【新型モデルを比較】HUAWEI(ファーウェイ)スマートウォッチ最新おすすめ15選

huaweiスマートウォッチおすすめ15選

出典:amazon.co.jp

HUAWEI(ファーウェイ)のスマートウォッチは、1万円以下の低価格ラインナップが豊富で、他社と比べても充電の持ちがいいことで人気です。HUAWEIのスマートウォッチといっても種類が多すぎて、シリーズごとの違いがよくわからない、という人も多いのではないでしょうか。この記事では、HUAWEI製のスマートウォッチに絞って、他社にはない魅力やシリーズの違いや評判、おすすめの人気モデルをわかりやすくご紹介します。

HUAWEI製のスマートウォッチが気になっている人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

HUAWEIスマートウォッチの3つの魅力

HUAWEIのスマートウォッチが持つ魅力を、3つのポイントに絞ってご紹介します。

  • 1万円以下のモデルが豊富、コスパ抜群
  • ロングバッテリー、持ちがいい
  • トレーニングなど、ワークアウトメニューが豊富

魅力①:1万以下のラインナップ豊富でコスパ◎

魅力①:1万以下のラインナップ豊富でコスパがいい

出典:amazon.co.jp

HUAWEIのスマートウォッチは、1万円以下のラインナップが豊富。バンドタイプなら安くて2,000円台で購入できるものもあります。他社製のスマートウォッチと比べ、圧倒的にコスパが良いのが魅力です。円盤のビジネスモデルからスポーツ用のバンドタイプまで種類も豊富。自分の好みのデザインに合わせられるのもHUAWEIの強いポイントでしょう。

編集部

安いバンドタイプのスマートウォッチを探しているなら、デザインも豊富なHUAWEIがおすすめです!

関連記事:【2021年完全版】マニアが厳選した スマートウォッチ おすすめランキング 30選 | 選び方や機能を完全解説

魅力2:ロングバッテリーで充電の持ちがいい

魅力2:ロングバッテリーで充電の持ちがいい

出典:amazon.co.jp

HUAWEIのスマートウォッチは、いずれもロングバッテリーで充電持ちが良いのが2つめの魅力。バンドタイプでも腕時計タイプでも、通常使用で1週間〜2週間は持つため、電池切れの心配はほとんどありません。バッテリーが3日も持たない製品がまだある中、1度の充電で2週間も持続するのは他社にはない大きな強み。こまめに充電する必要がないので、ストレスなく使えるでしょう。

魅力3:11種類の健康管理モードと96種類のワークアウトメニュー

魅力3:11種類のスポーツモードと96種類のワークアウトメニュー

HUAWEIのスマートウォッチには、11種類の身体測定と96種類のカスタムワークアウトメニューが管理できるHUAWEI Health」アプリが使えます。スポーツモードではランニング・水泳・サイクリングなどの詳細な活動を、健康管理モードでは心拍数・カロリー・睡眠時間などを記録できます。

編集部

ワークアウトを記録した後は、HUAWEI Healthアプリで詳細なデータ分析とガイダンスのチェックもできます!

HUAWEIスマートウォッチの人気シリーズの最新モデルを比較

フィットネスに最適!新型スマートバンド「HUAWEI Band 6」

バンドタイプの人気シリーズ「HUAWEI Band」からついに6モデルが登場。Bandシリーズは、カラーバリエーションが豊富で、好みに合わせて選びやすいのが特徴。HUAWEIの最新スマートバンド「HUAWEI Band 6」は、フィットネスを行う人に最適な機能が盛りだくさんです。

表示領域が約1.5倍になった大画面ディスプレイで、フィットネスデータの確認やタッチパネル操作がしやすくなりました。歩数・活動時間・ランニングなどの激しい運動の3つの目標を設定すれば、パッと見て進捗確認できます。目標達成時に通知が受け取れ、モチベーションが維持しやすいよう設計されています。

心拍数モニタリングと血中酸素レベル測定の2つの機能を備え、身につけていれば24時間常に心拍数の上がりすぎや血中酸素濃度の下がりすぎをアラートで知らせてくれます。医療器具ではありませんが、フィットネス中のリスクを軽減できます。

関連記事:【CMで話題】スマートバンドおすすめ15選|シャオミのMi4/5や目的別の選び方を大解説

HUAWEI Band 6はこんな人におすすめ!
  • フィットネスの習慣を作りたい、モチベーションを維持したい人
  • 大画面で見やすいスマートバンド型スマートウォッチが欲しい人
  • フィットネス中の心肺機能リスクを軽減したい人

2週間バッテリーが持続するGT3最新モデル「HUAWEI WATCH GT3」

HUAWEIの中でも王道の人気シリーズ「HUAWEI WATCH」は、洗練されたクラシックデザインが特徴。大容量の音楽保存や、通話も可能で日常使いができます。ついに「HUAWEI WATCH」から待望の最新モデル「HUAWEI WATCH GT3」が発売。アナログ腕時計のような高級感のある見た目ながら、専門性の高い最新の機能が凝縮されています。

「HUAWEI WATCH GT3」は通常使用で2週間持つ大容量バッテリーを搭載。出張や旅行、帰省などの際にも充電切れを気にしなくて済みます。

100を超えるワークアウトモードでランニングや水泳はもちろん、スキーやスノーボード、登山やサーフィン、テニスなど、スポーツに合わせた専門的なデータを記録可能。気圧計で急な天候の変化に備えたり、血中酸素レベルやストレスレベルのモニタリングをしたりと、アウトドアにもヘルスケアにも大活躍です。

HUAWEI Watch GT3はこんな人におすすめ!
  • 高級感のあるスマートウォッチが欲しい人
  • 出張や旅行、アウトドアが多く、バッテリー持ちが気になる人
  • 総合的なヘルスケアのモニタリングをしたい人

【バンドタイプ】HUAWEIスマートウォッチ人気ランキング比較一覧

商品最安価格OS画面サイズ電源タイプバッテリー稼働時間搭載機能・センサーメール・着信通知機能防水カラー展開
HUAWEIスマートウォッチ HUAWEI Band 6¥5,980 Amazon楽天市場Yahoo!Android 6.0+/iOS 9.0+約43 x 25.4 mm磁気充電ポート約14日間加速度センサー、ジャイロセンサー、光学式心拍センサーあり5気圧防水グラファイトブラック、フォレストグリーン、アンバーサンライズ、サクラピンク
HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Watch FIT¥11,700 Amazon楽天市場Yahoo!Android 6.0+/iOS 9.0+約46 x 30 mm磁気充電ポート約7〜10日間(GPS連続使用時:約12時間)加速度センサー、ジャイロセンサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、装着検知センサーあり5気圧防水ミントグリーン、サクラピンク、カンタロープオレンジ、グラファイトブラック
HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Band 4¥5,600 Amazon楽天市場Yahoo!Android 4.4+/iOS 9/0+約56 x 18.5 mmUSB充電ポート約7〜9日間3軸加速度センサー、赤外線センサー、光学心拍センサーあり5気圧防水グラファイトブラック、サクラピンク、アンバーサンライズ
HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Band 4e確認中 Amazon楽天市場Yahoo!Android 4.4+/iOS 9.0+40.5 x 14.8 mm専用クレードル約14日間加速度センサー、ジャイロセンサーあり5気圧防水ブラック
HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Band 4 pro¥7,900 Amazon楽天市場Yahoo!Android 4.4+/iOS 9.0+約45 x 19 mm専用クレードル約12日間(GPS連続使用時:約7時間)6軸センサー(加速度センサー+ジャイロセンサー)、光学式心拍センサー、装着検知センサーあり5気圧防水グラファイトブラック、ピンクゴールド、シナバーレッド
HUAWEI スマートフォン HUAWEI Band 3 Pro確認中 Amazon楽天市場Yahoo!Android 4.4+/iOS 9.0+約45 x 19 mm専用クレードル約10日間(GPS連続使用時:約7時間)6軸センサー(加速度センサー+ジャイロセンサー)、心拍センサー(高精度分離型PPG)、赤外線センサーあり5気圧防水ブラック、ゴールド
HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Band 2 Pro¥7,780 Amazon楽天市場Yahoo!Android 4.4+/iOS 8.0+約44 x 19.7 mm専用クレードル約21日間3軸加速度センサー、心拍センサー、赤外線センサーあり5気圧防水ブラック、レッド

【バンドタイプ】HUAWEIスマートウォッチおすすめ人気ランキング7選

【丸型タイプ】HUAWEIスマートウォッチ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格OS画面サイズ電源タイプバッテリー稼働時間搭載機能・センサーメール・着信通知機能防水カラー展開
HUAWEI WATCH GT 3 46mm ブラウンレザー¥30,027 Amazon楽天市場Yahoo!Android 5.0+/iOS 9.0+約45.9×45.9mmワイヤレス充電約14日間(通常利用時)加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー(コンパス)、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサーあり5気圧防水ブラック/ブラウンレザー
HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Watch GT 2 Pro 46mm Classic¥26,500 Amazon楽天市場Yahoo!Android 5.0+/iOS 9.0+約46.7 x 46.7 mmワイヤレス充電約14日間(GPS連続使用時:約30時間)加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー(コンパス)、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサーあり5気圧防水ネビュラグレイ
HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Watch GT2 46mm Sports¥17,910 Amazon楽天市場Yahoo!Android 4.4+/iOS 9.0+約45.9 x 45.9 mm磁気充電ポート約14日間(GPS連続使用時:約30時間)加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサーあり5気圧防水マットブラック
HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Watch GT 2e 46mm¥18,000 Amazon楽天市場Yahoo!Android 4.4+/iOS 9.0+約45.9 x 45.9 mm磁気充電ポート約14日間(GPS連続使用時:約30時間)加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサーあり5気圧防水グラファイトブラック、ラヴァーレッド、ミントグリーン、アイスホワイト
HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Watch GT 2 42mm Elegant¥27,500 Amazon楽天市場Yahoo!Android 4.4+/iOS 9.0+約41.8 x 41.8 mm磁気充電ポート約7日間(GPS連続使用時:約15時間)加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサーあり5気圧防水リファインゴールド
HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Watch GT 2 46mm Classic¥22,600 Amazon楽天市場Yahoo!Android 4.4+/iOS 9.0+約45.9 x 45.9 mm磁気充電ポート約14日間(GPS連続使用時:約30時間)加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサーあり5気圧防水ペブルブラウン
HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Watch GT 2 46mm Elite¥25,800 Amazon楽天市場Yahoo!Android 4.4+/iOS 9.0+約45.9 x 45.9 mm磁気充電ポート約14日間(GPS連続使用時:約30時間)加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサーあり5気圧防水チタングレー
HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Watch GT 2 42mm Classic¥22,400 Amazon楽天市場Yahoo!Android 4.4+/iOS 9.0+約41.8 x 41.8 mm磁気充電ポート約7日間(GPS連続使用時:約15時間)加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサーあり5気圧防水グラベルベージュ

【丸型タイプ】HUAWEIスマートウォッチおすすめ人気ランキング8選

HUAWEI(ファーウェイ)スマートウォッチ選び方

バンドタイプ or スタンダードな腕時計型、デザインで選ぶ

HUAWEIのスマートウォッチには、バンドタイプと腕時計タイプの2つのデザインがあります。それぞれどんな人におすすめなのか見ていきましょう。

カラーが豊富で女性にも人気のバンドタイプ

カラーバリエーションが豊富で、女性にも人気が高いスマートなデザインなのがバンドタイプの特徴。最新の「HUAWEI Band 6」ではパステルカラーの「サクラピンク」がラインナップに加わり、よりファッション性が高くなりました。

バンドタイプは本体もバンド部分も軽量で、装着感が快適。長時間つけていても苦になりません。バンド部分はシリコン素材で汚れがつきにくいので、フィットネスなど運動時にも、いつもの時計としても使いやすいです。

バンドタイプがおすすめな人
  • 本体やバンド部分のカラーバリエーションを求める人
  • 長時間装着する人
  • フィットネスなど、運動する人

関連記事:【女性スタッフが選んだ】かわいいスマートウォッチおすすめ22選 (レディース編)

ビジネスシーンでも使える丸型腕時計タイプ

腕時計型のスマートウォッチは、アナログ腕時計のような外観でビジネスシーンでも使いやすいのが特徴。バンド部分もシリコン製のモデルだけでなく、レザーやメタルを使ったモデルがあり、自分の好みに合わせて選べます。

画面もアナログ表示(文字盤)とデジタル表示を選べるため、ビジネスシーンではアナログ表示、プライベートやワークアウト時にはデジタル表示、などシーンによって使い分けられます。フォーマルな場面で、デジタルチックなスマートウォッチの見た目だと使いにくい人でも安心です。

腕時計型がおすすめな人
  • アナログ腕時計に近い見た目のスマートウォッチが欲しい人
  • レザーバンドやメタルバンドを使いたい人
  • フォーマルな場面でもスマートウォッチをつけたい人

バンドを付け替えるだけでスマートウォッチに変身するSONYの製品もビジネスシーンにぴったりです。参考にしてみてください。
関連記事:Suica対応モデルも登場!SONYスマートウォッチおすすめ10選 【2021年最新版】

バッテリーの持ち時間をチェック

バッテリーの持ち時間をチェック

HUAWEI製のスマートウォッチはロングバッテリーが持ち味で、通常利用で充電に困ることはまずありません。とはいえ、出張やアウトドアが多い人や、屋外での長時間の運動が多い人はバッテリーの持ち時間をチェックしましょう。通常使用で14日間持つロングバッテリーなら、充電切れを心配しなくて済みます。

GPSの連続使用でバッテリー持ちが悪くなる?
GPS使用時、連続使用は7〜30時間といずれも通常使用よりバッテリーの持ちが大幅に悪くなると表記されています。これは、屋外でのワークアウト時にリアルタイムで経路データを取得する場合のもの。つまり、何時間も連続して屋外で運動し続けるハードなアスリート以外は、それほど気にしなくても構いません。

利用シーンに合った機能で選ぶ

スマートウォッチは、利用シーンに合った必要な「機能」から選ぶ方法もあります。

仕事利用があるならメール・SNSなどの通知機能をチェック

仕事利用があるならメール・SNSなどの通知機能をチェック

スマートウォッチを仕事で使う人は、着信・メール・SNSなどの通知機能をチェックしておきましょう。標準のメールやTwitterやFacebookなどの大手SNSならほとんど対応していますが、基本的にビジネス用SNSアプリがスマートウォッチに対応しているかどうかはそれぞれ確認が必要です。

また、タスク管理やスケジュール管理機能が搭載されたモデルなら、いちいちスマホを取り出さなくてもToDoや今日の予定を簡単に確認できます。ビジネスにもスマートウォッチを活用したいなら、こうした通知機能をチェックしましょう。

編集部

ビジネスで使っているSNSがあるなら、対応しているかどうか必ずチェックを!

トレーニングするなら「ワークアウト機能」付きを

トレーニングするなら「ワークアウト機能」付きを

トレーニングのお供にスマートウォッチを使うなら、ワークアウト機能付きのモデルを選びましょう。

ワークアウト機能とは?
それぞれのスポーツやトレーニングに合わせて、心拍数やカロリーなどの活動を記録できる機能のこと。

例えば、屋外でのランニングやウォーキングなら、距離を通知したりルートを追跡したりできます。11種類のワークアウトに対応したプロスポーツモードを起動すれば、走行ペースや1分あたりの歩数など、より専門的な記録も可能です。

関連記事:【ジムで徹底比較】ランニングや運動でも外れないスポーツイヤホン おすすめ18選 (2021年)

健康管理をしたい人向け「血中酸素」「心拍数モニタリング」機能

健康管理をしたい人向け「血中酸素」「心拍数モニタリング」機能

日々の健康管理が目的なら、「血中酸素」や「心拍数」、「ストレスレベル」などのモニタリング機能が搭載されたスマートウォッチがおすすめ。リアルタイム心拍数測定センサーの精度の高さは、心電図にも匹敵するとのこと。医療目的で使えるものではありませんが、日頃から心身の状態を数値化しておくことで、大きな変化に気づきやすくなります。

睡眠モニタリング機能のあるモデルなら、昼寝を含めてすべての睡眠状態を記録。睡眠の質を分析し、向上させるためのアドバイスを見ることもできます。ヘルスケアに使いたいなら、これらの健康管理機能をチェックしましょう。

注意
スマートウォッチに搭載されたモニタリング機能は、あくまでも一般的なウェルネス・フィットネス目的のものです。医療機器として病気の診断や予防に使うことはできないので、注意しましょう。また、ストレスモニタリングはAndroid対応機種のみの機能です。

関連記事:【2021年】健康管理で人気のFitbit (フィットビット) おすすめモデル9選 | 選び方を徹底解説!

スピーカーとマイクが搭載されたモデルは通話も可能

スピーカーとマイクが搭載されたモデルは通話も可能

スピーカーとマイクが搭載されたモデルなら、スマホを取り出さずにスマートウォッチだけで着信を受け、通話することもできます。HUAWEI製スマートウォッチでスピーカー・マイク搭載のモデルは、以下の3つのシリーズです。

  • HUAWEI WATCH GT 2 Proシリーズ
  • HUAWEI WATCH GT 2 46mmシリーズ
  • HUAWEI WATCH GT 3

他モデルは着信の通知はできても、スマートウォッチから通話を受けることはできませんので、注意しましょう。

屋外や水の中でも安心!防水・防塵性のレベルをチェック

屋外や水の中でも安心!防水・防塵性のレベルをチェック

2021年現在販売中のHUAWEI製スマートウォッチは、バンドタイプ・腕時計タイプのいずれも5気圧防水(5ATM)を備えています。プールや簡単な海水浴なら、つけたままでOK

5気圧防水(5ATM)とは
水深50メートルでの耐水性を持ち、プールや海の浅瀬で水泳をするのに問題なく使える。

ただし、スキューバダイビングや水上スキー、水深50メートルを超える深さに水没するような用途には適していませんので、注意しましょう。あくまでも、軽めの水中スポーツに向いているスマートウォッチです。

屋外での使用に強いスマートウォッチはこちらの記事を参考にしてみてください。

関連記事:【2021年】マニアが選ぶ Garmin(ガーミン) おすすめ20選|ゴルフや登山で使った感想もレビュー
関連記事:【2021年最新版】カシオスマートウォッチおすすめ12選|ソーラー充電もできる新作モデルも紹介
関連記事:【アウトドアに強い】SUNNTO(スント)スマートウォッチおすすめ人気ランキング10選
関連記事:【実機レビュー】HUAWEI WATCH 3は本当に買い?Apple Watchとの比較・搭載機能を徹底解説!

スマホと連携!HUAWEIスマートウォッチの使い方と初期設定

HUAWEIスマートウォッチを購入したら、スマホと連携しましょう。連携はiPhoneでもAndroidでも行えますが、専用の「HUAWEI Health」アプリが必要です。

関連記事:【4,000円以下も】iPhone対応スマートウォッチおすすめ15選|安い・おしゃれなモデルを厳選

まずはHUAWEI Healthのアプリをスマホにインストール

まずはHUAWEI Healthのアプリをスマホにインストール

出典:huawei.com

では、まずHUAWEI Healthアプリのインストール方法から確認しましょう。

  • HUAWEI Healthアプリのインストール方法
  • STEP.1
    アプリストアで「HUAWEI Health」を検索
    スマホの「Google Play」または「App Store」で、「HUAWEI Health」と検索する。
  • STEP.2
    アプリインストール
    「HUAWEI Health」アプリが見つかったら、「インストール」または「入手」をタップする。
  • STEP.3
    権限の確認(※Androidのみ)
    「インストール」をタップすると、アプリが収集・使用する情報や権限についての確認画面が出てくるので、「次へ」「同意する」をタップし、インストールする。
  • STEP.4
    完了
    ダウンロードが終了したら、インストール完了です。

対象デバイスを選択し、Bluetoothでペアリング

対象デバイスを選択し、Bluetoothでペアリング

アプリをインストールしたら、いよいよスマートウォッチとのペアリングを行います。

  • Bluetoothでスマートウォッチとペアリング
  • STEP.1
    ダウンロードしたアプリをタップ
    ダウンロードした「HUAWEI Health」アプリをタップし、起動する。
  • STEP.2
    対象デバイスの選択
    起動したら、画面下の「デバイス」をタップし、購入したスマートウォッチと同じものを選択する。
  • STEP.3
    ペアリング
    選択したスマートウォッチと購入したスマートウォッチが同じことを確認し、「ペアリング」をタップする。
  • STEP.4
    スマートウォッチの番号を確認
    スマートウォッチの画面をスクロールし、表示されている番号を確認したら、スマートフォンで同じ番号をタップする。
  • STEP.5
    完了
    スマホで「ペアリング済み」と表示されたら、ペアリング完了です!

スマホ側で通知アクセスを有効化させておく

スマホ側で通知アクセスを有効化させておく

最後に、スマホ側で通知アクセスを有効化させておきましょう。ペアリングが済んだら、「続行」と表示されますので、タップすると通知を有効化するかどうかのポップアップが表示されます。

ここで「有効化」をタップした後、「許可」を選択し、スマートウォッチで受け取りたい通知をオンにします。特に、メールやSNSなどの通知をスマートウォッチで受け取りたい人は、この設定を忘れず行いましょう

HUAWEI(ファーウェイ)スマートウォッチのよくある質問

HUAWEIスマートウォッチのよくある質問

電子マネーやsuicaは使える?

HUAWEI製スマートウォッチは、各種電子マネーやSuicaなどのFeliCa系電子決済には対応していません。

SIMフリー対応の機種はある?

2021年現在発売中のモデルで、SIMを挿入できるものはありません。インターネット通信や通話を行う場合は、スマートフォンとのペアリングが必要です。

※以前のモデル「HUAWEI WATCH 2シリーズ」はSIMスロットを持ち、各キャリアやSIMフリーモデルを購入できました。

故障した場合、どこで修理すればいい?

HUAWEIサポートページから修理の申し込みができます。「来店修理予約」または「宅配修理オンライン申込」のいずれかを選びましょう。また、以下の3つのカスタマーサービスセンターに直接来店できる場合、その場で対面修理を申し込むこともできます。

  • 銀座カスタマーサービスセンター
  • 梅田カスタマーサービスセンター
  • 新宿カスタマーサービスセンター

基本的には1〜2時間程度で修理完了できますが、機種や修理内容によっては2時間以上かかることもあります。店頭修理を申し込むときは、時間に余裕を持って向かいましょう。

HUAWEI(ファーウェイ)スマートウォッチまとめ

HUAWEIのスマートウォッチには、以下の3つの魅力があります。

  • 1万円以下のラインナップも多く、コスパが良い
  • ロングバッテリーで、充電切れの心配が少ない
  • ワークアウトモードが多く、フィットネスの記録をとりやすい

デザインや機能により、バンドタイプの「HUAWEI Band」シリーズと、腕時計タイプの「HUAWEI Watch GT」シリーズの2種類を選べます。他にも、以下のように用途で選ぶのも良いでしょう。

  • 通話を受けたいなら、スピーカーとマイク搭載モデル
  • 健康管理には、血中酸素濃度や心拍数モニタリングできるモデル
  • 長期の出張や旅行なら、ロングバッテリーが特徴のモデル

ぜひ、今回ご紹介した人気ランキングを参考に、自分のライフスタイルやアクティビティに合ったHUAWEI製スマートウォッチを購入しましょう。

その他スマートウォッチやHUAWEI商品に関する記事も参考にしてみてください。

関連記事:【2021年完全版】マニアが厳選した スマートウォッチ おすすめランキング 30選 | 選び方や機能を完全解説

関連記事:【コスパ最強のワイヤレスイヤホン】HUAWEI FreeBuds 3iの解説と口コミ・レビュー

関連記事:スコアアップ確実!ゴルフ向けスマートウォッチおすすめ15選|安いモデルを徹底比較

関連記事:【ダイエットが捗る!】歩数計おすすめ18選| アプリ連動・人気メーカー・正しい使い方も解説!

関連記事:据え置きやマットタイプも!睡眠計おすすめ10選|使い心地から仕組みまで詳しく解説

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー