【スマホ1回の充電にピッタリ】5000mAh モバイルバッテリー おすすめ 15選

5000mAh モバイルバッテリー おすすめ

モバイルバッテリーを選ぶ際、見るべきポイントの一つに「容量」があります。

スマホやゲーム機などに搭載されるバッテリーも大容量化が進み、モバイルバッテリーも20000mAhなどの大容量のタイプが増えています。

そんな中、密かにニーズが高まっているのが容量の小さなモバイルバッテリーです。サイズや予算のバランス、利用シーンによっては5000mAh程度が使いやすいというユーザーも少なくありません。

今回は、数あるモバイルバッテリーの中でも5000mAhの人気タイプをランキング形式でご紹介していきます!

この記事を読んで分かること
  • 5000mAhモバイルバッテリーでできること
  • メリット・デメリットや選び方
  • おすすめのモバイルバッテリー
  • 10000mAhと迷ったときのポイント

モバイルバッテリー 5000mAhの特徴

モバイルバッテリー

モバイルバッテリー 5000mAhのメリット

コンパクトだから常に持ち運べる

モバイルバッテリーの最大のメリットが持ち運びが出来るという点です。なかでも5000mAhタイプは軽くてコンパクトなモノが多いため、荷物を増やさずに予備バッテリーを持っておきたいという人にはおすすめです。旅行中など長時間の外出時は勿論、うっかり充電を忘れてしまった時や、予定外の長時間使用時でも、カバンやポケットの中に一つ忍ばせておくだけで安心です。

ひとことメモ
コンパクトなサイズが仇となって、バッグの中では行方不明になりがちなので、入れる場所はあらかじめ決めておきましょう。

スマホを1回はフル充電できる

モバイルバッテリーの電池容量の単位は「mAh」(ミリ・アンペア・アワー)と言います。一般的なスマホの平均的な電池容量は2000~3000mAh程度と言われています。よって、基本的には5000mAhのモバイルバッテリー1台あれば、スマホ1回はフル充電できる事になります

ひとことメモ
上記の数値は、あくまで一般的スマホの電池容量の平均値です。後ほど主要なスマホの電池容量をまとめた表を用意してありますので、そちらもご参考下さい。

飛行機の機内持ち込みができる

モバイルバッテリーに使われているリチウムイオン電池は扱い方によって発熱・発火・爆発を伴う危険性があるので、飛行機に持ち込むときには容量に制限があります。この「容量の大きさ次第」というのがポイントで、国や航空会社によって様々な取り決めはあるのですが、今回ご紹介する5000mAhであれば、基本的にはどの取り決めにも引っかかる事なく持ち込む事が出来ます

はるみ

ただし、5000mAhのものであっても、数量が多いとやはり持ち込み不可となってしまうので注意が必要です。例えば、国内線大手の日本航空(JAL)や全日本空輸(ANA)の場合、100Wh~160Whのモバイルバッテリーだと、最大で2個までと制限が決められています。

モバイルバッテリー 5000mAhのデメリット

スマホ1台の充電がギリギリ

5000mAhタイプのモバイルバッテリーは、コンパクトで軽く、持ち運びがしやすい反面、スマホ1台を一回程度の充電しか出来ません。勿論、スマホ次第では1.5~2回程度、充電出来ない事もないのですが、過信は厳禁。あくまで緊急の場合の予備バッテリー程度と捉えておいた方が良いといえます。

タブレットなどの2台持ちの人だと足りない

スマホ1台だけでもギリギリという事は、もともとが電池容量の大きいタブレットの場合、最悪、フル充電すら無理な可能性も・・・。普段からスマホとタブレットを併用している方には、5000mAhのモバイルバッテリーはオススメ出来ません。

毎回モバイルバッテリーを充電する必要がある

5000mAhのモバイルバッテリーの場合は、基本的にスマホ一回程度の充電をする容量しかありません。モバイルバッテリーを使用したあとは必ず充電が必要になるので、毎回充電するのが面倒という人には10000mAhのモバイルバッテリーがオススメです。

関連:【プロが選んだ】大容量で軽量の20000mAh モバイルバッテリー おすすめ19選(2021年最新版)

メリット・デメリットの比較

5000mAhのメリット 5000mAhのデメリット
  • コンパクトだから常に持ち運べる
  • スマホを1回はフル充電できる
  • 飛行機の機内持ち込みができる
  • スマホ1台の充電がギリギリ
  • タブレットなどの2台持ちの人だと足りない
  • 毎回モバイルバッテリーを充電する必要がある

モバイルバッテリー 5000mAh 何回充電できるの?

スマホやタブレットを例に、5000mAhのモバイルバッテリーで充電出来る回数をまとめてみました。

iPhoneの場合 

iPhone 12 Pro Max

3,687mAh

1.4

iPhone 12 Pro

2,815mAh

1.8

iPhone 12

2,815mAh

1.8

iPhone 12 mini

2,227mAh

2.2

iPhone 11 Pro Max

3,969mAh

1.3

iPhone 11 Pro

3.190mAh

1.6

iPhone 11

3,110mAh

1.6

iPhone XR

2,942mAh

1.7

iPhone XS Max

3,174mAh

1.6

iPhone XS

2,658mAh

1.9

iPhone X

2,716mAh

1.8

GalaxyやExperiaの場合

Galaxy S21 Ultra

5,000mAh

1

Galaxy S21 +

4,660mAh

1.1

Galaxy S21

3,880mAh

1.3

Galaxy Note20 Ultra

4,500mAh

1.1

Galaxy Note20

3,880mAh

1.3

Xperia 5

3,860mAh

1.3

Xperia 10

3,600mAh

1.4

Xperia 1

4,000mAh

1.3

Xperia 4L

3,580mAh

1.4

Xperia 8

2,760mAh

1.8

Xperia 8 Lite

2,870mAh

1.7

iPadの場合

12.9インチ iPad Pro 4

9,720mAh

0.5

11インチ iPad Pro 2

7,538mAh

0.7

12.9インチ iPad Pro 3

9,720mAh

0.5

11インチ iPad Pro

7,812mAh

0.6

iPad Air 3

8,134mAh

0.6

iPad Air 2

7,340mAh

0.7

iPad mini 5

5,124mAh

0.9

iPad mini 4

5,124mAh

0.9

注意
モバイルバッテリーは記載されている容量と実際に使用できる容量は違います。
これはリチウム電池を搭載した機器の仕様によるもので、実際の電池容量は表示容量とは異なるのが通常です。

モバイルバッテリー 5000mAh の選び方

バッテリー各種

大容量タイプに比べて、軽量・コンパクトという点こそが最大のメリットである5000mAhタイプ。ここでは、前述したメリット・デメリットを知った上で、実際に5000mAhを選ぶと決めた時に見るべきポイントをまとめてみます。

5000mAhならより小さくて軽量タイプが選べる

容量が小さいという事は、それだけモバイルバッテリー自体も軽くなります。非常用として常に携帯しておくのであれば、少しでも軽いにこした事はありません。
より汎用性の高い10000mAhタイプと比べると、たった数グラムの違いとはいっても、実際に持ち比べてみるとその差はハッキリと体感出来ます。

また、軽いという事は、サイズもよりコンパクトになります。持ち運びやすさを重要視している人は勿論、モバイルバッテリーの小型、軽量化を考えている人にとっても一つの選択肢になりますね!

急速充電タイプだとスマホの充電が早く完了する

モバイルバッテリーを選ぶ時の基準としてもう一つ大事なポイントが、この急速充電が出来るか否かという点。

急速充電は文字通り、後述するQIやPDなどの規格、更にスマホなどの充電される側の仕様によっても変わってくるのですが・・・おおよそ1/2~1/4程度まで短縮する事が可能です。

急いでいる時などには特にそのありがたみを感じる事が出来る急速充電。モバイルバッテリー自体が空になってしまっても、5000mAhタイプであれば、満充電するまでの時間は短くて済みます。

ケーブル内蔵タイプやコンセントタイプなど付加機能があると便利

モバイルバッテリーを使用する時にはUSBケーブルが必要です。
例えばiPhoneであればライトニングケーブル、androidであればUSBタイプCのケーブルと、その機器に対応した機器用の充電ケーブルが必要です
更に、モバイルバッテリー自体を充電する際にも、アダプターと充電ケーブルが必要になります。モバイルバッテリーだけならまだしも、各種ケーブルなども持ち歩かないとならないとなると、なんだか途端に野暮ったくなってしまいますよね・・・。

そんな野暮ったさを解決してくれるのがケーブル内臓タイプ本体にケーブルを内蔵しており、必要な時に取りだして使う事が出来る為、いざ使用する時もスマートで、バッグの中で収納場所に困る事もありません!また、モバイルバッテリー本体を充電する時に便利なのがコンセント内臓タイプです。このタイプであれば、コンセントに直接さして本体を充電する事が出来る為、何かとかさばりがちなアダプターを別に持ち歩く必要もありません。

はるみ

このように、昨今のモバイルバッテリーは、よりユーザーが使いやすいようにと、様々な付加価値がつけられているタイプも多くでてきています。

最新モデルだとタイプCなどにも対応しているので便利

USB type-C

一昔前までは、汎用性の高さからUSBタイプAというコネクターの形状が主流で、むしろそれしかないと言っても過言ではありませんでした。

しかし近年、ユーザーにとって、より汎用性の高いタイプCの形状が普及してきた背景もあり、モバイルバッテリーにもタイプCの形状を備えたモデルも多く登場してきました。androidスマホユーザーにとっては、そのまま充電ケーブルが利用できるので、とても便利と言えますね!

関連:【2021年】タイプC モバイルバッテリーおすすめ14選 |最新のUSB TYPE-Cケーブル対応モデル

選び方のポイントまとめ

ひとことメモ
1.用途をしっかりと考えてみる
2.便利機能や付加価値が本当に必要かどうかを見極める
3.身の回りのデバイスのコネクターの形状を確認する

用途をしっかりと考えてみる

まずは、自分がモバイルバッテリーを使うべきシーンを明確にしてみましょう。旅行や出張など、特別な場合にのみ携帯するのか?それとも普段使い出来るサブバッテリーとして持ち歩きたいのか?前者であれば、いつ充電出来るか分からないという事態も考えて、大容量タイプを選んでおくと安心です。ネックである重さも、そもそもが大きな手荷物に紛れてしまう為、デメリットにはなりにくいと言えます。

逆に常に持ち歩きたいという人には、常時持ち歩くという事を考えれば、やはり最優先で考えるべきは軽さと形状です。このように、モバイルバッテリーを使うべきシーンをハッキリさせるという事は、数あるモバイルバッテリー選びにおいて、非常に重要なポイントと言えます。

便利機能や付加価値が本当に必要かどうかを見極める

モバイルバッテリーは、扱い方次第では危険を伴う可能性がゼロではありません。正しい知識と、万が一の時のメーカー保証がしっかりしている事を確認する事も重要です。

また、ケーブル内臓などのモデルも、もし使用中に不手際があって内臓ケーブルが断線してしまった場合、結局本体ごと買いなおさなければなりません。便利なものには、メリットだけでなくデメリットもあるという事をしっかりと認識しておきましょう。

身の回りのデバイスのコネクターの形状を確認する

USBケーブル各種

主として充電が必要なデバイスの充電コネクターの形状もしっかりと確認しておきましょうiPhoneとandroidの違いは勿論、デジタルカメラなどは特にメーカーや機種によって充電コネクターの形状が違ってきます。充電コネクターの形状が違う為に、変換アダプターを購入するハメに・・・といった事は実際によくある話。
見逃しがちですが、地味に重要なポイントでもありますので、事前にしっかりと確認しておく事をおすすめします。

    モバイルバッテリー 5000mAh おすすめメーカー

    Anker (アンカー)

    高い品質かつ手頃な価格帯で、モバイルバッテリーにおいて圧倒的なシェアを誇り、今や世界的に有名な企業となったAnker。中国の他、アメリカ、日本、ドイツ、イギリスに現地法人があり、品質と価格、信頼と実績のトータルバランスで優れたモバイルバッテリーNo.1メーカー。

    【プロが選んだ】Anker モバイルバッテリー おすすめ20選|アンカー全機種比較ランキング

    Ravpower 

    2007年にアメリカで創業、現在は中国に本社を構えるSUNVALLEYグループの日本法人であるSUNVALLEY JAPANのブランドであるRavpower。Ankerに負けず劣らず優れたバッテリーを出しており、中でもユーザーの使い勝手を意識した独創的なモデルを多く世に出しています。

    エレコム

    エレコムは大阪に本社をおく、日本におけるIT機器の最大手です。特にパソコン・デジタル家電関連においては数々の部門でトップシェアを誇り、日本のパソコン周辺機器市場をリードし続けています。近年では若い年齢層や女性客層を取り込むために、デザイン性の高い商品を市場に投入するなど、精力的な活動を続けています。

    【小型・軽量タイプ 】モバイルバッテリー 5000mAh おすすめ 5選

    5位 モバイルバッテリー 薄型 5000mAh PSE適合品 700-BTL038M

    5位 モバイルバッテリー 薄型 5000mAh PSE適合品 700-BTL038M

    アルミ筐体がスタイリッシュな薄型モバイルバッテリー

    薄さ約1.1cm、一般的なスマホとほぼ同サイズな薄さが特徴的なサンワサプライの700-BTL038M。

    側面にラウンドエッジが施されたアルミボディは、手にフィットしやすくスマホと重ね持ちしても違和感を感じません!

    2口のUSBポートを備え、2台同時充電も可能。

    気になる電池残量も4段階のLEDで確認が出来、また、加熱保護機能を搭載する事で異常発熱から本体や内臓電池を保護する為、安心してお使い頂ける点も見逃せません。

    口コミ・レビュー
    以前、購入したモデルが劣化してきたので購入しました。価格的には10000mAhの方が良いのですが、日頃の持ち運びを考えてこちらにしました。薄いのがいいですね!
    サイズW58×D11×H136
    重量140g
    バッテリー容量5000mAh
    電池種類リチウムイオンポリマー電池
    本体充電時間約3時間
    繰り返し使用回数約500回

    4位 エレコム モバイルバッテリー 5000mAhPSE適合 EC-C01WF

    見た目がかわいいエレコムの「顔」シリーズ

    表面にデザインされたしろちゃんの顔が印象的なエレコムのEC-C01WF。

    キュートな見た目に反して、中身は過充電・過放電・過電圧・過電流防止機能、及び短絡保護機能を備えたしっかり者。

    USBポートに搭載した高性能ICが接続機器を自動で判別、機器に最適な出力で最速充電が出来る「おまかせ充電」機能に、スマホとモバイルバッテリーをまとめて充電出来る「まとめて充電」機能まで搭載。

    LEDによる電池残量の確認もできるので、お出かけ前も安心です。

    口コミ・レビュー
    スマホの大容量化に伴い、大容量サイズのモバイルバッテリーを購入しましたが、大きいし重いし、持ち運びには不便で、結局このサイズに戻ってきました。誤動作を防ぐためのスイッチが溝の中に配置してあったり、丸みを帯びていても落としにくいような表面加工がなされていたり、使い勝手の良さを追求した良品です。
    サイズW45×D27×H80
    重量140g
    バッテリー容量5000mAh
    電池種類リチウムイオン電池
    本体充電時間約1時間30分
    繰り返し使用回数約500回

    3位 5000mAh モバイルバッテリー HR-18BAT01

    3位
    最安値 ¥1,350 (税込)

    コンパクトかつ最軽量のリアルポケットサイズ!

    HR-18BAT01の薄さは約1cm、重量はなんと約102g!

    今回ご紹介する小型・軽量タイプの中でも、最軽量かつ最もコンパクトな、正にリアルポケットサイズ!

    コンパクトながらも2口のUSBポートを搭載し、2台同時充電に対応。

    LEDによる電池残量確認機能や、過充電保護などの数々の安全機能も搭載しており、普段使いに困る事はありません。

    モバイルバッテリーにしては珍しく、キュートなイラストが入ったカラーバリエーションも!

    女性には嬉しいポイントですね。

    口コミ・レビュー
    初期不良でランプがつきませんでしたが、すぐに新しいものを送って下さいました。新しいものはちゃんとランプもついて充電でき、普通に使えています。軽くてとても気に入っています。
    サイズW63×D10×H90
    重量約102g
    バッテリー容量5000mAh
    電池種類非公表
    本体充電時間非公表
    繰り返し使用回数約500回

    2位 エレコム モバイルバッテリー5000mAh【PSE認証済み】 DE-M09-5000WF

    2位
    エレコム
    最安値 ¥1,480 (税込)

    しろちゃん再び!薄型モデルがランクイン!

    「小型・軽量タイプランキング」第2位には、エレコムの「顔」シリーズ、DE-M09-5000WFがランクイン。

    同ランキング4位の「エレコム EC-C01WF」との大きな違いは、その形状。

    やや特徴的な丸を主体とした形状のEC-C01WFに対して、DE-M09-5000WFは、汎用性の高い、人気の薄型モデル。

    EC-C01WF同様、2台同時充電に一通りの安心機能も備えており、安心・快適に使えるモデルです。

    口コミ・レビュー
    妻のために薄型を購入。iPhone8Plusで使用してますが、問題ないです。
    サイズW72×D10×H129
    重量約130g
    バッテリー容量5000mAh
    電池種類リチウムイオン電池
    充電時間約3時間30分
    繰り返し使用回数約500回

    1位 TNTOR モバイルバッテリー5000mAh WT-H330

    1位 TNTOR モバイルバッテリー5000mAh WT-H330
    TNTOR

    厚さ6mm!!驚愕の薄さと機能性を両立させたコスパ抜群モデル!

    TNTOR WT-H330は重量こそ115gと、3位のHR-18BAT01に一歩及ばないものの、驚くべきはその薄さ。

    クレジットカード6枚分という、驚異的な薄さを実現!

    スマホよりも薄いにも関わらず、ボディにはステンレススチールを使用する事で、安全性を両立させています。

    LEDによる電池残量確認は勿論、多重回路保護機能を搭載し、高い安全性を確立。

    さらに独自のiSmart充電技術により、充電速度を従来の1.5倍~2倍にまで高めました!

    小型・軽量タイプで迷ったら、これを選んでおけば間違いありません!

    口コミ・レビュー
    とにかく本当に薄い!分かってはいたものの実際に手で持ってみて、改めて薄い!と感じました。重さは同容量のバッテリー相応にはあります。充電容量も問題なく、1回フル充電には十分。ビジネスカバンに入れておき、万一の場合に!という使い方をしています。
    サイズW66×D6×H124.5
    重量115g
    バッテリー容量5000mAh
    電池種類リチウムイオンポリマー電池
    本体充電時間約3時間30分
    繰り返し使用回数約500回

    【コンセントタイプ 】モバイルバッテリー 5000mAh おすすめ 3選

    3位 JOBSON 5000mAh モバイルバッテリー JB60

    3位
    最安値 ¥1,980 (税込)

    9つの安全保護機能を搭載!ハイブリッド充電が可能なプラグインタイプ。

    2016年に愛知県で誕生したブランド「JOBSON」が送り出す、モバイルバッテリーと急速充電器が一つになったコンセント一体型モデル。

    コンセントに挿すだけでモバイルバッテリー本体に充電、そのまま急速充電器としても利用可能。

    外に行く時はそのままコンセントから外して持ち運べば、モバイルバッテリーに早変わり。

    9つの安全保護機能を搭載し、とことん安全性にこだわった製品です。

    口コミ・レビュー
    それまで使っていたモバイルバッテリーが、2年過ぎたあたりから急に使えなくなった為、購入しました。9つあるという安全保護機能の内、中でも過充電保護は、就寝中コンセントに挿しっぱなしの自分にはとても魅力的な機能で、購入の決め手になりました!
    サイズW72×D31×H62
    重量約169g
    バッテリー容量5000mAh
    電池種類リチウムイオン電池
    本体充電回数非公表
    繰り返し使用回数約500回

    2位 Anker モバイルバッテリー PowerCore Fusion 5000

    2位
    Anker
    最安値 ¥2,990 (税込)

    Anker独自のフルスピード充電技術で、テキパキ充電!

    コンセントタイプ第2位はAnker PowerCore Fusion 5000がランクイン。

    コンセントタイプのメリットはそのままに、Anker独自の技術「PowerIQ」と「VoltgeBoost」により、フルスピードな充電速度を実現!

    大手メーカーならではのサポートと保証も魅力ですね!

    口コミ・レビュー
    通販でなんとなく購入してみたのですが、今では手放せない存在になっています!夜、寝る前にこのアダプタでiPhoneを充電し、出かける時はアダプタごと持っていく。メリットとしてはこれだけなのですが、手軽さが半端ないです!
    サイズW72×D31×H70
    重量約189g
    バッテリー容量5000mAh
    電池種類リチウムイオン電池
    本体充電時間非公表
    繰り返し使用回数約500回

    1位 Anker モバイルバッテリー PowerCore III Fusion 5000

    1位
    Anker
    最安値 ¥3,590 (税込)

    PowerIQ3.0搭載で、よりハイスピードな充電を実現!

    Anker PowerCore 3 Fusionは、2位のAnker PowerCore Fusion 5000の正統アップグレードモデルとして発売されました。

    Anker独自のフルスピード技術PowerIQは更に進化し、PowerIQ 3.0(Gen2)へ。

    これにより、今までは互換のなかった充電規格にも対応、より幅広い機器へのフルスピード充電が可能となりました!

    フロント部分にはUSBタイプCポートを搭載。

    より汎用性高く利用できるようになりました。

    口コミ・レビュー
    この充電器に変えてから、カバンの嵩張りも気にならないし、TYPE-A、TYPE-Cの両方に対応しているので大変使いやすい物だと思います。バッテリー自体はすぐになくなってしまう感覚はありますが、充電器を別に持ち歩く必要がないため問題ありません。一緒についてくるポーチも使いやすく、今までのモバイルバッテリーの中で一番使いやすい商品でした!
    サイズW80×D30×H71.5
    重量約176g
    バッテリー容量5000mAh
    電池種類リチウムイオン電池
    本体充電時間約2時間40分
    繰り返し使用回数約500回

    【ケーブル付属 】モバイルバッテリー 5000mAh おすすめ 3選

    3位 RAVPowe Type-Cケーブル内蔵モバイルバッテリー RP-PB160

    3位 RAVPowe Type-Cケーブル内蔵モバイルバッテリー RP-PB160

    重ねて使用するのがジャストフィットなケーブル内蔵型モデル

    充電ケーブルを内蔵している為、別にケーブルを持ち歩く必要がなく、スマートに持ち運びが出来るケーブル内臓型モデル。

    急いで充電したい時・・・うっかりコードを忘れてしまった時・・・使いたい時にサッと出してサッと使える!

    RAVPOWER RP-PB160は、約3cmのUSBケーブルを内蔵。

    短すぎると思う事なかれ、スマホと重ねて使用する時は、この短さがちょうど良いんです!

    口コミ・レビュー
    届いた商品を持ってみると、初めに感じるのはケーブルの短さ。しかし、実際に使ってみると重ねて持つ時に、長すぎず短すぎずのジャストサイズ。自分の使い方にはとても合っています!
    サイズW70×D10.6×H146
    重量約130g
    バッテリー容量5000mAh
    電池種類リチウムポリマー電池
    本体充電時間非公表
    繰り返し使用回数約500回

    2位 モバイルバッテリー UMA-BAT02R

    2位
    最安値 ¥1,000 (税込)

    7つの安全機能を搭載した超軽量モデル

    ケーブル内臓型でありながら、その重量はわずか95.5gという驚愕の軽さを実現したUMA-BAT02R。

    必要とされている機能、十分な安全性能を備えておきながらも徹底的なコストダウンが図られ、コストパフォーマンスも抜群!

    手にしてみると分かる驚きの軽さは、携帯するストレスを軽減してくれます!

    口コミ・レビュー
    想像以上にコンパクト!小さい箱がポストに入っていて、何だろう?と思ったら充電器でした!コンパクトで軽いし、とてもよかったです!
    サイズW115×D8.5×H66.5
    重量約95.5g
    バッテリー容量5000mAh
    電池種類リチウムイオン電池
    本体充電時間非公表
    繰り返し使用回数約500回

    1位 Anker モバイルバッテリー PowerCore III Slim 5000 with Built-in Lightning Cable

    ケーブル内蔵型にして薄型スリムなスタイリッシュモデル!

    ケーブル内臓タイプ第1位は、ここでもAnkerのモデルがランクイン。

    Anker PowerCore 3 Slimの特徴は何といってもその薄さ。ケーブル内蔵型にして厚さ7cmという薄さは、スマホと重ねて持ち運ぶのに最適!

    本体にはスタイリッシュなドット柄を採用し、今までにない携帯性を実現!

    Anker独自のPowerIQによって、フルスピード充電も可能と性能的にも十分な製品です!

    口コミ・レビュー
    バッテリーといえば、Ankerと知人から聞いて購入。驚いたのはその薄さ!しかもケーブルまでついている!表面ドット柄もとても高級感があっていいです!
    サイズW66×D7×H13.8
    重量約110g
    バッテリー容量5000mAh
    電池種類リチウムイオン電池
    本体充電時間約4時間
    繰り返し使用回数約500回

    【タイプCケーブル 対応】モバイルバッテリー 5000mAh おすすめ 3選

    3位 cheero モバイルバッテリー Power Plus 5 Stick 5000mAh

    3位
    最安値 ¥2,980 (税込)

    高速充電にも対応したPowerPlus 5のスティックバージョン!

    国内メーカーのcheeroが販売する大人気モバイルバッテリー「PowerPlus 5」

    PowerPlus 5 Stickは、そのPowerPlus 5のスティックバージョン!

    アルミ素材で作られたボディは、シンプルかつスタイリッシュなブラックカラー。カバンにスッキリ収まるコンパクトサイズでありながら、充電ポートを2口搭載し、2台同時充電にも対応しています!

    電池残量は見やすいデジタルインジケーター表記。最新の急速充電規格PowerDeliveryにも対応し、iPhone Xを45分で75%まで充電可能!

    厳しい日本メーカーの基準をクリアした安心の一品です!

    口コミ・レビュー
    このサイズでもUSB PDでiPhoneに急速充電が出来るのでとても役に立ちます!国内メーカーが動作チェックし、製品化してくれているので安心感もあります!
    サイズW110×D25×H68
    重量約180g
    バッテリー容量5000mAh
    電池種類リチウムイオン電池
    本体充電時間非公表
    繰り返し使用回数約500回

    2位 CIO モバイルバッテリー MOBCAB5000-2

    2位
    最安値 ¥1,295 (税込)

    普段使いに最適!人気の超軽量モデル!

    薄さ10mm、重量111gという軽さが人気のCIOの超軽量モデル「MOBCAB5000-2」

    LEDで電池残量を確認出来る為、突然のバッテリー切れに困る事もありません!

    薄型なのに、USBタイプCのケーブルを内蔵。変換用のコネクタを使えばiPhone用のライトニング端子に早変わり!

    端末に挿すだけですぐに充電が開始される為、わざわざ電源や開始ボタンを押す必要もありません!

    価格もお手頃で、コストパフォーマンスにも優れた一品です!

    口コミ・レビュー
    何といっても安さと軽さが良い!二つ購入して、一つは持ち出し、一つは家で交互に使ってます。毎日取り替えて使うのであれば容量も気になりません。とにかく軽量で、コードが二種類内臓されているのが素晴らしすぎる!
    サイズW105×D10×H64
    重量約111g
    バッテリー容量5000mAh
    電池種類リチウムイオン電池
    本体充電時間非公表
    繰り返し使用回数約500回

    1位 ケーブル内蔵モバイルバッテリー ALPHA LING SLIM 5000mAh

    1位
    最安値 ¥1,280 (税込)

    薄型・軽量・コンパクト!USBタイプC対応の人気モデル!

    わずか9mmという薄さにしてUSBタイプC対応ケーブル内臓!たった115gという軽さにして、充電ポート3つ搭載!

    搭載している3つのポートで、それぞれ3台同時に充電が可能。

    カラーは白と黒の2色、ボディのマットコーティングが高級感を演出。

    薄くて軽くてコンパクト!ケーブル内臓でどこでも充電!とにかく1台で全てを賄いたい方にオススメです!

    口コミ・レビュー
    日帰りで出かける際、大容量のバッテリーを持ち歩くにはサイズが大きく重いので、小さくて軽いバッテリーが欲しいと思っていました。この商品はiPhone8とほぼ同じサイズで、薄くて軽く大変満足しています!こんなバッテリーがほしかった!
    サイズW134×D9×H70
    重量約115g
    バッテリー容量5000mAh
    電池種類リチウムイオン電池
    本体充電時間約3~6時間
    繰り返し使用回数約500回

    モバイルバッテリー 5000mAh の比較一覧表

    商品最安価格サイズ重量バッテリー容量電池種類本体充電時間繰り返し使用回数
    5位 モバイルバッテリー 薄型 5000mAh PSE適合品 700-BTL038M¥2,080 楽天W58×D11×H136140g5000mAhリチウムイオンポリマー電池約3時間約500回
    4位 エレコム モバイルバッテリー 5000mAhPSE適合 EC-C01WF確認中 AmazonW45×D27×H80140g5000mAhリチウムイオン電池約1時間30分約500回
    3位 5000mAh モバイルバッテリー HR-18BAT01¥1,350 楽天W63×D10×H90約102g5000mAh非公表非公表約500回
    2位 エレコム モバイルバッテリー5000mAh【PSE認証済み】 DE-M09-5000WF¥1,480 AmazonW72×D10×H129約130g5000mAhリチウムイオン電池約3時間30分約500回
    1位 TNTOR モバイルバッテリー5000mAh WT-H330¥1,880 AmazonW66×D6×H124.5115g5000mAhリチウムイオンポリマー電池約3時間30分約500回
    3位 JOBSON 5000mAh モバイルバッテリー JB60¥1,980 楽天W72×D31×H62約169g5000mAhリチウムイオン電池非公表約500回
    2位 Anker モバイルバッテリー PowerCore Fusion 5000¥2,990 AmazonW72×D31×H70約189g5000mAhリチウムイオン電池非公表約500回
    1位 Anker モバイルバッテリー PowerCore III Fusion 5000¥3,590 AmazonW80×D30×H71.5約176g5000mAhリチウムイオン電池約2時間40分約500回

    【ワイヤレス充電タイプ】 モバイルバッテリー 5000mAhはある?

    ワイヤレス充電器

    充電ケーブルを介さず、無線充電に対応したスマホや機器を装置の上に置くだけで充電が出来る充電方法がワイヤレス充電と呼ばれる充電タイプです。ケーブルで接続するという手間が要らず、必要な時に重ねておくだけ!

    とにかく便利なワイヤレス充電ですが、反面、移動中に使う場合は機器同士が離れないようにしなければならないというデメリットも。また、ワイヤレス充電は有線接続に比べると充電効率に劣る為、一般的には充電速度が遅いと言われています。さらに一番大事なポイントは、ワイヤレス充電は充電器があれば全ての機器をワイヤレスで充電出来るというワケではないという事。

    ワイヤレス充電をする為には、充電器だけでなく、充電する機器もそれに対応している必要があります。充電しようとしている機器がワイヤレス充電に対応しているかどうかをしっかりと確認しておきましょう。

    モバイルバッテリー 5000mAhの使い方

    モバイルバッテリーをフル充電するにはどの程度時間がかかる?

    急速充電

    バッテリーの充電時間というのは、容量が大きければ大きいほど時間がかかり、その際、実際に本体の充電にかかる速度は、「入力電流」によって変化します。

    「入力電流」の単位はA(アンペア)で表記され、1.0A~3.0Aなどの種類があります。
    例として、入力電流2.0Aで5000mAhのモバイルバッテリーを充電する場合、だいたい3~4時間程度の時間がかかってきます。

    ひとことメモ
    実際には様々な条件によっても変わってくる為、一概にそうとは言い切れませんが、目安としてはだいたいこれくらいの時間がかかります。
    同じ条件で、これが10000mAhであれば、おおよそ6~8時間程度の時間がかかります。

    急速充電の【QI】や【PD】とは?

    「Qi」「PD」の文字は、どちらも充電規格の事を表しています。

    Qiは「チー」と読み、これはワイヤレス充電の国際標準規格の事を指します。「急速充電」と書いてある為、少々ややこしく感じるかも知れませんが、厳密にはこのQiというのは、Qiという規格のワイヤレス充電に対応しているというだけで、急速充電の事を表すキーワードではありません。それどころか、先にお話ししたように、基本的にはケーブル接続に比べると充電効率が劣る為、充電にかかる時間は相応に遅くなるのが一般的です。

    しかし、近年ではワイヤレス充電においても15W出力が当たり前となり、伴って充電速度も高速化しています。ワイヤレス充電でも充電速度でストレスを感じる事はなくなりつつあると言えます。

    対してPDは「USB PowerDelivery」の頭文字をとってPDとし、近年、採用が高まっているUSBタイプCを利用した充電規格の事を指します。

    従来、USBにおける最大出力は15Wが最大でした。しかし、PD規格における最大出力はなんと100W!これはちょっとした家電を動かせてしまえるほどの電力となります。流石にモバイルバッテリーにおいて、そのような出力を扱うようなシーンはないのですが、要はあの細いUSBケーブル一本で、それくらい凄い電気を扱えるという時代になってしまったという事ですね。

    参考までに、現在、iPhone XSでは最大18Wでの充電が可能となっています。PD対応のモデルを選ぶ際は、出力電力を確認しましょう。

    モバイルバッテリー 5000mAhと10000mAhで迷ったら

    5000mAhはこんな人におすすめ 10000mAhはこんな人におすすめ
    • モバイルバッテリーはとにかく軽い方がいいという人
    • 主として使う用途がスマホだという人
    • 1日に1回充電出来れば良いという人
    • モバイルバッテリー自体の充電時間は短い方が良いという人
    • 安くて使いまわしの良いものが良いという人
    • 多少の重さならば気にしない人
    • スマホ以外にも複数使いたいものがあるという人
    • 日に何度も充電が必要だという人
    • 毎回充電するのが面倒だという人
    • 旅行や出張などに持っていきたいという人

    自分にあった使い方をしっかりと見極めて、使い方にあった方を選びましょう!

    関連記事:【2021年】モバイルバッテリー 10000mAh おすすめ20選 |おしゃれな人気モデルを徹底比較

    あると便利なおすすめ関連アイテム

    急速充電器

    USBケーブル

    モバイルバッテリーを充電する際の速度に関わってくるのは電流(A)です。

    一般的に、付属で付いてくるようなおまけの充電器(アダプター)は、1Aタイプのものが多く、これだと例え本体が急速充電(2.0A以上)に対応していても、そもそもが1Aしか流れてこない為、フル充電までかなりの時間を要します。この充電器自体にも目をむける事で、よりストレスのない充電が可能となります。

    家のある充電器を確認し、「OUTPUT 5.0V 1.0A」などの記載があったら、買い替えを検討してみましょう!

    USBケーブル

    USBケーブル

    モバイルバッテリーを充電する時に必要なものがUSBケーブルです。付属でついてくる事が多い為、敢えて新しく購入する事もないという人も多いのではないでしょうか。

    普段、何気なく使っているこのUSBケーブルですが、実はこのUSBケーブル次第で充電速度が変わってくる場合があります。USBケーブルには、対応しているバージョンによって供給電力に差がついている為、単純に何を使っても一緒、という事ではないのです。

    もし、充電器を換えても充電速度が遅いと感じる場合は、USBケーブルを見直してみるのも一つの手と言えます。

    モバイルバッテリー用ケース・ポーチ

    モバイルバッテリーのデザインは無機質、またはシンプルで、カラーデザインも白か黒のみに統一されている事がほとんどです。老若男女を問わず購入・携帯でき、無難なデザインでもある反面、個性がなく周りとの差別化を図るという意味では全く無頓着であるといえます。また、バッグから入れたり出したりが多いモバイルバッテリーは、必然的に汚れや傷などがついてしまうもの・・・

    そんな悩みを解決してくれるのが、モバイルバッテリー専用のケースやポーチです。また、デザインや傷などの問題だけでなく、バッグの中に入れておくとなにかと行方不明になりがちなケーブル類・・・。これらも、本体と一緒にケースやポーチにまとめて入れておく事でストレスなく利用出来るのもメリットです。

    5000mAh よくある質問

    モバイルバッテリー 5000mAhはどこで購入するのが安いですか?はどこで購入するのがおすすめですか?

    モバイルバッテリーを初めて購入する場合は、
    ・エディオン ・ヨドバシ ・ヤマダ電機・ケーズデンキ ・ビックカメラ
    などの家電量販店に出向き、専門知識を持った販売員に話を聞きながら選ぶと安心でしょう。

    また安く購入したいなら楽天amazonなどの通販サイトがおすすめです。定期的なセールを活用するとより安く購入することができるし、ポイント還元で実質的に最安購入ができます。

    また東急ハンズ、ドンキ、ロフトなどでは個性的でオシャレなデザインのモノが多く展開されているので、他と被りにくいアイテムを見つけることができます!どこで購入しても比較的リーズナブルに購入できますよ。

    5000mAhのモバイルバッテリーの寿命はどのくらいですか?

    使用されている電池の種類によっても変わってきますが、一般的にはおおよそ500回前後の充放電を繰り返すと満足に使用できなくなると言われています。

    5000mAhのモバイルバッテリーの処分方法、または引取場所はありますか?

    危険物として扱われる事もあるという理由から、家庭ゴミとして燃えるゴミや燃えないゴミに出す事は絶対にNGです。一番身近で正しい処理方法としては、家電量販店などにおいてあるリサイクルボックスに入れる事です。しっかりとルールを守って廃棄しましょう。

    ダイソーや100均で売っているのは安全ですか?

    PSEマークのついていないモバイルバッテリーを輸入・販売する事は違法となり、厳重に処罰されます。そしてそれは例え100均といえども例外ではない為、ダイソーなどに置いてあるモバイルバッテリーは、必要最低限の安全性はクリアした商品であると言えます。しかしながらPSEマークも100%の安全を保障するものではなく、購入はあくまで自己責任であるという事をしっかりと理解しておく事が重要です。

    5000mAhモバイルバッテリー 人気 売れ筋ランキングもチェック

    こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されているモバイルバッテリー 5000mAhのランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

    5000mAh まとめ

    モバイルバッテリーの需要は高まる一方で、一人で複数台所持しているという事も決して珍しい事ではありません。

    右肩上がりの需要に応じて、相場も下がってきている近年、より高品質で大容量なものが比較的安価で手に入ってしまう為、今更5000mAhを選ぶ価値は、正直、あまりないのかも知れません。しかしながら、実際には5000mAhならではのメリットも確かに存在しており、それらは安価かつ大容量という影に隠れてしまいがちです。

    何気なく買ってしまうと、そのメリットを活かしきれずに結果的に無用の長物となってしまう事も。たかがモバイルバッテリーといっても、扱い方次第では危険物にもなり得るという事を認識したうえで、正しい知識で本当に自分に合ったものを選ぶ事が大切です。

    今回ご紹介した内容が皆様の目にとまって、少しでもお役に立てれば幸いです!最後までお読み頂き、有り難う御座いました!

    関連:【2021年版】100台以上を比較して選んだモバイルバッテリー おすすめ35選(人気ランキング決定版)
    関連:【かわいい&大容量】cheero モバイルバッテリー おすすめ10選 |全機種比較&評価レビュー
    関連:【2021年】ソーラー充電式モバイルバッテリー おすすめ12選 |選び方や使い方を徹底解説

    この記事は参考になりましたか?