【2022】DIY初心者にもおすすめ!ジグソー人気15選 & 売れ筋を徹底比較

ジグソー のアイキャッチ

DIYにおける最も大切な機材のひとつである、ジグソー。休日を楽しみ、オリジナルの家具を作るためには欠かせない道具です。

ジグソーは、初心者必須の機材であり、かつ、こだわりある上級者になっても使い続けるマストアイテム。

だからこそ多数のメーカーが豊富なラインナップを展開しており、どのジグソーを選べば良いのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回は、Picky’s編集部がジグソーの選び方とおすすめ商品を15選紹介!

公式スペックはもちろん、良い口コミも気になる口コミもしっかり調査している正確なレビューとなっていますので、ぜひ読んで参考にしてみてください。

そもそも、ジグソーとは?

ボッシュ

出典:amazon.co.jp

ジグソーとは、木材から金属、プラスチックといった材料を切る、いわゆる電動ノコギリです。

木材をカットする工具といえば丸のこも思い浮かびますが、

ジグソーは直線だけでなく曲線も自在にカットすることができ、

安全性も高く、扱いやすさも丸のこに上回ることから、DIY初心者にはやはりジグソーをおすすめします。

ジグソー 刃

出典:amazon.co.jp

また、ジグソーは用途に合わせて刃を交換することができ、自分好みの刃を使って作業できることもまた楽しいポイントです。

刃には、木工用や金属用、あるいは曲線用や仕上げ用など様々な種類があります。

ジグソーによってねじ止めタイプやボッシュタイプなど、刃の固定方法が変わってきますので、

刃を購入する際は、自分のジグソーの固定方式に合ったものを選ぶようにしましょう。

ジグソー おすすめの選び方

ストローク数で選ぶ

ストローク数

出典:amazon.co.jp

ストローク数とは、刃が1分間に上下する回数のこと。数値が高いほど1分間に上下する回数が多く、素早くカットすることができる商品であると言えます。

基本的にジグソーの性能はこのストローク数の高さで決まるため、ストローク数は商品を選ぶ際の重要な指標となります。単位は「min-1」で、例えば500min-1であれば1分間に500回上下する商品である、となります。

また、上下する幅を表すストローク幅も意識して見てみましょう。

ストローク幅の数値が高いほど一度にカットできる分量が多くなり、こちらもまた素早くカットすることができる商品であると言えます。

ひとことメモ
まずはストローク数を意識してみよう

サポート機能で選ぶ

サポート機能

出典:amazon.co.jp

また、その製品が持っているサポート機能の種類で選択するのも非常におすすめです。

各メーカーが販売しているジグソーは、まっすぐ切る指標となる線がある「切断線ガイド」や、切断作業時に出る切粉を吹き飛ばす「ブロワ機構」、握り具合でストロークを変えることができる「無段階変速機」など、機種ごとにそれぞれ多様なサポート機能を持っています。

特に初心者の方は、最初はまっすぐに切ることも難しいので「切断線ガイド」機能を持つジグソーを選ぶと安心です。

メーカーや各機種によって個性が出るサポート機能ですので、ぜひともその仕様をチェックしてから購入してくださいね!

ひとことメモ
自分の用途に合ったサポート機能を選ぶことが大切

オービタル機能で選ぶ

オービタル機構

出典:amazon.co.jp

オービタル機能とは、通常上下に動くブレードを前後にも動かすことができる機能。使用すると切断時間の短縮が図れるため、非常に便利な機能です。

やや断面が荒くなってしまうデメリットもありますが、特に木材の切断をすることが多い方には、メリットとなることが多いでしょう。なお、オービタル機能の強弱も操作できる製品であれば、整えたいところは弱めにするなど、うまくコントロールすることも可能です。

もともとは高級品である指標ともなっていたオービタル機能ですが、最近では10,000円前後の比較的リーズナブルな商品にも付属されています。

ひとことメモ
オービタル機能とは、ブレードを前後に動かし素早くカットする技術

ジグソー おすすめの人気ブランド

マキタ

マキタ

出典:amazon.co.jp

マキタは、国内シェア約60%、日本最大手の電子工具製造メーカーです。日本中のプロがマキタの製品を使用しているため、「とりあえずマキタを選んでおけば間違いない」と言っても過言ではないほどの実績を誇る一大ブランドであると言えます。

大正時代から続く日本伝統の精密なものづくりを継承するマキタ製品は、今や世界40カ国以上で事業を展開し愛されているほど。長きにわたって電子工具の第一線で活躍している、信頼の厚いメーカーです。

世界中のどこであっても依頼を受ければ3日で修理する「修理3日体制」が有名な企業でもあります。

リョービ

リョービ

出典:amazon.co.jp

 

リョービは、DIYのお供として一般家庭に浸透している電子工具メーカーです。

1943年に設立されたリョービは、元々航空兵器の部品を手がけていた会社。金型の制作から仕上げまで全ての工程を一貫して自社で行う「一貫体制」が名高い、安心できるブランドです。

製品の使用感の良さは世界中に広がり、近年は中国やタイなど世界にも続々と進出し今なお発展を続けている企業です。

HiKOKI

出典:amazon.co.jp

HiKOKI(ハイコーキ)は、旧名:日立工機の、マキタと人気を二分している人気メーカーです。職人さんに愛されているイメージの強いメーカーでもあります。

また、HiKOKIは性能向上にかなり意欲的な社風。近年ではライバルであるマキタに先行して、高スペックと評価の高い「マルチボルト」シリーズを展開したことが話題となっています。

さらに、コードレスの商品開発にも力を入れている企業です。特にスペースの限られているDIYでは配線を鬱陶しく思うことも多いため、我々DIYユーザーの強い味方となってくれるメーカーであると言えるでしょう。

ボッシュ

ボッシュ

出典:amazon.co.jp

ボッシュは、ヨーロッパ全土やアメリカで圧倒的な知名度を持つ海外のメーカーです。プロフェッショナルからアマチュア用まで幅広い商品展開をしていることが特徴

車や時計など、職人気質の多いドイツ出身のボッシュ。1886年創業の長い歴史から一貫してレベルの高い機械製品を作り続けるボッシュ製品はどれも、ドイツらしく「壊れにくく」「使いやすい」と評判です。

1度使うと離れられなくなる世界レベルの高性能を味わって、DIYの世界に深入りしてみましょう。

ブラックアンドデッカー

ブラックアンドデッカー

出典:amazon.co.jp

ボッシュと肩を並べて世界の電子工具マーケットを動かしているのがブラックアンドデッカー。その製品はどれも一貫して赤と黒で統一された、男らしく格好いいデザインが特徴のアメリカの企業です。現在では定番のピストル型の電動ドリルを世界で初めて開発したことでもよく知られています。

DIY(=Do It Yourself)を「日曜大工」と結びつけたのも、実はブラック・アンド・デッカー。

歴史と権威を持ち、時代を作り続けてきた誇り高き世界最大のメーカーです。

【入門者向け】ジグゾーおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格ブランド寸法重さ電源ストローク数ストローク幅
リョービ(RYOBI) ジグソー MJ-50A 615918A¥4,880 Amazon楽天市場Yahoo!リョービ(Ryobi)18.5 x 6.7 x 18.4 cm1.3kg単相100V3,200min-116mm
ブラックアンドデッカー コンパクト オービタルジグソー 100V オレンジ KS701PE-JP¥4,418 Amazon楽天市場Yahoo!ブラックアンドデッカー(Black + Decker)22 x 6.8 x 19.5 cm0.5 キログラムAC100V(50/60Hz)3000min-119mm
高儀 EARTH MAN オービタルジグソー JSW-100sc¥5,027 Amazon楽天市場Yahoo!髙儀(Takagi)22 x 7 x 19 cm2100グラム電源コード式1500~2800min-118mm
新興製作所 新興製作所(SHINKO) 変速ジグソー SJS-400A SJS-400A¥4,230 Amazon楽天市場Yahoo!新興製作所(SHINKO)25.2 x 21.2 x 8.6 cm1.98 kgAC100V電源800~3000min-118mm
山善 ジグソー TRYBUILシリーズ TAJ-400確認中 Amazon楽天市場Yahoo!山善(YAMAZEN)25.2 x 21.2 x 8.4 cm1.92 kg100V電源コード式800~3000min-118mm

【入門者向け】コスパ最高なおすすめジグゾー5撰

【王道ブランド】ジグゾーおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格ブランド寸法重さ電源ストローク数ストローク幅
マキタ(Makita) ジグソー オービタル付 JV0600K¥13,829 Amazon楽天市場Yahoo!マキタ(Makita)11 x 37 x 33 cm113 g電源コード式500~3,100min-123mm
リョービ(RYOBI) ジグソー J-6500V 619200A¥8,054 Amazon楽天市場Yahoo!リョービ(Ryobi)6.7 x 17.3 x 20.5 cm1.7 kgAC100V3000min-120mm
HiKOKI(ハイコーキ) 旧日立工機 ジグソー 木材65mm AC100V 無段変速タイプ CJ65VF¥10,786 Amazon楽天市場Yahoo!HiKOKI(ハイコーキ)20 x 10 x 20 cm1.5 kg電源コード式3,000min-118mm
BOSCH(ボッシュ) SDSジグソー PST800PEL¥10,500 Amazon楽天市場Yahoo!ボッシュ(BOSCH)38.4 x 29 x 9.8 cm1.9 kg電源コード式3000min-120mm
ブラックアンドデッカー コードレスジグソー 18V BDCJS18B¥8,800 Amazon楽天市場Yahoo!ブラックアンドデッカー(Black + Decker)29.3 x 25.6 x 9.4 cm2.23 kgコードレス2500min-120mm

【王道で安心】王道ブランドのおすすめジグゾー5撰

【ハイグレード】ジグゾーおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格ブランド寸法重さ電源ストローク数ストローク幅
マキタ(Makita) 充電式ジグソー 本体ケース付 18V JV182DZK¥30,061 Amazon楽天市場Yahoo!マキタ(Makita)48 x 30 x 12 cm5 kg充電式3500min-126mm
BOSCH(ボッシュ) SDSジグソー PST1000PEL¥12,564 Amazon楽天市場Yahoo!ボッシュ(BOSCH)20 x 10 x 22 cm2.2 kg電源コード式3100min-123mm
HiKOKI(ハイコーキ) 36Vコードレスジグソー CJ36DA(NN)¥31,500 Amazon楽天市場Yahoo!HiKOKI(ハイコーキ)27.7 x 8.1 x 20.6 cm2.3 kgコードレス3500min-126mm
パナソニック 充電ハイパワージグソーEZ4550(18V)¥38,549 Amazon楽天市場Yahoo!パナソニック(Panasonic)27.5 x 26 x 10.5 cm3.07 kgコードレス2500min-125mm
Bosch Professional(ボッシュ) 18Vバッテリージグソー GST18V-LIH¥64,021 Amazon楽天市場Yahoo!ボッシュ(BOSCH)26 x 22 x 10 cm2.4 kgコードレス2700min-123mm

【本格派】ハイグレードなおすすめジグゾー5撰

 

 

 

ジグソー よくある質問

カットできる素材がわからない

一般的な木材のほか、ブレードを交換すればアクリル、鋼板、塩ビ、ステンレス、真鍮などがカット可能な素材です。

どの素材まではカットできて、どの素材は故障してしまうか、といった指標は、ジグソー本体の性能というよりは使用する刃の種類によって決まることがほとんどですので、ジグソーを購入する際はあまり気にしなくても良い点かもしれません。

使っていく中で使用用途が変わってきたり、新しくカットしたい素材が出てきたりしたときに、追加でそれに合った刃の購入を検討しましょう。

負荷をかけるとスピードが落ちてきてしまう

厚い素材や硬い素材をカットすることが多く、スピードダウンに悩んでしまう方には「電子制御」機能搭載のジグソーがおすすめです。

電子制御機能は、高負荷の使用時にも速度維持を促してくれる頼もしい機能。たまに硬い素材をカットする、という具合であれば非搭載でも困らない機能ですが、頻繁にそうした素材を扱う方には、必須機能とも言えるものかもしれません。

今回紹介したジグソーの中では、HiKOKI(ハイコーキ) 旧日立工機 コードレスジグソー 36V CJ36DA(NN)、Bosch(ボッシュ) Professional GST18V-LIHなどが、高度な電子制御機能を持っている製品です。

ジグソーの人気売れ筋ランキングもチェック

こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されているジグソーのランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

まとめ

ボッシュ

出典:amazon.co.jp

いかがだったでしょうか。今回はDIYの必須商品、ジグソーについてまとめてみました。

一口にジグソーと言っても、様々なサポート機能や使用があるため、それぞれの用途に合った一品を選ぶことが大切です。

今回の記事をぜひとも参考にして、自分に合ったジグソーを購入し、DIYライフをより充実したものにしてくださいね!

DIYをこれから始めたい人へ

これからDIYを本格的に始めたい人へおすすめ記事をピックアップしました!

ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:【電動ドライバー】おすすめ15選| 性能や使い方を徹底比較!

関連記事:インパクトドライバー おすすめ15選!メーカーや機能の違いを徹底比較

関連記事:【2021年版】おすすめ電動サンダー15選 | 種類や機能も徹底解説!

関連記事:電動ノコギリおすすめ17選!機能と特徴を選び方とともに紹介

関連記事:保護メガネおすすめ15選!選び方や形状のちがいを解説

関連記事:インパクトレンチおすすめ15選!メーカーごとの特徴や選び方を解説

関連記事:モンキーレンチおすすめ15選!おすすめメーカーや選び方を解説

関連記事:【用途別】最強ニッパーおすすめ17選|DIY・爪切り・プラモデル・ネイル用も!

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー