おすすめのネックスピーカー15選|価格や性能を徹底比較【2021年最新版】

   

ネックスピーカーサムネ

ヘッドホンやイヤホンを長時間使っていると耳が疲れてきませんか?疲労を感じる方におすすめしたいのが、ネックスピーカーです。肩にかけるだけで耳を直接塞がないため、長時間使い続けても疲れにくいです。

テレワーク導入により、自宅での作業が増えた方も多いでしょう。マイク付きのネックスピーカーなら、テレビ会議も快適。使い心地の楽さと遮音性を兼ね備えているので、家族に気を使って小さい音量でテレビを見ていた方や、ヘッドホンの圧迫感が苦手な方にもおすすめです。

いざネックスピーカーを探してみると、どれが良いのかわからないかと思います。そこで今回はネックスピーカーを購入しようと考えている方に向けて、おすすめのネックスピーカー15選を徹底比較しました。

ぜひこちらの記事を参考に、快適なオーディオ環境を整えてみてください。

この記事でわかること
  • ネックスピーカーとは
  • ネックスピーカーの選び方
  • ネックスピーカーの人気メーカー
  • おすすめのネックスピーカー
  • ネックスピーカー関連グッズ

はるみ

耳が圧迫されないので、疲れにくく快適ですよ!

目次

ネックスピーカーとは?

ネックスピーカー

出典:amazon

ネックスピーカーは首にかけて使えるウェアラブルスピーカーのこと。肩掛けスピーカーとも呼ばれています。ヘッドホンやイヤホンは耳に直接塞ぎ込むのに対し、ネックスピーカーは首にかけるだけで使えるので耳への負担が少ないです。

ネックスピーカーのメリット

ネックスピーカーはイヤホンやヘッドホンと同じオーディオデバイスですが、他とは違うメリットがあります。ネックスピーカーのメリット4つを紹介します。

  • 圧迫感がなく疲れにくい
  • ワイヤレスのため着けたまま動き回れる
  • サラウンド性能に優れ、臨場感たっぷり
  • 自分の頭の周りだけで音が聞こえ、周囲を気にせず映画やテレビを楽しめる

圧迫感がなく疲れにくい

ネックスピーカーは耳を圧迫しないため、ヘッドホンやイヤホンと比べて疲れにくいのがメリット。長時間の使用に適しています。

より軽い装着感と疲れにくさを求める方は、軽量タイプを選ぶといいでしょう。肩や首への負担を最小限にでき、身につけていても気になりません。

ネックスピーカーはイヤホンの長時間使用で疲労しやすい方、耳を圧迫するのが苦手な方におすすめです。

ワイヤレスのため着けたまま動き回れる

女性

ネックスピーカーはコードがないワイヤレスタイプです。コードを気にせず、着けたまま移動できます。家事や作業の合間などのちょっとした移動も、コードが邪魔してストレスになることがありません。

また、ネックスピーカーは耳を塞がないため、周りの音が直接聞こえるのが特徴。介護中や料理中でも様子の変化を耳で聞き分けられます。マイク付きのモデルなら、移動しながらの通話もできます。

サラウンド性能に優れ、臨場感たっぷり

Home cinema system with vintage furniture

サラウンドとは立体音響のことで、一般的には5個以上のスピーカーを使い、人を囲むように配置することで実現。ネックスピーカーはバーチャルサラウンドを採用しているため、仮想的にサラウンド体験ができます。

ソニーやJBLのような高級ネックスピーカーは、臨場感ある音作りにこだわっているので映画鑑賞にピッタリ。手軽にホームシアターのような音の立体感を楽しめます。

まるでライブフロアにいるかのような臨場感を味わえますよ。

ひとことメモ
サラウンドで用いられる5.1chや7.1chはスピーカーの数と低音のみを再生するサブウーハーの数を表しています。5.1chであればスピーカー5個、サブウーハー1個ということです。

自分の頭の周りだけで音が聞こえ、周囲を気にせず映画やテレビを楽しめる

happy friends watching movie in theater

ネックスピーカーは、家族や寮など複数人と共同生活している方におすすめ。スピーカー部分が内側に傾いているため、音の方向が制限されています。頭から首にかけて音が聞こえるのが特徴です。テレビのように部屋全体に音が響き渡ることがありません。

多少の音漏れはしますが、直接テレビやスマホのスピーカーを使うよりは静かです。深夜や早朝でも家族に迷惑をかける心配なく、テレビや映画に没頭できます。受験生のお子さんがいる方や子育て中の方にもおすすめです。

ネックスピーカーのデメリット

手軽に使え便利なネックスピーカーですが、デメリットもあります。購入前に知っておきたい2つのデメリットを紹介します。

接続回線によっては遅延が生じることも

Wifi router with low signal. Version 2 - WiFi icon

ネックスピーカーは、接続回線によって遅延が生じることがあります。ネックスピーカーの接続方式は、2.4ghz方式とBluetooth方式の2タイプです。

ラジオや音楽など遅延が気にならない用途であれば、Bluetooth接続は問題ありません。映像と音声のズレが気になる方は2.4ghz方式を選びましょう。使用頻度が多く気軽に使いたい方はBluetooth接続、安定した接続性を求める方は2.4ghz方式がおすすめです。

レシーバーを使う「2.4ghz方式」

2.4ghz方式は主にレシーバーを使った接続方式です。端末とレシーバーを接続し、レシーバーの電波をネックスピーカーに飛ばします。遅延がほとんどなくスムーズに使えるのが特徴です。また接続距離が長いものが多く、約30m離れても接続可能なタイプもあります。

近距離で無線接続できる「Bluetooth方式」

Bluetooth方式は、2.4ghz方式に比べて遅延が生じやすいのがデメリット。リズムゲームのような遅延にシビアなゲームには向いていません

また、Bluetooth方式は端末とネックスピーカー両方Bluetoothに対応している必要があります。接続距離も約10mと短いです。デスク周りで使う分には問題ありませんが、キッチンやトイレなど移動すると接続が不安定になる場合があります。

電車など音漏れが気になる場所では使いにくい

Female passenger using public transport

ネックスピーカーの弱点は音漏れです。そこまでひどい音漏れはしないにしても、公共の場では周りの方に迷惑になってしまいます。

そこでおすすめしたいのが、イヤホン付きネックスピーカーです。プライベート空間ではスピーカー機能を使い、外出時や公共の場ではイヤホンに切り替えられます。

場面に合わせて使い方を変えられるので、どんな場所でも重宝するでしょう。イヤホンとネックスピーカーをよく使う方や荷物を増やしたくない方におすすめです。

おすすめ
サンワサプライ
最安値 ¥6,980 (税込)

ネックスピーカーの選び方

ネックスピーカーを購入するとき注目したいポイントは4つ。下記を参考に、自分に合うネックスピーカーを見つけてくださいね。

  • 音質・機能で選ぶ
  • 重さ・装着感で選ぶ
  • 使う機材に合わせて選ぶ
  • その他の機能もチェック

【没入感がすごい!】音質・機能で選ぶ

Powerful sound

ネックスピーカーはサラウンド性能に優れているのが特徴。とはいえ、商品によって音質の良さや機能は異なります。音質にこだわってネックスピーカーを選びたい方は、下記をチェックしましょう。

アクション映画・ライブ映像の重低音を楽しみたいなら「振動機能」「パッシブラジエーター搭載」

迫力のある映像を楽しむなら、パッシブラジエーター搭載機がおすすめ。パッシブラジエーターとはスピーカーから出る空気振動を使って低音を出力する仕組みです。臨場感のある重低音が表現でき、アクションやSF映画がより一層楽しめます。

ネックスピーカーであればスペースを必要としないのでホームシアターに憧れていた方、おうち時間を充実させたい方におすすめです。

ひとことメモ
音質にこだわりたい方は、SONYJBLがおすすめ!

高音質・低遅延なら「aptX対応」

Bluetoothは圧縮されたファイルを送受信しています。ファイルを圧縮する方式をコーデックと呼び、コーデックはSBC・AAC・aptX・aptX LLなど種類があります。Bluetoothの弱点である遅延を押さえたい方はaptX対応モデルがおすすめ

aptXはSBCより圧縮率が少なく、高音質かつ低遅延で音声を楽しめるコーデックです。低遅延は完全に遅延しないというわけではありませんが、そこまで気になりません。

リズムゲームや動画を頻繁に視聴する方にとって、遅延はストレスになります。音と映像がズレているなと感じたら、ぜひaptX対応モデルを試してみてください。

aptXでも遅延が気になる方は、aptX LLがおすすめ。LLはLow Latency(低遅延)のことでaptXよりもさらに低遅延です。音のズレに敏感な方はaptX LLを選びましょう。

ただしネックスピーカーだけでなく、スマホやトランスミッターなど接続元もaptX LLに対応している必要があります。購入前に対応のコーデックを確認しましょう。

また、aptXは主にAndroid端末に対応していて、iPhoneには対応していません。iPhoneを使っている方はAAC対応かどうかを確認すると高音質・低遅延を体感できます。AACは主にiPhoneで対応しており、SBCより遅延が少なく高音質を楽しめます。

ひとことメモ
SBC・aptX・aptX LL・AACどのコーデックに対応しているか事前に確認しましょう。Androidを使っている方はaptX・aptX LL、iPhoneを使っている方はAACに注目すると高音質・低遅延で楽しめます。

テレワークやハンズフリー通話には「マイク内蔵」

マイク内蔵タイプを使えば、両手が空いたハンズフリー状態で通話できます。作業中はもちろんメモを取るときなど、普段の通話より動きやすく快適です。

zoomやオンラインミーティングなどのWeb会議でもストレスなく使えます。有線イヤホンよりマイクの距離が近いので、声が小さい方にも適しています。

クリアな音質で通話するなら「ノイズキャンセリング付き」

機能が優れないネックスピーカーは、通話品質が良くない場合があります。クリアな音質を求めるなら、ノイズキャンセリング機能付きのネックスピーカーを選びましょう。

ノイズキャンセリングとは、マイクから拾った音声の雑音部分を軽減し、相手に音声が届く仕組み。ノイズキャンセリング非搭載と比べ明瞭な音質になります。

また、Web会議でネックスピーカーを使いたい方は、エコーキャンセリング機能付きがおすすめ。会議中やまびこのようにお互いの声がエコーすることを未然に防いでくれます。

外出中も使いたいなら「イヤホン付き」

外出中も音楽を楽しみたい方は、イヤホン付きがおすすめ。イヤホンがネックスピーカー本体に収納され、使いたいときに取り出せます。

公共の場での使用や、集中して音を楽しみたいときに、簡単に切り替えられるのが魅力。ネックスピーカーとイヤホンを両方使いたい方にピッタリです。

【ながら作業におすすめ】重さ・装着感で選ぶ

人によっては、音質よりも長時間快適に使えるかを重視する方もいるはず。そのような方は重さや装着感に注目しましょう。軽量タイプや程よいサイズ感であれば、長時間着けていても疲れにくく動きやすいです。

自転車・ランニング中に使うなら「軽量」

重いネックスピーカーは動きづらいためスポーツには適していません。サイクリングやジョギングなど軽い運動時に使いたいなら、軽量タイプがおすすめ。肩や首への負担が少なく長時間着けていても気になりません。

寝ながら使うなら「シリコン製」などの柔らかい素材

休憩時に寝ながら使いたい方もいるでしょう。金属製は固くて、首に当たると痛いです。シリコン製の柔らかいタイプなら首への負担が少なく快適に使えます。

シリコン製は柔軟性があり、誤って曲げてしまっても簡単には壊れません。物を壊してしまいがちな方や、首へのフィット感が気になる方におすすめです。

家事やテレワーク中に「ながら聞き」するなら装着感よく肩こりしにくい製品

毎日のようにネックスピーカーを使いたい方は、装着感の良い物を選びましょう。

人間工学に基づいて作られた首・肩・鎖骨の3点で支えられるネックスピーカーがおすすめ。体への負担が少なく長時間着けていられます。

直線的なものより、肩に当たる部分が湾曲しているものがおすすめです。

高齢者へのプレゼントなら簡単操作で軽いものを

高齢者の中にはテレビの音が聞きづらいと感じる方もいるでしょう。難聴気味の方や、高齢者には簡単操作で軽量タイプのネックスピーカーがおすすめです。

軽量タイプは肩を痛めず、負担も少なくて済みます。また、単純なボタン操作のみのタイプであれば、難しい操作はなく、めんどくさがらず使い続けられるでしょう。

ひとことメモ
軽量タイプをお探しの方は、シャープやJVC(ケンウッド)がおすすめ。操作性も単純で電池持ちも良く、毎日気軽に使えます。

おすすめ
シャープ(SHARP)
最安値 ¥12,177 (税込)

【テレビ・ゲーム機・スマホ】使う機材に合わせて選ぶ

パソコン・スマホ・テレビ・PS4やNintendo Switchなど、使う端末によって接続方式が変わります。購入前に確認しておきましょう。

テレビに接続するなら「Bluetooth送信機(トランスミッター)付き」

ネックスピーカーの多くがBluetooth接続方式です。Bluetooth搭載でないテレビの場合、Bluetooth送信機(トランスミッター)が必要です。

商品によっては付属品としてトランスミッターが付いてくるものもあります。その場合は問題ありませんが、付いてこない場合は別途購入が必要です。

トランスミッターをケーブルでテレビに接続すると、Bluetooth搭載ネックスピーカーと接続し使えるようになります。

また、Bluetooth対応のヘッドホンやイヤホンをお持ちであれば、複数接続できるトランスミッターがあると便利です。家族や友人と一緒にテレビを楽しめます。

PS4やNintendo Switchなどのゲーム機につなぐなら「有線対応」か「対応トランスミッター」

ゲーム機器にはBluetoothが搭載されていますが、音声出力には対応していません。そのためBluetooth接続を行うには、ゲーム機対応のBluetooth送信機(トランスミッター)が別途必要です。

特にリズムゲームをする方は、低遅延のaptX LLに対応したトランスミッターとネックスピーカーのセットがおすすめです。

または、有線対応のネックスピーカーを購入すればゲーム機でも使えます。ゲーム機のUSBかオーディオジャックに接続するだけなので、お手軽です。購入前にコード付きか確認しましょう。

ひとことメモ
Bluetooth接続でゲーム機と接続したいときは、トランスミッターを別途購入しましょう。ゲーム機がUSBなのか、イヤホンジャックなのかを確認してください。トランスミッターを別途買うのが面倒という方は、2.4ghz方式の「SONY SRS-WS1」がおすすめです。

おすすめ
ソニー(SONY)
最安値 ¥22,727 (税込)

スマホやパソコンで使うなら「Bluetooth対応」

スマホやパソコンはBluetoothが搭載されているので、トランスミッターを別途購入することなく使えます。周辺機器を用意する必要がないため、荷物が少なく済み、外出時でも使えます。

2.4ghz方式の場合、スマホやパソコンに接続するときに付属のトランスミッターを経由しなければいけません。外出時はトランスミッターも同時に持ち運ばなければいけないため、荷物が増えてしまいます。

スマホやパソコン用に欲しく、周辺機器を増やしたくない方はBluetooth対応型がおすすめです。

その他の機能もチェック

ネックスピーカーは決して安いものではありません。どのような環境で使うのか、1日何時間使うのかを想定しておくと、購入の失敗を避けられます。

  • 長時間使うなら注目したい再生可能時間
  • 雨でも使える防水・防滴機能付き
  • 家族で楽しめる2台同時接続機能

長時間使うなら「再生可能時間」をチェック

ネックスピーカーの再生可能時間は短いもので4〜6時間。長いもので12時間以上使えるものもあります。

テレワークや家事などで1日中ネックスピーカーを使う方は、長時間使えるよう再生可能時間を確認してから購入しましょう。

雨の日でも安心!外で使うなら「防水・防滴機能付き」がおすすめ

ペットの散歩やウォーキングのときに使いたい方は、防水・防滴機能付きがおすすめ。急な雨やゲリラ豪雨に遭遇しても、すぐに壊れる心配はありません。

また、防水機能付きは、汗をかきやすい方にも適しています。防水仕様でない場合、汗の量によっては水没と同じように故障する恐れがあります。汗での水没を防ぐために、防水・防滴機能をチェックしましょう。

家族で楽しめる「2台同時接続機能」

2台同時接続し家族で楽しむ方法が2パターンあります。1つ目は同時接続可能なネックスピーカーを購入すること。SONYの「SRS-WS1」は2台同時接続に対応しています。高音質を家族で楽しみたい方におすすめです。

2つ目は2台同時接続が可能なトランスミッターを別途購入すること。トランスミッターは1台だけの接続が一般的です。中には2台同時接続可能なトランスミッターあるので、探してみてください。

2台同時接続におすすめ!
おすすめ
ソニー(SONY)
最安値 ¥22,727 (税込)
おすすめ
ゼンハイザー(Sennheiser)
最安値 ¥9,500 (税込)

SONY  vs シャープAN-SS1 vs 格安モデルの比較

人気の2商品と格安モデルを比較してみます。違いは以下の通りです。

メーカー 名称SONY SRS-WS1シャープ AN-SS1Ibesta ネックスピーカー
価格¥24,255¥9,790¥3,980
重量約335g約88g約243g
音質サラウンド、パッシブラジエーター搭載クリアな音質3Dサウンド

ソニーは高価なだけあってスピーカーの機能が充実しています。臨場感のあるサラウンドに加え、パッシブラジエーター搭載なので重低音を楽しめます。

ソニーがおすすめな方
  • 音質にこだわりたい
  • 映画や動画をよく観る

シャープは極限まで軽量化されているため機能は少なめですが、この軽さで約14時間も再生できるのは驚きです。長時間使いたい方におすすめです。

シャープがおすすめな方
  • 長時間使用したい
  • ラジオや音楽をよく聞く方

格安ネックスピーカーは3Dサウンドを楽しむことができ、約12時間使用できるコスパの高い製品。ソニー程の高音質ではありませんが、長時間使えるのでネックスピーカーが気になっている方におすすめです。

格安ネックスピーカーがおすすめな方
  • ネックスピーカーを試してみたい
  • そこまで音質にこだわらない
  • 予算を抑えたい

ネックスピーカーのおすすめの人気メーカー

種類豊富なネックスピーカーから自分に合った機種を探すのは大変ですよね。迷った場合は人気メーカーから探すと見つけやすいです。4つ人気メーカーをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

臨場感あるサラウンド体験をするなら「SONY(ソニー)」

Krasnoyarsk, Russia, July 20, 2020: sony Logo on a retail window on a black background

ヘッドホンやイヤホンでも人気のあるソニー。ネックスピーカーでは臨場感のあるサラウンドを体験でき、動画や音楽をより一層楽しめます。人間工学に基づいた構造になっているので、長時間使っていても疲れにくいです。

  • 臨場感のあるサラウンド体験
  • 人間工学に基づいたデザイン
  • 2.4ghz方式で低遅延
  • 同時に2台接続可能

着けていることを忘れる軽さ「SHARP(シャープ)」

シャープ

出典:amazon

家電メーカーとして人気のシャープ。他のメーカーのネックスピーカーと違い、超軽量タイプ。音楽や映像を集中して楽しむというよりは、家事や仕事などの「ながら作業」におすすめです。1度の充電で約14時間使え、1日中使えます。

  • 超軽量
  • 長時間駆動
  • 1日中無理なく使える
  • デザインがシンプル

高音質なのにコスパがいい「JBL(ジェービーエル)」

Closeup detail of JBL loudspeaker. JBL is an American loudspeakers company founded at 1947.

オーディオ機器で人気のメーカーJBL。高音質ネックスピーカーは2〜3万円しますが、JBLのネックスピーカーは2万円弱のものが多いです。高音質でコスパの良い物を探している方におすすめ。

  • コスパがいい
  • 音質がいい
  • スタイリッシュなデザイン

低価格で長時間再生可能な「JVC(ケンウッド)」

BEIJING, CHINA- AUGUST 26, 2017: JVC sign; Victor Company of Japan also known as JVC, founded in 1927, is a Japanese international professional and consumer electronics corporation

JVCはオーディオ機器で人気なVictorの日本法人会社「Japan Victor Company」のこと。音質はもちろん、軽量で普段使いしやすいネックスピーカーを販売しています。

  • 低価格
  • 軽量で疲れにくい
  • バッテリーの持ちがいい

ネックスピーカーおすすめ人気ランキング10選

10位 アイリスオーヤマ ウェアラブルスピーカー ブラック MKH-150

10位
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
最安値 ¥10,680 (税込)

防水仕様で外でも使える

MKH-150は防水仕様で、雨や多少の水しぶきであれば防げます。突然の雨でもすぐに壊れることがなく安心です。マイクが内蔵されているので、ハンズフリーで通話できます。

Bluetooth方式ですが、Bluetooth5.0とaptX LLに対応しているので低遅延でストレスなく使えます。動画やゲームも気にせず楽しめるでしょう。

10時間以上持つバッテリー性能と約83gと軽量なので、長時間の使用に適しています。普段使いしたい人におすすめです。

口コミ・レビュー
Bluetoothは遅延が起こるので2.4ghz方式を購入しようと思っていましたが、aptx LL搭載ということで選びました。YouTubeを見ていても遅延することなく快適です。ものすごく軽く、身に付けている感覚があまりありません。このぐらいの重さであれば祖母にプレゼントしても喜ばれそうです。防水機能もあるので雨の多い時期でも気にせず使えそうですね。
接続方法Bluetooth
重量約83g
マイク
ノイズキャンセリング機能
パッシブラジエーター
防水機能
aptX対応
連続再生時間約13時間

9位 Bluenin ネックスピーカー BlueWave Pro1

9位
Bluenin
最安値 ¥3,199 (税込)

ノイズキャンセリング付きで集中したい方におすすめ

BlueWave Pro1はイヤホンとネックスピーカーが組み合わさった2in1タイプ。イヤホンはcvc8.0ノイズキャンセリング搭載で周囲の雑音を軽減してくれ、オンライン会議でクリアな音質で通話ができます。また、音楽に集中したいときにもとても便利です。

長時間のイヤホン使用に疲れてしまったら、いつでもネックスピーカーに切り替えできます。マイクも内臓されていてオンライン会議もそのまま参加でき、使い勝手がいいです。

防水性能も高く安心して雨の日でも使えます。音楽を聴きながらちょっとした運動をしたい方にもおすすめです。

口コミ・レビュー
ネックスピーカーに興味はあったけど、ソニーやBOSEのような高価なタイプだと予算オーバー。そんな中見つけたのが、BlueWave Pro1。見た目がシンプルで外出時に付けてもネックバンドタイプのイヤホンみたいで違和感ありません。むしろイヤホンにスピーカーが付いてるようで、お得な感じです。イヤホンは収納式になっているので、使わないときの見た目も気になりません。イヤホンとスピーカー両方を手軽に使えるので気に入っています。
接続方法Bluetooth
重量約85 g
マイク
ノイズキャンセリング機能
パッシブラジエーター
防水機能
aptX対応
連続再生時間約15時間

8位 audio-technica SOUND ASSIST AT-NSP700TV

8位
Audio Technica(オーディオテクニカ)
最安値 ¥15,273 (税込)

機械が苦手な人でも使いやすい

AT-NSP700TVは物理ボタンを採用しているので、誤操作が少ないです。音声ガイダンスも付いていて、機械が苦手な方でも簡単に使用できます。重量は約103gと軽量で普段使いにも最適。

約13時間バッテリーが持ち、1日中ストレスなく使えます。接続方法は2.4ghz方式で途切れにくく低遅延です。そのため、動画を違和感なく楽しめます。

多少の水滴程度であれば耐えられる防水機能付き。家事をしながら問題なく使えます。

口コミ・レビュー
日本メーカーのネックスピーカーを探していました。今まで使っていた、中華製のネックスピーカーはガイダンスが英語でよくわからず、あまり使いませんでした。オーディオテクニカは日本語ガイダンス付きで機械が苦手な私でも簡単に操作できます。操作も物理的で間違って押すこともなく使いやすいです。外国語ガイダンスや誤操作がないので、ストレスなく使えて満足しています。
接続方法2.4ghz方式
重量約103g
マイク
ノイズキャンセリング機能
パッシブラジエーター
防水機能
aptX対応
連続再生時間約13時間

7位 JVC NAGARAKU SP-A10BT-B

7位
JVCケンウッド
最安値 ¥9,800 (税込)

脅威の約20時間再生できるネックスピーカー

長時間使用できるネックスピーカーでも平均10時間弱。ですがこのJVC NAGARAKU SP-A10BT-Bは、約20時間再生できる優れものです。人によっては3~4日充電せず使えます。他のネックスピーカーより充電回数が圧倒的に少ないので、気兼ねなく使えるのが嬉しいポイント。

また、重量は約88gと軽量仕様。家事やテレワークにはもちろん、お散歩や街歩きにもピッタリです。マイクが内蔵されていて、オンライン会議もこれ1台でスムーズに参加できます。長時間使える軽量タイプを探している方にオススメです。

口コミ・レビュー
以前ソニーのネックスピーカーを使っていましたが、ソニーより断然軽く電池の持ちも恐ろしくいい。音質はソニーの方がいいですが気軽さは断然こっちです。そのため、使用頻度はJVC NAGARAKU SP-A10BT-Bの方が圧倒的に多く気に入っています。低音がそんなに感じられないので、映画や音楽に没入したいときはソニーを、普段使いはJVCといった感じです。充電する回数が少ないのも嬉しいですね。
接続方法Bluetooth
重量約88 g
マイク
ノイズキャンセリング機能
パッシブラジエーター
防水機能
aptX対応
連続再生時間約20時間

6位 KENWOOD(ケンウッド) ウェアラブルネックスピーカー CAX-NS1BT-B

6位
ケンウッド(KENWOOD)
最安値 ¥10,671 (税込)

洗練された曲線美が際立つデザイン

美しい曲線が醸し出す高級感あるデザイン。スポーツからスーツスタイルまで幅広いコーディネイトと相性がいいです。パッシブラジエーター搭載で深みのある重低音を体感できます。

またaptXに対応しているので、高音質で低遅延な音楽体験が可能。音楽や動画をより一層楽しみたい方におすすめです。

siriなどのAIアシスタントにも対応していて、スマホを取り出さなくても起動できます。手が離せないいざというときに便利です。

口コミ・レビュー
価格はミドルクラスといったところでしょう。音質はパッシブラジエーター搭載のおかげで重低音が楽しいです。普段映画をよく見るので、アクションやSFは臨場感があって気にいってます。防水性がないので、外出時に使うのは天気次第になりそうですが、雨が降ってきたらしまえば問題なさそうです。シンプルなデザインに流れるようなラインが入っていてかっこよく。普段身に付けていても変な感じはしません。
接続方法Bluetooth
重量約88g
マイク
ノイズキャンセリング機能
パッシブラジエーター
防水機能
aptX対応
連続再生時間約20時間

5位 シャープ AQUOSサウンドパートナー AN-SX7A

5位
シャープ(SHARP)
最安値 ¥22,870 (税込)

迫力のある重低音を楽しむならこの1台

パッシブラジエーターが振動を引き起こし、低音に深みを持たせます。さらに、スピーカー横に穴を開けたバスレフ構造になっているので低音を増幅して発生させます。重低音を楽しみたい方におすすめです。

また、約13.5時間の長時間再生が可能です。休日に溜まったドラマや映画を一気見してもバッテリーは持ち続けてくれるでしょう。

2万円とネックスピーカーにしては高価格帯に属しますが、10時間以上バッテリーが持つのは珍しいです。頻繁に利用し、高音質を求める方におすすめの1台です。

口コミ・レビュー
他の高級ネックスピーカーと比べると重量は軽い方で、使っていても疲れません。大音量にしてもそこまで周りに音が聞こえているわけではないので、近所迷惑にならなそうです。アパートで1人暮らししている自分にとっては助かっています。振動は全てに反応するわけではなく、爆発音やベース音など低い音だけに反応している様子。半日使ってもバッテリーはそこまで減っていないようで、表記通り10時間以上は使えそうです。
接続方法Bluetooth
重量約280g
マイク
ノイズキャンセリング機能
パッシブラジエーター
防水機能
aptX対応
連続再生時間約13.5時間

4位 SHARP AQUOS サウンド パートナーAN-SS1-B

4位
シャープ(SHARP)
最安値 ¥9,900 (税込)

オンライン会議の相棒的存在

AQUOS サウンドパートナーAN-SS1は、約88gと軽量で長時間使っても疲れにくいです。イヤホンやヘッドホンで耳が疲れやすい方にはもちろん、首や肩に負担をかけたくない方におすすめ。

連続再生は約14時間と1日中使えるタフさ。軽量で長時間使えるので、家事をしながらラジオやテレビの音声を楽しめます。

また、マイク搭載のためzoom会議でも使用できます。1日複数回のオンライン会議でもストレスなくこなせます。

口コミ・レビュー
テレワークの影響で1日中家で作業することが多くなりました。オンライン会議をするたびにイヤホンを準備するのが面倒だったので、アクセサリーのように1日中首につけていられる軽量タイプのネックスピーカーを探していました。シャープのAN-SS1はかなり軽量でしかも電池持ちがかなりいいです。1日中首につけても疲れませんし、バッテリーも持ちます。普段は音楽を聴きながら作業し、会議はマイクで参加。スムーズに切り替えられるこのシームレスさが癖になります。
接続方法Bluetooth
重量約88g
マイク
ノイズキャンセリング機能
パッシブラジエーター
防水機能
aptX対応
連続再生時間約14時間

3位 JBL SoundGear BTA

3位
JBL
最安値 ¥17,500 (税込)

テレワークはこれで快適

マイク内蔵で音質も綺麗です。エコーキャンセリングという、やまびこのように重複して音が響くことを防ぐ機能が付いています。安定した音質でストレスなくzoom会議ができます。

Quadトランスデューサー搭載によりJBLの高品質で厚みのある低音を実現。Bluetooth接続方式ですが、低遅延なので映像もストレスなく楽しめます。

付属でトランスミッターが付いてくるので、テレビやゲーム機などBluetooth接続非対応でも使えます。高品質グレードのネックスピーカーにしては値段が手頃で、初めての方におすすめです。

口コミ・レビュー
ネックスピーカーの素材感が素敵で、人間工学を基にしたデザインからか着け心地はいいです。マイクもクリアな音質でテレワークの必需品となっています。低音がしっかりしていて音楽や映画も楽しめ、1台あれば1日中快適に過ごせます。起動音が少しうるさいのが欠点ですが、高品質ネックスピーカーの部類では値段が安く誰でも手を伸ばせるのが嬉しいですね。
接続方法Bluetooth
重量約370 g
マイク
ノイズキャンセリング機能
パッシブラジエーター
防水機能
aptX対応
連続再生時間約6時間

2位 シャープ AQUOSサウンドパートナー AN-SS2-B

2位
シャープ(SHARP)
最安値 ¥12,240 (税込)

着けていることを忘れる軽さ

圧倒的な軽さと安心の品質。家事や作業のお供はもちろん、散歩やウォーキングで使っても邪魔になりません。連続再生時間が約16時間と1日中使えるバッテリー持ちの良さが魅力。

マイクが内蔵されているのでハンズフリーで通話を楽しめます。物理ボタンで操作するので、誤操作を防げます。高齢者の方でも使いやすいネックスピーカーです。

またsiriやGoogleアシスタントに対応しており、スマートスピーカーを導入している家庭では気軽にAIアシスタントが使えます。

口コミ・レビュー
軽さとバッテリー持ちは他社より優れているようなので購入。100g以下とかなり軽く長時間ゲームしても疲れません。高音質ではありませんが、思っていたよりも音質が良く毎日のように使っています。10時間以上使っても電池が切れることはなく、充電をするストレスが少なくていいです。軽くてバッテリー持ちがいいので、頻繁に使う人に合っているかと思います。
接続方法Bluetooth
重量約88g
マイク
ノイズキャンセリング機能
パッシブラジエーター
防水機能
aptX対応
連続再生時間約16時間

1位 ソニー ウェアラブルネックスピーカー SRS-WS1

1位
ソニー(SONY)
最安値 ¥22,727 (税込)

臨場感を好きな時間に体感できるネックスピーカー

耳付近で音が広がり、音を独り占めできるデザイン。早朝や深夜でも、眠っている家族に迷惑をかけることなく高音質を楽しめます。

低音に反応し振動を発生させるため、より立体感のある音楽や映像に引き込まれること間違いありません。

2.4ghzの接続方式を採用しているため、約30m離れても途切れず使えます。テレビの合間に物を取りに離れても、ストレスなく使えるでしょう。

口コミ・レビュー
夜遅く帰宅することが多く、アパートのため大音量では動画を楽しめませんでした。このネックスピーカーは激しく音漏れをするわけではないので、夜でも使えます。スピーカーを購入しようと迷っていましたが、家事をしながらでも使えるネックスピーカーにして正解でした。値段は少し高額ですが、テレビに内蔵されているスピーカーと比べたら雲泥の差です。映画館で見ているような感じがして映像を見るのがとても楽しいです。
接続方法2.4ghz・有線
重量約335g
マイク
ノイズキャンセリング機能
パッシブラジエーター
防水機能
aptX対応
連続再生時間約7時間

安くてコスパ良し!5,000円以下のネックスピーカーおすすめ人気ランキング5選

5位 LITHON (ライソン) Audinsound SP-09 KABS-009B

5位
LITHON
最安値 ¥3,980 (税込)

トランスミッター付きでテレビとの接続も可能

ライソンSP-09 KABS-009Bは、テレビやゲーム機など、Bluetoothの音声出力が搭載されていない機器でも使えます。接続は、付属のトランスミッターを機器に接続するだけ。手軽に誰でも音響環境を整えられます。

小型トランスミッターなので、職場や家など持ち運びにも便利。電池は約10時間持つので、1回充電すれば1日中使えます。重量も約100gと軽量タイプで長時間使っていても疲れにくいです。

口コミ・レビュー
初めてのネックスピーカーとして購入。あまり期待はしていませんでしたが思っていたより使いやすいです。ヘッドホンやイヤホンで耳が痛くなってしまう方には最適なアイテムだと思います。音質は可もなく不可もなくといったところ。ラジオ視聴をメインに使っていますが遅延は特に気になりません。動画を視聴する人からすると少し気になるかもしれませんね。耳を圧迫せず音楽を聴きたい方におすすめかと思います。
接続方法Bluetooth
重量約100g
マイク
ノイズキャンセリング機能
パッシブラジエーター
防水機能
aptX対応
連続再生時間約10時間

4位 SEOBIOG ウェアラブルネックスピーカー HX208

4位
SEOBIOG
最安値 ¥4,680 (税込)

イヤホンとネックスピーカーのハイブリッド

聞き方を気分に合わせて変えられる、イヤホンとのハイブリッド式です。ネックスピーカーは約3時間ほど、イヤホンは約30時間ほど電池が持ちます。音量調節は物理ボタン搭載で誤操作を防いでくれます。

人間工学を基にデザインされているので、首・肩・鎖骨の3点で支えられて体への負担も少ないです。cvc6.0ノイズキャンセリング搭載でクリアな音声通話も可能。オンライン会議で重宝します。

さわやかなピンクは、どこか品のある色合いで黒が苦手という方にピッタリです。12か月の保証付きで、初期不良や疑問があれば対応してくれるサポート付き。

口コミ・レビュー
接続が簡単で不自由なく使えています。起動時のアナウンスが大きいので、調節できたら最高でした。イヤホンは引き延ばすことで使え、使わないときは収納できます。ケーブルが邪魔にならないので便利です。スピーカーの機能は値段通りの質感で、イヤホンはわりといい音のように感じます。重さは特に気にならないので、毎日のように使っています。色が可愛くてお気に入りです。
接続方法Bluetooth
重量約180g
マイク
ノイズキャンセリング機能
パッシブラジエーター
防水機能
aptX対応
連続再生時間約3時間

3位 Ibesta ネックスピーカー B2-EBS-908

3位
Ibesta
最安値 ¥3,980 (税込)

医療用シリコンを採用した優しいフィット感

ネックバンドの首に触れる部分に医療用のシリコンを採用しています。優しく包み込まれるような感覚で首が太い人でも安心です。人間工学に基づいた設計になっているので長時間付けていても疲れにくいです。

物理ボタンが採用されていて、誤操作を防いでくれます。また、1度の充電で約12時間持つため、1日中使っても問題ありません。外出時でも電池の持ちを気にせず使えます。

Bluetooth用のトランスミッターを購入すればテレビやゲーム機でも使えます。迫力のある映像を体感したい方はトランスミッターを導入するといいでしょう。

口コミ・レビュー
コスパの高いネックスピーカーだと思います。見た目は高級機に似ていて所有欲を満たしてくれます。物理ボタンがあることで操作しやすく、使い勝手がいいです。電源を入れた時の起動アナウンスがうるさいのでその点だけ注意が必要かと。バッテリーの持ちがよく、テレワークで8時間労働しても電池はまだ残っています。重量は200gオーバーと少し重さが気になりますが、内側のシリコン部分が程よくフィットし首への負担を軽くしているように思います。重さは思ったよりも気になりませんでした。
接続方法Bluetooth
重量約243g
マイク
ノイズキャンセリング機能
パッシブラジエーター
防水機能
aptX対応
連続再生時間約12時間

2位 カシムラ ネックスピーカー BL-92

2位
カシムラ
最安値 ¥4,918 (税込)

マルチポイントで同時に2台まで接続可能

あると便利なマルチポイント搭載。同時に2台まで接続可能で、使用時に切り替わります。PCを操作しているときはPCに接続され、スマホを操作しているときはスマホに接続されます。両方で音楽を流した場合は操作している片方と接続。

急な電話も瞬時に切り替わってくれるためストレスなく使えます。またaptX LL対応パッシブラジエーター搭載と機能が盛りだくさん。高音質低遅延で仕事とリラックス時どちらも快適に使えます。

再生時間は脅威の約60時間。使い方によっては1週間近くバッテリーが持ちます。充電が煩わしくて嫌いという方におすすめです。

口コミ・レビュー
前からネックスピーカーに興味があり購入しました。ソニーやJBLのような高価なモデルは音質はいいかもしれませんが、電池持ちが悪いので保留。初めてのネックスピーカーだったので、コスパに優れていそうなBL-92に決めました。Bluetoothなので遅延が心配でしたが、特に気にならない感じ。ヘッドホンと比べると音質は劣りますが、耳を塞がず疲れないことを考えたらアリだと思います。低価格なので期待はしていませんでしたが、60時間近く使用できたのは驚きです。充電が面倒と感じる私にとっては、最適なネックスピーカーだと思います。
接続方法Bluetooth
重量約270g
マイク
ノイズキャンセリング機能
パッシブラジエーター
防水機能
aptX対応
連続再生時間約60時間

1位 doltech ウェアラブル ネックスピーカー BBH929s

1位
DolTech
最安値 ¥3,499 (税込)

低コストでテレワーク環境を整えたい方におすすめ

BBH929sはとにかくコスパの良いネックスピーカーです。Bluetooth5.0搭載で低遅延はもちろん、aptX対応で高音質を体感できます。

重量は約90gと軽量で、約15時間使用可能。1日中身に付けていても疲れにくく、充電の回数も少ないのでストレスになりません。

cvc8.0ノイズキャンセリング搭載により、クリアな通話が可能です。オンライン会議で耳障りなノイズを除去してくれ、対話相手に嫌な思いをさせません。防滴防水対応なので、外出時突然の雨でも気にせず使えます。

口コミ・レビュー
テレワーク用に購入。PCにペアリングしてみましたが簡単に接続できました。音量調節や早送りなどボタンが別れていて操作しやすいのもありがたいです。音声はあまり期待していませんでしたが、ノートPCやタブレットより良くてオンライン会議に最適だなと思いました。ハイエンドのネックスピーカーにはもちろん劣りますが、値段を考えれば納得できます。aptX対応で遅延を気にせず使えるのもありがたいです。
接続方法Bluetooth
重量約90g
マイク
ノイズキャンセリング機能
パッシブラジエーター
防水機能
aptX対応
連続再生時間約15時間

おすすめネックスピーカーの比較一覧表

商品画像
Audio Technica(オーディオテクニカ)
最安値 ¥15,273 (税込)
JVCケンウッド
最安値 ¥9,800 (税込)
商品名10位 アイリスオーヤマ ウェアラブルスピーカー ブラック MKH-1509位 Bluenin ネックスピーカー BlueWave Pro18位 audio-technica SOUND ASSIST AT-NSP700TV7位 JVC NAGARAKU SP-A10BT-B6位 KENWOOD(ケンウッド) ウェアラブルネックスピーカー CAX-NS1BT-B5位 シャープ AQUOSサウンドパートナー AN-SX7A4位 SHARP AQUOS サウンド パートナーAN-SS1-B3位 JBL SoundGear BTA2位 シャープ AQUOSサウンドパートナー AN-SS2-B1位 ソニー ウェアラブルネックスピーカー SRS-WS15位 LITHON (ライソン) Audinsound SP-09 KABS-009B4位 SEOBIOG ウェアラブルネックスピーカー HX2083位 Ibesta ネックスピーカー B2-EBS-9082位 カシムラ ネックスピーカー BL-921位 doltech ウェアラブル ネックスピーカー BBH929s
メーカーアイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)BlueninAudio Technica(オーディオテクニカ)JVCケンウッドケンウッド(KENWOOD)シャープ(SHARP)シャープ(SHARP)JBLシャープ(SHARP)ソニー(SONY)LITHONSEOBIOGIbestaカシムラDolTech
最安値¥10,680 (税込)¥3,199 (税込)¥15,273 (税込)¥9,800 (税込)¥10,671 (税込)¥22,870 (税込)¥9,900 (税込)¥17,500 (税込)¥12,240 (税込)¥22,727 (税込)¥3,980 (税込)¥4,680 (税込)¥3,980 (税込)¥4,918 (税込)¥3,499 (税込)
接続方法BluetoothBluetooth2.4ghz方式BluetoothBluetoothBluetoothBluetoothBluetoothBluetooth2.4ghz・有線BluetoothBluetoothBluetoothBluetoothBluetooth
重量約83g約85 g約103g約88 g約88g約280g約88g約370 g約88g約335g約100g約180g約243g約270g約90g
マイク
ノイズキャンセリング機能
パッシブラジエーター
防水機能
aptX対応
連続再生時間約13時間約15時間約13時間約20時間約20時間約13.5時間約14時間約6時間約16時間約7時間約10時間約3時間約12時間約60時間約15時間
商品リンク
Audio Technica(オーディオテクニカ)
最安値 ¥15,273 (税込)
JVCケンウッド
最安値 ¥9,800 (税込)

ネックスピーカーの関連商品

ネックスピーカーに関連する便利グッズをご紹介。導入することで、より快適に使えます。特にテレビやゲーム機に接続して使いたいという方は参考にしてみてください。

テレビやゲーム機と接続するなら必須「Bluetooth送信機(トランスミッター)」

トランスミッター

出典:amazon

一般的なBluetooth方式のネックスピーカーはスマホやPCであれば簡単に接続できます。テレビやゲーム機はBluetoothに対応していない場合が多く、そのままでは接続できません。接続に必要なアイテムがBluetooth接続用トランスミッターです。

手順は難しくありません。専用トランスミッターをテレビやゲーム機に接続し、トランスミッターからネックスピーカーに信号を送ることで接続できます。トランスミッターにも種類があり、2台のネックスピーカーを同時に接続したい場合は2台同時接続可能なトランスミッターを選びましょう。2台同時接続のことをマルチポイント接続といいます。

おすすめ
TaoTronics
最安値 ¥3,999 (税込)
おすすめ
Anker
最安値 ¥3,999 (税込)
ひとことメモ
トランスミッターを購入するときはネックスピーカーのBluetoothと同じ数字にしましょう。ネックスピーカーのBluetoothが4.2の場合トランスミッターもBluetooth4.2以上に対応している必要があります。

バッテリーの持ちが心配なら「大容量モバイルバッテリー」

モバイルバッテリー

出典:amazon

10時間以上もつネックスピーカーであれば心配いりませんが、高音質タイプはバッテリー消費が激しく1日持たない場合が多いです。解決策として、モバイルバッテリーを持ち歩くことをおすすめします。

スマホやタブレットと一緒に持ち歩く方は、大容量モバイルバッテリーが最適です。スマホもネックスピーカーも両方充電できるので、充電切れにおびえる必要がありません。ネックスピーカーは約2000mA、スマホは約5000mA~7000mAを想定するといいでしょう。合計7000mA~10,000mA対応のモバイルバッテリーであれば安心です。

特にAnker製品は信頼できるメーカーかつスタイリッシュで、コスパも良くおすすめです。

おすすめ
Anker
最安値 ¥2,799 (税込)
おすすめ
Anker
最安値 ¥3,999 (税込)
おすすめ
Anker
最安値 ¥4,790 (税込)

以前モバイルバッテリーの記事も書きましたので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:【プロが選んだ】大容量で軽量の20000mAh モバイルバッテリー おすすめ19選(2021年最新版)

関連記事:【完全版】マニアが教える おすすめモバイルバッテリー 20選 | iPhoneやタブレットにはコレ!

関連記事:【使ってみた】Anker PowerCore 26800PD を徹底検証!PC充電できるモバイルバッテリーの実力をレビュー

ネックスピーカーのよくある質問

Q.ネックスピーカーはどれくらい音漏れしますか?

A.ものによりますが、イヤホンの音漏れを想像するとわかりやすいかと思います。そのため、電車内や商業施設など公共の場で使用するのはおすすめしません。自宅や他人に迷惑のかからないところでの使用に適しています。

Q.充電しながらの使用は可能ですか?

A.充電方式によって異なります。卓上に置いて充電するタイプは、充電しながら使うことができません。スマホのようにケーブル充電をするタイプであれば、充電しながら使うこともできます。

購入前に充電方式がどのタイプか確認しましょう。

Q.ネックスピーカーはどこで買えますか?

A.実際に使ってみてから購入を考えたい方は、ビックカメラ・ヤマダ電機・ヨドバシカメラなどの家電量販店での購入がおすすめ。首へのフィット感や重量感を実際に体験できます。ポイントも還元されるので、次回の買い物で役に立つでしょう。

豊富な種類から探したい方はアマゾン・楽天・Yahoo!ショッピングなどネット通販がおすすめ。実際に使えませんが、実店舗よりも種類が豊富で比較もしやすいです。ネット通販だと人件費が削減されているため、実店舗よりお買い得の場合もあります。

気軽にたくさんのネックスピーカーを比較検討したい方はネット通販が最適です。

Q.ネックスピーカーは中古でも買えますか?

A.メルカリやラクマなどのフリマアプリやリサイクルショップで購入可能です。フリマアプリの場合は、使用状況や状態の確認を怠ってはいけません。傷の有無・バッテリーの持ち・通常通り使えるのかなど事前に確認するようにしましょう。

リサイクルショップで購入する場合は、店員さんに商品状況をしっかり確認する必要があります。「通常通り使えることがわかったら購入する」など自分の中で合格ラインを設けておくと迷わなくて済みます。

中古が心配であれば、新品での購入をおすすめします。ネット通販であれば保証が付いている場合が多く、もし不良品や壊れてしまっても交換対応してくれるメーカーもあります。心配な方はアフターケアがしっかりしているかを確認してから購入しましょう。

おすすめのネックスピーカーまとめ

ネックスピーカーはピンからキリまで種類が豊富です。重量・音質・マイク性能・バッテリー持ちなど、なにを重要視するか決めると選びやすいでしょう。

  • 性能や装着感で選ぶ
  • 使う機材で選ぶ
  • 重量や電池持ちで選ぶ
  • 人気メーカーから選ぶ

また、ネックスピーカーの使用環境を良くするアイテムを取り入れることもおすすめです。

  • テレビやゲーム機など通信できる機器を増やすトランスミッター
  • いつでも充電できるようにモバイルバッテリー

自分のライフスタイルに合ったネックスピーカーを生活に取り入れて、快適なオーディオ環境を整えましょう。

キャンプやアウトドアでもスピーカーを使いたい方は、Bluetoothスピーカーも検討してみてください。

関連記事:【2021年版】最強Bluetoothスピーカーおすすめランキング10選