床ずれを防ぐ!おすすめの介護用クッション15選【車椅子や背もたれ用も】

介護用クッション まとめ

高齢者や寝たきりの人の床ずれ防止・体勢維持に役立つ「介護用クッション」。さまざまな大きさ・形の商品が登場しており、身体の状態や部位に応じた使い方ができます。自宅介護をサポートしてくれる便利なアイテムなので、ぜひこの機会に用途に合ったものを購入しましょう。

しかし、三角形や筒形といったさまざま形のクッションがあり、「どれを選べばいい?」「どうやって使うのかが分からない」と悩む人も多いですよね。

そこで本記事は、初めて介護用クッションを購入する人に役立つ情報を徹底解説!介護用クッションの選び方のポイントや人気商品ランキング15選を紹介します。ランキングは目的別に分けて紹介するので、ぜひ商品選びの参考にしてください。用途に合った介護用クッションを購入して、日々の介護に役立てましょう。

床ずれ防止&体勢サポートには「介護用クッション」が必須

介護用クッション 必要性

高齢者や身体が不自由な人は、長時間寝たままや座ったままの状態を続けることで、床ずれに悩む人が多いです。床ずれとは、圧迫によって十分な血液が行き渡らず、皮膚や筋肉が損傷・壊死する症状のこと。医療用語で「褥瘡(じょくそう)」とも呼ばれます。

床ずれの対策には、とにかく皮膚への負担を減らすことが重要。具体的には、体圧を分散させる・姿勢をこまめに変える・床ずれ部分を浮かせるなどが有効です。そこで役立つのが、今回紹介する介護用クッション。クッションを身体の下に入れて体圧を軽減したり、自力で体勢維持するのが難しい人の身体を支えるために使います。

また、介護用クッションにはさまざまなサイズ・形があり、それぞれ使い方が異なります。中には、寝返りをサポートしてくれる三角形型や椅子に座ったときのずり落ちを防ぐ座布団型など、床ずれ対策以外の効果を持った商品も多いです。

床ずれが起きやすい箇所として、仰向けの場合はおしりの中央の仙骨部・背中・かかと、横向きに寝ている人は太ももの付け根・膝・骨盤の出っ張った部分などが挙げられます。寝たきりの人や車椅子に長時間座りっぱなしの人、自分で姿勢を変えることが難しい人のサポートには介護用クッションが欠かせません。

介護用クッションの選び方

介護用クッション 選び方

ここからは、介護用クッションの選び方を紹介します。ひとまとめに介護用クッションと言っても、背もたれとしたい・足を浮かせたいといった目的に応じて最適な商品は異なります。介護する人の身体の状態や使い方に合わせて、ぴったりなクッションを選びましょう。

当てる部位や用途に応じて形を選ぶ

介護用クッションには、長方形・筒形・三角形といったさまざまな形があります。それぞれの身体への当て方や特徴を解説するので、ぜひクッション選ぶの参考にしてみてください。

ポジショニング&床ずれ防止におすすめの「長方形」「筒型」

介護用クッション 長方形

介護用クッションとして1つは持っておきたいのが、長方形や筒形のクッション。大きさによってさまざまな使い方ができ、非常に汎用性に優れているのが特徴です。ベッドで背もたれとして使ったり、横向きで抱えるように寝転びたい場合は、サイズが大きいクッションを選びましょう。

食事などで完全に上体を起こしたいときには、厚みのあるクッションが役立ちます。薄型のクッションは、折り曲げたり丸めたりすることで自由に厚みを変えることができ、使い勝手抜群ですよ。

また、部位ごとの床ずれ防止や体勢を支えるクッションとして使うなら、枕くらいの小さなサイズがおすすめ。足の下に入れてかかとや膝を浮かせたり、腕に抱えてリラックスできる姿勢をキープしたりと、その人の状態に応じた使い方ができます。

体位変換や姿勢保持には「三角形」がおすすめ

介護用クッション 三角形クッション

出典:amazon.co.jp

三角形の介護用クッションは、主に体位変換・体勢維持のサポートに役立ちます。背中に当てて寝返りを促す・身体を支えるといった用途に役立つので、体重をしっかりと支えられる大きさのものを選びましょう。十分な大きさがあれば、ベッドでの背もたれとしても使えます。

床ずれをしないように体圧を分散するためには、身体の軸を30°傾ける「30度側臥位(そくがい)」が良いとされています。三角形クッションは30°の角度で設計されたものが多いので、ぜひチェックしてみてください。ただし、身体の状態によっては有効ではない場合があるので、事前に医師に相談しておくと安心です。

車椅子を利用するなら「車椅子用」をチェック

介護用クッション 車いす用

車椅子の人や椅子に座りっぱなしの人には、車椅子用の介護用クッションを選びましょう。座布団のような見た目のものが多く、おしりへの負担を軽減してくれるのが特徴です。滑り止めがついているクッションなら、車椅子やイスからのずり落ちを防止できます。

おしりや膝裏は汗をかきやすいため、車椅子用クッションはお手入れしやすいものを選ぶのがおすすめです。洗濯可能なポリエステル製や、汚れがつきにくい防水仕様のものをチェックしてみてください。

「円座」は床ずれ防止には不向き

介護用クッション 円座

座布団としてのイメージが強い円座クッションですが、おしりの床ずれ防止のアイテムとしては推奨されていないので注意しましょう。円座クッションは他の形と比較すると支えられる範囲が小さく、体圧を上手く分散できません。

床ずれした部分を支えることはできても、周りの皮膚に体圧がかかってしまい、別の箇所が床ずれを起こしてしまいます。おしり用としては使わずに、寝転んだ状態で足を上げたり、イスに座ったときの背当てや腰当として使うのがおすすめです。

好みの硬さ&手入れのしやすさで中材を選ぶ

介護用クッションを選ぶときは、中材にもこだわりましょう。クッションの中の素材は、柔らかさやお手入れのしやすさを左右する重要な要素です。代表的な素材をいくつか紹介するので、ぜひ商品選びの参考にしてください。

リーズナブルかつ速乾性のある「ポリエステル」

介護用クッション ポリエステル

出典:amazon.co.jp

ポリエステルは洋服や家具などに使われる化学繊維生地で、介護用クッションにも多く採用されています。速乾性が高く、丸ごと洗濯できるのが特徴。介護用クッションは汗や汚れがつきやすいので、衛生的に使えるのは大きな魅力ですよね。

使い続けるとすぐにへたってしまうのが難点ですが、リーズナブルな商品が多いため買い替えやすいというメリットがあります。お手入れのしやすさで選ぶなら、ポリエステル製のクッションがおすすめです。

柔らかくて汎用性に優れた「ビーズクッション」

介護用クッション ビーズ

出典:amazon.co.jp

ビーズクッションは、お部屋のクッションとしても人気のある素材です。弾力性が非常に高いので、クッションが身体の部位や姿勢にぴったりとフィットします。また、ボリュームのあるクッションが多く、体圧分散の効果も期待できます。

一方で、熱がこもりやすいというデメリットがあり、夏場や長時間の使用には向いていません。汗をかいたときのために、カバーを取り外して洗濯できるモデルを選びましょう。

腰痛持ちには体圧分散性に優れた「ゲル」がおすすめ

介護用クッション ゲル

出典:amazon.co.jp

ゲルクッションは弾力性と伸縮性に優れており、「ジェルクッション」「無重力クッション」とも呼ばれます。ハチの巣のように図形を隙間なく並べたハニカム構造になっており、体圧をあらゆる方向に分散できるのがメリットです。程よい反発力があるので安定した姿勢を保ちやすく、腰の負担を軽減したい人におすすめですよ。

体勢サポートには「ウレタンフォーム」がおすすめ

介護用クッション ウレタン

出典:amazon.co.jp

ウレタンフォームなどの低反発素材は、身体の形に沿ってクッションが沈むのが特徴です。程よい弾力と硬さを兼ね備えており、姿勢を変えたいとき・維持したいときの補助アイテムとして役立ちますよ。体圧分散効果も期待できるので、床ずれ防止にもおすすめです。

一般的なウレタンフォームは洗濯不可のものが多いですが、「特殊ウレタンフォーム」を使用しているクッションは洗濯できる場合があります。お手入れのしやすさにこだわりたい人は、ぜひチェックしてみてください。

クッションカバーは肌触りにこだわろう

介護用クッション 手触り

高齢者の肌は乾燥しやすく、非常にデリケートです。また、痛みの感覚が鈍っている人も多いため、知らない内に肌と布が擦れて炎症を起こしてしまうといったケースも少なくありません。

直接肌に触れることが多い介護用クッションは、なるべく表面がザラザラしたものは避け、肌触りのいいクッションカバーを選びましょう。介護用クッションとして使うなら、手触りが柔らかく吸水性に優れたコットン100%の生地がおすすめです。

衛生面が気になるなら「抗菌・防臭効果」をチェック

介護用クッション 抗菌

毎日使用する介護用クッションは、汗で汚れてたりニオイがついてしまうことがあります。衛生的かつ快適に使うためには、抗菌・消臭効果のあるものがおすすめです。特に、おしりや背もたれ用のクッションは汚れやすいため、特にこだわって選びましょう。

また、防水仕様の介護用クッションは、汚れや汗を弾いてくれるのがメリットです。もし汚れがついても、サッと拭き取るだけでお手入れができますよ。アルコール除菌ができる素材なら、ウイルスや菌の繁殖も抑えられるので安心です。

目的別!おすすめの介護用クッションの種類一覧

  • 寝たきりで起こる床ずれを防ぎたいなら…「三角形」「筒形」「長方形」×「ウレタン」
  • おしりの床ずれ&ずり落ち防止には…「車椅子用」×「ゲル」
  • 車椅子生活の人には…「車椅子用」×「抗菌・防臭効果付き」
  • 足・腰・腕など身体の一部を支えたいなら…「小さめの筒形」×「ポリエステル」
  • 背もたれ用が欲しいなら…「大きめ三角形」「大きめ筒形」×「ビーズクッション」
  • 丸ごと洗濯したいなら…「ポリエステル」か「カバー取り外し可能」

【ポジショニング&足用】介護用クッション人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(amazon、楽天、Yahoo、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格タイプ中材サイズ洗濯
MOGU 筒型クッション¥1,760 Amazon楽天市場Yahoo!筒形ビーズ15×15×38cm×
Nikitea エアークッション¥7,200 Amazon楽天市場Yahoo!長方形-60×90×5cm×
白井産業株式会社 ピロークッション(大)¥1,941 Amazon楽天市場Yahoo!長方形ポリエステル50×25cm
モルテン 体位保持クッション¥5,830 Amazon楽天市場Yahoo!長方形ポリウレタン50×31×12cm

【ポジショニング&足用】介護用クッション人気ランキング4選

ここからは、足用や体勢保持におすすめの介護用クッションを紹介します。長方形・筒形といったさまざまなタイプが登場するので、用途や体型に合ったものを選びましょう。

【ベッドでの背もたれに◎】介護用クッション人気ランキング比較一覧表

商品最安価格タイプ中材サイズ洗濯
Meiz 三角クッション¥5,990 Amazon楽天市場Yahoo!ウェッジ型ウレタンフォーム60×50×18cm〇(カバーのみ)
Urblapow 三角クッション¥6,499 Amazon楽天市場Yahoo!三角形ウレタンフォーム60×30×60cm/60×30×40cm×
Meiz 三角クッション¥6,200 Amazon楽天市場Yahoo!三角形ウレタンフォーム50×63×33cm〇(カバーのみ)

【ベッドでの背もたれに◎】介護用クッション人気ランキング3選

ここでは、ベッドで背もたれとして使える大きめの介護用クッションを紹介。食事や面会、薬を飲むときなど、上体を起こした姿勢をキープさせたいシーンで役立ちます。

【体位変換しやすい】介護用クッション人気ランキング比較一覧表

商品最安価格タイプ中材サイズ洗濯
ケープ ポジショニング補助パッド¥6,729 Amazon楽天市場Yahoo!三角形特殊ウレタンフォーム80×24×12cm
LOOKIT 体位変換クッション NF-THC-1¥5,170 Amazon楽天市場Yahoo!三角形ポリウレタン40×20×10cm〇(カバーのみ)
Taiei Goods クッション¥5,280 Amazon楽天市場Yahoo!三角形-50×30×15cm〇(カバーのみ)

【体位変換しやすい】介護用クッション人気ランキング3選

こちらでは、寝返りや体位変換を行うときに役立つ介護用クッションを紹介します。寝たきりの人や自力で体勢を維持できない人の介護にぜひ活用しましょう。

【車椅子用&おしりの床ずれ防止】介護用クッション人気ランキング比較一覧表

商品最安価格タイプ中材サイズ洗濯
Waways ゲルクッション¥1,699 Amazon楽天市場Yahoo!車いす用ゲル37×41×4cm×
Nikitea エアークッション¥4,500 Amazon楽天市場Yahoo!車いす用-48×48×5cm〇(カバーのみ)
IKSTAR クッション¥3,999 Amazon楽天市場Yahoo!車いす用ポリウレタン46×38×10cm〇(カバーのみ)
Banane D'or 車椅子用クッション¥3,580 Amazon楽天市場Yahoo!車いす用ウレタンフォーム40×40×6cm〇(カバーのみ)
MyComfort 低反発クッション¥2,958 Amazon楽天市場Yahoo!車いす用ゲル/ウレタンフォーム45×37×6cm〇(カバーのみ)

【車椅子用&おしりの床ずれ防止】介護用クッション人気ランキング5選

ここからは、おしりの床ずれケアにおすすめの介護用クッションを紹介します。車いすやイスに長時間座って過ごす人はぜひチェックしてください。

介護用クッションはどこで買える?レンタルできる?

介護用クッション どこで買う

介護用クッションは、介護用品専門店・ドラッグストア・Amazon・楽天市場などで購入できます。大手家具メーカーのニトリでは介護用クッションの取扱いはないものの、さまざまな形のクッションが販売されており、介護用として活用する人も多いです。

また最近では、ダスキン・ヤマシタといった介護用品を扱う企業が、介護用クッションのレンタルサービスを展開しています。体位変換用や車椅子用など用途に応じた商品が揃っているので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

介護用クッションの関連商品

介護用クッション 関連アイテム

自宅介護は精神的にも身体的にも大変なことが多く、する方もされる方もストレスが溜まりやすくなります。少しでもお互いの負担を減らすために、便利アイテムや介護用品を惜しみなく活用しましょう。いくつかのおすすめの商品を紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

呼び出しや安否確認に役立つ「ワイヤレスチャイム」

介護用クッション 呼び出し

身体が不自由な人や声を出せない人の介護に便利なのが、「ワイヤレスチャイム」。送信機で操作を行うと受信機からアラーム音が再生され、離れた部屋にいる人を呼び出すことができます。玄関や飲食店で使われることが多いが、介護にも非常に役立つアイテムです。

関連記事:【介護にも使える】ワイヤレスチャイムおすすめ21選|電池不要のエコモデルも

安全かつ脱ぎ履きしやすい「リハビリシューズ」

介護用クッション リハビリシューズ

「リハビリシューズ」は、怪我をした人や高齢者のリハビリのために作られた靴。通常の靴よりも軽く、着脱しやすいのが特徴です。転倒防止のために底面に滑り止めがついているものも多く、安心してリハビリに励むころができます。

ふわふわの寝心地で体圧を分散できる「エアーマットレス」

介護用クッション エアーマットレス

「エアーマットレス」は、その名の通り空気によって膨らむマットレス。空気の浮力によって体圧を分散してくれるので、床ずれ防止に役立ちます。寝返りをサポートする機能や除湿機能機能など、商品によってさまざまな機能を備えています。

関連記事:【安い折りたたみも】介護ベッドおすすめ10選|選び方や有名メーカーも解説(2022年最新)

その他の介護用品おすすめ記事

関連記事:【目立たない超小型も】補聴器おすすめランキング10選|値段・種類・選び方も解説(2022年)

関連記事:【寝たきりでも使いやすい】介護用パジャマおすすめ15選|着脱簡単なマジックテープやおしゃれデザインも

おすすめ介護用クッションまとめ

介護用クッション まとめ

  • 介護用クッションは床ずれ防止&体勢サポートに最適
  • 部位や身体の状態に合ったものを選ぼう
  • お手入れのしやすさ・肌触り・柔らかさなども重要なポイント

今回は、自宅介護で使える介護用クッションを紹介しました。介護用クッションは、寝たきりの人や車椅子の人の介護に欠かせないアイテムです。介護する人・される人の両方の負担を減らすためにも、ぜひ最適な介護用クッションを選んで活用しましょう。

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー