッテリーの長時間化は大変助かります。ただ現時点でデュアルチャージャーが入手困難なのでAmazonなどでも早く販売してほしいです。画質も5K対応となり更なる高解像度で撮影が可能です。手振れ補正については完成の域を超えていますね。
シリーズHERO
画素数23.6MP
動画解像度5K/30fps
手ブレ補正Hyper Smooth3.0
防水水深10m
QuikStories
重量158g
バッテリー容量1720mAh

関連:【プロが解説】GoPro HERO9を実写レビュー! 作例から使い方まで実際に使った感想を徹底解説!
関連:[解説]GoPro公式のサブスクリプション購入とは?その仕組みやお得な使い方を徹底解説

おすすめ2位 GoPro HERO8 Black

2019年10月には発売されたばかりの最新のGoPro HERO8は、手ブレ補正が最高に向上しました!

「Hyper Smooth 2.0」が搭載され、激しいアクティビティーのときでもブースト機能を使えば手ブレを大幅軽減。

関連:GoPro HERO8 Blackハイパースムーズ2.0とは?ブーストも解説

手ブレ補正ではほかのライバルアクションカメラを圧倒する性能です!

また「タイムワープ2.0」で撮影できる映像のバリエーションも大幅に増えました。

さらにフレームが無くなり、アクセサリーとの接続もカンタンになりました。

HERO8にはモジュール(別売)も新たに追加され、液晶モニター、音声マイク、LEDライトなど、自由自在に機能を拡張することができるのも特徴です!!

関連:Gopro Hero8のメディアモジュールってなに?モジュラーの使い方と活用方法まとめ

ディスプレイモジューラーを装着すれば、自撮りカメラとしてより使いやすくなるのでオススメです。

GoPro HERO8は間違いなく全GoProの中で機能も使いやすさもNo.1なのでぜひチェックしてみてください!

GoPro HERO8 Black

2位
GoPro(ゴープロ)
最安値 ¥39,975 (税込)
口コミ・レビュー
スマホで動画を取るには目立ちすぎて気が引けて撮影する気にならないのと、スマホでもYouTubeなどでやっているレビュー程上手に取れないためGoProHERO8を購入しようと思いました。やはりネックマウントで撮影している分には飲食店に入ってもまったく気づかれません(笑)苦手とされている夜間でも、設定は必要になりますが動画を見れば素人にも簡単に設定できます。そもそもGoProは軽いだけではなくとても小さいので、マウントの仕方次第では目立たないし気になりません!
シリーズHERO
画素数12MP
動画解像度4K/60fps
手ブレ補正Hyper Smooth2.0
防水水深10m
QuikStories
重量126g
バッテリー容量

関連:【完全版】GoPro Hero8を実写レビュー!! 使ってみた感想を120%徹底解説!

おすすめ3位 GoPro MAX

GoPro HERO8の発売と同時に発表されたのが「GoPro MAX」です。

GoProMAXは360度の映像が撮影でき、後からアプリでいろんなアングルを切り取ることができます。

通常のGoProなら正面の映像しか撮影できませんが、GoPro MAXなら360度すべての映像を同時に撮影できます!

さらにGoProMAXには、普通のアクションカメラとしても使えるHEROモードを搭載しています!

また電子手ぶれ補正が進化しているため、通常のGoProよりも優れている点もあります。

つまりGoPro MAXは、GoProとしての機能に360度撮影できる機能が加わったすごいアクションカメラなんです!

GoPro MAX + 予備バッテリー + 認定SDカード32GB + GoPro公式限定非売品ステッカー

3位
口コミ・レビュー
SONYのカメラばかり使ってましたので、GoProの使いやすさにびっくりしました。適当に撮ってもクリエイティブなかっこいい物に仕上がりました。正直舐めてましたが、撮影と編集の比重を考えるとスマートに動画を制作できるGoProの方が私には向いているのだと感じました。
シリーズMAX
画素数18MP
動画解像度5.6K/30fps
手ブレ補正Max HyperSmooth
防水5m
QuikStories
重量154g
バッテリー容量1600mAH

関連:やっと来た。本当に使える360度カメラ「GoPro MAX」を徹底レビュー!
関連:どっちがいい?Insta 360 ONE RとGoPro MAX(ゴープロマックス)それぞれの魅力をまとめてみた!
関連:【完全比較】GoPro MAXとinsta360 ONE Xの違いを比較してみた!

おすすめ4位 GoPro HERO7 Black

 

こちらは2018年9月27日に発売されたGoPro HERO7です。

HERO7の魅力は何かというと、手ブレ補正機能が完成されたこと。

HERO以前までのGoProでは、スポーツやアクティビティーなどの激しい映像だとかなり手ブレを感じました。

ところがGoPro HERO7ではジンバルやスタビライザーがなくても、とてもキレイでなめらかな映像が撮れます

歩きながらの撮影では手ブレがほぼ無くなるレベルです!!

もちろんHERO8ではより改善されていますが、GoPro HERO7でも十分過ぎるほどのレベルです!

またSNS(インスタやTwitter)との連動がとても快適になって、ライブストリーミング機能や縦サイズでの動画撮影も追加。

静止画(写真)のクオリティーも「Super Photo」機能で格段にアップしています。

「何を買ったらいいか分からない」「とりあえず水中で撮りたい」「友達との海外旅行にほしい」という人ならHERO7を購入しておけば間違いないです。

GoPro HERO7 ブラック + ショーティー + スリーブ&ランヤード + コンパクトケース + 32GB microSDカード バンドル

4位
口コミ・レビュー
小型のジンバル型のどのカメラにも負けないくらい手振れ補正が優秀です。これに加えて水平維持が完璧、手持ちで何不自由なく撮影できます。前面のモニターも自撮りの際は不可欠で、素晴らしい役割を果たしています。これ一台で手持ち動画やタイムラプスは全部可能になりました!
シリーズHERO
画素数12MP
動画解像度4K/60fps
手ブレ補正HyperSmooth
防水10m
QuikStories
重量116g
バッテリー容量1220mAh

関連:【口コミ】GOPRO HERO7を完全レビュー!!Black/silver/white全機種まとめ
関連:【図解】9月27日新発売のGoproHERO7と前モデルHERO6を徹底比較してみた

おすすめ5位 GoPro HERO6 Black

おすすめランキング5位はHERO6 Blackです。

HERO7が発売されてから首位の座は譲ったものの、機能や性能で言えばHERO6でも十分過ぎるほどキレイに撮れます!!

4K動画、防水、手ブレ補正などすべての機能をカバーしててオールラウンドな一台

2型の液晶ディスプレイ付きで、スマホのようにタッチパネルでの操作が可能です。液晶パネルが付いているので、撮った画像をその場で確認することができるので使い勝手も◎。

「#goproのある生活」と言えばこの一台です!!

前機種に比べると美しさも2倍になっていますし、手ブレ機能が強力になっているのが高評価です。またHERO6からは暗いところにも強くなったので、暗い場所での撮影でも大丈夫◎

今までのGoProの弱点を克服した一台なので、オススメ度・売れ筋ランキングもHERO7とそこまで大差がありません !! 新製品が出たので、価格も安くなった今が狙いどきとも言えます!

「出たばかりのHERO7はちょっと高いから・・・」「安く買いたいけど、機能は妥協したくない!!」という人には間違いなくHERO6がオススメです!!これを買っておけば間違いありません!!

GoPro アクションカメラ HERO6 Black

GoPro(ゴープロ)
最安値 ¥43,500 (税込)
口コミ・レビュー
GoProは初めての購入でしたが、ビデオ画質が4K/60pということ、バッテリーとハウジングセットで、5万円以内ということが決め手でした。撮影対象は、ペット(犬)の目線での撮影が主なので、別途3wayハンドルも購入しました。4K/60pの映像を4Kテレビで見ると驚くほど画質がよく、ファイル形式もmp4なので、GoPro純正ソフトを使わずとも映像の取り込み、編集が出来るのが魅力です。写真の連写モードも、撮影間隔選択でき、わんちゃんの思わぬ表情を撮影出来たり、楽しんで使わせてもらっています。
シリーズHERO
画素数12MP
動画解像度4K/60fps
手ブレ補正
防水10m
QuikStories
重量117g
バッテリー容量1220mAh

関連:【図解】GOPRO HERO6 black の機能や使い方を徹底レビューしてみた

おすすめ6位 GOPRO FUSIONシリーズ

第6位はGoPro Fusion。

Fusionは5K画質の360度カメラ。前後に2つのカメラがあり、前後左右の360度すべての方位を撮影できます。

最近はVRなどが話題になっていて360度カメラの需要も高まってきています。このGoPro Fusionで撮った映像をVRのゴーグルで見ると、本当にバーチャルな世界がそのまま再現できます。

GoProを天体カメラとして使いたい人、撮影方法にこだわりたいという人にはおすすめです。

ただし一点だけ注意ポイントがあります!!

それは普通の写真や動画を撮りたい人にはFusionはオススメできません。なぜなら360度カメラで撮影した映像は、普通の動画として使う場合に編集が必要だからです。

普通の映像を撮りたい方にはHEROシリーズがおすすめです!360度の映像が撮りたい人のための上級者向けの機種なので、初心者にはあまり向かないかもしれません。

GoPro FUSION

6位
GoPro(ゴープロ)
最安値 ¥37,777 (税込)
口コミ・レビュー
画質に関しては、他社と比較した動画を見て、比較的良いと思います。特にろうそくの火だけの照明で撮影しても撮れたのには驚きでした。さすがGoProです。手ぶれ補正についても文句なしで、360°カメラでやりたいことはほぼ全て網羅していると思います。創作意欲をかき立てる素晴らしい次世代カメラです。
シリーズFUSION
画素数18MP
動画解像度5.2K/30fps
手ブレ補正
防水5m
QuikStories
重量220g
バッテリー容量2620mAh

関連:【誰でもわかる】GoPro Fusion が映し出す5Kと360度カメラの世界を見てみよう!

おすすめ第7位 GoPro HERO5 Session

GoPro HERO5 Sessionは小型化を追及した一台です。最小サイズなのにスゴく高性能です!!

モニターがない分だけ省スペース設計になっていますが、動画は4Kですし、写真や映像もすごくキレイに撮れます!!

HERO6などと比較しても美しさはほとんど劣りません。「少しでも小さいものを選びたい!!という方は間違いなくGoPro HERO5 Sessionがおすすめです。

Sessionは激しいアクティビティをするときに選ぶ人が多く、自転車などに取り付けたい方に選ばれることが多いです。携帯性が高く、装着もしやすい。どこに付けていても邪魔にならないというのがメリットです!

ただし不便なポイントが2点あります。

一つはバッテリーの交換ができない点。もう一つはモニターがないので操作に慣れるまではちゃんと撮れているのか不安な点です。なので操作に慣れるまではスマホと接続して使うのがオススメです。ただし美しさはまったく問題なく、とてもキレイに撮れます!!

GoPro HERO5 Session

7位
GoPro(ゴープロ)
最安値 ¥17,000 (税込)
口コミ・レビュー
2年前に海中で何度か使いました。普通に撮る分にはかなり機能もいいと思います。ズームはできませんし、海中でとるにはコツもいりますが、画質もいいです。これ一つ持って旅に出かけると、とても楽しいものです!!
シリーズHERO Session
画素数10MP
動画解像度4K/30fps
手ブレ補正
防水10m
QuikStories
重量70g
バッテリー容量-

関連:【比較】Go pro HERO5 とSession オススメなのはどっち?

おすすめ8位 GoPro HERO5 Black

GoPro HERO5 Blackは、あまり目立たない存在ですが、実は一部の方には人気があります。値段も安く、HERO5は4K映像が撮影できます。4K/60FPSでの撮影はできないものの、4Kが撮れる中で一番安いモデルと言えばこちらのHERO5 Blackでしょう!

HERO5 Blackは価格の下落が落ち着いており、買った値段の2/3程度の値段で売ることができる可能性があります。

関連:GoPro(ゴープロ)を買取サイトで高く売る5つのコツ!!

GoPro HERO5 Black

8位
GoPro(ゴープロ)
最安値 ¥14,400 (税込)
口コミ・レビュー
アクションカムは格安のものも多数ありますが、憧れだったGoProを購入しました。主な用途は、家族の思い出ムービーを撮ることです。旅行や遊びに行くときは、いつも持って行って撮影を行っています。数十秒~2分ほどの動画をたくさん撮って、PCで1~2分ほどのムービーに編集しています。広角レンズなので家族での自撮りもとてもしやすいです。
シリーズHERO
画素数12MP
動画解像度4K/30fps
手ブレ補正
防水10m
QuikStories
重量117g
バッテリー容量1220mAh

値段で比較 オススメのGoPro

GoPro全機種の価格を比較してみる

機種  発売日 価格
GoPro Hero5 black 2016年10月8日  12000円

GoPro Hero6 black

2017年9月27日 41976円
GoPro Fusion 2018年4月  29800円
GoPro Hero7 Black 2018年9月  43657円
GoPro Hero8 Black 2019年10月  39500円
GoPro HERO9 Black 2020年9月17日  68750円

現在(2021年5月)発売されているGoProシリーズは以下の機種となっています。HERO5とSession5は最近になって販売が終了しました。

GoProをAmazonの価格で比較してみていきましょう。

関連:【最大25%OFFも】GoPro(ゴープロ) 新品&中古品を最安価格で買える方法TOP10選

最新の機種で選ぶならHERO9 Black

最新で選ぶならやっぱりGoPRO HERO9でですね。GoPro製品の中でも人気No.1です。

外部ディスプレイやマイクを接続できるので拡張性も抜群です!長く使うことを考えたら、こちらのHERO9が絶対におすすめ!

HERO7や8よりもさらに軽く、手ブレが少なくなっているのでYoutuberの動画用にもピッタリですし、普段使いのカメラとしても文句なしです。

関連:GoPro(ゴープロ)おすすめマイク5選 | モジューラーマイクも比較

手ブレ補正で選ぶならHERO7、HERO8

GoPro HERO7 Blackから手ブレ補正機能が圧倒的に進化しました。

GoPro HERO8はさらにパワーアップした手ブレ補正「Hyper Smooth 2.0」を搭載しています!

値段も下がってきているので、HERO 9ほどの最新機能は必要ないけれど、手ブレは抑えたい!という方におすすめです!!

コスパで選ぶならHERO6

コスパで選ぶならHERO6です。HERO7の販売によって少し価格も下がってきました。

HERO6も4Kの美しさ、手ブレ補正、明るさなどどれも十分すぎるほどの機能を搭載しています!

型落ち品を狙うならHERO5

どの家電製品でも型落ち品というお手頃プライスの商品があります。

GoPro HERO5は2016年発売のモデルなので、最新のモデルと比べると手ブレ補正も弱く、画質等も劣ります。

しかしリーズナブルに手に入れられるので、価格重視の方はGoPro HERO5でお試しするのもおすすめです!

安く抑えたいならレンタルという方法もおすすめ!

買うと¥50,000程度してしまうGoProですが、Rentryなら¥10,000円程度でレンタルできます。

ネットから簡単に注文ができるので、「今度の旅行でGoProを使いたい!」という方にはレンタルもオススメです。

買ってみたいけどまずは一度試してみたいという方にもレンタルはオススメです!

参考:GoProのレンタルでも本当に大丈夫?失敗しない選び方や注意点を紹介!
参考:【格安レンタル】GoPro(ゴープロ) レンタル商品一覧 | rentry.jp

GoPro HERO7 Black 初心者セット ¥ 12,800〜 / 3泊4日付属するアクセサリー

3-way

ハウジング

バッテリー

SDカード

レンタルする

映像の美しさで選ぶ オススメのGoPro

HERO8、HERO7、HERO6、HERO5は4K画質となっています。一方でHERO9、MAX、Fussionは5Kと高画質です!

でも画素数が高い=綺麗ではありません。

映像で大事なのは、画素数よりも「フレームレート」と「手ブレ補正機能」です。

滑らかさはHERO8、HERO7、HERO6の60fpsが最高クラスです。これは1秒間のコマ数を表す数値で、1秒間のコマ数が多ければ多いほど美しく滑らかな映像になります。

またHERO7やHERO8、HERO9は手ぶれ補正が驚くほど進化しています!

揺れが少ないほどなめらかで美しい映像になるので、HERO7・HERO8・HERO9の方がさらにハイクオリティな撮影ができます!

映像の美しさだけを考えるならHERO9一択です!

GoProに関する よくあるQ&A

一番おすすめなGoProはどれですか?

一番のおすすめは最新の「GoPro HERO9 Black」です。手ぶれ補正が圧倒的に凄く、使いやすさの点でも一番おすすめです。

モジュールと呼ばれる、外部ライト、外部マイク、自撮り用ディスプレイなどの外部アクセサリーもHERO9でしか使用できないアイテムも多いです。後々のことを考えてもHERO9がおすすめです!

買うのはちょっと…。という方にはレンタルという選択肢もあります!

一番安いGoProはどれですか?

安いモデルを使いたい場合には、動作が安定して画質がキレイなGoPro HERO5HERO6がおすすめです。

GoProのレンタルなら、3泊4日で¥3,980~から借りられるので、数回しか使わない場合にはレンタルもおすすめです。

GoPro MAXはHEROシリーズと何が違いますか?

GoPro MAX」は360度が撮影できるGoProです。「GoPro HERO8」などのHEROシリーズとは違い、表と裏の両側にレンズが付いているため、全方向の映像を撮影できます。

またGoPro MAXは片側のレンズだけを使用して、HEROシリーズと同じように使うこともできます!自撮りをすることも可能です。

詳しくは「やっと来た。本当に使える360度カメラ「GoPro MAX」を徹底レビュー!」をご覧ください!

夜景や星空など暗いところを撮るならHERO8やHERO9かFusionがおすすめ

この投稿をInstagramで見る

yusuke_ncp10さん(@yaris_yusuke)がシェアした投稿

夜景や星空など暗いところを撮影するならHERO8HERO9、もしくはFusionがオススメです。

HERO8以降の機種は暗さに一段と強くなったので暗いシーンでの撮影でもキレイに映すことができます。

ダイビングにはGoPro HERO7がおすすめ!

この投稿をInstagramで見る

Fonchy Photographyさん(@fonchy.photography)がシェアした投稿

ダイビングに必要なのは防水性能。そして暗さでもキレイに撮れるということです。

どのGoProでも5m〜10mの防水性能を備えています。

となると、重要なのは暗くても撮れるという機能ですよね。

夜景・夜空と同じく、HERO7が暗さには強いので、光が届きにくいようなダイビングで撮影する場合にはHERO7がオススメです。

逆に浜辺での海水浴程度であればどの機種でも問題なくキレイに撮れます!!

heroとsessionどっちの GoProがオススメ?

使いやすさでいうとモニターがあるHEROシリーズです。

操作もタッチパネルで出来るし、どんなアングルで撮れているかもモニターでチェックできます。

もちろん撮影した映像を確認することもできます。

ただSessionが良くないかと言うと全くそんなことはありません。

個人的にはSessionの評価もすごく高く、小さいのにとんでもなくキレイに撮れます。

小さくてコンパクトなのでかさばらないし、装着などもしやすいです!(ただし、Sesssionはバッテリーの交換ができないので長時間使う場合には向いてません。)

映像の美しさもSessionとHEROでは全く変わらないので「小さいほうが良い」という人にはSession、「モニターがある方がいい」「長時間撮影したい」という人にはHEROがオススメです!

一眼レフとGoProを比較するとどっちがオススメ?

一眼レフと比較する場合は、どんな画像・もしくは動画を撮りたいかをあらかじめ考えてみましょう。

アウトドアやアクティビティなどで活用するシーンが多いならGoProがおすすめです。

「おしゃれなボケ感のある写真や映像を撮りたい」「複数のレンズを利用して撮影を楽しみたい」という方は一眼レフがいいでしょう。

まったく異なった特徴を持つ2つなので、レンタルで試してみてから検討するのも1つの方法です!

ビデオカメラとGoProを比較するとどっちがオススメ?

ビデオカメラと比較した場合、ズームはビデオカメラの方が優れています。

ですが「防水機能や衝撃に強いというタフな性能」や、「小型で激しい運動をしていても撮影しやすい」といったGoProの特徴とは異なり、通常のビデオカメラは基本的にじっとしたまま撮影します。

こちらもよく撮影するシーンに合わせて選びましょう。

お子さんの記録用などに動画を撮影したいならビデオカメラ。

アクティビティで活用したり、オシャレな動画を撮影したいならGoProがオススメです。

GoProが他のカメラやビデオと違うポイント

GoProはアクティビティーに強い

GoProは動きながらでも撮影ができるというのが大きなポイントです。

アクティビティーには向かない一眼レフカメラやビデオカメラと違って故障の心配がありません。

今までのカメラやハンディーカムとはコンセプトがまったく異なります。

写真やビデオカメラは被写体をじっくり映すために作られたものですが、GoProはアクティブに楽しんでいる瞬間を撮るために開発されています。

一眼レフやビデオカメラが静的であったのに対して、ゴープロは動的です。

つまり動いたり、遊んだりしながらも撮影する、レジャー向けのアイテムと言えます。

 

GoProさん(@gopro)がシェアした投稿

サーフィンしながら撮影することは、今までのカメラやハンディーカムでは出来ませんでした。

ところがGoProならボードの先端に設置するだけでこんなシーンが撮れるんです。

このように一眼レフやミラーレスカメラでは撮れなかった感動的なワンシーンがカンタンに撮れるようになりました!

GoProは写真も映像もどちらも撮れる

またGoProは映像も画像のどちらも撮れます。カメラでもあり、ビデオでもあるわけですね!

GoProが人気の理由はとにかくキレイな映像がカンタンに撮れて、アクティビティに強いということなんです。

小さくて軽いので運動するときにも邪魔にならないし、どこにも簡単に装着できるようにアクセサリーも充実しているのも大きいですね!

この投稿をInstagramで見る

⛷اسكى بازان🏂さん(@ski_bazan)がシェアした投稿

ゴープロの特徴
  • 4K・5Kでとにかく綺麗。
  • 遊びながらカンタンに撮れる。
  • 水にも強い防水カメラ。
  • アクセサリーが豊富でどこにでも装着できる。

GoProにおすすめのSDカード

GoProはマイクロSDカードを挿入しなければなりませんが、本体には付属していないので別途購入する必要があります。

動画を撮影することが多いので、32GB以上のSDカードがオススメです。

GoProにおすすめのSDカードについては以下の記事でも詳しく解説しています。

GoProの教科書|おすすめのSDカードは?撮影時間や容量、注意事項まとめ

【完全比較】SDカードのデータ復元 !! 無料ソフトと復旧業者どちらオススメ?

大事なポイントは3つある 一眼レフ / ミラーレスカメラ用のSDカードの選び方

GoProオススメの関連記事や口コミレビュー

GoProについてのおすすめ関連記事をまとめましたので、紹介していきます!

GoPro おすすめ<レビュー>

GoProのレビュー記事をまとめました。最新のHERO9までレビューしていますので、詳しく知りたい方は以下の記事もチェックしてみてください!

【プロが解説】GoPro HERO9を実写レビュー! 作例から使い方まで実際に使った感想を徹底解説!

【完全版】GoPro Hero8を実写レビュー!! 使ってみた感想を120%徹底解説!

やっと来た。本当に使える360度カメラ「GoPro MAX」を徹底レビュー!

【完全版】GoProHero7 blackを海や旅行で使った感想を実写レビュー!! white/silverとも徹底比較 !

【図解】GOPRO HERO6 black の機能や使い方を徹底レビューしてみた

【比較】GOPRO HERO7とGOPRO HERO6の違いを図解で解説!!

【比較】Go pro HERO5 とSession オススメなのはどっち?

360度カメラのGoPro Fusionがスゴいっ!機能や使い方を徹底レビュー!

【2019年決定版】Goproおすすめランキング!!人気の全6機種の価格・機能を徹底比較!

Gopro おすすめ <アクセサリー><マウント>

GoProにはたくさんのアクセサリーがあります。GoProをより楽しむことができるアイテムなので、ぜひチェックしてみましょう。

【2021年】プロが選んだ GoPro(ゴープロ) おすすめ アクセサリー40選 | 初心者から上級者まで人気アイテムを厳選!

【GoPro】撮影に必須のアクセサリー「マウント」を使いこなそう。

Goproのバッテリーの持ち時間は?全機種の撮影時間や充電時間などまとめ

GoProでセルフィーがしたい!オススメの自撮り棒を総まとめ!

ポケットサイズの自撮り棒 Gopro Shorty。その使い方や機能を詳しく解説

感動するほど滑らか「GoPro Karma Grip(カルマグリップ)」をレビュー!

大人気の「GoPro 3 way」!3通りの使い方を詳しくレビュー!

手ブレを抑える人気アイテム!GoPro スタビライザーを徹底レビュー!!

GoProでセルフィーがしたい!オススメの自撮り棒を総まとめ!

手ブレを抑える人気アイテム!GoPro スタビライザーを徹底レビュー!

Gopro収納ケース CASEY ぴったりなサイズはどれ!?Hero7・Hero6・Fusion・sessionを検証してみた!

【図解】おすすめのGoPro三脚を徹底比較 !! 付け方やマウントなどを詳しく解説!

GoProレンズカバーの外し方& 割れたときの交換方法や注意点まとめ

とても便利な GoPro スマートリモート!その使い方や本体の接続方法を解説!

GoPro おすすめ <アクティビティー><スポーツ><アウトドア>

アウトドア・アクティビティでGoProを活用していきたい方には以下の記事がおすすめです!

車に付けて「Go Pro」の撮影が出来る!「車載撮影」徹底レビュー!

自転車でGoPro撮影を楽しもう!おすすめマウントや撮影方法のポイントをご紹介

【実写】GoProをスキー・スノボーを楽しむための取付け方や撮影方法まとめ!

【実践編】GoProで星空をキレイに撮るための「ナイトラプス」を徹底解説

GoPro おすすめの<使い方・操作方法> 

以下の記事でGoProの基本的な使い方を解説しています。GoPro初心者の方はぜひ読んでみてください!

【図解】初心者でも分かる GoProの使い方 !!撮影方法や使い方を解説

【写真で解説】GoProアプリの使い方をどこよりも詳しく簡単に徹底解説!

【実践】GoPro Hero7のTIMEWARPビデオを上手に撮るコツ & 設定方法を解説

【写真と映像で解説】GoProタイムラプス映像 を上手に撮る方法

GoProでフォトジェニックに💓上級者の撮影テクニック10選

#GoProのある生活ってなに?ゴープロ女子必見のインスタのハッシュタグまとめ

GoProの画質は1080・2.7K・4Kどれがいい?オススメの画質設定を解説

【写真と動画で解説】GoProで撮影したのをInstagramにアップしてみよう!

【実写レビュー】Hohem iSteady Pro2とGoPro撮影してきた!機能や使い方を解説

GoPro おすすめ <ライバル機種との比較>

GoProのほかにもアクションカメラはたくさんあります。ぜひいろんなカメラと比較をしてみてください!

【比較】Osmo ActionとGoPro Hero7優れているのはどっち!?機能や使いやすさを比べてみた

【完全版】DJI Osmo Actionの写真や動画を実写レビュー!! 注目機能なども詳しく解説

【厳選】Osmo Actionを楽しむためのおすすめアクセサリー30選

GoPro Hero7と Dji Osmo Pocket オススメなのはどっち!?8個のポイントで徹底比較してみた!

【実写レビュー】DJI Osmo Pocket 超小型の4Kビデオカメラのスゴさを徹底解説!!

【最新】楽しみ方が広がる!DJI OSMO Pocket おすすめマウント・アクセサリー10選

GoPro おすすめ <レンタル> 

「いきなり買うのはこわいから、まずはレンタルでGoProお試ししてみたい!」という方は以下の記事を要チェックです!

GoProはレンタルでも本当に大丈夫?失敗しない選び方や注意点を紹介!

GoPro おすすめ <中古買取><故障><修理> 

GoProが故障してしまった、GoProを売りたい、と考えている方には以下の記事がおすすめです。

GoProを買取業者8社で検証。高い価格で売るための5つの方法

コレって故障!?GoPro(ゴープロ)の故障&不具合の症状とベストな対処方法まとめ

GoPro おすすめ <動画の編集>

動画の編集には「Quik stories」というソフトを使うと誰でもカンタンに出来ます。

GoProで撮影した動画を編集して、Youtubeにアップする方法(Adobe Premiere編)

おまかせ編集アプリ!! GoPro「Quik stories」のスゴい機能と使い方

GoProオススメの <口コミレビュー>

実際に色々な場所でGoPro使っているシーンや体験記をまとめました。

以下のコンテンツはとくに人気が高いので、GoProをもっともっと活用したい、オシャレな使い方を見たいという方は参考にしてみてくださいね。

【沖縄】カップルの旅行を100倍楽しむおすすめデートプラン!

【GoProで海水浴】防水アクションカメラで鳥取県岩美町の海を楽しんできた!

鳥取砂丘で砂遊び!GoProHERO6の防塵機能もあわせて検証!

⇒ママカメラマンがおためし! はじめてのGoPro【サプライズを撮ろう】

【GoPro カップル旅行 -新潟編-】ひまわり畑やSUPなどインスタスポットで使ってみた♡

オススメのGoProを使っていく上での豆知識

GoProの中古価格

GoPro HERO5 Blackの中古価格は11,000~15,000円となっています。

いでっち

中古だと半額近くなっていることもあるので新品にこだわらない人は要チェック!

=> 【価格のプロが教える!】お得なGoPro(ゴープロ)の選び方

MP(メガピクセル)とは

MPとは、メガピクセルのことでメガは、「100万」を表しています。

ピクセルは、「画素」の事です。

つまり、1MPならば100万画素、5MPならば500万画素、10MPならば1000万画素という意味になります。

fps(フレームレート)とは

fpsとは、フレームレートというもので1秒間に何コマ撮影するのかという設定です。

Go pro HERO 6 black」は、最大で240fps(1080pのみ)で最低で24fpsです。

これも解像度同様に、数値が大きいほどコマ数が多くなるため、映像は、なめらかになります。

とくにスローモーション撮影ではフレームレートの大きさが重要になってきます。

しかしながら、一般的な動画では30fpsを超えると人間は識別出来ないとされています。

バーストについて

バーストとは、高速連写した写真の中から、手ブレやノイズの少ないベストショットを選んでくれる便利な機能です。

1秒間に10枚、最大999枚を連続で撮影する事が出来ます。

動きのある被写体のベストな瞬間を撮影したい時などに使うと良いです。

4Kと2Kの違い

この頃テレビのCMや家電量販店などでよく目にする「4K」という言葉。

何となく「画質がキレイ」というイメージは持っていると思います。

ただ、そもそも「4K」ってなんだろう?という疑問を持っている方も多いですよね。

「4Kについて」

写真、動画には画素数というものがあります。

1画素は、画面に並んでいる小さな正方形の点だと思ってもらえると良いと思います。

画面が大きくなれば、なるほど1画素あたりの面積が大きくなり、画素の粗さが目立つという課題があります。

 

4Kと表示されるのは1000=1K(キロ)として、3840(横)×2160(縦)= 829万4400個の画素数があるからです。

フルハイビジョン 1920(横)×1080(縦)の画素数の4倍もの画素数があるため、画面が粗くなるといった課題が解決されたのです。

 

4Kはきめ細やかに、より鮮明に被写体や、景色を映し出す事が出来るのです。

4Kと2Kはどのような違いがあるのか、という点も解説していきます。

「4Kと2Kとの違いについて」

「4K」と「2K」では、画素数が違います。「2K」の画素数は1920(横)×1080(縦)です。

横の点の数が約2000個あるため「4K」と比較して「2K」と呼ばれます。

 

「4K」と「2K」では「4K」の方が画素数が大きいため、より鮮明な写真や映像を撮ることが出来ます。

しかし、その分より「4K」の方が容量をたくさん使います。

おすすめGoProランキングのまとめ

編集部スタッフが本気でオススメするGoProランキングはいかがだったでしょうか。

GoPro選びの参考になればうれしいです!

今回はスタッフが実際に使用した経験をベースにリアルなランキングにまとめました。

かなり信用できると自負しています。笑

最後に「どれでもいいけど間違いないのが欲しい」「どれかいいのか決められないから決めて」という方がいたらHero7がオススメです!

GoPro HERO7が今すぐレンタルでお試しできます!

話題の最新ガジェットがレンタルできる「rentry」では最新のGoPro HERO7をすぐにレンタルできます

「買う前に試してみたい!」「HERO7を一度使ってみたい!」という人には人気のサービスです。

年に数回しか使わないのなら、購入するよりも格安レンタルの方が安くすませることができます。

レンタル後にそのまま購入も可能ですので、購入前にはぜひ一度レンタルでお試ししてみてくださいね。

GoPro HERO7 Black 初心者セット ¥ 12,800〜 / 3泊4日付属するアクセサリー

3-way

ハウジング

バッテリー

SDカード

レンタルする

GoProと他のカメラとの違いとは?

GoProの魅力はわかったけど、他のカメラと何が違うの?と疑問の方もいると思います。

実際にGoProを使ってみると分かりますが、他のカメラとはまったく違います。

GoProと一眼レフの違い

一眼レフやミラーレスは、重くて壊れやすい。画質はキレイに撮れますが、旅行や普段使いには大きくて邪魔です。

一方でGoProは軽くて頑丈何よりとても小さくて、画質もかなりキレイ!持ち運びにも便利で、旅行や普段の生活でも使いやすいです。

GoProは写真の画質で比較すると一眼レフには及びません。ですが、映像のクオリティはむしろ手ぶれ補正機能が充実したGoProの方がなめらかで綺麗です。

GoProとスマホの違い

最近ではスマホのカメラも十分キレイになってきましたが、比較するとGoProの方がより美しく撮影できます。

また、GoProのレンズは広角なので、スマホよりも広い空間を撮る事ができます。

スマホはガラスが割れやすく、あまり危険な場所では使いづらいですが、防水で頑丈なGoProなら安心して使えます。

GoProの人気売れ筋ランキングもチェック

こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されているGoProのランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

GoProとは? まとめ

今回は、「GoProってそもそも何?」「GoProって名前は聞いた事があるけど、どんなカメラ?」という方に向けてGoProの魅力を分かりやすく解説してみました。

GoProってどんなカメラ?まとめ
  • 写る範囲が広い(広角)
  • 防水なので水中でも使える
  • 小さくて頑丈なので、アクティビティの撮影に最適
  • いろんなアクセサリーが使える
  • スマホを接続すれば、遠隔からシャッターが切れる
  • 高画質な動画が手軽に撮れる
  • 優れた手ぶれ補正機能

GoProはレンタルでお試しできます!

もしGoProについて興味を持ったら、買う前にまずはレンタルがおすすめです!

GoProを実際に使ってみたら、思っていたのと違った。」「GoProを買ったはいいものの、あまり使わなかった。」なんて事を防ぐために、まずはGoProをレンタルで体験する事がおすすめ。

最安モデルなら、1日あたり995円からレンタルで試す事ができます!

まずは、レンタルできるGoProをチェックしてみましょう!

「初めてでどれを選べばいいか分からない…。」という方には、三脚やSDカードなどの基本的なアクセサリーがセットになった、GoPro HERO7 初心者セットがおすすめです。

もし、GoProのレンタルが初めてなら、GoProはレンタルでも本当に大丈夫?失敗しない選び方や注意点を紹介!をご参考ください。

関連ページ:GoProのレンタルでも本当に大丈夫?失敗しない選び方や注意点を紹介!
関連ページ:【格安レンタル】GoPro(ゴープロ) レンタル商品一覧 | rentry.jp

この記事は参考になりましたか?