【2021年最新レビュー】ポータブル電源用 ソーラーパネル PowerArQ Solar 120W&210Wレビュー

Power Arq ソーラーチャージャー

   PowerArQ Solarはポータブル電源やスマホ、タブレット等を接続して、コンセントのない屋外でも太陽光から充電ができるソーラーパネルです。

特にsmart Tapのポータブル電源「PowerArQシリーズ」を買ったら、ぜひセットで揃えておきましょう。

PowerArQ Solarには120Wと210Wがあり、120Wでも他のソーラーパネルよりもハイパワーなため、大容量のポータブル電源でも短時間で充電することができます。

PowerArQ Solar 120W&210Wを実際に使って徹底検証!

Power ArQ  solar アウトドア 災害時 Power ArQ  solar ベルト カッチン Power ArQ  solar 比較 Power ArQ  solar レビュー
今回は話題の「Power ArQ Solar」を実際に使ってみました。「120Wと60Wはどんな違いがあるの?」「使用してみた感想」など購入前に気になる部分を徹底解説していきます!

PowerArQなどのポータブル電源を買った方、屋外での生活や仕事が多い方に特におすすめです。

キャンプや災害時の避難生活で、ポータブル電源を長時間安心して使用したい、と言う方は是非検討してみてください。

なお、今回紹介するPowerArQ Solarは、基本PowerArQシリーズのポータブル電源に使用します。(仕様が合えば他のポータブル電源にも使えます)

大容量、高性能なPowerArQシリーズのポータブル電源について知りたい方は以下の記事を読んでみてください。

関連記事:【2021年最新情報】キャンプ・防災用に! ポータブル電源 Smart Tap PowerArQレビュー!

関連記事:【2021年最新レビュー】ポータブル電源 Smart Tap PowerArQ 2 (500Wh)の調査・検証をしてみました!

関連記事:【2021年最新版】ポータブル電源 Smart Tap PowerArQ mini2 (300Wh)の調査&検証レビュー!

関連記事:【2021年徹底検証】ポータブル電源 Smart Tap PowerArQ Pro (1000Wh)を本気でレビュー

PowerArQ Solar 120W&210Wとは?

smart Tap PowerArQ Solarは、主にsmart Tap製のポータブル電源「PowerArQ」シリーズに繋いで、電源のない場所でも太陽光から充電ができるソーラーパネルです。

 Power ArQ ソーラーチャージャー レビュー

PowerArQだけではなく電圧が一致する他社のポータブル電源にも充電できますし、USBポートが付いているのでスマホやタブレットの充電も可能です。

PowerArQ Solarには、スタンダードな120Wとさらに出力をアップさせた210Wの2種類があります。

編集部

実際にソーラーチャージャーを持って外へ遊びに行ってみました

PowerArQ Solarのスペック

Power ArQ solar 120W&210W レビュー

PowerArQ Solar 120W PowerArQ Solar 210W
ピークパワー 120W 210W
サイズ(折り畳み時) 53×51×3cm 68.6×55.2×2.2cm
重量 5kg 7.05kg
電圧 18V 22V
発電効率 ≧20% ≧23%
電流 6.66A 9.5A
開放電圧 21.6V 28V
短絡電圧 7.32A 10A
耐熱温度 -10℃~70℃ -10℃~70℃

電源のない場所でもバッテリーに高速給電ができる

PowerArQ Solarの一番の特徴は、屋外でポータブル電源やスマホの充電が無くなっても、PowerArQ Solarを使って太陽光から発電し、各機器の充電が可能な点です。

Power ArQ solar アウトドア 災害時容量の小さいポータブル電源はすぐにバッテリーがなくなりますし、大容量タイプでも使う機器や使い方によっては1日程度しか持ちません。

ポータブル電源はキャンプや避難生活等、自宅以外の屋外使用が多いと思いますが、連泊のキャンプや、数日間に及ぶ避難生活で十分に使える容量のポータブル電源はありません。

そんな時、このPowerArQ Solarがあれば昼間の間にバッテリーを充電しておくことが可能です。

しかも日照条件が良ければ、コンセント充電にも負けない速度で充電することも可能です。

編集部

あくまでも理論上ですが、コンセントが大体100Wくらいなので120Wの場合、コンセントより早く充電できる計算です

「そもそもソーラーチャージャーって何?」という方は以下の記事で詳しく解説していますので読んで見てください。

関連記事:【徹底比較】購入前に知っておくべきソーラーチャージャー の基礎知識&おすすめランキング12選 (2021年最新)

編集部

実際にどんなものが使えるのか動画にまとめました

スマホやタブレット等を直接充電できる出力ポート搭載

Power ArQ  solar 120W&210W 出力ポート

PowerArQ Solarの基本的な用途はポータブル電源を充電することですが、USB出力ポートも搭載しているのでスマホやタブレットなどのデバイスを直接充電することもできます。

出力ポート PowerArQ Solar 120W PowerArQ Solar 210W
DC 18V 22V
USB-A(急速充電QC対応) 5V/3A,9V/2A,12V/1.5A 5V/3A,9V/2A,12V/1.5A
USB-A 5V/2.4A 5V/2.4A
USB-C(急速充電PD60W対応) 5V/9V/12V/15V/20V 5V/9V/12V/15V/20V

USB-Aの1つは「QC(クイックチャージ)」、USB-Cは「PD(パワーデリバリー)」に対応しているので、androidやiPhoneなどを急速充電することが可能です。

編集部

多少天候条件が悪くても、容量の小さいスマホやタブレット程度であれば簡単に充電ができます

Power ArQ  solar 120W&210W スマホ 充電

使い方が非常に簡単

ソーラーパネルを使ったことがある方はそこまで多くないでしょう。

そのため、多くの方がその使い方に不安を感じると思いますが、PowerArQ Solarはケーブルをつなぐだけで充電が開始される非常にシンプルな使用方法です。

Power ArQ  solar 120W&210W 接続 簡単

編集部

組み立てに力も必要ないので、女性でも年配の方でも簡単に扱えます

コンパクトに折り畳んで持ち運べる

Power ArQ  solar 120W&210W 展開時1
Power ArQ  solar 120W&210W 展開時2
Power ArQ  solar 120W&210W 展開時3

PowerArQ Solarは通常時はコンパクトに折りたため、バッグのように手に持って運ぶことができますが、広げるとこんなに大きくなります。

120Wと210W どっちを買うのがおすすめ?

PowerArQ Solarには120Wモデルと210Wモデルがありますが、基本的に120Wモデルで十分だと思います。

Power ArQ  solar 120W&210W 比較

出力が高い210Wを使えば充電時間は短くなりますが、高性能なぶん210Wは価格もかなり高くなります。

機種によってはパワーアークポータブル電源本体よりも高くなるため、コスパを考えるとちょっとおすすめしにくいです。

  • PowerArQ
  • PowerArQ 2
  • PowerArQ mini
  • PowerArQ mini2

この4つの機種の容量であれば120Wでも十分でしょう。

容量が非常に大きいPowerArQ Pro(1000wh)の場合、120Wだと充電に結構時間がかかるので、210Wモデルの方が相性がいいと思います。

120WでPowerArQ Proを充電しようと思ったら通常13~15時間前後かかってしまいますが、210Wなら条件次第で7時間程度で充電可能です。

編集部

PowerArQ Proには210W、他の機種は120Wで十分です

関連記事:【2021年徹底検証】ポータブル電源 Smart Tap PowerArQ Pro (1000Wh)を本気でレビュー

PowerArQ Solar 120W&210Wの口コミ・レビュー

PowerArQ Solar 120W&210Wの口コミ・レビューをご紹介します。

PowerArQ Solarの良い口コミ・レビュー

  • 毎日ベランダに置いて使ってますが、しっかりと充電されています
  • コンパクトに畳めるので持ち運びに便利

PowerArQ Solarの悪い口コミ・レビュー

  • 大きさはともかく、結構重い
  • 現状、ほぼPowerArQ専用ソーラーパネルなのが残念

PowerArQ Solar 120Wを実際に使って徹底検証!

今回120Wを購入し、Picky’s編集部で実際に使って以下の項目をチェックしてみました。

  • 同梱物
  • 外観・サイズ・重さ
  • 使い勝手
  • 充電時間

同梱物

Power ArQ  solar 120W&210W 同梱品

  • PowerArQ Solar本体
  • 地面固定用ペグ
  • 取扱説明書

接続ケーブル等はついていません。(ポータブル電源のPowerArQ側にMC4ケーブルが付属しています)

外観・サイズ・重さ

バックルを外して広げると、155cm×55cmほどで1畳より少し小さいくらいのサイズ。

Power ArQ  solar 120W&210W 展開時 大きさ

かなり大きいので使う場所を考えたり、他の人がいるような狭い場所で展開する際は十分な配慮が必要です。

Power ArQ  solar 120W&210W フック

四隅にはフックがあって、直接、もしくはロープなどで車や木に引っ掛けて展開することもできますし、自立スタンド+付属のペグで直接地面に立てることもできます。

Power ArQ  solar 120W&210W ペグ

折りたたんだ状態にするとで53×51×3cm、めちゃくちゃ大きいトートバッグ、といった感じです。

かなりしっかりした素材と作りなので、運搬時に多少手荒に扱っても壊す心配はなさそうです。

Power ArQ  solar 120W&210W 大きさ

重さは約5kg(210Wは約7kg)で女性でも特に問題なく持ち運べる重さですが、長距離運ぶのはちょっと辛いです。

編集部

ハイキングのような長時間歩くレジャーに持っていくのは無理っぽいです…

使い勝手

PowerArQ Solarの使い方は非常に簡単で、広げた状態でPowerArQのポータブル電源なら付属のMC4ケーブルに接続するだけで充電が開始されます。

編集部

男性とか女性とか関係なく誰でも簡単に使える点が良いですね

充電時間

晴れている日に実際PowerArQ Solar 120Wを使って、下記のPowerArQ(626wh)に充電してみました。

Power ArQ  solar 120W&210W 充電時間

天候に合わせて出力がリアルタイムに表示されるので見ていて飽きません。

この日は天気が良かったので、PowerArQ Solar 120Wの電力は50W~90Wの比較的高い数値あたりをうろうろしながら充電してくれました。

Power ArQ  solar 120W&210W 出力数

1時間ほど充電したところ、PowerArQのバッテリー(626wh)が10%ほど回復したので、単純計算で0%からフル充電まで10時間くらいかかりますね。

ただ、PowerArQはコンセント充電でも6時間~10時間かかります。

と言うことは天候条件さえ良ければ、屋外でもコンセント充電とほぼ同じスピードで充電できる計算です。

編集部

個人的にソーラーパネルって非力と言うか「充電しないよりはまし程度」だと思っていたんですが、PowerArQ Solarはかなりパワフルですね

関連記事:【2021年最新情報】キャンプ・防災用に! ポータブル電源 Smart Tap PowerArQレビュー!

PowerArQ Solarを使って分かったメリット・デメリット

Picky’s編集部でPowerArQ Solarを使った結果わかった長所・短所です。

PowerArQ Solarのメリット

Power ArQ  solar 120W&210W 電気

  • ポータブル電源の長所をさらに活かせる
  • 一般的なソーラーパネルよりパワフル!

メリットは何といってもポータブル電源の使える時間や場所が圧倒的に広がることです。

ポータブル電源は主に屋外で使用するものですが、当然使っているうちにバッテリーが無くなり、そうなると屋内など電源のある所に戻って充電しなくてはいけません。

連泊のキャンプや災害時の避難生活などでは、すぐに屋内のコンセントを探して充電する、というわけにもいかないと思います。

そんな時でもPowerArQ Solarがあれば屋外でバッテリーを回復させることができます。

通常1泊~2泊程度しか持たないポータブルバッテリーの使用時間が飛躍的に伸びますので、連泊や災害時も安心です。

また車中泊したり各宿泊施設を転々としながら仕事するノマドワーカーやアドレスホッパーにとって、ポータブル電源+PowerArQ Solarは生活の心強いパートナーになります。

しかもこのPowerArQ Solar、実は一般的なソーラーパネルよりもパワフルです。

有名メーカーのソーラーパネルでも「60W」と「100W」が多い中、PowerArQ Solarはその倍、「120W」と「210W」です。

関連記事:【2021年最新情報】コンパクト ポータブル電源 Smart Tap PowerArQ miniレビュー!

関連記事:【2021年最新版】ポータブル電源 Smart Tap PowerArQ mini2 (300Wh)の調査&検証レビュー!

関連記事:【2021年最新レビュー】ポータブル電源 Smart Tap PowerArQ 2 (500Wh)の調査・検証をしてみました!

PowerArQ Solarのデメリット

  • コストがかかる
  • 充電性能が天候に左右される

ポータブル電源+PowerArQ Solarの組み合わせは非常に便利ですが、一方でコストがかかる点については覚悟しておきましょう。

もちろん個人的な意見としてはコストがかかるというデメリットよりも、持っているメリットの方が大きいと思います。

また、このPowerArQ Solarに限らず、ソーラーパネルは天候や季節、設置場所で充電能力が大きく上下する点についても注意が必要です。

夜や雨の日はもちろん、曇り、または森の中のキャンプなどで十分な太陽光を受けられないといった場所で使うと充電能力は著しく落ちます。

編集部

必要以上にあてにすると、思わぬ天候で充電ができないというケースも考えられます

PowerArQ Solar 120W&210Wのよくある質問

最後によくある質問を集めました。

他のポータブル電源等に使用できますか?

公式によると、PowerArQ Solar 120W&210WはMC4端子、出力電圧18Vなので、この仕様に合うポータブル電源であれば他社製品も使用可能とのことです。

Power ArQ  solar 120W&210W 他社

ただし、動作確認の保証はありませんので、基本的にはPowerArQシリーズで使用したほうが良さそうです。

PowerArQ Solar 120W&210Wは防水ですか?

PowerArQ Solarは120W、210Wともに防水仕様になってはいません。

特に端子部分に水がかかると故障につながる可能性が高いそうなので、雨や飲み物、川辺や海辺での使用など水には注意しながら使用しましょう。

充電されません

充電されない場合は天候やソーラーパネルの状態を確認してみてください。

Power ArQ  solar 120W&210W 充電できない

PowerArQ Solarは太陽光を利用して発電を行いますので、雨や曇りの日では十分に発電することができません。

また、パネルに影ができていたり、物で覆われている場合も十分な発電ができません。

編集部

天候状態も良く、遮蔽物もないのに充電されない、という場合はサポートセンターに連絡しましょう

PowerArQ Solar 120W&210Wまとめ

PowerArQ Solar 120W&210Wは、PowerArQシリーズなどのポータブル電源や、スマホ・パソコン・タブレットを屋外でも充電できる非常に便利なソーラーパネルです。

210Wはハイパワーで充電時間も短いですが、価格が高いので基本的にはお手軽な120Wがおすすめ。

連泊キャンプや災害用を想定してポータブル電源を購入したら、必ずセットで揃えておきましょう。

Picky’s編集部では、PowerArQシリーズ以外のポータブル電源やソーラーパネルについても多数紹介しています。

興味のある方は以下の記事も是非読んでみてください。

関連記事:【使って検証】Ankerのポータブル電源全5機種 おすすめ比較 !Power Houseの魅力をレビュー

関連記事:【完全版】Jackery(ジャクリ) 全5機種を口コミ比較!容量・サイズ・使い方を徹底解説

関連記事:据え置き型に引けを取らない!高出力ソーラーパネルJackery Solar Saga100

関連記事:【電化製品30台を比較検証】ポータブル電源 人気おすすめ20選|キャンプ・車中泊・防災用

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー