【筋トレ効果を測定】握力計おすすめ10選|握り方のコツ&安いモデルを紹介

握力計

自宅での筋トレで握力を鍛えている人や、健康維持のためフィットネスに取り組んでいる人におすすめの握力計。握力アップはスポーツのパフォーマンス向上にも繋がると言われており、握力をこまめに計測することで、日々のトレーニング成果を把握できます。

学校や病院で使うイメージがある握力計ですが、最近は自宅で手軽に使える商品も登場。安いものは2,000円程度で購入可能です。とはいえ、「どんな商品を買えばいいの?」「握力の測り方が分からない」と疑問を持つ人も多いはず。

そこで本記事では、握力計の選び方のポイントや人気商品ランキング10選を紹介します。記事の後半では、意外と知らない人が多い握力計の正しい使い方やコツを解説しているので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

握力計のおすすめの選び方

握力計 選び方

出典:amazon.co.jp

ここからは、握力計のおすすめの選び方を紹介します。初めて握力計を購入する人にも分かりやすく解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

デジタルorアナログ?「表示方式」で選ぶ

握力計には、「デジタル式」と「アナログ式」の2種類があり、計測結果を表示する方法によって分けられます。それぞれのメリット・デメリットを紹介するので、自分の使い方に合ったものを選びましょう。

細かい計測結果を知りたいなら「デジタル式」

握力計 デジタル式

出典:amazon.co.jp

近年主流とされているのが、デジタル式の握力計。本体に備わった液晶パネルに数値が表示され、一目で結果が確認できるのが特徴です。デジタル式は、ほとんどが0.1kg単位の細かな数値で計測できます。また、アナログ式に比べてコンパクトなものが多く、収納・保管がしやすいというメリットがあります。

一方で、デジタルゆえに電源が必要なのがデメリット。頻繁に電池を交換する必要はないですが、「久しぶりに計測しようと思ったら電池が切れていた」といったケースも少なくありません。購入時は、予備用の電池もあらかじめ用意しておくと安心ですよ。

電池不要でいつでも手軽に使えるのは「アナログ式」

握力計 アナログ式

出典:amazon.co.jp

アナログ式は液晶がついておらず、針が指した目盛りを読んで計測します。昔ながらの握力計で、学生時代に使ったことがある人も多いはず。目盛りを読む手間はあるものの、電池が必要がないのがメリットです。思い立ったときにすぐ使える手軽さを備えています。

デメリットは、本体が重たいものが多いこと。計測結果に影響はないものの、せっかくなら軽い方が使いやすいですよね。また価格は8,000円以上と、やや高価な商品が多いです。

握力計の種類は「スメドレー式」がおすすめ

握力計 スメドレー式

出典:amazon.co.jp

握力計の種類は、最も主流な「スメドレー式」がおすすめです。スメドレー式は、バネの力を利用して握力を計測する仕組みで、十分な計測精度を備えています

スメドレー式の他には、電気信号を利用した構造で精度の高いロードセル式・目盛板がグリップの内側についているコラン式・欧米では標準のジャマー式といった種類も存在します。ただし価格が高めで流通量も少ないので、一般的なスメドレー式を選べば問題ありません。

目的に応じて「最大計測値」を選ぶ

握力計 最大計測値

握力計には、最大で何kgまでの力を計測できるのかを表した「最大計測値」が定められています。市販で購入できる握力計の最大計測値は、90~100kg程度が主流。成人男性の平均握力は50kg前後なので、健康管理やちょっとしたトレーニング用なら100kgあれば十分です。

ただし、格闘技などを習っている人や握力の本格的なトレーニングを行いたい人は、100kg以上計測できるものを選んでおくと安心。子供用・リハビリ用の握力計の中には、最大計測値が50kg程度のものもあるので注意してください。

はるみ

また、握力計によって「最小測定単位」が異なります。主にデジタル式は「0.1kg」、アナログ式は「0.5kg」刻みで表示され、数値が小さいほどより細かな測定ができます。

あると嬉しい!便利機能をチェック

握力計 便利機能

デジタル式の握力計は、商品によってさまざまな機能を備えています。最近では、前回の計測値を保存する「ユーザー登録機能」や、自分の握力平均値を算出してくれる「平均値自動算出機能」などが人気です。自分の握力トレーニングの成果を実感できるので、モチベーション向上に繋がります。

また、一定時間握力計を使わないときに自動で電源をオフにしてくれる「オートパワーオフ機能」があれば、電力を無駄に消費する心配がありません。なるべくランニングコストを抑えたい人におすすめです。

握力計おすすめ人気ランキング比較一覧表

Rentry編集部が主要サイト(amazon、楽天、Yahoo、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格表示方式種類最大計測値最小測定単位搭載機能サイズ
N-FORCE デジタル握力計 WHG-255¥2,961 Amazonデジタル式スメドレー式90kg0.1kgユーザー登録機能15×12×2.5cm
ZAZ デジタル握力計¥2,280 Amazonデジタル式スメドレー式90kg0.1kgユーザー登録機能/記録比較機能-
Sutekus デジタル握力計¥2,480 Amazonデジタル式スメドレー式90kg0.1kgユーザー登録機能/高速測定機能19.5×13×3.5cm
ボディテック デジタル握力計 BTS02CM002¥2,600 Amazonデジタル式スメドレー式90kg0.1kgユーザー登録機能16×12×2.5cm
Zoarlan デジタル握力計¥2,280 Amazonデジタル式スメドレー式90kg0.1kgユーザー登録機能13×19.5×3.cm
TOEI LIGHT 握力計グリップD T2177¥22,255 Amazonデジタル式スメドレー式100kg0.1kg平均値自動算出機能/オートパワーオフ機能15.4×23.5×6.2cm
秦運動具工業 握力計 103-S¥8,100 Amazonアナログ式スメドレー式100kg0.5kg--
TOEI LIGHT デジタル握力計 T1854¥16,720 Amazonデジタル式ロードセル式100kg0.1kg平均測定モード-
GRIPX デジタル握力計¥2,899 Amazonデジタル式スメドレー式90kg0.1kgデータ保存機能19.5×12.5×2cm
エバニュー 握力計 EKJ094¥13,541 Amazonアナログ式スメドレー式100kg0.5kg-22×14.6×5cm

握力計おすすめ人気ランキング10選

エバニュー 握力計 EKJ094

10位
エバニュー(EVERNEW)
最安値 ¥13,541 (税込)

専用ケース付きで持ち運び&収納に便利

かつて学校で使ったことを思い出させるアナログ式の握力計。強化ポリカーボ樹脂・金属を使った丈夫な設計ながらも、本体の重量は560gと扱いやすいのが特徴です。

最大100kgまでの握力を計測でき、ちょっとしたトレーニングのお供に最適ですよ。専用のビニールレザーケース付きなので、持ち運びや保管にも困りません。

表示方式アナログ式
種類スメドレー式
最大計測値100kg
最小測定単位0.5kg
搭載機能-
サイズ22×14.6×5cm

GRIPX デジタル握力計

9位
GRIPX
最安値 ¥2,899 (税込)

単4電池付きで買ってすぐに握力測定ができる

オールブラックカラーの無骨な雰囲気が魅力のデジタル式握力計。単4電池が商品に付属しているので、購入したその日からすぐに握力チェックが始められます。

本体の調節つまみを回せば、手の大きさや指の長さに合わせてグリップの位置を調整できます。手の小さい子供でも使えるので、家族みんなで愛用できますね。

表示方式デジタル式
種類スメドレー式
最大計測値90kg
最小測定単位0.1kg
搭載機能データ保存機能
サイズ19.5×12.5×2cm

TOEI LIGHT デジタル握力計 T1854

8位
トーエイライト(TOEI LIGHT)
最安値 ¥16,720 (税込)

測定精度に優れたロードセル式握力計

非常に数少ないロードセル式の握力計。バネの力を利用して握力を計測するスメドレー式に対し、ロードセル式は、加わった力を電気信号に変換できるセンサーによって握力を計測します。

ロードセル式は非常に精度が高く、握力をとにかく正確に調べたい人におすすめです。また、グリップ部分にゴム素材を使用しているため、手が滑りにくく測定しやすいのが特徴です。

表示方式デジタル式
種類ロードセル式
最大計測値100kg
最小測定単位0.1kg
搭載機能平均測定モード
サイズ-

秦運動具工業 握力計 103-S

7位
HATAS(秦運動具工業)
最安値 ¥8,100 (税込)

初心者も安心して購入できる日本製の握力計

トレーニングアイテムや健康器具を取り扱っている秦運動具工業の握力計。針と目盛りで数値を表すアナログ式なので、電池や充電の手間がないのが嬉しいですよね。

本体は強力ポリカーボネイト樹脂で作られており、耐久性に優れています。また、安心の日本製なため、品質にこだわる人や初めて握力計を購入する人におすすめです。

表示方式アナログ式
種類スメドレー式
最大計測値100kg
最小測定単位0.5kg
搭載機能-
サイズ-

TOEI LIGHT 握力計グリップD T2177

6位
トーエイライト(TOEI LIGHT)
最安値 ¥22,255 (税込)

機能性を求める人に最適なデジタル式握力計

高精度の握力計を展開していることで知られるトーエイライトの人気商品。本格的で扱いやすい握力計をお探しの人におすすめ。レッド×ブルーの個性的なカラーで、お部屋のどこに置いたのかが分かりやすいのが特徴です。

自分の握力の平均値を算出してくれる機能を備えており、老化防止のトレーニングやリハビリ用にも役立ちますよ。さらに、オートパワーオフ機能付きで、無駄な電力消費を防いでくれます

表示方式デジタル式
種類スメドレー式
最大計測値100kg
最小測定単位0.1kg
搭載機能平均値自動算出機能/オートパワーオフ機能
サイズ15.4×23.5×6.2cm

Zoarlan デジタル握力計

5位
Zoarlan
最安値 ¥2,280 (税込)

初心者に使いやすい機能&シンプルさが魅力

使いやすさ重視の人におすすめの握力計です。本体が358gと非常に軽量で、子供や女性にも扱いやすいのが特徴。また、ボタンやデジタルの表示方式がシンプルで、操作に戸惑う心配がありません

さらに、この商品は最大19人のユーザー登録に対応。年齢や性別を入力しておけば、計測結果を世代の平均値と自動で比較し、「weak」「normal」「strong」の3段階で評価してくれます。

表示方式デジタル式
種類スメドレー式
最大計測値90kg
最小測定単位0.1kg
搭載機能ユーザー登録機能
サイズ13×19.5×3.cm

ボディテック デジタル握力計 BTS02CM002

4位
ボディテック(Bodytech)
最安値 ¥2,600 (税込)

大きなデジタル画面で計測結果が見やすい

最大90kgの力を測定できるデジタル式の握力計。大きな液晶画面に計測結果がくっきりと表示されるので、測定しながらでも数値を確認できます。

また、最大19人までユーザー登録ができ、前回の記録や握力の平均データを保存できるのが特徴。前回の記録を更新したときに画面に通知が出るので、トレーニングのモチベーション維持に繋がりますよ。

表示方式デジタル式
種類スメドレー式
最大計測値90kg
最小測定単位0.1kg
搭載機能ユーザー登録機能
サイズ16×12×2.5cm

Sutekus デジタル握力計

3位
Sutekus
最安値 ¥2,480 (税込)

トレーニングにも使える便利な握力計

シンプルなデザインとリーズナブルな価格が特徴の握力計。グリップ部分が波状の形になっていて、握り込んだときの手にぴったりフィットします。

また、高速測定機能を搭載しており、連続で握力を測定することが可能です。握るたびにリセットボタンを押す手間がないので、「40kgの負荷を10回握り込む」といった握力のトレーニングに活用できますよ。

表示方式デジタル式
種類スメドレー式
最大計測値90kg
最小測定単位0.1kg
搭載機能ユーザー登録機能/高速測定機能
サイズ19.5×13×3.5cm

ZAZ デジタル握力計

2位
ZAZ
最安値 ¥2,280 (税込)

前回の自分の測定記録と比較できる機能付き

0~90kgの力を測定できるデジタル式の握力計。ブラックとグレーの2種類のカラーバリエーションを展開しており、どちらも使いやすいシンプルなデザインに仕上がっています。

ユーザー登録機能を備えているので、前回の自分の測定記録に対しての変化をチェックできますよ。さらに、自分の記録を同世代の平均値と比較して「強い」「平均」「弱い」を表示させることも可能です。

表示方式デジタル式
種類スメドレー式
最大計測値90kg
最小測定単位0.1kg
搭載機能ユーザー登録機能/記録比較機能
サイズ-

N-FORCE デジタル握力計 WHG-255

1位
エヌフォース(N-FORCE)
最安値 ¥2,961 (税込)

機能・値段・信頼性抜群のおすすめアイテム

フィットネスクラブ・ジム・教育現場などで多くシェアされており、テレビ番組でも紹介された人気商品。最大19人のユーザー登録ができるので、家族やスポーツクラブのメンバーみんなで一緒に握力チェックができます。

さらに、前回のデータとの比較機能や記録を更新したときにお知らせしてくれる機能を搭載しており、機能性は抜群です。メーカーによる1年間の保証付きで、安心して購入できるのが嬉しいですよね。

表示方式デジタル式
種類スメドレー式
最大計測値90kg
最小測定単位0.1kg
搭載機能ユーザー登録機能
サイズ15×12×2.5cm

握力計の正しい使い方

握力計 使い方

  • 握力の測り方
  • STEP.1
    姿勢を正す
    立ち上がった状態で、真っ直ぐ立つ姿勢を維持する。
  • STEP.2
    握る角度を調整する
    力を入れずにグリップを握ったときに、人差し指の第2関節が90°に曲がるように調整する。
  • STEP.3
    息を吸ってから握る
    身体の力を抜いてリラックスした状態で握力計を持つ。息を深く吸ったあと、息を吐きながらグリップに力を込める。
  • STEP.4
    左右で測る
    左右の手で2回ずつ計測するのが基本。連続で2回測るのではなく、交互にやるのがおすすめ。
握力計を使うときの注意&ポイント
  • 握力計を振ったり、身体にくっつけて計測しない。
  • 徐々に力を入れるのではなく、一気に力を入れるのがコツ。
  • 「あー」と声を出しながら握ると、力が入りやすい。

握力計の関連商品

握力計 関連アイテム

握力計の他にも、トレーニングや健康管理に役立つアイテムは沢山登場しています。ここからは、特におすすめのアイテムを紹介。レントリーのおすすめ記事も併せて紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

毎日手軽にヘルスチェックしたいなら「スマートウォッチ」

握力計 スマートウォッチ

普段から健康管理がしたいなら、スマートウォッチがおすすめ。身体に身に着けるだけで心拍数や血圧などが計測でき、身体の状態が簡単にチェックできます。近年人気のモデルは、スマートフォンのアプリと連動させることで日々のデータをグラフ化してくれるのが魅力です。

おすすめ
シャオミ(Xiaomi)
最安値 ¥5,990 (税込)
おすすめ
Fitbit(フィットビット)
最安値 ¥15,066 (税込)

関連記事:【4,000円以下も】iPhone対応スマートウォッチおすすめランキング18選|安い・おしゃれなモデルを比較

関連記事:【iPhone・Android対応も】スマートバンド(活動量計)人気おすすめ17選|通話/LINE返信機能付きも【2021比較】

関連記事:【2021年完全版】マニアが厳選した スマートウォッチ おすすめランキング 30選 | 選び方や機能を完全解説

自宅で筋トレ&エクササイズができる「トレーニンググッズ」

握力計 トレーニングアイテム

筋力低下や運動不足が気になるなら、自宅で簡単にエクササイズができるトレーニンググッズをチェックしましょう。下半身・上半身・腕周りなど、アイテムによって身体のどの部分に効果があるかが異なります。下記で紹介する記事を参考にして、気になるポイントを鍛えられる商品をチョイスしてください。

おすすめ
OCTM
最安値 ¥3,580 (税込)
おすすめ
Shop Japan(ショップジャパン)
最安値 ¥13,828 (税込)
おすすめ
トリガーポイント(Triggerpoint)
最安値 ¥3,919 (税込)

関連記事:初心者にもおすすめの筋トレグッズ20選|部位別のトレーニング器具を紹介

関連記事:【体幹トレ・コリほぐしに】フォームローラーおすすめ 15選 | 選び方・使い方を徹底解説!(2021)

関連記事:【効率よく鍛える】プッシュアップバーのおすすめ15選|使い方や効果的なメニューも解説

健康管理に欠かせない「体重計・体組成計」

握力計 体重計

ダイエットや健康管理に気を遣う人にとって、体重計はなくてはならない必須アイテム。最近では、スマートフォンと連携させることで、体重の変化をチェックできる便利な商品が増えています。また、体脂肪率や基礎代謝の計測もできる体組成計も人気がありますよ。 

おすすめ
MASARU
最安値 ¥1,999 (税込)
おすすめ
タニタ(Tanita)
最安値 ¥13,566 (税込)

関連記事:【スマホやスマートウォッチと連携できる】体重計・体組成計 おすすめ16選 (2021年最新)

握力計のよくある質問

握力計 よくある質問

出典:amazon.co.jp

握力計はどこで購入できる?

握力計は、ホームセンター・家電量販店・スポーツショップ・Amazon・楽天市場などで購入できます。豊富な選択肢から商品を選びたいなら、ネット通販をチェックしましょう。購入時は、実際に買った人のレビューや口コミを参考にするのがおすすめですよ。

身近で握力が測れる場所は?

握力計は、病院や健康センター、運動施設に設置されています。施設の利用者であれば自由に使えるケースがほとんどですが、場合によってはスタッフに許可を取る必要があります。施設ごとのルールを守って使用しましょう。

おすすめ握力計まとめ

握力計 まとめ

出典:amazon.co.jp

  • 握力は、筋トレの効率やスポーツのパフォーマンスを左右する重要な筋肉
  • こまめに握力計を使って、自分の身体の状態を把握しよう
  • 目的に応じて、握力計の「最大計測値」や「表示方式」をチェック

今回は、手の力を計測できる「握力計」を紹介しました。握力計は、筋肉の衰え防止やトレーニングのモチベーション維持に役立つおすすめアイテムです。ぜひ自分に合った商品を見つけて、たくましい身体作りに努めましょう。

この記事は参考になりましたか?