【2021年】骨伝導イヤホンおすすめランキング15選!骨で聴く人気の最新イヤホンを詳しく紹介します!

骨伝導 イヤホン おすすめ ランキング

コロナ渦の状況からニューノーマルという新しい常識が当たり前になってきたこの頃。生活様式も新しく変わり、仕事や学業のスタイルもリモートやテレワークを導入している企業が多くなってきました。

そんな中、自宅で過ごす時間が増えたことで、通話や音楽を快適に楽しむ為にイヤホンを使う機会もさらに増えましたよね!今や必需品となったイヤホンですが、皆さんはイヤホンを長時間入れておいて、耳が痛くなったりした経験はありませんか?

耳の穴に入れて使う一般的なイヤホンだと、長時間付けていると耳が痛くなってしまったり、周囲の音が聞こえず一緒に暮らす家族に不快な思いをさせてしまったり、最悪の場合、耳の病気になってしまう事もあります。

暮らしをより快適にする為にイヤホンを取り入れるのであれば、耳にも良いものを使いたいですよね。そこで今回は、最近話題の「骨伝導イヤホン」について、おすすめ商品と共に詳しくご紹介していきます!

この記事で分かること
  • イヤホンの種類について
  • 話題の骨伝導イヤホンとは?
  • 骨伝導イヤホンの選び方
  • おすすめの骨伝導イヤホン
  • その他おすすめのイヤホン

関連記事:【2021年】マイク付きイヤホンおすすめ 20選 |テレワークや運転中でもハンズフリーで快適に

骨伝導イヤホンとはどんなイヤホンのこと?

出典:Amazon

骨伝導イヤホンとは「耳の穴を塞がずに、耳の周りの骨を振動させて音を聴く」イヤホンのことです。一般的なイヤホンは、空気を伝わる微小な圧を耳の穴から取り入れ、鼓膜を振動させることで脳に音を届ける仕組みになっています。

一方、骨伝導イヤホンは耳の近くにある骨を振動させることにより、聴神経に直接振動を伝えて脳に音を届ける仕組みです。外耳や中耳を通さないので、聴力の低下した難聴の人でも音楽を楽しめます。

骨伝導イヤホンは耳が痛くならない

一般的なイヤホンのように耳の穴を塞がず、骨を通して音を聞くので、長時間使用しても耳が痛くならないのが特徴です。以前のカナル式イヤホンなどで、耳が痛いと思っていた方には試す価値のあるイヤホンですね!

外部音も聞きながら音楽が聴ける

周囲の音や環境音をあえて取り込めるのも特徴のひとつ。ランニング中に音楽を聴きながら車の通る音を聞くこともできるし、家事や料理をしながらも家族の呼び掛けに対応できるなど、野外や日常生活での使用に便利なイヤホンです。

エミ

骨伝導イヤホンのいいところは耳が痛くならないということですよね!私も購入してから、特に一人で散歩する時や、家にいる時に使っています!

骨伝導イヤホンの選び方

イヤホンを選ぶ時は「イヤホンをどのようなシーンで使うのか」によって決めるのがオススメです。どの機能に重点をおくかで、自分と相性の良いイヤホンが分かってきます。ではいくつかの基準をさっそく見ていきましょう!

有線かワイヤレスかで選ぶ

有線イヤホンとは

出典:Amazon

有線イヤホンとは、パソコンやオーディオ機器などのデバイスに直接ケーブルを繋げて音を聴くイヤホンのことケーブルをオーディオ機器に差し込むことで、音の遅延や音質が落ちるといったことが無く安定です。

しかし、ケーブルがカバンや洋服に絡まってしまうなどの煩わしさもあるので、人混みでの使用は控えた方が良いでしょう。ケーブルが断線してしまうリスクもあるので取り扱いにも注意が必要です。

関連記事:【断線にも強い】圧倒的な音質が楽しめる有線イヤホンおすすめ19選 (2021年版)

無線(ワイヤレス)イヤホンとは

出典:Amazon

無線(ワイヤレス)イヤホンとはBluetoothを使ってデバイスとケーブルを無線で繋げるイヤホンのことです。ワイヤレスのイヤホンはケーブルが無いので、場所やシーンを選ばすに使用できるのが最大のメリット。

イヤホンを付けている事を周囲にバレたくない場合にも適しています。しかし、事前にイヤホン本体を充電しておく必要があり、バッテリーが切れてしまうと使用することができません。また、Bluetoothで音を飛ばすため、遅延や音質に多少の差が出てしまうのがデメリットです。

関連記事:【聞き比べて検証】高音質な完全ワイヤレスイヤホンおすすめランキング14選!(2021年)

装着したときの安定性で選ぶ

出典:Amazon

骨伝導イヤホンは、耳の上のこめかみ部分に当てて使うデザインのものが多く、慣れていない方は違和感を感じる場合があります。使用している内に慣れる人が多いですが、気になる人は耳の軟骨に挟むタイプや、アジャスター機能付きのものを選ぶと良いでしょう。

イヤホンが重いとずり落ちてしまう事もあるので、安定性を求める方は重さが30〜50gくらいの軽量のものを選ぶのがオススメです。近くに視聴できるお店がある場合は、実際に装着してみるのも良いですね!

音質の好みで選ぶ

最新のものはかなり音も良くなってきていますが、骨伝導イヤホンは骨を振動させて音を鳴らす構造なので、一般的なイヤホンと比べるとどうしても音質は劣ってしまいます。

音質を求めるのであれば、高音質対応の骨伝導イヤホンを選びましょう。

有線イヤホンで音質にこだわりたい方は、アンプ付きのものを選ぶのがオススメ!重量は少し重くなってしまいますが、アンプがあることで音質をより向上させ、再生レンジを広くしてくれます。背面にクリップの付いているものが多く、ジャケットやポケットにも装着することができます。

無線イヤホンで音質にこだわりたい方は、高音質のコーデックに対応しているものを選ぶのがオススメです。コーデックとはBluetoothでの音声転送方式のことで、種類はSBC(標準)、AAC・aptX(高音質)などがあります。AACはiPhoneで、aptXはAndroidで使われているので、購入する際には自分のデバイスとの相互性をしっかりと確認しておきましょう。

防水性の有無で選ぶ

出典:Amazon

ジョギングやスポーツの際に使用するなら防水性の有無は大事なポイントです。大量の汗や急な雨にも対応している、耐水性の高いものを選ぶと故障の心配も無く安心ですよね!

防水性能は「IPX」という英字で表記されていることが多く、防水性能の無い「IPX0」から、水面下使用が可能な「IPX8」までの等級があります。

数値が増えていくにつれて防水性も高くなるので、ジョギングやスポーツをする際に使用する場合はIPX4以上のものを選ぶようにしましょう。IPX4であれば、あらゆる方向からの水の飛沫でもイヤホンを守ってもらえます。

関連記事:お風呂で使える!最強防水ワイヤレスイヤホンランキングTOP10

マイクの性能の有無

仕事のリモートでの会議や、家族間で通話をすることが多い場合はマイク性能もチェックしておきましょう。マイク付きで通話ができるイヤホンをペアリングしておけば、急な電話にもハンズフリーでの対応が可能です。マイク部分にノイズキャンセリング機能がついているものを選べば、クリアな音質での通話ができます。

関連記事:【2021年】マイク付きイヤホンおすすめ20選 |テレワークやWeb会議もハンズフリーで快適に

関連記事:【2021年最新版】テレワーク・WEB会議に大活躍する便利なヘッドセットおすすめ15選

眼鏡をかけたまま使えるかどうか

骨伝導イヤホンは、こめかみ部分に当てて使うデザインのものも多いですが、メガネやサングラスとの併用も可能です。

その際、イヤホンから付けると多少メガネが掛けにくいので、メガネのツルに乗せる感じでイヤホンを装着するようにしましょう。

しかし、装着感は人によって様々なので、メガネのズレやイヤホンの安定感に不安がある方は、耳の軟骨に挟むデザインを選ぶのもオススメです。装着しているのが分からない、メガネ型をしたサングラスイヤホンもあります。

メーカーで選ぶ

イヤホンで有名なメーカーと言えば、音楽家電で有名なソニー(SONY)や、パナソニック(Panasonic)、アップル(Apple)、ボーズ(BOSE)、アーカーゲー(AKG)ですが、骨伝導イヤホンに参入しているメーカーはそれ以外にもあります。

それぞれのメーカーの特徴をチェックしていきましょう!

ゴールデンダンス

2002年設立。大阪に本社のある日本大手のメーカーで、骨伝導イヤホンや通信機器など、様々な商品の開発・販売をしています。骨伝導デバイスの核心的技術で多くの基礎発明特許を取得。スタイリッシュなデザインのイヤホンも多く、国内外から高い評価を得ています。

AfterShokz

2011年にアメリカで設立。世界の骨伝導イヤホンをリードしてきた、テクノロジー志向の高い代表的なメーカーです。シンプルで軽量のデザインがのものが多く、快適な装着感が人気。音質の評価も高く、全体的に信頼性の高い商品が多いです。

allimity

スポーツサングラスタイプの骨伝導イヤホンを商品化している中国のメーカーです。心地良い着用感とリーズナブルな価格帯が魅力。スポーツをしながら音楽を楽しみたい方に向いています。

Boco

2015年設立。優れた音響技術を持っており、骨伝導を使った機器の開発・製造・販売を手掛ける国内メーカーです。世界で初めて左右が独立した「完全ワイヤレス骨伝導イヤホン」を発売したことでも有名。日本国内を代表できるトップクラスの技術を持っています。

Vidonn

エレガントなテクノロジーで忠実度の高いブランドです。先進の骨伝導技術により、高品質な音楽と快適な通話を実現。様々なシーンに対応できるイヤホンを販売しています。

earsopen

ゴールデンダンス社とBoCo社がパートナーシップを組み、共同開発をした骨伝導イヤホンのブランドです。earsopen(イヤーズオープン)という製品名同様に、耳を塞がずに音楽も周囲の音も楽しめる!クラウドファンディングから産まれた骨伝導イヤホンのシリーズです。

骨伝導イヤホンを使う適正な場所やシーン

骨伝導イヤホンは音楽に没頭するのではなく、音楽を聴きながら周囲の音も取り入れられるのが特徴のイヤホンです。なので、周囲の音が聞こえてきてほしい状況で使用するのに適しています。

例えば、ランニングやウォーキングの際に、近づいてくる自転車や緊急車両の音を取り入れれば危険を回避できたり、自宅での作業中の家族の呼びかける声や、インターホンの音も聞き逃がさずにすみます。

また業務中などの長時間の作業中にラジオや音楽を聞いていたい方にもオススメです。

しかし、骨伝導イヤホンは耳の穴を塞がないのでどうしても音漏れしやすい傾向にあります。人との距離が近い場所で使用する場合は、音量の注意と配慮をしましょう。

関連記事:【ジムで徹底比較】ランニングや運動でも外れないスポーツイヤホン おすすめ18選 (2021年)

関連記事:【プロが装着感や遮音性で選んだ】カナル型イヤホンおすすめ20選 (2021年版)

骨伝導イヤホンの格安モデルと高級モデルの違い

骨伝導イヤホンといっても数千円で購入できる安価なものから、数万円する高価なものまで値段は様々です。その金額にどのような差があるのでしょうか?

簡単に言うと“音楽を聴く” という基本的な性能には大きな違いはありません。コスパを重視する場合は、安いイヤホンでも充分に音楽を楽しめます。自宅で適度に楽しむ分には格安モデルでも問題ないでしょう。

ですが、音質や防水性能、装着感やマイクの有無など、より多くの機能を求める場合は自然と高価になっていきます。人気メーカーであればブランドとしての価値もありますよね。性能を重視するのであれば、それに伴って価格が上がっていくのは受け入れなければいけない部分になるでしょう。

骨伝導イヤホンおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格大きさ重さ
【1位】AfterShokz Aeropex 骨伝導ワイヤレスヘッドホン bluetooth5.0対応!¥19,998 Amazon340 × 122 × 35約26g
【2位】GOOSERA 最新骨伝導イヤホン Bluetooth5.1 Qualcommチップ搭載で充電長持ち!スポーツにも!確認中 Amazon165 × 135 × 65約160g
【3位】耳が疲れない!DeliToo 2020進化版 骨伝導イヤホン Bluetooth5.0対応確認中 Amazon100 × 140 × 20約32.4g
【4位】SUTOMO 骨伝導イヤホン Bluetooth 超軽量&耳掛け式 ノイズキャンセリングも!¥3,799 Amazon148 × 112 × 60約30g
【5位】BOCO PEACETW1WH earsopen 完全ワイヤレス骨伝導イヤホン PEACE TW-1¥13,180 Amazon32 × 27 × 30約18g(片耳9g)
【6位】Vidonn F1 骨伝導イヤホン Bluetooth対応!耳掛け式 防水防汗確認中 Amazon148 × 165 × 62約37g
【7位】AfterShokz Airオープンイヤーワイヤレス骨伝導イヤホン¥17,268 Amazon135 × 160 × 66約36g
【8位】cheero TouchBone 高音質 骨伝導ワイヤレスイヤホン¥6,580 Amazon102 × 137 × 49約34g
【9位】多摩電子工業 Bluetooth 骨伝導イヤホン TBS55K¥7,380 Amazon95 × 45 × 135約35g
【10位】AfterShokz Titanium オープンイヤーワイヤレス骨伝導ヘッドフォン確認中 Amazon135 × 160 × 66約36g
【11位】山善 防水防汗の骨伝導イヤホン ハンズフリー通話にも対応¥3,980 Amazon55 x 165 x 15約180g
【12位】YAMIPHO 骨伝導イヤホン Bluetooth ハンズフリー機能付き確認中 Amazon164 x 116 x 56約180 g
【13位】Bonein 折りたたみができちゃう骨伝導イヤホン bluetooth対応¥27,280 Amazon52×41×22mm45g
【14位】EnergyPower 骨伝導×指向性ハイブリッドトゥルーワイヤレスイヤホン 耳に入れない完全開放型¥6,800 Amazon85×29×54mm4.5g(片耳)
TaoTronicsの新製品!大容量タンク搭載の多機能加湿 TT-AH043をレビュー確認中 販売サイト

人気のおすすめ骨伝導イヤホン15選!

【15位】HORIZON Alien 骨伝導メガネ ワイヤレスBluetoothイヤホン

HORIZON
最安値 ¥11,880 (税込)

眼鏡型だから目立ちにくい!骨伝導イヤホン

サングラスとしても使える骨伝導のメガネ型イヤホン。

UV400の偏光レンズを使用しているので、85%の有害な光を吸収してくれます。

ボタンなどは左右のツル部分にあり、操作も簡単

骨伝導イヤホンだからこそ出来るイヤホンのスタイルです。

ノイズキャンセリング機能が付いているので、会話などもしっかり聞こえるのも良いですね!

充電時間は2時間で、音楽の再生時間は約3~4時間、連続通話時約4~ 5時間。

メガネタイプなのに長い時間話せるのがポイントです。

口コミ・レビュー
使用してみた感じ音はハッキリと聞こえます。音量を上げると音漏れ状態になるので電車等での使用は難しそうです。一人でドライブするとき等はいいメガネです。
口コミ・レビュー
骨伝導メガネは、まだまだ開発途上の製品だと感じますが、今後 必ず普及する技術だと思って購入しました。かなり音漏れします。電車だど、隣の人に聞こえると思います。暗騒音の大きい場所では、いくらボリュームを上げても、騒音が耳から入るので効果無し。

【14位】EnergyPower 骨伝導×指向性ハイブリッドトゥルーワイヤレスイヤホン 耳に入れない完全開放型

ノーブランド品
最安値 ¥6,800 (税込)

耳たぶを横から挟み込むクリップ型で、誰でも使える!

EnergyPowerは、耳たぶの軟骨を通して音を鼓膜に届ける骨伝導という方式と、音を一方向に飛ばす最新の指向性技術を組み合わせるハイブリッド技術を採用

音漏れを最小限に抑える上、しっかりと音を届けてくれます。

大音量にさえしなければ、電車の中でも問題なく使用可能!

装着時には耳たぶをしっかりとホールドするので、ランニングやスポーツも全く問題ありません。

IPX5級の防水設計により、汗や雨で濡れても大丈夫です。

Bluetooth5.0チップを採用し、従来のワイヤレスイヤホンと比べて音質やつながりやすさが大きく改善されているのもポイント。

もちろんiPhone、Android、ノートPC等、Bluetoothを搭載する全てのデバイスでお使いいただけます。

イヤホンは片側1個で4.5gと非常に軽量

連続使用時間3~4時間可能。

大容量バッテリーを内蔵した充電ケースも含めれば30時間以上ご使用いただく事が可能です。

口コミ・レビュー
耳に挟むときのやり方が分からず、説明書の内容が少し不親切に感じました。実際に使ってみると、最大音量でも音漏れしていなかったのはすごく良かったです。不便なのは操作ボタンが小さいため装着したまま連続3回押して早送りとかの操作が難しく、スマホやタブレット側て操作してます。寝ながら使用したかったので、頭の裏を通すタイプの骨伝導イヤホンよりは使えそうです。
大きさ85×29×54mm
重さ4.5g(片耳)

【13位】Bonein 折りたたみができちゃう骨伝導イヤホン bluetooth対応

bonein
最安値 ¥27,280 (税込)

12時間連続可能!軽量で折りたたみもできる骨伝導イヤホン

骨伝導なのに想像以上に高音質ながの特徴のBoneinの骨伝導イヤホン。

音楽用のイヤホンなので骨伝導なのにクリアな音を楽しめるのも特徴です。

肌に当たる部分には柔らかいシリコン素材を使用していて優しく、重さも45gと軽いので、長時間使用しても疲れを感じません。

連続稼働時間は12時間。約半日使い続けることができます。

柔らかく、折りたたみも出来るデザインなので、スポーツなど激しい動きにも対応しています。



口コミ・レビュー
耳を塞がないところが気に入ってくれました。最初は抵抗あったみたいですが、慣れるとテレビのイヤホン代わり使っています。今までは、呼んでも聞こえてないみたいだったのが、周りの音も聞こえるので、ちゃんと聞こえてるみたいです。
大きさ52×41×22mm
重さ45g

【12位】YAMIPHO 骨伝導イヤホン Bluetooth ハンズフリー機能付き

耐久性に優れた防水防汗の骨伝導イヤホン

ヘッドバンド部分は繰り返し曲げても変形しない、耐久性を兼ね備えたチタン合金。

IPX5の防水性能と、落下防止構造なのでスポーツやジムなどの運動する場面に適しています。

イヤホンは35gと軽量で、メガネを併用してもしっかりした装着感が得られます。

2台同時に接続することも可能なので、スマホとタブレットを使っている方にもオススメ

通話と終話がワンタッチでできるので、片手で簡単に操作もできます。

骨伝導ながら耳の穴付近にスピーカーがあるので、クリアな高音と臨場感のある音楽を楽しむことができます。

口コミ・レビュー
通勤するときに耳を塞がず安全に曲を聞きたくて購入しました。大音量で聞けば音漏れはしますが、普通の音量ならほぼ音漏れしません。
口コミ・レビュー
安全に音楽が聴けるので、おかげで通勤が楽しくなりました。耳をふさがないのはかなりの解放感があり、悪くありません。眼鏡使用者は眼鏡の上から着用すれば問題ありません。ずれることもなく、良い買い物ができました。
サイズ164 x 116 x 56
重さ約180 g

【11位】山善 防水防汗の骨伝導イヤホン ハンズフリー通話にも対応

山善(YAMAZEN)
最安値 ¥3,980 (税込)

ハンズフリー通話対応の耳に優しい骨伝導イヤホン

家具や家電、日用品などを販売するYAMAZAKIの骨伝導イヤホン。

耳に負担のかからない優しい設計が特徴です。

イヤホン部分は耳に引っ掛けて使うインイヤー型。

防水性能はIPX5あるので、激しい運動での汗や急な雨にも安心して使用することができます。

スマホとペアリングしておけば、ハンズフリーでの通話が可能。

音楽を聴いている時に電話が掛かってきても、すぐに対応することができます。

充電時間は2時間で、最長6時間の連続再生が可能です。

口コミ・レビュー
音量や音域調節が本体前面にあって、狂いにくい設計に成っています。騒がしい所では、側面のスイッチを切り替えると少し聞きやすくなります。電池は、エメループを使うと、便利です。ただ、スイッチは堅めです。
口コミ・レビュー
耳から外れそうになることもなく、しっかりと臨場感のある音を楽しめた。
サイズ55 x 165 x 15
重さ約180g

【10位】AfterShokz Titanium オープンイヤーワイヤレス骨伝導ヘッドフォン

デュアルノイズキャンセリングマイク内蔵イヤホン!

ヘッドバンドは疲れにくいOpenFitでチタニウムを採用しています。

チタニウムのヘッドバンドはラバーコーティング処理がされているので、長時間装着していても快適で、肌触りも良くなっています

骨伝導イヤホンは耳を塞がないイヤホンなので、大音量で使用するとどうしても音漏れがしてしまいますが、AftershokzのTREKZ TITANIUMは音漏れを最小限におさえてくれます。

デュアルノイズキャンセリングマイクが内蔵されているので、周囲のノイズを除去し、通話も快適に行えます。

充電時間は1.5時間と短めなのに、最長6時間再生が可能です。

テレワークや在宅勤務での使用にもおすすめです。

口コミ・レビュー
後継機もすでにリリースされていますが、機能と価格とを比較し私はこれで十分満足できると判断して、あえて、この古いタイプを選んでいます。安価な機種も持っていますが、それに比べて格段に音が良くて低音も出てスピーカー部分が震えます。
口コミ・レビュー
ワイヤレスなので、ランニングなど運動するときに使いやすいです。骨伝導方式は耳膜によさそう、長時間掛けても耳が痛くないし、買い物時にも耳から外す必要がないのがいいと思う。
サイズ135 × 160 × 66
重さ約36g

【9位】多摩電子工業 Bluetooth 骨伝導イヤホン TBS55K

多摩電子工業
最安値 ¥7,380 (税込)

シンプルでスマートなタッチ操作の骨伝導イヤホン

1976年創業の多摩電子工業が販売している骨伝導イヤホン。

シンプルなデザインで重量も35gと軽量

2時間30分の充電で、通話・音楽再生ともに6時間連続使用できます。

Bluetoothで音を飛ばすので煩わしいコードもありません。スマートなタッチ操作で通話への切り替えもスムーズです。

防水性能はIPX4。激しい雨には不向きですが、日常生活には支障無く、汗や小雨くらいでは影響を受けません。

ランニングやジョギングをしながらでも音楽を聴きながら周囲の音も聞き取れます。

充電口は左右上下のないUSB-Cタイプ

タッチセンサーで通話や音楽再生などの機能がスムーズです。

口コミ・レビュー
使い勝手は良いと思います。軽量で問題ありません。WEB会議などに使う分には問題ないと思いますが、音楽聞こうとすると、そんなに大きな音でないのに外してもスピーカー部分から聞こえてくる状態。
サイズ95 × 45 × 135
重さ約35g

【8位】cheero TouchBone 高音質 骨伝導ワイヤレスイヤホン

cheero
最安値 ¥6,580 (税込)

AACコーデック対応で高音質再生が可能!

CheeroのTouch Boneは、電源ボタンや音量ボタンがとてもシンプルなデザインになっているので、骨伝導イヤホンが初めての方にもとても分かりやすいです。

フォルムも丸みがあり可愛いです。

Qualcomm社製のチップセットが内蔵されているので音切れしにくく、低遅延。

ペアリングも簡単にできます。

AACのコーデックにも対応しているので、iPhoneなどで高音質な音楽が楽しめる他、防水性能はIPX5なので、運動時の汗や外出時の急な雨にも安心です。

マイクも内蔵されているので、音楽再生時でもワンタッチで通話に切り替えることが出来、便利です。

口コミ・レビュー
聴力の弱った父へのプレゼント。耳に入れるイヤホンと違い、よく聞こえると喜んでおりました。買って良かったです。
口コミ・レビュー
音漏れは普通にするので、電車など静かな場所では使用不可。音質、通話は普通に耳当てて通話してるレベル。かなり満足。骨伝導のため、ハッキリ聞こえます。
サイズ102 × 137 × 49
重さ約34g

【7位】AfterShokz Airオープンイヤーワイヤレス骨伝導イヤホン

Aftershokz
最安値 ¥17,268 (税込)

デュアルノイズキャンセリングマイク内蔵イヤホン!

ヘッドバンドは疲れにくいOpenFitでチタニウムを採用しています。

チタニウムのヘッドバンドはラバーコーティング処理がされているので、長時間装着していても快適で、肌触りも良くなっています。

骨伝導イヤホンは耳を塞がないイヤホンなので、大音量で使用するとどうしても音漏れがしてしまいますが、AftershokzのTREKZ TITANIUMは音漏れを最小限におさえてくれます。

デュアルノイズキャンセリングマイクが内蔵されているので、周囲のノイズを除去し、通話も快適に行えます。

充電時間は1.5時間と短めなのに、最長6時間再生が可能です。

テレワークや在宅勤務での使用にもおすすめです。

口コミ・レビュー
後継機もすでにリリースされていますが、機能と価格とを比較し私はこれで十分満足できると判断して、あえて、この古いタイプを選んでいます。安価な機種も持っていますが、それに比べて格段に音が良くて低音も出てスピーカー部分が震えます。
口コミ・レビュー
ワイヤレスなので、ランニングなど運動するときに使いやすいです。骨伝導方式は耳膜によさそう、長時間掛けても耳が痛くないし、買い物時にも耳から外す必要がないのがいいと思う。
大きさ135 × 160 × 66
重さ約36g

【6位】Vidonn F1 骨伝導イヤホン Bluetooth対応!耳掛け式 防水防汗

柔軟性のあるチタン合金で耐久性に優れたイヤホン!

ジョギング中に音楽を辞めたい場合でも、一時的にイヤホンを首にかけておけるのも便利です。

また、チタン合金を使用しているので柔軟性もあり、激しい運動の際にも破損や故障の心配がありません。

2時間の充電で約6時間の連続使用が可能。

ヘッドセットは重量も37gと軽量です。

長時間使用しても不快感を感じにくく、耳にフィットするのでイヤホンが落ちにくいです。

口コミ・レビュー
耳にかけていても違和感なく使用できます。音量MAXだと音漏れしますが、小さい音でもしっかりと聴こえます。首にかけれるのが良かったです。
口コミ・レビュー
通常のイヤホンと違い、イヤホン使用中でも周囲の音を同時に聞けるのでよかった。イヤホン外さずに人と会話もできるのも快適。運動しながら走っても音ブレはなく、Bluetoothによる音の遅延もないので、通話している時もストレスフリーだった。
大きさ148 × 165 × 62
重さ約37g

【5位】BOCO PEACETW1WH earsopen 完全ワイヤレス骨伝導イヤホン PEACE TW-1

earsopen
最安値 ¥13,180 (税込)

世界で初めての完全ワイヤレス骨伝導イヤホン

骨伝導と音響でそれぞれに優れた技術を持つ、ゴールデンダンス社とBoCo社が共同で開発しているearsopenシリーズ。

earsopenシリーズの完全ワイヤレス型となる骨伝導イヤホンです。

耳にひっかけるのではなく、耳に挟み込むイヤーカフタイプ

イヤーアクセサリーのようなスタイリッシュなデザインなので、日常生活にも自然と溶け込みます。

重さも片耳約9gと超軽量で、付けていることを忘れてしまいます。

軟骨に挟むので、落としてしまう心配もありません。

防水性のはIPX7で大雨でも心配ない上、丸洗いもできちゃいます!

メガネやサングラスをしていても邪魔にならず、どんな髪型でも邪魔になりません。

口コミ・レビュー
鳥の声を聞きながら散歩、車の音に注意しながらジョギング、急な家族の呼びかけに対応、と便利に使っています。家族が電話やテレビ中にこちらはbocoでYouTubeや音楽、などの使用方法も気に入っています。
口コミ・レビュー
店員とのやり取り時にイヤホンを取らなくていいのも楽。カナル型と異なり耳孔が痒くならない。湿気がこもらず快適。鼓膜が楽。耳から落ちない。
大きさ32 × 27 × 30
重さ約18g(片耳9g)

【4位】SUTOMO 骨伝導イヤホン Bluetooth 超軽量&耳掛け式 ノイズキャンセリングも!

SUTOMO
最安値 ¥3,799 (税込)

500円玉4枚分の超軽量で疲れにくい!

片手でできるカンタン操作と30gの軽さが魅力の骨伝導イヤホン。

耳の穴を塞がないので開放感たっぷりに音楽を楽しめます。

ナノマテリアルを採用しているので、汗の染み込みを防ぎ、チタン合金による柔軟性能でヘッドセット部分の耐久性も格段にup!

バッテリーは最長で8時間の再生が可能。

通勤・通学時でも帰り道まで電池が切れる心配がありません。

通話中の雑音や周囲のノイズを抑えてくれるノイズキャンセリングで相手の声も聞き取りやすいです。

Bluetooth5.0に対応しているので、音飛びや音切れも少ないです。

口コミ・レビュー
周りの音も聞こえるのでランニングやスポーツしながらには丁度いいです。試しにランニング中に使用しましたが本体も軽いしズレたりもしなかったです。
口コミ・レビュー
耳の中に入れるタイプだと耳が痛くなったりイヤホンのゴムのサイズが合わなかったりするけど、しっかりフィットしました。付属の耳栓をはめて骨伝導イヤホンを装着して、小さい音で流しても聞こえました!!音質もいいしオススメです!
大きさ148 × 112 × 60
重さ約30g

【3位】耳が疲れない!DeliToo 2020進化版 骨伝導イヤホン Bluetooth5.0対応

【3位】耳が疲れない!DeliToo 2020進化版 骨伝導イヤホン Bluetooth5.0対応
DeliToo JP

自動ペアリングで接続もカンタン!

Bluetooth5.0を搭載しているので、従来のものより通信速度が2倍、通信範囲も4倍になりました。

1度接続を行ったデバイスへは電源をつけた際に自動でペアリングしてくれます。

電池の残量を表示してくれる機能もあるので、忙しいときにも一目で電池の確認ができます。

ノイズキャンセリング機能も搭載しているので、音楽を聴くときのノイズを低減してくれます。

防水性能もしっかりと備わっており、汗や雨でイヤホンが壊れてしまう心配がありません。

骨伝導なので骨で音を聴く仕様なのと、イヤホン部分に柔らかい素材を使っているので長時間のイヤホン使用による耳の痛みもありません。

口コミ・レビュー
初めての骨伝導イヤホンをどれにするか悩み、こちらに決めました。周囲の音が聞こえるのはとてもいいです。音漏れがすると書いてあったのですが、確かにします。
口コミ・レビュー
自分はすぐ耳が痛くなったり耳から落ちたりするタイプなのですが、耳に引っ掛けるタイプ+耳を塞がないのでその点はいいです!メガネも干渉しません。形状が固定されているので、合わせる位置が難しいかもしれません。
大きさ100 × 140 × 20
重さ約32.4g

【2位】GOOSERA 最新骨伝導イヤホン Bluetooth5.1 Qualcommチップ搭載で充電長持ち!スポーツにも!

【2位】GOOSERA 最新骨伝導イヤホン Bluetooth5.1 Qualcommチップ搭載で充電長持ち!スポーツにも!
GOOSERA

最長10時間の連続再生で長時間での使用も安心!

高い伝送速度と安定した性能が魅力の骨伝導イヤホンです。

音切れ・音飛び対策の新技術が採用されているので、左右のイヤホンの信号伝達が安定。

接続が切れにくくなりました。

また、Qualcomm社の省電力Bluetoothチップが搭載されているので、2時間しっかりと充電しておけばバッテリー切れを心配することなく最長10時間もの音楽を楽しめます

ヘッドセットの操作もとてもシンプルで、着信の応答や音楽再生への切り替え、Siriの起動などが簡単にできます。

メガネを使っている方でもイヤホンとの併用が可能。

ペアリング操作も簡単です。

音量をあげてもしっかりと周りの音が聞こえるのも安心ですね。

口コミ・レビュー
ジョギング中に音楽を聴くのでワイヤレスイヤホンを使っていたのですが、遮音性が高すぎて危険な思いをしたので、環境音が聞こえる骨伝導イヤホンを購入してみました。クアルコムチップ製のワイヤレスイヤホンを所有していますが、本機も同じくバッテリーの持ちもスペック通り遅延無くクオリティが高いです。操作も簡単なので、ワイヤレスイヤホン初心者にも手の届きやすい価格も相まってお勧めかと思います。
口コミ・レビュー
骨伝導のため音漏れします。電車内などマナーを守るところでは音量にかなり注意する必要があります。装着してランニングしたところ、ずれることもなく、痛くもなく、イヤホンからの音も外部の音もよく聞こえ快適でした。防水仕様なので汗をかいても安心感があります。ブルートゥースの接続は問題なく、音飛びもありませんでした。
大きさ165 × 135 × 65
重さ約160g

【1位】AfterShokz Aeropex 骨伝導ワイヤレスヘッドホン bluetooth5.0対応!

Aftershokz
最安値 ¥19,998 (税込)

迷ったらこれ!安心してオススメできる骨伝導イヤホン!

Aeropexは、150を超える世界の特許技術を搭載したワイヤレスイヤホン

重量は26gととても軽量です。

また、振動が顔に対して30度の傾きになるように設計されているため、長時間使用していても耳が痛くなりません。

周囲の音もしっかりと取り込めるので、在宅ワークや運動をしながらでも、とても快適に音楽を楽しめます。

規格上、水深1mで約30分水に浸かっても耐えられるので、防水性も問題ありません。

音漏れもしずらく、音質も安定しているので、どれを選ぼうか迷っている方や、初心者の方にもオススメのイヤホンです。

口コミ・レビュー
家電量販店で視聴、聞き比べてから購入しましたが、他の商品に較べて明らかに音質が良いです。もちろん、「骨伝導の中で」のくくりですが、それでもエントリークラスのイヤホンにはひけは取りません。音質が非常に優れています。1日中着けっぱなしだと多少は疲れるが、軽いので余り違和感はない。バッテリーの残量など日本語でお知らせしてくれるのでありがたいです。
口コミ・レビュー
AFTERSHOKZのAIRという前作もその素晴らしさに即買いした。今回は約2万円とやや値段が高くなったものの、発音機のサイズが非常にコンパクトになっており、装着時の邪魔さがさらに良くなった。
大きさ340 × 122 × 35
重さ約26g

骨伝導イヤホン以外でも!おすすめの耳が痛くならないイヤホン

耳が痛くならないという点でとても優れた骨伝導イヤホンですが、その他にも「耳掛けイヤホン」や「インナーイヤー型イヤホン&ヘッドホン」もおすすめです。

耳が痛くない!耳掛けイヤホンとは?

出展:Amazon

耳掛けイヤホンとは、イヤーフックがついたカナル式イヤホンなど、耳の上に乗せるようにして装着するタイプのイヤホンのこと。

耳掛けイヤホンについて、詳しくはこちらの記事で記載しています!
耳掛けイヤホン おすすめ【耳から落ちない・耳が痛くならない】耳掛けイヤホン 人気おすすめ12選 (2021年最新版)

インナーイヤー型のイヤホンとは?

出展:Amazon

イヤーピースがなく優しい付け心地のイヤホンで、Appleの付属イヤホンをずっと使っている方には馴染みの形状でもあります。カナル式と違い、耳の奥まで入れる必要がないので、耳が痛くならずに済むというメリットがあります。

デメリットはカナル式に比べて、音漏れがしやすいということ。用途によって使い分けたいですね!

外音取り込み機能付き!「AirPods Pro」などおすすめのイヤホン

骨伝導イヤホンのメリットは外部の音も聞けるという点ですが、骨伝導イヤホン以外でも外部の音を聞きながら音楽や通話が出来ます。

Apple社の「AirPods Pro」など、ワイヤレスイヤホンやヘッドホンの中には「外音取り込み」という機能がついています。イヤホンを装着した状態でも外の音が聞こえるので、散歩中に聞いていても車の走行音に気づけたり、家事をしながら音楽が聴けるのが特徴です。

骨伝導イヤホンのよくある質問

骨伝導イヤホンはどこで買えますか?

Amazonや、楽天市場、ヤフーショッピングなどのオンラインショッピングではもちろん、ヤマダ電機やエディオン、ビッグカメラなどの家電量販店や、ドンキホーテやロフト(LOFT)でも買うことが出来ます!価格はそれぞれなので、なるべく安価で質の良いものを選びましょう。

自転車に乗って骨伝導イヤホンを使うのは違法ですか?

結論から言うと、自転車でイヤホンを使用することが明確な法律違反になるわけではありません。ですが、自転車も道路交通法を厳守すべき義務があり、安全に対して責任を持って運転をしなくてはいけません。

周囲の音が聞こえる骨伝導イヤホンだからといって、歩行者の声や周音が全て入ってくるわけではないので注意が必要です。

また、各都道府県で定められている道路交通規則や条例においても対応が違い、自転車に乗ってイヤホンを使用することで罰則や罰金が課せられることもあります。自転車に乗る前に自分の住んでいる地域がどのような規則になっているのか、一度しっかりと確認してみましょう。

骨伝導イヤホンを捨てるときはどこで捨てられるの?

骨伝導イヤホンは小さいとはいえ、不燃ごみになることが一般的。不燃ごみは各都市ごとに捨て方が異なっており、条例などでも決まりがあるため、しっかりと住んでいる市町村ごとに調べて廃棄しましょう。

また、ネットショップで中古品として売ることも可能ですし、リサイクルショップに持っていくと売れることもあるようです。

周りの音がうるさいと聞こえづらくなりますか?

骨伝導イヤホンは耳の穴を塞がないのが特徴なので、あまりに騒音の大きな場所で使用するのには適していません。野外での使用の際に風の音で聞こえにくいということはありませんが、周囲に迷惑にならない環境下なら、音量を上げて対応すれば問題ないでしょう。

また、骨伝導で音楽を聴くことに慣れてくると、小さく聞こえていた音が通常の音で聞こえるようになってくるので、周囲の音に気を取られることなく音楽を楽しめます。

長い時間使っても、耳が疲れないと聞きますが本当ですか?

耳の中に入れて音を聴く一般的なイヤホンだと、鼓膜が疲れたり、耳の圧迫感を感じることがあります。その点、耳の周りにある骨を振動させる骨伝導イヤホンは耳への負担が少なく、疲れにくいというメリットがあります。

軽量設計のデザインも多く、圧迫感や閉塞感が少ないタイプもあるので長時間の使用の際にも安心。商品によっては形状記憶素材を使用しているものもあり、幅広いユーザーに対応しています。

メーカーや商品の詳細をしっかりチェックすることが大切ですね!

骨伝導イヤホンて身体に悪いと聞きますが、害はないですか?

“骨を振動させる”と聞くと、身体や頭蓋骨への影響は無いのか心配になりますよね。しかし、骨伝導は多くの研究によって人体に害を与えることは全くないとされています。

通常、人は自分の声を骨伝導を通しても聞いています。自分の発する声は「骨の振動を伝わった音と空気の振動で耳から伝わった音」の2つの音で聴いています。録音された自分の声を聞くと、違う人の声に聴こえる現象はこれが原因で起こるのです。(録音された声は骨の振動から伝わる音が聞こえないため)

自分の声は骨伝導でも伝わっているということは、日々骨から振動を受けている状態なので、骨伝導イヤホンを使用していても身体への害はありません。

骨伝導イヤホンの人気売れ筋ランキングもチェック

こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されている骨伝導イヤホンのランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

骨伝導イヤホンのまとめ

出典:Amazon

いかがだったでしょうか。耳の周りの骨を振動させることにより音を聴く骨伝導イヤホン。自分が求める機能によって、選ぶイヤホンのデザインも値段も変わってきますが、周囲の音を取り込みながら音楽を楽しめるのはとても魅力的ですよね。

長時間使用していても身体への害が無く、耳も疲れないので、これからの生活様式には欠かせないものになってくるのではないでしょうか。自分にあったイヤホンを見つけて、より快適なライフスタイルを送りましょう!

関連記事:【2021年】 片耳イヤホンおすすめ 20選 | 耳掛け式やマイク付きモデルなど徹底解説

関連記事:耳を塞がないワイヤレスイヤホン Mu6 Ringをレビュー! 空気伝導イヤースピーカーを評価!

この記事は参考になりましたか?