モンキーレンチおすすめ15選!おすすめメーカーや選び方を解説

   

最近人気のDIYや、日常での機械メンテナンスや整備で活躍する「モンキーレンチ」。

ボルトやナットを締めたり緩めたりできる道具です。掴む部分の幅を変えられるため、多くの作業に幅広く使用できます。モンキーレンチは、工具箱に一本は入れておきたい工具です。

モンキーレンチには、さまざまな種類があり、メーカーによる特徴もあります。「どのモンキーレンチを買えばいいか迷っている」という人も多いのではないでしょうか?

今回は、モンキーレンチの選び方やメーカーとあわせて、おすすめのモンキーレンチを紹介します。

目次

モンキーレンチとは

モンキーレンチ

出典:Amazon.co.jp

モンキーレンチは、ボルトやナットを締めたり緩めたりするときに使う工具です。モンキーレンチの特徴は、掴む部分の幅を変えられるため、さまざまなサイズのボルトやナットに使えること。

同じような用途でスパナという工具もありますが、幅を変えることはできません。ボルトやナットのサイズに合った、スパナを使う必要があります。

モンキーレンチは、一本あればたいていのサイズに合うため、水道管や自動車、バイク、家具など、幅広く使用できます。

モンキーレンチ おすすめ選び方

モンキーレンチのおすすめの選び方を紹介します。

幅調整のしやすさ

モンキーレンチ

出典:https://ktc.jp/kiso/

モンキーレンチの最大の利点は、掴む部分の幅を調整できることです。そのため、幅調整のしやすさは大切です。

モンキーレンチの頭部分にあるウォーム」というパーツを回すことで、幅を調整します。このウォームが「指が食い込むほど力を入れないと回らない」や、逆に「使っている間に緩んでしまう」など、うまく調整できない場合があります。

しかし、ネットで購入するとなると、実際に触れないため難しいですよね。レビューを読んでみて、そのような口コミがあるものは避けて選ぶようにしましょう。

持ちやすさ

モンキーレンチ

出典:Amazon.co.jp

モンキーレンチは、力を入れてボルトやナットを回します。そのため、握りやすくて持ちやすいものを選ぶ必要があります。

持ち手にある程度の厚みがあるものは握りやすく、おすすめです。また、持ち手にゴム製のグリップがついているものや、少しカーブしているものなどもあります。

モンキーレンチはテコの原理を使うため、グリップ部分が長い方が大きい力をかけやすくなります。しかし、長い方が単純に重くもなるため、適したものを選びましょう。

開口サイズ

モンキーレンチ

出典:Amazon.co.jp

モンキーレンチを広げられる幅に合わせて選ぶことも忘れてはいけません。作業したい内容によって、開口幅が足りないこともあるため、どの用途で使うかに合わせて選びましょう。

一般的な作業をするのであれば、開口寸法が30mmほどで問題ありません。ガスやエアコンなどの作業であれば、30mm以上のものを選びましょう。

サイズと重さ

モンキーレンチ

出典:Amazon.co.jp

サイズは、全長の長さです。長い方が大きな力はかけやすくなりますが、狭い場所ではあまり長いものだと使いにくい場合があります。

一般的には

  • 150mm
  • 200mm
  • 250mm
  • 300mm

この4種類の長さがあります。自分が使いたい場所に合わせて選ぶといいでしょう。

また、モンキーレンチの重さも重要です。長時間作業する場合や持ち運んだり、腰にぶら下げたりすることを考えると、あまり重いものはおすすめできません。

軽量化のために、持ち手の部分がくり抜かれているものもあるため、重さにも注意しながら選んでみてください。

多様な機能

モンキーレンチ

出典:Amazon.co.jp

モンキーレンチは、シンプルなものが多いですが、中には機能がプラスされたものもあります。

開口部分に目盛りがついているものは、ノギスとして使えます。ただ、簡易的なため、ノギスのような精密さはありません。大体の長さを測れるくらいと認識しておきましょう。

また、モンキーレンチの開口部の反対側に「ギア」がついているものもあります。ギアは、片方向に回転する機構で、ラチェットレンチとしても使えるようになります。

回転のたびにはめ直す必要がないため、モンキーレンチより時間をかけずに作業できます。よく使うボルトがギアに合うなら、ギア付きタイプがおすすめです。

モンキーレンチ種類比較表

特徴メリットデメリット
ショートモンキーレンチ長さ10〜15cm
小さく軽量のため片手で握れる
狭い場所や障害の多い場所でも使える硬い、大きなボルトには不向き
ロングモンキーレンチ長さ20〜30cm
両手で握れて力がかかりやすい
大きい、硬いボルトに適している狭い場所には不向き
重いものが多い

モンキーレンチ おすすめメーカー

モンキーレンチのおすすめメーカーについて紹介します。

ロブテックス

ロブテックス

出典:https://www.lobtex.co.jp/

ロブテックスは、創業130年を超える、電設・圧着工具や建設ファスナー製品の製造販売を行う会社。エビ印のロゴマークが特徴です。

このロゴマークには、日本で縁起が良いとされるエビの腰が曲がるまで使える丈夫な道具、との意味が込められています。プロ用からDIY用まで幅広くラインナップされています。

TOP(トップ)工業

TOP工業

出典:https://www.toptools.co.jp/

TOP工業は、新潟県に本社を構える作業工具の総合メーカー。

工具メーカーとしては珍しい、ワンストップ一貫生産を行っています。設計・デザインからお届けまでを自社で実施するこだわりぶり。

多種多様な工具を取り扱っていますが、特にモンキーレンチの評判が高く、おすすめです。

BACH(バーコ)

BAHCO

出典:https://ec.f-gear.co.jp/

バーコは、スウェーデンで創業され、現在はアメリカの大手工具メーカー「スナップオン」の傘下として発展し続けている工具メーカー。

モンキーレンチを世界で初めて開発・販売をしたのが、バーコです。バーコの工具は、軽量で耐久性が高い「スウェーデン鋼」を使用しています。末長く愛用できるモンキーレンチを探している人におすすめです。

KTC(京都機械工具)

KTC

出典:Amazon.co.jp

KTCは、京都に本社を構える京都機械工具株式会社の工具ブランド。使い心地がよく、頑丈で壊れにくいため、愛用者も多くいます。セット物の種類も豊富で、収納ツールも充実しています。

KTCが立ち上げている別ブランド「nepros(ネプロス)」は、高級ツールブランドとして、美しさ、品質も世界レベル。整備士の人も使用する精度の高いブランドです。

低価格モデルと高価格モデルのちがい

モンキーレンチ

出典:Amazon.co.jp

モンキーレンチには、安いものから高いものまで幅広い種類があります。どんな違いがあるのでしょうか?

モンキーレンチは100円ショップなどにも売っていますが、使われている材質が違うため、強度不足です。強度不足をカバーするため、大きくて分厚いものが多いです。

また、安い工具は柔らかく、使っているうちに変形してしまうこともあります。安すぎる工具は、精度もあまり高くありません。ボルトやナットと工具との間に隙間があることもあり、舐めてしまう可能性もあります。

長く愛用するなら、しっかりとしたメーカーのものを買った方がいいかもしれません。

【ショートモンキーレンチ】おすすめモンキーレンチ4選

ここからはジャンル別におすすめのモンキーレンチを紹介します。

高儀 GISUKE ショートモンキーレンチ SWM-24

髙儀(Takagi)
最安値 ¥697 (税込)

手のひらサイズで狭いところでも使える

高儀のショートモンキーレンチです。

高儀は慶応2年創業、150年余の歴史がある企業。

最大開口幅は24mmで、目盛りがついているため長さを測るのに便利です。握りやすい手のひらサイズで、狭い場所でも作業できます。87gと軽量で、ポケットに入れても重さを感じないでしょう。

このサイズ以外にも、開口幅が30mm、36mmのものがラインナップされています。作業する場所に合わせて選んでみるのもいいですね。

口コミ・レビュー
トイレ・洗面台の水回りのメンテナンスのために購入しました。思っていたより使いやすく、締めも緩めも問題なくできました。目盛りはおまけ程度と思っていましたが、ノギスで測ってみると意外と正確。目安としては十分使えます。500円と安いですし、一本持っておいて損はないモンキーレンチです。
全長120mm
重さ87g
種類ショート
最大口開幅0〜24mm

TOP(トップ工業)ショートモンキーレンチ HY-38S

トップ工業(TOP工業)
最安値 ¥2,618 (税込)

従来品より約20%コンパクト化

TOP工業のショートモンキーレンチです。

軽量薄型のコンパクトヘッドで、狭い場所や込み入った場所での作業が可能。アゴに出っ張りがないため、壁際でも作業がしやすいです。

丈夫な硬質ビニールグリップを採用し、耐久性も安心です。ヘッドバランスを考慮した指かけフック付き。

ヘッド反転可能で、差し返しながらナットを回すことができます。

口開きが最後まで閉じないので注意が必要です

口コミ・レビュー
モンキーレンチは他社のものを含めて複数使っていますが、TOPのこの工具は他社と違って、口を開いた時にアゴに出っ張りがありません。狭くて工具が回せないときに大変助かります。工具自体も重量を感じるほど、しっかりとした作りです。ガタツキも少なく品質はいいと思います。
全長157mm
重さ215g
種類ショート
最大口開幅8〜38mm

BAHCO(バーコ) ショートモンキーレンチ 9029

バーコ
最安値 ¥2,273 (税込)

エラストマーグリップで手にフィットする

バーコのショートモンキーレンチです。

全長170mmで、32mも開く大口モンキー。狭い場所での作業に最適です。

ハンドルには、エラストマーグリップがついており、手にフィットし滑りにくくなっています。さらに、寒冷地の作業では温かい感触を与え、高温下では涼しい感触を与えます。屋外での作業もしやすいでしょう。

ジョー(下アゴ)の開口幅セッティングとボルトのヘッド、金属の厚さなどの測定用目盛り付き。

口コミ・レビュー
高級ブランドとして名に恥じない素晴らしい出来です。ジョーの精度の良さは特筆すべきで、数多い製品の中でガタは最小だと感じます。モンキーレンチは使用頻度は高くありませんが、いざというときに安心して使えるものがいいと考えるなら、この商品をおすすめします。エラストマーグリップのおかげで滑りずらく使いやすいです。
全長170mm
重さ220g
種類ショート
最大口開幅0〜32mm

TRUSCO(トラスコ) ラチェット式モンキーレンチ TRMK-150S

トラスコ中山(TRUSCO)
最安値 ¥1,336 (税込)

フリーラチェット機構でスムーズな連続締め付け

トラスコの手のひらサイズのショートモンキーレンチです。

ラチェット機構なので、一度ナットを合わせたら、手首のひねり・反復だけで連続作業ができ、抜き差しすることなく締め付けが可能。

なめる原因となっていた部分をコロが面で受けるので、安心したトルクをかけられます。コロの部分にはクロムモリブデン鋼を採用し、高いトルクがかかっても変形しにくい。

落下防止に便利なストラップ穴付きです。

口コミ・レビュー
作業スペースが確保できれば軽快に回せるのでおすすめです。小さくて持ち運びに便利で重宝しております。対象物をスルーする機構がウォームと干渉しないため、何度操作しても非常にスムーズかつ、とても軽快です。ラチェット機構付きのモンキーをお探しの方には、絶対にこちらを先に使ってみてほしいと思います。
全長120mm
重さ120g
種類ショート
最大口開幅0〜20mm

【ワイドモンキーレンチ】おすすめモンキーレンチ4選

TRUSCO(トラスコ) ワイドモンキーレンチ TRMW-36

トラスコ中山(TRUSCO)
最安値 ¥1,282 (税込)

軽量薄型で作業性が良い

TRUSCOのワイドモンキーレンチです。

最大口開はワイドな36mm

持ち手部分が肉抜きされており、軽量薄型のため、作業性がよく疲労を軽減します。さらに、狭い箇所でのナット締め緩め作業等に最適です。

サイズの識別ができるように、グリップ部分にはカラー設定されており、見た目でわかりやすくなっています。

他にも、24mmのショートタイプ、30mmの通常タイプをラインナップしています。

口コミ・レビュー
ワイドなモンキーが必要になったため購入しました。長さ・軽さ・薄さ、すべていい感じで、軽くて使いやすいです。ガタが少なく、造りもしっかりしていて、これだけのものがこの値段で手に入るのは驚きです。コスパ最強のモンキーだと思います。いろいろなサイズに使えるので、一本持っておけば安心です。
全長244mm
重さ249g
種類ロング
最大口開幅0〜36mm

SK11 ワイドモンキーレンチ SWM-38S

SK11(エスケー11)
最安値 ¥1,980 (税込)

最大口幅38mmのワイドサイズ

SK11のワイドモンキーレンチです。

SK11は、電動工具などのDIYツール専門商社である藤原産業から販売されています。

最大口開はワイドな38mmで、いろいろなサイズに使用できます。同じ口開幅の従来品よりも50%軽量化。(SK11にて比較)

ソフトグリップ付きで手に優しく、安定した作業ができます。落下防止ワイヤー取付穴付きで、落とす心配はありません。同じ種類で、口開50mmのものもあります。

口コミ・レビュー
いわゆる水周りのメンテナンス用と割り切ったモンキーレンチです。38mmまで対応しているので、これ一本で水周りのメンテナンスはすべてOKと言っても過言ではありません。この薄さと軽さ、そして滑りにくい柔らかなゴムのグリップが本当にありがたく、作業効率が格段にアップします。SK11の同シリーズの一番の良さは、先端の部分の尖り具合。細い箇所でも難なく使用できます。
全長210mm
重さ300g
種類ロング
最大口開幅0〜38mm

ロブテックス ワイドモンキーレンチ UM36XD

ロブテックス
最安値 ¥2,782 (税込)

X-DRIVEにより、ボルト・ナットの角がなめにくい

ロブテックスのワイドモンキーレンチです。

従来の二面ではなく三面で回すことによって、応力が分散され、トルクがかかりやすくなめにくい構造。(X-DRIVE)安定した締め付けから緩めが可能です。

プレミアムシリーズにしか搭載されていなかったガタツキレス機構を搭載し、タテ方向のガタを軽減、使いやすさが大幅に向上しました。

グリップ付で滑りにくく握りやすい、手にやさしい形状です。便利な目盛り付き。

口コミ・レビュー
強いトルクを掛けても角を傷めにくいので重宝しています。グリップ付きで持ちやすく使いやすいです。見た目もカッコいい。通常のモンキーレンチに比べるとかなりなめにくいと思います。精度、使用感、質感すべてにおいて完璧です。さすが、メイド・イン・ジャパン。これを使うと他の製品は使えません。
全長250mm
重さ300g
種類ロング
最大口開幅8〜36mm

フジ矢 ワイドモンキーレンチ FLA-53-F

フジ矢(Fujiya)
最安値 ¥2,791 (税込)

ボルト、ナットの角を傷つけにくい独自形状

フジ矢のワイドモンキーレンチです。

フジ矢は、大阪府に本社を構えるペンチ・ニッパーを主力とした工具を製造販売する企業。

ボルト・ナットの角を傷つけにくい独自のツメ形状で、ヘッド部分は出っ張りが少なく、狭い場所でも使いやすいです。

一般的なJIS規格より10%以上ワイドに開く、最大口開53mmです。最後まで締まるため、小さいボルト・ナットにも対応可能。

先端部分は薄型で長くなっており、狭い場所にも入りやすい形状です。便利な目盛り付き。

口コミ・レビュー
非力な私でもテコの原理でグイグイと硬いナットを緩めることができました。ちょっとした水まわりは自分でやろうと思っているので、このモンキー1本あるとかなり便利ですね。ハンドル角度が小さく作られているので、狭い場所でも使用できます。加工精度もよくガタつきも少ないです。
全長306mm
重さ560g
種類ロング
最大口開幅0〜53mm

【ロングモンキーレンチ】おすすめモンキーレンチ4選

フジ矢 ロングモンキーレンチ FGL-38-BG

フジ矢(Fujiya)
最安値 ¥2,820 (税込)

10mmと13mmのメガネレンチ付き

フジ矢のロングモンキーレンチです。

最大開口0~38mmで、最大まで開いてもあごが出ない設計

10mmと13mmのメガネレンチと17mmのラチェットレンチ付きで、幅広い作業に使用できます。シノラチェ(19/21mm)と組み合わせて使うことで、足場組作業がさらにはかどります。

肉抜き加工がされており、同サイズ鍛造品と比べて軽量です。落下防止用のコード取り付け穴が2つあり、使用者の好みによって選べます。

口コミ・レビュー
ガタツキの少なさ、開きが大きく取れること、思ったより軽量で剛性の割にそれほど重さを感じさせないバランス感など、モンキーとしての基本的な機能性には満足しています。転落防止を付ける為の穴などとても気の利いた工具であると言えます。さまざまなブランドのモンキーレンチを使ってきましたが、間違いなく逸品です。
全長220mm
重さ280g
種類ロング
最大口開幅0〜38mm

ロブテックス ロングモンキーレンチ UM36XGB

ロブテックス
最安値 ¥4,088 (税込)

プロのメカニックも認める、確実な締め心地!

ロブテックスのロングモンキーレンチです。

厳しい締め付け品質を求められる、米最大のカーレース「NASCAR」のメカニックからも高い支持を受けているプロ仕様のモンキーレンチ

2019年日本DIY商品コンテストの新商品部門でも認められるなど、高い評価を受けています。

ガタレス機構でタテ方向のガタツキをなくし、バックラッシュレス機構でスパナ感覚の締め心地を実現しました。

新形状のラウンドフォルムで手を痛めません。

口コミ・レビュー
ウォームを動かすとジリジリと渋い感触で、クルクルという感じではなく、かなりしっかりと精緻に組みつけられているように思います。正しい方向にジワりと締める限りでは、アゴの緩みが気になることもないですね。ボルトを挟むアゴの部分がしっかりとしています。本締めはさすがに出来ないかもしれませんが、用途によってはアリではないかと思えるくらいです。
全長250mm
重さ300g
種類ロング
最大口開幅8〜36mm

トップ(TOP)工業 ロングモンキーレンチ HY-30

トップ工業(TOP工業)
最安値 ¥1,555 (税込)

アゴの出っ張りがないため、差し返ししながらナットを回せる

トップ工業のロングモンキーレンチです。

アゴの出っ張りがないため、差し返ししながらナットを回せます。

下アゴの強度不足を改善し、表裏どちらでも同等の締付け強度。水道、ガス、エアコンなどの配管の込み入った場所でのナット締めに便利です。

従来品の最大口開き時で比較すると、20%コンパクト化。薄型軽量タイプで、作業に支障をきたしません。

コンパクトさを追求しており、口開きが最後まで閉じないため、ご注意ください。

口コミ・レビュー
ガタが小さいため、安心して重要部分の高トルクを扱えます。もっと高価で高品質な製品があるのも理解していますが、本品は比較的低価格で高品質を実現していると感じます。薄型ゆえの軽さがあり、家庭用としてひとつ持っておけば困らないと思います。日曜大工レベルなら全く問題なく使えます。
全長210mm
重さ200g
種類ロング
最大口開幅8〜30mm

トネ(TONE) ロングモンキーレンチ MW-200

トネ(TONE)
最安値 ¥1,591 (税込)

大きさを測れる目盛り付き

トネのロングモンキーレンチです。

トネは、大阪に本社を構える老舗の工具メーカーで、品質や精度が高くおすすめです。

そんなトネから発売されているシンプルなモンキーレンチ。最大口開幅は0〜25mmで、目盛り表示付き。ナットやボルトの大きさを測れるため便利です。

サイズ違いのものが6種類ラインナップされているため、作業に合わせて選べます。

口コミ・レビュー
トネの製品はしっかりした作りで信頼性があります。普通に使うには十分すぎる精度で、ジョーはスムーズに動くし、ガタは殆どありません。使用感に優れていて、不安なく使えます。とても高品質で目盛りも付いているので便利に使えそうです。
全長206mm
重さ240g
種類ロング
最大口開幅0〜25mm

【先端薄型】おすすめモンキーレンチ3選

エンジニア 先端薄型モンキーレンチ TWM-06

エンジニア(ENGINEER)
最安値 ¥1,491 (税込)

薄いナットが廻せるポケットサイズモンキー

エンジニアの先端薄型モンキーレンチです。

エンジニアは、ライヤ・ペンチを主力とした工具を販売する、プロフェッショナル用工具メーカーです。

薄いナットが廻せるポケットサイズモンキーで、先端はわずか2mm。薄ナットやダブルナット等の作業に最適です。ショートグリップで作業範囲が小さく、狭い箇所でも効率よく作業が出来ます。

グリップは環境に優しいエラストマーを採用し、落下防止に便利なストラップ穴も付いています。

口コミ・レビュー
板スパナを複数買うよりも、この薄型モンキーレンチを買う方が断然お得です。少し小さいですが、グリップの形が手にフィットして使いやすいです。この工具だけで、自転車用の薄いスパナを買わず全てこちらでまかなえています。目盛りがあるのは仕様変更後で、変更前は目盛りがないのでご注意ください。
全長110mm
重さ85g
種類ショート
最大口開幅0〜20mm

スーパーツール(SUPERTOOL) 薄型モンキーレンチ MWM24STO

スーパーツール(Supertool)
最安値 ¥1,721 (税込)

爪極薄型で薄型ナットの取り付けにぴったり

スーパーツールの薄型モンキーレンチです。

スーパーツールは大阪に本社を構える、総合作業工具メーカー。

先端の厚みはわずか2mmなので、奥まった箇所やキャスター・コネクターなどの薄型ナットに使えます。

全長は119mmと短く、重量は90gとコンパクトなため、普通サイズのモンキーレンチでは入りにくい狭いところの作業におすすめです。

口コミ・レビュー
水槽内など狭い場所では長い柄のレンチは使えないため、購入しました。厚さの有るスパナだと入らない所も簡単に入りますし、薄いナットやダブルナットを締めるときにとても重宝しています。価格は安いですが、十分に使えます。いい買い物をしました。
全長119mm
重さ90g
種類ショート
最大口開幅0〜24mm

トップ(TOP)工業 モンキーレンチ HT-150B

トップ工業(TOP工業)
最安値 ¥2,536 (税込)

バックラッシュレスウォームを採用し、タテのガタツキを軽減

トップ工業のモンキーレンチです。

3.7mmの薄型、20度のベントタイプなので、狭いところでの作業に最適です。

二分割されたウォームでバックラッシュ(ガタ)をカットすることで、ガタがなくなり、ボルト・ナットを傷つけることがありません。

力を加えやすい部分を幅広く設計している非対称ハンドルで、握りやすく手を傷めない構造。

目盛付きで、ノギスとしての使用も可能。

口コミ・レビュー
ガタがないわけではありませんが、他のモンキーよりも少ないので気に入っています。モンキーレンチもいろいろありますが、これは薄型角度付きで使いやすいです。ただし、材質的にサビが発生する可能性があるのでその点は注意が必要です。薄型でアゴ自体も薄いので、あくまで精密作業メインと考えた方がいいかもしれません。
全長168mm
重さ135g
種類ショート
最大口開幅0〜20mm

おすすめモンキーレンチの比較一覧表

商品画像
商品名フジ矢 ロングモンキーレンチ FGL-38-BGロブテックス ロングモンキーレンチ UM36XGBトップ(TOP)工業 ロングモンキーレンチ HY-30高儀 GISUKE ショートモンキーレンチ SWM-24フジ矢 ワイドモンキーレンチ FLA-53-F
メーカーフジ矢(Fujiya)ロブテックストップ工業(TOP工業)髙儀(Takagi)フジ矢(Fujiya)
最安値¥2,820 (税込)¥4,088 (税込)¥1,555 (税込)¥697 (税込)¥2,791 (税込)
全長220mm250mm210mm120mm306mm
重さ280g300g200g87g560g
種類ロングロングロングショートロング
最大口開幅0〜38mm8〜36mm8〜30mm0〜24mm0〜53mm
商品リンク

モンキーレンチの使い方

モンキーレンチ

出典:https://ktc.jp/kiso/

モンキーレンチは一本あれば、複数のサイズに対応するため、とても便利な工具です。しかし、使い方を誤るとケガをする恐れがあります。モンキーレンチの使い方は以下のとおりです。

  1. 親指でウォームを回し、ボルト・ナットが入るサイズにアゴを調整
  2. ウォームが回らなくなるまで下アゴを寄せて、ぐらつきがないかを確認
  3. 奥までしっかり差し込んでボルト・ナットを回す

2のときに締めがゆるいと、ネジ全体に力がかからないため、ネジが破損する恐れがあります。しっかり締めるようにしましょう。

また、モンキーレンチを回す方向にも注意が必要です。上アゴ側に回すと下アゴを傷めるため、必ず下アゴ側に回してください。

モンキーレンチのメンテナンス

モンキーレンチ

出典:Amazon.co.jp

トイレやお風呂などの水回りで使うことも多いモンキーレンチ。そのような場所で使用した後は、モンキーレンチが濡れてしまうこともあります。

錆びないステンレス素材のものが多いですが調節ジョーの付け根調節ネジの部分は、濡れたままで放置しないようにしましょう。短時間でも腐食して固着し、使えなくなります。工具箱にしまう前にしっかりと水分を拭き取り、潤滑油を吹きかけておくといいでしょう。

濡れていなくても、使い終わった後は、軽くオイルを含ませたウエスで拭くことで、きれいになり、サビ防止にもなります。

モンキーレンチ よくある質問

モンキーレンチのよくある質問をまとめました。

スパナとの違いは?代用できる?

スパナ

出典:Amazon.co.jp

スパナとレンチは、どちらもボルトやナットを回して締め付けをする工具です。スパナはイギリス英語、レンチはアメリカ英語の違いで、呼び方が異なるようです。

日本では、ヘッド部分が開いているものをスパナ、閉じているものをレンチと呼びます。

スパナは開口部の幅を変えれません。そのため、回したいボルトやナットに合ったサイズのスパナが必要です。一方モンキーレンチは、開口部の幅を変えられるため、さまざまなサイズのボルトやナットを回せます。

ボルトやナットのサイズに合うモンキーレンチであれば、代用は可能です。しかし、モンキーレンチはウォームギア機構があるため、どうしてもぐらつきが発生し、なめてしまう可能性があります。

ボルトやナットの規格に合ったスパナであれば、力強く締め付けられ、なめる心配はほとんどありません。つまり、代用はできるけど、規格に合ったスパナには力強さや締め付けのしやすさでは劣るということになります。

どのサイズを買えばいい?

モンキーレンチ

出典:Amazon.co.jp

回したいボルトやナットの大きさに合わせて購入しましょう。モンキーレンチは、汎用性が高いため、ある程度の大きさのものであれば、一本で事足ります。

一般的な使い方をするのであれば、最大口開が30mmほどのものでいいでしょう。水道管などは30mm以上開く大きいものが必要になる場合があります。

モンキーレンチの人気売れ筋ランキングもチェック

こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されているモンキーレンチのランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

モンキーレンチ まとめ

モンキーレンチについて紹介しましたが、いかがでしたか?

モンキーレンチはシンプルな工具で、機能差があまりないため選ぶのが難しいかもしれません。しかし、ボルトやナットのガタツキを減らしたり、持ちやすいゴムグリップを採用していたり、ギア付きでメガネレンチとして使えたりするものもあります。

各メーカーの特徴があるので、ぜひ自分に合ったモンキーレンチを見つけてみてください。