【モバイル保険】iphoneなどのスマホやモバイル機器を格安料金で保証!Apple careと徹底比較してみた

   

モバイル保険 評判 口コミ

高価で、生活必需品のスマホを万が一落としたり水没させてしまった時、加入していると助かるのがスマホにかけられる「保険(保証)」です。

そんなスマホの保険は、おなじみのapple care+やdocomoなどのキャリア補償をはじめ、保険会社独自の補償などもありその種類は様々です。

わずかな掛け金で、万が一の際スマホの修理代や本体を補償してくれる便利な保険ですが、それぞれ特徴や補償金額、補償範囲などが異なります。

引用:さくら少額短期保険株式会社

⇒モバイル保険公式サイトはこちら

そんなスマホ用の保険の中で、安い掛け金に使いやすい補償内容で人気なのが、さくら少額短期保険株式会社の「モバイル保険」です。

今回はスマホ用保険として人気のモバイル保険について解説します。

特徴や料金、加入するメリット・デメリット、あわせて同じスマホ用保険であるapple care+やキャリア補償との違いについても比較します。

今加入しているスマホ保険が高すぎる、できる限り安くて補償の手厚いスマホ保険に加入したい、という方はぜひモバイル保険を検討してみて下さい。

モバイル保険とは

モバイル保険とは、さくら少額短期保険株式会社が扱うモバイル端末向けの補償・保険サービスで月額700円で年10万円まで修理費用を補償してくれる保険です。

引用:さくら少額短期保険株式会社

⇒モバイル保険公式サイトはこちら

しかもスマホはもちろん、タブレットやゲーム機、デジカメなどの製品も対象にでき、補償対象を最大3つまで(主端末1つ・副端末2つ)設定できます。

モバイル保険の特徴を以下で詳しく解説します。

対象機器

モバイル保険の対象となる製品は以下の通りです。

  • 日本国内で販売されたメーカー純正の無線通信(Wi-Fi、Bluetooth)が可能な端末
  • 登録時において破損などなく全機能が正常に動作するもの
  • 端末を新規取得した日から1年未満
  • 1年以上でもメーカー・キャリアの有償補償サービスに加入済みで補償が受けられる状態

上記の条件を満たすモバイル機器を最大3つまで補償の対象とすることができます。(メインとなる主端末1個+副端末2個で計3つ)

スマホ以外の製品も対象で、例えば以下の製品を保険対象にすることができます。

モバイル保険で補償対象にできる製品一例
  • スマートフォン(android/iPhone)
  • ノートパソコン
  • ガラケー
  • タブレット
  • Bluetoothイヤホン・ヘッドフォン
  • 携帯ゲーム機
  • スマートウォッチ
  • Wi-Fiルーター
  • デジカメ

補償の主端末をスマホをにして、副端末にタブレットとスマートウォッチを設定するといった保険の掛け方が可能です。

引用:さくら少額短期保険株式会社

ただし、主製品と複製品では受けられる補償金額の上限が異なります。

ひとことメモ
ドローンとラジコンはモバイル保険の対象外です

補償される範囲

補償される範囲ですが、基本的に加入者の過失による破損や水没、盗難に関しても補償されます。

引用:さくら少額短期保険株式会社

詳しい金額については後述しますが、基本的に修理可能な「破損」と、修理不可能な「全損」と「盗難」でそれぞれ補償金額が異なります。

また、主端末と複端末でも補償金額は変わってきます。

ひとことメモ
ただし、置忘れによる紛失、海外での破損、故意に破損させたものや重大な法令違反によって生じた故障の場合は補償されません

補償金額

モバイル保険の補償金額は以下の通りです。

引用:さくら少額短期保険株式会社

まず、大前提としてモバイル保険で補償されるのは「年10万円まで」で、この金額の範囲内であれば何度でも補償を受けられます。

内訳は主端末で最大10万円、副端末が2台合わせて最大3万円までです。

例えば副端末を破損して補償で3万円分の修理補償を受けた場合、主端末が受けられる補償が7万円までになります。

逆に主端末で9万円の修理を行ってしまうと、副端末は2台で1万円までしか補償が受けられなくなります。

最大10万円まで補償してくれる主端末に高価なiPhoneやノートパソコンを設定し、副端末に比較的安価なスマートウォッチやイヤホンを設定する、というのが一般的な使い方です。

もちろん主端末だけ設定することも可能で、主端末にスマホ1台のみを設定した場合、そのスマホに10万円までの補償がかかるようになります。

ひとことメモ
ただし上記の例はあくまでも「修理可能な場合」で、盗難や修理不能の場合は主端末最大25,000円、副端末最大7,500円までの補償になります

モバイル保険の料金

モバイル保険の保険料は月額700円で、追加料金等は一切ありません。

ウェブから簡単に申し込めますが、ウェブ申し込みの場合支払い方法はクレジットカードのみです。

引用:さくら少額短期保険株式会社

⇒モバイル保険公式サイトはこちら

一度加入してしまえば解約しない限り期限の無い永年補償で、端末を買い替えてもマイページで簡単な手続きを行うことで補償を継続できます。

ひとことメモ
また月額契約なので、必要がなくなったらいつでも解約可能です

モバイル保険のメリット

モバイル保険のメリットは以下の通りです。

  • 月わずか700円という格安保険料で、さらに最大3つまで端末を補償
  • メーカー・キャリア・端末の種類問わず補償に加入可能
  • 補償金額の範囲内であれば免責金額0円
  • 補償金額の範囲内であれば基本的にどんな故障や全損でも保証される
  • 故障リスクの高くなる2年目以降も補償を継続できる

モバイル保険の最大のメリットは、何といっても月々わずか700円という格安料金で補償に入れることです。

引用:さくら少額短期保険株式会社

しかも、スマホはもちろん、タブレットやイヤホンといったモバイル機器に幅広く対応し、さらには3つまで補償の対象とすることができます。

金銭的な負担を抑えて、持っているモバイル機器に合わせて柔軟な補償プランを自分で作成可能です。

モバイルの種類はもちろん、docomo、au、SOFTBANKといったキャリアもメーカーも関係なく、あらゆる機器で加入できる点もメリットです。

さらに補償金額の範囲内であれば故障、全損、水没すべてが補償され、免責金額(補償を受ける際に負担する金額)も0円。

また、契約を継続している限り永年補償な点も魅力です。

例えばapple care+は2年までの補償でそれ以降は補償されませんが、モバイル保険は契約している限りずっと保証されます。

バイル機器は2年目以降から故障や不具合のリスクが高まるので、永年継続できるモバイル保険は非常に心強いです。

ひとことメモ
まとめると「安い」「使いやすい」「安心」がモバイル保険のメリットです

モバイル保険のデメリット

一方、モバイル保険にはデメリットもあります。

  • 全損・盗難はキャリア補償のほうが手厚い
  • 紛失に対応してない

モバイル保険のデメリットとして、「修理不能な全損と盗難はキャリア補償サービスのほうがお得」「置き忘れなどの紛失は補償されない」という2点が挙げられます。

モバイル保険で修理不能の全損や盗難の場合、主端末で25,000円、副端末で7,500円がお見舞金として支払われます。

引用:さくら少額短期保険株式会社

ですがアンドロイドにしてもアイフォンにしても、スマホの本体は25,000円では購入できず25,000円以上の金額に関しては自己負担となります。

引用:docomoウェブサイト

一方で、例えばドコモのiPhone「ケータイ補償サービス」の場合、7,500円~11,000円(税込み8250円~12,100円)の自己負担で1年に2回まで端末を交換してもらえます。

docomoのケータイ補償サービスなら、全損しても自己負担は最大でも12,100円までに限定されるわけです。

また、docomoのケータイ補償やapple care+の盗難紛失プランの場合、置き忘れの紛失でも補償されますが、モバイル保険の場合、紛失は補償が受けられません。

ひとことメモ
モバイル保険に加入する場合、修理不能な全損と盗難、置き忘れによる紛失には注意しましょう

【モバイル保険】 VS 【apple care+】 VS 【キャリア補償】 3つの保証サービスを徹底比較

iPhone 11 Proを例に、モバイル保険とアップルケアプラス、そしてキャリア補償(docomo)の3つを比較してみました。

モバイル保険apple care+ケータイ補償(docomo)
保険料金月額700円2年間24,800円(盗難紛失プラン)月額1,100円(税込み)
補償内容最大年10万円まで修理費用を補償免責金額で本体修理免責金額で本体修理
全損保証全損は25,000円まで補償12,900円で本体交換補償11,000円で交換
盗難/紛失保証盗難は25,000円まで補償/紛失は補償対象外盗難紛失プラン加入時のみ12,900円で本体交換補償11,000円で交換
補償回数(利用上限)保証金額内であれば制限なし2年間で2回まで年2回まで
免責補償金額内であれば0円画面割れ3,700円・本体12,900円11,000円
対象端末/台数モバイル機器全般/3台まで契約した端末のみ/1台契約した端末のみ/1台
補償加入期間無期限2年間無期限

※対象機種iPhone 11 Proの場合

保険料についてはキャリア保険が月額1,100円、apple care+が月々に直すと約1,033円なので、700円のモバイル保険は格安と言えるでしょう。

補償内容はキャリアとapple care+が年2回まで免責金額を支払うことで修理補償、もしくは本体を交換してくれるようになっています。

一方、モバイル保険は年間最大で10万円までの修理費用補償ということで、ちょっと不安になる方もいると思います。

引用:apple公式ウェブサイト

ですが、iPhone 11 Proの場合、画面の損傷修理代が30,400円、本体の破損修理代が59,800円なので、画面と本体1回ずつ修理しても90,200円と、10万円までいきません。

10万円以内なら何回補償しても免責金額ゼロなので、例えば画面修理であれば3回修理しても自己負担は0円です。(30,400円×3回=91,200円)

※Applecare+やキャリア補償は修理の度に免責金額がかかりますし、3回目は補償されません。

モバイル保険で本体を2回破損させた場合、59,800円×2回で119,600円で、10万円を超える19,600円が自己負担になります。

ですが、アップルケア+は本体2回の修理で25,800円、キャリア補償が22,000円自己負担になることを考えるとやはりモバイル保険が安いです。

さらに、モバイル保険は最大で3台まで補償の対象にできる点と、加入している限り補償が継続できるというメリットがあります。

ひとことメモ
レントリー編集部が調査した結果、「全損・盗難以外であればモバイル保険が全般的に優秀」という結論です

スマホやガジェット製品の保険なら、安くて補償の充実しているモバイル保険がおすすめ!

モバイル保険は月々700円で、年間10万円まで免責(自己負担)無しで修理費用を負担してくれる優秀なスマホ用保険です。

しかもスマホだけではなくあらゆるモバイル機器に対応し、3台まで登録可能。

加入期間に制限もなく一度加入すれば永久に、しかも端末を変更しても手続きをすれば補償が継続されます。

スマホを持って海外に行く人や、全損・盗難が心配な方には向きませんが、それ以外のほとんどの人におすすめできる優秀な保険です。

大事なスマホに万が一があった時に安く修理したい、スマホ以外にも保険をかけたい、という方はモバイル保険を検討してみてはいかがでしょうか。

引用:さくら少額短期保険株式会社

⇒モバイル保険公式サイトはこちら

なお、レントリーではiPhoneとMacのapple care+についても以下の記事で解説しています。

比較してみたい方は是非読んでみて下さい。

関連記事:【2020年】アップルケア+|あなたのMac修理費用を完全サポート!

関連記事:【完全版】iPhone Apple Care +ココだけは押さえたい保証内容と修理料金