画面やレンズも安心!おすすめのGopro(ゴープロ )保護フィルム5選

   

gopro 保護フィルム TOP

GoProを買ったら大事な液晶画面を守るために、保護フィルムの購入をおすすめします。

保護フィルムを付けることで、大事なGoProの液晶やレンズを傷や汚れから守ってくれます。

保護フィルムは純正から社外品、100円ショップの物など種類も価格も様々です。

今回はGoPro用の保護ケースについて、編集部がしっかり調査してきました。

おすすめの保護フィルムも紹介しているので、迷っている方はぜひ読んで下さい。

なぜGoProに保護フィルムをつかうべきか

好みの問題もありますが、基本的にはGoProを買ったら保護フィルムをおすすめします。

保護フィルムを付けると
  • 落下の傷から守ってくれる
  • 擦り傷から守ってくれる
  • 埃や汚れから守ってくれる

基本的に保護フィルムの役割は「液晶やレンズを傷や汚れから守る」ことです。

外に持ち出してアクティブに使うことが多いGoProは、常に落下や傷、汚れのリスクに晒されています。

落として運悪く岩か何かに液晶やレンズをぶつけてしまうと、割れたり、割れなくても大きな傷がつきます。

割れるほどの衝撃であれば保護フィルムがあっても防げませんが、ちょっとした落下であれば保護フィルムのおかげでほぼ無傷で済むケースはあります。

落とさなくても、砂のついた手で液晶をスライドして細かい擦り傷を付けたり、持ち運んでいる最中にバッグの中で何かと接触してキズが付くことも。

gopro 保護フィルム

買ったばかりのGoProにこんな傷がついた日には、泣きそうになりますよね。

せっかく買った大事なGoPro、大きな傷はもちろん、ちょっとした擦り傷でもほとんどの人が結構へこみます。

もちろん精神的な問題だけではなく、傷の程度によっては見にくくなったり、使用できなくなることもあります。

そんなユーザーにとって大きなストレスになる傷や汚れから、大事な液晶を守るのが保護フィルムです。

純正保護フィルムの価格

現在、GoPro公式で販売されている純正の保護フィルムは、HERO8用しかありません。

【GoPro公式価格2,500円】

参考サイト:GoPro公式ショップ

HERO7以前の機種用は、Amazonなどでまだ販売されているようです。

【Amazon価格2,109円】

参考サイト:Amazon

なお、HERO5~7は液晶のサイズが同じで、互換性があります。

説明にも「この軽量画面プロテクターで HERO7 / HERO6 Black / HERO5 Black のフロントやバック ディスプレイのキズや 汚れを防止しましょう。」と書いてあります。

ちなみにMAXは純正保護フィルムはなく、どうしても欲しい場合は社外品しか選択肢がないようです。

ひとことメモ
純正保護フィルムはHERO8用が2,500円、HERO5~7用が2,109円

おすすめの保護フィルム5選

バッテリーチャージャーなどケガや事故につながる重要なアクセサリーは、絶対純正をおすすめします。

ですが、保護フィルムに関しては社外品でも、安くて品質の良い製品が発売されています。

性能の差はともかくとして、純正じゃないからと言って事故やケガといった重大な事故につながることもありません。

予算などに合わせて社外品という選択肢もありだと思います。

ここでは編集部おすすめの保護フィルムを5つ紹介します。

保護フィルム選びで迷ったら、まずはこの中から選んでみてはいかがでしょうか。

HAKUBA GoPro 保護フィルム 

iTrunk Gopro 保護フィルム

MIBOTE GoPro 保護フィルム

Taisioner GoPro 保護フィルム

FitStill Gopro 保護フィルム

GoPro MAXの保護フィルム

MAXではまた画面の大きさが異なるので専用のフィルムが発売されています。こちらもRentryノート編集部ではHAKUBAの保護フィルムをおすすめしています。

保護フィルムの剥がし方

意外なことに、GoProの保護フィルムに関する悩みで結構多いのが「剥がし方」です。

GoProを購入すると、最初から本体保護用の保護フィルム(HERO7ではカメの写真が貼ってあります)が付いてくるのですが、これがなかなか剥がれない。

これを剥がさないと、せっかく買った保護フィルムが貼れません。

ですが、特に難しい事はなく、液晶の四隅の角に空気を入れていけば綺麗に剥がれます。

コツとしては液晶とフィルムの間に爪を立てて空気を入れて上げる感じです。

写真は購入時のフィルムではないのですが…こんな感じで空気を入れてしまえば後はぺりぺりとめくれます。

なお、この剥がし方に関しては、YouTubeのGoPro公式TAJIMA-GoProでも詳しく紹介しています。

難しい事ではないのですが…公式が動画で解説するということは困っている人が一定数いるようです。

もし、保護フィルムの剥がし方が不安になったらこれを思い出してください。

100均の保護フィルムはつかえるのか

様々なメーカーから発売されているGoProの保護フィルムですが、実は100均でも売っています。

現在は販売終了してしまったようなのですが、とある100円ショップではGoProの液晶用保護フィルムが売っていました。

単に傷や汚れ、埃から守るだけなので100均でもいいような気がしますよね。

ですが、編集部ではおすすめしません。

確かに傷やちょっとした汚れは防げるかもしれません。

ですがそのほかの性能が低く、使っているとストレスを感じます。

100均保護フィルムの問題点
  • タッチパネルの反応が悪くなる
  • 見えにくい
  • すぐ剥がれる

こんな感じで、使い勝手は今一つです。

もちろんすべての100均の保護フィルムがこうとは限りませんが、確実にこのような傾向はありました。

特にタッチ操作は頻繁に使う箇所ですし、そこでストレスを受けるなら、純正か品質の良い社外品を購入したほうが良いんじゃないかな、と思います。

もちろんこのデメリットは気にしない、とにかく出費を抑えたい、という方は100均のをこまめに貼り替えてもいいのかもしれません。

ひとことメモ
使い勝手がイマイチなので、Rentry編集部では100均はおすすめしません

大事なGoProを長く大事に使うためにも保護フィルムは必須!

GoProを買ったら保護フィルムは必ず買いましょう。

大事なGoProを綺麗なままで、いつまでも長く使うための重要なアクセサリーです。

壊したり、傷だらけにしてストレスを感じるくらいなら、1,000円~2,000円で保護フィルムを買ったほうが良いと思います。

Rentryで貸し出しているGoProには、基本保護フィルムを付けています。

傷や汚れを気にすることなく、外でガシガシアクティブに使用してもらってOKですよ!