【2022年】家庭用も!レーザープリンターおすすめ20選|失敗しない選び方も徹底解説

レーザープリンター おすすめ

プリンターは大きく分けて『レーザープリンター』『インクジェットプリンター』の2種類に分けられます。

今回は「印刷コストを抑えたい」「印刷スピードが速いものがいい」という願いを叶えてくれるレーザープリンターに着目してみました。

レーザープリンターは「オフィスや企業に設置してあるもの」だと思っている人もいるかもしれません。しかし、近年では家庭用モデルや、コンパクトで設置がしやすいモデルなどが多数発売されており、使用用途に合わせてインクジェットプリンターから乗り換えている人も多いんですよ。

そこで本記事では、おすすめのレーザープリンターやレーザープリンターの選び方などをご紹介します。ぜひ購入の参考にしてみてくださいね☆

関連記事:【2021】プリンターおすすめ15選|初めての購入する人や買い替えを検討している人向け選び方ガイド

レーザープリンターの特徴

レーザープリンターの特徴

レーザープリンターは

  • 印刷スピードが速い
  • 速乾性、保存性が高く、連続印刷や長期保管が可能
  • 普通紙でも問題なく使えるほど用紙へのダメージが少ない
  • ひとつのトナーで大量印刷できるのでランニングコストが安い
  • カラー印刷はインクジェットプリンターに比べると劣る

という特徴があります。

レーザープリンターは、印刷スピードが速い・ランニングコストが安い・印刷した文字がくっきり写し出されるのが魅力。オフィス用プリンターとして使用されることが多いです。

インクジェットプリンターと比べると印刷スピードもランニングコストも半分以下なことがほとんど。大量印刷をする人やコスト重視でプリンターを使いたい人には最適なプリンターです。

しかし、色の鮮やかさやグラデーションの再現性は低いので写真印刷には不向き。色彩豊かな印刷仕上がりを求める人や、写真印刷がメインの人はインクジェットプリンターやフォトプリンターをおすすめします。

関連記事:【2021】インクジェットプリンターおすすめ13選|印刷コストの安い機種は?文書印刷に適している機種は?基本の選び方を伝授します

関連記事:【2021年】フォトプリンターおすすめ9選|印刷コストは?高画質な機種は?プロが徹底解説します

レーザープリンターの選び方

レーザープリンターは種類が多く、どんな目的で使用するかによって選ぶべき商品が変わります。ここでは、レーザープリンター購入に失敗しないための選び方を4つご紹介します。

印刷のみなら単機能でOK!

印刷しかしないなら単機能だと◎小型かつ操作もシンプル

レーザープリンターには、印刷機能のみの『単機能タイプ』と印刷機能に加えてコピーやスキャナ、FAX機能が搭載されている『複合機タイプ』に分けられます。

■印刷しかしない人は単機能がおすすめ

単機能レーザープリンターは最低限の機能しか備わっていないのでコンパクトな製品が多く、操作もシンプルなので扱いやすいです。

■コピーやスキャン機能を使うなら複合機がおすすめ

印刷はプリンター、コピーはコピー機、スキャンはスキャナーと、各々購入するより、複合機を買う方が圧倒的にお得です。

ポイント

ちなみに、「単機能だから安い」「複合機だから高い」ということはありません。

単機能でも5GHz(高速Wi-Fi)や自動両面印刷対応機種だと、価格は高くなります。反面、複合機だけど、ワイヤレス機能やADF機能(原稿自動送り装置)が非搭載になると、価格は安くなります。

A3対応機種は本体サイズが大きくなる。設置スペースの確保が必要

レーザープリンター A3

レーザープリンターによって、印刷できる用紙の最大サイズが違います。対応用紙の確認も忘れずチェックしましょう。

汎用性が高いA4に対応したレーザプリンターはたくさんありますが、A3対応機種となると一気にラインナップが少なります。

また、A3対応機種は本体サイズが大きくなりがちです。家庭用にA3対応のレーザープリンターを買うなら設置場所を広めに確保しておきましょう。

白黒印刷限定であれば、モノクロ対応機種を選んでランニングコストを抑える

プリンター 白黒

白黒印刷しかしない人は、モノクロレーザープリンターがおすすめです。

モノクロ対応機種だと、必要なインクはブラックのみ。ランニングコストを抑えられるうえ、本体価格もカラー対応機種よりリーズナブルです。

言わずもがなのことですが、モノクロレーザープリンターでカラー印刷はできません。「カラー印刷をするために買い替えなくてはいけない!」なんてことにならないために、カラー・モノクロどちらの機種を選ぶのかしっかり考えましょう。

ワイヤレス接続対応だと複数人で共有できて便利

レーザープリンター 選び方

パソコンとプリンターをケーブルで繋がないと使用できない有線対応機種だと、設置場所や、使用場所が限られてしまいます。サイズの大きなレーザープリンターだと、使い勝手の悪さを痛感するでしょう。

しかし、Wi-FiやBluetoothなどのワイヤレス通信に対応している機種だと、好きな部屋、好きな場所に設置でき、作業している場所から動かず印刷を行えます。

「家族で使用する」「オフィス内で複数人と共有する」という場合は、ワイヤレス接続対応の機種を選ぶと作業効率が上がりますよ。

とはいえ、ワイヤレス接続にもケーブル接続にも良し悪しがあります。以下、メリット/デメリットを一覧にしてみました。自分に最適だと思う接続方法をチェックしてみてください。

接続方法 メリット デメリット 接続方法の種類
ケーブル接続
  • 画素数が高い画像や容量が大きなデータでもスピーディに送れる
  • 環境に左右されず安定して使える
  • プリンターの近くにパソコンを持って行かないと接続できない
  • 複数人で共有する場合不便
  • USBケーブル
  • 有線LAN
ワイヤレス接続
  • 複数人で共有するのに便利
  • スマホやタブレットからでも転送できる
  • ケーブルが不要なのでプリンター周りがキレイに見える
  • データ容量や接続方式によっては印刷まで時間がかかる
  • 接続設定が複雑。業者やメーカーに問い合わせないとできないことも
  • 無線LAN
  • Wi-Fi
  • Bluetooth

レーザープリンターを買うならココ!おすすめメーカー3選

レーザープリンターランキングの前に、おすすめメーカーをご紹介します。メーカーごとの特徴を見て、自分が求めているレーザープリンターを見つけてみてください。

多機能なレーザープリンターが豊富!キャノン

カメラやビデオなど精密機器を多く扱っている『Canon(キャノン)』。キャノンから発売されているレーザープリンターは、大型のビジネスモデルから、家庭用の小型モデルまで種類が豊富なのが特徴です。

また、長尺印刷ができたり、高画質印刷ができたりなど多彩な機能が搭載されているモデルが多いのも魅力。

レーザープリンターをさまざまな目的で使いたい人はキャノンがおすすめです。

印刷スピードと耐久性の高さはピカイチ☆エプソン

プリンターやプロジェクターなどを取り扱っている『EPSON(エプソン)』のレーザープリンターは、低コストでの印刷、スピーディな印刷を可能とします。

プリンター本体の耐久性も高いので大量印刷を必要とするビジネスシーンにはもってこいです。

また、エプソン独自の解像度補正機能が搭載されているモデルは、写真印刷でも鮮やかな仕上がりに。エプソンのレーザープリンターは、文書だけでなく、写真印刷もしたい人におすすめです。

リーズナブルなモデルが多いブラザー

プリンターやミシンなどをラインナップしている『brother(ブラザー)』。ブラザーのレーザープリンターは他のメーカーに比べてリーズナブルな価格なのが特徴です。

安い価格設定ながら、搭載機能は申し分なし◎コスパ重視でレーザープリンターを探している人にはブラザーがおすすめです。

【単機能】レーザープリンター おすすめランキングの比較一覧表

商品最安価格サイズ(幅×奥行×高さ)重量最大用紙サイズプリンタータイプ1枚あたりの印刷コスト
[ブラザー]HL-L2330D楽天市場¥8,791 AmazonYahoo!356×360×183mm約7.2kgA4モノクロ約3円
[キャノン]LBP221楽天市場¥24,700 AmazonYahoo!399×373×250mm約8.8kgA4モノクロ約3.8円
[京セラ]ECOSYS P5026cdw楽天市場¥44,578 AmazonYahoo!410×410×329mm約21kgA4カラー対応カラー/11.35円・モノクロ/1.75円
[ブラザー]HL-L2375DW楽天市場¥12,973 AmazonYahoo!356×360×183mm約7.2kgA4モノクロ約3.3円
[エプソン]LP-S6160楽天市場¥45,844 AmazonYahoo!499.5×538×422mm約44kgA3カラー対応カラー/16.4円・モノクロ/3.7円
[ブラザー]HL-L5100DN楽天市場¥22,000 AmazonYahoo!373×388×255mm約10.7kgA4モノクロ約1.8円
[キャノン]LBP6030楽天市場¥10,982 AmazonYahoo!364×249×199mm約5kgA4カラー対応約4.1円
[キャノン]LBP622C楽天市場¥51,766 AmazonYahoo!430×418×287mm約14.0kgA4カラー対応カラー/18円・モノクロ/3.4円

【単機能】レーザープリンター おすすめランキング8選

【複合機】レーザープリンター おすすめランキングの比較一覧表

商品最安価格サイズ(幅×奥行×高さ)重量最大用紙サイズ機能プリンタータイプ1枚あたりの印刷コスト
[ブラザー]FAX-2840楽天市場¥24,201 AmazonYahoo!368×360×311mm約9kgA4印刷・コピー・FAXモノクロレーザープリンター約3.2円
[ブラザー]MFC-L3770CDW楽天市場¥47,973 AmazonYahoo!410×509×414mm約24.5kgA4カラー対応カラー/約19.2円・モノクロ/約3.4円
[京セラ]ECOSYS M5526cdw楽天市場¥66,196 AmazonYahoo!417×429×495mm約7.6kgA4印刷・コピー・スキャン・FAXカラーレーザープリンターカラー/11.35円・モノクロ/1.75円
[京セラ]ECOSYS M2540dw楽天市場¥109,693 AmazonYahoo!417×412×437mm約19.4kgA4モノクロ1.2円
[キャノン]MF232w楽天市場¥14,455 AmazonYahoo!390×371×312mm約10.8kgA4印刷・コピー・スキャンモノクロレーザープリンター約3.9円
[キャノン]MF245dw楽天市場¥65,000 AmazonYahoo!390×371×360mm約12.8kgA4モノクロ約3.3円
[キャノン]MF262dw楽天市場¥41,000 AmazonYahoo!390×405×327mm約11.3kgA4印刷・コピー・スキャナモノクロレーザープリンター約3.5円
[キャノン]MF642Cdw楽天市場¥73,980 AmazonYahoo!451×460×413mm約22.5kgA4カラー対応カラー/18.0円・モノクロ/3.4円
[ブラザー]DCP-L2550DW楽天市場¥19,134 AmazonYahoo!410×399×318mm約11.6kgA4印刷・コピー・スキャナモノクロレーザープリンター約3円
[NEC]Color MultiWriter 400F楽天市場確認中 AmazonYahoo!420×503×500mm約30.2kgA4カラー対応-
[リコー]RICOH P C301SF楽天市場¥69,800 AmazonYahoo!420×493×473mm約30kgA4カラー対応カラー/11.5円・モノクロ/2.9円
[ブラザー]MFC-L5755DW楽天市場¥58,873 AmazonYahoo!435×427×486mm約16.6kgA4モノクロ1.8円

【複合機】レーザープリンター おすすめランキング12選

レーザープリンターの人気売れ筋ランキングもチェック

こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されているレーザープリンターのランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

レーザープリンター 良くある質問

レーザープリンターのお手入れは必要ですか?

レーザープリンターはお手入れが必要です。

  • 印刷汚れが起こる
  • 印刷品質が低下した
  • トナーカートリッジを交換した

主に上記3つのタイミングでプリンターのお手入れをすると良いといわれています。

プリンターのボディを水拭きしたり、本体orパソコンから操作して、プリンター内部のクリーニングをしたり、ドラムの表面に付着したホコリや汚れを綿棒で拭き取ったりしてプリンターのお手入れをしましょう。

ちなみに、プリンターに通すだけでローラーの汚れを取り除ける『クリーニングシート』というものもあります。

「紙詰まり」「2枚送り」「汚れの付着」などのトラブルを解消してくれますよ。

クリーニングシートのおすすめはコチラ!

シリコンタイプのクリーニングシートなので繰り返し使えて経済的☆耐熱性、耐久性に優れています。レーザープリンターだけでなく、インクジェットプリンター・FAX・コピー機にも使用可能。ひとつ持っていると、多数のプリンターで共有できますよ。

両面対応/A4サイズ

ちなみに、プリンターのクリーニングシートは多種多様ですが、”レーザープリンター使用不可”の商品を良く見かけます。クリーニングシートの購入の際は、レーザープリンターに使えるかチェックしましょう。

レーザープリンターは普通紙以外にも印刷できますか?

封筒・はがき・ラベル・厚紙・名刺など、普通紙以外の紙(特殊紙)へ印刷できるかは、機種によって異なります。

プリンター購入時に、対応している特殊紙の確認もしておきましょう。

おすすめのラベルシールを教えてください。

筆者おすすめのラベルシールを3つご紹介します。

ラベルシール おすすめ①

「A-one(エーワン)」のラベルシールです。光沢紙なので、写真屋イラストを色鮮やかにプリントできます。A4サイズのシール用紙が20枚入っています。好きな大きさや形にカットすれば、オリジナルラベルやステッカーが作成できますよ。

ラベルシール おすすめ②

こちらも「A-one(エーワン)」の商品です。ラベルシールとしてよく見かけるマットな紙質となっています。マット紙は汎用性が高く、使いやすさバッチリです◎しかも、このラベルシールは耐水性に優れているのが特徴。水回りやアウトドア用品へのラベリングはこれひとつで完成できちゃいます。

ラベルシール おすすめ③

こちらの「KOKUYO(コクヨ)」のラベルシールはレーザープリンターはもちろんインクジェットプリンターにも使用できる紙ラベルです。A4サイズのシール用紙が20枚入っています。貼って剥がせるタイプなので、カレンダーや予定表などの張り替えが必要なシーンで大活躍してくれますよ。

ほかにも、Tシャツにワンポイントデザインを追加できたり、体操服に名前ゼッケンを付けたりするのに便利な『アイロン転写シート』催し物に使用すると華やかな印象になる『和紙シート』など使用シーンに合わせた商品が多数ありますよ。

印刷をしてもトナーが定着せず用紙が汚れます。

その現象を”定着不良”と呼びます。

定着不良が起こる原因として多いのは以下の通りです。

  1. 適切な用紙を使用していない
  2. 使用している用紙とプリンターで設定されている用紙のタイプが異なっている
  3. プリンター内のトラブル

①の場合は、メーカー推奨の用紙に交換しましょう。

②の場合は、設定変更をしてみてください。たまに、使用している用紙と設定している用紙が同じなのに定着不良を起こすというケースもあります。仮定に誤りがなくても、使用環境(湿度や温度)によって印刷がかすれることがあるので、一度用紙タイプを1段階厚くして再度印刷をしてみてください。

③の場合は、エラ―ランプが点灯、点滅していることがほとんどかと思われます。ランプの色や点灯の仕方によって、トラブル内容が違うので取扱説明書などを参考に対処してみましょう。とはいえ、「説明書を見てもよくわからない」「自分ひとりで直せる自信がない」という場合は、無理に直そうとせず、メーカーや購入した家電量販店に問い合わせることをおすすめします。

トナーカートリッジに寿命ってあるんですか?

トナーカートリッジにも寿命(使用期限)はあります。

使用期限は、トナーカートリッジが製造されてから2年~2年半といわれています。

箱に製造日や使用期限が記載されているので、チェックしてみてください。

ちなみに、開封したトナーカートリッジは、使用期限に関係なく1年以内に使い切るのが好ましいです

レーザープリンターを処分したいのですが…。

レーザープリンターの処分方法を4つご紹介します。

  • 自治体に出す(家庭用ごみとして廃棄する)
  • 家電量販店で下取り・引き取りをしてもらう
  • リサイクルショップやフリマアプリで売る
  • 不用品回収をしている業者に引き取ってもらう

壊れているレーザープリンターは、売ることはできないので廃棄・引き取りを検討しましょう。

ちなみに、オフィスや企業で使用していたプリンター(法人)は自治体に出して処分することができないケースがあります。代わりに、事業用に使っていたレーザープリンターだと、メーカー側が回収・再資源化するサービスをしていることも多いです。トナー回収サービスをしていることもありますよ。

処分に悩んだら、まずは使っているプリンターのメーカーHPを確認してみましょう。

レーザープリンターを中古で買おうと思うのですが。

レーザープリンターは、本体価格が高いため新品の購入をためらう人も多いでしょう。

レーザープリンターの耐久性は約3~5年、印刷可能枚数は約5万枚が平均といわれています。

中古の購入を否定するわけではありませんが、購入する際は使用状況が確認できるものだと安心です。

購入しようとしているレーザープリンターは「どれだけ使われていたのか」「メンテナンスは行き届いているのか」「印字不良を起こしていないか」など、購入後思わぬトラブルに繋がらないよう細心のチェックは必須でしょう。

「たまにしか使わないから激安で手に入れたい」という理由で中古のレーザープリンターを検討しているなら、レンタルという手もあります。

レンタルと聞くと、法人向けサービスのように感じるかもしれませんが、個人向けのレンタルorリースを行っている企業も多数あります。

気になった人はぜひチェックしてみてください。

関連記事:【1日からの利用も】プリンターレンタルおすすめ8選|個人・法人での利用にも

関連記事:【口コミ・評判まとめ】ウルトラプリントは本当におすすめ?注意点も大調査

互換トナーカートリッジを使用しても問題ないですか?

互換トナーを使用することは問題ありません。

しかし、純正トナーに比べると劣化が早かったり、プリンターのトラブルが発生しやすかったり、故障したときの保証が効かなかったりします。

互換トナーは、純正トナーに比べると半値以下で買えることもあり、印刷コストをグッと抑えられます。しかし、同時にデメリットもあるので信用できる互換インクメーカーのものを使いましょう。

コチラの記事もチェック!
以下の記事では、安心!安全!多くの人が利用している互換インクメーカーを2社ご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:【2021】プリンターおすすめ15選|初めての購入する人や買い替えを検討している人向け選び方ガイド

レーザープリンター まとめ

今や、レーザープリンターはビジネス用という考えは古く、家庭用プリンターとして導入している人が増えてきています。

印刷スピードの速さ、印刷コストの安さはピカイチ☆

一家に一台あると、急な印刷、コピーに対応できとても便利ですよ。

購入の際は、ぜひこの記事を参考にして自分に適したレーザープリンターを見つけてくださいね。

関連記事:【2021年】モバイルプリンターおすすめ8選|A4対応やインク不要機種は?失敗しない選び方解説も!

関連記事:【1万円以下】格安プリンターおすすめ8選|印刷コストを抑える方法や失敗しない選び方解説も

関連記事:【自炊に最適】スキャナーおすすめ18選|便利な使い方、使用目的に適した種類など徹底解説

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー