【大容量ポータブル電源】イデアル PhewMan ポータブルバッテリー500を口コミ評価してみた

phewman ポータブル電源 レビュー

キャンプや災害時、あれば絶対に便利なのが大容量のポータブル電源です。

緊急時の情報収集ツールとして欠かせないスマホを充電したり、電源がなくても家電製品を使うことができるポータブル電源は一家に一台あると何かと便利です。

ポータブル電源は様々なメーカーから販売されていますが、イデアルのPhewMan(ヒューマン)は容量、性能、使い勝手、安全性全てを高いレベルで備えたおすすめの製品です。

熱源であるバッテリーを使用するポータブル電源は、容量や性能だけではなくPhewManのような安全性も重視した製品を選ぶのがおすすめです。

今回このPhewManをPicky’s編集部で入手しましたので、詳しいスペックや口コミを解説します。実際に使用した検証レビューで紹介しながら「どのくらい使えるの?」「性能はどうなの?」と購入前に気になるポイントを徹底検証しました!

関連記事:【正真正銘】プロが選んだ最強のポータブル電源 おすすめ20選 | 災害・キャンプ・車中泊ならコレ (2021年最新版)

ポータブル電源 PhewManを実際に使って徹底検証しています!

phewman 操作 phewman 検証 phewman 使い方 phewman 効果
今回は話題のポータブル電源「Phewman」を実際に使ってみました。「他のメーカーと比較してどこがいいの?」「どんな電子機器が使えるの?」など購入前に気になる部分を徹底解説していきます!

イデアルPhewMan ポータブル電源500とは?

phewman バッテリー

株式会社イデアルが販売しているポータブル電源「PhewMan(ヒューマン)」は、クラウドファンディングで目標金額500%を達成して製品化された製品です。

PhewMan ポータブル電源500のスペックは以下の通りです。

商品名/型番 PhewMan/SGR-PPS500-1
容量 540wh(150,000mAh)
サイズ 横25.6×縦16.6×高さ16.9cm
重量 5.0kg
内蔵バッテリー リチウム電池
AC出力 100V-110V 50/60Hz
連続出力 500W
過熱保護 65℃
冷却装置 冷却ファン×1
出力波形 純正弦波

以下で主な特徴を解説します。

大容量なのに軽くてコンパクト!

ポータブル電源 phewmanとは

大きくて重い、扱いにくい製品が多い大容量ポータブル電源の中では比較的軽量でコンパクトです。

PhewMan ポータブル電源500は540wh(約150,000mAh)という大容量のバッテリーを搭載しているにも関わらず、サイズは横25.6×縦16.6×高さ16.9cmで重量は5.0kg。

phewman ポータブル電源 クチコミ・レビュー

このサイズと重量であれば部屋の隅に置いておいても邪魔になりませんし、いざというときに男性でも女性でも持ち出せます。

ひとことメモ
さすがにリュックに入れて持ち歩くことは難しいですが、車の中に入れておき、現地で手軽に持ち運んで使うには最適なサイズと重量です

150,000mAhの大容量バッテリー&大出力でキャンプから災害まで幅広く使える

phewman 検証

PhewMan ポータブル電源500は540wh(約150,000mAh)という大容量で、電源のない屋外でも充電や家電製品の使用が可能です。

150,000mAhの容量でどれだけの充電や電化製品の使用ができるか公式で確認してみました。

スマホ 約40回フル充電
ノートPC 約11.5時間使用可能
扇風機(50W) 約10時間使用可能
電動ドライバー 約22回フル充電
電気毛布(50W) 約10時間使用可能
ポータブル冷蔵庫(45W) 約12時間使用可能
テレビ 約6.5時間使用可能
LEDランタン(5W) 約108時間使用可能
電気ケトル 約11回使用可能
ドローン(4500mAh) 約30時間使用可能

家電製品のバッテリー量やW(ワット数)によって実際の時間や回数は異なりますが、それでもかなりの充電や製品の使用ができるようになっています。

ひとことメモ
1~2泊程度のキャンプなら十分ですし、災害でも節約して使用すればライフラインの復旧基準72時間を乗り越えられるだけの容量があります

充電口は業界最多の9個!一度に複数人で使用できる

PhewManには数多くの充電口が搭載されていて、家族や友人複数人で電源を使用できます。

引用:イデアル公式

PhewMan ポータブル電源500の電源出力
  • AC電源×2
  • USB type-A×3
  • USB type-C×1
  • DC×2
  • シガーソケット×1

ただし複数で使用する場合、スマホの充電程度であれば複数台でも問題ありませんが、出力の大きい家電製品を複数同時に使用すると負荷がかかって安全装置が働いてしまいます。

ひとことメモ
複数人で使用する際は使用する機器と出力に注意してください

1440ルーメンのLEDライト搭載

phewman ポータブル電源 led

PhewMan ポータブル電源500の大きな特徴の一つがこのLEDライトです。

通常、ポータブル電源ではLEDライトを使いたい場合、別途LEDライトを用意してポータブル電源につないで使いますが、それだと旅行や避難時に荷物が一つ増えてしまいますよね。

phewman LEDライト 1440ルーメン

PhewMan ポータブル電源500は、最初から本体にライトが内蔵されているので、LEDライト分の荷物が減りいつでもすぐに使えて便利です。

しかも明るさは1440ルーメンと、夜間の使用でも非常に明るく周りを照らせるレベルです。

ひとことメモ
アウトドアでは夜間使うことも多いポータブル電源にLEDライトがあるのはとても便利です

ソーラー充電も可能

phewman ソーラー充電

PhewMan ポータブル電源500はソーラー充電にも対応しているので、ソーラーパネルを購入すれば電源の無い屋外でも充電が可能です。

ただし、ソーラー充電は天気や季節で充電能力の差が大きいので、あまり過信しすぎないようにしましょう。

ひとことメモ
PhewMan用にソーラパネルを購入する場合、80W-200W規格のパネルを購入しましょう

イデアル PhewMan ポータブル電源500はこんな方におすすめ

イデアル PhewMan ポータブル電源500は以下のような方におすすめです。

  • スマホやPCを数人で充電しながら使いたい
  • 簡単な電化製品をキャンプなどで使いたい
  • ポータブル電源で防災メインも考えている

日本ではいつ災害が起こるかわかりません。

万が一避難生活を強いられた時、ポータブル電源があれば避難生活中の不便をある程度解消することができます。

とはいえ、あくまでも万が一の備えなので、そのために高額で大きくて重たいポータブル電源を買うのも抵抗がありますよね。

PhewMan ポータブル電源500は容量が大きい割にサイズも重量も控えめで、価格も他のポータブル電源よりもリーズナブル。

「何かあった時のために」という気持ちで常備しておくにはぴったりの製品です。

フル充電しておけば、数か月放置しても80%以上のバッテリーを維持したままなので、いざというときのために充電しておいてしまっておくといいでしょう。

また、年に数回程度家族や個人でキャンプに行く方にも向いています。

年に10回以上キャンプに行くヘビーユーザーはもう少し容量の大きいポータブル電源が良いと思いますが、たまに行く程度の方であればこのPhewMan ポータブル電源500が向いています。

イデアル PhewMan ポータブル電源500を実際に検証・レビュー

PhewMan ポータブル電源500を実際にPicky’s編集部で検証してみました。

今回検証したのは以下の項目です。

  • 付属品
  • サイズ・外見・重量
  • 使い勝手
  • 安全性

編集部スタッフの主観も少し入っていますが、それも含めて参考にして下さい。

付属品

PhewMan ポータブル電源500には以下の付属品が入っています。

phewman ポータブル電源 同梱品

PhewMan ポータブル電源500の付属品
  • PhewMan ポータブル電源500本体
  • 充電用ACアダプター
  • シガーソケットケーブル
  • ソーラーパネル用MC4ケーブル
  • 取扱説明書

充電用ケーブルは当然として、シガーソケットやソーラーパネル用のケーブルまでついている点はありがたいですね。

サイズ・外見・重量

phewman ポータブル電源 デザイン

大きさは横25.6×縦16.6×高さ16.9cm、小さめの工具箱程度の大きさです。

phewman ポータブル電源 側面
phewman ポータブル電源 裏面

出力や充電端子は全てフロント部分に集中していて横は冷却ファン&排熱口があるだけのシンプルデザイン。

カラーもモノトーンでシンプルながら高級感のある見た目です。

phewman ポータブル電源 重さ

重量は約5kgで決して軽くはありませんが、女性でも持ち運びできる重さです。

ひとことメモ
ただし比較的軽いとはいえ、さすがに持って長時間歩くのは厳しいと思います

4つのUSB端子が充実しているのでとても便利

phewman  USB端子

まずUSBを使ってできる充電には、USB出力のうち1個はQC3.0(quick charge3.0)対応で、スマホなどのデバイスを短時間で急速充電させることができます。

phewman パソコン充電

また最近主流になりつつ「USB タイプC」にも対応していますのでMacBookや最新のiPhone12などの充電もUSB端子から直接の充電が可能です!

phewman 充電

4つの端子があるのでこのようにスマホを複数台、パソコン、モバイルバッテリーなど同時充電することも可能です!

キャンプやグランピング時はもちろん、特に災害時などで1秒でも早く充電を回復させたいときなどに重宝すると思います。

ひとことメモ
他にも、ドローンやカメラなど野外で使用する機器を急速充電させる予備バッテリーとしても便利そうです

安全性

PhewMan ポータブル電源500の安全性ですが、国内の電気用品安全法に基づくPSEマークを取得しています。

安全性に関する検査や手続きを行った製品に表示できるこのPSEマークが無い製品は、国内で製造や販売が行えません。

また国内技適のPSEマークだけではなく、EU連合の技適標準CE・欧米での技適標準のFCC及びETLの認証も取得しているとのこと。

これは日本で周波数が地域によって50Hz(EU・ドイツ製)と60Hz(欧米・アメリカ製)に分かれているからだそうです。

PhewMan ポータブル電源500はどこの地域で使っても絶対に安全性が確保されるよう、念には念を入れて安全性を確認しています。

また、バッテリーに負荷がかかると、安全制御装置BMS(バッテリーマネジメントシステム)が作動し、電流を遮断するようになっています。

数あるポータブル電源の中でも安全性は非常に高いと言っていいでしょう。

なお、発熱に関しては使用中はあまり気になりませんでしたが、ACアダプターで充電している最中はやや熱くなりました。

ひとことメモ
本体充電中は周りに物を置かないほうが良いでしょう

イデアル PhewMan ポータブル電源500の良かったポイント

  • スマホやPCが複数台充電できる
  • 残量がいつでもすぐに確認できる
  • 電気毛布なども快適に使える
  • 出力が高く安定している
  • LEDライトが使える
  • 女性でも扱える重さ・軽さ
  • 静音性が高い

PhewMan ポータブル電源500に関する良い口コミは主にこの3つでした。

まず出力が高く安定している点ですが、PhewManは連続出力500W、最大出力が1000Wあるので比較的多くの電化製品が使用できます。

ドライヤーなどのワット数の高い家電製品は厳しいですが、「外で使いたい」と思うような家電製品の多くは問題なく使用できます。

また、コンパクトサイズで5.0kgという重量で、女性でも持ち運べますし、子供でも小学校高学年くらいの年齢であれば問題なく持てます。

また、「音が静か」というのも地味に嬉しいポイントです。車中泊や屋内で使用する場合に音はかなり気になるポイントです。

ポータブル電源は基本的にどの製品も使用中は音がしますが、PhewManはかなり静音性にこだわって作られており、他の機種に比べて使用中の音が静かです。というか、ほぼ無音に近いです!

そのため、キャンプや災害時などで夜に使用するときも駆動音によるストレスが軽減されます。

ひとことメモ
全ての面において高レベルで、バランスの良いポータブル電源との評価が多かったです

イデアル PhewMan ポータブル電源500の気になった口コミ

  • スイッチの状態が分かりにくく電源を切り忘れやすい

PhewMan ポータブル電源500に関する気になる口コミはほとんどなく、全体的に高評価でしたが一部、操作性に関する不満の口コミが見られました。

LCD表示が小さく、スイッチを切り忘れやすいとのことです。

また、LEDランプとAC出力のスイッチが近く、押し間違えてLEDランプを作動させてしまう事もあるそうです。

とはいえ使用者がちょっと注意するだけで防げますので、特に大きな問題とはなりません。

ひとことメモ
強いて言えばレベルでしたのでそれほど気にする必要はないでしょう

イデアル PhewMan ポータブル電源500はLED付きで災害や夜間に強いポータブル電源!

イデアル PhewMan ポータブル電源500は大容量、コンパクトで軽量、さらにLEDライト付きと災害に強いポータブル電源です。

災害への備えにはもちろん、ちょっとしたキャンプや旅行、アウトドアで遊ぶ際などで外で様々なシーンで電化製品を充電・使用できるため、1台あると非常に便利な製品です。

なお、Picky’s編集部では今回紹介したイデアル PhewMan ポータブル電源500以外のポータブル電源についても解説しています。

以下の記事も参考にして、色々比較して自分に合った製品を見つけてみてください。

関連記事:【2021年】キャンプや車中泊でも使える AC出力(AC電源)搭載 モバイルバッテリー おすすめ10選
関連記事:【完全版】マニアが教える おすすめモバイルバッテリー 20選 | iPhoneやタブレットにはコレ!

他メーカーのポータブル電源に関する記事はこちら

関連記事:【使って検証】Ankerのポータブル電源全5機種 おすすめ比較 !Power Houseの魅力をレビュー
関連記事:【実写で解説レビュー】ポータブル電源 Anker Power House 全2機種を使って比較してみた
関連記事:ポータブル電源 Jackery(ジャクリ) 4機種をアウトドアで使ってみた!1000/ 700/400/240を徹底比較

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー