【マニアが解説】iPad Pro用 Magic Keyboardを買ってよかった7つのポイントなど評価レビュー

Magic Keybord レビュー

iPadでの作業効率を一番高めてくれるのが、Magic Keybordです。

iPad用のキーボードはいくつもありますが、トラックパッド付きでMacbookを操作する感覚で使えるのでMagic Keybordのみです。

そんなMagic Keybordを一年間使ってわかった【良かったポイント・残念なポイント】をそれぞれ公平にまとめました

よく比較されるSmart keybord Folioとの違いなどについてもまとめているので、マジックキーボードの購入を考えている人は是非チェックしてみてください!

編集部

今回は最新のiPad Pro12.9インチ (2020年モデル)でMagic Keybordを使ってみました!

関連記事:【マニアが解説】2018年 新型iPad Pro を実写レビュー!機能やスペックを解説!
関連記事:【実写レビュー】Apple iPad Pro 12.9 [2020年]を1年間使った感想|メリット・デメリット・便利な機能
関連記事:[2021年完全版]マニアが徹底比較した iPad おすすめ6選 |Pro・Air・mini・無印のベストな選び方を解説!

この記事を監修した専門家

家電の専門家
川島健太郎
家電販売員・商品バイヤー
20歳に家電業界に入り、25歳に全メーカーとの外商を担当。テレビ、パソコン、白物家電、調理家電の仕入れを行い、年間100億円程度の商品買付をしていた腕利きバイヤー。本当におすすめできる良い商品を見つけお届けすることがモットー。趣味はガジェットいじり、ノマドワーカー、サッカー観戦、コーヒー。

iPad用キーボードの Magic Keyboardの評価レビュー

ipad magickeybord 評判

Magic keybord 買ってよかったポイント

  1. iPadをパソコン化できる
  2. キーボードの打ち心地が最高に良い
  3. 角度調整ができるiPadスタンドとして使える
  4. トラックパッドに対応。

まずiPadを作業用として使用している人に取ってはキーボードやトラックパッドがないと作業効率が悪く、ストレスを抱えている人が多くいます。

ipad magickeybord 評価

その点Magic Keybordは打ち心地が良いキーボードと、2本指操作できるトラックパッドが搭載されているのでMacbookと同じように作業できます。

Magic keybord スゴイところ

この2本指で操作できるMulti Touch機能こそがMagic Keybordの一番の魅力です!

またiPadスタンドとしても使いながら角度調整もできるので、長時間作業しても疲れにくく、iPadに何か書き込んだり、動画をみるときにもすごく便利です。

iPadをMacbookと同じレベルまで引き上げてくれるのはこのMagic Keybordのみと言えます。

Magic keybord イマイチだった残念なポイント

  1. 約35,000円とお値段がかなり高め
  2. 単体で700gでiPadと一緒に使うとMacより重くなる
  3. Apple pencilが使いづらい

Magic Keybordを購入するときに悩むデメリットは「価格」と「重さ」です。

magic keybord  キーボード  見た目

Magic Keybordは11インチ用が税込34,980円、12.9インチ用が41,580円するので、iPad Proと一緒に購入した場合には約15万円も掛かる計算になります。これだけのお金を出すなら「Macbookを購入した方がよいのでは?」というのが多くの人が思う疑問点だと思います。

さらにネックなのが重さ。単体でも700gの重量があるので、iPad Pro 12.9インチとMagic Keybordを合計したときの重さは約1,4kgにもなります。

この重量はMacbook Air単体よりも重いという結果になるので、iPadが持つ携帯性というのはほとんど失われてしまうというのがデメリットです。

Magic Keybordの評価 まとめ

ipad パソコン化

結局のところMagic Keybordを買うメリットはあるのか?という点をまとめていきます。

「iPadをメインPCとして使用する人には買い」であり、「iPadを携帯して作業用としての利用はしない人には不要」です。

そもそもiPadにはMacbookではできないような手書きで書き込める& 気軽に資料などを撮影して共有できる特性があり、仕事や作業用としてiPadとして活用する人が増えています。Magic Keybordを使うことでMacbookのような使用感を実現したい人にとってはとても評価も高くおすすめです。

ipad magickeybord 比較

一方でiPadはあくまで携帯用タブレットして使いたい人にとっては、そもそもiPadをPC化する必要もないのでコスパ的に最悪なアクセサリーといえるでしょう。

もしも携帯性重視なら、よく比較されるSmart Keybord Folioなどの軽量化されたキーボードのほうがオススメです。

この辺りはまた詳しくレビューしていきますが、【価格や持ち運ぶさいの重量をデメリット】と考えるか、【iPadの作業効率を引き上げ、PCと変わらない能力を引き出す最高のアイテム】と考えるかが、Magic Keybordを購入するさいの焦点となるでしょう!

Magic keybord 必要

個人的にはiPadをメイン機として作業用タブレットとして使うつもりだったので、Magic Keybordの購入は大正解でした!1年間使用してみても、サードパーティ製品で販売されいてる商品とは、品質もデザイン性も桁違いによく、高いお金をだしてでもMagic Keybordを購入して良かったと実感しています。

magic keybord 取り外し

また外出するときにどうしても重くて嫌だなというときは軽量のケースなどに付け替えて外出すれば重さの問題は軽々とクリアできるので、使うシーンによって使い分けするというのも快適に使うにはオススメです!

iPad用キーボードの Magic Keyboardの特徴

Apple 純正アクセサリー

ipad magickeybord 純正品

Magic KeybordはApple社から発売されている純正アクセサリーです。バックライト付きキーボードに加えて、トラックパッドが搭載されいるので、普通のノートパソコンのような操作が可能です。

Magic Keyboardは11インチ用が税込34,980円、12.9インチ用が41,580円となっていて、iPad Pro 2018およびiPad Pro 2020年モデルに対応しています。

ひとことメモ
Magic Keyboardは高価なiPadアクセサリーなのでApple直営ストアでは学割が使えます。その場合は2,000円程度安く購入できます。

静かなシーザー式キーボードとMulti Touch対応のトラックパットが搭載

ipad magickeybord キーパッド

Magic Keyboardのキーボードはバックライト付きで、静かなシザー式を採用しています。トラックパッドでは「Multi-Touchジェスチャー」に対応しているので、トラックパッドの上で2本指や3本指で操作することで、画面をスクロールしたり、拡大、表示など直感的な操作が可能です。

この「Multi-Touchジェスチャー」Macbookなどに搭載されているので、Macbookを使っている人にはお馴染みの機能です。

magic keybord  マウス

さらにトラックパッド部分を操作するとiPadの画面上にもマウスポイントが表示されるので、ページのスクロールやドロップ&ドラックをするのにもとても便利です。iPadをPC化すると言われる所以にはこのトラックパッド機能が最高の働きをしてくれるからです!

iPadの角度調整が可能。iPadスタンドとしても便利。

Magic KeyboarはiPadの角度をかなり自由に調整することができます。装着した状態だと、iPad Proが下3分の1あたりで折れ曲がるようになっているので、宙に浮いた状態で自由に角度が変更できます。

magic keybord 角度
magic keybord 使い方
magic keybord 使用方法
magic keybord 良い

調整できる幅はだいたい30~45°程度の幅なので万能とは言えないものの、長時間でも疲れにくい角度に細かく調整できます。またiPadスタンドしても使用できるので、動画を見る時などにも便利です。

Magic Keyboardの外観・デザイン・同梱品

Magic Keyboardを開封

magic keybord 外観

magic keybord 本体

Apple製品のおしゃれな梱包がされていて、開けるときはいつもながらワクワクします。

Magic Keyboardのデザイン

ipad magickeybord 純正品

magic keybord  デザイン

キーボードとケースが一体になっています。ケース部分はハード形状になっているので、約90°程度までしか開きません。

ここの3つのポイント部分でiPadとMagic Keybordが接続されます。

magic keybord  キーボード

キーボードはしっかりと打ち込んだ感覚が得られるボタン型です。

magic keybord  キーパッド

トラックパッドがついているので、ここでマウスのように操作できたり、2本指での操作ができます。

magic keybord  内側

キーボードと接触するカバーの内側は柔らかいソフトな素材になっているので、キーボードが傷つかないように配慮されています。

magic keybord カバー 質感

Magic Keybordの外側はマットで高級感。

magic keybord  カメラ

iPadのカメラレンズ部分は多少出っ張っていますが、Magkeybordのカバーで保護され、写真撮影もカバーを付けたまま可能です。

Magic keybord 必要

女性が使っていてもとてもおしゃれなデザインなので男女兼用で使えます。

Magic Keyboardの装着方法

Magic Keyboard 装着
Magic Keyboard 使い方

Magic Keyboard 使用方法

取り付けはとても簡単です。マグネットで吸着するので、位置がずれることもなく、取り外しもiPadを引っ張るだけで簡単に外すことができます。

Magic Keyboardの充電方法

Magic Keyboard usb-c

Magic Keyboard 充電方法
Magic Keyboard 充電する

ヒンジ部にはUSB Type-Cポートが搭載されいてるので、ここからMagic Keybordの充電が可能です。

またパススルー充電ができるので、キーボードで入力作業をしながらiPad Proを同時に充電できるというのがとてもスマートな機能でオススメです。

iPad Proの充電をしたいときでもiPad本体に直接ケーブルを繋ぐ必要がないので、作業中にケーブルが邪魔になるということもありません。

Magic Keyboard iPad 充電

また同じUSB Type-Cケーブルなので、iPadもMagic Keybordも一つのケーブルで充電できるので便利です。

Magic Keybordの同梱品

magic keybord 同梱品

Magic Keybordの同梱品

  1. Magic Keybord
  2. 説明書

magic keybord  必要なもの

Magic Keybordを充電するUSB-Cケーブルは同梱されていないので、別途購入する必要があります。ただしiPadの充電用ケーブルでも使用できるので、それを併用するといことも可能です!

Magic Keyboardの良かったポイント

Magic Keyboardの評判
  • バックライト付きキーボードは静かで打ちやすい
  • トラックパッドがすごい。Macbookと同じ操作ができる
  • ipadが高い位置にくるから作業しやすい
  • MacBookのサブモニターとしても贅沢に使える

打ちやすく壊れにくいバックライト付きキーボード

magic keybord キーボード

新しいMagic Keyboardは最新のMacBookシリーズに搭載されているのとほぼ同じ、改良された最新の薄型キーボードを搭載しています。このおかげで、よりキーを押した感覚が強くなると同時に高い耐久性も備わりました。また、バックライトがついたことで、寝室や夜の高速バスの車内など、暗闇の中でのタイピングも完璧です。

magic keybord  キーボード

iPad Pro用には「Smart  Keyboard Folio」というもう一つの純正キーボードが存在します。これはキーボードのキーを覆っている布の張力でキーのクリック感を出しているため、キーを打ったという実感が強く得られません。打鍵感(キーを打った感覚)の良さはMagic Keyboardのとは比較にならないほど圧勝です。

ただし、マットな素材で肌触りがよい一方で、ずっと使っているとキートップに手の脂がやや乗りやすい性質があります。手前にあるトラックパッドについても同様なので、手の脂が気になる神経質な人は、こまめに拭いてお掃除するのが良いです!

ひとことメモ
Appleは過去数年「バタフライキーボード」という独自の超薄型キーボードを推進してきましたが、薄さゆえに故障率が高いという問題がありました。一方Magic Keyboardはバタフライ式ではないので押した感覚が強く、また高い耐久性が期待できます。

トラックパッド搭載で画面に触る動作が減る

Magic keybord スゴイところ

Magic Keyboardには、ノートPCのようなトラックパッドが搭載されています。クリックやドラッグ、複数の指でジェスチャー操作ができるMulti Touch機能にも対応しているので、Mac bookのような操作がそのままiPadでできます。

例えばiPadと外付けキーボードで文字を入力していて、一部分を選択したくなったとします。今までの外付けキーボードではキーボードから手を大きく動かして画面をタップしないと文字の選択ができませんでした。

ipad macbook pro 比較

しかしこの製品はトラックパッドがあるので、タイピングしていた位置から手をあまり動かすことなく操作ができます。文字を選択するなら、カーソルを選択したいところまで動かしてドラッグするだけです。ノートPCとほぼ同じ操作なので簡単で早いです。

充電やワイヤレス接続なが不要。セットするだけで使える

magic keybord  キーボード  簡単

Magic Keyboardは、iPad Pro磁石でくっつけるだけで接続が完了します。電源もiPadから供給されるので、Bluetoothの接続やUSBケーブルの差し込み、充電などは一切必要ありません。ただくっつける。それだけで使えるというのはとてもシンプルで、他のケースに付け替えるときにも手軽にできます。

画面角度が比較的自由にできる

magic keybord  立てる
magic keybord  良さ

角度を変えられるといっても、ノートPCほど自由度は高くない。多くのノートPCならば、完全にフラットとまではいかなくても、それに近い角度まで画面を開けるケースが多いが、本製品は通常使う画面の角度が精一杯で、それ以上後ろに倒せない。理由は単純で、それ以上開くと、重量バランスの関係で背後に倒れてしまうからだ。

 とはいえ、従来のSmart Keyboard Folioが2段階でしか角度を変えられなかったことを考えると十分な進歩であり、ぜいたくは言えないだろう。あくまでも、一般的なノートPCと比べるとあまり開けないというだけ

Macbookでのデュアルモニターとしても使いやすい

magic keybord sidecar

iPadには【Sidecar】というとても便利な機能があります。この機能を使用するとMacbookとiPadをワイヤレスに接続できるので、サブモニターとして2画面で作業が可能です。

このディアル使いをするときに Magic Keybordに装着しておくと、安定して固定できるのでとても便利です。

Magic KeybordからもiPad本体を充電できる

magic keybord 充電

Magic Keyboardには大きいヒンジの左側面にiPadの充電専用のUSB-C端子があります。そこにUSBメモリやイヤホンなどを挿しても動作しないので、その場合はiPad本体にあるUSB-C端子を使う必要があります。ただ、iPad ProにはUSB-C端子が1つしか無いので、充電専用でも端子が増えるのはとてもありがたいです。

Magic Keyboardの悪かったポイント

Magic Keyboardの悪い評判・口コミ
  • 重量が重い
  • 角度調整できる角度が限られている
  • キーボードを裏返してタブレットモードにできない
  • Apple Pencilは野ざらし状態
  • 充電が必要

重い。高い。これが最大のネック。。

magic keybord 重量

Magic Keybordはなんと言っても重いです。11インチ用はキーボード本体だけで600gほどあります。12.9インチ用は700gほどです。iPad Pro11インチはおよそ470gなので、本体よりもキーボードの方が重くなってしまい、装着時は11インチでは約1070gにもなります。

magic keybord 重さ

さらにiPad Pro 12.9インチの重量は約600g、Magic Keyboardは約700gで約1300g、これにApple Pencilと合わせれば、約1.4Kgにもなってしまします。13インチのMacBook Air(約1290g)程度なので、Macbookよりも重い計算になってしまします、、、。

magic keybord Mac 重さ比較

そしてMacBook Airと値段も近い(むしろMacBookの方が安いことも)となると、IpadがMacかで悩んでいる人にはiPadの絶対的な優位性というのは、正直無いとも言えます。

Magic Keyboardはタブレットモードにできない

タブレットモードとは、キーボードを使わずに折り畳んでiPadの画面だけを出す形です。iPadを机に置いてApple Pencilでノートを取ったり、絵を描いたりする時にそのようにしますが、Magic Keyboardはキーボード部分を裏に折り返すという動きができません

magic keybord タブレットモード

机に直置きしたい場合などは、一度Magic Keyboardを取外必要がああります。

Apple Pencilを収納するスペースがない

Magic Keyboard アップルペンシル

iPadユーザーの多くはApple Pencilを使用していると思います。Rentryスタッフもphoto shopやLight roomなどを使って作業するので、Apple PencilはいつもiPadに装着して持ち運んでいます。

magic keybord Mac apple pencil  

ところがMagic KeybordにはApple Pencilを収納するスペースやカバーがありません。そのままアップルペンシルを野ざらし状態で装着するしかないので、どこかで落としたり、紛失しまう可能性が高いので注意が必要です。

magic keybord Mac apple pencil  おすすめ

Smart Keybord Folioもこの点は同じなので、Apple Pencilは別途保管して持ち歩くのがオススメです。サードパーティ製だとカーバに収納できる部分があるので、この辺りは設計するときに考えてほしいポイントでした。

Magic Keyboardは多く電力を消費する

Magic KeyboardはiPadのバッテリーから電力を使用します。Magic Keyboardのキーボードには、バックライトなどがついているので、iPad単体で使用する場合よりも、電力を消費します。バックライトは設定からオフにできるので、もし気になるという方がいたらオフに設定するのがオススメです。

ひとことメモ
iPadは仕様上のバッテリー駆動時間を超えても使えることが多いので、Magic Keyboardをつけて駆動時間が短くなったと感じても、仕様上のバッテリー駆動時間より長く動いていれば、それは正常な動作ということになります。

カバーの外側やマウスパッド部分の汚れや脂が気になる

magic keybord お手入れ

これはMagic Keybordに限った話ではないですが、Magic Keybordのカバー部分は黒のマットになっているので汚れが目立ちやすくなっています。グレーなどだと目立たない汚れも、ブラックだとどうしても目立ちやすくなります。

またトラックパッド部分やキーボード部分も指の脂が残りやすく、気になるという人もいるかもしれません。どちらも高品質な素材でかっこいいのですが、神経質な人は少し気になるというひともいるかもしれません。

Magic KeyboardとSmart Keyboard Folioの違い

magic keybord  smart keybord folio 比較

iPad の純正キーボードにはMagic KeyboardのほかにSmart Keyboard Folioがあります。多くの人がこの2つを比較して、どちらを購入するか迷います。Rentryでも実際に2つを比較しているので、両者の共通点と違いを簡単にまとめます

Magic KeyboardとSmart Keyboard Folioの共通点
  • iPadのキーボード付きケースとして
  • 本体の充電やペアリングが不要
Magic Keyboardを選ぶメリット
  • キーボードの質感が高い
  • トラックパッドがある
  • iPadの充電用端子がついてる
Smart Keyboard Folioを選ぶメリット
  • 本体の重量が軽い
  • 裏に折り返せるのでタブレットモードで使える
  • 価格が安い
項目 共通点 Magic Keyboardを選ぶメリット Smart Keyboard Folioを選ぶメリット
特徴

・iPadを立ててキーボードが使える
・畳めばiPadの表裏両面を保護するカバーになる
・充電やペアリングが不要

・キーボードの質感が高い
・トラックパッドがある
・充電用端子が増える

・本体の重量が軽い
・裏に折り返せるのでApple Pencilユーザーも使いやすい
・価格が安い

Smart Keyboard FolioとMagic Keyboardの一番の違いは「トラックパッドがあるかないか」です。

ここからはSmart Keyboard Folioの特徴をひとつずつ解説していきましょう。

Smart Keyboard Folioは軽い

magic keybord  smart keybord folio 重さ

まず、軽いです。11インチ用は約300g、12.9インチ用は約400gです。ちょうどMagic Keyboardの半分くらいの重さですね。なので、軽さを求める人やあまりハードに使わないという人はこちらの方が軽くて嬉しいでしょう。

Smart Keyboard Folioはキーボードが裏に折り返せる

Smart keybord 裏返しできる

こちらはキーボードを裏に折り返せます。これは、キーボードを装着したまま机に置いてApple Pencilで書き込めるということです。Magic Keyboardは装着した時は立てて使うかカバーとして使うかの2形態しかないので、これは大きなメリットです。

Smart Keyboard Folioは価格が安い

最後に価格の違いです。11インチ用は税込20,680円、12.9インチ用は22,880円ということで、11インチ用はMagic Keyboardから1万円安く、12.9インチ用は半額に近いくらいです。これも選ぶ上では大きなメリットです。

関連記事:【マニアが検証】純正のiPad用キーボード Smart Keyboard Folio 12.9インチ(2020)を評価レビュー!

Magic KeyboardとSmart Keyboard Folioどちらを買うべきか

magic keybord  キーボード  最強

前の項ではMagic KeyboardとSmart Keyboard Folioの特徴をまとめましたが、ではどちらを買えばいいのか。という疑問にぶつかると思います。そこで、それぞれを買うべき人をまとめてみました。iPad用のキーボードを検討している方は参考にしてみてください。

Magic Keyboardを買うべき人
  • 軽さより機能重視でiPadでガチで仕事がしたい人
  • iPad文章だけでなく映像などを扱う人
  • iPadをメイン機として本格的に使いたい人
Smart Keyboard Folioを買うべき人
  • とにかく軽い荷物を目指す人
  • 価格を抑えたい人
  • 机にiPadを寝かせて使うことが多い人

同時に使用してみた結果、Smart Keybordがキーボード機能のみであるのに対して、Magic Keybordは「マウス機能」「Multi-Touch トラックパッド機能」が搭載されいて、iPadをより高性能化してくれるという結果でした!

まとめ  iPadを高度に作業する人にはMagic Keyboardは最強

magic keybord  キーボード  取説

恥ずかしながら僕はiPad用のMagic Keyboardが登場した時、「これが最強のキーボードなんだ」と思っていました。今回の記事ではMagic Keyboardをメインに取り上げましたが、記事を書くにあたって情報収集をしてみると、実はMagic Keyboardが最強」というわけでもないことがわかってきました。

Magic Keyboardは浮くデザインがとにかく近未来的でかっこいいし、何よりトラックパッドが使いやすそうですよね。一方でSmart Keyboard Folioは軽く、Apple Pencilユーザーのことも考えられていました。それぞれの製品の機能が大きく競合しないように考えられているんですね。

そのため、価格が高いか安いかではなく、どちらも用途に合う人が使えばとても使い勝手が良いと感じられるでしょう。やはり安い買い物ではないので、購入前に本当に自分に合った製品なのかを今一度検討してみる必要があるのかなと感じました。

さあ、あなたも自分にぴったりのiPad Pro用のキーボードを選んで、最高のiPadライフをはじめませんか?

PC用で高い人気を誇るHHKBやREALFORCEといった高級キーボード並みのお値段で、しかもiPad専用です。価格が価格なので「とりあえず買ってみる」よりもしっかり自分が必要とするのかを検討してから買う方がいいと思います。

iPadにおすすめのキーボードについては以下の記事も参考にしてみてください!

関連:[2021年] マニアが選んだ iPad用キーボードおすすめ15選| Pro/Air/mini用を実写比較で解説
関連:【2021年最新版】キーボードのおすすめ 15選 | 人気のタイプや選び方を徹底解説!
関連:【2021年最新版】折りたたみキーボードの選び方と特徴の解説&おすすめ15選を紹介!
関連: 最新ワイヤレスキーボードおすすめ18選|価格や機能で徹底比較 
関連:【実機レビュー】ANKER ウルトラスリム Bluetooth キーボードの良かった点・悪かった点

Picky’sではiPadにおすすめのガジェットもたくさん紹介しています!

関連:【2021年最新版】iPad マウスのおすすめ15選| bluetooth&トラックパッドタイプまで詳しく解説

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー