パナソニックの最新ビデオカメラHC-VX992M/HC-VZX992Mの特徴からスペックまでご紹介

   

Panasonic(パナソニック)が2019年5月に、新世代の高画質な撮影ができるビデオカメラ3種類発表しました!!

「ワイプ撮り」に対応している「HC-WX2M/HC-WZX2M」や、新色「フォレストカーキ」を採用した「HC-VX2M/HC-VZX2M」に加え、ライカディコマーレンズを採用し、広角30.8mmや光学20倍ズームに対応した「HC-VX992M/HC-VZX992M」

今回はその中でも「HC-VX992M/HC-VZX992M」をご紹介していきます!

注意
それぞれのビデオカメラは品番が流通チャンネルによって2通りに別れています商品は同一です!
この記事を読んで分かること
  • HC-VX992M/HC-VZX992Mの特徴
  • HC-VX992M/HC-VZX992Mのスペック
  • どういう人に向いているのか

HC-VX992M/HC-VZX992Mは何が特徴?

細かいスペックや性能に入る前にこのビデオカメラがいったいどんなものなのか見ていきましょう!

広角レンズ搭載

今回Panasonicが発表したビデオカメラの中でこの「HC-VX992M/HC-VZX992M」という機種がもっとも「広角」に撮影できるビデオカメラです!

HC-VX992M/HC-VZX992M HC-WX2M/HC-WZX2M、HC-VX2M/HC-VZX2M
レンズ広角 4K 30.8mm(35mm換算) 4K 25mm(35mm換算)

まだ、カメラやビデオカメラをあまり使ったことがない方にはピンと来ないかもしれませんが、広角レンズが使われているということは「広い範囲を撮影することができる」ということ。

特に景色を撮影したい時にはとても重宝する性能で、ダイナミックで広大な自然を撮影する時にその威力を発揮してくれます!

ライカディコマーレンズを採用

ライカディコマーレンズを採用をすることによって広角30.8mmや光学20倍ズームに対応できるようになりました。

この「光学ズーム」という言葉なのですが、これもまた初心者の方にはあまりピンと来ない言葉ですよね。

この光学ズームとついになる言葉が「デジタルズーム」と呼ばれるもので、そもそも根本的な撮影方法が異なります!

デジタルズームとは撮影した画像を引き伸ばし、切り抜いたもので、よく使われる言い方として「トリミング」と呼ばれる手法です。

それに比べ、光学ズームは望遠鏡を覗いているのと同じです。つまり、画像の劣化がないということ。

光学ズーム

引用:https://cs.olympus-imaging.jp/jp/support/cs/DI/QandA/Basic/s0013.html

光学ズームはレンズを動かすことによって焦点距離を調整しながら撮影して拡大する方法です。

そのためズームする時にレンズの焦点距離が長くなって被写体を大きく撮影することができます。この際画質が劣化するようなことはありません!

デジタルズーム

引用:https://cs.olympus-imaging.jp/jp/support/cs/DI/QandA/Basic/s0013.html

一方デジタルズームは先ほどいったようにまさに「トリミング」です。

一部を補完拡大する手法であたかも望遠で撮影したかのように見せているだけですので、画質はどうしても荒くなってしまいます。

ひとことメモ

スマホのカメラでもズームをすれば画質が荒くなってしまいますよね?

実はほとんどのスマホはデジタルズームが採用されていることが原因なんです!

4K AIR

また、このビデオカメラの特徴として「4K AIR」というものがあります。

運動会や、文化祭等遠くにいる子供たちを撮影する時に大変役に立つ機能でとても高倍率なので、離れていても高画質でズームすることが可能です!

もちろん細かな表情までも見ることができます。

手ぶれ補正が抜群

ズーム機能を使っている時や、動きながらの撮影で特に気になるのが「手ブレ」ですよね。

どんだけしっかり持っていても手が揺れてしまうのはどうしても仕方ない部分があります。

長時間での撮影は特に腕もしんどくなってブレがちなんですが、このビデオカメラには強力な手ぶれ補正が付いているんです!

それも、もちろん自動で。

さらには、手ぶれだけではなくいつの間にかビデオカメラが傾いてしまっていた場合でも自動で水平になるように調整もしてくれます。

5軸ハイブリッド手ぶれ補正

毎秒4,000回転でジャイロセンサーが検知したブレを、手ブレ補正エンジンで高速処理してレンズで自動補正してくれます!

レンズとセンサー、光学式と電子式の両方で5軸方向のブレを補正するハイブリッドシステムも採用しているためより強力な手ぶれ補正を実現することができています。

傾き補正

本体が静止しているとき、水平に対する傾きを捉えて自動的に補正する機能です。

重力センサーとジャイロセンサーのハイブリッド処理により、補正時に画面がカクカクしないなめらかな映像を撮影することができます!

手ぶれロック(自動)

撮影時(デフォルトは「オート」に設定)に自動で手振れロック動作を行い、自動判別で手ブレ補正の強さをコントロールしてくれます。

スマホアプリでビデオカメラが操作できる!

引用:https://panasonic.jp/dvc/products/vx992m/feature01.html

これも、少し前までのビデオカメラでは考えられない機能ですよね。

パナソニックのスマートフォン用アプリ「Panasonic Image App(無料)」を使えば、スマホをビデオカメラのリモコン代わりに使えます!

ビデオカメラで撮影している動画をスマホの画面上で確認でき、録画オン/オフやズームなどが、スマホの画面上からかんたんに操作できます。

撮影後の補正や修正、編集まで簡単にできる

これも魅力の一つです。

実際にビデオカメラを持って撮影している時には被写体を捉えることに夢中になっていて、後から見返してみると「このアングル微妙だな、、、」とかいうこともよく起こり得ます。

そういった時に便利なのが「あとから補正」です!

あらかじめ4Kで広い範囲を撮影しておいて、あとからアングルを編集・補正することで、キレイな画角のフルハイビジョン動画として、ビデオカメラ本体に保存することができます!

4Kで広く撮影したあと、運動会などで動いている子供の顔を自動で追っかけて、つねに表情を中心に捉えた動画として編集・保存できます。さらに、「手ブレ補正」も同時に行うことで、フレームアウトの心配がより少なくなります。

この機能は特にビデオカメラデビューしたばかりの方に特におすすめで、最初から1つの被写体に絞って撮影するのではなく、広角で撮影して後から落ち着いて修正することをおすすめします!

後からスローモーション・クイックモーションにすることも可能

編集好きな人からしたらとても便利な機能ですよね!

実際に取れた映像を確認しながらお好みで調整できるので撮影が楽しくなること間違いなしです。

もちろん後からズームもできます!

後からアングルの補正や、クイックモーションやスローモーションの補正ができるので、もちろん「後からズーム」もできます!!

撮影中はいつどんな時にベストタイミングが来るわかりません。

特にまだビデオカメラを使い慣れていない方からすると、ズーム機能を適切な瞬間にピシッと調整して被写体を捉えることも最初はとても難しいんです。

そういう時でも、後からズームの機能を使えば簡単に落ち着いて作業することができます!

本体が軽い!

これもビデオカメラの大切な要素です。

運動会等で撮影するときは、どうしても撮影時間が長くなりがちです。そういう時に思ったより本体の重さが苦痛になってきてしまうのですが

今回パナソニックが発表した新機種3つの中でもっとも軽いビデオカメラが今紹介している「HC-VX992M/HC-VZX992M」です!

重さは約398gで、だいたい350gの缶ビールと同じくらい!

これなら女性でも長時間持って撮影することができます。

初心者におすすめの機能まとめ
  • アングル調整が撮影後にできる「後から補正」
  • ズーム機能にまだ慣れていない方には「後からズーム」
  • スマホアプリのダウンロードは絶対!

ビデオカメラ HC-VX992M/HC-VZX992Mの基本情報

これまではこのビデオカメラ(HC-VX992M/HC-VZX992M)の特徴となる機能を見てきましたが、ここからはもっと基本的な情報、スペックを見ていきます。

ちなみに、今回発表された3機種の中でこのHC-VX992M/HC-VZX992Mはスタンダードモデルになっています。

それでは細かいスペックを見ていきましょう!

価格

価格はオープン価格となっています!

だいたい¥70,000〜80,000となっているようです。

本体情報

モニター 3型ワイド液晶モニター(約46万ドット)
記録メディア ●内蔵メモリー(64GB) 
●SDXCメモリーカード(48GB/64GB/128GB)/SDHCメモリーカード(4~32GBまで)/ SDメモリーカード(512MB~2GBまで)
録画時間 内蔵メモリー使用時:
最大約27時間30分(HEモード時)
本体内充電 あり
基本バッテリーシステム VW-VBTシリーズ
表示言語 日本語/英語
外形寸法(突起部含む) 幅65mm×高さ73mm×奥行141mm(同梱バッテリーパック装着時)/
幅65mm×高さ73mm×奥行151mm(同梱バッテリーパック・レンズフード装着時)
本体質量(重さ) 約355g/約360g(レンズフード装着時)
使用時質量 約398g(同梱バッテリーパック使用時)/
約403g(同梱バッテリーパック使用・レンズフード装着時)
電源 DC3.6V/5.0V(バッテリー/ACアダプター)
消費電力 録画時:4.0W
許容動作温度/湿度 0℃~40℃/10%RH~80%RH

レンズの性能、スペック

F値(f:焦点距離) F1.8~F3.6(f=4.08~81.6mm)
f:35mm判換算 動画:30.8mm ~ 626mm(4K 16:9)(傾き補正:切時) / 37.0mm ~ 752mm(FHD 16:9)(傾き補正:切またはノーマル時)、
静止画:34.5mm ~ 690.3mm(3:2)/ 30.8mm ~ 626mm(16:9)/ 37.6mm ~ 752.8mm(4:3)
絞り 自動・手動補正
最短撮像距離 通常:約3cm(WIDE端)/約1.5m(全域)、
iAマクロ時:約1cm(WIDE端)/約1.5m(TELE端)
フィルター径 49mm
レンズカバー オート(開閉ともに自動)
ズーム iAズーム :25倍【4K】 40倍【FHD】/ 光学ズーム:20倍 / EX光学ズーム:最大50倍(30万画素時) / デジタルズーム:60倍・250倍

カラーは三色

パナソニックの新モデル3種類を表で比較

2019年5月に発売された新機種3種類を簡単な表で比較していきます!

HC-WX2M/HC-WZX2M HC-VX2M/HC-VZX2M HC-VX992M/HC-VZX992M
内蔵メモリー 64GB 64GB 64GB
同梱バッテリー持続時間(連続撮影時間) 約3時間35分 約1時間40分 約1時間40分
光学ズーム 24倍 24倍 20倍
iAズーム 4K:32倍 / フルHD:48倍 4K:32倍 / フルHD:48倍 4K:25倍 / フルHD:40倍
レンズ広角(35mm換算) 25mm 25mm 30.8mm
使用時質量(同梱バッテリー使用時) 約523g 約473g 約398g
ワイヤレスワイプ撮り あり あり あり
サブカメラ搭載 (ワイプ撮り) あり なし なし

ビデオカメラのおすすめ記事

今回紹介したのはパナソニックの最新ビデオカメラですが、もっといろんなビデオカメラが発売されています!

これからビデオカメラを買ってみたいという方におすすめ記事をご紹介します。

Panasonic(パナソニック)のビデオカメラについて

パナソニックのビデオカメラの特徴についてまとめた記事がこちら!

【2019年】パナソニックビデオカメラの4K・フルHD全機種のオススメランキング!

ビデオカメラはメーカーによって重要視しているポイントが違って、強みも違ってきます。

パナソニックのビデオカメラについて知りたい方は参考にしてみてください!

Sony(ソニー)のビデオカメラについて

ビデオカメラといえばSONY。と言われるくらいに人気なメーカーです!

SONYについてもパナソニックのまとめ記事のように、SONYのビデオカメラについてのおすすめ記事もあります!

【2019年】買って大正解!! SONY(ソニー)ビデオカメラ 人気機種まとめ!

ビデオカメラの人気ランキング

メーカーに関係なく、今人気のあるビデオカメラを知りたい方にはこちらの記事がおすすめです!

【2019】いま売れているビデオカメラ おすすめランキング TOP10

まとめ

2019年5月に発表されたPanasonic(パナソニック)の最新機種である「HC-VX992M/HC-VZX992M」をご紹介してきました。

HC-VX992M/HC-VZX992Mは金額的にも、性能的にも初めてビデオカメラを使うという人にとてもおすすめな機種です!