【100秒で沸騰】ジェットボイルおすすめ6選!アウトドアでの人気器具の気になる口コミや最新機種まで徹底解説

ジェットボイル

出典:jetboil.jp

バーナーとクッカーが一体になった調理器具「ジェットボイル」。コンパクトなのに強火力と、キャンプ・登山・釣りなどのアクティビティーで大人気です。

しかし、ジェットボイルを検索すると種類が幾つかあり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。しかも値段が1万円~2万円と高価なので、導入のメリット・デメリットをよく理解し、自分に合ったジェットボイルを購入したいところです。

そこでこの記事では、アウトドア初心者にもわかりやすく、ジェットボイルの選び方や使い方を徹底解説。ジェットボイルの人気ランキングはもちろん、役立つ関連アイテムの紹介も行います。便利なアウトドア用品がほしいと思っている人にぴったりの記事です。

小さな火力で素早く沸騰「ジェットボイル」

小さな火力で素早く沸騰「ジェットボイル」

ジェットボイルとは、アウトドア用品の販売を行う米企業「JETBOIL(ジェットボイル)」が手掛ける、人気の低燃費クッキングシステムです。お湯を沸かしたり、簡単な調理が行えます。

編集部

JETBOILの製品は、日本代理店「モンベル」から購入できます。

ジェットボイルを導入するメリットは2つあります。

メリット1.最短100秒でお湯が沸くスピード仕様

最短100秒でお湯が沸くスピード仕様

ジェットボイルは、最短100秒でお湯を沸かせます。普通のガスバーナー(アルコールや固形燃料よりも沸騰が早い)でも、500mlのお湯を沸かすのに3分ほどかかりますから、この数字は驚異的です。

スピーディーにお湯が沸くと、思い立った時にコーヒーを飲んだり、フリーズドライ・アルファ米・カップラーメンの調理を手際よく行え、体の冷えやすいアウトレジャーも楽しみやすくなります。

メリット2.取り回しやすい「オールインワン設計」

取り回しやすい「オールインワン設計」

出典:jetboil.jp

ジェットボイルは、取り回しやすいオールインワン設計もメリットです。クッカーの中に、バーナー・台座・ガスカートリッジ・ゴトクをすっぽり収納でき、ザック(リュック)に入れても省スペース。

編集部

初心者だと、アウトドアに必要な調理用具を一つ一つ揃えるのは大変なので、オールインワン設計はありがたいですね(ただしガスカートリッジは別売り)。

ザックのスペースを節約したい人や、調理用具を買いなれていない人におすすめです。

ジェットボイル おすすめの選び方

ジェットボイルの種類は幾つかあります。全機種の詳細なスペックを一つ一つ確認するのは大変ですが、絶対に外せないポイントを4つにまとめたので、ぜひ参考にしてください。

  1. 種類
  2. サーモレギュレーター
  3. 自動点火装置
  4. オプションパーツ

6種類それぞれの特徴を活かした選び方をしよう

ジェットボイル おすすめの選び方

出典:jetboil.jp

ジェットボイルには、「スタッシュ」「フラッシュ」「ジップ」「マイクロモ」「ミニモ」「スモー」の6種類があります。価格差が最大1万円ほどあるので、自分にあったものを選ぶことが大切です。

スタッシュ フラッシュ ジップ マイクロモ ミニモ スモー
クッカー容量 800ml 1000ml 800ml 800ml 1000ml 1800ml
本体重量 200g 440g 400g 400g 500g 550g
沸騰時間(500ml) 150秒 100秒 150秒 140秒 140秒 228秒(1L)
出力 1134kcal/h 2269kcal/h 1134kcal/h 1404kcal/h 1404kcal/h 1404kcal/h
サーモレギュレーター なし なし なし あり あり あり
値段(税込) 19,880円 16,830円 12,100円 20,900円 22,000円 23,100円

値段はモンベルオンラインショップ(2022年2月現在)のものです。

スピード重視なら高火力の「フラッシュ」がおすすめ

スピード重視なら高火力の「フラッシュ」がおすすめ

出典:amazon.co.jp

スピード重視なら、高火力の「フラッシュ」がおすすめ。フラッシュは沸騰までの時間が100秒と、ジェットボイル最速です。

フラッシュは、インスタントラーメン・フリーズドライ・コーヒー・紅茶などをよく利用する人に向いています。沸騰までの時間がじれったく感じられることも多いですよね。フラッシュなら待ち時間を少なくし、ストレスフリーで調理ができます。

機動性重視なら「スタッシュ」「マイクロモ」が有能

機動性重視なら「スタッシュ」「マイクロモ」が有能

スタッシュ 出典:amazon.co.jp

機動性重視なら「スタッシュ」「マイクロモ」が有能

マイクロモ 出典:amazon.co.jp

機動性重視なら「スタッシュ」や「マイクロモ」がおすすめです。スタッシュはジェットボイルの中で最軽量、マイクロモは軽さと機能にバランスのある機種です。

スタッシュに向いているのは、とにかく荷物を減らしたい人です。本体重量は200gとフラッシュの半分以下。アタッチメントをクッカーに収納すると、高さはわずか11.2cm。350mlの缶よりも低くなります。身軽さが求められるサイクリング・ULハイキング(軽量登山)などにおすすめです。

マイクロモは、サーモレギュレーター(後述)が付いたジェットボイルの中で最軽量。気温の低い環境でも着火させられます。オールシーズンで使えるモデルなら、マイクロモがおすすめです。

コスパ重視なら「ジップ」が最安

コスパ重視なら「ジップ」が最安

出典:amazon.co.jp

コスパ重視なら「ジップ」が最安です。値段は12,100円(2022年2月現在のモンベルオンラインストアの数字)。

ジップに向いているのは、アウトドア初心者の人です。便利な調理器具がほしいけど、装備にそれほどお金をかけるわけにもいかない。ジップには、サーモレギュレーターや自動点火装置はありませんが、シンプルで故障しにくいのが利点です。

調理重視なら大容量&火力調節可の「ミニモ」「スモー」が◎

調理重視なら大容量&火力調節可の「ミニモ」「スモー」が◎

ミニモ 出典:amazon.co.jp

調理重視なら大容量&火力調節可の「ミニモ」「スモー」が◎

スモー 出典:amazon.co.jp

調理のしやすさ重視なら、大容量で火力調節もできる「ミニモ」や「スモー」がおすすめ。とろ火で煮込み料理を作ったり、2~4人のコーヒーを一度に作ったりできます。

ミニモは、クッカーの直径が12.7cmと広口浅型のジェットボイル。インスタントラーメンを割らずに投入できるなど、調理しやすいのがメリットです(麺の大きさによります)。

一方、スモーは背丈がシリーズで一番高い21cm、容量も最大の1800mlです。人数分の飲み物を準備したり、たっぷりのお湯でパスタを茹でたりできます。

それぞれの良いところを活かした選び方をしていきましょう。

冬キャンプには「サーモレギュレーター」が必須

冬キャンプには「サーモレギュレーター」が必須

出典:jetboil.jp

冬キャンプなど、寒い季節のアウトレジャーには「サーモレギュレーター」の装備されたジェットボイルが必須です。ジェットボイルの燃料はガスなので、低温化では火がつきにくくなります(ガスが気化しなくなるから)。

サーモレギュレーターが装備されたジェットボイルは、マイナス6℃まで対応。季節を問わずジェットボイルを活用したいなら、サーモレギュレーター付きの機種を購入してください。

編集部

サーモレギュレーターの装備されたジェットボイルは、マイクロ・ミニモ・スモーです。

自動点火装置がついていると作業が楽チン

自動点火装置が付いていると作業が楽です。マッチ・ライターを使わなくても着火させられます。頻繁にアウトドアを楽しむ人におすすめです。

編集部

自動点火装置の付いたジェットボイルは、フラッシュ・マイクロモ・ミニモ・スモーです。

オプションパーツを揃えると調理の幅が広がる

オプションパーツを揃えると調理の幅が広がる

出典:amazon.co.jp

オプションパーツを揃えると、調理の幅が広がるのでおすすめです。ジェットボイルは炒め物に対応しませんが、別売りのフライパンやクックポットを購入することで、野菜炒めや肉料理に挑戦できます。

おすすめのオプションパーツ
  • ジェットゲージ……ガスカートリッジの残量を知る測定器です
  • クックポット……ジェットボイルのバーナーにセットできる専用クッカー
  • フライパン……焦げにくいセラミック加工が施されています

詳しいパーツの説明は、この後「おすすめ関連用品6選」で行います。ぜひご覧ください。

対応機種に注意

オプションパーツによっては、全ての機種に対応していないものもあるので、仕様をよく確かめてから購入してください。

「ジェットパワー(ガスカートリッジ)」は忘れずに購入しよう

「ジェットパワー(ガスカートリッジ)」は忘れずに購入しよう

出典:amazon.co.jp

オプションの中でも、忘れずに購入したいのが「ジェットパワー(ガスカートリッジ)」。ガスカートリッジはジェットボイル本体に付属しないからです。

ジェットパワーとは、ジェットボイルの下部に装着するガス缶のこと。一般的なガス缶の約2倍長持ちです。

例えば、「ジェットパワー100G」なら、500mlの水を24回(12L)沸かす性能があります。

一回の食事で、ご飯(アルファ米)用に160ml・スープ用に200ml・コーヒー用に200mlのお湯を使うとしましょう。すると、一週間で使うガスの量は以下のように計算できます。

(160ml+200ml+200ml)×3回×7日=約11.7L

小さなガス缶一つで、一週間分の燃料を確保することになるのです(目安)。

アウトドアを十分楽しむためにも、純正ガスカートリッジ「ジェットパワー」を活用していきましょう。

編集部

別メーカーの製品や互換性製品のカートリッジも使えるかもしれませんが、故障や何かしらの事故があった場合はメーカーは保証してくれません。安全に利用をしたい人は純正製品の利用をおすすめします。

ジェットボイルvs他社製クッカーセット どっちがおすすめ?

ジェットボイルと同じような製品(類似品)に、アルコール式・バーナー式のクッカーセットがあります。例えば、次のようなメーカーが有名です。

  • Esbit(エスビット)
  • CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)
  • Fire-Maple(ファイアメイプル)
  • MSR

ジェットボイルと他社製のクッカーセット、どちらがおすすめなのでしょうか。

「ジェットボイル」は調理時間を短縮したい人におすすめ

「ジェットボイル」は調理時間を短縮したい人におすすめ

出典:jetboil.jp

ジェットボイルは、調理時間を短縮したい人におすすめです。ジェットボイル最大のセールスポイントが時短だからです。

アルコールバーナーは500mlのお湯を沸かすのに約8~10分かかります(機種によります)。対して、ジェットボイルは2分程度で完了。ファミリーキャンプでも人数分の飲み物をすぐ準備できます。

こんな人におすすめ
  • 少しでも早くお湯を沸かしたい人
  • 人数分の調理を手早く済ませたい人
  • オプションパーツで便利に使いたい人

「クッカーセット」はゆったりしたアウトドアにおすすめ

「クッカーセット」はゆったりしたアウトドアにおすすめ

出典:amazon.co.jp

一方クッカーセットは、ゆったりしたアウトドアや、コスパ重視の人におすすめです。10,000円以下で購入できるクッカーセットもあります。

例えば、Esbit(エスビット)のアルコール式クッカー「ESCS985ST0」は、バーナー・クッカー・ゴトクが一式揃った便利セット。アマゾン価格7,500円です。

燃料にアルコールを使うメリットは、低温でも着火させられること。沸騰までの時間は長くなりますが、氷や雪の上でもクッカーを使えます。ゆったりした時間を楽しみたい人はアルコール式をチョイスしましょう。

こんな人におすすめ
  • 値段の安さを重視する人
  • のんびりアウトドアを楽しみたい人
  • 寒くても確実に着火させたい人

ジェットボイル人気ランキングの比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(amazon、楽天、Yahoo、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格本体サイズ本体重量クッカー容量沸騰時間出力サーモレギュレーター自動点火機能
JETBOIL(ジェットボイル) ウトドアバーナー ZIP(ジップ)楽天市場¥7,680 AmazonYahoo!直径10.4cm×高さ16.5cm(収納時)400g0.8L約2分30秒 (0.5L)1134kcal/h--
JETBOIL(ジェットボイル) アウトドアバーナー FLASH(フラッシュ)楽天市場確認中 AmazonYahoo!直径10.4cm×高さ18cm(収納時)440g1.0L1分40秒 (0.5L)2269kcal/h-
JETBOIL(ジェットボイル) アウトドアバーナー MiniMO(ミニモ)楽天市場¥22,000 AmazonYahoo!直径12.7cm×高さ15.2cm(収納時)500g1.0L2分20秒(0.5L)1512kcal/h
JETBOIL(ジェットボイル) アウトドアバーナー MicroMo(マイクロモ)楽天市場¥20,200 AmazonYahoo!直径10.4cm×高さ16.5cm(収納時)400g0.8L2分20秒(0.5L)1512kcal/h
JETBOIL(ジェットボイル) アウトドアバーナー SUMO(スモー)楽天市場¥23,100 AmazonYahoo!直径12.5cm×高さ21cm(収納時)550g1.8L2分20秒(0.5L)、4分45秒(1.0L)1512kcal/h
JETBOIL(ジェットボイル) アウトドアバーナー STASH(スタッシュ)楽天市場¥17,126 AmazonYahoo!直径13cm×高さ11.2cm(収納時)200g0.8L約2分30秒 (0.5L)1134kcal/h--

ジェットボイルおすすめ人気ランキング6選

【もっと便利に】ジェットボイルのオプションパーツの比較一覧表

続いてジェットボイルにあると便利なオプションパーツランキングの紹介です。

商品最安価格本体サイズ本体重量
JETBOIL(ジェットボイル)ジェットパワー 100G / 230G楽天市場¥506 AmazonYahoo!-200g
JETBOIL(ジェットボイル) ジェットゲージ楽天市場¥2,371 AmazonYahoo!-100g
JETBOIL(ジェットボイル) アウトドア クックポット楽天市場¥8,032 AmazonYahoo!幅16×奥行16×高さ12.2cm306g
JETBOIL(ジェットボイル) アウトドア用フライパン サミットスキレット楽天市場¥5,830 AmazonYahoo!幅20.3×奥行21.6×高さ4.8cm(フライパン)300g
JETBOIL(ジェットボイル) コーヒープレス楽天市場¥2,650 AmazonYahoo!10cm22g
JETBOIL(ジェットボイル) ハイキングキット楽天市場¥4,620 AmazonYahoo!18cm(収納時)54g

【もっと便利に】ジェットボイル おすすめのオプションパーツ 6選

【他社製】クッカーセットの比較一覧表

続いては、沸騰時間はジェットボイルほどまで短くないものの、コスパが抜群のクッカーセットの紹介です。

商品最安価格本体サイズ本体重量クッカー容量沸騰時間出力自動点火機能燃料同梱物
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) クッカーセットM-6400楽天市場¥4,893 AmazonYahoo!直径 11.1×高さ 6.5cm(ケース収納時)500g--2700kcal/hガスクッカー・バーナー・ガスカートリッジ
Esbit(エスビット) アウトドア ステンレスクックセット ESCS985ST0楽天市場¥7,360 AmazonYahoo!直径 11.1×高さ 23.5cm530g1L---アルコールゴトク・バーナー・メッシュバッグ
Treat Me キャンプ クッカーセット楽天市場確認中 AmazonYahoo!-----ガス火台・クッカー・メッシュポーチ

【他社製】クッカーセット おすすめランキング3選

ジェットボイルって本当に必要?口コミをチェック

ジェットボイルのメリットは理解できましたが、本当に便利なのでしょうか。口コミをまとめたのでご紹介します。

良い口コミ:「驚くほど早く沸く」「かさばらない」

良い口コミ:「驚くほど早く沸く」「かさばらない」

出典:jetboil.jp

  • 驚くほど早く沸く
  • かさばらない
  • ザックに収納しやすい

ジェットボイルの良い口コミは、「驚くほど早く沸く」「かさばらない」などでした。沸騰スピードは折り紙付きのようです。ザックに収まりやすいのも好評で、キャンプ・登山・ハイキング・トレッキングなどで良い口コミが目立ちました。

悪い口コミ:「値段が高い」「炒め物ができない」

悪い口コミ:「値段が高い」「炒め物ができない」

  • 値段が高い
  • 炒め物ができない

ジェットボイルの悪い口コミは、「値段が高い」「炒め物ができない」でした。

クッカーとバーナーがセットで買える「クッカーセット」の相場は5,000~10,000円なので、10,000~20,000円の価格設定は高いと感じる人も。

また、ジェットボイルは空焚きできないので、できる料理が限られます。コーヒー・ラーメン・パスタなどは得意ですが、焼き魚・野菜炒め・燻製・焼きそばなどは作れません。「これ」という特定の料理が決まっている人は、ダッチオーブンやバーベキューコンロの購入も検討してみましょう。

編集部

ジェットボイル本体は高いですが、ガス使用料は一般的なガスバーナーの約半分です。これはジェットボイルならではのコスパのよさなので、値段を考えるときは維持費のことも念頭に置くといいかもしれません。

関連記事:大人数からソロキャン用まで!バーベキューコンロおすすめ20選|持ち運びに便利な折り畳みモデルも

関連記事:キャンプで盛り上がること間違いなし!ダッチオーブンおすすめ20選|使いやすい家庭用モデルも

ジェットボイルの使い方

ジェットボイルの点火方法・トラブルの対処方法・注意点を説明します。

ジェットボイルの点火方法

ジェットボイルの点火方法

  • 点火方法
  • STEP.1
    ガス缶のセット
    ガス缶にスタビライザー(安定台)を取り付けます。
  • STEP.2
    バーナーのセット
    ガス缶にバーナーを取り付けます。時計回りにねじ込んでください。
  • STEP.3
    点火
    火力調節つまみを回します。反時計回りに2回程度回転させ、十分ガスが出るようにしてください。点火ボタンを押して点火します。

自動点火装置がついていない場合は、ライターやマッチなどで着火してください。

ガス漏れに注意

バーナーは適切に取り付けないとガス漏れします。必ず時計回りにねじ込み、しっかりとセットしましょう。

ジェットボイルが点火しない時

ジェットボイルが点火しない時

ジェットボイルが点火しない時は、以下の4点を確認してください。

  1. ガスカートリッジが空になっていないか
  2. 気温が低すぎないか
  3. 点火装置が故障していないか
  4. ガスの吹き出し口が詰まっていないか

ガスは気温が低いと気化しにくくなります。雪や氷の上で使用すると点火しなくなる可能性があるため使えません。低温環境下では、両手でガスカートリッジを暖めるなどしてから使用するようにしましょう。

風が強いときは風よけを用意しよう

風が強いときは風よけを用意しよう

出典:amazon.co.jp

ジェットボイルは風の影響を受けやすい器具です。風で火が煽られ、ジェットボイル本体を焦がすなどトラブルになることもあります。

トラブルを避けるために、風よけがあると便利です。バーナーを囲うように設置できる防風板があるので活用してみてください。

ジェットボイルの調理例

ジェットボイルの調理例を2点ご紹介します。

パンやおにぎりと合う「コンソメスープ」

パンやおにぎりと合う「コンソメスープ」

材料

  • ウインナー(2~3本)
  • ミックスベジタブル(大さじ5)
  • たまご(1個)
  • コンソメ(小さじ3)
  • 塩コショウ(適量)
  • 水(500ml)

作り方

  1. ウインナーを切ります
  2. ジェットボイルに水をはり、沸騰したら火をとめて、ウインナー・ミックスベジタブル・コンソメを入れて弱火で煮ます
  3. 塩コショウをし、とき卵を加えて完成です

参考:ジェットボイル風・コンソメスープ|JETBOIL

和スイーツにも挑戦「栗ぜんざい」

和スイーツにも挑戦「栗ぜんざい」

材料

  • つぶあん(150g)
  • お餅(3枚)
  • 栗の甘露煮(1個)
  • 水(150ml)

作り方

  1. ジェットボイルにつぶあん・水を加えます
  2. 弱火で沸騰させます
  3. お餅を入れて1分ほど煮ます
  4. 最後に栗を加えて完成です

参考:栗ぜんざい|JETBOIL

ジェットボイルの「レシピ本」もある

調理初心者の人は、ジェットボイル専用のレシピ本もあるので活用してみてはいかがでしょうか。サラダ・スープ・ごはんもの・パスタ・スイーツなど、様々なレシピが紹介されています。

ジェットボイルの洗浄方法・収納方法

ジェットボイルの洗い方

ジェットボイルの洗い方

洗い方
  • ウェットティッシュやキッチンペーパーを使う
  • 非金属の柔らかいスポンジを使う

外出先でジェットボイルの汚れを拭き取りたいときは、ティッシュやキッチンペーパーを使いましょう。キャンプや登山で水を利用することはほぼできないからです。

水道があるときは、非金属のやわらかいスポンジ等を使ってやさしく洗浄してください。金属製のたわしでごしごし洗うと、容器表面の「アナダイズド加工」を傷つけてしまいます。

アナダイズド加工とは?

アナダイズド加工とは、容器保護のため硬質な酸化アルミニウムの層を作る加工です。耐食性・耐消耗性が高まります。

ジェットボイルのしまい方

ジェットボイルを収納するときは、スタビライザー(台座)・バーナー・ジェットパワー(ガスカートリッジ)・ゴトク(五徳)・蓋の順番で収納します(上図参照)。

付属の取扱説明書を読んで、安全に作業してください。

編集部

装備の確認をするときは、ライターやマッチも入れ忘れないようにしましょう。ガス缶のガスがなくなったり、自動点火装置が故障したりすることもあるからです。

アウトドアで気になるアイテム

燻製も作れる「ダッチオーブン」

ダッチオーブンは、肉・魚・野菜をおいしく調理できる、アウトドアでも人気のアイテムです。スモークチップを使って燻製を作ることも可能。ビールのお供にチーズやスモークチキンはいかがでしょうか。

関連記事:キャンプで盛り上がること間違いなし!ダッチオーブンおすすめ20選|使いやすい家庭用モデルも

アウトドアの定番「バーベキューコンロ」

アウトドアの定番バーベキュー。ソロキャンプにおすすめの携帯型コンロや、収納しやすい折り畳み式、焚火台と兼用できる焚火台モデルなどがあります。炭火で焼肉を楽しみたい人は、ぜひチェックしてみてください。

関連記事:大人数からソロキャン用まで!バーベキューコンロおすすめ20選|持ち運びに便利な折り畳みモデルも

炊飯もできる「クッカー」

お米を炊くこともできる「クッカー」。フライパン・鍋・ケトル・お椀・しゃもじなどが一式揃った、オールインワンモデルもあります。調理器具を手軽に揃えたい人におすすめです。

関連記事:【炊飯器より美味しく炊ける】ライスクッカーおすすめ20選|ユニフレーム・コールマンも【2022比較】

その他のおすすめアイテム

関連記事:【最高に美味しく淹れる】アウトドア用コーヒー道具おすすめ27選|最強のミル・ドリッパーも紹介

関連記事:登山やキャンプに!シングルバーナーおすすめ20選|形状や燃料による違いを解説

関連記事:【テント内でも安全】冬キャンプにおすすめの暖房29選|ソロキャンプ ・寝るとき用のストーブも

関連記事:【チクチクしない素材も】焚き火シートおすすめ15選|危険性や注意点も解説

ジェットボイル よくある質問

ジェットボイルはどこで買うのがおすすめですか?

ネット通販・モンベルストアがおすすめです。「モンベルストア」とは、モンベル製品を中心に、アウトドア用品が手に入る店舗です。お近くのモンベルストアは、モンベルのオンラインストアから「店舗」をご覧ください(こちら)。ネット通販は、Amazon・楽天・Yahooショッピング・価格.comなどがおすすめです。

ジェットボイルのパーツ修理(点火装置等)はどうすればいいですか?

メーカーサイトの「お問い合わせ」から修理を依頼しましょう。モンベルは製品の部材・交換用パーツを販売しています。オンラインストアより、ホーム>「よくある質問」>「修理・メンテナンスについて」と進んで、「お問い合わせ」ボタンからパーツ交換を依頼してください(こちら)。

ジェットボイルからガス漏れします、どうすればいいですか?

以下の4点を確認してください。①火力調節バルブは完全に閉まっているか、②ガスカートリッジが適切に取り付けられているか、③調節用リングが破損していないか、④専用ガスカートリッジを使っているか。ガスカートリッジを取り付けるときは、ねじを締める要領でしっかりと締めます。ゆるんでいるとガス漏れするのでしっかり確認しましょう。

ジェットボイルの中古は大丈夫ですか?

使用感や点火装置に注意して購入しましょう。ヤフーオークション(ヤフオク)・楽天市場・ジモティー・メルカリ・au PAYマーケットなどではジェットボイルの中古が販売されています。販売中止になったシングルバーナー「マイティーモ」も手に入るかもしれません。中古品は点火装置が故障しているケースも多いので、よく確かめてから購入してください。

ジェットボイル まとめ

ジェットボイル まとめ

ジェットボイルの選び方をまとめましょう。

  • 荷物を減らしたい人は、小型の「スタッシュ」
  • 早くお湯を沸かしたい人は、火力の強い「フラッシュ」
  • コスパ重視の人は、最安の「ジップ」
  • 寒い季節でも使え、値段と性能にバランスのある「マイクロモ」
  • 料理をしたい人は、広口の「ミニモ」
  • 複数人でジェットボイルを使いたい人は、大容量の「スモー」

ジェットボイルはキャンプ・釣り・登山など、アウトドアで大活躍の調理アイテムです。温かい飲み物で一息つきたい、調理のわずらわしさを軽減したい。そんな人にぴったり。

ぜひ、自分に合ったジェットボイルを使い、快適なアウトドアを楽しんでいきましょう。

関連記事:これぞ箸革命!キャンプ用箸おすすめ22選|分割&収納タイプの口コミも紹介

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー