【本音レビュー】Razer Kraken V3 HyperSense 振動機能の迫力は?ゲームと映画で徹底検証!

振動機能がとにかく凄い、装着感がいいなど、高評価の口コミが多い「Kraken V3 HyperSense」。しかし、「振動機能って耳が痛くならないの?」「本当に使いやすい?」と気になる人は多いですよね。

そこで今回は、注目のゲーミングヘッドセット「Kraken V3 HyperSense」を、レントリー編集部が実際に使って調査してみました!つけ心地や音質、振動機能といった気になるポイントを本音でレビューするので、購入を迷っている人はぜひ参考にしてくださいね。

おすすめ
Razer(レイザー)
最安値 ¥16,460 (税込)

Kraken V3 HyperSenseレビュー結果

Kraken V3 HyperSense Kraken V3 HyperSense 検証 Kraken V3 HyperSense Kraken V3 HyperSense

「Razer(レイザー)」は、世界的に人気のあるゲーミングデバイスメーカー。Razerの商品は、プロや配信者にも広く愛用されており、ゲーマーの定番メーカーとして注目を集めています。

今回紹介する「Kraken V3 HyperSense」は、新感覚の没入感を味わえる振動機能付きのゲーミングヘッドセットです。

まずは、実際に商品を使用したレントリー編集部の総評をチェックしていきましょう。

Kraken V3 HyperSenseの総評

Razer Kraken V3 HyperSense ゲーミングヘッドセット

おすすめ
Razer(レイザー)
最安値 ¥16,460 (税込)

今回は、デザイン・装着感・音質といった8つの項目で商品を評価しました。

デザイン
装着感
音質
ゲームのやりやすさ
遮音性・音漏れしにくさ
マイクの音質
使いやすさ
Hypersense(振動機能)
検証スタッフのコメント
  • 頭のサイズ的にはほとんどの人がつけられる範囲で良い。通気性の高い布なので蒸れずに快適に使えた。
  • 中域がメインで高音もそこまで主張しない。デフォルトでは完全にゲーミングに振ってある音質だと感じた。
  • 振動機能はゲーム以外にも映画でもかなり迫力が増して楽しめた。映画鑑賞にもおすすめできる。

Kraken V3 HyperSenseがおすすめな人とは?

Kraken V3 HyperSense おすすめな人

出典:razer.com

  • 振動機能でゲーム&映画を大迫力で楽しみたい人
  • FPSゲームを中心にプレイする人
  • 使いやすい有線ヘッドセットが欲しい人

Kraken V3 HyperSenseの特長

まずは、Kraken V3 HyperSenseの魅力や機能を紹介します。

Razer Kraken V3 HyperSense ゲーミングヘッドセット

おすすめ
Razer(レイザー)
最安値 ¥16,460 (税込)
ドライバーユニット TriForceチタンドライバーユニット
周波数特性 20Hz~20KHz
インピーダンス 32Ω
接続方法 有線(USB Type-A)
マイク あり(取り外し可能)
イヤーパッドの素材
  • ファブリック
  • レザーレット
  • メモリーフォーム
重量

334g

触覚テクノロジーを搭載したPCゲーミングヘッドセット「Kraken V3 HyperSense」。ゲームの戦況を大きく左右する「音」を身体で感じる事で、本当の没入感を楽しめます。

「Razer Synapse」を使えば、自分好みの音に調整できる

Razer専用ソフト「Razer Synapse」を使えば、イコライザー調整やサウンドモードの変更ができます。ゲームや音楽など好みの音を楽しめますね。

はるみ

ただしパソコンのソフトなので、PS4・PS5・Switchでは「Razer Synapse」を利用できないので注意。

ハマったら抜け出せない!迫力の振動機能「HyperSence」

Kraken V3 HyperSense 振動機能

出典:amazon.co.jp

Kraken V3 HyperSenseの最大の特徴は、低音と連動してイヤーカップが振動する「HyperSense」機能。ゲーム内の爆発音や銃声、攻撃を受けたときの衝撃が直接身体に伝わるので、他では味わえない圧倒的な没入感を体験できます。

特別なソフトがなくても、PC・PS・Switchで振動機能を楽しめる

Kraken V3 HyperSenseの振動機能は、ヘッドセットから発生した信号を振動に変換する触覚テクノロジーを採用しています。そのため別途ソフトを起動する必要がないのが魅力。

パソコンだけでなく、PS4・PS5・Switchでも振動機能を楽しめます。さらに、左右のイヤーカップは独立した構造なので、「右側からの衝撃には右側だけが振動する」といった再現性を備えています。

はるみ

この振動機能で2時間ほど映画を見たけど、全然疲れは感じず最後まで迫力倍増して楽しめました!Kraken V3 HyperSenseはゲームだけじゃなく、映画鑑賞もイチオシです!

Razer独自開発のTriForceチタン50mmドライバーを搭載

Kraken V3 HyperSense ドライバーユニット

出典:amazon.co.jp

Kraken V3 HyperSenseは、メーカー独自のドライバーユニットを搭載しています。ドライバーユニットとは、ヘットフォン内で音を鳴らすスピーカー部分のこと。

特許を取得した構造によって、まるで音域ごとにドライバーユニットを搭載しているかのような豊かなサウンドを再生できるのが特徴です。

また、音を生み出す振動板にチタンコーティングを施すことで、不要な振動を抑えたクリアな音質を実現しています。

【実機で検証】Kraken V3 HyperSense

Kraken V3 HyperSense 検証

今回は話題の「Kraken V3 HyperSense」を実際に使ってみました!「正直振動機能はいる?いらない?」「音質やつけ心地はどんな感じ?」など購入前に気になる部分を徹底解説していきます。

検証結果:ワンランク上の臨場感を楽しめるゲーミングヘッドセット!

検証結果:ワンランク上の臨場感を楽しめるゲーミングヘッドセット!

Razer Kraken V3 HyperSense ゲーミングヘッドセット

おすすめ
Razer(レイザー)
最安値 ¥16,460 (税込)

Kraken V3 HyperSenseは、ゲームを臨場感たっぷりで楽しみたい人におすすめの商品です!振動機能はとにかく迫力抜群で、今までにない没入感があります。

聞き取りやすいクリアサウンドと柔らかいイヤーパッドも相まって、疲れを感じずにゲーム&映画を楽しめるように仕上がっています。ヘッドセット側面にあるレイザーのロゴが光るのも、デザイン◎でした。

ゲームも映画も迫力たっぷりで楽しめる振動機能

Kraken V3 HyperSense 振動

気になる振動機能HyperSenseは、ゲーム・映画ともに臨場感たっぷりで「面白い!」の一言。バイブレーションのような小刻みな振動というよりは、映画館のように身体にドンッと音が響く感覚に近いです。

もともとの低音が抑えられているためか、振動機能を使うことでサウンドが完成する印象でした。感覚は個人差があると思いますが、オフ/弱/中/強の4段階で振動を調整できるので、好みや気分によって使い分けができます。

検証スタッフのコメント
予想以上に迫力があってびっくり!振動による痛みや不快感はなく、映画を2時間くらい観たけど大満足でした。

布×レザーを組み合わせたイヤーパッドでつけ心地◎

布×レザーを組み合わせたイヤーパッドでつけ心地◎
Kraken V3 HyperSense イヤーパッド

イヤーパッドは、肌に触れる部分は通気性のいい布生地、それ以外の外側はレザーになっています。蒸れにくい布生地で心地いい装着感を味わいつつ、レザーで音漏れを軽減できるという、まさにゲーマー向けの仕様だと感じました。

検証スタッフのコメント
イヤーパッドがふかふかで柔らかいので、メガネをかけたままでも快適に装着できる!

装着感はいいけどそれなりに重さはある

Kraken V3 HyperSense 重さ

Kraken V3 HyperSenseは、367g(メーカー表記は344g)とやや重さがあります。個人差はあると思いますが、人によっては長時間つけると疲れを感じる可能性あり。ただ、ヘッドバンドを調節することで、さまざまな頭のサイズにぴったりフィットするように作られており、つけ心地は抜群でした。

思ったより使い勝手のいい着脱式マイク

Kraken V3 HyperSense 着脱式マイク

Kraken V3 HyperSenseのマイクは取り外しが可能です。飲み物やお菓子をつまむときにマイクは意外と邪魔になるので、簡単に外せるのはなかなか便利でした。

肝心のマイクの音質ですが、可もなく不可もなくという印象。同メーカーの「BlackShark V2」と比較するとややこもって聞こえるものの、会話に支障をきたすほどではありません。

Kraken V3 HyperSense のマイクの音質はこちら

Kraken V3 HyperSenseで「Apex Legends」をやってみた

Kraken V3 HyperSense Apex

今回は、Kraken V3 HyperSenseを使って人気FPSゲーム「Apex Legends」を実際にプレイしてみました。

Kraken V3 HyperSenseは、同メーカーの「BlackShark V2」に似た中音域寄りの音質で、足音などを聞き取るには最適です。音の立体感もあるので、周りの状況や敵の存在を正確に把握できました。

振動機能HyperSenseは、とにかく没入感が圧倒的。銃や爆発物を使うたびに振動が伝わるので、本当にゲームの世界に入ったかのような感覚になります。個人の好みにもよりますが、強さは弱か中で十分だと感じました。

Kraken V3 HyperSenseのメリット・デメリット

Razer Kraken V3 HyperSense ゲーミングヘッドセット

おすすめ
Razer(レイザー)
最安値 ¥16,460 (税込)

ここまでの検証結果を踏まえて、Kraken V3 HyperSenseのデメリット&メリットを簡単にまとめました。

Kraken V3 HyperSenseメリット

Kraken V3 HyperSenseメリット

出典:razer.com

  • 振動機能で圧倒的な没入感を楽しめる
  • ゲームに最適な中音域メインの音質
  • 機能性抜群のレザー×布のイヤーパッド
  • イヤーカップにある各ボタンが操作しやすい

Kraken V3 HyperSenseデメリット

  • 大きな影響はないものの、やや重量がある
  • マイク音声が少しこもったような音質

今回Kraken V3 HyperSenseのデメリットだと感じた部分は「重さ」と「マイクの音質」です。

ただし、重さはあるものの慣れれば大丈夫だと感じました。またマイクでボイスチャット・会話する程度なら問題なく使えるので、普通に使う分には良さそうです。

はるみ

マイクの音質にこだわりたい人は、マイクを別で買うのも良いですね。

Kraken V3 HyperSenseとKraken V3の違い

Kraken V3 HyperSense

Kraken V3 HyperSense

出典:razer.com

Kraken V3 

Kraken V3

出典:razer.com

RazerのKrakenシリーズの商品として、同時期に発売された「Kraken V3 HyperSense」と「Kraken V3」。見た目や性能に共通部分が多く、どっちを買おうか迷う人も多いですよね。今回は、2つの機種の違いやスペックを簡潔にまとめてみました。

Kraken V3 HyperSenseとKraken V3のスペック比較表

Razer Kraken V3 HyperSense

Razer(レイザー)
最安値 ¥16,460 (税込)

Razer Kraken V3

Razer(レイザー)
最安値 ¥12,980 (税込)
Kraken V3 HyperSense Kraken V3 
ドライバーユニット TriForceチタンドライバーユニット TriForceチタンドライバーユニット
周波数特性 20Hz~20KHz 20Hz~20KHz
インピーダンス 32Ω 32Ω
接続方法 有線(USB Type-A) 有線(USB Type-A)
マイク あり(取り外し可能) あり(取り外し可能)
イヤーパッドの素材
  • ファブリック
  • レザーレット
  • メモリーフォーム
  • ファブリック
  • レザーレット
  • メモリーフォーム
振動機能(HyperSense) あり なし
重量 334g 332g

振動機能が楽しめるのはKraken V3 HyperSenseだけ!

Kraken V3 HyperSense 違い

出典:razer.com

2機種の大きな違いは、振動機能の有無。Kraken V3には振動機能が備わっておらず、Kraken V3 HyperSenseよりも4,000円安く購入できます。その他のドライバーユニット・接続方法・イヤーパッドの材質などは同じなので、単純に振動機能が欲しいかいらないかで選ぶのがスムーズです。

シンプルに高音質でゲームを楽しみたい人や価格を抑えたい人はKraken V3、振動機能で没入感を高めたい人や予算に余裕のある人はKraken V3 HyperSenseを選びましょう。

その他のおすすめのゲーミングデバイス

Kraken V3 HyperSense おすすめ

出典:amazon.co.jp

ここまでの内容を読んで「他の商品も検討したいな」と感じた人のために、その他のおすすめ商品を2つ紹介します。Kraken V3 HyperSenseのデメリットや惜しい部分を補う商品が登場するので、気になる人はぜひチェックしてください。

もっと軽いゲーミングヘッドセットが欲しい人に最適

Logicool G G331

おすすめ
Logicool G(ロジクール G)
最安値 ¥4,673 (税込)
ドライバーユニット50mmオーディオドライバー
周波数特性20Hz~20KHz
インピーダンス39Ω
接続方法有線(3.5mm)
マイクあり(取り外し不可)
イヤーパッドの素材レザー
重量259g

首や肩が凝りやすい人や軽いヘッドセットが欲しい人には、ロジクールの「G331」がおすすめ。重量259gとゲーミングヘッドセットとしては驚きの軽さで、長時間つけても疲れを感じません。音質やデザインもゲーマー向けで、なおかつお手軽価格で購入できるのが嬉しいですよね。

関連記事:【最強】プロゲーマーも納得のおすすめゲーミングヘッドセットランキング10選

関連記事:【2021】FPSも有利に!ゲーミングイヤホン おすすめ 19選|ゲームや音楽でも使用できるハイパフォーマンスモデルも

マイクの音質にこだわりたい人はこちらの商品がおすすめ

Razer BlackShark V2

おすすめ
Razer(レイザー)
最安値 ¥10,980 (税込)
ドライバーユニットTriForceチタンドライバーユニット
周波数特性12Hz~28KHz
インピーダンス32Ω
接続方法有線(3.5mm)
マイクあり(取り外し可能)
イヤーパッドの素材ファブリック/メモリーフォーム
重量262g

ボイスチャットをよく利用する人におすすめなのは、Razerの「BlackShark V2」。レントリー編集部でレビュー記事を紹介しており、実際にクリアなマイク音声を高く評価しています。振動機能はないものの、Kraken V3 HyperSenseと似た音質なので、ゲームにはぴったりのヘッドセットです。

関連記事:【実機レビュー】忖度なし!Razer BlackShark V2は買い?APEXで検証してみた

Kraken V3 HyperSenseまとめ

Razer Kraken V3 HyperSense ゲーミングヘッドセット

おすすめ
Razer(レイザー)
最安値 ¥16,460 (税込)
  • Kraken V3 HyperSenseは没入感抜群の新感覚ゲーミングヘッドセット
  • 中音域寄りの音質でゲーム音が聞き取りやすい
  • イヤーパッドの素材や着脱式マイクの使用感も◎

今回は、Razerの「Kraken V3 HyperSense」のレビューを紹介しました。視覚・聴覚だけでなく、触覚でもゲームを楽しむ時代になりました。ぜひKraken V3 HyperSenseを購入して、臨場感たっぷりのゲームプレイを楽しんでくださいね。

この記事は参考になりましたか?