【体幹強化】おすすめメディシンボール15選|野球・ゴルフ・テニスなどの筋トレにぴったり!

メディシンボール

出典:amazon.co.jp

腹筋・スクワットなど鉄板の筋トレから、投げる・押し出す・体をくねるなど様々なトレーニングにまで使える「メディシンボール」。プロのスポーツ選手も愛用するトレーニング用品なので、ぜひ自分も活用したいと思う人は多いでしょう。

しかし、メディシンボールは種類が豊富。自分に合ったメディシンボールをどのように選べばよいのでしょうか。そもそもメディシンボール自体詳しくないので、どのように使えばいいのかよく分からないという人も。

そこでこの記事では、分かるようで分からない「メディシンボール」の選び方や活用方法を徹底解説。また、人気のメディシンボールをランキング形式でご紹介します。ぜひ、自分にぴったりのボールを見つけてくださいね。

投げて使える筋トレアイテム「メディシンボール」の魅力とは?

メディシンボール(英語:medicine ball )とは、筋トレや体幹トレに使われる重さのあるボールです。もともとは、リハビリ患者のトレーニングに用いられていたため、メディシンボールという名前がついています。

メディシンボールはスポーツが趣味の人におすすめ

メディシンボールはスポーツが趣味の人におすすめ

メディシンボールはスポーツをしている人におすすめ。スポーツ中によく行う「回旋運動」や「跳躍運動」をトレーニングに含められるからです。

例えば、野球・ゴルフ・テニスでは、スイングやシュートをしますよね。「ボールを遠くに投げる」「ボールを打ち返す」「ジャンプしてゴールコートにシュートを決める」。こうした動作には回旋(腰や腿の筋肉を使って体をひねる動作)や跳躍が伴いますが、メディシンボールを活用してこれらの動きのトレーニングが行えます。

メジャーな筋トレ器具であるダンベルなどでは行えない、特にスポーツ選手の役に立つトレーニングを行えるのがメディシンボールの魅力なんですね。

こんなスポーツにおすすめ
  • ゴルフ
  • サッカー
  • テニス
  • 野球
  • バスケット
  • 陸上

重さを変えられないのがデメリット

重さを変えられないのがデメリット

メディシンボールはスポーツを楽しむ人におすすめのトレーニング用品ですが、重さを変えられないのがデメリット。ボールなので、おもりを入れ替えたりしてウェイト調節ができないのです。

重すぎたり軽すぎたりすると、せっかくメディシンボールを使ってトレーニングしても、思ったような効果が得られないかもしれません。ですから、メディシンボールを購入するときは、しっかりと自分にあったスペックのものを選ばないといけないのです。

メディシンボール おすすめの選び方

メディシンボールには沢山の種類があります。一つ一つのスペックを確認するのは大変なので、絶対に外せないポイントを以下4つにまとめました。

  1. ボールの硬さ
  2. 重さ
  3. サイズ
  4. アタッチメント

購入の参考にしてみてください。

ボールの硬さ:ハード・ソフトそれぞれの特性を活かした選び方をしよう

メディシンボールには、表面が硬い「ハードタイプ」と、柔らかい「ソフトタイプ」があります。それぞれの特徴を活かすことで、トレーニングをより安全に効果的に行えます。

基礎トレーニングなら「ハードタイプ」がおすすめ

基礎トレーニングなら「ハードタイプ」がおすすめ

出典:amazon.co.jp

基礎トレーニングには、ボールの表面が皮やゴムでできた「ハードタイプ」のメディシンボールがおすすめです。ハードタイプはグリップが効いて滑りにくいので、両手でボールを持ちやすく、腹筋・スクワット・ロシアンツイストなどの基礎トレーニングにうってつけだからです。

また、バウンドしやすいという特性もあります。メディシンボールスラム(ボールの叩きつけ)を連続してするなど、ハードなトレーニングにもおすすめです。

ハードタイプが活用しやすいシーン
  • 腹筋・スクワット
  • ロシアンツイスト
  • その他、個人で行う基礎トレーニング

編集部

ハードタイプのデメリットは、狭い部屋では使いにくいことです。硬いボールは転がりやすいので、家具を倒したり傷つけたりしがち。投てきが伴うトレーニングの場合は、公園やグラウンドを活用して周囲に迷惑がかからないようにしましょう。

グループトレーニングなら「ソフトタイプ」を選ぼう

グループトレーニングなら「ソフトタイプ」を選ぼう

出典:amazon.co.jp

表面がビニールでできたソフトタイプは、グループトレーニングにおすすめです。ソフトタイプの中身は、空気や綿なのでクッション性抜群。投げられたメディシンボールを、体全体を使って受け止めても痛くありません。

ボールを落としても安全なので、ヨガやフィットネスなどカジュアルなエクササイズでも活用しやすいですよ。

ソフトタイプが活用しやすいシーン
  • グループトレーニング
  • リハビリ
  • フィットネス など

重さ:初心者は1~3kg、筋トレ経験者は5~7kgを目安に

重さ:初心者は1~3kg、筋トレ経験者は5~7kgを目安に

出典:amazon.co.jp

メディシンボールの重さですが、初心者は1~3kgを、筋トレ経験者は5~7kgを目安に選びましょう。重ければ重いほどいいと考える人もいますが、筋トレや器具に慣れていない場合、突き指などケガのリスクも高まります。

メディシンボールの重さは、1~10kgが一般的です。kgで言われてもピンと来ない人は多いと思うので、日常生活でたとえてみます。

重さ 目安
1kg 1Lの牛乳パック
2kg 2Lのペットボトル
3kg 広辞苑
4kg 生後1カ月の赤ちゃん
5kg スイカ
6kg 広辞苑2冊
7kg スイカ+2Lのペットボトル
8kg 缶ビール1ケース(24本入り)
9kg 広辞苑3冊
10kg スイカ2玉

3kgを超えるとなかなかの重さです。初心者は軽め(1~3kg)からはじめ、慣れてきたら徐々に重くしましょう。

サイズ:両手トレーニングには25cm、片手トレーニングには20cmがおすすめ

サイズ:両手トレーニングには25cm、片手トレーニングには20cmがおすすめ

両手トレーニングには直径25cm、片手トレーニングには直径20cmのメディシンボールがおすすめです。小さすぎると掴みにくく、大きすぎると邪魔になりがち。

メディシンボールのサイズは、小さいもので15cm以下、大きなものだと40cm以上あります。スクワットやロシアンツイストで活用するつもりなら、両手でしっかりと掴めるサイズが理想。両手用なら直径25cm以上を目安にボールを選んでみてください。

一方、片手で使うつもりなら、直径20cm以下がグッド。メディシンボールをダンベル代わりに活用したり、投球のトレーニングをしたりする人です。

両手トレーニングには25cm、片手トレーニングには20cmを目安にしましょう。

アタッチメント:グリップやロープで、より高負荷の筋トレにも対応

アタッチメント:グリップやロープで、より高負荷の筋トレにも対応

出典:amazon.co.jp

グリップやロープがあると、より高負荷の筋トレができます。ダンベルやハンマー投げのような運動を取り入れられるからです。

例えば、グリップ(持ち手)があると、重量のあるメディシンボールでも、ダンベルのように上げ下げできます。トレーニング用品をたくさん揃えたくない人にもおすすめです。

ロープ付きのメディシンボールは、遠心力を活用したトレーニングに最適。ハンマー投げのように、ロープを握ってボールを振り回せます(ロープは丈夫にできていますが、消耗してきたと思ったら早めに取り替えましょう)。

ロープ付きメディシンボールの活用例

  • ハンマースイング…上体の回旋運動でボールを回すトレーニングです
  • チェスト…ロープを天井等に括りつけ、肩や腕の筋肉を使ってボールを押し出します
  • オーバーヘッド…ロープを天井等に括りつけ、上半身全体の筋肉を使ってボールを投げるトレーニングです

様々なトレーニングに励みたい人は、グリップやロープのあるメディシンボールをチョイスしましょう。

高いメディシンボールと安いメディシンボールも違いは?

高いメディシンボールと安いメディシンボール 違いは?

メディシンボールは、2,000円ほどの安いものから、20,000円を超える高いものまであります。個人トレーニング用に高機能なボールが欲しい人や、小中学生のクラブ活動にベーシックなボールが欲しい人などニーズは様々。値段と機能の関係を見ておきましょう。

安いメディシンボールの特徴(2,000円以下)

安いメディシンボールは、小中学生のクラブ活動やフィットネスなど、カジュアルな使用シーンで役立ちます。ボールサイズが小さく軽いものが多いからです。

例えば、安くて人気なのがFIELDOOR(フィールドア)のメディシンボール。重さは1~3kgの3種類、サイズは直径12cmです。メディシンボールでは最もコンパクトな部類で、女性が片手で掴めるほど。

また、表面はソフトなビニール製。落としてもケガをしにくく、安全にトレーニングできるのも強みです。軽くて小さいベーシックなボールが欲しい人におすすめです。

こんな人におすすめ
  • フィットネスで活用したい人
  • 子どものクラブ活動で活用したい人
  • 小型で柔らかいボールが欲しい人

高いメディシンボールの特徴(20,000円以上)

高いメディシンボールは、筋トレを習慣にしている人や、スポーツ選手におすすめ。ボール自体が重く、ロープやグリップのある高機能な製品が多いからです。

例えば、NISHI(ニシ)の「スウィングメディシンボール」は2~6kgの5種類から選べ、価格帯は1~2万円と高めです。ボールにロープがついていて、肩関節や体幹に高い負荷をかけられます。

例えば、ハンマー投げのようにボールを投げたり(ハンマースイング)、ロープに吊るされたボールを勢いよく押し出したり(チェストやオーバーヘッド)できるんですよ。

高負荷のトレーニングがしたい人におすすめです。

こんな人におすすめ
  • スポーツ選手
  • 筋トレを習慣にしている人
  • 広いトレーニングスペースを確保できる人
安いメディシンボール 高いメディシンボール
値段 1,380円 24,238円
重さ 1kg 6kg
サイズ 12cm 29cm
アタッチメント ロープ

メディシンボール おすすめのメーカー

老舗のスポーツメーカー「NISHI(ニシ・スポーツ)」

  • 1951年創業の国内スポーツ用品メーカー
  • アスリートに向けたハイエンドな製品が多い
  • ロープ付きの「スウィングメディシンボール」も販売

高耐久で人気「adidas(アディダス)」

adidas(アディダス)

出典:amazon.co.jp

  • スポーツシューズなどを販売する、ドイツのスポーツ用品メーカー
  • 継ぎ目のないラバー製の高耐久モデルを販売
  • 持ち手の付いた「デュアルグリップモデル」も人気

コスパの良い「BODYMAKER(ボディーメーカー)」

BODYMAKER(ボディーメーカー)

出典:amazon.co.jp

  • Amazonや楽天で人気、コスパの良いスポーツ用品メーカー
  • ソフトタイプやハードタイプの両方を販売
  • ボールネットなどアタッチメントでより便利に

メディシンボールの比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(amazon、楽天、Yahoo、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格本体サイズ本体重量硬さ材質
GronG(グロング)メディシンボール 5kg¥2,000 Amazon楽天市場Yahoo!直径 約20cm5kgハードタイプポリ塩化ビニル・砂
BODYMAKER(ボディーメーカー) メディシンボール MBG 3kg¥2,200 Amazon楽天市場Yahoo!直径 約17cm3kgソフトタイプゴム・砂
PURE RISE(ピュアライズ) メディシンボール 1kg確認中 Amazon楽天市場Yahoo!直径 約23cm1kgハードタイプゴム
La-VIE(ラヴィ)メディシンボール 3kg 3B-3435¥1,800 Amazon楽天市場Yahoo!直径 約19cm3kgソフトタイプポリ塩化ビニル・砂
Fungoal ソフトメディシンボール ウォールボール 3kg¥4,760 Amazon楽天市場Yahoo!直径 約35cm3kgソフトタイプポリ塩化ビニル・砂
FIELDOOR(フィールドア) ソフトメディシンボール 1kg¥1,380 Amazon楽天市場Yahoo!直径 約12cm1kgソフトタイプポリ塩化ビニル・砂
LINDSPORTS ソフトメディシンボール 1kg確認中 Amazon楽天市場Yahoo!直径 約35cm1kgソフトタイプポリウレタン
MUSCLE FACTORY メディシンボール ソフト ウォールボール 10kg¥5,980 Amazon楽天市場Yahoo!直径 約35cm10kgソフトタイプポリ塩化ビニル・綿・砂鉄
Amazonベーシック メディシンボール 1.8kg¥1,779 Amazon楽天市場Yahoo!直径 約19.3cm1.8kgハードタイプゴム
GYMMAGE 筋力トレーニング メディシンボール 3kg確認中 Amazon楽天市場Yahoo!直径 約20cm3kgハードタイプゴム
Soomloom ラバー製メディシンボール スラムボール10kg確認中 Amazon楽天市場Yahoo!直径 約27cm10kgハードタイプゴム
Fungoal メディシンボール 2kg¥2,950 Amazon楽天市場Yahoo!直径 約20cm2kgハードタイプゴム
AGYH メディシンボール 3kg¥7,200 Amazon楽天市場Yahoo!直径 約23cm3.12kgハードタイプゴム
NISHI(ニシ) メガソフトメディシンボール 2kg¥6,861 Amazon楽天市場Yahoo!直径 約35cm2kgソフトタイプポリウレタン
adidas(アディダス) スラムボール エクササイズ 8kg確認中 Amazon楽天市場Yahoo!直径 約23cm8kgソフトタイプポリ塩化ビニル・砂

メディシンボール おすすめ15選

メディシンボールの使い方

メディシンボールを使うときは、準備運動とフォームが大切

メディシンボールを使うときは、準備運動とフォームが大切

メディシンボールを使うときは、準備運動とフォームを意識するようにしましょう。初心者は重さばかりに注意がいきがちだからです。

準備運動はとても大切。メディシンボールを使ったトレーニングでは、投げたりジャンプしたりします。突き指や捻挫などのリスクを減らすためにも、筋トレ前に軽く準備運動をしておきましょう。

編集部

室内でメディシンボールを使う人は、トレーニングマットがあると便利ですよ。ボールの衝撃が吸収される上、ウォーミングアップ(柔軟など)もできて一石二鳥。カラフルなマットが販売されているので、お部屋に合わせて使ってみるのはどうでしょうか。

準備運動ができたら、フォームを大切にしながらトレーニングを開始します。フォームが正しいと、鍛えたい筋肉に適切な負荷がかかりやすく、効率的な鍛錬を目指せます(詳しいフォームは専門サイトで学ぶようにしてください)。

メディシンボールを使うときは、準備運動とフォームを意識してトレーニングしましょう。

メディシンボールのトレーニング方法

メディシンボールは、様々な方法で筋トレできるアイテムです。どんなトレーニング方法があるのか、代表的なものを4つ見てみましょう。

  • ロシアンツイスト
  • メディシンボールクランチ
  • スクワットスラスター
  • メディシンボールスラム

ロシアンツイスト

ロシアンツイスト

ロシアンツイストは、脇腹や腹筋を鍛えるのに使われるトレーニングメニューです。メディシンボールの代表的な運動の一つなので、ぜひマスターしましょう。

  1. 上半身を斜めに倒し、両足を浮かせます
  2. 両手でメディシンボールを持ち、体をひねってボールを床に付けます
  3. ボールが床に付いたら、逆サイドも行います

メディシンボールクランチ

メディシンボールクランチ

メディシンボールクランチは、腹筋を鍛えるトレーニングです。ボールを使うことで、通常の腹筋運動より負荷がかかりやすいので試してみましょう。

  1. 仰向になり、両ひざを曲げます
  2. 腕を伸ばしてメディシンボールを両手で持ち固定
  3. ボールを維持しながら上半身を起こして腹筋を開始します

スクワットスラスター

スクワットスラスター

スクワットスラスターは、腕や肩を鍛えるトレーニングメニューです。

  1. 立ってメディシンボールを両手で持ちます
  2. すばやくしゃがみ、ボールに手をのせて両足を伸ばします
  3. 足を戻して直立姿勢に戻ります

メディシンボールスラム

メディシンボールスラム

メディシンボールスラムは、体幹や下半身を鍛えるときに使われるトレーニングです。メディシンボールならではのトレーニングメニューなので、ぜひマスターしていきましょう。

  1. 足を肩幅に開き、ボールを両手で持って上げます
  2. 頭の後ろまで持ち上げ、胸を張ります
  3. ボールを思い切り投げつけます

メディシンボールによっては、叩きつけるトレーニングに対応していないものもあるので注意してください。非対応のボールでメディシンボールスラムをすると、中の砂や綿が出てきてしまうこともあります。ボールの購入時に、どんなトレーニングに対応しているか確認するようにしましょう。

メディシンボールのメンテナンス

メディシンボールのメンテナンス

出典:amazon.co.jp

空気で膨らむタイプのメディシンボールは、定期的に空気入れでメンテナンスしましょう。ボール専用の空気入れ(ハンドポンプ)があると便利です。

ポンプはAmazonで1,000円以下で購入できるので、ない人は準備しておきましょう。

編集部

自転車の空気入れは合わないので注意してください。ハンドポンプは、バレーボールやバランスボールなど、ボール専用の空気入れです。
針が折れないように注意

表面が硬いメディシンボールだと、空気入れの針が折れてしまうこともあるようです。空気入れは慎重に行うようにしましょう。うまく刺さらないときは、オイルを針先につけ、滑りを良くするといいですよ。

メディシンボール おすすめの関連アイテム

ボールの管理に「ラックやネット」

メディシンボールの保管には、専用ラックやネットがおすすめです。床に直置きすると場所が取られますが、ラックで保管すると省スペースです。また、ネットはボールを壁に吊るして保管が可能ですよ。

筋トレの鉄板「ダンベル」

初心者から上級者まで活用できる、鉄板の筋トレアイテム「ダンベル」。ダンベルは安いもので1,000円以下で購入可能。最近では、プレートの着脱をワンタッチで行える「ダイヤル式」が人気です。ダンベルで理想のボディを目指すのはいかがでしょうか。

体幹を強化できる「ケトルベル」

ダンベルとよく似た筋トレ用品に「ケトルベル」があります。ダンベルに取っ手がついた形状をしており、持ち上げるなどして体幹をトレーニングするもの。インナーマッスルの強化を目指す人はお試しあれ。

着衣型の筋トレ用品「ウェイトベスト」

ウェイトベストは、アウターのように着衣することで体に負荷をかける筋トレアイテムです。腹筋・スクワット・ウォーキングをするとき、手におもりを抱えながらだと落下して危険なことも。ウェイトベストなら安全かつ手軽に体幹強化を目指せます。ポケットでおもりを取り替えて、ウェイト調節を行える機種もあるんですよ。

その他のおすすめアイテム

関連記事:太もも周りを引き締める!ステッパーおすすめ15選|脂肪燃焼&代謝アップで太りにくい体に

関連記事:【効率よく鍛える】プッシュアップバーのおすすめ15選|使い方や効果的なメニューも解説

関連記事:極限まで追い込める!パワーグリップのおすすめ15選|リストストラップとの違いや使い方も解説

関連記事:【ジムで徹底比較】ランニングや運動でも外れないスポーツイヤホン おすすめ18選 (2021年)

メディシンボール よくある質問

メディシンボールはどこで買うのがおすすめですか?

ネット通販・スポーツ用品店がおすすめです。

具体的には、Amazon・楽天・Yahooショッピング・価格.com。さらに、エディオン・ジョーシン・ヤマダ電機・ノジマ・ビックカメラ・ベスト電器・ヨドバシカメラ・ケーズデンキなどの店舗や通販サイトをあたってみましょう。

メディシンボールは100均でも買えますか?

はい、買えます。

ダイソー・セリア・キャンドゥなど100円ショップでは、様々なスポーツ用品が販売されています。とりわけダイソーのメディシンボールはソフトタイプで、直径10cm・重さ1kg。初心者でも使いやすいのがおすすめポイントです。

メディシンボールの中古は大丈夫ですか?

傷や汚れに注意しましょう。

ヤフーオークション(ヤフオク)・楽天市場・ジモティー・メルカリ・au PAYマーケットなどではメディシンボールの中古品が販売されています。使い込まれたメディシンボールは、表面が剥げていたり汚れていたりすることも。特に、縫い目のあるボールは、紐がゆるんだり擦り切れていないかしっかりと確認しましょう。

メディシンボールは自作できますか?

はい、できます。

自宅のバスケットボールやバレーボールなどもメディシンボールとして使えます。紐を括りつけると投てきの練習にも。問題は重さが足りないかもしれないということです。市販のメディシンボールは、中に砂やおもりが入って、負荷がかかりやすくなっています。本格的なトレーニングには市販のメディシンボールを購入するのが良いでしょう。

メディシンボール まとめ

メディシンボール まとめ

メディシンボールは、筋トレや体幹トレーニングに役立つアイテムです。スポーツ・フィットネス・ダイエット・リハビリなど様々な場面で活躍。メディシンボールがあれば便利そうだけれど踏ん切りがつかなかった人も、これを機に挑戦してみるのはいかがでしょうか。

幾つか種類があったので、選び方をまとめておきましょう。

  • 腹筋やスクワットなど基礎トレーニングなら、ハードタイプ
  • グループトレーニングやフィットネスには、ソフトタイプ
  • トレーニング初心者の人は、重さ1~3kg
  • トレーニング中~上級者なら、5~7kg

ざっくりと決まったら、細かいスペックを詰めていきましょう。特にボールの大きさは大切です。小学生が野球で使ったり、腹筋を落とすのに使ったりするなら、利用者の体格に合った大きさに合わせるようにしてください。

ぜひ、自分に合ったメディシンボールで、筋肉や体幹を鍛えていきましょう!

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー