【最新】Mac Book Pro・Airを水没から復活させた対処方法と修理費用を詳しく解説!

   

コーヒをこぼしてMac Bookを水没してしまった。。。バックの中でペットボトルの蓋が開いててマックが動かなくなっていた・・・・などなど、マックの水没はよくある話です。

私も個人的に過去3度も水没を経験している玄人です。一度目はMacBook Airにコーヒーをこぼした、二度目は飲み会でベロベロになるまで騒いでて、朝起きたらMacBook Proが動かなくなっていた(犯人不明w)。そして三度目はバックの中でペットボトルの蓋が外れてての水没・・・(Macbook Pro)。なのでMacの水没に関してはかなりの玄人レベルに。。。

いろいろな方法を試したり、修理したり、データを復旧させたりとかなりお金を使ってきました。とくに仕事で使っている場合にはいろいろなデータやファイルが詰まっているのでとても困ります。そこで過去3回のマックの水没トラブルの経験を踏まえて、自分で直せた話、そしてデータ復旧してもらった話など詳しくまとめました。

Macの修理やデータ復旧の費用もまとめつつ、水没してしまった時の正しい方法を解説していきます!

MacBookが完全に水没した場合の症状

Macが水没した場合は以下のような症状がでます。

  • Macのモニターが映らなくなる
  • Macのキーボードが使えなくなる
  • Macの反応が遅い、動きが遅くなる
  • 音が途切れる、音が出なくなる
  • USBなどの端子が使えなくなる
  • 発熱してMacが熱くなる
  • コツコツと音が鳴るようになる

このような症状が一般的です。水没の症状が出るまでは、すぐに出る場合と、少し時間が経って出る場合の両方があります。例えば2~3日は何もなかったのに、1週間くらい経つと動作が遅くなってきたということもあります。その場合は本体の中に残っている水分が徐々にMacの基盤を侵食してしまっているのです。

すぐに水没の症状がみられない場合もケアが大切

MacBookの中に少しでも水が入ってしまうと、一般家庭で100%乾燥させることは不可能です。理想なのは専門業者に持ち込んでしっかりクリーニングや乾燥させることです。時間が経つに連れてサビてしまってキーボードが動かなくなったり、音が出ないなどの不具合が発生することもあるので、軽度の水没でもしっかりとケアすることが大切です!

Mac Bookが水没したかをチェックする方法

Macが水没したかどうか分からない場合のチェック方法はありませ。iphoneの場合には水没マークといって水没したかどうかを調べるチェック機能があるのですが、Macbookはないんですよね・・・。水没したかも?と思った時は専門業者に持ち込んで診断してもらいましょう!

Macが水没してしまった場合の対処方法

水分を拭き取り乾燥させる

まずは水分を拭き取り、ダメージを最小限にしましょう。それからはしばらく乾燥させるために放置するのですが、とくにドライヤーなどは不要です。ドライヤーをやってもやらなくても、家庭環境で100%乾燥させるのは不可能なのであまり意味がありません。よくドライヤーで乾かして復活したなどの記事がありますが、それはドライヤーで乾かしたから治ったのではなく、水没が軽かっただけの話しです。

個人でできるのは、あくまでパソコンのダメージを減らす程度に考えてくれればOK!もしもマックが全く動作しない状況だったら乾燥させても意味がないので、早急に修理に出したり、データ復元などをしてデータを守ることを優先しましょう!

電源はすぐ切る・もしくは電源を入れない

電源が入っている時に水をこぼしてしまった場合には、すぐに電源を切ります。ショートを防ぎ、ダメージを最小限にするためです。逆に、水没した後にMacに電源を入れると基盤がショートして壊れる可能性があります。電源が入るか確かめたいところですが、すぐに電源を入れるのは危険!できれば1日ほど放置しながら乾燥させ、それから電源を入れ流ようにしましょう。

Macが動くようなら専門業者に持ち込んで洗浄などのケアをする

Macが動いていてほとんど症状がないなら、水没は軽度である可能性が高いです。この場合でも一度アップルストアや専門業者に診断してもらってクリーニングをしてもらうのがオススメです!

キーボード、モニター、スピーカにー不具合がある場合は修理に持ち込む

すでにキーボードが反応しない、モニターが映らない、スピーカーの音割れがするなどすでに不具合がある場合には、すぐに修理対応をしましょう!時間が経つにつれて、中の基盤などのダメージが広がり、修理費用なども高くなってしまいます。また大切な基盤を損傷さるとHDDやメモリに支障が出て、データが飛ぶ可能性もあるので注意が必要です!修理はアップルストアの窓口か修理業者になります!

電源が付かない場合にはデータを取り出す

全く電源が付かない場合にはMac内のデータをどうするかを考えてなくてはなりません。そのまま捨ててしまっていいのか、データを取り出したいのかによって対応が変わります。Macないのデータが消えてしまって良い場合にはそのまま修理に出すか買い換えるだけです。ただし本体内部のファイルや情報を取り出したいのであれば、データ復元専門業者に依頼するしかありません。水没したMacを復元ソフトや復元アプリで復旧するのは不可能なので、専門性が高い復元業者に頼むがベストです!

アップルストアに修理、もしくは保証してもらう

マックの修理で一番安心なのはappleストアです。水没は保証期間内でも保証対象外のために無料での修理は不可能です。ただアップルケアプラスに加入している場合には、水没に対応してくれてかなり安く修理ができます。

ただしアップルストアの場合、本体に残っているデータやファイルに関しては、復元サービスなどがないので、修理に預けると初期化されて消えてしまいます。もしも大切な写真や動画データなどが残っている場合には、バックアップをとるか、Macが電源入らない場合には専門業者に依頼するのがオススメです!

MacBook 水没した時のメーカー保証について

水没はメーカー保証対象外

水没は故意の過失となり、残念ながらメーカー保証は対象外です。なので購入して一年以内の場合でも修理費用は満額負担となります。

アップルケアに関しては水没対応の場合がある

アップルケアには通常のアップルケアとアップルケア プラスという二つの保証サービスがあります。通常のアップルケアでは破損や故障なら長期間保証されますが、故意の過失には対応していません。一方です、アップルケアプラスだと、故意の過失にも対応してくれるので、水没も保証対象になります!

アップルケアの水没対応について
  • アップルケアだと水没は保証対象外
  • アップルケアプラスだと水没も保証してくれる

MacBook Air Pro 水没した場合の修理費用

正確な修理金額は事前見積もりで分かる

アップルストアで修理に出す場合には必ず事前の見積もりをしてくれます。修理費用が高い場合は、新いのに購入するというの選択肢もあるので、まずは事前見積もりをみてから判断しましょう!

マックを水没修理する時の費用の目安

マックの修理費用の部品ごとにまとめました。ただ水没の損傷レベルで費用は変わるのであくまで参考程度にして下さい。正確な金額が知りたい場合には、修理前に見積もりを頼めます。修理をするか決める前に一度アップルストアで見積もりを出すのをオススメします!

MacBook Retina 液晶画面 の水没修理の料金  (アップルストア)

水没の場合は、モニターの配線がダメで映らなくなったのか、基盤がダメになって映らなくなったかによって修理費用が変わります。今回は13インチのMacBook ProのRetina液晶モニターの料金で比較してみます!

液晶モニターの部品交換で済む場合の料金

配線がダメになった場合は配線を交換するだけでいいので部品交換の料金のみの費用で済みます。その場合はアップルケア適用で12000円程度です。

水没による液晶画面の修理費用の相場 (部品交換のみの場合)
アップルケア 無し33,800円(税別)

液晶モニターの基盤修理が必要になる場合の料金

配線がダメになった場合は配線を交換するだけでいいので、上記の費用で済みます。ところがMacbookの内部の大切な基板などが壊れてしまった場合だと修理費は上がっていまします!

ビックカメラの場合、Macbookの基板にも損傷が生じている時の修理料金は、MacBook Pro(13インチ)で54,000円~88,000円の修理代が相場となっています。

水没による液晶画面の修理費用の相場 (基盤修理ありの場合)
アップルケアやメーカー保証対象外54,000円~88,000円

水没してしまうとほとんど基盤まで修理しないといけない場合が多いです。

MacBook キーボードの水没修理の料金 (アップルストア)

キーボードの水没修理の場合、部品交換で済む場合と基盤修理が必要なのかによって、費用は変わってきます。

キーボードの部品交換で済む場合の料金

キーボードは「日本語キーボード」か「英語キーボード」かによって料金が変わります。世界的に見ると日本語版のキーボードは少なく、日本語版の方が高くなります。

水没によるキーボードの修理費用の相場 (部品交換のみ)
アップルケアやメーカー保証対象外およそ20,000円

キーボードの基盤修理が必要になる場合の料金

キーボードの不具合がMac内部まで液体が浸透して基盤修理が必要になるとさらに料金は上がります。修理の難度に大きく差が出てしまうので仕方ありませんね・・・。

水没によってキーボードが効かなくなった場合の修理料金の参考価格
アップルケアやメーカー保証対象外およそ20,000円

MacBook スピーカーの水没修理の料金 (アップルストア)

スピーカーの水没修理でも、部品交換で済む場合と基盤修理まで必要になるかで費用は変わってきます。

アップルケアに入ってない場合に一番安く修理する方法

水没はメーカー保証対象外なので少しでも安く修理したいです。そこでオススメなのはMacの修理業者に依頼することです。ただ問題点としては、100%動作保証をしてくれない場合がほとんどです。例えばその場では動くようになったけど、時間が経つと不具合がてくるなどです。

アップル公式ストアの場合は基盤を全て変えて新品状態になりますが、修理屋さんでは最低必要箇所だけを修理するので、全てが元通りになるかは分からないというデメリットがあります。

ただそれでも基盤などは全て交換するのでそのままずっと使えるということありますが、また故障してしまう場合もあるので気をつけましょう!

水没したMacbookからデーターを復元する方法

Macの電源がつく場合はすぐにバックアップを

水没した後に電源がつく場合にはすぐにバックアップをとりましょう!バックアップさえできればデータ復元に手間が掛かりません。また最悪パソコンが壊れても買い替えるだけで済みます!バックアップの方法としては外付けハードディスクにデーターを移すか、グーグルドライブやdropboxなどに大切なデーターを早く移すことが先決です!いつまで電源がもつか分からないので早急な対応が必須です。

電源がつかなない場合には専門業者を

全くパソコンがつかなくなってしまった場合には、個人でやれることはほとんどありません。ネットで調べると復元ソフトや復元アプリを使ってデーターが取り出せたなどありますが、その場合は電源が入る状態で、基盤やハードディスクに水没の影響がない場合に限ります。

電源が全く入らない状態だとデータ復元専門業者に持ち込むしかありません。アップルの修理に出してしまうとデータの復元はできなくなってしまうので、大切なデータを救出したい場合にはデータ復元業者に早めに依頼しましょう!

Macが水没してしまった場合の対処方法まとめ

Macの水没は起こりがちなトラブルなので本来であればケースに入れる、カバーをつけるなどの防止策が得策です。ただ怒ってしまった場合には、なるべく早く対処をしてダメージを最小限に抑え、少しでも安く修理を済ませたいところです。

残念ながら水没の場合だとメーカー保証がなく、アップルケアに入ってないと高額な修理費用が発生してしまいます。また消えてしまったデータに関しても二度と復活できない場合もあるので、浸水よるダメージが小さいうちに早めにデータ復旧の専門業者に相談しましょう!