【折りたたみが人気】ランドリーバスケットおすすめ25選|スリムでおしゃれな洗濯かごも

ランドリーバスケット おすすめ

洗う前の洗濯物をスッキリまとめておくなら、ランドリーバスケットがあると便利です。自分のライフスタイルにぴったりなアイテムを見つければ、日々の洗濯がより快適になること間違いなし!洗濯は暮らしに欠かせない家事なので、使い勝手のよい洗濯かごを見つけたいですよね。

しかし、プラスチック製のバケツ型やスリムに収納できる折りたたみ型など、素材やタイプも豊富なランドリーバスケット。何を基準に選べばいいのかわからないという人もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ランドリーバスケットの種類や選び方、おすすめのメーカーなどの情報を徹底解説。記事の後半では、最新の売れ筋商品をランキング形式でタイプ別に紹介しています。これからランドリーバスケットを購入しようとしている人や買い換えを検討している人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

ランドリーバスケット(洗濯かご)は必要?洗濯の効率がUPする魅力とは

ランドリーバスケットは必要?洗濯の効率がUPする魅力とは

ランドリーバスケットとは、洗濯前の衣類をまとめたり、洗い終わった洗濯物を干すときに持ち運んだりする洗濯かごのこと。脱いだ衣類や使い終わったタオルをひとまとめにできるため、脱衣所を清潔に広く使えます。

また、色物や汚れがひどい洗濯物を洗う前に仕分けしたい場合にも大活躍。家族それぞれに洗濯物を分別するのも、ランドリーバスケットがあれば容易に行えます。

100均やホームセンターで買えるかごで代用も可能ですが、収納力やデザイン面を考えると洗濯物専用のランドリーバスケットの方が断然便利!折りたたみ式やキャスター付きのタイプから自分にあったアイテムを選べば、洗濯の効率も気分も上がります。

ランドリーバスケット(洗濯かご)の選び方

ランドリーバスケットの選び方

ここからは、ランドリーバスケットの選び方について説明します。選ぶ際に押さえておきたいポイントを以下の3点にまとめてみましたので、順番に見ていきましょう。

  1. 設置スペースに合わせてタイプを選ぶ
  2. 特徴を理解して素材を選ぶ
  3. キャスター付きなど便利な機能もチェック

設置スペースや洗濯物の量に合わせてタイプを選ぶ

まずはじめに、ランドリーバスケットのタイプをチェックしましょう。「折りたたみ型」「バケツ・かご型」「スリム型」「スタッキング型」などの種類があり、それぞれに特徴が異なります。設置する場所や洗濯物の量に合わせて、適しているものを選ぶことが重要です。

使わないときに収納しておける「折りたたみ型」

使わないときに収納しておける「折りたたみ型」

出典:amazon.co.jp

ランドリースペースが狭い人や、なるべく生活感を出したくない人には「折りたたみ型」のランドリーバスケットが最適です。使わないときに折りたたんで収納しておけば、ランドリースペースを広く活用できます

洗濯物をコインランドリーに持ち運ぶときや、洗濯後の衣類を干し場に移動させるときなど、ランドリーバスケットを一時的に使いたい場合にもおすすめです。

こんな人におすすめ
  • ランドリースペースが狭い人
  • できるだけ生活感を抑えたい人
  • 畳める洗濯かごを探している人

たくさんの衣類を入れられる「バケツ・かご型」

たくさんの衣類を入れられる「バケツ・かご型」

「バケツ・かご型」はランドリーバスケットの中でもっともスタンダードなタイプです。たくさんの洗濯物をまとめておける大型サイズが多く、人数が多い家庭や数日分の洗濯物を一度に洗いたい人におすすめ。バスタオルやシーツなど、大きめの洗濯物を入れておけるのも魅力です。

また、バケツ・かご型は商品数が多いため、好みのデザインや素材を選びやすいのもポイント。サイズ展開も豊富なので、設置スペースに合う大きさの商品が見つかりやすいメリットがあります。

こんな人におすすめ
  • 家族の人数や洗濯物の量が多い人
  • バスタオルやシーツをこまめに洗いたい人
  • デザインやサイズを吟味して選びたい人

省スペースで設置できる「スリム型」

省スペースで設置できる「スリム型」

出典:amazon.co.jp

ランドリースペースに余裕がない人には「スリム型」がおすすめです。薄型で設置面積が狭いので、省スペースで置けるのが魅力。高さのあるタイプを選べば、ある程度の収納力も確保できます

しかし、バケツ・かご型のようにたくさんの洗濯物を保管するのは難しく、洗濯物の量が少ない1~2人暮らしの人に向いています。また、スリム型を複数並べて設置すれば、洗う前の衣類を分別することも可能です。

こんな人におすすめ
  • ランドリースペースが狭い人
  • 洗濯物の量が少ない人
  • スリムでスタイリッシュなアイテムが欲しい人

洗濯物を分別したいなら「2~3段のスタッキング型」

洗濯物を分別したいなら「2~3段のスタッキング型」

出典:amazon.co.jp

あらかじめ洗濯物を分別して保管しておきたい人は、「2~3段のスタッキング型」を選びましょう。バスケットを重ねて設置することで省スペースかつ大容量の衣類を保管でき、白い衣類・色物・下着類などに分けておけるので便利です。

洗濯物の量が少ない場合は、片方を洗濯物の保管用、もう片方を洗い上がりの洗濯物の持ち運び用に使い分けるのもおすすめ。上段と下段でバスケットの大きさが異なるモデルもあるので、使いやすいものを選んでくださいね。

こんな人におすすめ
  • 洗う前の衣類を分別しておきたい人
  • 省スペースでたくさん保管したい人
  • 洗濯前と洗濯後でバスケットを使い分けたい人

好みのデザインやメリットで素材を選ぶ

ランドリーバスケット選びでは、素材も重要なポイントです。見た目の印象が変わるほか、素材ごとにメリットが異なります。市販の商品に使われている主な素材をいくつかご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

軽くて持ち運びがしやすい「プラスチック製」

軽くて持ち運びがしやすい「プラスチック製」

ランドリーバスケットの中でもっとも多く使われている素材がプラスチックです。軽くて持ち運びがしやすく、濡れた衣類を入れられるのがメリット。汚れたら拭くだけでお手入れができ、水洗いも可能なので清潔に使いたい人に適しています。

また、プラスチック製は他の素材に比べて値段が安く、買い求めやすいことも魅力。安いものなら1,000円以下の商品もあるので、予算を抑えて購入したい人におすすめです。

風通しがよく衛生的に使える「スチール・ステンレス製」「メッシュ製」

丈夫で風通しがよい「スチール・ステンレス製」

出典:amazon.co.jp

洗濯物をランドリーバスケットにまとめておく際、湿った衣類やタオルなどを放置するとカビやにおいの原因になることも。数日分の洗濯物をまとめて洗う人には、通気性のよい「スチール・ステンレス製」「メッシュ製」がおすすめです。

スチールやステンレスのランドリーバスケットは、丈夫で長く使えるのがポイント。濡れて重くなった衣類を持ち運ぶには強度も重要なので、洗濯物の量が多い人におすすめです。

メッシュ製はバケツ・かご型が多く、ランドリーバッグとして利用しやすい利点もあります。大きめのサイズを選べば、コインランドリーやクリーニングにそのまま衣類を運べて便利です。

おしゃれでインテリア性が高い「天然素材製」「ファブリック製」

籐や竹などを使用した「天然素材製」やコットンや麻などで作られた「ファブリック製」は、おしゃれで生活感が出にくいのが特徴。ナチュラルな風合いで、モダン・北欧・和風などさまざまなスタイルのインテリアに馴染みやすく、高級感があります。

外にも持ち出しやすいデザインなので、洗濯物をコインランドリーに持っていくときにも重宝します。

ただし、天然素材製やファブリック製は湿気に弱いのがデメリット。丸洗いできないタイプが多くカビが生える可能性もあるため、衛生的に使いたい人にはやや不向きです。基本的には、汚れが少なくて乾いた衣類を入れるようにしましょう。

便利な機能面にも注目しよう

ランドリーバスケットをより快適に使うなら、付属機能にも注目してみましょう。キャスター付きや蓋付きなど便利な機能があると、使い勝手がぐんとアップします。

持ち手・キャスター付きは移動がラクチン

持ち手・キャスター付きは移動がラクチン

ランドリーバスケットの設置場所と洗濯機が離れている場合や、洗濯機から干し場までの移動距離がある場合は、持ち手やキャスター付きが便利です。特に濡れた衣類はずっしりと重くなるため、1階から2階に移動して干す人は持ち手がしっかりしている洗濯かごを選びましょう

編集部

キャスターが付いていると掃除がしやすいメリットもありますよ!

ふた付きなら洗濯物を隠して生活感を抑えられる

ふた付きなら洗濯物を隠して生活感を抑えられる

いくらおしゃれなランドリーバスケットを置いても、中に入れた洗濯物が見えるとどうしても生活感が出てしまいますよね。来客の目が気になる人やインテリアにこだわりたい人は、ふた付きのモデルがおすすめです。

また、ファブリック製の商品には、取り出し口に巾着状の布やメッシュ生地が縫い付けられているものも。巾着の口を絞れば中身を隠せるので、生活感を抑えて見た目がスッキリします。

清潔に使いたい人には洗えるタイプがおすすめ

清潔に使いたい人には洗えるタイプがおすすめ

出典:amazon.co.jp

靴下や下着、運動着など汚れやすい洗濯物が多い人は、ランドリーバスケットの汚れも気になりますよね。軽い汚れならサッと拭くだけで落とせる場合もありますが、清潔に使いたい人には丸洗いできるタイプがおすすめです。

プラスチック製やスチール製、メッシュのランドリーバスケットのほとんどが、丸洗いに対応しています。ただし、スチールやステンレス製は水分が残っているとサビやすいため、きちんと乾かすか粉体塗装が施されているものを選びましょう。

【折りたたみ型】ランドリーバスケットおすすめ人気ランキング比較一覧表

折りたたみ型は、ランドリースペースが狭くて使い終わったら収納しておきたい人に適しています。洗濯後の衣類を干し場に移動させるときや、コインランドリーに持ち込むときなど、一時的に使うアイテムとしてもおすすめです。

商品最安価格タイプサイズ重量素材折りたたみキャスター
清水産業 折りたためるランドリーバスケット楽天市場¥2,044 AmazonYahoo!折りたたみ型56×36.2×39cm(幅×奥行×高さ)0.92kgポリプロピレン
不二貿易 ランドリーバスケット楽天市場¥1,647 AmazonYahoo!折りたたみ型24×35×52cm(幅×奥行×高さ)0.8kg麻・綿・ポリエステル%・スチール
伊勢藤 ランドリーバスケット ACOT楽天市場¥1,880 AmazonYahoo!折りたたみ型40×30×61cm(幅×奥行×高さ)1.54kgポリプロピレン
Amazonベーシック ランドリーバスケット楽天市場¥1,024 AmazonYahoo!折りたたみ型36×36×58.5cm(幅×奥行×高さ)1.54kgキャンバス不可
RuoFei ランドリーバスケット楽天市場確認中 AmazonYahoo!折りたたみ型42×32×28cm(幅×奥行×高さ)-ポリプロピレン

【折りたたみ型】ランドリーバスケットおすすめ人気ランキング5選

【バケツ・かご型】ランドリーバスケットおすすめ人気ランキング比較一覧表

バケツ・かご型は大人数の家族向け、数日分の洗濯物をまとめたい人向けです。どのくらいの量が入るのか、チェックしながら選んでみてくださいね。

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格タイプサイズ重量素材折りたたみキャスター
DOKEHOM ランドリーバスケット楽天市場確認中 AmazonYahoo!バケツ・かご型38×38×79cm(幅×奥行×高さ)0.5kgポリエステル・ポリエチレン・アルミ合金
メルクロス BRID laundry SQUARE BASKET WITH CASTER楽天市場¥5,500 AmazonYahoo!バケツ・かご型43×31×59cm(幅×奥行×高さ)2.5kgスチール・ポリエステル・コットン他不可
アスベル ランドリーバスケットL 「グレディー」 ブルー楽天市場¥780 AmazonYahoo!バケツ・かご型43×32×40cm(幅×奥行×高さ)0.68kgポリプロピレン不可
フレディレック ランドリーバスケット楽天市場¥2,860 AmazonYahoo!バケツ・かご型40×40×52cm(幅×奥行×高さ)0.8kgポリエチレン不可
山崎実業 洗濯かご ランドリーワイヤーバスケット タワー L ブラック 3163楽天市場¥4,747 AmazonYahoo!バケツ・かご型41×30×39cm(幅×奥行×高さ)1.35kgスチール不可
ニトリ バスケット ライラ3¥999 楽天市場AmazonYahoo!バケツ・かご型38×26×24cm(幅×奥行×高さ)650gペーパー・スチール不可
CURVER(カーバー) ニットランドリーバスケット楽天市場¥4,378 AmazonYahoo!バケツ・かご型60×39×27cm(幅×奥行×高さ)1.2kgポリプロピレン不可
アールケイプラニング ロープハンドルがおしゃれな スクエア型バンブーランドリーバスケット¥2,960 楽天市場AmazonYahoo!バケツ・かご型40×30×60cm(幅×奥行×高さ)-不可
DOKEHOM ランドリーバスケット楽天市場¥2,599 AmazonYahoo!バケツ・かご型39.9×33×55.9(幅×奥行×高さ)900gポリエステル不可
YOUDENOVA ランドリー バスケット楽天市場¥2,680 AmazonYahoo!バケツ・かご型40×30×60cm(幅×奥行×高さ)-コットン・リネン

【バケツ・かご型】ランドリーバスケットおすすめ人気ランキング10選

【スリム型】ランドリーバスケットおすすめ人気ランキング比較一覧表

スリム型は、省スペースで設置したい人や一人暮らしで洗濯物の量が少ない人に向いています。洗う前の衣類を分別しておきたいなら、複数並べて設置するとよいでしょう。

商品最安価格タイプサイズ重量素材折りたたみキャスター
ライクイット スリムバスケット SCB -9楽天市場¥1,336 AmazonYahoo!スリム型48×27×36.8cm(幅×奥行×高さ)0.6kgポリエチレン不可
Chrislley ランドリーバスケット楽天市場¥2,499 AmazonYahoo!スリム型18.5×39×56cm(幅×奥行×高さ)-ポリエステル
アールケイプラニング ランドリーバスケット¥2,780 楽天市場AmazonYahoo!スリム型19×40×60cm(幅×奥行×高さ)0.8kgポリエステル・プラスチック不可
IHOMAGIC ランドリー バスケット楽天市場¥2,099 AmazonYahoo!スリム型19×39×58cm(幅×奥行×高さ)-600Dオックスフォード生地不可
DOKEHOM ランドリーバスケット楽天市場¥1,999 AmazonYahoo!スリム型19×39×56cm(幅×奥行×高さ)-ポリエステル不可

【スリム型】ランドリーバスケットおすすめ人気ランキング5選

【スタッキング型】ランドリーバスケットおすすめ人気ランキング比較一覧表

スタッキング型は、洗う前の衣類を分別したい人や、洗濯前と洗濯後でバスケットを使い分けたい人におすすめ。複数のバスケットを重ねることで、省スペースでたくさんの洗濯物を保管できます。

商品最安価格タイプサイズ重量素材折りたたみキャスター
エア・リゾーム ランドリーバスケット楽天市場¥4,590 AmazonYahoo!スタッキング型35×40×107cm(幅×奥行×高さ)3.0kgスチール不可
JEJ レクエア ランドリーワゴン楽天市場確認中 AmazonYahoo!スタッキング型35×45×78.5cm(幅×奥行×高さ)2.0kgポリプロピレン不可
山崎実業 ランドリーワゴン楽天市場¥13,970 AmazonYahoo!スタッキング型ワゴン:40×29×69.5cm(幅×奥行×高さ)4.5kgスチール不可
アスベル 2段ランドリーバスケットワゴン 「ウィル」楽天市場¥4,209 AmazonYahoo!スタッキング型50×33×76cm(幅×奥行×高さ)2.7kgポリプロピレン・スチール不可
wanbao ランドリーラック3段楽天市場¥5,200 AmazonYahoo!スリム型19×40×60cm(幅×奥行×高さ)0.8kgポリエステル・プラスチック不可

【スタッキング型】ランドリーバスケットおすすめ人気ランキング5選

ランドリーバスケット(洗濯かご)のおすすめ人気メーカー

北欧以外のインテリアにも馴染みやすい「IKEA」

大人気の北欧インテリアメーカーIKEA(イケア)のランドリーバスケットは、とにかく種類が豊富!カゴ・折りたたみ・スリムなどさまざまなタイプを取り揃えており、素材もプラスチックからラタン製までさまざまです。

すべての商品がシンプルかつおしゃれなのはIKEAの醍醐味。クセのないデザインで、北欧風以外のインテリアにも溶け込みます。プラスチック製のカゴタイプであれば500円以下で購入できるので、予算を抑えたい人にもおすすめですよ。

シンプルなアイテムが好きなら「無印良品」

ベーシックなデザインと品質の高いインテリア家具や生活雑貨が人気の無印良品。安すぎず高すぎない手頃な価格設定のアイテムが多く、インテリアは無印で統一したいというファンも多いブランドです。

ランドリーバッグは、プラスチックのカゴタイプやポリエチレン製のバッグをラインナップ。そのほか、ステンレスのワイヤーバスケットや帆布バッグなど、洗濯物の保管にちょうどよいアイテムがたくさん揃っています。シンプル好きの人はぜひチェックしてみてくださいね。

20種類以上のラインナップが魅力の「ニトリ」

おしゃれでリーズナブルなアイテムが人気のニトリ。インテリア・生活雑貨が豊富なメーカーで、暮らしに必要なアイテムはニトリに来れば大概揃うと言われるほど。その実、ランドリーバスケットも20種類以上を展開しています。

なかでも人気なのは、籐製のような編み目模様が特徴的な「バスケット ライラ3」。紙で作られているのでとても軽く、価格も1,000円以下と良心的です。ランドリーバスケットを複数揃えて分別しておきたい人は、候補に入れてみてはいかがでしょうか。

ドイツの有名なランドリーメーカー「フレディレック」

フレディレックは、ドイツのコインランドリーから生まれた世界的なランドリーメーカーです。毎日の洗濯が楽しくなるおしゃれなランドリーグッズや、洗濯後の衣類をケアするハンガーなどのグッズを取り扱っています。

機能的であることはもちろん、デザイン性の高さも魅力の一つ。ほとんどの商品がオフホワイトに水色のロゴマークをあしらったデザインで統一されており、清潔感のあるのが好印象です。有名ブランドの商品を選びたい人は検討してみてくださいね。

ランドリーバスケットの関連商品

洗濯物の持ち運びに便利な「ランドリーバッグ(巾着袋)」

コインランドリーを利用する人は、洗濯物を持ち運べるランドリーバッグがあると便利です。通気性のよいメッシュタイプがおすすめですが、中身を見られたくない人は不透明タイプを選ぶとよいでしょう。衣類をクリーニングに出すときにも重宝しますよ。

ランドリーバスケット代わりに使える「収納ボックス」

お気に入りのデザインやちょうどいいサイズのランドリーバスケットが見つからないときは、収納ボックスをチェックしてみてください。生活感を隠したいなら、蓋付きタイプがおすすめです。ランドリーバスケットよりも商品数が多いので、きっと理想のアイテムが見つかるでしょう。

洗濯物を隠しながら保管できる「ゴミ箱」

市販のゴミ箱をランドリーバスケット代わりに使うアイディアもあります。ランドリーバスケットのようにメッシュ状ではないため、洗濯物を入れても外から見えないのが◎。また、分別タイプのゴミ箱を選べば、洗濯物の仕分けができて便利ですよ。

ランドリーバスケットのよくある質問

ランドリーバスケットはどこで売っていますか?

カインズ・ホーマック・コーナンなどのホームセンターで販売しています。おしゃれなアイテムをお求めなら、IKEA・ニトリ・フランフランなどの生活雑貨を扱っている店舗も要チェックですよ。

100均でランドリーバスケットは買えますか?

ダイソーやセリアなどの100均でランドリーバスケットを扱っています。プラスチックやスチール、ファブリック製などさまざまな種類があるのでチェックしてみましょう。

おすすめランドリーバスケット(洗濯かご)まとめ

この記事では、ランドリーバスケットの種類や選び方、おすすめの人気商品についてご紹介しました。最後に、もう一度選び方をおさらいしてみましょう。

ランドリーバスケットの選び方
  • 使わないときに収納しておきたいなら「折りたたみ型」
  • たくさん洗濯物をまとめておきたい人は「バケツ・かご型」
  • かさばらずに省スペースで設置したいなら「スリム型」
  • 洗濯物を分別して保管したい人は「2~3段のスタッキング型」

なお、今回はランドリーバスケットについて詳しく解説しましたが、Picky’s(ピッキーズ)では別記事でランドリー関連のアイテムをたくさん紹介しています。興味のある人は、ぜひ併せて読んでみてくださいね。

関連記事:【掃除がしやすく防音効果も】洗濯機置き台おすすめ15選|かさ上げ・キャスタータイプなど紹介

関連記事:【洗濯機周りがスッキリ!】ランドリーラックおすすめ23選|おしゃれなニトリ・イケアも紹介

関連記事:おしゃれなカバー付きも!ハンガーラックおすすめ15選|後悔しないための選び方を解説

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー