【2020年最新版】主婦が選んだ!ジューサーの人気おすすめランキング

   

ジューサー おすすめ

自宅で簡単に健康的な食生活を送ることを重要視する方が増えてきています!

野菜や果物の栄養分をそのままに近い状態で摂取できるジューサーは、美容にも健康にも良いということで、健康志向の強い方、またはお子さまのいるご家庭や、美意識の高い方々から大人気です。

スロージューサーや高速ジューサーなど色々なジューサーの名前を聞くと思いますが、実際に買うとなるとどの基準で選ぶのか?など迷ってしまいがちですよね。

用途や種類や、使いたい目的を理解して、選び間違いのないようにしていきましょう!

この記事ではジューサーとミキサーの違いや、ジューサーの売れ筋ランキング、ジューサーで出来るアレンジレシピなどをご紹介。

ジューサー選びのポイントも是非チェックしてくださいね!

目次

ジューサーとミキサーの違いは何なのか確認しよう

ジューサーを買おうと検討している方が一番に思う疑問が「ミキサーとの違い」です。

ジューサーとミキサーの出来ることの違いを確認して、目的に合った製品を購入しましょう!

ジューサーとはどういうものを差すの?

出典:Amazon

ジューサーとはフレッシュジュースを飲みたいときに使うものです。

ジュースにしたい果物と野菜を擦りおろすだけではなく、その後繊維と液体に分けて、ジュースのみを絞り出してくれる機械にのこと。

仕組みとしては、容器の底におろし金がついていて、そのおろし金を動かすことによって食材を擦りおろしています。

その後、ザル部分で繊維質が取り除かれて、食材(野菜や果物など)の果汁や液体のみを抽出することができるというものです。

搾りたてのフレッシュジュースを飲みたいという方はジューサーがおすすめ。

種類は「低速ジューサー」と「高速ジューサー」の2種類があり、それぞれ用途や目的が違います。

詳しく見ていきましょう。

ジューサーの種類別の目的を確認してみよう

低速ジューサー(スロージューサー)

低速ジューサーはゆっくり砕いてくれるので、野菜や果物の酵素をしっかり摂取したい方におすすめ。

ヘルシーで栄養価も高いフレッシュジュースが作れるので、より健康意識の高い方はこちらが人気です。

小さいお子様がいるご家庭でも、低速ジューサーで作ったフレッシュジュースは飲みやすいので人気がありますね!

ただし、細々した部品が多いため、お手入れや掃除に時間がかかってしまうというのがデメリットでもあります。

搾ったあとに出る搾りかすも料理に入れるなど、アイディアレシピで活用することもできます。

高速ジューサー

高速ジューサーは、早い回転でスクリューを動かし粉砕するものです。

一般に1分間に1万回以上回転して、野菜や果物を一気に砕いてジュース状にします。

また、高速ジューサーなら固い氷を入れてスムージーにすることや、製品によってヒーターが搭載されているものもあり、温かいスープを作ることも可能です!

デメリットとしては高速回転して食品を砕くという性質から、摩擦熱によって果物や野菜の酵素を破壊してしまう可能性があるということ。

近頃は開発が進み、高速ジューサーであっても摩擦熱が出ないよう工夫されている製品もあります。

栄養素をしっかりとりたいという方には、やはり低速ジューサーがおすすめですね。

ミキサーとは何のこと?

出典:Amazon

ミキサーとは、高速ジューサーに似た製品ですが、主な機能は食材をカットすることや、混ぜたりすることです。

日本以外の国ではブレンダーと呼ばれるのが一般的ですが、日本ではミキサーと呼ばれていますね。

ジューサーのようにジュースを作り出すという用途とは異なり、ミキサーでフレッシュジュースを作るためには基本的には砕いて自分で絞る必要があります。

ただし、「朝、スムージーを飲みたい!」という場合は、粉砕して撹拌してくれるミキサーがおすすめ

入れた素材をすべて摂取することができるので、栄養素をしっかりとれるスムージーにはミキサーの方が目的に合っていますよね!

では主なミキサーの種類を見ていきましょう!

ミキサーの種類

ミルミキサー

ミルミキサーとは、「ミル」の役割と「ミキサー」の2つの役割が使えるミキサーのこと。

スムージーを調理することはもちろん、小魚や昆布などを砕いただしづくり、ふりかけ作りなども出来る上、コーヒーのミルとして使うこともできます。

家庭に1台あるととても便利な調理器具です。

おすすめのミルミキサー|山善
山善(YAMAZEN)
最安値 ¥3,168 (税込)
ハンドミキサー

ハンドミキサーはお菓子作りによく使われる調理器具でお馴染みです。

ホイップクリームを作るときや、生地を混ぜるとき、メレンゲの泡立てなどにも重宝します。

元々手で回転させて立てる泡を、電動のミキサーの力で行うので欠かせない調理器具となっています。

アタッチメントが様々あるので、ドレッシングを簡単に作ることや、パン生地をこねるなどの用途に合わせて使うことも可能です!

おすすめのハンドミキサー|ドリテック
dretec
最安値 ¥2,460 (税込)

その他のミキサー類

ハンドブレンダー

ハンドミキサーと似て手で扱うことができるミキサーです。

軸が回転して入れた食材を撹拌させることができ、混ぜるだけではなく、潰す、泡立てる、刻むという様々な動作をすることができます。

ハンディサイズで扱いやすいので、お鍋に直接入れて撹拌することもでき、料理好きの方々の間では必須の調理器具のひとつ。

離乳食にもおすすめ!ハンドブレンダー|ブラウン
ブラウン ハウスホールド(Braun Household)
最安値 ¥6,308 (税込)
フードプロセッサー

フードプロセッサーは、ミキサーににた役割を持っていますが、液体状にするというよりは様々な固体をより細かく刻めるということ。

主には料理の下ごしらえを楽にするための調理器具と覚えておくと良いでしょう。

ハンバーグを作るなどの下ごしらえにも重宝するアイテムですね!

さらに、刃を変えることで、スライス処理ができたり、みじん切りをしてくれたり、最近ではもっと複雑な調理をしてくれるフードプロセッサーもあります。

1台8役!おすすめのフードプロセッサー|パナソニック
パナソニック(Panasonic)
最安値 ¥12,855 (税込)

ミキサー・ジューサーの選び方

目的で選ぶ

口当たりが柔らかい、フレッシュジュースが飲みたい方

サラっとしたジュースを作りたい場合は、スロージューサー(低速ジューサー)が断然おすすめです。

ミキサーでは繊維がたくさん入ってしまうので、口当たりはジュースというよりはスムージーに近くなります。

また、高速ジューサーでも同じように絞ることはできますが、酵素を破壊してしまうこともあるので、酵素を破壊せず、果汁や野菜のエキスだけをしっかり絞ってくれるスロージューサーが定番でしょう。

果物や野菜の繊維などもしっかり摂りたい方

スムージーなど、食物繊維や果肉もしっかり摂取したい方には「ミキサー」がおすすめです!

ミキサーは食材を粉砕して、刻んで液状にするので、そのまま食べるのと同じだけの栄養価を摂ることができます。

離乳食を作りたい方

 

お子さまが5カ月ごろからスタートする離乳食づくり。

似たり刻んだりするより、ミキサーなどで作れる方が手間もなくとっても簡単。

そういった場合は、ミルミキサー(ミル付きミキサー)がおすすめ

大きいミキサーやジューサーではうまく粉砕することが出来ませんが、ミルがついているミキサーであれば、少ない量を細かくしたり、流動食にするにも適しています。

また、10倍がゆや野菜を煮たペーストなどを作りたい場合は、お鍋に直接入れて調理することができるハンドブレンダーもおすすめです。

手軽に使えるので、お鍋から移すという手間もありません。

同じ要領で、ソースを作りたい場合も、ミルミキサーやハンドブレンダーは必需品と言えるでしょう。

お菓子作りをしたい方・泡立てをしたい方

お菓子作りの必需品といえば「ハンドミキサー」です。

ホイップを泡立てるときも、メレンゲを作るときも必須アイテム。

自分の手で泡立てることを考えれば、ハンドミキサーは一家に一台あった方がベター。

とにかく多機能なものが欲しい!という方

出典:Amazon

手軽に使えるものと言えば、ハンドブレンダー。

他の製品に比べてもサイズが小さくコンパクトで、出し入れも比較的簡単です!

混ぜたり、潰したりなどという基本操作だけでなく、アタッチメントを取り換えることで泡立てることも、刻むことも出来る優れものです。

使える素材で選ぶ

ジューサーの場合は使える素材、使えない素材があります。

一般的に使えるものは果汁が多いものや、硬すぎないもの、柔らかすぎないもの、粒の小さいものと定義されています。

実際に使うメーカーや種類によっても変わるので、メーカーごとしっかりチェックしていきましょう!

サイズで選ぶ

使う場所や仕舞う場所は、どんな調理器具でも困るもの。

実際に使うキッチンの広さや、収納場所のことなどを考えて購入するもの大切です。

大きいジューサーやミキサーは大量に作ることも出来ますし、色々なアタッチメントも多く付いていますが、置き場所に困るということがないようにしましょう!

価格で選ぶ

購入するのに予算はとても大切ですね。ジューサーやミキサーも価格帯は1000円台の格安なものから、数万、数十万するものまで様々です。

目的と予算をしっかり押さえて、購入する機種を検討しましょう。

氷も砕ける!2000円台のジューサー!
LAHUKO
最安値 ¥2,980 (税込)

お手入れ・掃除のしやすさで選ぶ

ジューサーやミキサーはとっても便利な調理器具ですが、細かく素材を粉砕する器具で、さらに細かなパーツがたくさんついているアイテムのため、お掃除がしやすいかどうか、お手入れがしやすいかどうかという所は、選ぶポイントとしてとても大切です。

お手入れのしやすさを考える場合は、構造がシンプルなものがおすすめです!

また細かくパーツを分解できるタイプの方が、水洗いでもある程度キレイになるので、おすすめ。

また、食洗器に対応しているかどうかも決め手になることが多いでしょう。

<span>洗いやすさ、組み立てやすさが際立つ!ヒューロムスロージューサー</span>
HUROM (ヒューロム)
最安値 ¥54,780 (税込)

スロー(低速)ジューサー・パワー(高速)ジューサー・ミキサーの違いまとめ

ビタミンの多さ、食物繊維の多さ、また後片付けのしやすさの観点から、それぞれの特徴をまとめてみました。

ビタミン食物繊維片付けのし易さ
スロージューサー
パワージューサー
ミキサー

ビタミンを摂りたい方はスロージューサーがおすすめ。

食物繊維を多くとりたい方はミキサーがおすすめですね!

メーカーや製品の違いで選ぶ

ヒューロム

HUROM (ヒューロム)
最安値 ¥49,800 (税込)

ヒューロム社は縦型のスロージューサーを初めて世に出したメーカーということで、スロージューサーのパイオニアとしてマニアの間では定評も人気もあります。

特徴的には、スロージューサーなのにスムージーや、豆腐に対応しているオプションが付属しています。※もちろんオプション付属しない製品も

一番人気は「HAA-BBA17」。ブラックのみ発売時期の関連で値段が上がっていますが、他のカラーバリエーションと機能や性能は同じです。

シャープ SHARP

シャープ(SHARP)
最安値 ¥4,480 (税込)

ヘルシオシリーズで有名な国内メーカーのシャープ。

真空で撹拌してくれるのがシャープのヘルシオシリーズならではです。

真空で混ぜてくれるので、野菜や果物が空気に触れて酸化することを防ぎ、食材がもつ栄養成分も保持してくれるという特徴があります。

パナソニック

パナソニック(Panasonic)
最安値 ¥12,475 (税込)

ミキサーからスロージューサー、パワージューサーまで人気上位機種はパナソニック製の製品が多くを占めています。

アタッチメントの豊富さもパナソニックならでは。パスタソースまで1台で作れる手軽さが人気です。

レシピブックもついているので、お料理好きの方にはおすすめのメーカーですね!

テスコム

最安値 ¥4,180 (税込)

テスコムはリラクゼーションからキッチン用品まで手掛ける家電メーカー。

テスコムは軽量でシンプルな設計なのに、低速プレス機能で皮まで絞ることができちゃいます。

さらに真空保存ができるボトルがついているのも嬉しいポイント!そのまま搾りたてを保存することができます。

アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
最安値 ¥10,600 (税込)

アイリスオーヤマといえば多様な家電製品を扱っている国内メーカーです。

通常スロージューサーといえば価格が高いイメージですが、アイリスオーヤマなら安価で、スタイリッシュなスロージューサーから、パワージューサーまでそろえることができます!

ハンドブレンダーなどもあるので、ラインで揃えるのも良いですね。

Vitamix

Vita-Mix (バイタミックス)
最安値 ¥151,800 (税込)

ハイパワージューサー(ハイパワーブレンダー)といえばVitamix。

普段食する果肉や、葉だけではなく、皮や種に含まれる栄養素までしっかり摂取しようというのがこの「Vitamix」です。

Vitamixならではの強力な粉砕パワーによって、皮だけでなく、芯や種までしっかり粉砕。

いつもは捨ててしまう部分も含めて、体に取り入れることが出来ます。

低速ジューサー(スロージューサー)の人気おすすめランキング5選

パナソニック 低速ジューサー ビタミンサーバー コールドプレス/あらごし/フローズン対応 レシピブック付 グラファイトグレー MJ-L600-H

パナソニック(Panasonic)
最安値 ¥28,000 (税込)

アイリスオーヤマ スロージューサー ホワイト ISJ-56-W

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
最安値 ¥10,600 (税込)

ヒューロム スロージューサー H26-DG17(ダークグレー)

HUROM (ヒューロム)
最安値 ¥38,999 (税込)

クビンス ホールスロージューサー レッド JSG-721R

Kuvings(クビンス)
最安値 ¥43,780 (税込)

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ジュースプレッソ レッド EJ-CF10A-R

シャープ(SHARP)
最安値 ¥4,480 (税込)

高速ジューサーの売れ筋ランキング5選

homgeek ミキサー ジューサー ミキサー小型 スムージー 氷も砕ける 人気 果物/野菜/離乳 操作簡単 高速回転ブレンダー 持ち運び おしゃれ MC-BL818

homgeek
最安値 ¥2,980 (税込)

VAVSEA ジューサー ミキサー小型 スムージー氷も砕ける 高速回転ブレンダー 銀色

VAVSEA
最安値 ¥3,850 (税込)

Homgeek ミキサージューサー スムージー 氷も砕ける 300W 23000高速回転 600ml 大容量 ミニボトルブレンダー 操作簡単 ボトルのまま持ち運び オフィス ピクニック 外出先 ホワイト

homgeek
最安値 ¥2,980 (税込)

homgeek ミキサー ジューサー ミキサー小型 スムージー 氷も砕ける 人気 果物/野菜/離乳 操作簡単 高速回転ブレンダー 持ち運び おしゃれ MC-BL818

homgeek
最安値 ¥2,980 (税込)

GearGO ミキサー スムージー 氷も砕ける ジューサー 600ml タンブラーミキサー 300Wハイパワー 23000高速回転/分

GearGO ミキサー スムージー 氷も砕ける ジューサー 600ml タンブラーミキサー 300Wハイパワー 23000高速回転/分
GEARGO

手動式ジューサーおすすめランキング3選

Joywish スクイーザー,レモン搾り【 おろし器/卵黄セパレータ/手動式ジューサー/計量カップ】果汁 絞り器,食洗機対応 食品級プラスチック 計量カップ 生搾り器 キッチン用品

ステンレス製 ハンドジューサー アミ付

ミネックスメタル
最安値 ¥2,280 (税込)

ハンド ジューサー 手動式ジューサー 搾り器 果汁絞り器 手動式 フルーツしぼり 手作り ジュース絞り器 ステンレス製 家庭用 業務用

BriSunshine
最安値 ¥10,780 (税込)

ハンド ジューサー 果汁絞り器 手動式 ジューサー ステンレス製 ハンドブレンダー 果汁 手作り ジュース絞り器 フレッシュジューサー フルーツしぼり 家庭用 業務用

AIDOUR
最安値 ¥8,100 (税込)

ハンド ジューサー 果汁絞り器 手動式 レモンしぼり ジュース絞り器 ステンレス製 業務用 家庭用 フレッシュジューサー グレープフルーツ オレンジ (1個セット)

FOUR LEAF CLOVER
最安値 ¥2,980 (税込)

業務用ジューサーならこれ!おすすめランキング5選

パナソニック 業務用ミキサー ホワイト MX-152SP-W

パナソニック(Panasonic)
最安値 ¥33,980 (税込)

業務用ジューサーミキサー,スマートタイマーメニュー,5L大容量,48000 Rpm ダブルノイズリダクション設計,2200W,220V,25 * 23 * 58cm

middle
最安値 ¥28,006 (税込)

ブラウン ハウスホールド(Braun Household) ブレンダー ブラック 1.25L パワーブレンド3 JB3060BK

DeLonghi(デロンギ)
最安値 ¥10,477 (税込)

果汁 しぼり器 グレープフルーツ 果汁絞り器 手動式 ジュースしぼり器 ステンレス製 ジューサー 3L 6L ハンド ジューサー 果物 果実 手作り 圧搾機 フレッシュジューサー フルーツしぼり 家庭用 業務用 (3L)

ADOUR
最安値 ¥21,119 (税込)

Hanchen オレンジジューサー 蛇口付き 60mm~90mmオレンジ対応 10kg 超大容量 ジュース飲料水容器 業務用 一台多役 全自動 オレンジの絞り器 時短 ジュース4~6杯/分 2000M-4-1 (ステンレス)

Hanchen
最安値 ¥349,000 (税込)

持ち運びも便利!一人暮らしで人気のジューサー3選

Homgeek ミキサー 600ml 大容量 ミニボトル ジューサー スムージー 氷も砕ける300w 最高23000高速回転 ブレンダー 操作簡単 ボトルのまま持ち運び (白1)

homgeek
最安値 ¥2,980 (税込)

ミキサー ジューサー 380ml 6枚刃 ブレンダー USB充電式 一台多役 栄養補充 食品級材質 22000高速回転 ミルクセーキ/プロテイン 野菜/果物 レッド

Tenswall
最安値 ¥2,199 (税込)

homgeek ミキサー ジューサー ミキサー小型 スムージー 氷も砕ける 人気 果物/野菜/離乳 操作簡単 高速回転ブレンダー 持ち運び おしゃれ MC-BL818

homgeek
最安値 ¥2,980 (税込)

離乳食におすすめなジューサー・ブレンダー3選

YUSIDO ハンドブレンダー 離乳食 ジューサー 泡立て器 ハンドミキサー ブレンダー 1台5役 800Wハイパワー 電動 ミキサー 氷・肉・果物・野菜 フードプロセッサー 調理器具 (ブラック)

YUSIDO ハンドブレンダー 離乳食 ジューサー 泡立て器 ハンドミキサー ブレンダー 1台5役 800Wハイパワー 電動 ミキサー 氷・肉・果物・野菜 フードプロセッサー 調理器具 (ブラック)
YUSIDO

ミキサー homgeek ジューサー 350W スムージー 氷も砕ける ブレンダー果物 離乳食 持ち運びやすい 栄養補充 水洗い可能 掃除簡単 過熱保護 mixer

homgeek
最安値 ¥4,080 (税込)

フードプロセッサー 離乳食 調理器 ブレンダー 幼児食 電動 ミキサー ジューサー 氷も砕ける 時短 水洗い可能 お手入れ簡単 300ml 1台5役 刻む・潰す・砕く・混ぜる・練る 結婚 出産祝い PSE認証済 日本食品安全認証済み (ホワイト)

YUSIDO
最安値 ¥2,680 (税込)

ジューサーの使い方をおさらいしよう!

フルーツや野菜の成分をより多く摂取するためにも、使い方をしっかり確認しておきましょう!

  1. ジュースにする果物や野菜をしっかり水洗いしましょう
  2. 水洗いした材料をジューサーの中へ入れます
    ※皮に栄養がたくさん入っている食材が多い為、そのまま入れることがおすすめ
    ※種はしっかり取り除いておきましょう!故障の原因になります
  3. 出てきたジュースを出来るだけ早く飲むのがおすすめです

ジューサーだけで作れるレシピ

ビタミンCたっぷり!果物&お野菜ジュース

レモンのビタミンCとクエン酸、にんじんのカロテンとカリウム、りんごのポリフェノールで免疫力アップが期待できる定番ジュースのご紹介です!

美肌にもなるジュースなので美容効果も抜群です。

材料
  • りんご 1個
  • にんじん 1本
  • レモン 1個
  • 氷 適量
   
    
  1. すべての材料をよく水洗いします!
  2. 程よい大きさにカットし、ジューサーに投入しましょう
  3. お好みで氷を混ぜたら出来上がりです

クレンズジュース

スロージューサーを持っていれば作れるクレンズジュース!

デトックスにもなりますし、ダイエット中に必要な栄養素が取れるディープグリーンのジュースのご紹介です。

  1. サラダほうれん草は5㎝にカット、パセリは小房に分け、甘夏・パイナップルは皮を剥いて一口大にカットしましょう
  2. 人参・りんご・セロリは一口大にカットしておきます
  3. 葉野菜・人参・セロリと、フルーツを交互に絞ったら、出来上がり!

バジル手作りマヨネーズ

バジル入りのマヨネーズなど、ソースを買うとするとお高いもの。

自宅で作れるソースのひとつとして、ぜひ常備してくださいね。

  1. まずバジルを洗って水気をキッチンペーパーで拭き取ります
  2. オリーブ油50ccとバジルをミキサーorジューサーに入れます
  3. ペーストに仕上げたらニンニクすりおろしを加えて、塩小さじ1入れます
  4. お酢・オリーブ油・卵黄・てんさいオリゴ糖を様子見ながら撹拌します
    お好みで仕上げに粗びき胡椒を入れるのがおすすめ!
  5. 容器に移して完成です!保管場所は冷蔵庫にしてくださいね

自家製ジンジャーエール

ジンジャーエールが自分で、自宅で作れたらと思うことはありませんか?

実はジューサーがあれば簡単に作れちゃう「自家製ジンジャーエール」。

レシピをチェックして是非チャレンジしてみてくださいね。

  1. ショウガをジューサーにかけます。スロージューサーがおすすめ。
  2. ジューサーにかけたショウガを、砂糖や唐辛子、クローブ、カルダモンと一緒に鍋で煮ます。
  3. ショウガエキスが完成したら、炭酸で割ってジンジャーエールの完成!
  4. ビールに入れてシャンディガフにするなど他レシピも楽しんでください。

搾りカスも一品に!しぼりかすを使ったレシピ3品

食物繊維がたっぷり入ったジャム

スロージューサーでジュースを作った絞りかすの重量を計り、絞りかすと同量~5割程度の三温糖を鍋に入れます。

ひたるくらいに水を加えて、柔らかくなるまで煮つめるだけで完成!

お好み焼き・たこ焼きに入れて柔らか食感に

お好み焼きやたこ焼きにジューサーやミキサーで絞ったしぼりかすを入れて焼くと、食物繊維の力でふっくら柔らかな食感に仕上がります。

野菜を食べない!というお子さま向けのレシピとしてもオススメです!

是非試してみてくださいね。

スロージューサーの絞りかすを使ったカレー

ジューサーで出た食物繊維をカレーに入れてしまえば、同時に繊維質も取れて栄養をのがさず摂取できます!

  1. スロージューサーで作ったジュースの絞りかすを準備します。
  2. トマトは 熱湯に30秒ほどつけて 冷水にとり 皮をむいてざく切りに。
  3. 牛肉は食べやすい大きさ、人参は乱切り、玉ねぎは半分をスライスして、残りをみじん切りにして下ごしらえは完成。
  4. 下ごしらえをした野菜を炒めたら、牛肉を加えて炒めます。
  5. 水を入れて調理開始。この時点で、ローリエと搾りかすを入れるだけ!
  6. カレールーを細かく刻んで、入れましょう。
  7. あとは煮込んで完成です!

ジューサーやミキサーを捨てたい!どうやって破棄すればいい?

ジューサーやミキサーのゴミの区分をご存じですか?

恐らく、何度も捨てることがあるものではない為、知らない方も多いのではないでしょうか。

破棄する前に必ずしなければいけないことは、お住まいの自治体で分別の区分をしっかり調べるということ。

ジューサーやミキサーは、地域によって「燃えないゴミ」「粗大ゴミ」「小型家電」に分別されます。

勝手に判断して捨ててしまうと、回収されないだけではなく、地域トラブルに発展してしまう可能性もあるので要注意です。

リサイクルショップやネット販売でも売れる?

必ず価格が付くというわけではなく無料での引き取りの可能性もありますが、状態の良いものであれば、リサイクルショップで買い取りをしてもらえるものもあります。

ネットで販売する際には、いくつかの角度から写真を撮り、製造年月日やメーカー、品番などをチェックしてコメントを入れることで出品できます。

気に入った方がいれば、思いがけない程いいお値段で売れることも。

ただし、必ずしも売れるわけではないので、在庫として残ってしまう場合もあります。

ジューサーの掃除・お手入れの仕方をチェックしよう

ジューサーやミキサーは部品やパーツが細かくたくさん付いているのが特徴。

また、刃も多いのでお手入れや掃除など、扱い方には注意が必要です。

製品を長持ちさせるためにも、洗うタイミングや、洗い方をチェックしておきましょう。

1.使用後すぐに水洗い

時間を置いてしまうと、汚れがこびり付いてしまい取れないという事態にもなりかねません。

できれば各パーツをバラバラにして、ざっとでも良いので水にさらす、浸けておくなどしておいた方がモアベター。

果汁や野菜などのカスがパーツや部品についてしまったままだと、その後のお手入れが大変です。

2.各パーツを洗剤で洗う

水洗いをしっかりしておけば大抵の汚れは取れていますが、雑菌などが繁殖しない為にも、しっかり洗剤で洗いましょう。

容器部分はスポンジで洗うのが良いですが、羽部分やカッター部分はブラシで洗うのが安全でもあり、汚れをしっかり落とすことができます。

どうしても時間がない場合は、ばらさずにぬるま湯をミキサーやジューサーへ入れ、中性洗剤をすこし入れてから撹拌すると汚れを落としやすくなります。

ジューサーQ&A

 

キャベツのような葉菜類をジュースに使うときのポイントは?

回キャベツや小松菜のように、水分が少なく繊維量が多い葉物野菜は、他の水分の多い果物などに比べると、ジュースを絞るのが大変です。
そのため、あらかじめ1cm角に切っておく下準備をしっかりする必要があります。
また入れる間隔も一気に入れるのではなく、5秒~10秒ごとに少しずつ重ねていれていくようにしましょう。
入れる順番も葉の部分と、茎部分を交互に入れる方がうまく馴染みやすいです。

 

アボカドやバナナを使いたいけど、うまくジュースになりません

バナナやアボカドなど水分量が少なく、粘り気が強いものをジュースにする際は、牛乳や水などと一緒にジューサーにかけることでスムーズな液体になりやすいので工夫してみましょう。

 

電気代はどのくらいかかるの?

回りんごジュースを4人分、毎日1年間続けて作った場合の平均は、約60円ほどといわれています。
メーカーや製品、食材の状態や投入スピードによって変化するのであくまでも目安です。※電気代22円/kwhにて計算

 

ジューサー・ミキサーの選び方まとめ

いかがでしたか?

ジューサーの中にもスロージューサーとパワージューサーがあり、低速と高速のそれぞれのメリットがありましたね!

1台あると健康意識だけでなく、料理の幅も広がりそうなミキサーやジューサー。

ミキサーにしかできないこともあり、ご自宅で使用する用途や目的によって選ぶのがベストです。

ただし、サイズ感などもしっかり考えておくことで、使いやすさ(置き場所や出し入れの利便)が変わってきます。

予算などを含めて、使う頻度や目的、人数などに合わせて機種を選びましょう。