【女性スタッフが厳選】セルフでできる家庭用脱毛器 おすすめ20選を口コミ比較!

   

女子の身だしなみとして、特に気になるのが脱毛。

最近は女性だけではなく男性も脱毛への意識が高まっていますよね。

男女問わず脱毛サロンや医療脱毛をしたり、自宅での脱毛ケアをしているという人は増えてきました。

そんな中、家庭で本格的に脱毛ができる「家庭用脱毛器」は注目度が高まっている美容家電です。

今回は家電に精通したrentry編集部だからこそご紹介できる家庭用脱毛器のいろはについてご紹介していきます!

この記事を読んで分かること
  • 家庭用脱毛器の基本情報
  • 家庭用脱毛器の選び方のポイント
  • オススメの家庭用脱毛器
  • 家庭用脱毛器の正しい使い方

目次

家庭用脱毛器とは?基本の情報をチェック

現在家電量販店やネットなどで購入できる家庭用脱毛器は、電動のシェーバーなどとは異なる仕組みで脱毛をします。

人気の脱毛器は光とレーザーの2種類

家庭用脱毛器には主に2種類の脱毛方法があり、光脱毛とレーザー脱毛に分けられます。

基本的には脱毛サロンや医療脱毛で行われている方法と同じ脱毛方法で、毛根にダメージを与えて脱毛します。

家庭用なのでサロンや美容皮膚科などの業務用の機械とは光やレーザーの出力が弱いというのが特徴。

ですが近年は業務用脱毛器にも負けないほどのパワーがある家庭用脱毛器も増えてきました。

電動毛抜きと呼ばれるローラー式脱毛器もある

ローラー式脱毛器と呼ばれる毛を挟んで抜くという仕組みで除毛する家庭用脱毛器もあります。

Panasonicのソイエなどが当てはまります。この脱毛方法は光やレーザーとは異なり、毛を抜いて処理する方法を電動の機械で行うという形になります。

家庭用脱毛器は毛根にダメージを与えて毛を生えにくくさせるもの

光やレーザーを使った家庭用脱毛器は、使用した瞬間に毛が無くなるという脱毛方法ではありません。

基本的には最初にカミソリなどでシェービングをしてから脱毛器を使って毛根にダメージを与えます。

使ってから2週間から3週間たつと、毛根から毛が自然と抜けていきます。

そして、ダメージを受けた毛根は次から毛が生えてくる力が弱くなります。

またある程度生えてきたらカミソリでシェービングをして、また家庭用脱毛器で毛根にダメージを与えます。

これを繰り返し、少しずつ毛根にダメージを与えて毛を生えにくくさせていくのが基本の脱毛方法となります。

この方法はサロンや医療機関で行う脱毛と同じ原理です。

家庭用脱毛器でどこまで脱毛できるの?

特に気になるのは、家庭用脱毛器でどの部分まで脱毛ができるのかという点です。

基本的には、「体の全ての部分を脱毛できる」と思っておいていいでしょう。

家庭用脱毛器で永久脱毛はできる?

「永久脱毛」は医療行為となるので、美容皮膚科でしかできません。

実は脱毛サロンなどの脱毛も厳密にいえば永久脱毛ではなく、毛が生えにくくなる、というだけ。

家庭用脱毛器ももちろん、完全に毛が生えてこなくなる「永久脱毛」をすることはできません。

ですが続けて使用すれば、少しずつ毛が生えにくくなり、ほとんど自己処理をしなくてよいというところまで脱毛できます。

医療脱毛の場合は1年半ほど通えば、永久脱毛できるケースも多いです。それと比較して脱毛サロンの場合は3年程度通う必要があると言われています。

家庭用脱毛器の場合も、ほとんど毛が生えてこなくなるほど脱毛できるまでには、サロンと同様、またはそれ以上の期間がかかると思っておいた方がイイでしょう。

ですが家庭用脱毛器でも定期的にしっかりとケアしていれば、ちゃんと毛が生えにくくなり、格段にムダ毛ケアが楽になります。

脱毛できる部分は脱毛器によって異なる。顔は一部分のみの場合も多い

ほとんどの部分を脱毛することが可能な家庭用脱毛器ですが、種類によっては顔の脱毛できる部分が限られてしまう場合があります。

顔は特に皮膚が薄い部分。光やレーザーの出力が強いタイプの脱毛器の場合、皮膚へのダメージが強くなりトラブルが生じる可能性があるため、「鼻から下しか脱毛しないでください」といった注意表記が書かれている場合もあります。

特に目の周りはレーザーや光の刺激を受けやすいので脱毛できないことも多いです。

VIOはほとんどの家庭用脱毛器で脱毛可能

家庭用脱毛器を使いたい方の多くは、VIO脱毛もしたいと考えていると思います。

VIO脱毛は恥ずかしいからサロンや医療機関で脱毛するのをためらっているというケースも多いでしょう。

だからこそ、家庭用脱毛器を使って自宅でケアができればよいですよね。

家庭用脱毛器はVIO脱毛に対応しているものがほとんどです。

ただしデリケートな部分ですし粘膜もある部分なので、脱毛の際は最初の準備やアフターケアが大事。

鏡を使ってみながら家庭用脱毛器を当てるなどして工夫することも必要です。正しい方法で丁寧に行えばどの脱毛方法よりもキレイに自宅でVIO脱毛ができます。

自宅でVIOの処理をするなら家庭用脱毛器が一番オススメ

家庭でVIOの処理をするには家庭用脱毛器が一番オススメです。なぜならカミソリや毛抜きなどではデリケートゾーンのトラブルが起きやすいから。

カミソリでの処理を頻繁に繰り返していると、その刺激で色素沈着が起き、デリケートゾーンの黒ずみが生じてしまうことも多いです。

また、毛抜きだと埋没毛になりやすく、こちらも皮膚を傷めてしまいます。

ですが家庭用脱毛器ならそういった心配がなく、徐々にVIOの毛が生えにくくなっていきます。

家庭用脱毛器の種類

家庭用脱毛器には3つの種類があるとご紹介しました。

それぞれの種類の特徴や、脱毛の仕組みについてご紹介します。

光脱毛方式・フラッシュ脱毛方式

光脱毛またはフラッシュ脱毛と呼ばれている脱毛方法は、ミュゼや脱毛ラボ、キレイモといった「脱毛サロン」で行われている脱毛方法と同じものです。

メラニンに反応する光を照射し、毛根にダメージを与えて少しずつ毛を生えにくくしていきます。

この光は元々サロンでフェイシャルケアに使われていたもので、美容効果も期待できます。

そのため、光脱毛器は美顔器として使えるものも多いです。

レーザー脱毛と比較すると痛みが少ないというメリットがあり、その分レーザーよりも脱毛効果は若干少なくなります。

肌に負担をできるだけかけないようにケアを長期間行いつつ、少しずつ毛を生えにくくしていきたいという方に最適です。

レーザー脱毛方式

光脱毛と脱毛の仕組みは同じ。

メラニンに反応するレーザーを照射して、毛根にダメージを与えてケアを生えにくくします。

光・フラッシュよりも照射するパワーが強いので毛根に与えるダメージも大きく、脱毛効果も実感しやすいです。

しかしその分皮膚へのダメージも大きくなりますので、痛みを感じることもあります。

また、レーザータイプの家庭用脱毛器は照射口が狭く、ピンポイントで脱毛をしていくものが多いです。

照射口が狭いということはケアの時間も長くなり、ムラもできやすくなるということ。

速く効果を得たい方、ある程度の痛みは平気だという方、丁寧にケアができる方に適しています。

ローラー式脱毛器

ローラー式脱毛器は、光脱毛やレーザー脱毛とは異なるタイプの脱毛方法となります。

仕組みは単純に毛を抜くというもの。厳密にいえば「脱毛」ではなく「除毛」です。

ローラーが毛を挟んで抜いていくので「電動毛抜き」ともいわれています。

除毛してから1週間くらいは毛が生えてきませんが、しばらくするとまた生えてきます。毛が生えにくくなるというわけでもありません。

また、毛を抜いているので痛みもあり、毛穴がポツポツになったり、赤みを帯びたり、埋没網になりやすいといったデメリットもあります。

応急処置としては使えるかもしれませんが、しっかりと脱毛をしたいのなら光・レーザー方式の脱毛方法がおすすめです。

おすすめの家庭用脱毛器20選

家庭用脱毛器の中でも、人気のある機種を20厳選してご紹介します!

まずは、20の家庭用脱毛器の中から自分に合ったものを選ぶためのポイントをふまえて、ジャンル別にご紹介します。

人気の高いベストセラー家庭用脱毛器を選びたい人におすすめ

特に人気の高い機種は大手メーカーが販売している4万~8万ほどの価格帯のものが多いです。

やはり、大手メーカーの人気商品は安心して使えるというメリットが大きいですね。

効果の高いハイパワータイプの家庭用脱毛器を選びたい人におすすめ

  • トリア…家庭用脱毛器の中で唯一の「レーザータイプ」で効果の強さはピカイチ!
  • ケノン…据え置き型でハイパワー カードリッジタイプ交換なので長く使える
  • ツーピーエス…据え置き型で8段階の照射レベルが調節できる
  • レイボーテグランデ…据え置き型でハイパワー 3種のランプで効率よく使える
  • LAVIE…据え置き型。別売りの美顔カードリッジで美顔器としても使える

しっかり効果を実感したい!という方には、レーザータイプの脱毛器や据え置きタイプでパワーが強いものがオススメ。

ですが効果が高いものはその分高額であったり、痛みが強いことが多いというデメリットもあります。

まずは安い機種で家庭用脱毛器を試してみたい人におすすめ

  • エピレタ…格安家電で有名なアイリスオーヤマの製品
  • センスエピ…かなりコンパクトで手のひらにも
  • Fasiz…冷却機能で痛みが少なくダメージを軽減できる
  • Bosidin…低価格なのに2年保証と保証制度が手厚い
  • LOVEDOCK…連射モード付でスムーズな脱毛ができる

1万・2万円台という格安の家庭用脱毛器もあります。ショット数が少なかったり、出力が比較的弱いというデメリットもありますが、まずは低価格で試してみたい方にはおすすめ。

その他の人気脱毛器

  • 脱毛ラボ…人気の脱毛サロンが監修した家庭用脱毛器
  • ソイエ…厳密にいえば「家庭用脱毛器」ではなく電動毛抜き。すぐに処理したい人向け

 

それぞれの脱毛器の詳しい特徴や口コミなどは以下をチェックしてみてください。

ブラウン

おすすめポイント
  • 脱毛器の中でも人気の高いロングセラー商品
  • スピーディーにケアできる
  • 細かい部分もケアしたい方に最適
  • タイプ:光美容器
  • サイズ:W181×H70×D50mm
  • 重量:275 g
  • 照射可能回数:30万回 13年分
特徴
  • 「フラッシュ自動調節システム」で光出力を自動調節し、エステと同じような脱毛が可能な美容器具。両脚のお手入れならわずか5分で完了。
  • 連続フラッシュモードを使えば手入れ時間を短縮でき、単発フラッシュモードを使えば細かい部位やカーブのある部位でもていねいに手入れができる。
  • コンパクトヘッドはひざ・ひじなどの細かい部分や顔・脇・デリケートエリアなどに最適。40万回のフラッシュ回数で、10段階の照射レベルを自動で調節。

口コミ

関連記事:【口コミや評判は?】人気の家庭用脱毛器 ブラウン シルクエキスパートPro5 (PL5117)を徹底レビュー

ケノン

おすすめポイント
  • 昔から人気の高い家庭用脱毛器
  • カードリッジ交換ができるので長年使える
  • 美顔機能など多数の機能がある
  • タイプ:光脱毛機器
  • カードリッジ交換型
  • サイズ:
  • 重量:
  • 照射回数:最小レベル 100万回 最大レベル 50万回
押さえておくべきこと
  • 日本人の肌に最適な光を照射する為、また、本格的な利用目的に応える為、高品質なフィルターを採用。
  • 肌への負担を抑え、6連射などの連続照射への耐久性を高めている6連射は、強い光を1回で照射するのではなく、6回に分けて連続照射する事で、肌への負担を軽減する
  • KE-NONのカートリッジは1発あたり0.0185円 と低コスト。寿命が長い分、身体の広い範囲に利用できる
  • ショットボタンの長押しによる操作だけで、簡単にシングルショット、3連射、6連射ショットの打ち分けが可能

口コミ

ベルソラーレ

おすすめポイント
  • コンパクトで起き場所に困らないから、長時間でも使いやすい
  • 業務用のエステ脱毛器でも使われているIPL脱毛方法
  • レビューの評価も高く、高評価の家庭用脱毛器
  • タイプ:光脱毛機器
  • サイズ:9.1 x 4.5 x 14.4 cm
  • 重量:200g
  • 照射回数:100万回
特徴
  • 部位や毛の濃さに合わせてフラッシュ(照射)のレベルも5段階調整が可能。
  • 光を3回に分けて照射する事により肌へのダメージを軽減すると共に、 光エネルギーを無駄なく脱毛に利用する事が可能な特許技術を採用。
  • 広帯域の光エネルギーによって毛根のメラニンに働きかけ、 毛根を弱らせて脱毛を促すもので、主にエステサロンや脱毛サロンで行われている脱毛方法

口コミ

トリア

おすすめポイント
  • 脱毛効果の高い医療脱毛技術を使った「レーザー式」の脱毛器
  • アメリカでは医療機器認定されているので安心
  • 高い効果を求めている人におすすめ
  • タイプ:レーザー脱毛機器
  • サイズ:W 8.0cm / D 12.0cm / H23.0cm
  • 重量:約584g
  • 照射回数:回数設定なし
    電池の寿命まで使える(目安:約9万回)
特徴
  • 家庭用脱毛器の中で唯一、レーザー式を採用した脱毛器
  • 光脱毛器ではなかなか脱毛しづらいヒゲにも効果が期待できることから、男性のユーザーも多い
  • 光脱毛器に比べると痛みがあるという声もあるが、レベルを調節できるので安心して使える

口コミ

Panasonic光エステ

おすすめポイント
  • 大手メーカー製で人気が高い
  • 照射面積が広いので、短時間でケアができる
  • 痛みがかなり少ない仕様になっていて安心
  • 美肌効果も期待できる
  • タイプ:光脱毛機器
  • サイズ:高さ25.3㎝/幅7.89㎝/奥行5.6㎝
  • 重量:404g
  • 照射回数:約30万回照射
特徴
  • 脱毛効果はそのままで、光の波長を調節するフィルターを搭載しているので肌への刺激が抑えられ、痛みを感じにくい
  • 押し当てるだけで照射する・照射範囲が広いといった工夫がされているから、お手入れが簡単で早く終わる
  • 3つの専用アタッチメントで全身を丁寧にケアできる

口コミ

フィリップス ルメア

おすすめポイント
  • 使用箇所に合ったアタッチメントがついているから手入れがしやすい
  • 皮膚科との共同開発で安心設計
  • 連射機能付きで使いやすい
  • タイプ:光脱毛機器
  • サイズ:幅9.2×奥行14×高さ17.7cm
  • 重量:363 g
  • 照射回数:25万回
特徴
  • ボディ用、顔用のアタッチメント付きで場所に合ったケアができる
  • 使いやすさを重視して作られているので、脚なら約8分から14分と短時間で手入れできる
  • コードレスではないので使用する場所には注意

口コミ

エピレタ

おすすめポイント
  • アイリスオーヤマから販売されている高コスパ脱毛器
  • タッチセンサー・肌色センサー搭載で安心設計
  • コンパクトで長時間の照射でも疲れない
  • タイプ:光脱毛機器
  • サイズ:幅7.5×高さ12.7cm
  • 重量:220g
  • 照射回数:15万回
特徴
  • 1万円台と家庭用脱毛器の中ではかなり低価格
  • 低価格ながらきちんと効果が出るという口コミも多く、まずは安い脱毛器で試してみたいという方におすすめ
  • 照射範囲は少し小さめなので、広い範囲を脱毛する場合は少し時間がかかる

口コミ

脱毛ラボ

おすすめポイント
  • 脱毛サロンの脱毛ラボが開発した家庭用脱毛器
  • 冷却機能付きで使用前後の冷却やジェルでの手入れが不要
  • 脱毛サロンの業務用機器並みのパワー
  • タイプ:光脱毛機器
  • サイズ:49.85×171.4×76mm
  • 重量:277g
  • 照射回数:30万回
特徴
  • 脱毛サロンと同じ12ジュールのパワーでの照射が可能。冷却機能付きなので強いパワーでも痛みを感じにくい
  • ディスプレイに照射回数が表示される・ボタン2つだけで完結するといった使いやすい工夫がされている
  • 美肌効果も期待できる

脱毛ラボの口コミ

COSBEAUTY パーフェクトスムース

おすすめポイント
  • 脱毛サロンで主流のIPL脱毛方式
  • 肌色感知センサーで火傷のリスクを軽減
  • 広すぎず、狭すぎない照射範囲
  • タイプ:光脱毛機器
  • サイズ:H218.7mm×W80.75mm×D144.6mm
  • 重量:400g
  • 照射回数:30万回
特徴
  • 2万前後と低価格なので、購入しやすい。テレビ通販でも人気がある。
  • スタンダードな光脱毛器で、肌へのやさしさに配慮されているので初心者向け
  • 肌検知センサーがあるので、日焼けしていれば照射ができず、火傷を防いでくれる

https://twitter.com/aj_biyouak/status/1164963569286303745?s=20

https://twitter.com/bY3F6i04Y5tMZYB/status/1092919439870193664?s=20

関連記事:【口コミ】COSBEAUTY (コスビューティー) IPL光脱毛器 Joy Version の効果を検証!

ツーピーエス

おすすめポイント
  • 自動照射機能で、肌の上を滑らせるだけでケアができる
  • 8段階の照射レベル
  • 短時間照射で肌への負担を少なくする工夫がされている
  • タイプ:光脱毛機器 カードリッジ交換型
  • サイズ:W196mm×D138mm×H178mm
  • 重量:1.1㎏
  • 照射回数:約13万回
特徴
  • カードリッジ交換型なので、照射しきっても交換すれば機器が壊れない限りずっと使える。美顔器カードリッジを使えば美顔器としても使用可能
  • 照射範囲が広いので、ムラができづらく、処理がしやすい
  • 光の強さは5段階まで調節できるものが主流だが、8段階とかなり細かく設定ができる

ツーピーエスの口コミ

https://twitter.com/records2ps/status/1218061315651956738?s20

センスエピ

おすすめポイント
  • 寄り痛みが少ないHPL方式を採用している
  • コンパクトで手のひらに収まるサイズ
  • 肌に押し当てることで自動照射してくれる
  • タイプ:光脱毛機器 HPL方式
  • サイズ:W180mm×D100mm×H180mm
  • 重量:200g
  • 照射回数:約15万回
特徴
  • アットコスメや楽天などで人気ランキングを多く受賞している評判が高い脱毛器
  • 肌感知センサー付きで、火傷のリスクが少なく、押し当てることで自動照射するので目などへの誤射も防ぐことができる
  • 一般的なIPL方式と異なり、肌への負担が少ないHPL方式を試してみたい方におすすめ。

ヤーマン レイボーテRフラッシュPLUS

おすすめポイント
  • 最短で0.2秒間隔の連射性能
  • 独自開発のローラーで手入れが時短に
  • 手入れ時間をとにかく短くしたい人向け
  • タイプ:光脱毛機器 カードリッジ交換型
  • サイズ:約D228xW78xH63(mm) 
  • 重量:約420g
  • 照射回数:約万回
特徴
  • 肌の上を転がしながら移動距離を自動測定してくれる独自開発のローラーを搭載。滑らせるだけでムラなくケアでき、短時間で広範囲を照射できる
  • 肌色を感知し、自動で出力レベルを変えてくれるので、肌に適した出力でのケアができ、トラブルリスクが少ない
  • アプリと連動してカードリッジの交換時期のお知らせなど、便利な機能が使える

ヤーマン レイボーテグランデ

おすすめポイント
  • 照射面積が広いこと、最速0.5秒の高速照射のハイスペック家庭用脱毛機器
  • 3種類のランプで効率よく全身の毛が脱毛できる
  • よりハイパワーな出力ができる据え置き型
  • タイプ:光脱毛機器 
  • サイズ:約W260 × H125mm (本体)
  • 重量:約2.5g
  • 照射回数:約万回
特徴
  • 高額ではあるものの、ヤーマンの中でも最高スペックの脱毛機器。照射できる範囲が広い、高速で照射できる、3種類のランプが付属しているなど至れり尽くせりのハイスペック機種。
  • 据え置き型でケアのしやすさにこだわっており、ストレスなくケアができるから続けやすい
  • 冷却ジェルや保冷剤などでのアフターケアが不要になるクールプレート搭載

https://twitter.com/sachi_0909/status/1115452305942310914?s20

Panasonic ソイエ

おすすめポイント
  • 厳密にいえば脱毛器ではなく除毛機
  • いますぐに毛を処理したい、というときに活躍する
  • 痛みはあるが今生えている毛を処理するには最適
  • タイプ:ローラー式脱毛器 
  • サイズ:高さ16.3×幅6.7×奥行4.7cm
  • 重量:約170g
特徴
  • 機器自体を泡で濡らしてボディーソープで泡立てて使用。毛を挟んで抜くという方法での脱毛となるためある程度の痛みがある
  • 毛が生えにくくなるということはないが、すぐに毛を処理したいというときには最適。
  • よりキレイに毛を抜くためのアイテムとしてはオススメ。しっかり脱毛したいなら別のアイテムを選ぼう

https://twitter.com/VJaEZQRxWFiicDX/statuses/1117450314993377282

スムーズスキン

おすすめポイント
  • 10分で全身(脚・ビキニライン・ワキ)の処理ができる1分間に100回の高速照射
  • ボタンを1回押すだけで照射する簡単設計
  • スキントーンセンサーがあり、肌の色を感知して使用できない肌色の場合は照射できないため、火傷のリスクが少ない
  • タイプ:光脱毛機器 
  • サイズ:
  • 重量:約200g
  • 照射回数:約100万回
特徴
  • 痛みを軽減して照射するジェントルモードボタン搭載。お手入れ時の痛みが気になる方にもオススメ。
  • 照射時間の感覚が短く、手入れの時間が少なくて済むので時短でケアしたい方にも最適
  • デザインがオシャレでインテリアにも馴染む

スムーズスキンの口コミ

https://twitter.com/_ru_naa/status/1210880490913165314?s=20

Fasiz

おすすめポイント
  • 冷却しながら照射するので、脱毛簿のアフターケアが不要。肌へのダメージを軽減しつつ脱毛が可能。
  • 最大15分連続モードで自動で連写しながらのケアができる
  • 残りのショット数がすぐにわかるカウントディスプレイを搭載
  • タイプ:光脱毛機器 
  • サイズ: 22.9 x 22.9 x 7.6 cm 
  • 重量:1.2kg
  • 照射回数:約万回
特徴
  • 低価格の脱毛器の中ではスペックが高いので、高コスパの家庭用脱毛器として人気
  • 連続での照射ができるモードを使用すれば、ケアがかなり簡単に進められるので、手間を省きたい方におすすめ。
  • スキンケアモードに変えることで美顔器・ホワイトニングケアのアイテムとしても活用できる

Fasizの口コミ

https://twitter.com/4g5C9G4J8Ju7WXX/status/1207670818119077888?s=20

Bosidin

おすすめポイント
  • COOLカードリッジを使うことで、火傷のリスク軽減や毛穴の引き締めなどの効果が期待できる
  • 2年保証という長めの保証制度があるので安心
  • 肌感知センサーで火傷のリスクが少ない。脱毛初心者でも安心して扱える
  • タイプ:光脱毛機器 
  • 重量:1.3kg
  • 照射回数:約45万回
特徴
  • 専用の冷却カードリッジを使えば痛みが軽減され、火傷のリスクも少なくなる。また、毛穴を引き締めるので美肌効果も期待できる
  • 低価格なのに機能性が高く、評価も高いので高コスパ製品として人気がある
  • 持ちやすい形状で、全身のケアにも最適

Bosidinの口コミ

LOVEDOCK

おすすめポイント
  • 低価格の脱毛器
  • 冷却カードリッジを使って脱毛後に使えば、肌へのダメージを軽減できる
  • 連写モードでスムーズに脱毛ができる
  • タイプ:光脱毛機器 
  • サイズ:長さ14×幅6×高さ20(cm)
  • 重量:1.1kg
  • 照射回数:約35万回
特徴
  • 持ち手が長く、コードも長いので使いやすいので全身のケアにも最適
  • 髭などの濃い毛に関してはあまり効果が期待できないことがあるので要注意

LAVIE

おすすめポイント
  • 据え置きタイプのハイパワー脱毛機器
  • 脱毛効果と共に、美肌効果も期待できる
  • 別売りの美顔カードリッジを使えば美顔器としても使える
  • タイプ:光脱毛機器 カードリッジ交換型
  • サイズ:W240mm×D240mm×H100mm
  • 重量:約2kg
  • 照射回数:1つのカードリッジで約5000回~10.5万回
特徴
  • サロンの脱毛機器に近い、高出力の脱毛効果がある機器として人気
  • カードリッジタイプなので、交換が必要となるが、その分長期間使いたい方におすすめ
  • シンプルでおしゃれなデザインなので、インテリアにも馴染みやすい

家庭用脱毛器の使い方と注意点

家庭用脱毛器は使う前に準備、使った後にはアフターケアを行う必要があります。

また、使い方にもいくつか注意点があるのでしっかりチェックしておきましょう。

家庭用脱毛器を使う前の準備

カミソリで毛を剃る

家庭用脱毛器の光やレーザーは毛の黒い色に反応します。

毛が長く残っていると火傷の原因にもなるので要注意。

サロンや医療脱毛と同じく、前日または当日にカミソリで毛を剃っておきます。

黒い部分が完全に見えなくなるほど深く剃らないように要注意。

保護メガネをつける

家庭用脱毛器の光やレーザーは眼球には良くないので、目を守るための保護メガネを着用しましょう。

家庭用脱毛器の種類によってはメガネが付属している場合もあります。

ない場合は普通のサングラスでOK。

メイクや日焼け止め、香水などは落として素肌に

肌に何か塗っていると、トラブルの原因になる可能性も。

できればお風呂上りなど、肌を素肌にした状態で使用を始めましょう。

家庭用脱毛器の基本の使い方

準備ができたら、使っていきましょう。

ここでは人気の高い「光エステ」の使い方を元に基本の使い方をご紹介していきます。

他の脱毛器のもほとんど手順は同じです。ですが、取扱説明書などをちゃんと読んで使うようにしましょう。

電源を入れる

光エステは電源を入れればあとは自動で肌に当てるだけで光が照射されます。

出力のレベルを選ぶ

多くの脱毛器では、光やレーザーの出力のレベルを調節することができます。

出力レベルが上がれば上がるほど肌への負担も大きくなり少し痛みを感じることも。ですがその分脱毛効果は高まります。

まずはレベル1から徐々に試していって、痛みを感じない程度の自分に合ったちょうどいい出力レベルを探してみましょう。

肌に照射する

出力レベルが決まったら、肌に密着させて光が照射されるまで脱毛器を当てます。

照射されて脱毛器から音がしたら、次の部分に移動させてまた押し当てる、を繰り返します。

脱毛器によっては、当ててから照射ボタンを押す、次の部分に当ててまたボタンを押す、という手順が必要になるケースもあります。

部位を決めて行う

1回の使用で全身をすべて脱毛しようとすると、かなりの時間がかかります。例えば今日は両腕、明日は両脚、といったように自分の中で部位を決めておいてから使用することをオススメします。

「腕」「脚」「VIO」「顔」「指などの細かい部分」「お腹周り」など部位ごとに分けてケアしていくとよいでしょう。

基本的にどの脱毛器の場合でも同じ部位をケアする場合は、3日~1週間ほどの期間を開けた方が良いとされています。

部位ごとに日を分けてケアを行い、それを繰り返していけば肌への負担を減らしつつ、効率よく全身のムダ毛をケアしていくことが可能です。

家庭用脱毛器を使った後のアフターケア

肌を冷やす

照射後は、照射した部分を少し冷やしてあげましょう。

肌は軽いやけど状態になっているので、しっかりケアを行うことをオススメします。

冷たいシャワーを当てる・またはアイス枕・冷たい水をつけて絞ったタオルを当てるといった方法が一般的です。

保湿をする

冷やしたら、肌が乾燥しないように保湿をしてあげましょう。

ジェルやクリーム、ボディ用のものであればなんでも構いません。

オススメは余分な成分があまり入っていないもの。

香料、保存料などがあまり入っていない保湿剤がオススメです。

家庭用脱毛器を使う際の注意点

日焼けをしないように注意

メラニンの色に反応する光やレーザーを活用したのが家庭用脱毛器です。そのため、日焼けをした肌に使うと、肌自体に光が強く反応し火傷状態になってしまう可能性があります。

外で日焼けをしてしまった場合は、肌の色が落ち着くまでは使用を控えた方が良いでしょう。

また、元々肌の色が黒い方の場合も、家庭用脱毛器の種類によっては照射をオススメできない場合があります。

家庭用脱毛器の説明書に使用できる肌色の目安が書かれている場合もありますので、参考にしてみましょう。

自分の肌の色に不安を感じる方は、一度試してみてから購入するという方法もオススメです。

家庭用脱毛器を購入するなら、日ごろからしっかりと日焼けケアをしておくように心がけてくださいね!

家庭用脱毛器の人気売れ筋をランキングをチェック

こちらは現在Amazonで紹介されている人気の家庭用脱毛器のランキングになっています。最安&人気のアイテムをチェックしてみましょう!

家庭用脱毛器のまとめ

    • 永久脱毛はできないが、毛を生えにくくすることはできる
    • 続けて使えばほとんど処理がいらないくらいツルツルになる
    • 主に脱毛サロンと同じ「光」を当てる脱毛器が多い
    • 価格や光の強さなどをチェックして自分に合ったものを探してみよう

家庭用脱毛器にはいろいろな種類がありますが、基本はこの記事でご紹介したものが主流の機種となります。 それぞれに出力のパワーの違いや機能の違いがあるので、価格や自分が求めているケアの方法などを考えて、合ったものを探してみましょう!