【Jackery ACE 1500完全ガイド】30以上の電化製品で検証&口コミレビュー

Jackery ジャクリ 1500ace 口コミ 評価 レビュー

ポータブル電源市場において、高い支持を得ているメーカーがJackeryです。多様な電力出力・電池容量を持つポータブル電源を発売しており、現在も人気を高めています。

そのJackeryが新たに発売したのが、「Jackery Ace 1500」です。従来の最上位モデルであった「Jackery 1000」から機能性は一段とアップし、幅広い電化製品が利用可能となりました。

本記事では、早速「Jackery Ace 1500」を使用してみたレビューを行っていきます。利用するメリットだけでなく、デメリットも正直にレビューしていくので、是非参考にしてください。

ジャクリ Ace 1500を実際に使って徹底検証しました!

Jackery1000 ソーラーパネル 給電 Jackery 1500 Ace ディスプレイ Jackery1500 電気毛布 暖房器具 Jackery1500 電化製品 DIY工具
今回は話題の「Jackery ace 1500」を実際に使ってみました。「使い方や特徴が知りたい」から「容量が大きいのはわかってるけど、どの電化製品が使えるのか知りたい」など購入前に気になるポイントを徹底解説していきます!

Jackery(ジャクリ)とは

Jackry1500 使用感

Jackery(ジャクリ)は、ポータブル電源を専門的に販売するアメリカの企業です。ポータブル電源に特化しているだけであり、高い技術と安定性に定評があるブランドです。

販売するポータブル電源の種類は下記の通り非常に豊富で、利用用途に応じて選べるのが特徴です。

Jackery ポータブル電源 全機種 

  • Jackery 240
  • Jackery 400
  • Jackery 700
  • Jackery 1000
  • Jackery Ace1500
  • Jackery Ace2000

ポータブル電源を発売する他のメーカーは多くても3種類程度しか取り扱いませんが、Jackreryではこれだけ幅広いラインナップを揃えていて、さまざまなニーズに応えられるのが特徴です!

ひとことメモ
Jackeryは国際的なデザイン賞のRed Dot Awardにおいて、ポータブル電源が2016年、ソーラーパネルが2018年に賞を受賞しています。機能性だけでなく、デザイン性も高い製品のが特徴です!

関連記事:ポータブル電源 Jackery(ジャクリ) 4機種をアウトドアで使ってみた!1000/ 700/400/240を徹底比較
関連記事:【20000円で購入できる】Jackery240で何ができるか ポータブル電源の基礎知識&徹底レビュー
関連記事:【実際に使ってみた】ポータブル電源 jackery 400 良かった点や悪かった点をレビュー
関連記事:【正真正銘】プロが選んだ最強のポータブル電源 おすすめ20選 | 災害・キャンプ・車中泊ならコレ (2021年最新版)

Jackery 1500 ACEの評価ポイント

Jackry1500 使用感 充電時間

まずは「Jackery 1500」を使ってみてどこが優れているのかをまとめました。基本スペックや特徴も合わせてご紹介していきます!

Jackery1500の評価ポイント

  1. 液晶ディスプレイが見やすくなった
  2. バッテリー容量と出力数が規格外にアップ
  3. 本格的な家電製品を2台同時に使用できる
  4. 充電時間が約半分になった!
  5. 太陽光発電もさらにハイスピードに。
  6. パススルー給電に対応

液晶ディスプレイが見やすくなった

これまでのJaclery製品では入力W数(input)・出力W数(output)・バッテリー残量液晶(%)の3つしかディスプレイで確認できませんでした。

Jackery 1500 Ace ディスプレイ

今回の「Jackery ACE 1500」では、さらに「残りの使用時間」や「フル充電するのに必要な時間」まで表示されるようになりました。

Jackery Ace 1500のモニター表示画面

  1. 入力数 (input)
  2. 出力数(output)
  3. バッテリー残量(→見やすくなった)
  4. バッテリー残り使用時間 (→NEW)
  5. バッテリーの充電時間(→NEW)

編集部

「ポータブル電源があとどのくらいの時間使えるの?」「あとどのくらいで充電が完了するの?」がリアルタイムで把握できるようになったので使いやすくなりました!

ほぼすべての電化製品が使えるスタミナとパワーを搭載

ポータブル電源でもっとも重要のはバッテリー容量(wh)と最大出力数(w)です。

Amazonや楽天で販売されるポータブル電源を比較してみると、ほとんどが500Wh~1000Wh前後です。たとえば500Wだと電気毛布や扇風機、ポータブル冷蔵庫くらいまでは使用できますが、ドライヤーや電気ケトルは使えません。

その点「Jackery ACE 1500」はバッテリー容量と出力がとにかく巨大で、他のポータブル電源にはないパワーが備わっています。!

  • 電池容量:1488Wh / 414300mAh
  • 定格出力:1800W
  • 瞬間最大出力:3600W

これだけのパワーが備わっていると基本的にはどんな電化製品でも使うことができます!実際にRentry 編集部では以下の電化製品を実験しましたが、驚くことにすべてのアイテムが使用できました!

  • ドライヤー、ヘアアイロン
  • 電子ケトル、たこ焼き器、ホットプレート、
  • 電子レンジ、炊飯器(3~5合)、IHコンロ
  • 扇風機、セラミックファンヒーター、電気毛布
  • オフィス用エアコン、冷蔵庫、テレビ、撮影用照明
  • 電動ノコギリ、裁断機、ケルヒャー

編集部

これだけのアイテムが電源のない場所で使うことができるのには驚きです!もはやキャンプやアウトドアに限らず、DIYやオフィス、イベントなど活用方法は無限に広がります。

電化製品を同時に2台に使えるパワー構造を搭載

さらに「Jackery ACE 1500」では、本格的な電化製品を2台同時に使えるようになりました。これは最大のメリットとも言えるポイントです。

定格出力が1000W程度のポータブル電源だと、炊飯器と電気ケトルを併用することができませんでした。これをやってしまうと、ポータブル電源の出力不足で電源が落ちてしまいます。

しかし「Jackery ACE  1500」では、高出力の電化製品を2台同時できるパワー出力を兼ね備えています。だから大人数でたこ焼きを作りながら、その隣ではホットプレートで焼きそばを作るなど、これまでにできなかった楽しみ方ができるようになっています!

そもそも電化製品を1台ずつ利用するのは、作業効率も悪くなるので、色々なシーンで不便でした。でもJacery ACE 1500ならテレビを見ながらドライヤーを使えるなど、車中泊などで過ごす時間もとても便利で快適になります!

ひとことメモ
SUAOKIやJVCケンウッドなどの人気ポータブル電源メーカーでも、「Jackery 1500」の定格出力・最大出力を超えるアイテムは存在しません。

イベントやオフィスでも使える。業務用向けでも安心なハイパワーな機動力

「Jackery ACE 1500 」はオフィスやイベントなどでも幅広く使えます。また仕事現場などでも使えるプロ機材としても抜群の安定感があります!

  • スタイリストがイベント先で、ドライヤーやヘアアイロンを使用する
  • カメラマンが機材の充電や、複数の照明・モニターを利用する
  • イベンターが照明や音響機材を利用する
  • クリエイターがパソコンや撮影機材を利用する

趣味やレジャーで楽しむだけでなく仕事現場でも使えるだけの体力とパワーになっています。

これまでの約半分の時間で本体をフル充電できる!

Jackry1500 レビュー 口コミ

「Jackery ACE 1500」は充電時間も大幅に短縮されています!

ポータブル電源のデメリットは充電に時間が掛かるという点でした。とくのバッテリー容量が大容量になると充電するのに半日ほどかかっていたので、準備や再充電するのがとても大変でした。

ところが「Jackery ACE 1500 」はACアダプターが強力にになり、バッテリー容量が大きくなったにも関わらず、充電時間はわずか6時間まで短縮しました!

これは使いやすさという部分でとても評価できるポイントです!

コンセントからの充電時間を比較
製品名 バッテリー容量 フル充電に掛かる時間
Jackery 700 192,000mAh おそよ10時間
Jackery 1000 278400mAh およそ7.5時間
Jackery Ace 1500 414300mAh おそよ5.5時間

バッテリー容量は2倍まで増えても、充電時間はおそよ半分程度まで短縮!急速充電に対応しています!

関連:【20以上の電化製品で実験】Jackery 700で使える物、使えないものは?徹底的に検証しました

ソーラーパネルからの充電で、自宅のコンセントよりも早く充電できるようになった!

Jackry1500 使用感 ソーラーパネル

Jackery製品はもともとソーラー充電に強いメーカーでした。いろいろなメーカーのソーラーチャージャーを使用してきましたが「充電スピード」「充電効率」を比べると他社製品を圧倒しています!

Anker Power  House ソーラーチャージャー

例えば、ライバル社Anker(アンカー)のポータブル電源だと ソーラーパネルを1時間太陽光に当て続けても、約2%しか充電できない性能です。これでは実用性が低く、使い物になりません。実はこのようなケースは多く存在しています。

Jackery1500 使えるもの 電化製品

一方でJackeryの製品ではソーラーパネルからの給電のみでフル充電することができるなど、ソーラー充電も安心して使えます。しかも「Jackery ACE 1500 」では、最大4枚まで同時に接続できるようになったので、自宅でACコンセントを使って充電するのと待ったく同じスピードで充電できるようになりました!

太陽の自然光だけでこれだけ強力に給電できるのは、Jackeryがポータブル電源専門企業だからこそです!

ソーラーパネルでこれだけ充電できれば、コンセントがある場所を探してポータブル電源を充電しにいく手間も掛からないし、電気代を掛けずに、太陽光のみで生活できます

天気に左右されるものの、晴れている日ならソーラパネルを広げておくだけで、ポータブル電源が自動的に充電されていきます。こんな便利なエコシステムが誰でも手軽に使えるようになるなんて、2~3年は想像もできませんでした。それだけ「Jackery ACE 1500」は未来的でサステナブルだなと感じます!

ただしソーラーチャージャーにはデメリットもあり、「晴れてないと使えない」「ソーラパネルが1枚3万円以上する」点です。

もしも最大4枚まで使用した場合だと初期費用で15万円程度してしまうので、ちょっとキャンプで使いたい程度ならソーラーパネルを1枚から初めてみるのも良いかもしれません。

逆に本格的に使うということなら、初期費用は電気代を節約などで相殺できるし、車中泊などで電源を気にしないでよくなるので本当にオススメです!

長期間放置でも漏電しない。万が一のときには防災セットとしても活躍!

Jackry1500 レビュー 口コミ

ポータブル電源は万が一の防災用としても活躍するので一家に一台あるととても安心です!

「Jackery ACE 1500」は漏電しづらい設計になっているのがポイントで、長期間放置した状態でもほとんどバッテリーが消耗しません。防災目的で保管する場合には、漏電しないポータブル電源を選ぶのは必須です!!

ひとことメモ
通常だと定期的に放電・充電する必要がありますが、「Jackery ACE1500」は1年ほど放置していてもわずか数%しか漏電しない設計になっています!

充電しながら給電もできるパススルー機能が搭載

Jackry1500 使用感 パススルー

パススルー機能とは、ポータブル電源を充電しながら、本体に接続した電化製品にも給電が行える機能です。

この機能が役立つ場面としては、主に下記が挙げられます。

  • コンセントが1つの状態で、本体の充電と電化製品の給電を行いたい時
  • ソーラー充電しながら、電化製品の給電を行いたい時

効率良くポータブル電源を活用したい場合に便利な機能ですね!

注意
「Jackery 1500」では、パススルー機能を使用すると寿命を縮める原因になるとも言われています。急を要する時以外は利用を避けるのが良いでしょう。

Jackery 1500のイマイチなポイント

これまで良かった部分を評価レビューしましたが、一方で使っていて「ここが残念だった」という部分を率直にまとめたいと思います!

USB-C端子が減ってしまった・・・

Jackery1500 使えるもの 電化製品

「Jackery 1500」の出力端子は7つ搭載されてます。「Jackery 1000」は8つの出力端子が搭載されていたので、ポート数としては1つ減っています。

端子が減ること自体は良いのですが、減った端子がUSB-C端子だったことが非常に残念です。。。

いまやUSB-Cはスマホやパソコン、カメラなどを充電するのにメインで使用することが多い端子です。それが一つ減ってしまったのはちょっと残念です。

複数のUSB-C端子の充電をする場合には、別途で高速充電器などを併用するしかないですね。

関連アイテム:【小型最強】急速充電器 おすすめ 20選 | スマホやタブレットのUSB充電を高速革命 (2021年版)

バッテリー残量が30%以下になると減りが早い

使用しててちょっと気になったのは30%を下回った状態になるとバッテリーの減りが早くなる点です。とくに消費電力が大きい電化製品を使うとその症状が顕著になります。

編集部

Jackery1500の充電残量が30%しかないけど、カフェラテを作ってみます。

出力数1200Wの電子レンジで2分間カフェラテを温めたら、30%の残量が一気に16%まで減りました。通常だったら2%しか減らないはずのバッテリー残量が一気に16%も減ってしまったのです。。。

編集部

この検証の時は2分で3%しか使わなかったのに…

編集部

もう一回検証してみます

Jackery1500 電化製品 電子レンジ

編集部

やはり、1分半で11%も消費してしまいました…

ひとことメモ

残量30%あたりからバッテリーの減りが早くなる事が判明しました。意識して30%を切らないように給充電した方が安心かつ快適に過ごせそうです。

本体の重量は結構重いので持ち運びには注意しよう

ポータブル電源の全般は軽量設計ではなく、機能性が重視されています。当然容量が大きくなればなるほど、本体も重くなるので、重量はある程度妥協が必要です。しかし、「Jackery ACE 1500」は約15kgとなっており、ポータブル電源の中でもかなりの重さがあります。

天面にハンドルが付いているとは言え、女性が持つにはギリギリの重さです。ポータブル電源は性能重視で購入すべきですが、「Jackery 1500」を女性が持ち運ぶには少々辛さがある点にご注意ください。

ひとことメモ
ただし「Jackery ACE 1500」は、このサイズでは比較的に軽量化されています!性能が低くても15kgを超えるポータブル電源は多数存在しています。

LEDライトが搭載されていない

「Jackery 1500」にはLEDライトが搭載されていません。

今のところ、Jackeryの製品は全てLEDライト非搭載なので、かゆいところに手が届いてないというのは1つのデメリットと言えます。

実際にキャンプやアウトドアだと暗い場所でいろいろな作業をするので、明かりがあるととても便利なのですが、このポイントだけは改善してもらいたいところです!

ひとことメモ
明かりが必要という人は、別途ランタンやライトスタンドも検討しておきましょう。

Jackery 1500のデザイン・外観・同梱品

所有の電化製品を利用できる性能があるか、実用性を一番に確認したいポータブル電源ですが、デザイン性をチェックしておきたい人もいるでしょう。おしゃれなキャンプ用品も登場している中、ポータブル電源の見た目も良いに越したことはないですよね?

そのような人向けに、次に「Jackery 1500」の外観や重量、充電性能、価格などを確認していきましょう。

デザイン・外観・重さ

  • サイズ:35.5 × 25.3 × 26.5 cm
  • 重量:およそ15kg

「Jackery 1500」の本体カラーには、グレーとオレンジがメインで採用されています。これは他のJackery製品も同様で、ブランドのイメージカラーにもなっています。

はっきりとしたオレンジのカラーに対して、ソフトなグレーを配色することで、全体的に落ち着いた仕上がりに!オレンジでかっこよさを感じる見た目ですが、キャンプ用品で利用しても派手すぎず、誇張しすぎないバランスの取れたデザインと言えます。

本体はボックス形状となっており、持ち運び時の安定性は抜群!車の隅にスッキリ置くことも可能ですし、本体の上に荷物を重ねても、壊れることはありません。

Jackry1500 使用感 取手

また、天面には収納可能なハンドルを搭載しています。重量のあるポータブル電源ですが、利便性も非常に高いですね!

  Jackry1500 使用感 上に物が

Jackry1500 使用感 取手
Jackry1500 使用感 取手

取手部分が倒れる為、上のスペースに物が置けるようになっています。ちょっとしたことで床や地面に荷物を置かなければない時便利です。

本体の表面には入出力ポートと液晶ディスプレイを搭載!「INPUT」や「AC」などコンセントの種類だけなく、各ポートの出力値も記載されています。

特に、USBポートはそれぞれ最大出力や規格も異なりますが、ぱっと見で判別できて非常に便利です!

Jackry1500 レビュー 口コミ

本体の側面にはスリット状の穴が並んでいますが、放熱の役割があります。熱を持つと故障の原因にもなりますが、放熱穴を複数開けることで、効率的に本体を冷却!

長期間使用し続けるための設計も怠っていませんね!

本体の外装にはプラスチック素材を採用しています。一般的なポータブル電源は金属設計で耐久性もありますが、一方で重量が増えたり、錆びるというデメリットもあります。

しかし、「Jackery 1500」は強度の強いプラスチック素材なので、高耐久性・軽量化を実現!さらに、錆や腐食が発生することもないので、いつでも清潔に利用できます。

Jackry1500 使用感 防災

本体のサイズは「幅35.5 × 奥行き25.3 × 高さ26.5cm」、重量は約15kgとなっています。サイズとしてはポータブル電源の中でも大きすぎるわけではなく、平均25cmの1Lペットボトルと同程度の高さです。

重量はプラスチック素材を利用していることもあり、機能性の高さやバッテリー容量も考慮すると、比較的軽量の設計に!それでも15kgの重量は、手で持ち上げるとずっしりとした重さがあるので、持ち運び時は落下させないように気を付けましょう。

Jackry1500 使用感 防災

搭載端子の種類

「Jackery 1500」に搭載されている、電子機器の充電や電化製品の給電を行える出力端子は下記の通りです。

Jackry1500 レビュー スペック

  • ACポート × 3
  • USB-Aポート(5V / 2.4A)× 1
  • USB-Aポート(QC3.0)× 1
  • USB-Cポート(PD)× 1
  • シガーソケット × 1

Jackry1500 パソコン 充電

AC出力ポートが1800Wの高出力となっているのはもちろんのこと、USBポートもデバイスの急速充電が可能なQC3.0やPD規格に対応しています。バッテリーが切れたスマホやタブレット、ノートパソコンであっても高速で充電され、使えるようになりますよ!

ポータブル電源本体を充電する入力端子は、DCポートが2つ搭載されています。従来のモデルではアンダーソン端子も搭載されていましたが、「Jackery 1500」ではDCポートのみとなります。

Jackry1500 使用感 防災

本体の充電に掛かる時間

「Jackery 1500」本体の充電方法には、AC・ソーラー・シガーソケットの3つのパターンがあります。充電速度もそれぞれ異なり、公式発表の満充電までの時間としては下記の通りです。

Jackery1500 充電時間 
Jackery1500 電子ケトル コーヒー
  • ACアダプター 単体利用:約6時間
  • ACアダプター 並列利用:約3時間
Jackery1500 充電時間 
Jackery1500 充電時間 
  • ソーラーパネル「Jackery SolarSaga 100」単体利用:約22時間 並列使用:約11時間

    数あるポータブル電源の中でも超大容量の1488Wh / 414300mAhですが、ACアダプターを2つ利用すると、約3時間で満充電となる圧倒的なスピードです!

    ひとことメモ
    バッテリー容量が「Jackery 1500」より少ない従来モデル「Jackery 1000」であっても、ACアダプター単体の利用で満充電までに約7.5時間掛かりました。本体の充電性能は格段に上がっていますね!

    同梱品

    「Jackery 1500」の同梱品としては、下記の通りです。

    同梱品

    1. ポータブル電源本体
    2. ACアダプター
    3. 車載用充電シガーソケット
    4. ポーチ
    5. シガーソケット
    6. 取扱説明書

    ガバッと開くタイプのポーチなのでコード等の出し入れにストレスがないです。

    Jackry1500 レビュー 口コミ

    このシガーソケットはソーラーパネルを充電するのに必須アイテムです。

    Jackry1500 レビュー 口コミ
    Jackry1500 レビュー 口コミ

    ソーラーパネルはJackery1500に繋げることができません。inputにシガーソケットを挿入してください。

    Jackry1500 レビュー 口コミ
    Jackry1500 レビュー 口コミ

    次にソーラーパネルのコードを先ほど差し込んだシガーソケットに繋げます。

    Jackry1500 レビュー 口コミ

    きちんと接続したことが確認取れたら写真のような青いランプが点きます。

    価格

    機能性の高い「Jackery 1500」であっても、気になるのは本体の価格。高価なポータブル電源であれば、用途がぴったりでも購入しない人がほとんどでしょう。

    「Jackery 1500」の価格は176,000円となっており、大容量ポータブル電源の中でも高額なものとなります。しかし万人向けの製品ではない分、使用用途がバチっとハマるとこれ以上ない便利で安心な機種はないでしょう。

    メーカー 定格出力 電池容量 価格
    Jackery 1800W 1488Wh 176,000円
    ECOFLOW 1600W 1260Wh 159,500円
    EENOUR 1000W 1800Wh 199,900円
    BLUETTI 2000W 2000Wh 239,880円

    【実験】Jackery 1500で充電できる電子機器や充電回数を試してみた

    そこでPicky’s編集部では全部で30製品にのぼる電化製品を実際に試してみました!

    Jackery ACE 1500で使ってみた電化製品一覧

    1. スマホ、タブレット、イヤホン、PC
    2. カメラ、ビデオカメラ、Gopro
    3. スピーカー、プロジェクター、nintedo switch
    4. 電子ケトル、コーヒーミル
    5. ドライヤー、ヘアアイロン
    6. 炊飯器、電子レンジ、たこ焼き器、トースター
    7. 扇風機、サーキュレーター
    8. 暖房器具(セラミックヒーター)・電気毛布
    9. ポータブル冷蔵庫
    10. 65型テレビ、照明器具
    11. DIY工具、電動ドリル、ジグソー、電動ドリルなど
    12. お掃除家電のケルヒャー

    電化製品

    たこ焼き器

    Jackery1500 たこ焼き器

    たこ焼き器の連続使用可能時間
    • たこ焼き器は約100分 (650W)

    電気ケトル、コーヒーミル

    Jackery Ace 1500 電気ケトル

    Jackry1500 レビュー コーヒー

    電気ケトル、コーヒーミルの連続使用可能時間
    • 電気ケトルは約70分 (1200W)
    • コーヒーミルは約240回  (115W)

    暖房機器、電気毛布

    Jackery1500 電気毛布 暖房器具  

    Jackery1500 ヒーター 電気毛布
    Jackery1500 ポータブル電源 最強
    Jackery1500 ヒーター 電気毛布
    Jackery Ace 1500 故障

    W数の表示が0でしたが電流チェッカーで確認したところ給電はされていました。この症状については記事下段、「Jackery1000と 1500のスペック比較」に記述しました。

    セラミックヒーターと電気毛布の連続使用可能時間
    • セラミックヒーターは約2.3時間(500W)
    • 電気毛布は約39時間 (60W)

    炊飯器

    Jackery1500 炊飯器
    炊飯器の使用可能回数
    • 炊飯器2回分(750W)

    電子レンジ

    Jackery1500 電化製品 電子レンジ
    Jackery Ace 1500 電子レンジ
    電子レンジの連続使用可能時間
    • 電子レンジは約50分(1350W)

    ドライヤー

    Jackery1500 電化製品 ドライヤー アイロン

    ドライヤー、ヘアアイロンの連続使用可能時間
    • ドライヤーは85分(1200W)
    • ヘアアイロンは8時間 (350W)

    トースター

    Jackery1500 トースター 使用できるか

    ひとことメモ
    トースターの連続使用可能時間
    • トースターは60分

    ポータブル冷蔵庫

    Jackery1500 電化製品 ポータブル冷蔵庫

    ポータブル冷蔵庫の連続使用可能時間
    • ポータブル冷蔵庫は29時間 (60W)

    扇風機、サーキュレーター

    Jackery1500 電化製品 扇風機 サーキュレーター

    ポータブル扇風機とサーキュレーターの連続使用可能時間
    • ポータブル扇風機は約300回(充電回数) 300回(5W)
    • サーキュレーターは約36時間(25W)

    ケルヒャー

    常時679Wですが実際の噴出時は1400Wでます。Picky’s編集部ではJackery 1500の他にJackery1000でも同時に検証しました。検証の中で唯一「Jackery 1500しか使用できなかった電化製品」がこのケルヒャーK2です。

    Jackery 1000を使用するとヒューズが飛んで注意マークが出てきて使用不可となりました。このマークは【過負担】の時にでる異常マークです。Jackery1000は2000W出力が限界と公式HPに記載がありますが、ケルヒャーのように突然倍以上の高出力になる電化製品には対応しきれないようです。最初からケルヒャーのような大型で高出力の本格的電化製品を使用される方はJackery1500の購入をお勧めします。

    Jackery1500が使用できない家庭用電化製品はPicky’s編集部では見つけることができませんでした! 

    ケルヒャー2の連続使用可能時間
    • ケルヒャーK 2は約50分 (1400W)

    ガジェット

    Jackery Ace 1500 ガジェット

    スマホ、タブレット、イヤホンなど

        

    ガジェット類は何回充電できたか
    • イヤホンは約1033回 (40mAh)
    • スマホは約146回 (2815mAh)
    • PCは20回 (20000mAh)
    • タブレット 52回(7182mAh)

    スピーカー、プロジェクター、ゲーム

    Jackery Ace 1500 カメラ プロジェクター

    スピーカー、プロジェクター、Nintendo Switchの連続使用可能時間
    • スピーカーは 約4時間(330W)
    • プロジェクター(Vankyo)は 約9時間 (160W)
    • プロジェクター(アンカー)は 約180時間 (8W)
    • Nintendo Switchは 約90時間 (16W)

    カメラ、ビデオカメラ、GoPro

    Jackery Ace 1500 カメラ GoPro

    カメラ類の充電可能回数
    • カメラ(一眼&コンデジ)約72回分(20W)
    • ビジネスカメラ 約57回分 (25W)
    • GoPro                  約120回分 (12W)

    DIY工具

    Jackery1500 電化製品 DIY工具

    DIY工具の充電、連続使用可能回数
    • 電動ドライバー約17時間 (83W)
    • 電動ドリル  約14時間(200W)
    • ジグソー   約5時間(283W)
    • 電動ドライバー約15時間(280Wh)
    • 高速切断機    約120分 (650W)

    電動ドライバー

    Jackery1500 ポータブル電源 DIY

    電動ドリル

    Jackery Ace 1500 電動ドリル
    Jackery1500 ポータブル電源 最強

    ジグソー

    Jackery Ace 1500  ジグソー 

    電動ドライバー(充電型)

    Jackery Ace 1500 充電式電動ドライバー
    Jackery Ace 1500 故障

    W数の表示が0でしたが電流チェッカーで確認したところ給電はされていました。この症状については記事下段、「Jackery1000と 1500のスペック比較」に記述しました。

    高速切断機

    Jackery Ace 1500 高速切断機

    電動ドリルとジグソー

    Jackery Ace 1500 2台同時

    撮影機器

    ライト、モニターの連続使用可能時間
    • ライト(2機同時)13時間 (171W)  
    • モニター12時間 (183W)

    撮影用ライト

    Jackery Ace 1500 撮影用ライト

    モニター

    Jackery Ace 1500 モニター

    Jackery1500 使えるもの モニター 

    Jackery 1500のバッテリー容量と充電回数をチェック

    電子機器 バッテリー使用量 充電回数
    iPhone 12 2815mAh 117回
    GALAXY S20 4000mAh 82回
    iPad Pro 10.5インチ 8134mAh 40回
    MacBook Pro 15000mAh 22回
    イヤホン 400mAh 1033回
    たこ焼き器 650W 100分
    コーヒーミル 115W 240回
    セラミックヒーター 500W 2時時間
    電気ケトル 1200W 70分
    炊飯器 750W 2回分
    電子レンジ 1350W 50分
    ドライヤー 85分 1200W
    ヘアアイロン 350W 8時時間
    ポータブル冷蔵庫 60W 29時間
    扇風機 5W 5日
    サーキュレーター 25W 36時間
    ケルヒャー 1400W 50分
    スピーカー 330W 4時間
    プロジェクター(Vankyo) 160W 9時間
    Nintendo Switch 16W 90時間
    カメラ(一眼&コンデジ) 20W 72回
    ビデオカメラ 25W 72回
    GoPro  12W 120回
    撮影用ライト 171W 13時間
    モニター 183W 12時間
    電動ドライバー 83W 17時間
    電動ドリル 200W 14時間
    ジグソー 283W 5時間
    電気ドライバー バッテリー式 280Wh 15時間
    高速切断機 650W 120分

    ポータブル電源はデバイスへ給電する際、電力ロスが発生します。電力ロスは約20%発生するため、全体バッテリー容量の約80%を給電に充てられることになります。

    「Jackery 1500」の場合、バッテリー容量は1488Wh / 414300mAhとなるので、1190Wh / 331,440mAhまで利用できる計算です。

    しかし、電力ロスを考慮してもバッテリー容量は非常に大きいため、スマホやタブレットの充電でバッテリー切れとなる心配はありません。また、電子機器の中でも大容量のMacBook Proであっても、約22回充電可能です。

    ただし、電子機器の充電用途として利用するには高性能すぎるので、下位モデルにあたる「Jackery 700」や「Jackery 400」でも問題ないでしょう。

    低出力の電化製品を長時間利用できるのはもちろんのこと、たこ焼き器や電気鍋などの高出力な電化製品であっても、1時間以上給電することが可能です。

    キャンプで自宅の調理器具を利用し、本格的な料理を作りたい人にもぴったりですよ!また、電気毛布や扇風機は一晩中電源を入れておけるので、車中泊時にも大活躍ですね。

    Jackery 1000と1500のスペック比較

    Jackery1500 Jackery1000 比較 

    Jackeryのハイエンドモデルのポータブル電源は、これまで「Jackery 1000」でした。そこから新たに登場した「Jackery 1500」ですが、「Jackery 1000」とどちらを購入しようか迷っている人もおられるでしょう。

    それぞれのポータブル電源のスペック比較表としては、下記の通りです。

    Jackery 1000 Jackery 1500
    定格出力 1000W 1800W
    瞬間最大出力 2000W 3600W
    バッテリー容量 1002Wh / 278400mAh 1488Wh / 414300mAh
    サイズ 33.2 × 23.25 × 24.3 cm 35.5 × 25.3 × 26.5 cm
    重量 10.6kg 15.0kg
    出力ポート AC×3、USB-C×2、USB-A×2、シガー×1 AC×3、USB-C×1、USB-A×2、シガー×1
    入力ポート DC×1、アンダーソン×1 DC×2
    出力波形 正弦波 正弦波
    価格 139,800円

    「Jackery 1000」から「Jackery 1500」へ機能性がアップしたタイミングで、DC入力ポートが増えたり、液晶ディスプレイが一層見やすくなったりと、設計が見直された点はあります。しかし、Jackeryのポータブル電源は各モデル間に、細かな機能差はありません。

    ただし「Jackery Ace 1500」は本格的な電化製品を同時利用できるパワーを持ちます。例えば、下記のような場面でポータブル電源を利用する場合はジャクリ1500を選ぶ必要性があるでしょう!

    • 電子レンジ・冷蔵庫・エアコンなどの高出力電化製品を単体で利用
    • スマホ・タブレット・ノートパソコンなどを同時充電

    下位モデルの「Jackery 1000」でも定格出力1000W、最大出力2000Wなので、基本的な電化製品は単体利用できます。「Jackery 1000」の利用でデメリットとなっていたのは、高出力の電化製品を同時利用する場合でした。

    よって、本格的な電化製品であっても単体利用する場合「Jackery 1500」ではオーバースペックとなるので、「Jackery 1000」も検討してみることをおすすめします!

    関連記事:【徹底比較】本格的大容量のポータブル電源Jackery1000で30以上の家電製品を徹底的に検証

    W出力の弱い電化製品はW数が表示されないことがある

    ガジェットの充電や、電気毛布など出力数が50W以下のものは、時々モニター画面のW数の出力が表示されない現象が起きます

    Jackery 1500 電力チェッカー

    電化製品の方が故障しているのかな?と思い、電流チェッカーで測定してみると

    Jackery 1500 電力チェッカー

    このようにきちんとW出力が表示され、充電されていることが確認できました。Jackery HPには

    Jackery 1500が大容量が故に出力W数が弱い電化製品のW数を検知することができない時もあります と記載されていました。

    普段使いする場合は出力W数よりも残量パーセンテージの方が重要なのでそこまで困ることはないかと思いますが、「故障かな?」と感じる方もいると思うので、留意しておきましょう。

    Jackery 1500と同性能のポータブル電源を比較

    Jackery 1500 ECOFLOW EFDELTA1300-JP BLUETTI AC200P
    定格出力 1800W 1600W 2000W
    瞬間最大出力 3600W 3100W 4800W
    バッテリー容量 1488Wh / 414300mAh 1260Wh / 350000mAh 2000Wh / ー
    サイズ 35.5 × 25.3 × 26.5 cm 27.0 × 40.0 × 21.0 cm 42.0 × 28.0 × 38.6 cm
    重量 15.0kg 13.6kg 27.5kg
    出力ポート AC×3、USB-C×1、USB-A×2、シガー×1 AC×6、USB-C×2、USB-A×4、シガー×1 AC×6、USB-C×1、USB-A×4、DC×4、シガー×1、ワイヤレス×2
    出力波形 正弦波 正弦波 正弦波
    価格 159,500円 239,880円

    「Jackery 1500」と同等の性能を持つのが、ECOFLOWとBLUETTIのポータブル電源です。

    出力値やバッテリー容量は大きな差がありませんが、出力ポート数は「Jackery 1500」が一番少ないです。ただし、10台以上の電子機器や電化製品を同時に接続することはないので、「Jackery 1500」のポート数でも十分と言えます。

    価格の安さであればECOFLOW、出力値であればBLUETTIとなりますが、他にも重視したいのが実績!知名度や人気度はJackeryが一番高いので、安心安全の実績でポータブル電源選びに失敗したくない人は、「Jackery 1500」をおすすめします。

    Jackery 1500のおすすめアイテム

    「Jackery 1500」を太陽光発電するにはソーラーパネルが必要となりますが、いくつか種類があります。また、他にもポータブル電源本体を収納できる便利なバッグも!

    ここでは、「Jackery 1500」と一緒にチェックしたいおすすめ関連アクセサリーをご紹介します。

    Jackery SolarSaga 100

    Jackery SolarSaga 100

    Jackery SolarSaga 100

    「Jackery SolarSaga 60 PRO」から電力出力値を改善したモデルが「Jackery SolarSaga 100」です。最大出力は100Wまでアップし、ポータブル電源をより高速で充電できます。

    「Jackery SolarSaga 60 PRO」も最大出力は68Wと決して低くありませんが、超大容量のポータブル電源を充電するには出力不足です。「Jackery 1500」の場合、満充電とするには並列接続であっても10時間以上掛かります。

    当然、価格は高額となりますが、現実的な速度で充電したい人は「Jackery SolarSaga 100」をおすすめします。

    Jackery SolarSaga 100

    2枚以上ソーラーチャージャーを繋げたい人は、この「並列接続用ケーブル」が必ず必要となります。合わせて購入しておきましょう。

    Jackery SolarSaga 60 PRO

    「Jackery SolarSaga 60 PRO」はポータブル電源を68Wの高出力で充電できるソーラーパネルです。Jackery製なので安心して利用できるのはもちろん、特殊な素材で防水・防塵など耐久性にも優れています。

    本体の裏側にはキックスタンドが取り付けられており、効率良く太陽光を浴びることも可能!また、折りたたんで収納しておけるので、車で持ち運ぶ時もスペースを取りません。

    「Jackery 1500」にソーラーパネルは付属していないので、太陽光で充電したい人は是非検討してみてくださいね。

    Jackery Portable Power Bag P10/S3

    「Jackery 1500」は重量のあるしっかりとした設計で、かつ強度の強いプラスチック素材を利用しているので、耐久性に優れています。

    しかし、デメリットとして防水設計ではない点が挙げられます。また、表面の入出力ポートを保護するカバーがないため、砂やホコリから守ることもできません。

    そこでおすすめするのが、本体の専用ケース「Jackery Portable Power Bag P10/S3」です。「Jackery 1500」の全面を保護できるので、防水・防塵性能は完璧!さらに、ケースの内部にはクッション素材が利用されているため、耐衝撃性も抜群です。

    専用ケースを利用し、高価な「Jackery 1500」を故障させないようにしましょう!

    Jackery 1500 よくある質問

    「Jackery 1500」はどこで購入するのがおすすめですか?

    「Jackery 1500」には、購入から2年の保証期間が設けられています。保証期間内に不具合が発生した場合、新品と交換もしくは製品代金の返金となります。

    ただし、保証を受けられるのはJackery Japan公式オンラインストア、または正規販売代理店で購入した場合のみです。

    メルカリやヤフーオークションなどを利用すれば、「Jackery 1500」を安く購入することは可能です。しかし、メーカー保証を受けるためにも、フリマ以外で購入することをおすすめします。

    「Jackery 1500」を安く購入する方法はありますか?

    Jackeryでは、定期的にポータブル電源のセールを行っています。セールの最新情報は「Jackery Japan 最新SALE情報」からご確認ください。

    また、メーカー保証を受けられるAmazonでもセールを実施しています。Amazonのセール情報は公式サイトには掲載されないので、安く購入したい人は随時チェックすることをおすすめします。

    「Jackery 1500」の寿命はどれくらいですか?

    ポータブル電源の寿命は残量0%から100%まで充電し、電力が0%まで放電するサイクル指標で表します。

    Jackeryの従来モデルは500サイクルでしたが、「Jackery 1500」は800サイクルとなりました。劣化しにくい高品質のリチウムイオン電池により、長年利用することが可能です。

    Jackery製以外のソーラーパネルは利用できますか?

    Jackeryは「Jackery SolarSaga 60 PRO / 100」の2つのソーラーパネルを推奨しています。他社製のソーラーパネルも互換性があれば、利用可能です。

    ただし、保証外となるので、ご注意ください。

    リチウムイオン電池を長持ちさせる方法はありますか??

    「Jackery 1500」で利用されているリチウムイオン電池は、一般的に約40%のバッテリー残量で保管しておくと、劣化が少ないと言われています。しかし、緊急時に備えて保管するのであれば、40%の残量は少々不安が残りますよね?残量が100%の状態で保管するのは劣化を早めてしまうので、60~80%程度で留めておくのがベストです
    [/FAQsection]

    Jackery 1500まとめ

    Jackery 1500」は従来モデルと比較し、電池容量も電力出力値も大幅にアップしています。特に、最大出力値がアップしたメリットは大きく、高出力の電化製品であっても同時利用できるようになりました。

    さらに、キャンプや車中泊の一般利用に限らず、クリエイターやイベンターなどのプロも業務利用できるレベルに!

    しかし、「Jackery 1500」には重量が重すぎる、高価といったデメリットもあります。高すぎる機能性がゆえに、利用者は限定されてくるでしょう。

    ワンランク下のモデルにあたる「Jackery 1000」でも、電化製品の給電や電子機器の充電は十分に行えます。利用目的を明確にした上で、自分にぴったりのポータブル電源を選定するようにしましょう!

    Rentryでは今回紹介したJackery 1500 ACEやその他にも多くポータブル電源をレンタルしています。

    レントリーのポータブル電源レンタルページへ行く

    この記事は参考になりましたか?

    SNS

    Picky’sのSNSアカウントをフォロー