【MacBookに必要か?】アップルケア+|あなたの修理費用を完全サポート!

アップルケア TOP

iPhoneやMacなどのApple製品には、すべての製品についている基本保証と、購入後に料金を払って任意で加入する「Apple Care」保証の2種類があります。

Mac製品を購入前の方は「Apple Care+は必要か?」「料金はどのくらいなのか?」気になりますよね。またApple Care+と基本保証の違いをあまり理解せずに加入している方もきっといると思います。

今回はそんなちょっと分かりにくいAppleの保証について、Macを例に解説します。高価な製品が多いので、保証についてはきちんと理解して、正しく加入しておきたいですね。

Apple Care+とは

Apple Care(アップルケア)+とは、Apple社の製品に対してユーザーが任意で加入できる保証の総称です。

「Apple Care Protection Plan」は現在廃止されApple TVもApple Care(アップルケア)+が適用されます。

その他のiPhoneやMacなどほとんどの製品は「Apple Care+for〇〇(製品名)」という名称の保証になります。

ひとことメモ
現在「アップルケア」と言えば主に「Apple Care+」のことを指すと思ってください

Macのアップルケア変更点(2017年にApple Care Protection PlanからApple Care+に)

2017年からはMacの保証が「Apple Care+」に変更されたため、現在Macを購入する際についてくる保証は「Apple Care+for mac」となります。

ここでは2017年以前にMacを購入したユーザーのために「Apple Care Protection Plan」から「Apple Care+」になったことで何が変わったのかを解説します。

価格の変更

Apple Care Protection Planは2,700円で加入できる保証サービスでした。

一方、Apple Care+for macの料金は一番安いmac miniでも14,400円(税込)

つまり今回の変更によってMacユーザーが任意の保証に加入する場合、最低でも11,700円以上値上がりすることになります。現在のApple Care+for macのモデル別料金は以下の通り。

モデル別Apple Care+保証加入料金
  • Mac mini        14,400円(税込)
  • i mac          27,800円(税込)
  • Mac Book Air(M1)   27,800円(税込)
  • Mac Book Air(M2)            31,800円(税込)
  • 13inch Mac Book Pro  34,800円(税込)
  • 14inch Mac Book Pro  36,800円(税込)
  • 16inch Mac Book Pro  51,800円(税込)
  • Mac Studio        27,800円(税込)
  • Mac Pro          42,800円(税込)
ひとことメモ
保証料金【だけ】を見るとMacユーザーは大幅な値上がりとなります

保証内容の変更

Macユーザーは今回Apple Care+に変更になったことで、保証料金は大幅に値上がりしました。ですが、ただ単純に値上げされたわけではなく、Apple Care+に変更された分、保証も非常に手厚いものへと変更されています。

以前のApple Care Protection Planの場合、保証されるのは「自然故障のみ」で、落下などの過失による故障修理は補償の対象外でした。一方、Apple Care+for macの場合、自然故障はもちろん、過失による損傷や破損に対しても補償されます。

Apple Care+for macに加入していれば、過失による故障でも、下記の自己負担分のみ支払うことで修理が受けられます。

Apple Care+加入時の過失による修理の自己負担金額
  • 画面のみ、および外部筐体のみの損傷 12,900円
  • その他すべての損傷 37,100円
※加入期間中2回まで

確かにApple Care+for macに変更になることで、大幅な値上がりはしましたが、その分安心できる補償内容が増えていますので、単純な改悪ではありません。

加入期間の変更

また、加入期間も延長されています。Apple Care Protection Planでは2年間の保証でしたが、Apple Care+for macでは3年間になっています。

ひとことメモ
Apple Care+for macに変更されたことにより、過失による故障に対する補償がされるようになり、保証期間も延長されました

Apple Care+for Macと基本保証の違いについて

任意で加入するアップルケア+と、購入時に付帯する基本保証の違いについて解説します。

今回はMacのAppleCare+for Macと基本保証の違いを解説していますが、アップルケア+は製品ごとに加入料金や補償内容、保証期間が異なります。

そのため、他のApple製品のアップルケア+に加入する場合は、必ず規約を確認しておきましょう。iPhoneの修理費用を保証してくれるAppleCare for iPhoneに関する内容は以下の記事を読むのをおすすめします。

関連記事:【完全版】iPhone Apple Care +ココだけは押さえたい保証内容と修理料金

AppleCare for iPadについてはこちら

関連記事:【プロが教える】Apple care + For iPad お得に使う方法や料金などを徹底解説!

AppleCare+for Macと基本保証の違いは次の通りです。

項目 Apple基本保証 Apple Care+for Mac
保証加入料金 無料 14,400円(税込)51,800円(税込)(製品による)
過失による故障に対する補償 無し(全額実費修理) 有(自己負担12,900円or 37,100)
ハードウェアの保証期間 1年間 3年間
ソフトウェアの保証期間 90日間(テクニカルサポートのみ) 3年間(全般サポート)


それぞれ詳しく個別に解説していきます。

保証加入料金

まず、保証にかかる料金です。

基本保証は製品に自動的に付帯しているため、料金は一切かかりません。

一方、アップルケア+は保証加入料金がかかります。

この加入料金はiPhoneやiPad、Macといった製品によって料金が異なり、Macでもモデルによって料金が異なります。※2022年7月にAppleCare+は値上げされました。

機種 Apple Care+ 加入料金
Mac mini 14,400円(税込)
i mac 27,800円(税込)
Mac Book Air(M1) 27,800円(税込)
Mac Book Air(M2) 31,800円(税込)
13inch Mac Book Pro 34,800円(税込)
14inch Mac Book Pro 36,800円(税込)
16inch Mac Book Pro 51,800円(税込)
Mac Studio  27,800円(税込)
Mac Pro 
42,800円(税込)
ひとことメモ
高額なモデルになればなるほど保証加入料金も高額になります

過失による故障に対する修理費用

料金がかかる以外で、最も大きい違いがこの「過失の際の修理費用」です。

基本保証は落下や水没など、使用者の責任で故障してしまった修理については補償の対象外で、修理費用は全額実費となります。

Macの破損修理の場合、その修理費は高額になることが多く、数万円から時には10万円を超える修理費がかかることも。

そんな時、アップルケア+に加入していれば、修理費用のほとんどを補償してもらえます。

AppleCare+加入時の過失による修理の自己負担金額
  • 画面のみ、および外部筐体のみの損傷 12,900
  • その他すべての損傷 37,100

Macの場合、アップルケア+に加入していれば、修理にいくらかかったとしても自己負担は11,800円か33,800円です。

Mac Bookなどは持ちだして使用する機会も多いため、常に落下等のリスクが付きまといます。

そんな万が一の際、アップルケア+に加入していれば修理費が大幅に安くなります。

ひとことメモ
ただし、あまりに多大な損傷や、不正改造といった悪質な過失の場合はこの限りではありません

故障を未然に防ぎたい方は、ケースや保護フィルムがおすすめです。

なお、水没の際は、正しい対処を行うことで中のデータを復旧させることができるかもしれません。

いざというときのために下記の記事も読んでおいてください。

関連記事:【最新】Mac Book Pro・Airを水没から復活させた対処方法と修理費用を詳しく解説!

ハードウェアの保証期間

ハードウェアの保証期間
  • 基本保証    1年間
  • アップルケア+ 3年間

ハードウェア保証期間とは、「通常使用をしていて、故障や不具合が出た場合の無償修理をしてもらえる期間」のことを指します。

つまり自然に故障した場合の補償ですね。

しかも、この補償は本体だけではなく製品全体が補償対象になります。

ハードウェア補償対象
  • Mac本体
  • バッテリー
  • 電源アダプタなどの付属品
  • Apple純正メモリ(RAM)
  • AirMac
  • Apple USB SuperDrive

※一部条件あり

アップルケア+に加入するとこのハードウェア保証期間が3年間に延長されます。

個体にもよりますが、2年目、3年目で不具合が出るケースも多いので、この延長はありがたいと言えるでしょう。

ソフトウェアのサポート期間

ソフトウェアのサポート期間
  • 基本保証          90日間
  • アップルケア+ 3年間

Macを購入すると、90日のテクニカルサポートが受けられるソフトウェアサポートが付帯します。

一方、アップルケアに加入すると、ソフトウェアサポートが3年間に延長されます。

しかも、基本保証の90日サポートとアップルケア+の3年間のサポートは内容が違います。

保証の種類 サポート範囲
基本保証の90日サポート インストール、起動、復元に関するサポートのみ
アップルケア+の3年間サポート 基本的な操作・アプリ等の使い方までサポート

基本保証のサポートはあくまでも「テクニカルサポート」であり、「Macの使い方が分からない」という質問は規約上受け付けてくれません。

一方、アップルケア+のサポートは基本的な使い方まできちんとサポートしてくれます。

ひとことメモ
新規のMacユーザーはアップルケア+に加入しておいた方が安心でしょう

有償サポートについて

上記の無償サポート期間終了後、Appleのサポートを受けようとすると有償インシデントサポートという有料のサポートに切り替わります。

料金について詳しい記述はありませんでしたが、その時々の事例によって料金が変動するようです。

有償のサポートになる場合は事前に料金発生の確認がありますし、場合によっては無償になることもありますので無償サポート期間が過ぎていてもまずは電話してみましょう。

Apple Care+for macのデメリット

アップルケア+のデメリットは、基本的には加入料金がかかる、この1点のみです。

Apple Care+for macは端末自体が高価なこともあり、保証加入料金も12,900円~37,100円と決して安くありません。

しかも、もし加入期間中一度も修理やサポートを使わなかったとしたら、保証料のかけ損になってしまいます。

  • 「落下しないだろう」
  • 「サポートは使わないだろう」
  • 「2年や3年じゃ自然故障しないだろう」

こう考えている方にとって、料金がかかることは大きなデメリットになります。

とはいえ、そもそも保証とは「何かあるかも」と考える方の、その万が一に備えて入っておくためのものです。

ひとことメモ
数万円で高価なMacを守れるなら決して大きなデメリットではありません

Apple Care+for macの注意点

最後にアップルケア+の注意点について解説します。

Apple Care+for macの注意点
  • 購入直後、または購入後30日以内までに加入する必要がある
  • 紛失には対応しない
  • 修理の間、代替機はない

購入直後、または購入後30日以内までに加入する必要がある

Apple Care+for macに加入できる期間に注意が必要です。

Apple Care+for macはMac購入時、もしくは購入から30日以内に自分で手続きを行って加入する必要があります。

この期間を過ぎると加入できなくなるため、加入したい方は早めに手続きを行いましょう。

ひとことメモ
端末購入時に一緒に手続するのが一番簡単です

紛失・盗難には対応しない

特に注意したいのが紛失や盗難です。

Apple Care+for macは紛失・盗難の際の補償には対応していません。

補償される過失はあくまでも「落とした」「水をかけた」といった「現物ありき」の状態での補償です。

ひとことメモ
外に持ち出すことが多い機種を使用している方は紛失・盗難に十分注意しましょう

修理の間、代替機はない

Apple Care+はあくまでも修理の補償をするだけであって、修理の間、代替機の貸し出し等はしていません。

ひとことメモ
修理に出すと仕事に影響がある方はできればサブ機を用意しておきましょう

アップルケアより安い補償を希望している方にはモバイル保険がオススメ

手厚い補償で加入すれば安心のApple Care+ For Macですが、加入料金がやや高い点や保証期間が2年間しかない点、盗難は補償されないなどの点がネックです。

もし、Apple Care+ For Macの補償内容で若干不満がある、という方はさくら少額短期保険株式会社が扱うモバイル端末向けの補償・保険サービス「モバイル保険」がおすすめです。

引用:さくら少額短期保険株式会社

⇒モバイル保険公式サイトはこちら

iPhoneやMacなどのアップル製品でも問題なく加入でき、AppleCare+とはまた違った補償内容ですので、人によってはこちらの方が適しているかもしれません。

モバイル保険は加入料金が月額700円と安く、補償も手厚いです。メーカーの保証期間外や部品が製造されていない場合は保険金は発生しないので、契約前に端末を確認しておきましょう。

対象端末 修理可能の場合 修理不可・盗難の場合
主端末 最大100,000万円 最大25000円
副端末(2台まで) 最大30,000円(2台合計) 最大7500円

モバイル保険について詳しく知りたい方は以下の記事で解説していますので是非読んでみて下さい。

関連記事:【モバイル保険】iphoneなどのスマホやモバイル機器を格安料金で保証!Apple careと徹底比較してみた

人によって最適な保険は変わりますが、AppleCare+はちょっと高い、と思う方はこちらの保険を検討してみてはいかがでしょうか。

結論:高価なApple製品はAppleCare+(アップルケア+)やその他の補償に入っておくべき

アップルケア+が必要かどうかは個人の考え方や使用方法によるので、一概には言えませんが、個人的にはAppleCare+for macの加入をおすすめします。

Macに限らず、電子機器は1年を過ぎたあたりから不具合が出ることも決して少なくありません。

また、どんなに気を付けていても不注意で落としたり、水やジュースがかかってしまう事もあります。

2022年7月にAppleCare+は値上がりしましたが、割安で修理をしてもらえるのは大きなメリットです。

高価なMacを即買い換えられる方はきっと少数ですよね。

加入料金は決して安くありませんが、買い替え料金はもっと高いです。

保証をかけておくことで、日々安心して使えるようになる精神的なメリットも大きいです。

以上の理由からAppleCare+for macへの加入がおすすめです。

関連:【2021年最新版】Appleマニアが選んだ おすすめMacBook 10選|MacBook AirやMacBook Proの現行モデルを徹底比較

関連記事:【コスパ比較】MacBook(Air・Pro)キーボードカバーおすすめ20選|M1モデル用も

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー