【2020年度最新版】用途別PCモニターの選び方とおすすめ15選を解説&徹底比較

   

パソコンに接続するディスプレイ・PCモニターには様々な特徴や性能があり、購入の際は用途に応じて適切な製品を選択しなくてはいけません。

用途に合ったサイズ、性能のモニターに替えることで作業性が向上したり、快適に動画視聴やゲームを行うことができます。

ですがモニターの機能・性能は多岐に渡り、「モニターが欲しい」というだけではきっと迷ってしまうと思います。

そこで今回はレントリー編集部がパソコンモニターの選び方を解説します。

あわせて用途ごとのおすすめも紹介していますので、PCモニター選びに迷ったら是非この記事を参考にしてください。

目次

PCモニター 選び方8つのポイント

PCモニターには価格や製品ごとに性能が異なります。

自分の目的に合った性能のPCモニターを選ばないと、「せっかく買ったモニターなのに使いにくい」という事にもなりかねません。

まずはPCモニターの選び方について解説します。

PCモニターを選ぶときの主な基準
  • 価格
  • サイズ
  • 形状
  • 解像度
  • 光沢の有無
  • パネル
  • 接続端子
  • ゲーミング

PCモニターの価格

PCモニターは安いもので1万円以下から購入できます。

ですが、あまりに安いものは画面サイズも小型で画質も良くないものも多く、いわゆる「安かろう悪かろう」になる可能性があります。

サイズや用途によりますが、できれば1万円以上の予算は確保しておきたいところです。

基本的にPCモニターは価格と性能が比例するため、「大きくて画質が綺麗な物ほど価格が高くなる」と覚えてください。

ひとことメモ
無駄に高いものを買う必要はありませんが、できる限り予算を割いた方が満足度は高くなります

PCモニターのサイズ

サイズはそのまま画面の大きさの事を指し、テレビ同様「インチ」で表されます。

【15/15.6/16/17/19】インチのモニターは小さめのノートパソコンサイズで、置き場所や取り回しは楽ですが作業性や視認性はあまり良くありません。

【20/21/21.5/22/23/24/26/27】インチあたりが一般的なサイズのモニターで、価格とのバランスも良く使いやすいサイズでしょう。

【30/31.5/32/34/37/40/42/43】インチは動画を見たり、細かい作業の多いクリエイター向けです。

基本的には大きいサイズの方が使いやすいのですが、サイズが大きくなればなるほど価格も上がりますので予算と相談しましょう。

ひとことメモ
なお40インチ以上の大型モニターは、作業によっては疲れやすくなったり見にくくなったりすることもあるので注意が必要です

PCモニターの形状 (縦と横の比率)

ディスプレイの縦横比のことで、「アスペクト比」と言い、基本的な形状は4:3の真四角に近い「スクエア型」と、16:9で横長の「ワイド」です。

ビジネスでオフィスソフトなどを使用する場合や使いやすいスクエア、テレビ用や動画視聴にはワイドがおすすめです。

21:9のウルトラワイドもありますが、こちらは動画視聴やゲーム向けのサイズです。

ひとことメモ
現在の売れ筋はワイド型でスクエア型はランキングなどでもあまり見かけません

PCモニターの解像度

映像の美しさを決めるのがこの解像度(画素数)で、基本的には数字が高ければ高いほど高画質で綺麗に映ると考えてください。

現在の主流はフルHD(1920×1080)で、このフルHDを選んでおけばビジネス用から動画ゲームとどんな用途にも使用できます。

より美しい画面で映像視聴やPS4などのゲームをしたい場合は、4K(3840×2160)を選びましょう。

ただ、4Kは綺麗ですが、映像の表示自体は小さくなるためビジネス用ならフルHDの方が見やすくて使いやすいです。

ひとことメモ
数は少ないですが8K対応のモニターもあります。ただ、高価でコスパは良くないので少しでも映像にこだわる方にのみおすすめです

PCモニターの 光沢の有無

PCモニターには光沢ありのグレアと、光沢無しのノングレアの2種類があります。

どちらが高価で優れているというわけではなく、それぞれにメリット・デメリットがあります。

グレア(光沢あり)は高級感があり映像や色を美しく表示してくれますが、光を反射するので見づらく目も疲れやすくなります。

光沢無し(ノングレア)は目に優しく疲れにくいのですが、グレアと比べると画面は白っぽくぼやけて映り、色彩も劣ります。

officeソフトなどを使用するビジネスではノングレア、映像や写真を見たりイラストを描いたりする場合はグレアを選びましょう。

ひとことメモ
現在ランキングや口コミでは、ノングレアモデルが多くを占めており人気はノングレアの方が高いようです

PCモニターのパネルの種類

PCモニターに使用されているパネルには主に「TN」「VA」「IPS」の3種類(これ以外にもあります)があり、それぞれ特徴が異なります。

パネルの種類と特徴
  • TN(安価)…画質はそれなりで安価。応答速度が速くゲーム用におすすめ
  • VA(普通)…メリハリのある画質で映画や動画を見る方におすすめ
  • IPS(高価)…綺麗な発色ですべての作業におすすめだがコストが高い

TNは量産しやすく、比較的安く買えるパネルですが視野角が狭い(横から見えない)といった点を除けば可もなく不可もなく、といった性能です。

高い画質を求めない文書作成やオフィスなどのビジネス用なら、問題なく使用することができます。

映画や動画を見るならコントラストのはっきり表示されるVAがおすすめ。

視野角も広いので大人数で画面を見るのにも適しています。

IPSはどんな作業にも適していますが、「発色」を重視する作業が多いデザイナーや動画編集などのクリエイター、アニメを見るといった作業が多いにおすすめです。

ひとことメモ
コストを除けば万能感のあるIPSですが、人によってはVAの方が動画などは見やすいという人もいるので購入前に実際に見てみるのもいいでしょう

PCモニターについてる接続端子の種類と数

PCモニターとパソコンを繋ぐ接続端子・接続方法にはいくつかの規格があります。

PCモニターを買う前に、繋ぎたいパソコンやデバイスに対応した接続方法かどうかを確認しておきましょう。

  • アナログ接続の「VGA」(別名:D-Sub15ピン)
  • DVI端子【Digital Visual Interface】
  • HDMI端子
  • Display Port(ディスプレイポート)端子
  • USB

PCモニターやデバイスによっては複数の接続方法、接続ケーブルに対応しているものもあります。

複数の接続端子があれば、2台.3台といったマルチディスプレイ(デュアルディスプレイ)にすることも可能です。

ひとことメモ
端子が多いと接続で混乱する方もいるので、もしPCモニターがつかない、映らない場合は別の接続端子に差していないか確認してみましょう

ゲーミングPCモニターもある

PCモニターの用途には「ビジネス用」「テレビ・動画視聴用」など様々ですが、もう一つ特殊な用途の「ゲーミングPCモニター」があります。

ゲーミングモニターはその名の通り、ゲーム用に性能を特化させたPCモニターです。

普通のPCモニターと比べてゲーミングモニターは以下のような特徴があります。

  • 応答速度が良い
  • リフレッシュレート(フレームレートのようなもの)が高い
  • 入力遅延が無い

長くなるので今回は個別に詳しく解説しませんが、ゲーミングモニターを一言で言えば「反応速度が速くサクサク表示されるモニター」です。

特にFPSなどの0.1秒の処理速度が勝敗を分けるようなゲームをやる場合は、反応速度の速いゲーミングモニターがおすすめです。

ひとことメモ
PCゲームだけでなく、PS3(プレステ3)やPS4(プレステ4)、Wiiなどを繋いでプレイする場合もゲーミングモニターがおすすめです

激安なのに快適に使えるPCモニターおすすめ3選

ここからは口コミやレビュー、ランキングなどを参考に各用途や目的別におすすめPCモニターを紹介します。

まずは人気の格安PCモニターです。

安価で買えますが、ストレスを感じることなくきちんと使える値段以上のコスパの高い製品を集めました。

なお、ヤフオクやメルカリなどでも中古の安いPCモニターを手に入れることができますが、基本的にはおすすめしません。

欲しいPCモニターが決まっていて、程度の良いものが安く出ていたら検討してもいいかもしれません。

[ASUS] VP248H ゲーミングモニター 24インチ 1ms 75Hz

ASUSTek
最安値 ¥13,080 (税込)

フレームレート75Hz・応答速度1ms 極限まで価格を抑えた激安ゲーミングモニター

メーカーASUS
パネルTN
解像度1920×1080(フルHD)
光沢非光沢(ノングレア)
接続端子HDMI/D-sub15ピン x 1

ASUSのVP248Hはゲーミングモニターですが、通常のPCモニターとしても使える激安PCモニターです。

価格が安い分、高速処理を求められるゲーミングモニターとしての性能は今一歩ですが、一般的な使用をするのであれば安くて快適に使える優秀なモニターです。

ひとことメモ
高速表示が可能なゲーミングモニターは、ビジネス用にも動画視聴にも向いています

[LG] 22MN430H-B 21.5インチ モニター ディスプレイ

LG
最安値 ¥10,199 (税込)

Amazon最安値で買える21.5インチ フルHD/IPSモニター

メーカーLG
パネルIPS
解像度1920×1080(フルHD)
光沢非光沢/ノングレア
接続端子HDMIケーブル

LGの22MN430H-Bは21.5インチ(22インチ)とやや小さいながら、豊富な機能を搭載したモデルです。

目に負担をかけるブルーライトカット機能、ちらつきを軽減するフリッカーセーフ、ゲームなどで暗い部分を明るく表示するブラックスタビライザーなど。

ひとことメモ
このほかにもモニターコントロールやスクリーンスプリットなど、パソコンモニターとして快適に使える機能を搭載した優秀なモニターです

[ASUS] VZ249HR 23.8インチ ウルトラスリムモニター

ASUSTek
最安値 ¥12,979 (税込)

激安モデルなのに、7mmの薄型ウルトラスリムでIPSパネル搭載の23.8インチ 満足度の高い一台

メーカーASUS
パネルIPS
解像度1920×1080(フルHD)
光沢非光沢/ノングレア
接続端子HDMI x1、D-sub15ピン

ASUSのVZ249HR 23.8インチ(24インチ)は、1万円台で購入できるPCモニターの中でも特にコスパに優れたモニターです。

フルHD・IPSパネルなので発色が良くイラストや動画視聴、ゲームにビジネス用とマルチに使える一台です。

ひとことメモ
7mmの薄いウルトラスリムなボディとでフレームレスな画面で見た目もスマートです

疲れにくくて使いやすい仕事用PCモニターおすすめ3選

長時間パソコンモニターを見続けることが多いビジネス用のモニターは目に優しい非光沢(ノングレア)で、快適に作業できる24インチ以上のものがおすすめです。

特にデスクワークが多い方や、在宅勤務で長時間パソコンを使用する方は、できる限り目に負担をかけないモニターを選択するといいでしょう。

[I-O DATA] EX-LDH241DB 23.8型 ADSパネル 非光沢

アイ・オー・データ
最安値 ¥12,980 (税込)

24インチで非光沢、価格も安く幅広い用途におすすめなお手頃PCモニター

メーカーI/ODATA
パネルADS
解像度1920×1080(フルHD)
光沢非光沢(ノングレア)
接続端子HDMI、アナログRGB

I-O DATAのEX-LDH241DBは24インチの非光沢パネルで、癖がなくビジネスに適したPCモニターです。

採用されているADSパネルは鮮やかな映像と広い視野角を確保し、長時間のオフィス作業を快適にします。

スピーカーも内蔵しているので、在宅勤務や会議室での使用にも適しています。

ひとことメモ
広い視野角が気になるという方はプライバシーフィルターを使用しましょう。

[Dell] S2719HS 27インチモニター フルHD/IPS/非光沢

Dell
最安値 ¥24,576 (税込)

大きめの画面で作業がしやすく、視野角が広いので会議にも最適なディスプレイ

メーカーDELL
パネルIPS
解像度1980×1080(フルHD)
光沢非光沢(ノングレア)
接続端子DPx1,HDMIx1,D-Sub15ピンx1

DELLのS2719HSはIPSパネル搭載、広角視野でどの角度からでも画面が見やすいPCモニターです。

非光沢はもちろん、ブルーライトカット、フリッカーフリーと目の負担を軽減する機能も多数搭載されています。

ひとことメモ
27インチの大きなモニターで作業性も高いおすすめのモデルです

[Acer] AlphaLine KA240Hbmidx 24インチモニター ディスプレイ フルHD TN

日本エイサー
最安値 ¥14,568 (税込)

HDMI DVI-D端子 アナログ(ミニD-sub15ピン)端子搭載であらゆるデバイスとの表示切り替えが可能なマルチモニター

メーカーAcer
パネルTN
解像度1920×1080(フルHD)
光沢非光沢(ノングレア)
接続端子D-Sub,HDMI

Acerの KA240Hbmidxは特筆すべき特別な機能はないものの、TNパネル・フルHD・スピーカー付きと水準以上のスペックを備えたうえで価格も抑えた優秀なPCモニターです。

ケーブル1本で、映像、音声出力の信号を伝達するHDMI入力端子搭載、つなぎ方が簡単でPCに詳しくない方でも簡単に接続可能です。

ひとことメモ
イヤホン、ヘッドホンジャック付きで音を気にせず作業に没頭できます

サブモニターとしても使えるコンパクトなPCモニターおすすめ3選

二台目のサブモニターや持ち運びに便利な20インチ以下の小さ目でコンパクトなPCモニターを3つ紹介します。

ちょっとした作業やスマホの代用として使う分には便利ですが、用途は限定されるのできちんとサイズを確認してからの購入がおすすめです。

[cocopar] ZB-156 15.6インチ モバイルディスプレイ 非光沢 IPSパネル

cocopar
最安値 ¥19,999 (税込)

あらゆる用途におすすめな15.6インチのモバイルディスプレイ

メーカーcocopar
パネルIPS
解像度1920x1080(フルHD)
光沢非光沢(ノングレア)
接続端子HDMI/USB Type-C

cocoparのZB-156は15.6インチと、サブとしてもメインとしても使え、重量も比較的軽いのであらゆる用途におすすめなPCモニターです。

スタンドとして使用できる折りたたみケースが付帯しているので、縦置き・横置きどちらでも使用できます。

ひとことメモ
Type-Cケーブルで任天堂switchなどのゲーム機と接続することもできます

[EVICIV] EVC-1301 13.3インチ モバイルモニター IPSパネル

EVICIV
最安値 ¥17,800 (税込)

縦置きでも横置きでも使える、サブモニターとしておすすめのモバイルディスプレイ

メーカーEVICIV
パネルIPS
解像度1920×1080(フルHD)
光沢光沢(グレア)
接続端子USB、HDMI、 PD、オーディオ

EVICIVのEVC-1301は13.3インチ、小さめのタブレットのようなスタイリッシュな見た目で、様々な使い方ができるおしゃれなPCモニターです。

付属のペンをアームのように差し込んで固定するとスタンド無しでも自立可能、さらに縦横回転させることで縦表示、横表示好きな向きで使用できます。

ひとことメモ
VESA対応で壁掛け設置も可能。好きな位置に設置できます

[Vvview] 10.1 インチ モバイルモニター 2560*1440 非光沢 薄型 IPSパネル 給電 スタンド付

Vvview
最安値 ¥15,980 (税込)

9mmの薄型で300gの軽量 持ち運びに便利なモバイルディスプレイ

メーカーVvview
パネルIPS
解像度2560×1440
光沢非光沢(ノングレア)
接続端子HDMI

Vvviewの10.1 インチ モバイルモニターは解像度2560×1440と非常に綺麗な映像を出力するPCモニターです。

ipad代わりにYouTubeなどの動画再生をするなら非常に美しい画像が楽しめます。

ただ10インチの小ささで2560×1440の解像度だと、文字はかなり小さく表示されるためビジネス用のメインモニターとしては厳しいです。

ひとことメモ
軽量で持ち運びに便利という特性を生かしてポータブルな使い方がおすすめです。

サクサク表示されるゲーム用PCモニターおすすめ3選

ゲームをする時は、反応速度の速いゲーミングモニターの使用がおすすめです。

特に格闘ゲームやFPSなどの一瞬の表示速度の遅れが勝敗を分けるシビアなゲームでは、ゲーミングモニターが無いとそれだけで不利です。

ゲーミングモニターを選ぶ際は以下のスペック数値を参考にしてみて下さい。

  • リフレッシュレート 144HZ以上(ハイスペックモニターは240HZ)
  • 応答速度      5ms以下(FPSや格闘ゲームでは1ms以下がおすすめ)

リフレッシュレートのHZ(ヘルツ)が高いと画面の更新速度が上がり、いわゆる「ヌルヌル動く」ようになります。

応答速度の値は低ければ低いほど「残像・ちらつき」が減ります。

この2つの性能が高いゲーミングモニターをコスパの良いモデル、ハイエンドモデル、格安モデルと3つ紹介します。

[ASUS] G-SYNC Compatible FreeSync VG258QR ゲーミングモニター 24.5インチ

ASUSTek
最安値 ¥26,602 (税込)

応答速度0.5ms リフレッシュレート165Hzと高性能なのに価格を抑えたコスパの高いゲーミングモニター

メーカーASUS
パネルTN
解像度1920×1080(フルHD)
光沢非光沢(ノングレア)
接続端子DisplayPort/HDMI/オーディオ

ASUSのVG258QRはリフレッシュレート165HZ、応答速度0.5という水準以上の高い性能にもかかわらず、2万円台で買えるゲーミングモニターです。

他にも画面にゲーム内の銃の照準を自動表示するGamePlus機能など、ゲームに特化した機能が多数搭載されています。

ひとことメモ
「安くて性能の良いゲーミングモニターを探している」というざっくりとした希望ならこれを選んでおけば間違いありません

[ASUS] VP248H ゲーミングモニター 24インチ 1ms 75Hz

ASUSTek
最安値 ¥13,080 (税込)

フレームレート75Hz・応答速度1ms 極限まで価格を抑えた激安ゲーミングモニター

メーカーASUS
パネルTN
解像度1920×1080(フルHD)
光沢非光沢(ノングレア)
接続端子HDMI/D-sub15ピン x 1

先ほど激安モニターのおすすめでも紹介したASUSのVP248Hです。

応答速度1ms、リフレッシュレート75Hzで、正直ゲーミングPCとしては「最低限の機能を保持している」程度の性能です。

とはいえ、Amazonなどで1万円ちょっとで買えるゲーミングモニターもそうそうありませんし、普通のモニターに比べれば断然ゲーム向きです。

ひとことメモ
そこまで動きの激しくないゲームで使用するなら非常に優秀な一台です。

[BenQ] ZOWIE ゲーミングモニター XL2546S 24.5型

[BenQ] ZOWIE ゲーミングモニター XL2546S 24.5型
ベンキュージャパン

リフレッシュレート240Hzで応答速度0.5ms・FullHDのハイスペックゲーミングモニター

メーカーBenQ
パネルTN
解像度1920×1080(フルHD)
光沢非光沢(ノングレア)
接続端子HDMI/DisplayPort/DVI

BenQ(ベンキュー)のZOWIEゲーミングモニターXL2546Sはリフレッシュレート240HZ,応答速度0.5msのハイスペックゲーミングモニターです。

  • リフレッシュレート以上の表示を実現するDyAc+機能
  • 明るさや暗さを自動調整するColor Vibrance/Black eQualizer機能搭載
  • ゲーム中のティアリングやスタッタリングを排除するFreeSync対応

性能だけではなく、ゲームを有利にするための機能も多数搭載されているプロゲーマー仕様のモニターです。

ひとことメモ
こちらの商品は日本国内560台限定販売で、今は在庫ありになっていますが在庫がなくなり次第売り切れになります

色鮮やかで綺麗!動画・映像視聴用大型PCモニターおすすめ3選

ここまで、性能と価格のバランスの良いモデルを紹介してきましたが、最後は動画や映像にこだわる方のために性能にこだわったモデルを3つ紹介します。

今まで紹介してきたモデルに比べると価格の高さがネックですが、サイズが大きく、解像度が高いので映画鑑賞や動画視聴される方にとって価格以上の価値があるモニターです。

[LG] 34WL750-B 34インチ ウルトラワイド ディスプレイ IPS 非光沢

LG
最安値 ¥59,790 (税込)

高解像度なUWQHD(3440×1440)で動画視聴に最適な34インチウルトラワイドモデル

メーカーLG
パネルIPS
解像度3440×1440(UWQHD)
光沢非光沢
接続端子HDMI/DisplayPort

LGの34WL750-Bは34インチのウルトラワイドモデルで、WQHDよりも高解像度なUWQHD、IPSパネル・HDRによって美しい映像を充実に再現するPCモニターです。

ブラックスタビライザーなどのゲーム機能も搭載し、動画だけではなくゲーミングモニターとしても使える多機能・高機能モデルです。

ひとことメモ
このPCモニターは唯一「スピーカーなし」という欠点があります。外付けや外部スピーカーも一緒に購入しておきましょう

[I-O DATA] EX-LD4K432DB 43インチ 4K モニターディスプレイ

アイ・オー・データ
最安値 ¥51,843 (税込)

4K大画面、ADSパネル搭載で大人数の動画視聴にも最適な大型ディスプレイ

メーカーI-O DATA
パネルADS
解像度3840×2160(4K UHD)
光沢半光沢
接続端子DisplayPort/HDMI/アナログRGB

I-O DATAのEX-LD4K432DBは43インチの大画面にHDR・4K 60Hz・ADSパネル採用と「色鮮やかで美しい映像を映す」機能に特化したPCモニターです。

珍しいハーフグレア(半光沢)で好き嫌いは分かれるかもしれませんが、目の負担を軽減しつつ発色を保持したモデルです。

ひとことメモ
高音質なスピーカーもついているのでゲーム以外ならこのモデルがおすすめです

[SAMSUNG] C49HG90 49インチ 湾曲モニター FHD(3840×1080) 32:9 ワイド

Samsung
最安値 ¥129,000 (税込)

大迫力の49インチ 湾曲モニターで大人数で視聴しても見やすい大型ディスプレイ

メーカーSAMSUNG
パネルVA
解像度3840×1080(FHD)
光沢非光沢(ノングレア)
接続端子DisplayPort/HDMI/Audio

SAMSUNGのC49HG90は49インチ(約50インチ)、32:9比率の超ワイド湾曲モニターという迫力のあるPCモニターです。

もちろん見た目の画面サイズだけではなく、安価なモデルでは再現しきれない色彩を完璧に表現。

それを映しだす湾曲(曲面)モニターはより深い映像への没入感が得られます。

ひとことメモ
これだけの大画面になってくるとモニターからかなり距離を取らないと見にくいので、ビジネスなどの作業用にはおすすめしません

質問Q&A

最後にPCモニターに関する質問と回答を紹介します。

気になる質問があればぜひ読んでみて下さい。

PCモニターで人気のメーカーを知りたい

PCモニターは国内メーカーから海外メーカーまで様々です。

スペックとかよくわからない、という方は基本的に実績のある有名メーカー・ブランドの製品を選択すれば大きな間違いないでしょう。

  • ASUS(エイスース)
  • DELL(デル)
  • LG(エルジーエレクトロニクス)
  • EIZO(エイゾー)
  • PHILIPS(フィリップス)
  • IO DATA(アイオーデータ)
  • iiyama(イイヤマ)
  • BENQ(ベンキュー)
  • viewsonic(ビューソニック)

上記のメーカーはコスパの良い廉価モデルから、性能に特化したハイエンドモデルまで様々なモデルを取り扱っています。

豊富な選択肢から希望に合う一台を見つけることができるでしょう。

不要になったPCモニターの処分方法は?

故障や寿命などで新しくPCモニターを買い替えると、古いモニターが不要になりますよね。

モニターの捨て方について迷う方は多いようです。

パソコンは家電リサイクル法の対象のため、自治体で粗大ごみとして廃棄するのはなかなか難しいです。

古いモニターの簡単な処分方法については以下のような方法があります。

  • 使える物ならリサイクルショップで買取ってもらう
  • メルカリ・ヤフオクで売る
  • 製造メーカーで無料回収してもらう
  • 引き取り業者で無料回収してもらう

もし何の問題もなく使える物であれば、ハードオフのようなリサイクルショップ店舗やヤフオクで売却してしまうのが良いでしょう。

無料どころかお金になる可能性があります。

使えない物・ジャンク品であれば、製造メーカーや無料回収業者に引き取りを依頼して廃棄してもらいましょう。

どこからメーカーに連絡したらいいか分からない場合は、下記のパソコン3R推進協会のHPで連絡先を調べることができます。

引用:PC3R

パソコン3R推進協会公式サイトへ

ただしメーカーにしても業者にしても、リサイクルマークが貼っていないモニターに関しては有料(3000円程度)になるので注意しましょう。

ひとことメモ
ブラウン管の場合は処分方法が異なります

PCモニターをテレビとして使いたい

PCモニターを買う方の中には、「モニター1台でPC画面もテレビ(地デジ)も映したい」という方も多いようです。

1台の液晶でパソコンとテレビの両方移す場合、2通りの方法があります。

  1. PCモニターにTVチューナーを繋いで表示させる(PCモニターをテレビ化)
  2. 液晶テレビにHDMIを繋いでPC画面を表示させる(テレビをPCモニター化)

PCモニターをテレビ化する場合、PCモニターとテレビチューナーがあれば兼用できます。

ただしスピーカーが無いモニターならスピーカーと、快適に使うためには後付けリモコンを買う必要があります。

もしPCモニターと一緒にスピーカーの購入を検討しているのであれば、以下の記事も参考にしてみて下さい。

関連記事:【2020年版】最強Bluetoothスピーカーおすすめランキング10選

関連記事:【2020年度版】スピーカーフォンおすすめ17選|価格や機能で徹底比較

一方、テレビをPCモニター化する場合は、HDMIケーブルがあれば難しい設定も不要で簡単に接続できます。

ただPCモニターをテレビにするにしても、テレビをPCモニターにするにしても、元々テレビとPCモニターでは用途が違います。

画素数などのスペックも違うため接続した際に文字が見にくかったり、遅延が発生したりと色々と問題が起きる可能性もあります。

  • PCをテレビ化⇒テレビとして使えなくもない
  • テレビをPC化⇒PCとして使えなくもない

このくらいで考えておくといいでしょう。

ひとことメモ
今はPCモニターもテレビも1万円台の安いものが出ているので、別々に買ったほうが簡単でトラブルも少ないはずです

PCモニターはどこで買うと安い?

昔に比べて、PCモニターの相場もだいぶ下がっているのでどこの販売店・サイトでも安く販売されています。

  • Amazon
  • 楽天
  • ヨドバシカメラ
  • ビックカメラ
  • ドンキ
  • ヤマダ電機
  • ケーズデンキ
  • モノタロウ

実店舗でもいいですし、家電量販店のサイトでも通販に対応しているので色々探してみるといいでしょう。

セール時期になると型落ちモニターが安く売られる場合もあります。

ひとことメモ
基本的におすすめしませんが、詳しい方は秋葉原などの中古パーツショップが並ぶ所で探すと掘り出し物が見つかります

まとめ

パソコンに接続して使うPCモニターの選び方は様々です。

ビジネス用、動画視聴用、ゲーム用と自分に合った性能のモニターを選ばないとどんなにいいモニターもその性能を発揮できません。

「せっかく買ったのに快適に使えなかった」ということにならないよう、モニターを買う前に自分の用途や必要なスペックをきちんと確認しておきましょう。

PCモニター以外のパソコンの周辺機器についてもレントリー編集部では記事にしていますので、興味のある方は以下の記事もぜひ読んでみて下さい。

関連記事:【2020年度版】ワイヤレスキーボードおすすめ18選|価格や機能で徹底比較

関連記事:【2020年最新】大人気ワイヤレスヘッドセットおすすめランキングTOP10!

関連記事:【2020】テレワークやビデオ会議におすすめのWEBカメラ10選と使い方まとめ