【コードレスも】紙パック式掃除機おすすめ18選|パナソニックや日立、三菱などのメーカー特徴も解説

紙パック式掃除機 おすすめ

出典:amazon.co.jp

紙パック式掃除機は、ゴミが溜まったら紙パックごと捨てればいいので、手が汚れることも、面倒な手入れも必要ありません。吸引力もサイクロン式に劣らず、安定したお掃除ライフを送れます。

しかし紙パック式掃除機は、キャニスタータイプやコードレスタイプなど種類が豊富なので、何を基準に選べば良いのか悩みますよね。

そこで本記事では紙パック式掃除機の選び方やおすすめ商品をご紹介していきます。どんな人にはどんな紙パック式掃除機がおすすめなのかも解説しているのでぜひ参考にしてくださいね。

「紙パック式」と「サイクロン式」の違い

「紙パック式とサイクロン式はどっちがいいの?」「紙パック式はサイクロン式よりも吸引力が弱い?」と、疑問に思っている人は多いのではないでしょうか。

そもそも「紙パック式」と「サイクロン式」の違いは、ゴミの集じん方法にあります。

紙パック式掃除機「紙パック式」と「サイクロン式」の違い

吸い込んだごみを紙パックに集じんする

サイクロン式掃除機

「紙パック式」と「サイクロン式」の違い吸い込んだごみをダストボックスに集じんする

紙パック式 サイクロン式
メリット
  • 紙パックを交換する以外の手入れは不要
  • 紙パック分のコストがかからない
  • 遠心力によりフィルターが目詰まりしにくく、吸引力が持続する
デメリット
  • 別途紙パック分のコストがかかる
  • ゴミが溜まると吸引力が弱くなりやすい
  • 掃除の度にゴミを捨てるのが手間
  • 定期的にダストボックスを水洗いする必要がある

■紙パック式掃除機の特徴

紙パック式は、紙パックにゴミが溜まったらそのまま捨てればOK。ダストボックスの水洗いなど、面倒な手入れは不要です。

「紙パック式はサイクロン式に比べると吸引力が弱い」と思われがちですが、それは間違い。紙パックにゴミが溜まってくると、吸引力が落ちる場合もありますが、元々の吸引力に大差はありません。

一方で、紙パック式のデメリットは、紙パック分のコストがかかること。紙パックの値段は1枚50円~100円が相場です。消臭・抗菌作用が働く高機能な紙パックだと1枚350円ほどする高価なものもあります。紙パック式掃除機を購入の際は、紙パックのコストが負担にならないのかも確認しましょう。

■サイクロン式掃除機の特徴

サイクロン式の場合、紙パックを用意する必要がないので、ランニングコストが安く済みます。また、遠心力によってごみと空気が分離する仕組みになっており、フィルターの目詰まりを回避。そのため、吸引力が落ちにくいのもサイクロン式のメリットです。

しかし、ダストボックスが小さく、こまめにゴミを捨てなければならないのは少々手間でしょう。さらに、ダストボックスは2~3か月に1回は水で丸洗いする必要があります。サイクロン式は造りが複雑なので、水洗い後しっかり乾かさないとカビが発生し、悪臭を放つ可能性も。

ランニングコストは安いですが、メンテナンスにおいて手間がかかるのがサイクロン式掃除機の特徴です。

関連記事:吸引力が落ちない!サイクロン式掃除機おすすめ20選|人気メーカーから厳選して紹介

紙パック式掃除機の選び方

紙パック式掃除機を選ぶ際に注目すべきことを5つに分けて解説します。掃除頻度や家の構造に合わせて選んでみてくださいね。

掃除スタイルに合わせて掃除機のタイプを選ぼう

キャニスタータイプ掃除スタイルに合わせて掃除機のタイプを選ぼう
スティックタイプ掃除スタイルに合わせて掃除機のタイプを選ぼう

紙パック式掃除機には「キャニスタータイプ」「スティックタイプ」の2種類があります。収納場所や掃除スタイルに合わせて選びましょう。

■キャニスタータイプ:安定した吸引力、掃除機本体の重量も気にならない

キャニスタータイプは、ボディに車輪がついている昔から多くの人に親しまれている形状のもの。紙パック式掃除機はキャニスタータイプの製品が多いです。

キャニスタータイプの集じん容量は、ほとんどが1L以上。一方、スティックタイプの集じん容量は平均0.5Lです。キャニスタータイプはダストボックスが大きいため、紙パックの交換頻度を抑えられますよ。また、掃除機本体は床に置かれるので、掃除中に腕への負担がかかりにくいのも特徴。長時間の掃除もラクラクです。

ただし、キャニスタータイプは本体サイズが大きく、収納場所の確保が必要です。さらに、掃除機をかける度にコードを伸ばし、コンセントに挿すという作業は少々手間かもしれません。

部屋数が多く掃除に時間がかかる人、安定した吸引力で掃除機をかけたい人はキャニスタータイプがおすすめです。

関連記事:【吸引力最強】キャニスター掃除機おすすめ21選|紙パック・サイクロン・コードレスと幅広く紹介

■スティックタイプ:小回りが利きやすい、ゴミに気付いたときにサッと使える

スティックタイプはコンパクトボディなので小回りが利きやすいのが特徴です。狭い場所や高いところなど、キャニスタータイプだと掃除しにくい場所でも簡単に掃除できます。さらに、ゴミに気付いたときにサッと取り出して手軽に使えるのも魅力です。

しかし、ボディがコンパクトだということは搭載しているモーターも小型だということ。そのため、吸引力はキャニスタータイプに比べると若干劣ります。

また、ダストボックスも小さめなので紙パックの交換頻度が高くなりがちです。一人暮らしでゴミがそんなに出ない、手軽に掃除したい人はぜひスティックタイプをチェックしてみてください。

編集部

紙パック式掃除機のスティックタイプは、商品ラインナップが少なめです。この後のおすすめランキングでは紙パック式掃除機のスティックタイプもご紹介するので、興味がある人はぜひチェックしてくださいね。

コードあり?コードレス?コードの有無も重要ポイント

コードあり?コードレス?コードの有無も重要ポイント

紙パック式掃除機は、「コードあり」「コードレス」に分かれます。キャニスタータイプの商品展開は「コードあり」のみですが、スティックタイプは「コードあり」「コードレス」の両方販売されています。

バッテリーを気にせず使いたいならコードありタイプを選びましょう。コードの長さには限界があるので、掃除機をかける場所によってはコンセントを挿し変える手間はあります。しかしその分、高い吸引力で長時間稼働できますよ。

反対に、コンセントの位置を気にせず手軽に掃除したい人は、コードレスタイプがおすすめです。充電さえしておけば、いつでも手軽に掃除をスタートできます。

コードレスタイプの紙パック掃除機を選ぶ際は、掃除したい範囲や掃除機を使う時間に合わせて「連続使用時間」と「充電時間」もチェックしてみてくださいね。

関連記事:コードレス掃除機 おすすめ16選!それぞれの特徴や機能を口コミと合わせて徹底解説

関連記事:【5,000円以下も!】安いコードレス掃除機おすすめ15選|選び方を徹底解説(2021年最新)

掃除能力や価格に差が出るヘッドの種類にも注目

紙パック式掃除機の価格は、ヘッドの種類で決まるといっても過言ではありません。選ぶヘッドによって掃除能力に差が出るので、必ずチェックしておきたいポイントです。

特徴 どんな床に最適か 価格相場
床ブラシ
  • ブラシが付いているだけ
  • ブラシは回転しない
  • フローリング
4,000円~8,000円
エアタービンブラシ
  • 風でブラシが回転する
  • 負荷がかかるとブラシが回転しなくなる
  • フローリング
10,000円~15,000円
モーター式ブラシ(自走ヘッド)
  • モーターでブラシが回転する
  • (軽い力でもヘッドが進む)
  • どんな床でもおすすめ
20,000円~60,000円

【床ブラシ】とにかく安く紙パック掃除機を買いたい人におすすめ

【床ブラシ】とにかく安く紙パック掃除機を買いたい人におすすめ

出典:amazon.co.jp

ヘッドにブラシが付いているだけの「床ブラシ」は、1万円以下で購入できる商品が多いのが特徴。掃除能力より価格を重視したい人におすすめです。ブラシが回転しないので、絨毯やラグの掃除には不向きですが、フローリングのゴミを吸い込む程度なら十分に使えます。

【エアタービンブラシ】フローリングや畳しか掃除しない人には最適

掃除能力や価格に差が出るヘッドの種類にも注目

出典:amazon.co.jp

「エアタービンブラシ」は、掃除機がゴミを吸い込むときの風でブラシが回転します。床ブラシに比べると吸引力は高いですが、ゴミを掻き出す能力はないので、絨毯やラグの掃除には向きません。

また、ブラシに少しでも負荷がかかると回転しなくなり、吸引力が弱まります。それなりにゴミが吸い込めて、なるべく安い紙パック式掃除機を探している人は、エアタービンブラシがおすすめです。

【モーター式ブラシ(自走ヘッド)】強力パワーで絨毯に絡まったゴミもしっかり吸い込む

掃除能力や価格に差が出るヘッドの種類にも注目

出典:biccamera.com

電気の力でブラシを回転させる「モーター式ブラシ」。強力なパワーを誇るので、カーペットや絨毯に絡まった髪の毛や糸くずもしっかり掻き出しながら吸い込んでくれます。掃除能力を重視したい人は、モーター式ブラシを選びましょう。

ちなみに、モーター式ブラシの中には「自走ヘッド」という最上位機種のみに搭載されている機能があります。自走ヘッドは、自動で前に進んでくれるので軽い力で掃除機をかけられるのが特徴です。

毎日の掃除機の負担を少しでも軽くしたい人は、自走ヘッドが搭載されている紙パック式掃除機がおすすめですよ。

ランニングコストに関わる!対応する紙パックも要確認

ランニングコストに関わる!対応する紙パックも要確認

出典:hitachi.co.jp

紙パック式掃除機を購入する際は、「メーカーが発売している純正品以外の紙パックでも装着できるか」の確認もしておきましょう。掃除機用の紙パックは、オリジナルブランドが1枚あたり20円ほどの低価格で販売していたり、100均に売っていたりと純正品以外にもさまざまな場所で販売されています。

少しでもランニングコストを抑えて紙パック式掃除機を使いたいなら、汎用タイプの紙パックに対応しているかの確認は必須です。

より快適に使うには、アタッチメントや重量もチェックしておこう

紙パック式掃除機の性能のほかにも、アタッチメントや重量も使い勝手を左右するポイントです。掃除する範囲が広い、ひとつの掃除機でさまざまな場所を掃除したいという人は要チェックです。

■アタッチメントが豊富だと、ヘッドが行き届かない場所まで掃除できる

より快適に使うにはアタッチメントや重量のチェックもしておこう

掃除機に付属されているアタッチメントが多いと、掃除のできる幅が広がります。

布団専用アタッチメント 布団のほこりやダニを吸い込める
小型ヘッド 通常のヘッドより小さいので狭い隙間も掃除がしやすい
延長ホース ブラシやノズルを延長できるので手が届きにくい場所も掃除ができる
ブラシノズル(固いタイプのブラシ) 玄関マットに付着した泥汚れをこすりながら吸い込める
ブラシノズル(柔らかいタイプのブラシ) 家電やパソコンのキーボードなどのデリケートな部分の掃除ができる

上記を参考に、生活スタイルや家の環境に合うアタッチメントが付いているかを確認しましょう。

■階段や2階の部屋を掃除するなら、3kg以下の軽量モデルがおすすめ

より快適に使うにはアタッチメントや重量のチェックもしておこう

2階・3階建ての戸建てやメゾネットタイプの賃貸に住んでいる人など、掃除機を持ち運ぶことが多いなら、軽量の紙パック式掃除機を選びましょう。重量の目安は3kg以下です。スティックタイプなら1.5kg未満の紙パック式掃除機もあるので、軽さにこだわりたい人はスティックタイプをチェックしてみてくださいね。

安いVS 高い!紙パック式掃除機の比較

紙パック式掃除機の安いモデルと高いモデルを徹底比較!それぞれの特徴、どんな人におすすめなのかを解説します。

安い紙パック式掃除機の特徴(6,382円のモデル)

10,000円以下の安い紙パック式掃除機は、パイプの長さを調節できる・紙パック交換目安のお知らせランプがある・アタッチメントは小型ノズルのみと、フローリング掃除に最低限の機能は備わっています。

ヘッドは床ブラシかエアタービンブラシのいずれかなので、掃除にこだわりたい人や、子どもやペットがいる家庭だと、掃除能力に物足りなさを感じてしまうでしょう。

安い紙パック式掃除機はこんな人におすすめ
  • 一人暮らしで部屋が酷く汚れない人
  • 寝室用・子供部屋用などサブの掃除機を探している人
  • カーペットや絨毯を敷いていない家庭

高い紙パック式掃除機の特徴(39,800円のモデル)

4万円前後の高い紙パック式掃除機は、安い紙パック式掃除機の機能に加えて強力な吸引力・拭き掃除をしたかのようなツルツル仕上げ・壁際のゴミもしっかりキャッチする高性能なヘッドなど、完璧な掃除仕上がりを叶える機能が搭載されています。

汚れや床質に合わせてパワーをコントロールできたり、紙パックが目詰まりしにくかったりと、使い勝手の良さも魅力です。

高い紙パック式掃除機はこんな人におすすめ
  • 子供やペットがいて、掃除頻度の高い家庭
  • フローリング・カーペット・ラグなどどんな場所でも安定した掃除仕上がりを求めている人

紙パック式掃除機の人気メーカー

紙パック式掃除機は大手メーカーから多数ラインナップされていますが、メーカーごとに力を入れている機能は異なります。紙パック式掃除機に悩んだらメーカーの特徴も参考にしてみてください。

【パナソニック】強力な吸引力と軽さが両立

パナソニックの紙パック式掃除機は「強烈な吸引力×圧倒的な軽さ」が特徴です。キャニスタータイプの紙パック式掃除機でも、本体重量は3kg以下。

デザイン性にも優れており、見た目にこだわりたい人にもピッタリです。上位機種になると髪の毛やペットの毛が絡まらないブラシが装備されているので、手入れの負担をグッと減らせます。

また、2021年最新モデルとして「セパレート型コードレススティック掃除機」が発売されたことで注目を集めています。こちらの掃除機については以下のランキングで詳しく特徴解説しているのでぜひチェックしてくださいね。

【日立】エコ運転で効率よく掃除ができる

日立の紙パック式掃除機は「ecoこれっきり 運転」が特徴です。センサーが床質や操作力を感知し、ブラシのパワーを自動コントロール。消費電力量を抑えながら効率よく掃除ができます。

白色LEDライト搭載の機種なら、暗い場所でもゴミを目視できるので取り残しゼロを叶えます。床にピッタリ吸着するよう設計されており、押すときも引くときもゴミを吸い込めるのも魅力ポイントです◎

【三菱】強力モーター搭載。軽い力でしっかり吸引

三菱の紙パック式掃除機は掃除中に舞い上がるハウスダストまでもを吸い取ってくれます。自走式のパワーブラシは、力をほとんど加えることなくグングン進んでくれるので、長時間の掃除もノンストレス。

全ての紙パック式掃除機に「SIAA抗菌加工認証取得(本体ハンドル部・手元ハンドル部)」という抗菌ハンドルが採用されています。触れる機会の多いハンドル部分がいつでも清潔なのはうれしいですよね。

【東芝】6.5cmの隙間でもへッドが浮かず奥まで届く

東芝の紙パック式掃除機は、わずか6.5cmの隙間もヘッドを浮かせずに掃除できるのが特徴です。ソファーやベッドの下など狭いスペースでも奥までしっかり掃除ができます。

自走式カーボンヘッドは、微細なちりもしっかり吸い取る強力な吸引力を実現。ハンドル部分は細めに作られているので、握りやすいですよ。

【アイリスオーヤマ】スティックタイプが多数ラインナップ

アイリスオーヤマからはスティックタイプの紙パック式掃除機が多数ラインナップされています。ヘッドの角度が自在に変えられるので、小回りが利きやすく掃除しやすいのが特徴。

掃除機本体に静電気モップが装備されており、掃除している最中にテレビ台や照明のほこりが気になったらサッと手入れ可能です。スティックタイプの紙パック式掃除機を探している人はアイリスオーヤマをチェックしてみてください。

【コードレス】紙パック式掃除機 おすすめ人気ランキングの比較一覧表

商品最安価格サイズ重量コードの有無ヘッドの種類付属のアタッチメント集じん容量連続使用時間充電時間
マキタ 紙パック式コードレス掃除機 CL107FDSHW¥15,299 楽天市場AmazonYahoo!幅112×長さ960×高さ150mm1.1kgコードレス-サッシ(すきま)ノズル0.5L標準/約25分、パワフル/約10分、強/約12分約22分
ツインバード 紙パック式掃除機 TC-E263GY楽天市場¥19,800 AmazonYahoo!幅235×奥行135×高さ1050mm1.4kgコードレス自走式パワーブラシすきまノズル0.25L自動/約30分、強/約7分約2.5時間
マキタ 紙パック式掃除機 CL282FDRFW楽天市場¥31,390 AmazonYahoo!幅114×奥行154×高さ1016mm1.5kgコードレス-サッシ(すきま)ノズル0.5L標準/約50分、パワフル/約15分、強/約20分約22分
紙パック式掃除機 SY-120¥8,480 楽天市場AmazonYahoo!幅240×奥行85×高さ1060mm750gコードレス-隙間ノズル0.1L約25分-
マキタ コードレス掃除機(充電式クリーナー) CL105DWR楽天市場¥10,610 AmazonYahoo!幅113×奥行446×高さ983mm1.0kgコードレス-サッシ(すきま)ノズル0.5L標準/約20分、パワフル/約7分、強/約10分約3時間

【コードレス】紙パック式掃除機 おすすめ人気ランキング5選

ここではコードレスの紙パック式掃除機のおすすめランキングをご紹介します。ゴミに気付いたときにサッと掃除がしたい、コンセントに左右されず掃除機を使いたい人は要チェックです。

【15,000円以下で安い】紙パック式掃除機 おすすめ人気ランキングの比較一覧表

商品最安価格サイズ重量コードの有無ヘッドの種類付属のアタッチメント集じん容量連続使用時間充電時間
アイリスオーヤマ 紙パック式掃除機 IC-SLDC11¥13,800 楽天市場AmazonYahoo!幅236×奥行173×高さ1003mm1.4kgコードレスサイクロンストリームヘッド静電気モップ0.3L標準/約20分、ターボ/約9分、自動/約30分約3時間
日立 紙パック式掃除機 CV-VP5楽天市場¥9,980 AmazonYahoo!幅256×奥行214×高さ288mm3.3kg(ブラシ/ホース部1.2kg)コードありエアーヘッドすき間用吸口1.5L--
アイリスオーヤマ 紙パック式掃除機 IC-BTA4楽天市場¥8,500 AmazonYahoo!幅191×奥行352×高さ195mm3.1kgコードありタービンヘッドすきまノズル1L--
東芝 紙パック式掃除機 VC-PH65A楽天市場¥12,992 AmazonYahoo!-2.3kg(ブラシ/ホース部1.3kg)コードありエアータービンヘッドすき間ノズル1.2L--
山善 紙パック式掃除機 ZKC-300¥7,980 楽天市場AmazonYahoo!幅242×奥行295×高さ234mm4.3kg(ブラシ/ホース含む)コードあり-すき間ノズル1.4L--
日立 紙パック式掃除機 かるパック CV-KV70G楽天市場¥44,480 AmazonYahoo!幅236×奥行351×高さ202mm2.7kg(ブラシ/ホース部1.4kg)コードありパワフルエアーヘッドすき間用吸口1.3L--

【15,000円以下で安い】紙パック式掃除機 おすすめ人気ランキング6選

ここでは15,000円以下の安い紙パック式掃除機ランキングをご紹介します。フローリングや畳しか掃除をしない人におすすめです。

【高機能】紙パック式掃除機 おすすめ人気ランキングの比較一覧表

商品最安価格サイズ重量コードの有無ヘッドの種類付属のアタッチメント集じん容量連続使用時間充電時間
三菱電機 紙パック掃除機 Be-K(ビケイ) TC-GM1J-N楽天市場¥19,800 AmazonYahoo!幅208×奥行320×高さ206mm2.1kg(ブラシ/ホース部1.3kg)コードあり自走式パワーブラシ2WAYロングノズル1.2L--
パナソニック セパレート型コードレススティック掃除機 MC-NS10K-W楽天市場¥64,980 AmazonYahoo!幅213×奥行130×高さ1030mm1.5kgコードレス自走式パワーノズル-スティック/0.05L、クリーンドック/0.8LHIGH/約6分、AUTO/約10~15分約3時間
パナソニック 紙パック式掃除機 MC-PJ20G楽天市場¥26,800 AmazonYahoo!幅242×奥行348×高さ194mm2.7kg(ブラシ/ホース部1.6kg)コードありパワーノズル2WAYノズル1.3L--
アイリスオーヤマ 紙パック式キャニスティッククリーナー IC-CSP5¥9,980 楽天市場AmazonYahoo!幅235×奥行250×高さ1052mm2.3kgコードあり自走式パワーブラシ-0.4L--
パナソニック 紙パック式掃除機 MC-JP840K楽天市場¥46,800 AmazonYahoo!幅195×奥行383×高さ191mm2.0kg(ブラシ/ホース部1.5kg)コードありパワーノズルワンタッチ手元ブラシ、すき間用ノズル1.2L--
シャープ 紙パック式掃除機 EC-VP510-P¥32,510 楽天市場AmazonYahoo!幅194×奥行395×高さ182mm2.2kgコードあり自走パワーヘッドすき間ブラシ、スグトルブラシ、スグ換え玄関ブラシ、ベンリブラシ1L--
シャープ 紙パック式掃除機 EC-VP510-P¥32,510 楽天市場AmazonYahoo!幅194×奥行395×高さ182mm2.2kgコードあり自走パワーヘッドすき間ブラシ、スグトルブラシ、スグ換え玄関ブラシ、ベンリブラシ1L--

【高機能】紙パック式掃除機 おすすめ人気ランキング7選

ここでは、機能が充実している高性能な紙パック式掃除機ランキングをご紹介します。子どもやペットがいる家庭、掃除仕上がりにこだわりたい人はチェックしてみてくださいね。

紙パック式掃除機 まとめ

紙パック式掃除機は、掃除機本体のメンテナンスがほとんど不要なので少しでも手入れの手間を省きたい人におすすめです。

  • キャニスタータイプ or スティックタイプ
  • コードあり or コードレス

上記の2点をまず決めてから、ヘッドの種類や重量など自分に合ったモデルを選んでいきましょう。

使いやすく、掃除時間がストレスにならない紙パック式掃除機を見つけてくださいね☆

関連記事:【省スペース&コスパ最強】一人暮らし向け掃除機おすすめ15選|ミニマリスト向けモデルも

関連記事:【2021年】パワフルなダイソン掃除機おすすめ15選|最新機種を徹底比較

関連記事:【床も窓もピカピカ!】電動モップおすすめ15選|スチームと振動で力を入れずに汚れが落ちる!

関連記事:床を傷つけない!おしゃれなほうきおすすめ26選|室内・屋外用やちりとりセット品も

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー