【3分で分かる】GoProとは?GoPro(ゴープロ)の魅力を分かりやすく解説します!

   

海や旅行に行くと、みんなが持ってるあの小さいカメラ。

インスタグラムでよく見る、背景が広く写って水平線がねじれた写真。

「あの小さいカメラは一体なんなんだろう?」「あのぐにゃっとした写真はどのカメラで撮ってるの?」

その正体は、GoPro(ゴープロ)という小型のカメラです。

GoProは、小さくて軽い小型カメラ。若者の間で大流行中の防水ビデオカメラです!

今回は、GoProを知らない人のために、GoProを使い始めて人生が変わった私が「GoProとは何か、そしてGoProのどこが凄いのか」を分かりやすく簡単にご紹介します。

この記事を読めば、GoProの魅力が3分で分かるので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

GoProとは?

GoProとは、小型で防水の高性能アクションカメラです。

本体はおにぎりみたいに小さいのに、撮れる写真はとても広くて綺麗!

さらに、防水なので水中でも全く問題なく使えます。

アクセサリーも豊富で、様々な種類の自撮り棒やマウントが使えるので、楽しみ方は無限大。

GoProとは、今までなかった全く新しいカメラ!

GoProは今までのビデオカメラや一眼レフとは全く違う、次世代のカメラです!

GoProを使うとどんな写真が撮れるのか、実例を紹介しながらGoProの特徴を分かり易く解説していきます!

GoProの魅力① 写る範囲が広い!(広角)

GoProは広角のカメラなので、写真に写る範囲がとっても広いです!

goproは写真に写る範囲が広い

そのため、手を遠くまで伸ばさなくても、自然と全身が写る自撮りができます。

4Kにも対応していて、画質もめちゃくちゃ綺麗。

また、広角のおかげで遠近感が強調されるので、ダイナミックで迫力のある写真や映像が撮影できます!

何気ない景色でも、GoProを使えば「特別な写真」にすることができるんです。

関連記事:GoProでフォトジェニックに!おしゃれな写真を撮るための上級者の撮影テクニック・アイデア10選

GoProの魅力② 防水なので水中でも使える!

GoProは防水カメラでもあります。水深10mまではそのまま水の中で使うことができます!

水深10m以下まで潜る場合でも、防水ケース(ハウジング)を使えば問題ナシ✨

泳ぎながら、カメさんと一緒に自撮りすることもできます😊

関連記事:防水ケース!GoProハウジング「SUPER SUIT」の使い方について

関連記事:もう落とさない!手首や首につけられるGoProのストラップを紹介!

GoProの魅力③ 頑丈なので、アクティビティの撮影に最適!

GoProはアクティビティの撮影に最適!

GoProは防水なだけでなく、頑丈で衝撃にも強いです。

スマホや一眼レフなどのその他のカメラでは壊れてしまいそうな、危なく厳しい環境でもGoProなら難なく撮影できます!

また、長さ1mの自撮り棒や、ヘルメットマウント、サーフィンボードの先端に取り付けられるマウントなど、アクティビティやスポーツの撮影に必要なアクセサリーがとても充実しています!

そのため、GoProは、スキー・スノボー、バイク・自転車、サーフィン、ダイビング、シュノーケリング、バラグライダー、スカイダイビング…など様々なスポーツやアクティビティでの体験を共有できます

関連記事:【実写】GoProをスキー・スノボーを楽しむための取付け方や撮影方法まとめ!

関連記事:水中撮影やダイビングを楽しくする人気のGoProアクセサリーまとめ

関連記事:GoProでバイク映像を撮影する方法!おすすめのマウントから注意点をまとめ!

GoProの魅力④ いろんなアクセサリーが使える!

GoProはいろんなアクセサリーが使える

また、GoProは定番の自撮り棒から、地面に立てられる三脚、首にかけられるネックマウント、防水ケース、ヘルメットに取り付けられる粘着マウント、など様々なアクセサリーが使えます。

自撮り棒よりも短いアクセサリー、Shorty(ショーティ)

首に付けるネックマウント

場面に合わせてアクセサリーやマウントを変えれば、手ブレで撮影できたり、壁や物に固定したりでき、今まで見たことが無い唯一無二な映像を撮影できます!

関連記事:GoProをもっと楽しむために選ばれている人気アクセサリー・マウント26選

GoProの魅力⑤ スマホを接続すれば、遠隔でシャッターが切れる

GoProとスマホを接続すれば、遠隔からシャッターを切れます!

つまり、iPhoneをリモコン代わりにできるんです😄

GoProを三脚で立てて、ポーズを決めておしゃれに撮影。

スマホで写っている様子を確認しながら写真を撮れるので、ベストなアングルを探しながら写真を撮れます!

さらに、GoProとスマホを接続すれば、撮った写真をそのままInstagramに投稿できます!

わざわざパソコンに繋ぐ必要が無いのが便利なポイント。

もちろん、写真や動画をスマホに転送して友達にLINEで送ることもできます。

関連記事:【写真/動画あり】スマホで操作!! GoProアプリの使い方やwifi接続の手順を詳しく解説

GoProの魅力⑥ 4K・60FPS対応!綺麗な動画が手軽に撮れる

GoProは4K・60FPS対応で感動するほど綺麗

GoProはビデオの撮影も手軽にでき、しかも非常に綺麗に撮れます。

GoProは小型で体に身につけて撮影できるので、動画をお手軽に撮れます!4K60FPSに対応しているので、繊細で滑らかな映像を撮影できます。

最大240fpsのスローモーション撮影にも対応!綺麗でおしゃれな動画を手軽に撮る事ができます。

また、広角レンズで広く写るので、自分の目で見た通りの景色を撮影可能。

さらに、GoPro用動画編集アプリ「Quik」を使えば、音楽付きのショートムービーをとても簡単に撮影する事ができます。

撮った動画を編集してインスタのストーリーに公開するまで、わずか10分足らず!手軽にハイクオリティな映像を作る事ができます。

関連記事:おまかせ編集アプリ!! GoPro「Quik stories」のスゴい機能と使い方

GoProの魅力⑦ 手ぶれ補正機能で映像が滑らか!

goproは手ぶれ補正機能で揺れを感じない!

最新のGoProは、手ぶれ補正機能(HyperSmooth)が凄いです。

本来なら揺れが大きくて、まともに見れないような環境でも、GoProの手ぶれ補正機能を使うとあまり揺れを感じません。

振動が大きいバイクでの撮影もこの通り。まるでドローンが空中から撮影しているかのような映像に!

※手ぶれ補正機能 HyperSmoothに対応している機種はGoPro HERO7、GoPro HERO8、GoPro MAXのみ。

GoProとは?おすすめの全機種

魅力がたっぷり詰まったGoProの代表的な機種をご紹介します!

GoPro HERO8とは?

GoPro HERO8は、手ぶれ補正機能「HyperSmooth」がさらにパワーアップしました。

HERO7よりもさらに手ブレ補正が強力になりました。手ぶれ補正の効き具合を4段階に変更でき、「Boostモード」にするとまるでスタビライザーを装着したかのように揺れを減らしてくれます。

これまでの機種では必要だったフレームが必要なくなり、本体はさらに軽量化。

さらに、外部マイクや、LEDライト液晶モニターなどのモジュールを組み合わせることで、GoProを自分好みにカスタマイズすることができます。

関連記事:【GoPro Hero8】最新ゴープロの驚くべき高機能を詳しく解説!写真や動画など実写レビュー

GoPro HERO7 とは?

GoPro HERO7は、手ぶれ補正機能(HyperSmooth)が初めて搭載されたGoProです。

今までのGoProで撮影するとブレブレで見辛かった環境でも、GoPro HERO7で撮影すれば滑らかで揺れが少ない映像が撮影できます。

その他にも、滑らかなタイムラプス映像が撮影できる「Time Warp(タイムワープ)」機能や、HDRやノイズ低減処理を自動で行い、写真が凄く綺麗に撮れる「Super Photo」モードなど、今までのGoProに無かった新機能が搭載されました。

このモデルからGoProは、ただの小型な防水カメラではなく、革命的なビデオカメラとして生まれ変わりました。

関連記事:【完全版】GoProHero7 blackを海や旅行で使った感想を実写レビュー!! white/silverとも徹底比較

GoPro MAXとは?

GoPro MAXは、360°全ての方向を撮影できるGoProです。

手ぶれ補正の強さは、今までのHEROシリーズ以上。水平方向の揺れは完璧に無くなります。

液晶モニターが付いているので自撮りも可能!

片面のカメラだけを使用して、360度カメラではなく通常のGoProとしての撮影をすることもできます。

まさに、GoPro3台が一つになったカメラがGoPro MAXです。

GoProと他のカメラとの違いとは?

GoProの魅力はわかったけど、他のカメラと何が違うの?と疑問の方もいると思います。

実際にGoProを使ってみると分かりますが、他のカメラとは全く違います。

GoProと一眼レフの違い

一眼レフやミラーレスは、重くて壊れやすい。画質は綺麗に撮れますが、旅行や普段使いには大きくて邪魔です。

一方、GoProは軽くて頑丈何よりめちゃくちゃ小さくて、画質もかなり綺麗!旅行や普段の生活でも使いやすいです。

GoProは、写真の画質で比較すると一眼レフには及びません。ですが、映像のクオリティはむしろ手ぶれ補正機能が充実したGoProの方が滑らかで綺麗です。

GoProとスマホの違い

最近のスマホのカメラも十分綺麗になってきましたが、比較するとGoProの方が綺麗に撮れます。

また、GoProのレンズは広角なので、スマホよりも広い空間を撮る事ができます。

スマホはガラスが割れやすく、あまり危険な場所では使いづらいですが、防水で頑丈なGoProなら安心して使えます。

GoProとは? まとめ

今回は、「GoProってそもそも何?」「GoProって名前は聞いた事があるけど、どんなカメラ?」という方に向けてGoProの魅力を分かりやすく解説してみました。

GoProってどんなカメラ?まとめ
  • 写る範囲が広い(広角)
  • 防水なので水中でも使える
  • 頑丈なので、アクティビティの撮影に最適
  • いろんなアクセサリーが使える
  • スマホを接続すれば、遠隔からシャッターが切れる
  • 高画質な動画が手軽に撮れる
  • 手ぶれ補正機能

GoProはレンタルでお試しできます!

もしGoProについて興味を持ったら、買う前にまずはレンタルがおすすめです!

GoProを実際に使ってみたら、思っていたのと違った。」「GoProを買ったはいいものの、あまり使わなかった。」なんて事を防ぐために、まずはGoProをレンタルで体験する事がおすすめ。

最安モデルなら、1日あたり995円からレンタルで試す事ができます!

まずは、レンタルできるGoProをチェックしてみましょう!

「初めてでどれを選べばいいか分からない…。」という方には、三脚やSDカードなどの基本的なアクセサリーがセットになった、GoPro HERO7 初心者セットがおすすめです。

もし、GoProのレンタルが初めてなら、GoProはレンタルでも本当に大丈夫?失敗しない選び方や注意点を紹介!をご参考ください。

関連ページ:GoProのレンタルでも本当に大丈夫?失敗しない選び方や注意点を紹介!
関連ページ:【格安レンタル】GoPro(ゴープロ) レンタル商品一覧 | rentry.jp