【2021年最新版】HUAWEIスマートウォッチおすすめ15選|1万円以下で購入できるモデルも豊富に紹介

HUAWEIスマートウォッチ

HUAWEIのスマートウォッチは、1万円以下の低価格ラインナップが豊富で、他社と比べても充電の持ちがいいことで人気です。

HUAWEIのスマートウォッチといっても種類が多すぎて、シリーズごとの違いがよくわからない、という人も多いのではないでしょうか。この記事では、HUAWEI製のスマートウォッチに絞って、他社にはない魅力やシリーズの違い、おすすめの人気モデルをわかりやすくご紹介します。

HUAWEI製のスマートウォッチが気になっている人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

HUAWEIスマートウォッチの魅力

HUAWEIのスマートウォッチが持つ魅力を、3つのポイントに絞ってご紹介します。

魅力1:1万以下のラインナップ豊富でコスパがいい

魅力1:1万以下のラインナップ豊富でコスパがいい

HUAWEIのスマートウォッチは、1万円以下のラインナップが豊富。安くて2,000円台で購入できるものもあります。他社製のスマートウォッチと比べ、コスパが良いのが魅力です。

メールや着信を知らせてくれる通知機能のほか、「歩数、活動時間、ランニングなどの激しい運動」の3つの活動目標も設定可能。心拍数や睡眠状態をモニタリングできる機能も搭載され、低価格ながらもスマートウォッチとして期待する機能はしっかりカバーしています。

ただし、HUAWEIのスマートウォッチで1万円以下のモデルは、いずれもシリコン素材のリストバンドタイプ。バンドタイプはスマートウォッチらしいスポーツ、トレーニング向きのデザインです。

アナログ腕時計タイプはビジネスシーンでも使えるデザインですが、1万円を超えるのでコスパのいいスマートウォッチが欲しい人は注意しましょう。見た目にこだわらない人、バンドタイプのスマートウォッチが好きな人には自信を持っておすすめできるブランドです。

はるみ

バンドタイプのスマートウォッチなら、断然HUAWEIがおすすめです!

関連記事:【2021年完全版】マニアが厳選した スマートウォッチ おすすめランキング 30選 | 選び方や機能を完全解説

魅力2:ロングバッテリーで充電の持ちがいい

魅力2:ロングバッテリーで充電の持ちがいい

HUAWEIのスマートウォッチは、いずれもロングバッテリーで充電持ちが良いのが2つめの魅力。バンドタイプでも腕時計タイプでも、通常使用で1週間〜2週間は持つため、電池切れの心配はほとんどありません。

バッテリーが3日も持たない製品がまだある中、1度の充電で2週間も持続するのは他社にはない大きな強みです。こまめに充電する必要がないので、ストレスなく使えるでしょう。

魅力3:11種類のスポーツモードと85種類のワークアウトメニュー

魅力3:11種類のスポーツモードと85種類のワークアウトメニュー

HUAWEIのスマートウォッチには、11種類のスポーツモードと85種類のカスタムワークアウトメニューを合わせた96種類ものワークアウトモードが搭載されています。スポーツモードではランニング・水泳・サイクリングなどの詳細な活動を、カスタムワークアウトモードでは心拍数・カロリー・ワークアウトの持続時間などを記録できます。

はるみ

ワークアウトを記録した後は、HUAWEI Healthアプリで詳細なデータ分析とガイダンスのチェックもできます!

HUAWEIスマートウォッチの人気シリーズの最新モデル

フィットネスに最適!新型スマートバンド「HUAWEI Band 6」

HUAWEI スマートウォッチ Band 6 1.47インチフルビューディスプレイ 2週間の長時間バッテリー 血中酸素常時測定 急速充電 心拍数/睡眠モニタリング 最大96種類のワークアウトモード サクラピンク【日本正規代理店品】
HUAWEI(ファーウェイ)

バンドタイプの人気シリーズ「HUAWEI Band」からついに6モデルが登場。Bandシリーズは、カラーバリエーションが豊富で、好みに合わせて選びやすいのが特徴。

HUAWEIの最新スマートバンド「HUAWEI Band 6」は、フィットネスを行う人に最適な機能が盛りだくさんです。

表示領域が約1.5倍になった大画面ディスプレイで、フィットネスデータの確認やタッチパネル操作がしやすくなりました。歩数・活動時間・ランニングなどの激しい運動の3つの目標を設定すれば、パッと見て進捗確認できます。目標達成時に通知が受け取れ、モチベーションが維持しやすいよう設計されています。

心拍数モニタリングと血中酸素レベル測定の2つの機能を備え、身につけていれば24時間常に心拍数の上がりすぎや血中酸素濃度の下がりすぎをアラートで知らせてくれます。医療器具ではありませんが、フィットネス中のリスクを軽減できます。

関連記事:【CMで話題】スマートバンドおすすめ15選|シャオミのMi4/5や目的別の選び方を大解説

HUAWEI Band 6はこんな人におすすめ!
  • フィットネスの習慣を作りたい、モチベーションを維持したい人
  • 大画面で見やすいスマートバンド型スマートウォッチが欲しい人
  • フィットネス中の心肺機能リスクを軽減したい人

2週間バッテリーが持続するGT2最新モデル「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」

HUAWEI(ファーウェイ)
最安値 ¥30,980 (税込)

HUAWEIの中でも王道の人気シリーズ「HUAWEI WATCH」は、洗練されたクラシックデザインが特徴。大容量の音楽保存や、通話も可能で日常使いができます。

ついにその「「HUAWEI WATCH」から最新モデル「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」が発売。アナログ腕時計のような高級感のある見た目ながら、専門性の高い最新の機能が凝縮されています。

従来の腕時計型モデルは、タイプによっては1週間しかバッテリーが持ちません。しかし、「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」は通常使用で2週間持つ大容量バッテリーを搭載。出張や旅行、帰省などの際にも充電切れを気にしなくて済みます。

100を超えるワークアウトモードでランニングや水泳はもちろん、スキーやスノーボード、登山やサーフィン、テニスなど、スポーツに合わせた専門的なデータを記録可能。気圧計で急な天候の変化に備えたり、血中酸素レベルやストレスレベルのモニタリングをしたりと、アウトドアにもヘルスケアにも大活躍です。

HUAWEI Watch GT 2 Proはこんな人におすすめ!
  • 高級感のあるスマートウォッチが欲しい人
  • 出張や旅行、アウトドアが多く、バッテリー持ちが気になる人
  • 総合的なヘルスケアのモニタリングをしたい人

HUAWEIスマートウォッチ選び方

バンドタイプ or スタンダードな腕時計型、デザインで選ぶ

HUAWEIのスマートウォッチには、バンドタイプと腕時計タイプの2つのデザインがあります。それぞれどんな人におすすめなのか見ていきましょう。

カラーが豊富で女性にも人気のバンドタイプ

HUAWEI(ファーウェイ)
最安値 ¥7,300 (税込)

カラーバリエーションが豊富で、女性にも人気が高いスマートなデザインなのがバンドタイプの特徴。最新の「HUAWEI Band 6」ではパステルカラーの「サクラピンク」がラインナップに加わり、よりファッション性が高くなりました。

バンドタイプは本体もバンド部分も軽量で、装着感が快適。長時間つけていても苦になりません。バンド部分はシリコン素材で汚れがつきにくいので、フィットネスなど運動時にも、いつもの時計としても使いやすいです。

バンドタイプがおすすめな人
  • 本体やバンド部分のカラーバリエーションを求める人
  • 長時間装着する人
  • フィットネスなど、運動する人

関連記事:【女性スタッフが選んだ】かわいいスマートウォッチおすすめ22選 (レディース編)

ビジネスシーンでも使える腕時計型

HUAWEI(ファーウェイ)
最安値 ¥26,200 (税込)

腕時計型のスマートウォッチは、アナログ腕時計のような外観でビジネスシーンでも使いやすいのが特徴。バンド部分もシリコン製のモデルだけでなく、レザーやメタルを使ったモデルがあり、自分の好みに合わせて選べます。

画面もアナログ表示(文字盤)とデジタル表示を選べるため、ビジネスシーンではアナログ表示、プライベートやワークアウト時にはデジタル表示、などシーンによって使い分けられます。フォーマルな場面で、デジタルチックなスマートウォッチの見た目だと使いにくい人でも安心です。

腕時計型がおすすめな人
  • アナログ腕時計に近い見た目のスマートウォッチが欲しい人
  • レザーバンドやメタルバンドを使いたい人
  • フォーマルな場面でもスマートウォッチをつけたい人

バンドを付け替えるだけでスマートウォッチに変身するSONYの製品もビジネスシーンにぴったりです。参考にしてみてください。
関連記事:Suica対応モデルも登場!SONYスマートウォッチおすすめ10選 【2021年最新版】

バッテリーの持ち時間をチェック

バッテリーの持ち時間をチェック

HUAWEI製のスマートウォッチはロングバッテリーが持ち味で、通常利用で充電に困ることはまずありません。とはいえ、出張やアウトドアが多い人や、屋外での長時間の運動が多い人はバッテリーの持ち時間をチェックしましょう。通常使用で14日間持つロングバッテリーなら、充電切れを心配しなくて済みます。

GPSの連続使用でバッテリー持ちが悪くなる?
GPS使用時、連続使用は7〜30時間といずれも通常使用よりバッテリーの持ちが大幅に悪くなると表記されています。これは、屋外でのワークアウト時にリアルタイムで経路データを取得する場合のもの。つまり、何時間も連続して屋外で運動し続けるハードなアスリート以外は、それほど気にしなくても構いません。

利用シーンに合った機能で選ぶ

スマートウォッチは、利用シーンに合った必要な「機能」から選ぶ方法もあります。

仕事利用があるならメール・SNSなどの通知機能をチェック

仕事利用があるならメール・SNSなどの通知機能をチェック

スマートウォッチを仕事で使う人は、着信・メール・SNSなどの通知機能をチェックしておきましょう。標準のメールやTwitterやFacebookなどの大手SNSならほとんど対応していますが、基本的にビジネス用SNSアプリがスマートウォッチに対応しているかどうかはそれぞれ確認が必要です。

また、タスク管理やスケジュール管理機能が搭載されたモデルなら、いちいちスマホを取り出さなくてもToDoや今日の予定を簡単に確認できます。ビジネスにもスマートウォッチを活用したいなら、こうした通知機能をチェックしましょう。

はるみ

ビジネスで使っているSNSがあるなら、対応しているかどうか必ずチェックを!

トレーニングするなら「ワークアウト機能」付きを

トレーニングするなら「ワークアウト機能」付きを

トレーニングのお供にスマートウォッチを使うなら、ワークアウト機能付きのモデルを選びましょう。

ワークアウト機能とは?
それぞれのスポーツやトレーニングに合わせて、心拍数やカロリーなどの活動を記録できる機能のこと。

例えば、屋外でのランニングやウォーキングなら、距離を通知したりルートを追跡したりできます。11種類のワークアウトに対応したプロスポーツモードを起動すれば、走行ペースや1分あたりの歩数など、より専門的な記録も可能です。

関連記事:【ジムで徹底比較】ランニングや運動でも外れないスポーツイヤホン おすすめ18選 (2021年)

健康管理をしたい人向け「血中酸素」「心拍数モニタリング」機能

健康管理をしたい人向け「血中酸素」「心拍数モニタリング」機能

日々の健康管理が目的なら、「血中酸素」や「心拍数」、「ストレスレベル」などのモニタリング機能が搭載されたスマートウォッチがおすすめ。リアルタイム心拍数測定センサーの精度の高さは、心電図にも匹敵するとのこと。医療目的で使えるものではありませんが、日頃から心身の状態を数値化しておくことで、大きな変化に気づきやすくなります。

睡眠モニタリング機能のあるモデルなら、昼寝を含めてすべての睡眠状態を記録。睡眠の質を分析し、向上させるためのアドバイスを見ることもできます。ヘルスケアに使いたいなら、これらの健康管理機能をチェックしましょう。

注意
スマートウォッチに搭載されたモニタリング機能は、あくまでも一般的なウェルネス・フィットネス目的のものです。医療機器として病気の診断や予防に使うことはできないので、注意しましょう。また、ストレスモニタリングはAndroid対応機種のみの機能です。

関連記事:【2021年】健康管理で人気のFitbit (フィットビット) おすすめモデル9選 | 選び方を徹底解説!

スピーカーとマイクが搭載されたモデルは通話も可能

スピーカーとマイクが搭載されたモデルは通話も可能

スピーカーとマイクが搭載されたモデルなら、スマホを取り出さずにスマートウォッチだけで着信を受け、通話することもできます。HUAWEI製スマートウォッチでスピーカー・マイク搭載のモデルは、以下の2つのシリーズです。

  • HUAWEI WATCH GT 2 Proシリーズ
  • HUAWEI WATCH GT 2 46mmシリーズ

他モデルは着信の通知はできても、スマートウォッチから通話を受けることはできませんので、注意しましょう。

屋外や水の中でも安心!防水・防塵性のレベルをチェック

屋外や水の中でも安心!防水・防塵性のレベルをチェック

2021年現在販売中のHUAWEI製スマートウォッチは、バンドタイプ・腕時計タイプのいずれも5気圧防水(5ATM)を備えています。プールや簡単な海水浴なら、つけたままでOK

5気圧防水(5ATM)とは
水深50メートルでの耐水性を持ち、プールや海の浅瀬で水泳をするのに問題なく使える。

ただし、スキューバダイビングや水上スキー、水深50メートルを超える深さに水没するような用途には適していませんので、注意しましょう。あくまでも、軽めの水中スポーツに向いているスマートウォッチです。

屋外での使用に強いスマートウォッチはこちらの記事を参考にしてみてください。

関連記事:【2021年】マニアが選ぶ Garmin(ガーミン) おすすめ20選|ゴルフや登山で使った感想もレビュー
関連記事:【2021年最新版】カシオスマートウォッチおすすめ12選|ソーラー充電もできる新作モデルも紹介
関連記事:【アウトドアに強い】SUNNTO(スント)スマートウォッチおすすめ人気ランキング10選

HUAWEIスマートウォッチおすすめ比較一覧

商品最安価格OS画面サイズ電源タイプバッテリー稼働時間搭載機能・センサーメール・着信通知機能防水カラー展開
HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Band 2 Pro¥7,801 AmazonAndroid 4.4+/iOS 8.0+約44 x 19.7 mm専用クレードル約21日間3軸加速度センサー、心拍センサー、赤外線センサーあり5気圧防水ブラック、レッド
HUAWEI スマートフォン HUAWEI Band 3 Pro確認中 AmazonAndroid 4.4+/iOS 9.0+約45 x 19 mm専用クレードル約10日間(GPS連続使用時:約7時間)6軸センサー(加速度センサー+ジャイロセンサー)、心拍センサー(高精度分離型PPG)、赤外線センサーあり5気圧防水ブラック、ゴールド
HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Band 4 pro¥7,800 AmazonAndroid 4.4+/iOS 9.0+約45 x 19 mm専用クレードル約12日間(GPS連続使用時:約7時間)6軸センサー(加速度センサー+ジャイロセンサー)、光学式心拍センサー、装着検知センサーあり5気圧防水グラファイトブラック、ピンクゴールド、シナバーレッド
HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Band 4e¥2,709 AmazonAndroid 4.4+/iOS 9.0+40.5 x 14.8 mm専用クレードル約14日間加速度センサー、ジャイロセンサーあり5気圧防水ブラック
HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Band 4¥4,100 AmazonAndroid 4.4+/iOS 9/0+約56 x 18.5 mmUSB充電ポート約7〜9日間3軸加速度センサー、赤外線センサー、光学心拍センサーあり5気圧防水グラファイトブラック、サクラピンク、アンバーサンライズ
HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Watch FIT¥13,600 AmazonAndroid 6.0+/iOS 9.0+約46 x 30 mm磁気充電ポート約7〜10日間(GPS連続使用時:約12時間)加速度センサー、ジャイロセンサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、装着検知センサーあり5気圧防水ミントグリーン、サクラピンク、カンタロープオレンジ、グラファイトブラック
Huawei スマートウォッチ HUAWEI Band 6¥7,800 AmazonAndroid 6.0+/iOS 9.0+約43 x 25.4 mm磁気充電ポート約14日間加速度センサー、ジャイロセンサー、光学式心拍センサーあり5気圧防水グラファイトブラック、フォレストグリーン、アンバーサンライズ、サクラピンク
HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Watch GT 2 42mm Classic¥21,980 AmazonAndroid 4.4+/iOS 9.0+約41.8 x 41.8 mm磁気充電ポート約7日間(GPS連続使用時:約15時間)加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサーあり5気圧防水グラベルベージュ
HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Watch GT 2 46mm Elite¥23,800 AmazonAndroid 4.4+/iOS 9.0+約45.9 x 45.9 mm磁気充電ポート約14日間(GPS連続使用時:約30時間)加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサーあり5気圧防水チタングレー
HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Watch GT 2 46mm Classic¥26,200 AmazonAndroid 4.4+/iOS 9.0+約45.9 x 45.9 mm磁気充電ポート約14日間(GPS連続使用時:約30時間)加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサーあり5気圧防水ペブルブラウン
HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Watch GT 2 42mm Elegant¥29,800 AmazonAndroid 4.4+/iOS 9.0+約41.8 x 41.8 mm磁気充電ポート約7日間(GPS連続使用時:約15時間)加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサーあり5気圧防水リファインゴールド
HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Watch GT 2 42mm Elegant¥29,800 AmazonAndroid 4.4+/iOS 9.0+約41.8 x 41.8 mm磁気充電ポート約7日間(GPS連続使用時:約15時間)加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサーあり5気圧防水リファインゴールド
HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Watch GT 2e 46mm¥15,500 AmazonAndroid 4.4+/iOS 9.0+約45.9 x 45.9 mm磁気充電ポート約14日間(GPS連続使用時:約30時間)加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサーあり5気圧防水グラファイトブラック、ラヴァーレッド、ミントグリーン、アイスホワイト
HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Watch GT 2 Pro 46mm Classic¥35,380 AmazonAndroid 5.0+/iOS 9.0+約46.7 x 46.7 mmワイヤレス充電約14日間(GPS連続使用時:約30時間)加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー(コンパス)、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサーあり5気圧防水ネビュラグレイ
HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Watch GT 2 Pro 46mm Sports¥30,980 AmazonAndroid 5.0+/iOS 9.0+約46.7 x 46.7 mmワイヤレス充電約14日間(GPS連続使用時:約30時間)加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー(コンパス)、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサーあり5気圧防水ナイトブラック

【バンドタイプ】HUAWEIスマートウォッチおすすめ人気ランキング7選

HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Band 2 Pro

7位
HUAWEI(ファーウェイ)
最安値 ¥7,801 (税込)

最大21日間の脅威的なロングバッテリーを誇るスマートウォッチ

数あるHUAWEIのスマートウォッチの中でも、特にロングバッテリーを誇るのが「HUAWEI Band 2 Pro」です。通常使用で約21日間という脅威的なロングバッテリーは、充電切れという概念を忘れてしまうほど。

もちろん、水泳時にも使える5気圧防水、自動心拍数計測、スマート通知、トラッキングなど基本的な機能は一通り揃っています。1回の充電で長時間使えるエントリーモデルが欲しい、という人に特におすすめのスマートウォッチです。

口コミ・レビュー
バッテリー持ちがとにかく良いです。SNSやメールなどスマホの通知用として使っていますが、1週間使ってもまだ40%くらい残っています。週によっては60%ぐらい残っていることもあって、本当に驚き。スマートウォッチは充電が面倒だと使う気になれない、スマホの通知用にしか使わない、という人ならぜひおすすめのモデルです。
OSAndroid 4.4+/iOS 8.0+
画面サイズ約44 x 19.7 mm
電源タイプ専用クレードル
バッテリー稼働時間約21日間
搭載機能・センサー3軸加速度センサー、心拍センサー、赤外線センサー
メール・着信通知機能あり
防水5気圧防水
カラー展開ブラック、レッド

HUAWEI スマートフォン HUAWEI Band 3 Pro

6位
HUAWEI(ファーウェイ)

大画面で見やすく軽量、強化ガラスで丈夫なスマートウォッチ

旧モデルである「HUAWEI Band 2 Pro」と比べてやや液晶が大きくなった「HUAWEI Band 3 Pro」。6軸の加速度センサーとジャイロセンサーを搭載し、手首の傾きや身体の動きなどをより詳細に検知できるようになりました。水泳の際、ターン数や距離、ストローク数なども計測・記録できます

GPSに対応し、より詳細なワークアウト経路の記録が可能に。GPS使用時でも7時間の連続稼働OKなので、長時間の運動時にも充電の心配がありません。

口コミ・レビュー
プールの練習で使ったとき、中までスマホ本体は持ち込めないので練習中は連携が切れたままでしたが、上がった後に接続し直したら記録が取れていました。自由形とバタフライなど、細かい区別はやや甘いですが、泳いだ距離やカロリーは正確だと思います。ライン通知なども振動で教えてくれますし、1日使っても10%くらいしか消費しないバッテリー持ちも満足です。
OSAndroid 4.4+/iOS 9.0+
画面サイズ約45 x 19 mm
電源タイプ専用クレードル
バッテリー稼働時間約10日間(GPS連続使用時:約7時間)
搭載機能・センサー6軸センサー(加速度センサー+ジャイロセンサー)、心拍センサー(高精度分離型PPG)、赤外線センサー
メール・着信通知機能あり
防水5気圧防水
カラー展開ブラック、ゴールド

HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Band 4 pro

5位
HUAWEI(ファーウェイ)
最安値 ¥7,800 (税込)

鮮やかなカラーが嬉しいバンド型HUAWEIスマートウォッチ

「HUAWEI Band 4 Pro」は、さらに美しくなった画面の鮮明さとコントラストで見やすさが大幅にアップ。専用のストアで壁紙をダウンロードすれば、さまざまなウォッチフェイスが楽しめます。ピンクゴールド・シナバーレッド・グラファイトブラックなど本体バンドの鮮やかなカラー展開も魅力的です。

心拍数のモニタリング機能も旧モデルの2・3からさらに向上し、より正確な心拍数を24時間リアルタイムに計測可能。睡眠中も心拍数を計測し、最大平均心拍数を超えたときにはバイブで教えてくれます。

口コミ・レビュー
心拍数と睡眠の質をずっとモニタリングしているせいか、バッテリーの持ちは若干悪いと感じました。ただ、ヘルスケアにデータが溜まっていくのが嬉しいので続けようと思います。うっかりつけたままお風呂に入ってしまい、慌てて外したときも壊れていなかったのは驚きました。HUAWEIの専用アプリとGoogle Fitの連動もいい感じで、この値段でこれだけのことができるならすごいです。
OSAndroid 4.4+/iOS 9.0+
画面サイズ約45 x 19 mm
電源タイプ専用クレードル
バッテリー稼働時間約12日間(GPS連続使用時:約7時間)
搭載機能・センサー6軸センサー(加速度センサー+ジャイロセンサー)、光学式心拍センサー、装着検知センサー
メール・着信通知機能あり
防水5気圧防水
カラー展開グラファイトブラック、ピンクゴールド、シナバーレッド

HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Band 4e

4位
HUAWEI(ファーウェイ)
最安値 ¥2,709 (税込)

シンプルに機能を絞り、コスパと軽さを追求したスマートウォッチ

機能を絞ってシンプルにコスパを追求し、17gという軽さを実現したのが「HUAWEI Band 4e」です。付属のバックルに本体を装着して靴につければ、バスケットボールやランニングの詳細なパフォーマンスデータを計測し、数値化できます。

もちろん、軽量バンド型スマートウォッチとして通常の手首装着もOK。通常使用で約2週間持つロングバッテリー、5気圧防水を備えているため、日常生活で使うのに困ることはまずないでしょう。

口コミ・レビュー
購入直後は睡眠モニタリングが計測されずに焦りましたが、ラグがあるようで数日後には計測され始め、その後は問題なく計測できています。歩数計で1日の歩数目安がわかり、運動のモチベーションアップになりますね。フットモードで使うとGPSのように待ち時間がないので快適です。心拍数は測れませんが、この価格でここまで使えるとは思いませんでした。
OSAndroid 4.4+/iOS 9.0+
画面サイズ40.5 x 14.8 mm
電源タイプ専用クレードル
バッテリー稼働時間約14日間
搭載機能・センサー加速度センサー、ジャイロセンサー
メール・着信通知機能あり
防水5気圧防水
カラー展開ブラック

HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Band 4

3位
HUAWEI(ファーウェイ)
最安値 ¥4,100 (税込)

内蔵USBプラグで簡単充電できるHUAWEIスマートウォッチ

「HUAWEI Band 4」は、他のモデルとやや異なり、内蔵のUSBプラグで簡単に充電できるのが特徴です。人間工学に基づいて快適性を追求した新しいデザインと、グラファイトブラック・サクラピンク・アンバーサンライズの豊富なカラーでファッション性も兼ね備えつつ、つけやすさも抜群。

「Band 4 Pro」と同様の心拍数モニタリング機能、睡眠の質をモニタリングする機能も備え、夜間には良い睡眠のため画面の光量を調整します。スポーツモードには9種類のエクササイズを搭載し、詳細なトレーニング記録が可能です。

口コミ・レビュー
ヘルスケアアプリの設定が簡単で、睡眠状態を細かく記録してくれるだけでなく、アドバイスを丁寧にしてくれるのが気に入っています。最初はヘルスケアや歩数計にと購入しましたが、電話の着信やメールをバイブ機能で教えてくれるのが思ったより便利で重宝しています。お風呂のときに外して充電し、それ以外はずっと身につけていますが、充電切れで困ったことはありません。
OSAndroid 4.4+/iOS 9/0+
画面サイズ約56 x 18.5 mm
電源タイプUSB充電ポート
バッテリー稼働時間約7〜9日間
搭載機能・センサー3軸加速度センサー、赤外線センサー、光学心拍センサー
メール・着信通知機能あり
防水5気圧防水
カラー展開グラファイトブラック、サクラピンク、アンバーサンライズ

HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Watch FIT

2位
HUAWEI(ファーウェイ)
最安値 ¥13,600 (税込)

まるで専属フィットネストレーナーのようなスマートウォッチ

バンドタイプの中でも特にフィットネス機能を特化させた「HUAWEI WATCH FIT」は、「あなただけのフィットネストレーナー」がコンセプトのスマートウォッチです。内蔵のフィットネス動画も見やすい大画面ディスプレイで、ワークアウトの動画をわざわざスマホなどで探す必要がありません。

内蔵GPSセンサーやAI心拍アルゴリズムなどでワークアウトを分析。リアルタイムにデータを取得してトレーニングを評価、専門家のガイダンスも受けられます

データ管理が簡単で、モチベーション維持もできるので、これからダイエットやトレーニングを本格的に始めたい!途中で挫折したくないという人におすすめです。

口コミ・レビュー
フィットネスコースが面白そうなのと、値段が安価なのでこちらを選びました。安価でも画面はとてもキレイで動画も見やすく、LINEやハングアウトなど必要な通知もしっかり届きます。運動のモチベーションアップのために購入しましたが、睡眠モニタリングやストレスグラフなど日常生活の中で使える機能がたくさんあり、これから記録が増えるのが楽しみです。
OSAndroid 6.0+/iOS 9.0+
画面サイズ約46 x 30 mm
電源タイプ磁気充電ポート
バッテリー稼働時間約7〜10日間(GPS連続使用時:約12時間)
搭載機能・センサー加速度センサー、ジャイロセンサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、装着検知センサー
メール・着信通知機能あり
防水5気圧防水
カラー展開ミントグリーン、サクラピンク、カンタロープオレンジ、グラファイトブラック

Huawei スマートウォッチ HUAWEI Band 6

Huawei スマートウォッチ HUAWEI Band 6
HUAWEI(ファーウェイ)

HUAWEIバンドタイプの最新スマートウォッチ

バンドタイプのHUAWEIスマートウォッチの中で、最新モデルが「HUAWEI Band 6」です。従来のバンドタイプから画面表示領域を148%に拡大したフルビューディスプレイは、表示できる情報が増えてより見やすくなりました。

通常使用で2週間持つロングバッテリー、24時間の心拍数モニタリングと血中酸素レベル測定で、日常生活を見守ってくれます。独自のストレスモニタリング機能も搭載され、ストレスが高まったときは内蔵の呼吸エクササイズでリラックスや集中を促します。

タッチパネル操作のしやすさと、最新機能にこだわりたい人におすすめです。

口コミ・レビュー
つけていることを忘れるほど軽くて見やすく、デザイン・色合いも満足です。無料で使える「HUAWEI Watch Face Store」で画面も好みに変えられますし、時計の数字の色をタップで簡単に変えられるのも気に入りました。GPSがないのが少し残念ですが、心拍数や血中酸素濃度の測定にも誤差が少ないので、使っている機能としては全く問題ありません。
OSAndroid 6.0+/iOS 9.0+
画面サイズ約43 x 25.4 mm
電源タイプ磁気充電ポート
バッテリー稼働時間約14日間
搭載機能・センサー加速度センサー、ジャイロセンサー、光学式心拍センサー
メール・着信通知機能あり
防水5気圧防水
カラー展開グラファイトブラック、フォレストグリーン、アンバーサンライズ、サクラピンク

【エレガントな腕時計タイプ】HUAWEIスマートウォッチおすすめ人気ランキング8選

HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Watch GT 2 42mm Classic

8位
HUAWEI(ファーウェイ)
最安値 ¥21,980 (税込)

グラベルベージュのバンドがカジュアルなスマートウォッチ

「HUAWEI WATCH GT 2 42mm」の中でもカジュアルに特化したクラシックタイプのスマートウォッチです。スマートウォッチを感じさせない、日常使いしやすいおしゃれなデザインも魅力的。通常使用で約1週間、GPSを連続使用しても15時間の低電力消費システムで、充電切れの心配がありません。

血中酸素レベル測定、立ち上がり回数、消費カロリーを1日中しっかりモニタリングし、活動量を可視化。ストレス状態も1日を通じてトラッキングし、適切なタイミングで呼吸エクササイズによるストレス緩和を勧めてくれます。

口コミ・レビュー
バッテリーの持ちが良いので、つい充電を忘れてしまいます。5mmくらいとややベゼルが広めに見えるのが残念ですが、好きな写真から文字盤をカスタマイズできるのは気に入りました。薄くて軽く、外観のデザインも文句なしです。ボディ部分もシルバーとタッチパネルの質感が高級感を演出してくれるので、この価格帯では十分でしょう。
OSAndroid 4.4+/iOS 9.0+
画面サイズ約41.8 x 41.8 mm
電源タイプ磁気充電ポート
バッテリー稼働時間約7日間(GPS連続使用時:約15時間)
搭載機能・センサー加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサー
メール・着信通知機能あり
防水5気圧防水
カラー展開グラベルベージュ

HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Watch GT 2 46mm Elite

7位
HUAWEI(ファーウェイ)
最安値 ¥23,800 (税込)

高機能・洗練されたデザインのスマートウォッチ

「HUAWEI Watch GT 2 46mm」は、42mmシリーズの約2倍を誇るロングバッテリーのスマートウォッチです。エリートタイプはビジネスシーンでも活躍できる高級感のある外観で、フォーマルスタイルにもすんなりと溶け込みます。

スピーカーとマイクが搭載され、Bluetooth通話ができるため仕事の着信も見逃さず、スマホを取り出す手間がいりません。より効率的で快適なビジネスライフのために、スマートウォッチという選択はいかがでしょうか。

口コミ・レビュー
iPhoneではストレストラッキング機能が使えないのですが、約2週間というロングバッテリーは伊達ではありませんでした。シンプルなアナログ文字盤を常時表示にすると、高級な腕時計のようになるのが気に入っています。今まで使っていた自動巻きのアナログ腕時計と比べると軽すぎるほどなので、毎日つけていても腕が疲れません。
OSAndroid 4.4+/iOS 9.0+
画面サイズ約45.9 x 45.9 mm
電源タイプ磁気充電ポート
バッテリー稼働時間約14日間(GPS連続使用時:約30時間)
搭載機能・センサー加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサー
メール・着信通知機能あり
防水5気圧防水
カラー展開チタングレー

HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Watch GT 2 46mm Classic

6位
HUAWEI(ファーウェイ)
最安値 ¥26,200 (税込)

ブラウンのレザーバンドがレトロ感を演出するスマートウォッチ

ペブルブラウンのレザーバンドがレトロな「HUAWEI Watch GT2 46mm」クラシックモデル。スポーツモデルやエリートモデル同様、通常使用で約2週間持つロングバッテリーが大きな特徴です。

3Dガラススクリーンを採用することで、高級時計のような外観を保ちながらも水や埃に対する耐久性も抜群。ビジネスでもプライベートでも、どこにでもつけて行かれます。さまざまなウォッチフェイスを選んで文字盤をカスタマイズできますので、気分転換も簡単です。

口コミ・レビュー
クラシカルなデザインに惹かれ、思わずポチッと購入してしまいましたが、思った以上に軽くてつけ心地が良いので時計として非常に優秀です。バッテリー持ちも良く、自分の中ではハードに使ったなと思うときでも1週間に1回も充電すれば十分使えるので、全然問題ありません。言わなければわからないほど普通の時計と変わらないので、どこへでもつけて行きやすいです。
OSAndroid 4.4+/iOS 9.0+
画面サイズ約45.9 x 45.9 mm
電源タイプ磁気充電ポート
バッテリー稼働時間約14日間(GPS連続使用時:約30時間)
搭載機能・センサー加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサー
メール・着信通知機能あり
防水5気圧防水
カラー展開ペブルブラウン

HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Watch GT 2 42mm Elegant

5位
HUAWEI(ファーウェイ)
最安値 ¥29,800 (税込)

エレガントなデザインで女性にもおすすめのスマートウォッチ

「HUAWEI Watch GT2 42mm」エレガントタイプは、女性人気も高いエレガントなリファインゴールドのカラーリング、メタルベルトが特徴です。付属の黒いシリコンベルトと交換しても本体のゴールドとマッチするため、気分で付け替えるのもおすすめ。

42mmシリーズ特有の縁(ベゼル)をなくした曲面デザインは、縁までいっぱいに文字盤を表示できるので、とても見やすくなります。文字盤を自由にカスタマイズしたい人にもぴったり。リアルタイムの心拍数モニタリングや睡眠トラッキングで、ライフログにも使えます。

口コミ・レビュー
ゴールドの本体フレームがとっても可愛いです。標準でついているメタルベルトがちょっと重かったので、付属の黒いシリコンベルトに交換して使っていますが、かえってビジネス・カジュアル両方で使いやすい色味になりました。本体は軽いので、睡眠時につけていても全く気にならず、自分の睡眠状態がわかって記録できるのが嬉しいです。
OSAndroid 4.4+/iOS 9.0+
画面サイズ約41.8 x 41.8 mm
電源タイプ磁気充電ポート
バッテリー稼働時間約7日間(GPS連続使用時:約15時間)
搭載機能・センサー加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサー
メール・着信通知機能あり
防水5気圧防水
カラー展開リファインゴールド

HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Watch GT 2e 46mm

4位
HUAWEI(ファーウェイ)
最安値 ¥15,500 (税込)

バンドの色が選べてスタイリッシュなスマートウォッチ

洗練されたスタイリッシュなステンレスフレーム、色が選べるフィットネスストラップが特徴の「HUAWEI WATCH GT 2e」。通気性がよく着け心地も快適で、汗をかいたり水中に入ったりするワークアウトでも挑戦しやすいです。

登山・ランニング・水泳・サイクリングなど15のプロスポーツをより正確に、リアルタイムに計測できるほか、100種類を超えるワークアウトモードでさまざまなスポーツを楽しめます。メッセージやメールなどの通知機能はもちろん、アウトドアに嬉しい天気情報もチェックしましょう。

口コミ・レビュー
メーカー公式発表のバッテリー2週間持ちはやや条件が厳しめなのですが、アプリや機能をアクティブに使っていても数日〜1週間程度は持ちます。つけているだけでさまざまなことが数値化されるので、健康を意識するようになりました。睡眠を計測してくれて健康管理ができ、画面デザインもベルトも選べるので、初スマートウォッチとしては満足です。
OSAndroid 4.4+/iOS 9.0+
画面サイズ約45.9 x 45.9 mm
電源タイプ磁気充電ポート
バッテリー稼働時間約14日間(GPS連続使用時:約30時間)
搭載機能・センサー加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサー
メール・着信通知機能あり
防水5気圧防水
カラー展開グラファイトブラック、ラヴァーレッド、ミントグリーン、アイスホワイト

HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Watch GT2 46mm Sports

3位
HUAWEI(ファーウェイ)
最安値 ¥20,600 (税込)

GT 2シリーズで最も人気、スポーツモデルのスマートウォッチ

「HUAWEI Watch GT2 46mm」の中でも、最も人気なのがこのスポーツモデル。シックなブラックの本体に、同色のマットなシリコンベルトはぴったりマッチします。歩数・消費カロリー・立ち上がり回数・ランニングなどの激しい運動など、フィットネスの進捗状況を1日中計測できます。

屋内外のスポーツモードを搭載し、エリプティカルなどのフィットネスマシンを使っている間も心拍数・カロリー・トレーニング時間などをトラッキング。アクティビティの充実したデータを記録できます

口コミ・レビュー
GTがずっと欲しかったのですが、新機種が出たのでこちらを購入しました。着け心地は良く、ベルトのおかげもあってかある程度の重みも感じられて良いです。自分の使い方では1週間で100%→60%くらいにしか減らなかったので、出張があっても安心ですね。汗をかいてもべとつかず、サラサラした感触のベルトは本当に秀逸だと思います。
OSAndroid 4.4+/iOS 9.0+
画面サイズ約45.9 x 45.9 mm
電源タイプ磁気充電ポート
バッテリー稼働時間約14日間(GPS連続使用時:約30時間)
搭載機能・センサー加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサー
メール・着信通知機能あり
防水5気圧防水
カラー展開マットブラック

HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Watch GT 2 Pro 46mm Classic

2位
HUAWEI(ファーウェイ)
最安値 ¥35,380 (税込)

レザーバンドとチタンフレームが美しいスマートウォッチ

腕時計タイプの中でも、群を抜いて高級感を持つ「HUAWEI Watch GT2 Pro 46mm」クラシックモデル。頑丈なサファイアガラスの文字盤部分がチタンフレームとシームレスに接着し、軽量かつ堅牢なデザインを実現しました。

ビジネスシーン、カジュアル、スポーツなど200以上のウォッチフェイスが選べるので、シーンによって使い分けが可能。うっかり充電を忘れていても、約5分間のワイヤレス急速充電を行えば約10時間使えます。

どのシーンでも使いやすい機能が揃っていて、高級感のあるデザインのモデルを探している人におすすめです。

口コミ・レビュー
睡眠時計測、運動記録、高度計を主に利用しています。購入後すぐはアプリとの連動がうまくいきませんでしたが、お客様サポートチャットで確認しながらセッティングすると正常に動き始めました。大きさのわりに本体そのものは軽く、肌に当たる面はセラミックなので寝る時も装着感が気になりません。着信時もそのままスマートウォッチから出られるので、非常に便利です。
OSAndroid 5.0+/iOS 9.0+
画面サイズ約46.7 x 46.7 mm
電源タイプワイヤレス充電
バッテリー稼働時間約14日間(GPS連続使用時:約30時間)
搭載機能・センサー加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー(コンパス)、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサー
メール・着信通知機能あり
防水5気圧防水
カラー展開ネビュラグレイ

HUAWEI スマートウォッチ HUAWEI Watch GT 2 Pro 46mm Sports

1位
HUAWEI(ファーウェイ)
最安値 ¥30,980 (税込)

屋内外のアクティビティにおすすめ、スポーツスマートウォッチ

「HUAWEI Watch GT 2 Pro 46mm」のスポーツタイプ。本体のチタンフレームは、スポーティなブラックのシリコンベルトにも良く合います。新たに搭載されたゴルフモードでは、スイングの姿勢やスピード・テンポを分析、パーソナルコーチのように練習をサポートしてくれます。

スマートウォッチ本体に約500曲程度音楽を保存でき、スマホがなくてもお気に入りの音楽とともにランニングやウォーキング可能。HUAWEIスマホを使っているなら、タップで簡単に好きな写真をウォッチフェイスにすることもできます。

口コミ・レビュー
サファイアガラスを使っている画面が、今までのモデルと比べて格段にキレイなので嬉しいです。心拍数・血中酸素濃度・気圧が測れて体内の異常や気圧の変化に素早く気づけるほか、天気の変化も通知してくれるので健康管理にぴったり。本体の音楽も、聞いて見たら音質が良くてびっくり。1週間普通に使ってもバッテリーが減らないので、充電の手間もかかりません。
OSAndroid 5.0+/iOS 9.0+
画面サイズ約46.7 x 46.7 mm
電源タイプワイヤレス充電
バッテリー稼働時間約14日間(GPS連続使用時:約30時間)
搭載機能・センサー加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー(コンパス)、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサー
メール・着信通知機能あり
防水5気圧防水
カラー展開ナイトブラック

スマホと連携!HUAWEIスマートウォッチの使い方と初期設定

HUAWEIスマートウォッチを購入したら、スマホと連携しましょう。連携はiPhoneでもAndroidでも行えますが、専用の「HUAWEI Health」アプリが必要です。

関連記事:【4,000円以下も】iPhone対応スマートウォッチおすすめ15選|安い・おしゃれなモデルを厳選

まずはHUAWEI Healthのアプリをスマホにインストール

まずはHUAWEI Healthのアプリをスマホにインストール

出典:huawei.com

では、まずHUAWEI Healthアプリのインストール方法から確認しましょう。

  • HUAWEI Healthアプリのインストール方法
  • STEP.1
    アプリストアで「HUAWEI Health」を検索
    スマホの「Google Play」または「App Store」で、「HUAWEI Health」と検索する。
  • STEP.2
    アプリインストール
    「HUAWEI Health」アプリが見つかったら、「インストール」または「入手」をタップする。
  • STEP.3
    権限の確認(※Androidのみ)
    「インストール」をタップすると、アプリが収集・使用する情報や権限についての確認画面が出てくるので、「次へ」「同意する」をタップし、インストールする。
  • STEP.4
    完了
    ダウンロードが終了したら、インストール完了です。

対象デバイスを選択し、Bluetoothでペアリング

対象デバイスを選択し、Bluetoothでペアリング

アプリをインストールしたら、いよいよスマートウォッチとのペアリングを行います。

  • Bluetoothでスマートウォッチとペアリング
  • STEP.1
    ダウンロードしたアプリをタップ
    ダウンロードした「HUAWEI Health」アプリをタップし、起動する。
  • STEP.2
    対象デバイスの選択
    起動したら、画面下の「デバイス」をタップし、購入したスマートウォッチと同じものを選択する。
  • STEP.3
    ペアリング
    選択したスマートウォッチと購入したスマートウォッチが同じことを確認し、「ペアリング」をタップする。
  • STEP.4
    スマートウォッチの番号を確認
    スマートウォッチの画面をスクロールし、表示されている番号を確認したら、スマートフォンで同じ番号をタップする。
  • STEP.5
    完了
    スマホで「ペアリング済み」と表示されたら、ペアリング完了です!

スマホ側で通知アクセスを有効化させておく

スマホ側で通知アクセスを有効化させておく

最後に、スマホ側で通知アクセスを有効化させておきましょう。ペアリングが済んだら、「続行」と表示されますので、タップすると通知を有効化するかどうかのポップアップが表示されます。

ここで「有効化」をタップした後、「許可」を選択し、スマートウォッチで受け取りたい通知をオンにします。特に、メールやSNSなどの通知をスマートウォッチで受け取りたい人は、この設定を忘れず行いましょう

HUAWEIスマートウォッチのよくある質問

HUAWEIスマートウォッチのよくある質問

電子マネーやsuicaは使える?

HUAWEI製スマートウォッチは、各種電子マネーやSuicaなどのFeliCa系電子決済には対応していません。

SIMフリー対応の機種はある?

2021年現在発売中のモデルで、SIMを挿入できるものはありません。インターネット通信や通話を行う場合は、スマートフォンとのペアリングが必要です。

※以前のモデル「HUAWEI WATCH 2シリーズ」はSIMスロットを持ち、各キャリアやSIMフリーモデルを購入できました。

故障した場合、どこで修理すればいい?

HUAWEIサポートページから修理の申し込みができます。「来店修理予約」または「宅配修理オンライン申込」のいずれかを選びましょう。また、以下の3つのカスタマーサービスセンターに直接来店できる場合、その場で対面修理を申し込むこともできます。

  • 銀座カスタマーサービスセンター
  • 梅田カスタマーサービスセンター
  • 新宿カスタマーサービスセンター

基本的には1〜2時間程度で修理完了できますが、機種や修理内容によっては2時間以上かかることもあります。店頭修理を申し込むときは、時間に余裕を持って向かいましょう。

HUAWEIスマートウォッチまとめ

HUAWEIのスマートウォッチには、以下の3つの魅力があります。

  • 1万円以下のラインナップも多く、コスパが良い
  • ロングバッテリーで、充電切れの心配が少ない
  • ワークアウトモードが多く、フィットネスの記録をとりやすい

デザインや機能により、バンドタイプの「HUAWEI Band」シリーズと、腕時計タイプの「HUAWEI Watch GT」シリーズの2種類を選べます。他にも、以下のように用途で選ぶのも良いでしょう。

  • 通話を受けたいなら、スピーカーとマイク搭載モデル
  • 健康管理には、血中酸素濃度や心拍数モニタリングできるモデル
  • 長期の出張や旅行なら、ロングバッテリーが特徴のモデル

ぜひ、今回ご紹介した人気ランキングを参考に、自分のライフスタイルやアクティビティに合ったHUAWEI製スマートウォッチを購入しましょう。

その他スマートウォッチやHUAWEI商品に関する記事も参考にしてみてください。

関連記事:【2021年完全版】マニアが厳選した スマートウォッチ おすすめランキング 30選 | 選び方や機能を完全解説

関連記事:【コスパ最強のワイヤレスイヤホン】HUAWEI FreeBuds 3iの解説と口コミ・レビュー

関連記事:スコアアップ確実!ゴルフ向けスマートウォッチおすすめ15選|安いモデルを徹底比較

関連記事:【ダイエットが捗る!】歩数計おすすめ18選| アプリ連動・人気メーカー・正しい使い方も解説!

この記事は参考になりましたか?