【三脚 VS 打ち込み】ランタンスタンドおすすめ15選!人気モデルを徹底比較【2022年】

ランタンスタンドおすすめ

夜のキャンプにはランタンを使う人が多いですが、「いつも置き場所に困っている」「もっとテント全体を明るくしたい」なんて思うこともありますよね。今回は、そんな方におすすめなアウトドアグッズ「ランタンスタンド」を紹介します。

「ランタンをおしゃれに魅せる」というイメージがあるランタンスタンドですが、実は使う上でのメリットがたくさんある実用的なアイテムなのです。この記事では、ランタンスタンドの魅力をたっぷりとお伝えしながら、おすすめの商品や選び方を紹介します。

「最近キャンプを始めたからグッズを集めたい」「まだ始めてないけれど興味がある」そんな方には必見の内容。最高のアウトドアを楽しむためのお手伝いをします。是非この記事を読んで、自分にぴったりのランタンスタンドを見つけてくださいね。

関連記事:【キャンプや防災にも】ランタンおすすめ25選!持っておくべきLEDやテーブルタイプを厳選

ランタンスタンドとは?

ランタンスタンド とは

amazon.co.jp

ランタンスタンドとは、キャンプで使うランタンを吊るすためのスタンドのこと。ランタンスタンドには、三脚式(3本足)と打ち込み式(1本足)とクランプ式のものがあり、その場で組み立てて設置することができます。「持って行くのが大変そう」と感じますが、分解できるものが多いので意外と小さくまとまります。

ランタンの光は、夜のキャンプには欠かせないもの。いつもはテーブルに置いていたランタンをスタンドに吊るすことで、周りの空間を広く照らすことができます。タオルや上着など、明るい時間帯はランタン以外のアイテムを吊るすこともできるので、キャンパー愛用の人気アイテムになっています。

ランタンスタンドのメリット

ランタンスタンド メリット

amazon.co.jp

  • より広く空間を明るくできる
  • テントへの燃え移りや火傷を防げる
  • 虫よけ効果がある
  • 物干しやフラッグ掛けとしても使える

ランタンスタンドの最大のメリットは、照明効果をさらに向上できること。テーブル・床に置いたランタンは手元の小さい範囲しか照らすことができません。そんなときにスタンドを使えば、テント全体が明るく快適に。高い位置にランタンを設置することで、小さな子供が触れる心配もありません。

また、キャンプ中に虫が気になる人も多いですよね。そんなときに便利なのがランタンスタンド。虫には明るいところへ集まる習性があります。これを利用して吊るしたランタンにおびき寄せ、自分達の周りに虫を寄せつけないという使い方ができます。

また、昼間の明るい時間帯はランタンスタンドを物掛けのラックとして利用できます。食器を乾かすためのドライネットを吊るしたり、タオルなどを掛けておいたり。自分達のキャンプスペースの目印に、オリジナルの看板やフラッグを掛けててみるのもおすすめですよ。

ランタンスタンドの選び方

ランタンスタンド 選び方

amazon.co.jp

1つで何役もの役割をこなす便利なランタンスタンド。しかし、「どんなものを買えばいいか分からない」という方も多いですよね。ここからは、初めての方でも失敗しないランタンスタンドの選び方を紹介していきます。ポイントごとに詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

ランタンスタンドを選ぶときのポイント
  • 設置方式
  • 長さ・伸縮方法
  • 安全性
  • サイズ・重さ

設置方法を選ぶ

ランタンスタンドには、大きく分けて3つの設置方法があります。ここからは、打ち込み式・三脚式・クランプ式の3つのタイプを紹介。それぞれに作業工程が異なり、メリット&デメリットがあるので、自分のキャンプスタイルや用途に合わせて選びましょう。

どこでも簡単に設置できる三脚式

ランタンスタンド 三脚式

amazon.co.jp

三脚式のランタンスタンドは、その名の通り3本の脚でスタンドが自立する仕組みです。地面に打ち込む手間がないので、女性や力のない人でも設置しやすいのがメリット。安定感があり、硬い地面やコンクリートの場所でも使用できます。

設置後でも簡単にスタンドの位置を変えられるので、「やっぱりこっちを照らしたいな」というときも便利です。デメリットとしては、でこぼこした地面や斜面では安定性に欠けること。また、三脚部分につまづいたり、ぶつかったときに転倒しやすいという点があります。

スペースを節約できる打ち込み式(一本足)

ランタンスタンド 打ち込み式

amazon.co.jp

「子供が脚を引っ掛けそうで怖い」「山での本格的なキャンプに使いたい」そんな方には、打ち込み式のランタンスタンドがおすすめです。スタンド先端が杭のように細く尖っていて、地面に埋め込むことで自立します。設置スペースが小さく、つまづく心配もありません。

ハンマーなどで地面に強く打ち込んで設置するので、手間と多少のパワーが必要になります。コンクリートなどの硬い地面には不向きですが、斜面に設置できるのがメリット。商品によってハンマーが必要なものと不要なものがあるので、購入時に必ず確認しましょう。

テーブルに固定したいならクランプ式

ランタンスタンド クランプ式

amazon.co.jp

クランプ式は、ボルトを使ってテーブルに挟みこんでスタンドを設置する仕組み。そもそもテーブルがないと設置ができませんが、製品サイズが小さく持ち運びしやすいのが特徴です。卓上ランタンとして、テーブルを明るく照らしてくれます。

「食事中に手元が暗い」「スタンドを地面に設置するスペースがない」という場合におすすめです。最近では「打ち込み式・クランプ式両用」といった2way仕様の商品が登場しているので、シーンに合わせて使い分けることもできますよ。

特徴 こんな人におすすめ
打ち込み式
  • 脚につまづいても転倒しにくい
  • 斜面やでこぼこ地面にも設置できる
  • ハンマーが強い力が必要な場合も
  • 山キャンプや砂浜で使いたい人
  • ファミリーキャンプをしたい人
三脚式
  • 設置後に移動ができる
  • 簡単に設置できる
  • コンクリートの地面でも使える
  • 力作業いらずで設置したい人
  • 家の庭などで気軽に使用したい人
クランプ式
  • テーブルに挟んで使える
  • 手元を明るく照らせる
  • サイズが小さく持ち運びやすい
  • ポイントライトとして設置したい人
  • キャンプスペースを小さくまとめたい人

関連記事:ユニフレームだけじゃない!焚き火テーブルおすすめ20選|囲炉裏タイプやソロ向けも紹介

伸縮可能な長さと調整方法で選ぶ

ランタンスタンド 高さ

amazon.co.jp

多くのランタンスタンドは、高さを自由に調整できます。調整方法はネジやスライドタイプ、ポールを継ぎ足すことで長さを変える延長タイプなど、製品によってさまざま。中でも、細かく長さのコントロールができるネジタイプとスライドタイプがおすすめです。

ランタンスタンドを購入するときは、出来るだけ伸縮範囲が大きいものを選びましょう。可動域が大きいことで、使い方の幅が広がります。また、2m以上の高い位置にランタンを設置できるモデルなら、空間をより広く照らせますよ。

荷物を軽くしたいならコンパクトタイプを選ぶ

ランタンスタンド サイズ

amazon.co.jp

とにかく大荷物になっていまいがちなキャンプグッズ。なるべくコンパクトにまとめて、軽快に楽しみたいですよね。最近人気のランタンスタンドは、折り畳んで持ち運べるコンパクトタイプが増えています。中には、折り畳み時に25cm程度にまとまってくれるモデルも。

ほとんどの商品はパッケージやスペック表に「収納時の大きさ」を記載しているので、購入時は忘れずにチェックしましょう。専用の収納バッグがついているものは、より持ち運びやすくておすすめです。

安全性で選ぶ

普段の生活とは違った体験ができるキャンプは、安全に快適に楽しみたいですよね。ランタンスタンドを選ぶときも、安全性にはこだわっていきたいところ。「でも具体的にどんな点に注目すればいい?」そう思う方のために、特に大切な2つのポイントを紹介します。

ランタンの重さに合わせて耐荷重をチェック

ランタンスタンド 耐荷重

amazon.co.jp

家族や友人と思う存分にアウトドアを楽しむためには、道具の安全性にもこだわりたいですよね。ランタンスタンドを購入するときは「耐荷重」を忘れずに確認しましょう。耐荷重を超えた重量のものを吊り下げると、思わぬトラブルや怪我に繋がってしまいます。

手持ちのランタンの重さをチェックして、それに耐えられるスタンドを選ぶのがポイント。オイルランタンやガスランタンなどは2kg以上、バッテリー式のランタンの場合は1kg以上の耐荷重を備えたモデルがおすすめです。さらに重たいものを吊るせるスタンドであれば、物干しとしても使えて便利ですよ。

関連記事:揺らめく炎に癒される!ハリケーンランタンおすすめ10選|人気のフュアーハンド・デイツも

ランタンスタンドの重量は、2キロを目安に

ランタンスタンド 重量

amazon.co.jp

ランタンスタンドを選ぶときは、製品の重さにもしっかり注目しましょう。軽量なモデルは持ち運びしやすいメリットがありますが、あまりにも軽いと風や小さな衝撃で倒れてしまう可能性があります。おすすめは、重さ2kg程度のもの。

1本足で自立する打ち込み式は、地面へのさしこみが甘いと不安定になってしまうことも。風の強い日などは、特に深く差し込むことを意識してください。三脚式は、ペグを使ってしっかりと固定させることが大切です。適切にランタンスタンドをセットし、トラブルなく楽しみましょう。

ペグとは?
テントやロープを地面に固定するために使う杭のこと。一般的なピンタグやU字型のものなど、種類・形状はさまざま。ランタンスタンドなどのアウトドアグッズには付属している場合も多い。

安い VS 高い!ランタンスタンドの比較

ランタンスタンド 比較

amazon.co.jp

市販されているランタンスタンドの価格は、1000円台のものから1万円以上のものまでさまざま。「高い方が機能が多そう」「本格的にキャンプには安価モデルは難しい?」そんなイメージがありますが、具体的にはどのような違いがあるのでしょう?実際にAmazonで2480円と7990円で販売されている商品を比較してみました。

安いランタンスタンドの特徴(2480円のモデル)

リーズナブルな価格で販売されているこの商品ですが、2つのフック付いているので「1つはランタン用、1つは食器干し」というようにさまざまな使い方ができます。重さは800gと非常に軽量で、耐荷重は1kg。高さ調節も可能ですが、継ぎ足し式で110cm・145cm・180cmの3段階のみなので注意が必要です。

「安定感がある」「コーティングもに高級感あり」といったコメントも多く、レビュー評価も高い印象です。風の強い日は使用を避けたいものの、気軽なデイキャンプやピクニックには最適のアイテムではないでしょうか。とても軽く扱いやすいので、女性や初心者の方にもおすすめです。

こんな人におすすめ
  • とにかく予算抑えめで購入したい人
  • 持ち運びやすさ重視で軽量なものが欲しい人
  • 高さの細かい調節が必要ない人

高いランタンスタンドの特徴(7980円のモデル)

一方で価格の高いモデルは、フックが2つ以上ついた多機能モデルが多く見られました。中でもこの商品は、6つのフックを備えた多機能スタンド。組み立て方次第で、高さ約180cmの1本脚ランタンスタンドとしても使えます。さまざまなスタイルを楽しみたい方におすすめです。

重量が4kgと少しずっしりしていますが、最大10kgの重さに対応できる耐荷重を備えています。手軽さよりも、強度を求める方に選んで欲しいアイテムです。ポール表面はサビに強いメッキ加工をしているため、雨の中でも気軽に使えますよ。

こんな人におすすめ
  • 強度優先、長く使えるモデルが欲しい人
  • 耐荷重の大きいものが欲しい人
  • さまざまな形状スタイルを楽しみたい人

ランタンスタンドのおすすめ人気メーカー

ランタンスタンド メーカー

amazon.co.jp

便利アイテムであるランタンスタンドは、さまざまなメーカーから販売されています。「おすすめのメーカーが知りたい」「どうせなら有名なものが欲しい」という方も多いですよね。ここからは、数ある人気メーカーの中から、特におすすめのメーカーを3つ紹介します。

安心の定番メーカー「Coleman(コールマン)」

ランタンスタンド コールマン

amazon.co.jp

アメリカで生まれた人気メーカーです。さまざまな商品ラインナップを展開しており、アウトドアに興味がないユーザーにも広く知られています。街中でコールマンのリュックやバッグを持った人をたまに見かけますよね。ランタンスタンドも機能性に優れたおしゃれなものが多いので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

  • 商品ラインナップが豊富、選択肢が多い
  • 購入後のメーカーサービスが充実している
  • おしゃれで機能性のいいものを求める方におすすめ

本格志向を求めるなら「Snow peak(スノーピーク)」

ランタンスタンド スノーピーク

amazon.co.jp

世界中のユーザーに高く評価されているメーカー。本社にはキャンプ場が併設されており、こだわりの環境で商品が開発されています。高品質なアイテムが多く、耐久性に優れているのが特徴。長く安心して使い続けられるので、本格的なキャンプを楽しみたい方におすすめです。

  • 環境にこだわったレベルの高い商品開発
  • 耐久性が高く、優れた品質のアイテムが多い
  • キャンプを頻繁にする方におすすめ

オリジナリティあふれる「YaeiWorkers(ヤエイワーカーズ)」

ランタンスタンド ヤエイワーカーズ

amazon.co.jp

近年注目を集める国内のアウトドアメーカー。アウトドアブランドでは珍しく、実店舗を持たずにネットショップのみで販売を行っています。おしゃれなデザイン&コストパフォーマンスに優れたアイテムが多いので、初心者の方にもおすすめです。

  • 日本で生まれた通販アウトドアメーカー
  • おしゃれなアウトドアグッズが多い
  • コスパ重視な方におすすめ

ランタンおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(amazon、楽天、Yahoo、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格設置方式伸縮機能材質サイズ収納時サイズ重さ
YaeiWorkers ランタンスタンド¥3,580 Amazon楽天市場Yahoo!打ち込み式/クランプ-アルミニウム-(最大高さ146cm)約41cm550g
Ribitek ランタンスタンド¥2,480 Amazon楽天市場Yahoo!打ち込み式継ぎ足しタイプアルミニウム合金45 x 3 x 12 cm約45cm800g
UJack ハンマーランタンスタンド シングル¥3,345 Amazon楽天市場Yahoo!打ち込み式ネジタイプステンレス115 x 7 x 7 cm約110cm1.7kg
Ahorita ランタンスタンド¥2,490 Amazon楽天市場Yahoo!打ち込み式-アルミニウム38.6 x 5.8 x 5.2 cm約34cm550g
Coleman ランタンスタンド¥4,686 Amazon楽天市場Yahoo!三脚式スライドタイプアルミニウム-(最大高さ226cm)約90cm1.4kg
Hilander ランタンスタンド確認中 Amazon楽天市場Yahoo!三脚式ネジタイプアルミニウム84 × 84 × 250 cm約92cm1.2kg
FLYFLYGO ランタンスタンド¥4,380 Amazon楽天市場Yahoo!打ち込み式-スチール107 x 22.5 x 5.3 cm約95cm3.8kg
スノーピーク パイルドライバー LT-004¥5,790 Amazon楽天市場Yahoo!打ち込み式ネジタイプスチール111.76 x 2.54 x 2.54 cm約110cm1.81kg
AGYM ランタンスタンド¥2,380 Amazon楽天市場Yahoo!打ち込み式/クランプ式ネジタイプアルミニウム1.6 x 38.5 x 163 cm約43cm620g
キャンピングムーン ランタンスタンド D-243¥6,880 Amazon楽天市場Yahoo!打ち込み式/三脚式ボルトタイプステンレス65.5 x 65.5 x 246 cm約115cm2.2kg
VISIONPEAKS ランタンスタンド・ステイク¥3,990 Amazon楽天市場Yahoo!打ち込み式-18.5 × 2.0 × 213 cm約110cm3.1kg
キャプテンスタッグ ランタンスタンド UF-4¥3,470 Amazon楽天市場Yahoo!三脚式ネジタイプアルミニウム110.5 x 10 x 9.5 cm約107cm1.5kg
VASTLAND ランタンスタンド¥3,180 Amazon楽天市場Yahoo!三脚式ネジタイプアルミニウム79 x 9 x 7.5 cm約81cm1.8kg
LYIYI ランタンスタンド¥7,580 Amazon楽天市場Yahoo!打ち込み式-スチール101 x 22 x 5 cm約89cm4.1kg
Dekida ランタンスタンド¥1,770 Amazon楽天市場Yahoo!打ち込み式/クランプ式継ぎ足しタイプアルミニウム合金39 x 8.6 x 4.6 cm約39cm304g

ランタンスタンドおすすめ人気ランキング15選

ランタンスタンドの設置方法

ランタンスタンド 設置方法

amazon.co.jp

  • 打ち込み式ランタンスタンドの使い方
  • STEP.1
    埋め込む部分を決める
    なるべく平面で、硬い石がないところを選びます。
  • STEP.2
    スタンドをセットする
    地面に対してスタンドが垂直になるようにセットします。
  • STEP.3
    適正の位置まで打ち込む
    ハンマーを使ってスタンドを打ち込みます。何度も叩いて少しずつ進めるイメージで、大体10cm程の深さを目安にします。商品によってはハンマーが不要で、本体の自重によって打ち込むものもあります。
  • STEP.4
    高さを調節する
    打ち込み終わったら、高さを調整します。継ぎ足し式の商品は、事前に装着しておくタイプもあるので注意。
  • STEP.5
    ランタンを掛けて設置完了
    ぐらぐらとしないか、しっかり埋め込んでいるかを確認し、問題無ければランタンを掛けて完了です。
ひとことメモ
ハンマー不要のランタンスタンドは、とても設置が簡単!最上部のポール部分を持ち上げて離す作業を繰り返すだけで、自重によってスタンドが地面に打ち込まれる仕組みです。

ランタンスタンドは自作できる?

ランタンスタンド 自作

amazon.co.jp

最近では、ランタンスタンドを手作りするユーザーが増えています。ホームセンターに売っている丸棒や角材を使ったり、その場で拾った流木や枝を即席ランタンスタンドにしてしまう人も。穴あけやボルト固定といった危ない作業が必要になるので、行うときは周辺の安全や使い方を事前に確認してくださいね。

手間と時間はかかりますが、気軽にDIY気分を味わえると話題の自作ランタンスタンド。気になる方は、ぜひYouTubeなどで詳しい作り方をチェックしてみてください。世界に1つしかない自分だけのオリジナルランタンスタンドを作ることができますよ。

ランタンスタンドの関連商品

ランタンスタンド 関連商品

アウトドアに役立つアイテムは、ランタンスタンドだけではありません。あらゆるキャンプグッズの機能性やデザインに興味を惹かれて、アウトドア好きになってしまう人も。ここからは、そんな魅力あるアイテムのごく一部を紹介します。気になった方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

柔らかい光に癒される「ランタン」

ランタンスタンド ランタン

ナイトキャンプには欠かせないランタンは、暗い夜を明るく照らしてくれます。ガス・オイル・ガソリン・LEDなど、さまざまな種類のランタンが登場していますが、それぞれに特徴や重さの違いがあります。特にランタンスタンドを使用するときは、重量に対応できるかをしっかり確認しましょう。

関連記事:【キャンプや防災にも】ランタンおすすめ25選!持っておくべきLEDやテーブルタイプを厳選

快適に過ごすための必須アイテム「テント」

ランタンスタンド テント

キャンプと言えば、テントというイメージがありますよね。最近では、リビングと寝室に分かれた2ルームテントやロッジ型テントなど、さらに快適さにこだわったタイプが登場しています。購入するときは、耐水性能や組み立て方、サイズなどを確認して自分に合ったものを見つけるのが重要です。

関連記事:【おしゃれ&暖かい】コットンテントおすすめ18選|ソロ・ファミリー向け・薪ストーブ対応も

関連記事:2人用テントのおすすめ15選|人気のコールマン・GeerTop・格安モデルを厳選

関連記事:ソロテントおすすめ21選|キャンプ女子に人気の一人用ワンポール・カマボコも紹介

またテントと一緒に活躍するアウトドアテーブルについても解説しています。

関連記事:【流行はロースタイル】アウトドアテーブルおすすめ20選|人気の折りたたみ式コンパクトモデルを厳選

荷物入れやテーブルにもできる「アウトドアワゴン」

ランタンスタンド アウトドアワゴン

amazon.co.jp

キャンプやフェス会場などでよく見かける、大量の荷物をまとめて運ぶことができるアウトドアワゴン(キャンプカート)。ペットや小さな子供を乗せて、移動用カートとして使っている人も多いですよね。天板を乗せてテーブルにできるものや、クーラーボックスを搭載しているものなどがあります。

寒い冬のキャンプも楽しめる「屋外用ストーブ」

屋外用のストーブは、冬のキャンプには欠かせないアイテムです。友達や家族とストーブを囲んで、ゆっくり過ごすのもいいですよね。ソロキャンプや少人数の場合は、熱が前方向へ放出される「反射型ストーブ」、大人数の場合は、熱を上部へ放出する「対流型ストーブ」がおすすめです。

関連記事:【折りたためて小型化も】ロケットストーブおすすめ10選|煙突付きで料理も美味しく作れる

関連記事:【2021年最新】ガスストーブを徹底解説!アウトドア用や非常時にもおすすめ

関連記事:【寝るときも安全】冬のキャンプにおすすめの暖房15選|テント内で使える電気タイプも【2021】

その他アウトドアにおすすめのアイテム

レントリーでは、ランタンスタンド以外にアウトドアにおすすめのアイテムを解説しています。アウトドアやレジャーを楽しむ際は、ぜひ参考にしてください。

関連記事:スマホアプリ VS 専用GPS?登山用GPSおすすめ10選をハンディ・時計別で紹介|ガーミンの使い方も

関連記事:ライスクッカーおすすめ15選|キャンプに最適な小型タイプ・失敗しない炊き方を解説【2021】

関連記事:【失敗しない!】燻製器おすすめ20選|キャンプ・自宅にも使えて初心者も安心な小型・家庭用タイプもご紹介

関連記事:【2021年】ホットサンドメーカー おすすめ25選 |自宅やキャンプでも使える人気機種を徹底比較!

関連記事:緊急時に保温!エマージェンシーシートおすすめ10選|普段使いもできる!ダイソー製品の実力は?

関連記事:【小川張りで1日快適】ヘキサタープおすすめ18選|安いソロ向け・大型・張り方も紹介

ランタンスタンドのよくある質問

ランタンスタンド よくある質問

木製のランタンスタンドはありますか?

木製のランタンスタンドを販売しているメーカーはあります。特に有名なのが、「BLACK Design」というメーカーの「しだれ桜」。ウッドデザインで仕上げられた打ち込み式のランタンスタンドです。入荷してもすぐ売り切れになるほど人気の商品なので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ランタンスタンドはどこで買うのがおすすめですか?

実店舗であれば、アウトドアショップ・アウトドアショップ・ホームセンターなどで購入できます。大型店は実物が展示していたり、詳しいスタッフも多いので初心者の方にも安心ですよ。ネット購入であれば、商品の取り扱いが多いAmazonや楽天がおすすめ。レビューを見れば、購入した人の感想などをチェックできます。

100均にランタンスタンドは売っていますか?

100円ショップには、現在のところランタンスタンドの取り扱いはありません。しかし、フック部分のみの「ランタンハンガー」を販売している店舗があります。太さが合えば、テントのポールや柱などのさまざまな場所にフックを設置できますよ。

ランタンスタンドの処分方法を教えてください。

一般的には、ランタンスタンドは不燃ごみとして処分します。大きさ・長さ・材質によっては粗大ごみの扱いになる場合もあるので、必ず自治体のルールを確認しましょう。商品の状態がよく、まだ十分に使用できる場合はメルカリなどのフリマサイトや、中古販売店に買い取ってもらうのも1つの方法です。

ランタンスタンドの人気売れ筋ランキングもチェック

こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されているランタンスタンドのランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

おすすめランタンスタンドまとめ

ランタンスタンド まとめ

  • ランタンスタンドはナイトキャンプの必須アイテム!
  • 組み立ての手軽さを求めるなら三脚式
  • 環境を選ばない安定感を求めるなら打ち込み式
  • 重量や伸縮タイプで使いやすさが変わる
  • 安全性もしっかりチェックしよう

今回は、今注目のアイテム「ランタンスタンド」を紹介しました。さまざまな商品が登場しましたが、皆さんの気になるアイテムはありましたか?機能性や耐久性はもちろん、気分が盛り上がるようなデザインを選ぶのもおすすめですよ。ぜひ素敵なランタンスタンドを見つけて、最高のキャンプを楽しんでくださいね。

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー