【2021年】首掛けイヤホン (ネックバンド型) おすすめ 15選

   

皆さんはイヤホンが耳から外れてしまった経験はありませんか?

ワイヤレスイヤホンを使ってみたいけれど、耳から外れてしまうのは心配。外れて駅のホームなどの取りに行けない場所に落としてしまったり、トイレや洗面所で水没させてしまうと最悪です。特に左右分離型は紛失しやすいのが欠点です。

またワイヤレスイヤホンだと耳のカタチに合わなくて付け心地が悪い。フィットしないという人にも多いと多いと思います。

そんな心配から解放してくれる首掛け型(ネックバンド型)イヤホンという選択肢はいかがでしょうか?

首掛け型(ネックバンド型)イヤホンはその名の通り、首にかけて使用する「ネックバンド」と耳に装着する本体で構成されています。耳から外れたとしても落としにくく、首にかけた状態で安定感があるのが特徴です

今回は安定感バツグンな首掛け型イヤホンのメリットや選び方、おすすめの商品を紹介していきます。あなたにピッタリなイヤホンを選んで快適なワイヤレスイヤホンライフを楽しみましょう!

この記事を読んでわかること
  • 首掛けイヤホンのメリット・デメリット
  • 首掛け イヤホンの選び方
  • ネックバンド型イヤホンおすすめメーカー
  • 首掛けイヤホンの人気ランキング
  • よくある質問

目次

首掛け型(ネックバンド型)イヤホン のメリット

イヤホンの落下や片耳だけ紛失する心配がない

イヤホン

amazon.co.jp

左右分離型ワイヤレスイヤホンは完全にケーブルがない点がメリットですが、耳から外れてしまうと落としてしまったり、最悪の場合紛失したり、故障の原因になってしまう点がデメリットとなります。

その点、首掛け型(ネックバンド型)イヤホンは左右のイヤホンがケーブルでつながっているため、片方を落としにくくなっています。

万が一両方のイヤホンが外れたとしても、ネックバンドが首にかかっているため、落としてしまう心配はほとんどありません

関連記事:【ノイズキャンセリング性能搭載!】おすすめワイヤレスイヤホン5選!

ウォーキングなど軽度の運動のときにでも落としづらい

イヤホン

https://www.audio-technica.co.jp

イヤホンをしながらウォーキングやランニングなどの運動をしたい方も多いでしょう。しかし運動をするとどうしても頭部の動きが大きくなるため、イヤホンが外れやすい状態になります。

イヤホンが外れるかも・・・落として壊してしまうかも・・・なんて心配をしていては運動に集中できませんよね?

そんな心配から解放してくれるのが首掛け型(ネックバンド型)イヤホンのメリットです。イヤホンが外れたとしても左右がつながっており、ネックバンド自体も安定して暴れにくいのでイヤホンを心配することなく運動に集中することができます。

関連記事:ランニングにはこれ!最強オススメ|ワイヤレスイヤホンランキングTOP10

イヤホンを頻繁に使う人にはしまわなくてよいので便利

首掛けイヤホン

amazon.co.jp

イヤホンを頻繁に付け外しする方にも首掛け型(ネックバンド型)はおすすめです。

使わないときは首にかけておくことができるため、毎回ケースに入れたり、ポケットやカバンにしまう必要はありません。耳からイヤホンを外したらそのまま手を放しても落とすことはないのでスピーディーに次の行動に移ることができます。

左右のイヤホンをマグネットでくっつけられるタイプなら首にかけている状態でもさらに安心感があるでしょう。

首掛けイヤホンのデメリット

  • ワイヤレスと比較するとコードが邪魔
  • コードが絡まりやすい

首掛けイヤホンのデメリットはやはりワイヤレスイヤホンと比較して「コードが邪魔になる」「かさばる」と言った点です。製品の性質上しかたない部分ですがどうしても気になるという方は耳掛けタイプのイヤホンがおすすめです。

耳掛けタイプのイヤホンもワイヤレスイヤホンの落ちやすい点や耳の形状合わないという悩みを持つ人には人気です。また首掛けイヤホンよりも本格的に耳をグリップしてくれるので激しい運動をするときにも使用できます!首掛けイヤホンよりもスマートに使いたいという人には耳掛けイヤホンもおすすめです。

首掛け(ネックバンド) イヤホン 選び方

チェックしておきたいポイントは以下の通り。自分に合った一台を見つけましょう!

  • ノイズキャンセリング機能
  • 外音取り込み機能
  • 使用可能時間
  • リモコン・マイク
  • 内蔵マグネット
  • コードの調整機能
  • 対応コーデック

ノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能が人気

引用:Huawei公式

最新のイヤホンを選ぶならチェックしておきたいのがノイズキャンセリング機能です。

ノイズキャンセリング機能があれば普通のイヤホンを付けただけでは防げないような騒音もシャットアウトすることができます。電車の中や大きな道路沿いのような騒がしい場所でも音楽に集中することができます

また、ノイズキャンセリングと一緒に外音取り込み機能が搭載されたモデルが増えています。

外音取り込み機能はノイズキャンセリングとは逆に外の音を取り込んでイヤホンから流す機能で、イヤホンを付けていないときと同じように外の音を聞くことができます

イヤホン外すことなく会話をしたり、駅のアナウンスなどを聞くことができる便利な機能です。

関連記事:【ノイズキャンセリング性能搭載!】おすすめワイヤレスイヤホン5選!

ネックバンド型は充電が必須。長時間使えるのがおすすめ

beatsflex 充電

首掛け型(ネックバンド型)イヤホンは本体に直接ケーブルを接続して充電を行う必要があります。

バッテリーの残量を気にしながら使用したり、頻繁に充電をしなければならいのではせっかくのメリットも台無しです。使用可能時間はできるだけ長いものを選ぶのがおすすめです。

ひとことメモ

ノイズキャンセリング機能や高音質・低遅延コーデックのaptXを使用するとバッテリーの消費が多くなる点に注意が必要です。

着信などイヤホン側で操作できると便利

イヤホン

amazon.co.jp

もし、イヤホンを使っている最中に電話がかかってきたとします。その時イヤホンを一度外して、スマホを取り出して・・・なんて手順は面倒ですよね?

そんな時でも着信の応答が可能なリモコンとマイクが内蔵されていればボタンを押すだけですぐさま応答して通話をすることができます。

リモコンが内蔵されていれば着信の応答だけでなく、音量の調節や音楽の再生・停止が可能になり、毎回スマホを出す必要がなくなるため、快適に使用することができるようになります。

ひとことメモ

専用のアプリからボタンの機能のカスタマイズなどの細かい設定を行うことができるモデルもあります。

マグネット式だと落ちづらい

イヤホン

amazon.co.jp

イヤホンの付け外しが多い方や、いつでも使えるようにしておきたい方はマグネット付きがおすすめです。

左右のイヤホンをくっつけてネックレスのように首にかけておくことができるので、イヤホンがぶらぶらして邪魔になったり、絡まってしまうことを防ぐことができます

コードの長さを調節できるタイプもある

ネックバンド

e-earphone.blog

左右のイヤホンをつなぐコードは長すぎると首回りが邪魔になってしまったり、こすれるとガサガサとした音がイヤホンに伝わってしまうタッチノイズの原因になります。

コードの長さを調節できるタイプであればタッチノイズなどを軽減することができ、邪魔になりにくいのでコードがつながっていることによるデメリットを軽減することができます。

遅延や音質に影響するコーデックも要チェック

イヤホン 動画

audio-technica.co.jp

コーデックとは音声ファイルを圧縮して転送できるようにするソフトウェアのことです。コーデックの種類によって、音質や操作の遅延に大きく影響するので、高音質で音楽を楽しみたい方や、動画を見るときに使いたい方はチェックしておきましょう。

SBC

全てのイヤホンが対応している標準的なコーデックです。音質は比較的低く、遅延も大きいですが、とくにこだわりがなければ問題ないでしょう。

AAC

主にiPhoneシリーズで対応しているコーデックです。SBCよりも高音質、低遅延で音声を圧縮することができ、SpotifyやAmazon Musicなどのストリーミングサービスでも採用されています。

iPhoneユーザーの方は押さえておきたいコーデックです。

aptX

aptXは主にAndroidスマートフォンで対応しているコーデックで、AACよりも高音質・低遅延で音声の転送が可能です。派生したコーデックにハイレゾに近い高音質を実現するaptX HDや、遅延を極限まで減らしたaptX LLなどがあります。

Androidユーザーの方は要チェックです。

関連記事:【簡単】Bluetoothやコーデックとは?イヤホン選びのポイントを徹底解説

首掛けイヤホン おすすめメーカー

ネックバンド型でも圧倒的な品質のソニー

sonyロゴ

ソニーのイヤホンは全てがハイクオリティでハズレがありません。

音響機器の開発・製造には長い歴史があり、常に最前線を走るメーカーです。もはや不動の信頼を築いており、どれを選ぼうか迷ったらソニーにしておけばまず後悔することはないでしょう。

トップクラスのラインナップを誇り、お求めやすい低価格モデルから、こだわり満載の高級モデル、さらにはプロ仕様までカバーしています。ネックバンド型イヤホンに関しても屈指のバリエーションを持ちます。

また、最新機能を積極的に採用しており、ノイズキャンセリングや外音取り込み機能もいち早く搭載したため、その完成度は熟成の域に突入しています。

関連記事:【2021年版】圧倒的パフォーマンスを誇る SONY(ソニー)イヤホン おすすめ18選 (完全版)

Apple純正品になったスマートなBeats (ビーツ)

beats ロゴ

Beats(ビーツ)は2008年にラッパー・ヒップホッププロデューサーのドクター・ドレーとレコード会社会長のジミー・アイヴィーンによってアメリカで設立されたイヤホン・ヘッドホンメーカーです。

創業者の一人がラッパーなだけあり、Beatsのイヤホンの音質は重低音に重点を置いていることが特徴です。ヒップホップやEDM、ハードロックなど、重低音が効いた音楽との相性が良いと言えるでしょう。

そして、iPhoneやMacBookなどのApple製品を使用している方には特にBeatsはおすすめです。

Beatsは2014年にAppleに買収されており、それ以降AirPodsシリーズと同じ「Apple W1チップ」が搭載されています。この「W1チップ」の何がすごいかというと、Apple製品とのペアリングが電源を入れてデバイス同士を近づけるだけで完了します

さらに、イヤホンをiCloudアカウントと連携させることができ、複数のデバイスの切り替えが簡単にできるようになるなど、他のメーカーではできないような機能が使用できるのがBeatsのイヤホンの特権です。

関連記事:【全機種比較レビュー】音質&機能で選んだ Beats(ビーツ)イヤホン おすすめランキング (2021年決定版)

【ノイズキャンセリング】首掛け型 イヤホン おすすめ 5選

ソニー WI-1000XM2

ソニー(SONY)
最安値 ¥28,798 (税込)

業界最高クラスの高性能ノイキャン&高音質

ソニーのWI-1000XM2は「業界最高クラス」と言われる高性能ノイズキャンセリング機能が特徴です。

高音質「ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」を搭載し、低音から高音まで幅広い音域のノイズを強力に軽減することができます。

ワイヤレス接続でもハイレゾ音源の再生に対応しており、さらにDSEE HXという技術の搭載によりMP3やストリーミングの圧縮音源もハイレゾ級の高音質で楽しむことができるなど、最高の音を届ける技術が満載されています。

口コミ・レビュー
とにかくノイズキャンセリング性能が高く、イヤホンでこれ以上の性能のものはないと思います。付属のケースに折りたたんでコンパクトに収納できるので持ち出しやすいです。
重量58g
連続使用可能時間10時間
充電端子USB Type-C
対応コーデックSBC,AAC,LDAC
ノイズキャンセリング
マグネット

Anker Soundcore Life NC

Soundcore
最安値 ¥7,499 (税込)

ハイコスパの決定版

Anker Soundcore Life NCは1万円以下でアクティブノイズキャンセリングを搭載している数少ないネックバンド型イヤホンです。

Androidで主に対応するコーデックであるaptXに対応し、IPX5の防水性能や有線接続でのハイレゾ再生への対応など、低価格でも一通りの機能が詰め込まれたコストパフォーマンスが高い一台と言えるでしょう。

また、ネックバンドにバイブレーション機能が搭載されており、首にかけてさえいれば着信に気づくことができるようになっています。

口コミ・レビュー
飛行機の中で使用しましたがノイズキャンセリングが違和感なく効き、音質も全体的にクリアで聞きやすいです。本当にコスパが良いと思います。
重量60.5
連続使用可能時間10時間
充電端子Micro USB
対応コーデックAAC,SBC,aptX
ノイズキャンセリング
マグネット
マイク
防水性能IPX5

Bose QuietControl 30 wireless headphones

BOSE(ボーズ)
最安値 ¥34,474 (税込)

強力ノイキャン+Boseサウンド

QuietControl 30 wireless headphonesは、気持ちいい低音が効いたBose特有のサウンドに強力なアクティブノイズキャンセリングが組み合わせられています。

ノイズキャンセリングのレベルを調節することができることができるため、シチュエーションに合わせた快適なノイズ除去を行うことができます。

ネックバンドは折り畳みができるタイプではありませんが、人間工学に基づいて設計されており、長時間使用しても疲れにくい形状になっています。

口コミ・レビュー
ノイズキャンセリングが強力なので音楽への没入感があり、一人の空間にいる感覚です。もう飛行機にはこれ無しでは乗れません。
重量65g
連続使用可能時間10時間
充電端子Micro USB
対応コーデックSBC,AAC
ノイズキャンセリング
マグネット
通話機能
防水性能

関連記事:【辛口評価】Bose QuietComfort Earbuds ノイズキャンセリングや高音質を検証レビュー

audio-technica ATH-ANC400BT

Audio Technica(オーディオテクニカ)
最安値 ¥17,381 (税込)

ノイズキャンセリングでも長時間使用ならこれ!

ATH-ANC400BTの魅力は圧倒的に長時間の使用を可能にするバッテリー容量です。

一般的にノイズキャンセリングを使用するとバッテリーの消費が多くなり、連続使用可能時間が短くなってしまいます。でも、充電を気にしてノイズキャンセリングをOFFにするのはもったいない!

ノイズキャンセリングONでも最大20時間の連続使用が可能であれば、充電を気にすることなく一日中使用できます。

さらに高音質コーデックのaptX HDへの対応や、環境に合わせた3つのノイズキャンセリングモードが選択可能であるなど、機能性にも抜かりはありません。

口コミ・レビュー
充電の頻度が非常に少なく済むので毎日使ってもストレスありません。イヤホンも耳にすっぽり収まって疲れにくいです。
重量87g
連続使用可能時間20時間
充電端子USB Type-C
対応コーデックSBC,AAC,aptX,aptX HD,LDAC
ノイズキャンセリング
マグネット
通話機能
防水性能IPX2

ヤマハ EP-E70A

ヤマハ(YAMAHA)
最安値 ¥20,350 (税込)

高音質かつ耳にやさしい

EP-E70Aにはとにかく高音質に音楽を届けるための独自機能が搭載されています。

「小さな音量の時に低域と高域が聞こえにくくなる」という人間の特性に着目し、音量や周囲の雑音に合わせて音のバランスを調整する「リスニングケア(アドバンスド)」が搭載されています。この機能により必要以上に音量を上げずに最適なバランスで音楽を楽しむことができます。

他にも耳の形状やイヤホンの装着状態による音の聞こえ方の変化に対しての補正を行う「リスニングオプティマイザー」など、ノイズキャンセリングだけではない細かな制御が行われています。

口コミ・レビュー
さすがヤマハ、音が素直で聞きやすく、細かい音も聞き取りやすいように感じます。ノイキャンも音楽を邪魔しないので文句ありません。
重量62g
連続使用可能時間18時間
充電端子USB Type-C
対応コーデックSBC,SSC,aptX,aptX adaptive
ノイズキャンセリング
マグネット
通話機能
防水性能

【ワイヤレス】首掛け型 イヤホン おすすめ 10選

Beats Flex

beats by dr.dre
最安値 ¥5,400 (税込)

iPhoneユーザーなら試したいW1の恩恵

おすすめメーカーでも紹介した通り、iPhoneユーザーの方に特におすすめなのがBeats Flexです。Beatsにしかできない使い勝手の良さを実感できると思います。もちろん、Androidでも使用できますよ!

マグネットが内蔵された両耳のイヤホンはくっつくだけでなく、耳から外すと再生が一時停止、耳に戻すと再び再生される機能が搭載されています。音楽の止め忘れでバッテリー切れになることはありません。

口コミ・レビュー
ペアリングが爆速で、iPhoneとMacの切り替えも簡単なのでやはり便利です。マイクも優秀で通話で使用した際に相手からの評判が良かったです。
重量18.6g
連続使用可能時間12時間
充電端子USB Type-C
対応コーデックSBC,AAC
ノイズキャンセリング
マグネット
通話機能
防水性能

関連記事:【実機で評価】Beats Flex 使い勝手や先代モデルとの違いをレビュー

ソニー WI-XB400

ソニー(SONY)
最安値 ¥6,691 (税込)

重低音強化版"EXTRA BASS"

WI-XB400はソニーのイヤホンの中でも迫力のある重低音を楽しめる"EXTRA BASS"モデルです。

15時間の連続再生やクイック充電、左右のイヤホンがくっつくマグネット、音楽の再生・停止などの操作が行えるリモコンなど、便利な機能は一通り抑えられています。

絡みにくいフラットケーブルを採用している点もポイントです。

口コミ・レビュー
低音をウリにしているだけあり、ドラムやベースの音がしっかりと聞こえます。価格も手ごろなので迷ったらコレ!という印象です。
重量21g
連続使用可能時間15時間
充電端子USB Type-C
対応コーデックSBC,AAC
ノイズキャンセリング
マグネット
通話機能
防水性能

ソニー WI-C310

ソニー(SONY)
最安値 ¥4,715 (税込)

ソニーの低価格帯スタンダード

高磁力ネオジムマグネットを搭載しており、バランスの良い音質を実現しています。

フラットケーブルを採用しているので収納したときも絡まりにくくなっています。

4色のカラーバリエーションも用意されているので見た目に気を遣いたい方にもおすすめできます。

15時間の使用が可能なバッテリーに加えて、10分の充電で60分の再生が可能になるクイック充電にも対応しています。

口コミ・レビュー
ハウジングが小さく、軽い付け心地なのでとても楽に装着できます。低価格ですが音質もいいのでコスパは良いと思います。色の表記がホワイトでも薄いグレーな点だけ注意がです。
重量19g
連続使用可能時間15時間
充電端子USB Type-C
対応コーデックSBC,AAC
ノイズキャンセリング
マグネット
通話機能
防水性能

ソニー SBH82D

ソニー(SONY)
最安値 ¥7,626 (税込)

ながら聴きに最適なオープンイヤータイプ

ほとんどのネックバンド型イヤホンは遮音性の高い耳栓のようなカナル型ですが、ソニー SBH82Dは耳をふさがないオープンイヤータイプであることが最大の特徴です。

外の音を自然に聞き取ることができ、音楽を楽しみながら会話も快適に行うことができます。常に外の音に気を配ることができるため、歩きながら使用しても安心です。

イヤホンを耳の下側から掛ける独特な装着方法を採用しており、正面から目立ちにくく、耳への負荷も軽くなるよう工夫されています。

口コミ・レビュー
耳を塞がないので閉塞感がなく、長時間着用しても疲れにくいです。外の音が常に聞こえているため、自分だけに聞こえるBGMがかかっているような感じで新鮮です。
重量25.5g
連続使用可能時間7.5時間
充電端子USB Type-C
対応コーデックSBC,AAC
ノイズキャンセリング
マグネット
通話機能
防水性能

audio-technica SOLID BASS ATH-CKS330XBT

Audio Technica(オーディオテクニカ)
最安値 ¥4,455 (税込)

バッテリー長持ちで低遅延なので動画にも

2時間の充電で最大20時間の連続再生を実現する大容量バッテリーを搭載しており、長時間の使用でも安心です。10分の充電でも2時間の使用が可能になるため、ワイヤレスイヤホンは充電が面倒だと感じている方におすすめです。

音と映像のズレを抑える低遅延モードを選択でき、ゲームや動画視聴をする際にも快適に使用できます。

口コミ・レビュー
バッテリーがとにかく長持ちなので定期的に充電している私はバッテリー切れのメッセージを聞いたことがありません。イヤホンそのものの遮音性が高いので音に集中できます。
重量24g
連続使用可能時間20時間
充電端子USB Type-C
対応コーデックSBC,AAC
ノイズキャンセリング
マグネット
通話機能
防水性能IPX2

ゼンハイザー IE 80S BT

ゼンハイザー(Sennheiser)
最安値 ¥35,755 (税込)

とにかく音質にステータス全振り

ドイツの老舗音響機器メーカーであるゼンハイザーが放つネックバンド型イヤホンはとにかく音質を追い求めた一台です。

同社の有線イヤホンであるIE 80 Sをそのまま使用しているため、別売りのケーブルに交換して有線イヤホンとしても使用することができます。

イヤホン本体に付いている低音調整ダイヤルを回すことでバランスを調整することができ、専用アプリのイコライザーも併用することで自分好みの音に調整が可能です。

aptXをはじめとする高音質コーデックに多数対応しており、高価ではありますがワイヤレスでも音質に妥協したくない方におすすめです。

口コミ・レビュー
低音をダイヤルで調整でき、電気的なイコライザ違って不自然さがないので長時間のリスニングにも向いています。高価なだけあり本体やケースの質感が良いです。
重量32g
連続使用可能時間6時間
充電端子USB Type-C
対応コーデックSBC,AAC,aptX,aptX LL,aptX HD,LHDC
ノイズキャンセリング
マグネット
通話機能
防水性能

JVC HA-FX11XBT

JVCケンウッド
最安値 ¥3,865 (税込)

重低音&タフのXXシリーズワイヤレス

JVC HA-FX11XBTは迫力のある重低音に特化した「XX」シリーズのネックバンド型ワイヤレスイヤホンです。

内蔵アンプによって低音を増強するバスブースト回路を搭載し、ON・OFFの切り替えによって好みに合わせた重低音を楽しむことができます。

シリーズの共通デザインであるタフラバープロテクターも採用されており、イヤホンを衝撃から守ってくれます。

口コミ・レビュー
同じシリーズの有線タイプと同様に病みつきになる重低音です。以前使っていたイヤホンの音が軽く感じられます。バッテリーも十分持つので満足です。
重量47g
連続使用可能時間14時間
充電端子
対応コーデックSBC
ノイズキャンセリング
マグネット
通話機能
防水性能

JVC HA-FX37BT

JVCケンウッド
最安値 ¥3,000 (税込)

やわらかフィットイヤーピースで快適高遮音

ネックバンドに内蔵されたリモコンはボタンが大きく操作しやすいものになっています。

イヤーピースは低反発素材の「やわらかフィットイヤーピース」で耳にピッタリとフィットし、ソフトな付け心地と高い遮音性を実現しています。

スマートケーブルアジャスターが採用されているため、邪魔にならない長さにケーブルを調節することができます。収納時にも絡まりにくくなるうれしい機能です

口コミ・レビュー
イヤーピースの遮音性が高いので環境音がほとんど聞こえなくなりました。今まで使っていたものよりも小さい音量から使用できるので難聴になる心配をしなくて良いのがありがたいです。
重量28g
連続使用可能時間14時間
充電端子Micro USB
対応コーデックSBC
ノイズキャンセリング
マグネット
通話機能
防水性能

SOL REPUBLIC SHADOW FUSION

SOL REPUBLIC
最安値 ¥9,800 (税込)

ファブリック素材のネックバンドが特徴的

多くのネックバンドの素材はラバーやプラスチックですが、SHADOW FUSIONはファブリック素材を採用しています。非常にやわらかく、首にかけていてもべたつきにくい素材です。

また、ネックバンドと同じ素材の収納ケーズも付属しています。

首にかけっぱなしにしたい方はおしゃれでアクセサリー的な要素も持ち合わせるSHADOW FUSIONをチェックしておきましょう!

口コミ・レビュー
ネックバンドがとても柔らかく、コンパクトに収納できて付け心地もいいです。aptX LLは遅延をほとんど感じずに動画やゲームが楽しめるのがすごいです。
重量32g
連続使用可能時間10時間
充電端子
対応コーデックSBC,AAC,aptX,aptX LL
ノイズキャンセリングUSB Type-C
マグネット
通話機能
防水性能IPX5

SOUNDPEATS Force Pro

SoundPEATS(サウンドピーツ)
最安値 ¥4,680 (税込)

長時間再生かつIPX6の防水で安心

SOUNDPEATSは、アーバンスポーツ向けのワイヤレスイヤホンに主眼を置いたブランドです。

Force Proは最大22時間の再生が可能となっており、充電の心配はほとんどしなくて良いでしょう。

cVcノイズキャンセリングが搭載されているため、通話中も雑音のないクリアな音声を届けることができます。

IPX6の防水性能を持つため、突然の雨や運動中の汗を気にする必要もありません。

口コミ・レビュー
音の解像感が高く、バランスがいいので非常にきれいに聞こえます。Bluetoothの接続も早いので使いやすいです。aptXに対応しているので遅延も少なく使えます。
重量33g
連続使用可能時間22時間
充電端子Micro USB
対応コーデックSBC,AAC,aptX,aptX-HD
ノイズキャンセリング
マグネット
通話機能
防水性能IPX6

首掛け型(ネックバンド型)イヤホンの比較一覧表

商品画像
ソニー(SONY)
最安値 ¥28,798 (税込)
Audio Technica(オーディオテクニカ)
最安値 ¥17,381 (税込)
ヤマハ(YAMAHA)
最安値 ¥20,350 (税込)
beats by dr.dre
最安値 ¥5,400 (税込)
ソニー(SONY)
最安値 ¥6,691 (税込)
ソニー(SONY)
最安値 ¥4,715 (税込)
ソニー(SONY)
最安値 ¥7,626 (税込)
Audio Technica(オーディオテクニカ)
最安値 ¥4,455 (税込)
ゼンハイザー(Sennheiser)
最安値 ¥35,755 (税込)
JVCケンウッド
最安値 ¥3,865 (税込)
JVCケンウッド
最安値 ¥3,000 (税込)
SOL REPUBLIC
最安値 ¥9,800 (税込)
SoundPEATS(サウンドピーツ)
最安値 ¥4,680 (税込)
商品名ソニー WI-1000XM2Anker Soundcore Life NCBose QuietControl 30 wireless headphonesaudio-technica ATH-ANC400BTヤマハ EP-E70ABeats Flexソニー WI-XB400ソニー WI-C310ソニー SBH82Daudio-technica SOLID BASS ATH-CKS330XBTゼンハイザー IE 80S BTJVC HA-FX11XBTJVC HA-FX37BTSOL REPUBLIC SHADOW FUSIONSOUNDPEATS Force Pro
メーカーソニー(SONY)SoundcoreBOSE(ボーズ)Audio Technica(オーディオテクニカ)ヤマハ(YAMAHA)beats by dr.dreソニー(SONY)ソニー(SONY)ソニー(SONY)Audio Technica(オーディオテクニカ)ゼンハイザー(Sennheiser)JVCケンウッドJVCケンウッドSOL REPUBLICSoundPEATS(サウンドピーツ)
最安値¥28,798 (税込)¥7,499 (税込)¥34,474 (税込)¥17,381 (税込)¥20,350 (税込)¥5,400 (税込)¥6,691 (税込)¥4,715 (税込)¥7,626 (税込)¥4,455 (税込)¥35,755 (税込)¥3,865 (税込)¥3,000 (税込)¥9,800 (税込)¥4,680 (税込)
重量58g60.565g87g62g18.6g21g19g25.5g24g32g47g28g32g33g
連続使用可能時間10時間10時間10時間20時間18時間12時間15時間15時間7.5時間20時間6時間14時間14時間10時間22時間
充電端子USB Type-CMicro USBMicro USBUSB Type-CUSB Type-CUSB Type-CUSB Type-CUSB Type-CUSB Type-CUSB Type-CUSB Type-CMicro USBMicro USB
対応コーデックSBC,AAC,LDACAAC,SBC,aptXSBC,AACSBC,AAC,aptX,aptX HD,LDACSBC,SSC,aptX,aptX adaptiveSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AAC,aptX,aptX LL,aptX HD,LHDCSBCSBCSBC,AAC,aptX,aptX LLSBC,AAC,aptX,aptX-HD
ノイズキャンセリングUSB Type-C
マグネット
商品リンク
ソニー(SONY)
最安値 ¥28,798 (税込)
Audio Technica(オーディオテクニカ)
最安値 ¥17,381 (税込)
ヤマハ(YAMAHA)
最安値 ¥20,350 (税込)
beats by dr.dre
最安値 ¥5,400 (税込)
ソニー(SONY)
最安値 ¥6,691 (税込)
ソニー(SONY)
最安値 ¥4,715 (税込)
ソニー(SONY)
最安値 ¥7,626 (税込)
Audio Technica(オーディオテクニカ)
最安値 ¥4,455 (税込)
ゼンハイザー(Sennheiser)
最安値 ¥35,755 (税込)
JVCケンウッド
最安値 ¥3,865 (税込)
JVCケンウッド
最安値 ¥3,000 (税込)
SOL REPUBLIC
最安値 ¥9,800 (税込)
SoundPEATS(サウンドピーツ)
最安値 ¥4,680 (税込)

首掛け型 (ネックバンド型) イヤホンの使い方

Bluetoothでスマホと接続する

まずはスマートフォンとイヤホンのペアリングを行いましょう。

スマホの設定からBluetoothをONにして、イヤホンを検出できる状態にします。イヤホン側を説明書に沿ってペアリングモードにすればスマホ側にイヤホンの名前が表示されるはずです。

イヤホンを選択すれば接続完了です!

ひとことメモ

イヤホンが表示されない、接続できない場合は再検索を行う、Bluetoothを一度OFFにする、イヤホンの再起動などを行うと改善される場合が多いです。

充電はケーブルで繋ぐモノが多い

充電ポート

amazon.co.jp

ワイヤレスイヤホンを使う上で切っても切れないのが充電です。

多くの首掛け型(ネックバンド型)イヤホンは本体にケーブルを直接つないでUSB端子から充電します。充電しながらの使用はできないものが多いため、不意なバッテリー切れを防ぐために使い終わったら充電することをルーティンにするのがおすすめです。

Androidスマートフォンを使っている方はUSB Type-Cで充電するものであればスマホと同じ充電ケーブルを使用できるので便利です。

首掛け型 (ネックバンド型) イヤホン よくある質問

首掛け型イヤホンはどこで買える?

amazonをはじめとする通販サイトや、家電量販店など購入することができます。家電量販店やイヤホン専門店の店舗によっては視聴することができる場合があるので、一度足を運んで実物を見ながら選ぶことがおすすめです。

イヤホンの寿命は?

イヤホンの寿命は使用頻度や環境によって左右されるので一概には言えませんが、2年程度が一般的なようです。もっとも多い原因はケーブルの断線ですので、収納時などにケーブルを引っ張ったり、強く折り曲げたりして負荷がかからないようにするだけで寿命は伸ばすことができます。

また、バッテリーの使用可能時間は少しずつ短くなっていくので、充電の頻度が多くなってきたら買い替え時です。

ネックバンドイヤホン 人気売れ筋ランキングもチェック

こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されている首掛けイヤホンのランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

首掛け型イヤホンの人気売れ筋ランキングもチェック

こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されている首掛け型イヤホンのランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

首掛け型 (ネックバンド型) イヤホン まとめ

今回はおすすめの首掛け型イヤホンをご紹介しました。お気に入りの首掛け型イヤホンは見つかりましたか?

イヤホンにはさまざまな種類がありますが、首掛け型イヤホンは落としたくない方、頻繁に使用する方にはピッタリなイヤホンであることがお判りいただけたかと思います。長時間使用できるモデルが多いのも嬉しいですね!

シチュエーションによっては今回紹介した機能とは違ったポイントが重要になる場合もあるので、様々な種類のイヤホンを比較してみることもおすすめです。

ぜひ、数あるイヤホンから最高のイヤホンを選んで快適な音楽や通話を楽しみましょう!