揺らめく炎に癒される!ハリケーンランタンおすすめ10選|人気のフュアーハンド・デイツも

ハリケーンランタン おすすめ

キャンパーの間で高い人気を集めている「ハリケーンランタン」。ヴィンテージ感のある独特のデザインと、ガラスの中で揺れる炎に一目惚れする人は多いですよね。アウトドアでの照明器具としてはもちろん、お部屋のインテリアとしても魅力的なアイテムです。

キャンパー憧れのハリケーンランタンですが、「上級者が愛用しているイメージで使い方が難しそう」「燃料の種類がわからない」「サイズはどんなものを選べばいいの?」など、初心者には疑問だらけですよね。

そこで本記事では、ハリケーンランタンの魅力や選び方のポイント、人気商品ランキング10選などを紹介します。記事の後半では、ハリケーンランタンの使い方やおすすめの関連商品もまとめているので、最後までお見逃しなく。ぜひこの記事を参考にして、素敵なハリケーンランタンを見つけてくださいね。

この記事を監修した専門家

北海道キャンプフォトライター
Possibility.Labo an
日本キャンプ協会公認キャンプインストラクター / 教員免許 / 図書館司書教諭
北海道在住。幼い頃からアウトドア好き。2019年に小学校教員を退職し、北海道キャンプフォトライターに転身。年間133万人に読まれるWEBサイト「Possibility.Labo*ポジラボ」とYouTube「Keitan’s Camp」を運営。 これまで訪れた北海道のキャンプ場は100ヶ所を超える。 日本キャンプ協会公認キャンプインストラクター。North Up Camp主催。

ハリケーンランタンとは?

ハリケーンランタン とは

ハリケーンランタンはオイルランタンの1種で、ガラスやオイルタンクで構成されたものを指しています。1番下からオイルタンク・フレーム・ガラス製ホヤ・取っ手部分という構造です。灯油やパラフィンオイルなどを燃料としており、キャンドルのような柔らかい灯が楽しめます。

そもそもハリケーンランタンという名前は、「嵐(ハリケーン)の中でも使えるランタン」であることが由来と言われています。かつては戦場や航海などの過酷な場面で、貴重な照明器具として重宝されていました。100年以上の歴史があるハリケーンランタンは、現在もアウトドアシーンで高い人気を集めています。

an

使用が難しいイメージがあるかもしれませんが、点火は簡単。ろうそくに火を灯すのと大して変わらないですよ!

関連記事:【キャンプや防災にも】ランタンおすすめ25選!持っておくべきLEDやテーブルタイプを厳選

ハリケーンランタンの魅力

ハリケーンランタン 魅力

キャンプだけではなく、お部屋のインテリアとしても人気があるハリケーンランタン。まずは、その人気の理由を徹底的に解説します。

おしゃれなヴィンテージ風デザイン

ハリケーンランタン デザイン

ハリケーンランタンの最大の魅力は、レトロ好きにはたまらないヴィンテージ風のデザイン。ハリケーンランタンには100年以上の歴史があり、独特の雰囲気を楽しめるのが魅力です。ランタン本体の見た目が良いのはもちろん、ゆらゆらと炎が揺れながら灯ることで、さらにおしゃれな空間を演出することができます。

中には、使えば使うほどに味がでる材質のハリケーンランタンもあるので、使いこむ楽しさも味わえます。キャンプで使うだけではなく、お部屋に置いてインテリアとして見た目を楽しむのもおすすめですよ。

関連記事:【韓国&北欧風も】キャンドルウォーマーのおすすめ7選|おしゃれな人気モデルを厳選

灯が安定して消えにくい

ハリケーンランタン 安定

ハリケーンランタンは、空洞になっているフレーム内に空気が循環する構造により、安定して火を灯すことができます。かつては、天候が目まぐるしく変化する航海の中でもハリケーンランタンが使われていたほど。天気が変わりやすい屋外でのキャンプにぴったりのタフさを備えています。

さらにハリケーンランタンは燃焼効率が良く、340mlほどの燃料でも約20時間も燃焼させることができます。わずかな燃料でも、燃え続けてくれるのはとても便利ですよね。

ランタン初心者でも使いやすい

上級者キャンパーが使用するイメージがあるハリケーンランタンですが、使い方は意外と簡単。燃料となるパラフィンオイルや灯油をタンクに入れて、ライターやチャッカマンで着火するだけで炎が灯ります。あとは芯を出す長さを変えながら、炎の大きさを適度に調整すれば完了です。

ちなみに、パラフィンオイル・灯油はガソリンに比べると安全性が高く、パラフィンオイルに限ってはニオイも少ないのが特徴です。初心者にも扱いやすく、安心してアウトドアを楽しめますよ。

特徴 価格相場
パラフィンオイル
  • 蒸発しにくく、安全性が高い
  • ニオイと煤(すす)が発生しない
  • 灯油と比べると炎の勢いがやや弱い
1L/1,000円以上
灯油
  • 炎に勢いがある
  • 価格が安い
  • ニオイ・煤(すす)が発生しやすい
1L/100円以下

an

ラフィンオイルは、燃焼中に匂いや煤が出ないことが特徴。ホヤに煤が付いてしまっては、綺麗な炎が見えません。灯油を使って、煤がたくさん出たという事例は多くあります。
安全性を考えても、パラフィンオイルがおすすめですよ。

初心者でも大丈夫!ハリケーンランタンの選び方

ハリケーンランタン 選び方

ハリケーンランタンの魅力を知ったところで、次は商品を選ぶときのコツを紹介します。初心者によくある「どの商品を買えばいいのか分からない」といった悩みを解決できるように、項目ごとに詳しくまとめました。

「タンク容量」は340mlあれば1泊できる

ハリケーンランタン タンク

ハリケーンランタンのタンク容量は、おもに340~930ml前後のものが多いです。タンク容量によって燃焼時間が異なり、340mlは約20時間・500mlは約24時間・930mlは約25時間が目安とされています。1泊2日のキャンプなら、340ml前後のハリケーンランタンで十分使えますよ。

「大きいものほど火が長持ちしそう」と思われがちですが、容量が大きいものほど太い芯を使用している場合が多く、燃料を多く消費するのでそれほど燃焼時間は長くなりません。500ml・930mlの大きめのハリケーンランタンは、「大きな炎で広く照らしたい」という場合に検討しましょう。

注意
ハリケーンランタンのタンクに密閉性はありません。料を入れたまま持ち運ぶとこぼれるので要注意。燃料は毎回使用する直前に必要な量だけをタンクに入れ、使用後は炎が消えるまで燃焼させましょう。

欲しい明るさに応じて「芯の幅」を選ぶ

ハリケーンランタン 芯

出典:amazon.co.jp

ハリケーンランタンは、「平芯」と呼ばれるきしめんのような平らな芯を燃やして明かりを灯します。芯の幅が太いものほど一度に多くの燃料を燃やすので、燃料消費は速くなりますが、その分炎が大きく、明るくなります。芯の幅は「2分芯」「4分芯」と表記されることが多く、1分芯ごとに約3mm太くなります。

間接照明のようなふんわりとした灯を楽しみたいなら4分芯・5分芯(8W相当)、照明として使うなら7分芯(15W相当)のものを選びましょう。

編集部

事前に平芯の先を斜めにカットしておくことで、きれいな山型の炎になり、燃焼効率もよくなりますよ。

見た目にこだわるなら「材質」で選ぶ

ハリケーンランタン 材質

ハリケーンランタンの材質は、見た目や耐久性を左右する重要なポイントです。近年流通しているハリケーンランタンの材質は、主に「鉄製」「ブロンズ製」「真鍮(しんちゅう)製」の3種類。それぞれの魅力を解説するので、自分のスタイルに合ったものを選びましょう。

耐久性に優れた「鉄製」

ハリケーンランタン 鉄

現在主流のハリケーンランタンの多くが、鉄や鉄を基盤にした材質を採用しています。優れた耐久性を備えており、アウトドアには最適な材質です。さらに、金属の薄い膜をコーティングをしたメッキ加工のものであれば、多少の水がかかっても問題なし。より高い強度を備えています。

ブロンズや真鍮に比べると、お手軽な値段で購入できるのもメリット。手入れが簡単なので、気軽にハリケーンランタンを使ってみたい人におすすめです。

使うほどに味が出る「ブロンズ製」「真鍮製」

ハリケーンランタン 真鍮

上級者キャンパーにも人気が高いのが、ブロンズや真鍮製のハリケーンランタン。特殊鋼板製に比べるとやや傷に弱いですが、使えば使うほどに味が出るため、経年変化を楽しむことができます

ただ、鉄製に比べて高価であること、人気のため入手しづらいことがデメリットです。ハリケーンランタンのアンティークな雰囲気を存分に楽しみたい人や、他の人とは少し違うこだわりのギアを使いたい人は、ぜひチェックしてみてください。

an

一時期は定価よりも高値で販売されていることもありましたが、最近ではネットや店頭で販売されている物も見るようになりました。
ハリケーンランタンと言っても、材質やカラーバリエーションも様々なので、自分のキャンプスタイルに合ったお気に入りのものをぜひ見つけてくださいね。

ハリケーンランタンのおすすめ人気メーカー

ハリケーンランタン おすすめメーカー

現在ハリケーンランタンを販売しているメーカーの多くは外国メーカーです。ランタンを初めて購入する人にとっては聞いたことのないブランド名ばかりかもしれません。ここからは、ハリケーンランタンの定番メーカーを3社紹介。ハリケーンランタンを購入するなら、ぜひこのメーカーをチェックしてみてください。

ハリケーンランタンの王道メーカー「デイツ(DIETZ)」

デイツは、1840年に創業したアメリカの老舗ランタン・ランプメーカー。ハリケーンランタンを知るなら、デイツの商品は外せない王道ブランドです。サイズ・カラーの異なるさまざまな商品が展開されていて、ランタン選びの楽しさを味わえるのも人気の理由です。

  • 1840年に生まれた超老舗ランタン&ランプメーカー
  • 自分の好きなサイズ・カラーのランタンを選びたい人におすすめ

100年以上変わらないデザインが魅力「Feuer Hand(フュアーハンド)」

フュアーハンドは、1904年にドイツで生まれたランタンメーカーです。ハリケーンランタンのデザインは100年以上ほぼ変わっておらず、ロマンを感じられます。老舗メーカーながらも価格がリーズナブルで、初心者にも手に取りやすいのが魅力。デイツとともに、ハリケーンランタンの主要メーカーとなっています。

  • 1904年設立のドイツのランタンメーカー
  • 長い歴史を持つヴィンテージデザインを楽しみたい人におすすめ

手軽にハリケーンランタンを購入できる「CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)」

日本で誕生したキャプテンスタッグは、ランタンメーカーではありませんが、オイルランタンも豊富に販売しているアウトドアメーカーです。コストパフォーマンスに優れた商品が登場しており、キャンプ初心者の入門アイテムとしても人気があります。ハリケーンランタンをなるべく安く購入したい人におすすめです。

  • コストパフォーマンス最強の日本メーカー
  • 手軽にハリケーンランタンを購入したい人におすすめ

an

最近ではローソクメーカー「カメヤマ株式会社」が展開するブランドカメヤマキャンドルハウスのランタンも人気があります。

専門家のおすすめハリケーンランタン

この記事を監修したPossibility.Labo anさんがおすすめするハリケーンランタンを1つご紹介します!

カスタマイズ・使用例 (提供:Possibility.Labo an)

おすすめのカスタマイズアイテムはこちら!

ハリケーンランタンおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(amazon、楽天、Yahoo、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格サイズ重量材質使用燃料タンク容量芯の幅燃焼時間
キャプテンスタッグ オイルランタン UK-507¥2,627 Amazon楽天市場Yahoo!17×14×30.5cm490g鉄(銅めっき)灯油/パラフィンオイル300ml14mm20時間
デイツ ハリケーンランタン 78¥4,800 Amazon楽天市場Yahoo!15×13×26.5cm500g灯油/パラフィンオイル340ml4分芯(12mm)20時間以上
フュアーハンド ハリケーンランタン 276¥4,210 Amazon楽天市場Yahoo!15×15×26cm520gガルバナイズドスチール灯油/パラフィンオイル340ml4分芯(12mm)20時間以上
Mt.happy ハリケーンランタンAmazon¥1,590 楽天市場Yahoo!15×15×23cm-灯油/パラフィンオイル250ml11mm-
SM SunniMix ハリケーンランタン¥1,090 Amazon楽天市場Yahoo!15.5×11.5×24.5cm-金属灯油210ml--
デイツ ハリケーンランタン 90¥6,596 Amazon楽天市場Yahoo!35×20.5×20.5cm950g-灯油/パラフィンオイル930ml7分芯(21mm)25時間
カメヤマキャンドル オイルランタン コパー¥2,380 Amazon楽天市場Yahoo!15×27×11.5cm340g灯油/パラフィンオイル200ml--
デイツ ハリケーンランタン 30Amazon¥4,480 楽天市場Yahoo!18.5×15.5×30cm660g灯油/パラフィンオイル(レインボーオイル)500ml5分芯(15mm)24時間
YOGOGOshop ケロシンランタン¥1,680 Amazon楽天市場Yahoo!25.5×15.5×11cm360g鉄(亜鉛メッキ)灯油/ディーゼル/植物燃料--20時間以上
BUNDOK オイルランタン BD-277SL¥2,073 Amazon楽天市場Yahoo!16×12×25cm370gスチール(クロムメッキ)灯油/パラフィンオイル200ml-14時間

ハリケーンランタンおすすめ人気ランキング10選

ハリケーンランタンの使い方

ハリケーンランタン 使い方

  • ハリケーンランタンの使用方法
  • STEP.1
    芯を整える
    まず、ガラス製のホヤを開けて芯を整えましょう。平芯の先を斜めにカットしておくことで、きれいな山型の炎になり、燃焼効率がよくなりますよ。
  • STEP.2
    燃料を補充する
    次に、燃焼を補充します。タンクの8分目くらいまでの量が理想で、容量を示すラインがある場合はそれを目安にしてください。容量を超えると、タンクからオイルが漏れてしまうので注意。また、しっかりと芯を燃焼させるためには、オイルを十分に染み込ませておくことが重要です。
  • STEP.3
    着火する
    ライターやマッチで、芯の先に火をつけます。火がついたら、ホヤを閉めましょう。
  • STEP.4
    火を調節する
    着火直後は火が大きいため、火力調整ハンドルを調整して火の大きさを整えます。無駄に大きな炎にしておくと、燃料を大量に消費するので気をつけてください。 

編集部

消火したいときは、火力調節ハンドルを回して火を最小限まで小さくしましょう。酸素が行き届かなくなり、徐々に火が消える仕組みです。

an

燃料タンクに8分目まで入れることが基本の使い方ではありますが、使用する分だけ入れるほうが楽ですよ!
タンク容量にもよりますが、燃料を使い切るのには約20時間の連続燃焼が必要です。燃料を使い切らずに途中で消した場合は、残った燃料を別の容器に移して、タンクを空にする作業が必要です。

ハリケーンランタンの関連商品

ハリケーンランタン 関連商品

ここからは、ハリケーンランタンを使用するときに役立つアイテムや、キャンプをさらに快適にしてくれる便利なアイテムを紹介します。「ハリケーンランタンの火が安定しなくなった」「子供が触りそうでハリケーンランタンを使えない」そんな悩みを解決できる商品が登場するので、ぜひチェックしてください。

ハリケーンランタンを使い続けるために必須な「替え芯」

ハリケーンランタン 芯

出典:amazon.co.jp

ハリケーンランタンの芯が燃えて短くなると、オイルを十分に吸えずに火が消えてしまったり、炎の形が安定しなくなります。「不調かな?」と心配になるかもしれませんが、ハリケーンランタンを買い替えるのではなく、まずは芯を交換してみましょう。

ハリケーンランタンの替え芯は、Amazonや楽天市場などで簡単に購入できます。商品を購入するときは、芯の幅を間違えないように注意

また、芯はロール状で販売される長いタイプとカットされているタイプがあります。コスパが良いのはロール状のロングタイプなので、適当な長さにカットして使いましょう。

ランタンの置き場所に困ったら「ランタンスタンド」

ハリケーンランタン ランタンスタンド

ハリケーンランタンは、意外と置き場所に困るもの。小さな子供やペットを連れてのキャンプだと、テーブルに熱くなったランタン置いておくのは危険です。ランタンスタンドがあれば、転倒&やけど防止に役立ちます

また、高い位置にランタンを配置することで、広く明かりを灯すことができますし、夏には虫を寄せてくれる効果もあります。

昼間はスピーカーを掛けて音楽を流したり、フラッグを吊るしてテントを飾ったりと、幅広い使い方ができます。地面に打ち込むタイプと三脚で自立するタイプがあるので、自分に合ったランタンスタンドを選びましょう。

関連記事:【三脚 VS 打ち込み】ランタンスタンドおすすめ15選!人気モデルを徹底比較【2021年】

関連記事:本格調理に!トライポッドおすすめ15選|キャンプ初心者におすすめの定番品も紹介

安全に焚き火・バーベキューを楽しめる「焚き火テーブル」

ハリケーンランタン 焚火テーブル

キャンプの醍醐味と言えば、焚き火やバーベキューですよね。熱に強い焚き火テーブルがあれば、火の近くでも安心して食事や調理を楽しめますよ。最近では、焚火を囲んで座れる囲炉裏タイプや、料理や食事のときに役立つ調理台タイプなど、さまざまなスタイルの焚火テーブルが登場しています。

関連記事:ユニフレームだけじゃない!焚き火テーブルおすすめ20選|囲炉裏タイプやソロ向けも紹介

ハリケーンランタンのよくある質問

ハリケーンランタン よくある質問

ハリケーンランタンはどこで買える?

ハリケーンランタンは、アウトドアショップ・ホームセンターなどで販売されています。さまざまなメーカーの商品をチェックしたい人は、Amazon・楽天市場といったネット通販がおすすめ。レビューや口コミ評価をみて、実際に購入した人のコメントを参考にして商品を選びましょう。

ハリケーンは中古で買っても良い?

ハリケーンランタンは、中古品販売店やメルカリなどのネットオークションで売られていることがあります。市場でなかなか手に入らないレア商品が手に入るメリットはあるものの、定価よりも高値で販売されていることもあります。購入時は部品の不足や破損がないかを確認しましょう。ハリケーンランタン自体はシンプルな構造なので、芯やオイル交換が適切であれば多少古くても使えるケースが多いです。

an

ビンテージもののランタンを好んで使う人も多く、経年劣化を楽しむのもオイルランタンの楽しみ方の1つです。お気に入りのランタンを購入して、ぜひ長く育てながら使ってみてくださいね。

灯油用のハリケーンランタンにホワイトガソリンを入れてもいい?

灯油用のランタンにガソリンを入れた場合、異常燃焼を起こして故障したり、最悪の場合火事に繋がる危険があります。ハリケーンランタンに対応していない燃料を入れるのは、非常に危険なのでやめましょう。

日本製のハリケーンランタンはある?

日本最古のランタン専門メーカーとして知られているのが、「WINGED WHEEL」という企業です。ランタンの製造を海外で行っている日本メーカーはいくつかあるものの、日本の職人の手でランタンを作っているのは、このメーカーだけだと言われています。日本で最初にハリケーンランタンを製造した会社で、前身となる「別所ランプ」は1924年に創業。長い歴史を持つハリケーンランタンは作りが非常に細かく、日本のみならず海外でも高く評価されています。その人気から現在は入手が困難で、注文から1年以上待たなくてはいけないケースがあるようです。

おすすめハリケーンランタンまとめ

ハリケーンランタン まとめ

  • ハリケーンランタンはロマンのあるデザインと使いやすさが特徴
  • 使い方は意外と簡単で、初心者にもおすすめ
  • 適切なお手入れと芯の交換を行えば、半永久的に愛用できる

今回は、レトロなデザインと優れた性能が魅力のハリケーンランタンについて紹介しました。見た目はもちろん、アウトドアシーンでも大活躍のおすすめアイテムです。お気に入りのハリケーンランタンを見つけて、アウトドアを快適に楽しみましょう!

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー