評判は?サイレント高圧洗浄機、ケルヒャーK4.900を徹底レビュー!

今回はケルヒャーK4.900を実際に使ってレビューしていきたいと思います。

この記事を読んでわかること

  • ケルヒャーK4のスペック
  • ケルヒャーK4の良いところ悪いところ
  • ケルヒャーK4の正しい使い方

家庭用高圧洗浄機ケルヒャーK4.900

高圧洗浄機とは?

高圧洗浄機とは、ポンプでくみ上げた水を高圧で噴射し、その水の勢いによる打撃力で汚れを落としていく掃除道具です。

高圧洗浄機を使えば車や自転車、家の外壁、網戸や窓ガラス、ベランダにデッキといったようにさまざまな場所を掃除することができます。

汚れがみるみる落ちていくので掃除も快適!

今回はそんな高圧洗浄機のうちのケルヒャーK4.900という機種について紹介していこうと思います。

ケルヒャーK4.900サイレントのスペック

世界初!水冷式モーター搭載

擦れ意識モーターの最大の特徴はその静音性です。

従来のケルヒャーに比べ、およそ50%も騒音削減に成功しています。

その機構や仕組みについては後ほど紹介します。

・最大吐出水圧 11Pa

数字では分かりにくいのですが、これは実はものすごく恐ろしいのです。

汚れはもちろん落としますが、人間の皮膚も簡単に傷つけてしまいます。

間違っても自分や他人にかけるのはやめましょう。

・最大吐出水量:400(L/h)

つまり1時間あたり400Lの水を消費するということです。

そんなに使うの?経済的じゃないな~

多いと感じましたか?

一般的な水道の流量は50L/minぐらいだと言われています。

これを換算すると3000L/hになります。ケルヒャーを使うことで大幅な節水になることはご理解いただけましたか?

ケルヒャーの圧倒的な汚れ落ち

汚れの落ちは一目瞭然ですね。

ケルヒャーをかけた後の色が違いすぎますね。

こんなにも汚れていたのかと改めて思わせられます。もちろん洗剤などは一切使っていません。節水効果もあり、とても環境にやさしい掃除といえます。

ケルヒャーK4.900サイレントの口コミを紹介

K4.900サイレントの良い点

・洗浄力は申し分なし。

ここはどの機種でも変わりありません。

11Mp の高圧で噴出されるので、圧倒的な洗浄能力は健在のようです。洗浄力という面の信頼感は抜群ですね。

・機種名の通り稼働音は静かです。

なんといっても世界初の水冷式モーターを搭載しているということ。

従来のモデルに比べて圧倒的に騒音の削減に成功しています。

K4.900サイレントの悪い点

能面に問題はないが、よく壊れてしまう。</h4

初期のモデルに比べたらかなり耐久性は上がっているものの、まだ満足いかないようです。ケルヒャー永年の課題です。

高速で回転するモーターを使っていることもあり、耐久性にはまだまだ問題があります

・高圧ホースの着脱が難しい、本体が重い。

高圧ホースの着脱が難しいことと本体が重いこと。性能面以外の話ですね。

機械などに慣れている方ならば取り扱いに困らないと思うのですが、普段から機械に慣れていない方は取り扱いにくい部分もあるかもしれません。

ワンタッチで着脱できるようにはなったものの、まだまだ扱いづらい部分はあるようです。

関連:ケルヒャー 高圧洗浄機 水道ホースとカップリングの問題をカンタンに解決する方法!!

・洗浄力は正直そこまで変わらない。値段に見合ってない。

最大吐出水圧は、実はK2から比べると2Mpの違いですが、最安値モデルに比べて価格は2万円以上変わってきます。

最大の変化はサイレントになったという点。音が静かになっただけなら、1万円以下で買えるモデルでも十分に満足だという人はいるかもしれません。

口コミまとめ

ケルヒャーK4の良いところは、その洗浄力と静音性の2つに収束しているので、この2点に関しては間違いないといえるでしょう。

逆に性能を重視するあまり、取り回しの悪さや本体の重さなどが目立っていました。この先のケルヒャーはこういった性能以外の面を改善していくと思われます。

世界初!K4.900は水冷式静音(サイレント)タイプ

世界初!水冷式モーター搭載

従来モデルに比べて約50騒音カットに成功しています。

水冷式モーターの仕組み

https://www.kaercher.com/jp/home-garden/pressure-washers/hp-03.html

この画像がすべてを物語っています。

高速で回転するモーターの冷やし方の違いです。

従来モデルは熱を持ったモーターを冷やすのに空冷式を採用していましたが、排気口からどうしても音が漏れて結果として騒音になってしまっていました。

そこで排気口のない水冷式を採用することで騒音の問題を大幅に削減できたということです。

その他のサイレント機構

水冷式モーター以外にも、モーターの振動を吸収するゴム製のダンパーや本体パーツへの工夫がされているようです。

ケルヒャーK4.900サイレントの価格

https://amzn.to/2HoHkUd

商品名 ケルヒャーK4.900サイレント
価格 ¥35,000 (アマゾン参考価格)

スマートなシルエットで鮮やかな黄色のデザインはいつも通りといったところ。

重量がありますが、タイヤ付きなので移動も楽々です。

※注意

ケルヒャーK4サイレントは西日本と東日本で周波数に違いがあります。

購入やレンタルの際には、お住まいの地域を製品をしっかり確認してお買い求めください。

ケルヒャーK4.900 サイレントホームキットの価格

https://amzn.to/2kUTds8

ホームキットは家の掃除に長けているアタッチメントが付属したスタートセットになります。

ケルヒャーK4.900サイレント ¥51,818 (希望小売価格)

洗車にオススメ!ケルヒャーK4.900アクセサリー

https://www.kaercher.com/jp/accessory/angled-spray-lance-26388170.html

アンダーボディースプレーランス

車の下回り、雨樋の洗浄など届きにくい場所で威力を発揮します。

泥だらけの道を走った後や、塩カルが大量にまかれた豪雪地帯を走った後、大量の泥が足回りについたときに大活躍します。

先端が曲がっているので、低い姿勢にならなくても楽々車の足回りをきれいにできます。

また洗車だけでなく少し高い位置にある窓のサンなども上から狙い撃ちできます!

<口コミから>

・少々お高いので買うか悩みましたが、買ってみると今では必須アイテムです。

・今までしゃがみ込んでいた足回りの掃除も、今では長いノズルのおかげでしゃがまなくとも簡単に掃除しています。

ワンボックスの屋根もこれによって簡単に洗えています。

パワーブラシ WB 150 

https://www.kaercher.com/jp/accessory/wb-150-power-brush-26432370.html

一度で高圧洗浄とブラシのこすり洗いができるケルヒャー高圧洗浄機用アクセサリーです。車やバイク、自転車、網戸、シャッターなど楽々洗えます。

<口コミから>

・車を洗うのに使っていて、楽々汚れが落ちます。

・長時間の疲労で手がつかれる。

ダートブラシ 

全面ブラシなので、手の届きにくい場所や狭い場所でもムラなく洗浄できます。

360°均一に水を噴射(水圧は低圧です)することで、すみずみまで美しく洗い上げます。ブラシの硬さはタワシ程度の硬めです。

なかなか洗いづらい自転車のスポークや車のホイールなど、あっという間にきれいにしてくれます。

https://www.kaercher.com/jp/accessory/wheel-washing-brush-26432340.html

<口コミから>

ブラシ本体はタワシのような堅さなので、ホイール専用かと(ボディ洗ったら間違いなくキズつきます)。

サイズが結構大きいめなので、メッシュやスポーク数が多いホイールには使えないですね。

テラスクリーナーT350

https://www.kaercher.com/jp/accessory/t-350-t-racer-surface-cleaner-26432520.html

水ハネを防ぎながら玄関先やテラスの洗浄ができます。ランスを外せば壁の洗浄にも便利です。

外したランスはノズル等の延長用(1本で約40cm)としてもお使いいただけます。

圧力が調節できるので、こびりついた汚れも木材等のデリケートな材質も素材を傷めずに洗浄できます。

<口コミから>

・洗浄は楽でした。フツーにノズルだけで洗浄するよりも短時間で広面積ができるし、周りにも飛び散らないし、屋上の角はデッキクリーナーも一緒に購入したので、それぞれを使い分けて綺麗になりました。

・いつもビショビショ泥んこで、周囲に飛び散って大変だったので期待しています。

・外壁での使い勝手がとてもいいです。何より飛び散らないで作業ができるのでたすぅかります。

延長パイプ4m

https://www.kaercher.com/jp/accessory/telescopic-spray-lance-26423470.html

最長4mまで延長可能なケルヒャー高圧洗浄機用アクセサリーです。

1.2m~4mまで延長可能なので、外壁の高いところも楽々掃除できます。

先端のノズルを取り外せばアクセサリーの接続が可能なので、水圧だけでは落としにくい汚れもブラシ等を使用することでより効果的に洗浄します。ショルダーストラップ付き。

<口コミから>

・コードが長い分、今まで届かなかったところも届くようになりましたが、女性にはやはり少々重いです。

・自宅の外壁の洗浄に使うために購入。

・ハシゴを使わずに作業できるので、安全で足場がしっかりしている分安定して作業に取り組むことができます。

サイクロンガード

https://www.kaercher.com/jp/accessory/splash-guard-26409160.html

サイクロンジェットノズルの先端に装着し、水が跳ねるのを防止します。

延長高圧ホース 7.5/10m

https://www.kaercher.com/jp/accessory/high-pressure-extension-hose-7-5-m-26438790.html

標準装備の高圧ホースに接続することで、より広範囲の作業を可能にする延長高圧ホースです。

長さは7.5mと10mのラインナップ。

<口コミ>

・年末の大掃除でベランダまでホースが届かないので購入しました。今までなかなか掃除できなかったベランダもおかげできれいになりました。

 

ここで紹介したパーツはごく一部

他にもままだまだあるので、気になる方は下のリンクもチェック!

リンク:https://www.kaercher.com/jp/home-garden/pressure-washers/acc-01.html

K3とK4の違い

水圧の違い

ケルヒャーK2 9Mp
ケルヒャーK3 10Mp
ケルヒャーK4 11Mp

水圧は上位モデルになるにしたがって強くなっていっています。

水量の違い

ケルヒャーK2 330L/h
ケルヒャーK3 360L/h
ケルヒャーK4 400L/h

水量についてですが水圧の増加に伴って増加しています。

それでも水道からの水をそのまま使うよりはかなり節水であることに違いありません。

ケルヒャーK2,K3それぞれについて詳しい内容が以下の記事に書いてあるのでご参照ください!

関連:【動画で実演】ケルヒャーK3サイレント ベランダを使った感想を赤裸々にレビュー
関連:【使って比較】ケルヒャー高圧洗浄機K2・K2クラシック・K2ホームキットを口コミレビュー!

ケルヒャーの価格を比較

ケルヒャーK2 ¥7,262
ケルヒャーK3 ¥18,880
ケルヒャーK4 ¥34,780

全てアマゾン参考価格になります。

価格に関してはK2からK4に向かって高くなっていますが、性能の違いだけでなく付属品のグレードアップによる価格の差にもなっています。用途に合わせたものを選ぶようにしましょ。

ケルヒャーK4の使い方を紹介

<準備編>

  • STEP.1
      まずはパーツがバラバラに入っているので本体の取っ手などを取り付けます。この時ドライバーが必要になります。
  • STEP.2
    次に洗剤タンクを取り付けます。こちらはドライバーなどの工具不要で押し込めば入ります。カチッと音が鳴るまで押し込めば取付完了です。ここまでの作業は10分もかからない簡単な作業です!
  • STEP.3
    次にホースで本体と水道をつなぎ、蛇口をひねって水を出します。噴き出す側のホースも取り付けトリガーガンと用途に応じたノズルを装着。
  • STEP.4
      水道が開栓されたことを確認し本体の電源を入れてポンプを稼働させます。
  • STEP.5
    全ての準備が整ったところでトリガーを引き掃除を開始してください。

準備で気を付ける点

1 怪我に注意しましょう。

2 蛇口→電源の順番を順番を守りましょう。本体破損の原因になります。

<片付け編>

  • STEP.1
    全て掃除が終わったら、まず初めに本体の電源を切りましょう。
  • STEP.2
    電源を切ったら蛇口の水を止めホース類をすべて外し、ホースの中にたまっている水を抜きます。
  • STEP.3
      片付けでの注意点全てのパーツを直射日光を避けて干し、乾いたところで収納しましょう。

片付けで注意すべき点

1 掃除が終わったら必ず電源→蛇口の順番で片付けましょう。

2 乾燥が不十分だとカビや臭いの原因になりかねません。十分な乾燥をさせましょう。

その他、ケルヒャーを使用する上で役立つ情報をまとめた記事かこちらになります!

高圧洗浄機 おすすめ【プロが解説】高圧洗浄機おすすめ20選を比較!コスパ最強の人気機種を徹底レビュー【2022年】

まとめ

世界初の水冷式モーター搭載のケルヒャーK4サイレントはいかがでしたでしょうか?

今回のモデルでは、洗浄力はもちろんのこと何より騒音がかなり軽減されていたので、とてもおすすめの機種になります!

年末の大掃除や日々の洗車などにどうでしょうか。

ケルヒャーには高圧洗浄機の他にも、布製品や油汚れに使えるスチームクリーナーなどもあります。
全シリーズを解説した記事もありますので参考にしてみてくださいね。
関連記事:高圧洗浄機や室内用も!ケルヒャーの全シリーズ10種類|おすすめ23選の使い方をプロが徹底解説

他にも用途に合わせた価格帯の高圧洗浄機のモデルもあるのでぜひチェックしてみてください。
関連記事:【完全図解】ケルヒャー スチームクリーナーおすすめの人気機種まとめ
関連記事:最新のケルヒャー 高圧洗浄機 【K2サイレント】を口コミレビュー
関連記事:どこでも使える充電式ケルヒャーが超便利!!マルチクリーナー OC3を口コミレビュー!!

実際にケルヒャーを使用した体験記はこちら
関連記事:【Picky’s編集記】真冬のケルヒャーのメンテナンス&撮影は辛かった・・・冬の撮影はもうやめておく笑

アイリスオーヤマの高圧洗浄機に関するレビュー記事はこちら
関連記事:【使ってみた】アイリスオーヤマの高圧洗浄機 sbt-512nを実写レビュー。使い方など徹底解説

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー