かわいいペット写真の撮り方!! 8つのコツをおさえて猫を上手に撮ろう

   

SONY α6000 単焦点レンズ 猫

こんにちは!猫派の柚木ゆうら(@yzk0829)です。

自宅で飼っている愛猫や、道端で見つけた野良猫にふとカメラを向けたくなることもありますよね。

どうせ撮るなら、かわいく猫を撮りたいもの。

しかし、人間とはまた違う動きをすることもあり、なかなか上手に撮るのは難しい部分もあると思います。

ただ、アングルを変えたりちょっとしたコツをおさえるだけで、ぐっとかわいい猫の写真が撮れるようになりますよ!

今回は、猫好きの猫好きのために送る猫のかわいい撮り方を紹介していきますね。

この記事を読んで分かること
  • かわいい猫の撮り方
  • 猫を撮るのにおすすめのカメラ
  • 撮影した猫の写真をシェアする方法

猫を撮るのにおすすめなカメラの条件

「猫を撮ろう!」と思ったときに、猫を撮るのに向いているカメラやレンズを準備するのも大切なこと。

まず、猫を撮るのにおすすめなカメラの条件をまとめてみました。

猫を撮るのにおすすめなカメラの条件
  • ピント合わせが早い
  • 連写ができる
  • コンパクトで持ち運びやすい

被写体は「猫」という動物になるわけですから、ピント合わせが早いにこしたことはありません。

猫が本気を出せば、人間の子どもよりも早く動きます。

一瞬の表情やしぐさを逃さないためにも、ピント合わせが早いものを選ぶといいですね。

また、連写ができるカメラだとなおいいです。かわいい猫のしぐさや表情を引き出すためには、やはり数多く撮影することも大切。

連写ができて、なおかつコンパクトで持ち運びやすいものだと撮影もしやすいですよ。

猫のくつろいだ姿を撮るのに、重たいカメラを持ち出してバタバタ準備していては、絶好のシャッターチャンスを逃してしまうかもしれません。

自宅でしっかり撮影したいときは一眼レフカメラ、一瞬のしぐさをとらえたいならスマートフォン、外でのんびり過ごす猫を撮影したいなら軽いミラーレスカメラと使い分けてみるのもいいですね。

条件さえ満たしていれば、撮るカメラはどんなものでも構いません。

重要なのはカメラの性能よりも、アングルやシャッタースピードの早さです。

【初心者向け】おすすめミラーレス一眼カメラと購入するときの注意点まとめ

猫を撮るときのコツについて

ここからは、実際に撮影した写真を紹介しつつ、猫を撮るときのコツについて説明していきますね。

今回はミラーレスカメラ(SONY α6000)やiPhone7・iPhone XSを使って撮影してみました。

基本は猫と「同じ目線」で

猫 同じ目線で 猫を

撮るとき、ついつい人間の目線で撮ってしまいがち。

しかし、同じ目線になるだけでぐっと猫との距離が縮まります。

愛猫を撮影するときは同じ目線で、なるべく寄って撮るのがおすすめです。

飼い主だから、家族だからこそ許された距離。

その距離から撮る写真は「親愛」に満ち溢れていることでしょう。

外で猫を撮るときも、少し離れた場所から同じ目線で撮ることで警戒心を刺激することなく撮影できますよ。

間違っても追い掛けまわしたりしないよう注意してくださいね。

かわいいアングルはちょい上から

猫 ちょい上から

猫をかわいく撮りたいなら、ちょい上のアングルから撮るのがおすすめです。

少し上から撮影することで、自然と猫が上目遣いするような構図に。

つぶらな瞳がうるうる、小さな鼻がひくひく、そんな愛でたくなる猫の姿が撮れますよ。

猫 上からアングル

威嚇されたらそれはそれで、勇ましい写真が撮れるのでOK!

下からあおるとおもしろ写真が撮れる

猫 下からのアングル

上から撮影したあとは、ぜひ下からも撮影してみてください。

下から撮ると、普段とはまた違った猫のよさが見えてきます。

猫 下からのアングルその2

もっふりとした毛の感じや、かわいいにゃんこ口も、下から見ると愛らしくも面白い感じに…!

思いきって下からあおると、いつもとは違う猫のかわいさを表現できますよ。

寄れば愛らしさ満点ですが、少し引いて撮るとキリッとした凛々しい姿も撮影できます。

背景を思いきりぼかす

SONY α6000 猫を撮影

猫のシルエットを生かして撮影したいのであれば、背景を思いきりぼかしてみましょう。

背景をきれいにぼかしたいときは、単焦点レンズがおすすめですね。

猫 背景をぼかす

F値を思いきり小さくして、明るめに撮影するとふんわりとした雰囲気の写真が撮れますよ。

まるで日向の匂いがしてくるかのような、そんな写真に仕上がります。

暗めに撮影して、くっきりとシルエットを浮かび上がらせるのもカッコイイですね。

撮りたい猫の雰囲気に合わせて、カメラの設定も変えてみましょう。

おすすめの単焦点レンズをメーカー別に紹介。初心者も玄人も、これを見て決めろ!

ジャンプ写真は連写して撮る

猫といえば、躍動感のあるジャンプ写真を撮りたくなるもの。

ただ、ジャンプ写真を撮るにはちょっとしたコツと小手先のテクニックが必要です。

猫がジャンプするのをひたすら待っていても、いつジャンプするかなんてなかなか読めませんよね。

そこでおすすめなのが、猫じゃらしなどのじゃらし系グッズです!

片手で猫じゃらしを操りつつ、猫がジャンプしたタイミングに合わせてシャッターを切りましょう。

ジャンプ写真を撮るときは、シャッタースピード優先で連写して撮るのがおすすめ。

一人で全部こなすのは大変ですが、ジャンプ写真のときこそ持ち運びやすいコンパクトなカメラやスマホの出番です。

シャッタースピードを理解することで、一眼レフで美しく・確実に写真を撮る!

野良猫は背景も一緒に切り取ろう

猫 背景も切り取る

自宅で飼っている猫と違って、外にいる野良猫は距離感が掴みづらい部分があります。

向こうも警戒していることが多いので、下手に近寄ると写真を撮るどころか逃げられてしまうことも。

外で見かけた野良猫は無理に追いかけず、距離をつめすぎず、背景ごと切り取ってしまうのがおすすめ。

背景そのものが、野良猫の住む世界です。

むしろ野良猫だからこそ、背景を含むことでストーリーが生まれる部分もあります。

どこに猫を配置するかを決めて、アングル重視で撮影してみましょう。

野良猫を撮るときは、多少ズームがきくカメラやレンズがおすすめです。

フラッシュは使わない

猫 自然光で撮る

暗い場所で猫を撮ろうと思ったとき、ついフラッシュを使いたくなるかもしれません。

しかし、フラッシュの光は猫にとってもあまり好ましくないもの。

フラッシュにおびえて逃げてしまうことだってあります。

なるべくフラッシュは使わずに、自然光で撮影しましょう。

時間帯でいうと午前中がおすすめ。

天気のいい日やくもりの日に窓際の近くで撮影すると、柔らかい雰囲気の写真が撮れます。

暗いところで撮影すると写真がブレてしまうので注意してくださいね。

パーツ撮りもかわいい◎

猫 手をなめるしぐさ

猫の写真を撮ろうと思ったとき、ついつい全体を入れたくなりますよね。

もちろん全体を映した写真もいいのですが、猫の愛らしさは細部にも宿ります。

ぜひ、パーツ撮りにも挑戦してみてください!

愛くるしい猫の手や、リズムをとるように動くしっぽ、凛々しいおひげ…パーツ撮りすることでも、猫のかわいさを表現できますよ。 猫 瞳

光の加減によって表情が変わる瞳も、猫の魅力的なパーツのひとつ。

飼い主ならではの特権でもあるので、パーツ撮りをするときはぜひ寄って撮影してみてくださいね。

眠そうにまどろんでいる時や、リラックスして座っているときがねらい目です。

かわいく撮れた猫の写真はSNSでシェアしよう!

https://www.instagram.com/p/Bp1pTOpBlJQ/?utm_source=ig_web_copy_link

せっかく撮った猫の写真をしまい込んでいてはもったいないです。

かわいく撮れた写真は、インスタグラムなどのSNSでシェアしてみましょう!

インスタグラムではハッシュタグ文化があるので、同じ猫好きさんと交流するきっかけにもなりますよ。

猫写真を投稿するときは、以下のようなハッシュタグをつけてみてくださいね。

猫好きにおすすめのハッシュタグ
  • #猫が好きな人と繋がりたい
  • #猫のいる暮らし
  • #ねこすたぐらむ
  • #にゃんすたぐらむ
  • #ねことの暮らし
  • #ねこ部
  • #ねこら部
  • #ふわもこ部
  • #instacat
  • #instacatsgram

猫をかわいく撮るコツは猫の存在をより身近に感じること!

猫のかわいい撮り方についてまとめてみました。

猫のかわいい撮り方まとめ
  • 基本は猫と同じ目線で撮る
  • カメラの性能よりもアングル・シャッタースピードが大事
  • 室内で撮るときは午前中の明るい時間帯がおすすめ
  • フラッシュは使わずに自然光で撮る
  • 外の猫を撮影するときは背景ごと切り取る

アングルや撮り方をちょっと工夫するだけで、かわいい猫の写真はぐっと身近なものになります。

コツさえ覚えれば、スマートフォンでもかわいく撮影できるようになりますよ。

今回紹介したコツはすぐに実践できるものばかりなので、猫を撮影するときにぜひ試してみてくださいね。

SONY α6000はコンパクトだけど本格派ミラーレスカメラ!実際に使ってみた感想をレビュー

初心者カメラ女子におすすめミラーレス一眼カメラを紹介!

ちなみに、猫の写真をSNSでシェアするときはアプリで加工するのがおすすめです!

使い分けよう!iPhoneのシーン別おすすめカメラアプリ12選