【おしゃれ&高機能】ランニングウォッチのおすすめ20選|初心者向けのハイコスパなモデルも

【おしゃれ&高機能】ランニングウォッチのおすすめ20選|初心者向けのハイコスパなモデルも

毎日の体調管理に!体温が測定できるスマートウォッチおすすめ15選【2021年】

ランニングやエクササイズのお供に最適なランニングウォッチ。歩数や運動距離、ルートを測定してくれるので、運動のモチベーション・効率の向上に繋がります。本格的に運動を始めようと思っている人だけではなく、気軽な健康管理にもおすすめのアイテムです。

便利なランニングウォッチですが、まだまだ馴染みがない人も多く、「どんなものを選べばいいのかわからない」という人も少なくありません。また、初めてランニングウォッチを購入しようと考えている人は、「そもそもどんな機能があるのか」「おすすめのメーカーは?」といった疑問がありますよね。

今回は、初心者はもちろん、中~上級者の人にもあらためてランニングウォッチの魅力を知ってもらうための記事です。ランニングウォッチのおすすめ機能や選び方、人気商品ランキング20選を紹介するので、ぜひ最後までお見逃しなく。素敵なランニングウォッチを見つけて、毎日のヘルスケアに役立てましょう。

ランニングウォッチ(スポーツウォッチ)とは?

ランニングウォッチ とは

「ランニングウォッチ」とは、歩数や移動距離といった運動データを測定してくれるスマートウォッチのことで、「スポーツウォッチ」や「活動量計」と呼ぶこともあります。本格的なスポーツはもちろん、日常生活の中でのちょっとした運動の記録もとってくれるので、健康管理やダイエットに役立ちます。

アウトドアやスポーツ時の使用に対応できるように、耐久性に優れた設計になっているのも特徴です。ランニングウォッチをつけたまま手洗いができるものや、水中での使用が可能なモデルが登場しています。また、機種によっては専用のアプリ・スマートフォンと連携して、日々の記録をグラフで確認することができますよ。

スマートウォッチとは?
腕時計のように手首に取り付けて使用するウェアラブル端末のこと。ヘルスチェック・運動記録の測定・通知のチェック・音楽再生など、日常生活を快適にしてくれる機能を備えています。Appleのアップルウォッチが代表的な商品です。

ランニングウォッチのおすすめ機能

ランニングウォッチ おすすめ機能

ランニングウォッチについている主な機能
  • GPS機能
  • 心拍数測定機能
  • スマホ連動機能
  • 音楽再生機能
  • 防水機能
  • 通知機能
  • 睡眠トラッキング機能 など

一般的なランニングウォッチには、主に上記のような機能が備わってるものが多いです。機種によっては搭載の有無は異なるので、必ず事前に確認しましょう。とは言え、「どの機能が必要か分からない」「安いモデルにはどんな機能が備わっているの?」という疑問を持つ人も多いですよね。

ここからは、特におすすめな機能を詳しく紹介しつつ、「どんな人におすすめなのか」「安いモデルにも備わっている機能なのか」というポイントについても解説していきます。これからランニングウォッチの購入を考えている人は、ぜひチェックしてくださいね。

距離測定ができる「GPS機能」

ランニングウォッチ GPS機能

GPS機能とは、自分の現在地を衛星情報によって探知してくれる機能のことで、多くのスマートフォンにも搭載されています。GPSを搭載したスマートウォッチは、位置情報から運動距離・ペース・ルートなどを測定してくれるので、スポーツ中の詳細なデータを知りたい人にとてもおすすめです。

また、Googleアプリなどのナビアプリを利用できるモデルであれば、目的地を設定してルート検索をすることもできますよ。運動だけではなく、日常生活でもランニングウォッチを役立てたい人に嬉しい機能ですね。お出かけ時に利用したり、知らない道を走りたいときにも便利です。

ランニングペースを測定できる「加速度センサー」

ランニングウォッチ 加速度センサー

ランニングウォッチの動きを検知するセンサーで、向きや傾きの変化によって装着している人がどんなアクションを起こしているかを読み取ります。走った速度やペースを測定してくれるので、ランニングやマラソントレーニングを行う人におすすめの機能です。

例えば、人気メーカー「ガーミン」は「Gセンサー」という加速度計の機能を備えた商品を展開しています。GPS機能を利用せずに運動ペースを測定できるため、衛星電波の届かない屋内やトンネルでも正確なデータを測定できるのが魅力。ジムに行くことが多い人にも使いやすいですよね。

トレーニング強度を把握できる「心拍数測定機能」

ランニングウォッチ 心拍数

リアルタイムで心拍数をチェックできる心拍数測定機能は、運動中の負荷を知ることで効率のいいトレーニングをサポートしてくれます。安静・ピーク時のそれぞれの数値を知れるので、自分に合った運動ペースを見つけられますよ。ジョギングやウォーキングといった有酸素運動をよく行う人におすすめの機能です。

また、心拍数の測定によって、消費カロリーやストレスレベルを測定するランニングウォッチが多数登場しています。ダイエットのサポートや生活習慣の見直しをしたい人にも、心拍数測定機能はとても重要なもの。異常な数値を検知したときにアラートでお知らせしてくれる機能があると、より安心して使用できますね。

毎日の健康に気を付けたい方は、こちらの記事で紹介しているスマートウォッチ・スマートバンドもおすすめです。
関連記事:血圧を測れるスマートウォッチおすすめ15選|日本製や精度の違いを徹底比較
関連記事:毎日の体調管理に!体温が測定できるスマートウォッチおすすめ15選【2021年】
関連記事:【CMで話題】スマートバンドおすすめ15選|シャオミのMi4/5や目的別の選び方を大解説
関連記事:【4,000円以下も】iPhone対応スマートウォッチおすすめ15選|安い・おしゃれなモデルを厳選

スマホでデータを管理できる「スマホ連動機能」

ランニングウォッチ スマートフォン

ランニングウォッチには、手持ちのスマートフォンと連携できる機能を備えたものが多くあります。接続方法は、Bluetoothによって同期させるものがほとんど。専用のアプリをダウンロードすることで、運動記録をグラフで見れたり、トレーニングメニューや目標を設定したりできます。

効率よくトレーニングを行いたい人やモチベーションアップがしたい人におすすめです。また、通知機能を備えたモデルなら、スマートフォンに届いたSNSのメッセージやカレンダーの予定を知らせてくれます。スマートフォンを取り出す手間が減るので、仕事中や日常生活での利用にも便利ですよ。

走っているときも音楽を楽しめる「音楽再生機能」

ランニングウォッチ 音楽再生機能

スポーツや日常生活の中で手軽に音楽を楽しみたい人は、音楽再生機能がついたランニングウォッチをチェック。スピーカーを内蔵しているので、通話や音声アシスタントが利用できるものも多いです。好きな音楽を聞きながら運動をすれば、気分も上がって楽しいですよね。

もし再生機能がついていない場合は、音楽の「操作機能」がついたモデルもおすすめですよ。スマートフォンから再生した音楽の曲送りや一時停止がランニングウォッチでできるので、ポケットからスマートフォンを出す必要がありません。スポーツだけではなく、普段の音楽鑑賞にも役立ちます。

注意
屋外でスマートウォッチの音楽再生を楽しむときは、周囲の迷惑にならないように気を付けてくださいね。

汗や雨で濡れても安心の「防水機能」

ランニングウォッチ 防水機能

ランニングウォッチを購入するなら、ぜひ選んで欲しいのが防水機能。スポーツをしていると、汗を大量にかいたり突然の雨に降られたりすることも多いですよね。防水機能を備えているモデルなら、そんな状況でもランニングウォッチが水没する心配がありません。

IPX6以上のものであれば、装着したままの手洗いやランニングウォッチの水洗いも可能です。スイミングやシャワー時にも使用したい人は、水中使用が可能なモデルを選ぶのがおすすめ。対応できる水深や時間は機種によって異なるので、購入時にしっかりチェックしましょう。

等級 耐性レベル
IPX2 垂直より左右15°以内の降雨に影響を受けない
IPX3 垂直より左右60°以内の降雨に影響を受けない
IPX4 いかなる方向からの水の飛沫に影響を受けない
IPX5 いかなる方向からの水の直接噴射に影響を受けない
IPX6 いかなる方向からの水の強い直接噴射に影響を受けない
IPX7 一定の圧力・時間であれば水没させても影響を受けない
IPX8 水面下での使用ができる(メーカー基準による)
5ATM 水深50メートルで10分間使用できる
ひとことメモ
その他にも、静止した状態で水深100mまで耐えられることを表す「10気圧防水」など、メーカーによってさまざまな表記方法があります。水に浸かることに耐性があるのみで水中使用には非対応のものもあるので、購入時は注意が必要です。

おすすめ機能のまとめ

ランニングウォッチ 機能まとめ

機能 こんな人にぴったり 安価モデルへの搭載
GPS機能
  • 運動距離・ペース・ルートを知りたい人
  • ナビ機能を使いたい人
加速度センサー
  • 屋内でのトレーニングが多い人
  • ランニングやマラソントレーニングを行う人
心拍数測定機能
  • 有酸素運動が多い人
  • ストレスレベルや睡眠データを知りたい人
スマホ連動機能
  • アプリで記録をグラフで確認したい人
  • トレーニングメニューや目標を設定したい人
音楽再生機能
  • 運動しながら音楽を楽しみたい人
  • 音楽操作をスマートウォッチで済ませたい人
防水機能
  • 運動中の汗や雨が心配な人
  • ウォータースポーツやシャワーで使用したい人

機能の他にもチェック!ランニングウォッチの選び方

おすすめの機能の他にも、ランニングウォッチを選ぶときのポイントはまだまだ沢山あります。ここからは、ランニングウォッチのおすすめの選び方を、初心者の人にも分かりやすく紹介します。1つ1つのポイントごとに詳しく解説するので、ぜひ商品を購入するときは参考にしてみてください。

「操作性・視認性」はディスプレイや文字のサイズをチェック

ランニングウォッチ 視認性

ランニングウォッチの使いやすさ・測定した数値の確認しやすさを重視したい人は、まずはディスプレイを搭載したモデルを選びましょう。小型化にこだわったスマートウォッチの中には、そもそもディスプレイを搭載していないモデルがあるので注意が必要です。

さらに、ディスプレイの大きさや表示される文字サイズに注目すれば、より自分にぴったりな商品が見つかりますよ。おすすめは、1.7インチサイズ程度のディスプレイを備えたランニングウォッチ。一目で測定した記録やメッセージの通知を確認できるのはもちろん、指でスムーズにタッチ操作ができます。

「フィット感」にこだわるなら軽量・小型なモデル

ランニングウォッチ 小型モデル

違和感のない装着感にこだわりたいなら、コンパクトなランニングウォッチをチェックしましょう。ブレスレットのようなスリムな細長デザインの商品は、手首のアクセサリーや腕時計が苦手な人でも使いやすいのが特徴です。

また、なるべく軽いものを選べば、トレーニングやエクササイズ中の動作に支障が出ることもありません。商品の中には、わずか20g台の超軽量なモデルも登場しています。就寝時にも装着しやすいので、睡眠トラッキング機能や24時間常に測定機能を利用したい人におすすめです。

長時間使うなら「バッテリー駆動時間」を確認

ランニングウォッチ バッテリー

近年販売されているランニングウォッチは、ほとんどがバッテリーを内蔵した充電式のものです。屋外で利用することが多い人・常にランニングウォッチを使用したい人は、必ずバッテリーの稼働時間を確認して商品を選びましょう。

多くの商品は、1日~1週間使用できる仕様になっていますが、中には20日以上利用できるロングバッテリーの製品も。できる限り長持ちするものを選べば、面倒な充電の手間を減らすことができますよ。また、ソーラーパネルや電池を内蔵したものもあるので、気になる人はチェックしてみてくださいね。

安いVS 高い!ランニングウォッチの比較

ランニングウォッチには、数千円のものから数万円台の高価なものまで幅広い価格の商品が登場しています。単純に「高いものは性能がいい」といったイメージがありますが、具体的にはどんな違いがあるのでしょうか。今回は、価格の違う2つの商品を比較して特徴をまとめてみました。

安いランニングウォッチの特徴(3,000円台のモデル)

歩数計・ストップウォッチ・タイマーといった運動に必要な機能を備えたランニングウォッチ。スリムかつ軽量な設計で、日々のトレーニングに手軽に取り入れやすいのが特徴です。1.05インチのディスプレイは、フルスクリーンがタッチ操作に対応しており、直感的な操作ができます。

他の高価な機種との大きな違いは、心拍計を搭載していない点。そのため、睡眠・ストレスレベル測定に対応しておらず、健康管理に利用したい人にはおすすめできません。ウォーキングやジムトレーニングといった手軽な運動をしたい人や、日常生活での運動量を知りたい人にはぴったりの商品です。

こんな人におすすめ
  • 万歩計として利用したい人
  • 手軽な運動用ウォッチが欲しい人
  • 豊富な機能よりもコスパ重視の人

高いランニングウォッチの特徴(5万円台のモデル)

基本的な歩数・消費カロリー・距離の測定機能を備えつつ、高精度の心拍計を搭載したハイスペックモデル。心拍の測定によって、自分の睡眠の質を知ることができます。運動時のフィットネストラッカーとしてはもちろん、日々の健康管理に役立てたい人にも便利なランニングウォッチです。

安価なモデルはスマートフォンと同期することでGPS機能を利用できるものが多いですが、この商品は本体にGPSを内蔵しているため、ルートナビ機能を利用できます。有名マラソン選手である高橋尚子選手が使用していることでも話題になった商品で、プロ仕様の性能を求める人におすすめです。

こんな人におすすめ
  • 運動用・健康管理用にランニングウォッチが欲しい人
  • GPSを使ったルートナビ機能を利用したい人
  • 本格的なスポーツ・アウトドアに使えるプロ仕様モデルを求める人

ランニングウォッチのおすすめ人気メーカー

Amazonなどでランニングウォッチを調べると、さまざまなメーカーの商品が出てきますよね。「人気メーカーの商品が欲しい」「メーカーごとの特徴ってある?」と思った人も少なくないはず。ここからは、数ある人気ブランドの中でも、特におすすめのメーカーを詳しい解説とともに紹介します。

ランニングウォッチの定番「GARMIN(ガーミン)」

アメリカを拠点とするメーカーで、カーナビなどのGPS製品を中心に取り扱っています。ランニングウォッチはコンパクトかつ軽量なモデルが多く、スポーツ用として最適なアイテムが揃っているのが特徴。また、バッテリー性能に優れているので、長時間の利用にも向いています。

  • 長年GPS製品を開発しているメーカー
  • コンパクト&軽量で、使いやすさ抜群

ガーミンのおすすめランニングウォッチはこちらの記事でも紹介しています。
関連記事:【2021年】マニアが選ぶ Garmin(ガーミン) おすすめ20選|ゴルフや登山で使った感想もレビュー

日常使いにもおすすめな「Apple(アップル)」

iPhone・iPad・iPodといったさまざまな人気デバイスを販売しているApple。便利な機能と独特なシンプルデザインが特徴のアップルウォッチは、世界中でシェアされています。iPhoneとの相性がよく、メールの返信や通話が可能なモデルも。運動とプラスして日常使いにも役立てたい人におすすめです。

  • iPhoneやAirPodsでお馴染みの有名メーカー
  • まるでiPhoneが腕時計になったような機能性の高さ

iPhoneユーザーの方はこちらの記事で紹介しているiPhone対応のスマートウォッチもおすすめです。
関連記事:【4,000円以下も】iPhone対応スマートウォッチおすすめ15選|安い・おしゃれなモデルを厳選

関連記事:【2021年マニアが選んだ】おすすめNo1のApple Watchは?Series6, SE, Series 3など全機種徹底比較!

おしゃれデザインにこだわるなら「SUUNTO(スント)」

フィンランドに本社を置くスントは、ランニングウォッチのデザインにも北欧の雰囲気を感じることができます。おしゃれなウォッチを探している人やレディース向けとしておすすめのメーカー。ダイビングや登山向けのグッズを展開しているメーカーなので、耐久性に優れているのも大きな魅力です。

  • 耐久性の高いスポーツ用品を扱うメーカー
  • おしゃれなランニングウォッチを求める人におすすめ

関連記事:【アウトドアに強い】SUNNTO(スント)スマートウォッチおすすめ人気ランキング10選

本格的に運動に打ち込みたいなら「POLAR(ポラール) 」

フィンランドのスポーツメーカーであり、世界で初めて無線式の心拍計を開発したことで有名なポラール。ランニングウォッチにも、高い技術を活かしたハイスペックな商品がラインアップされています。アスリート向けのモデルも多いので、スポーツマンや本格的に運動を始めたい人におすすめです。

  • プロのアスリートも愛用する信頼のあるメーカー
  • 本格的に運動をスタートさせたい人におすすめ

【初心者向け】ランニングウォッチおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(amazon、楽天、Yahoo、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格GPS 操作方法防水性能駆動時間
POLAR UNITE¥19,453 Amazon楽天市場Yahoo!〇(スマホ連携)タッチ水深30m耐性(水中使用可)4日間
Apple Watch SE Cellularモデル確認中 Amazon楽天市場Yahoo!タッチ水深50m耐性18時間
YAMAY GT Band¥3,799 Amazon楽天市場Yahoo!-タッチIP687日間
セイコーウォッチ Super Runners SBEF045¥16,500 Amazon楽天市場Yahoo!-ボタン10気圧6ヵ月(ソーラー式)
Xiaomi Mi Smart band 5確認中 Amazon楽天市場Yahoo!-タッチ5ATM20日間
LAD WEATHER lad001確認中 Amazon楽天市場Yahoo!-ボタン5気圧-(電池式)
TicWatch GTH¥6,019 Amazon楽天市場Yahoo!-タッチ5ATM10日間
Xiaomi Mi Watch Lite¥7,480 Amazon楽天市場Yahoo!タッチ5ATM9日間
SOMA RunONE 100SL¥6,364 Amazon楽天市場Yahoo!-ボタン10気圧3年(電池式)
OPPO Band Style¥3,973 Amazon楽天市場Yahoo!-タッチ5ATM12日間

【初心者向け】ランニングウォッチおすすめ人気ランキング10選

関連記事:【マニアが解説】最新Apple Watchおすすめは?現行モデルSeries6/SE/Series3の違いを徹底比較

関連記事:【Apple Watch SE レビュー】”6”と比較した結果”SE”で十分だと判明!その理由を徹底解説

【中・上級者向け】ランニングウォッチ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格GPS 操作方法防水性能駆動時間
SUUNTO SUUNTO3 FITNESS¥21,800 Amazon楽天市場Yahoo!〇(スマホ連携)タッチ3気圧5日間
GARMIN ForeAthlete 230J¥42,500 Amazon楽天市場Yahoo!タッチ5ATM16時間
POLAR GRIT X¥57,445 Amazon楽天市場Yahoo!タッチ水深100m耐性(水中使用可)7日間
SUUNTO SPARTAN SPORT HR¥66,976 Amazon楽天市場Yahoo!タッチ10気圧10時間
Fitbit Charge 4¥22,500 Amazon楽天市場Yahoo!タッチ水深50m耐性7日間
Casio GSR-H1000AS¥39,640 Amazon楽天市場Yahoo!ボタン20気圧20時間
GARMIN vivosmart 4¥17,600 Amazon楽天市場Yahoo!-タッチ水深50m耐性7日間
Fitbit Inspire2¥12,436 Amazon楽天市場Yahoo!-タッチ水深50m耐性(水中使用可)10日間
HUAWEI Band 6¥7,800 Amazon楽天市場Yahoo!-タッチ5ATM14日間
GARMIN vivoactive 4S¥46,980 Amazon楽天市場Yahoo!タッチ5ATM5日間

【中・上級者向け】ランニングウォッチおすすめ人気ランキング10選

関連記事:【2021年最新版】HUAWEIスマートウォッチおすすめ15選|1万円以下で購入できるモデルも豊富に紹介

こちらの記事でもカシオのおすすめスマートウォッチを紹介しています。
関連記事:【2021年最新版】カシオスマートウォッチおすすめ12選|ソーラー充電もできる新作モデルも紹介

ランニングウォッチの使い方

ランニングウォッチ 使い方

初めてランニングウォッチを購入する人が知りたいのが、商品の使い方ですよね。「とりあえず購入してみたものの、どう使えばいいのか分からない」と箱にしまったままにするのはもったいない。基本的なランニングウォッチの初期設定やおすすめ活用方法を紹介します。

  • ランニングウォッチの使い方
  • STEP.1
    電源を入れる
    まず使用前に、ランニングウォッチのバッテリーを十分に充電しておきます。電源を入れて、画面が表示されるまで待ちます。
  • STEP.2
    時刻を設定する
    画面が表示されたら時刻設定を行います。設定方法は機種によって異なり、手動で設定・GPSによって自動取得・スマホと連携して自動取得の3タイプがあります。取扱説明書を確認しながら、機器に応じた方法で設定しましょう。
  • STEP.3
    その他の初期設定を行う
    言語設定・文字サイズ・基本情報の入力など、その他の設定を行います。機種によっては後から設定する場合もあります。
  • STEP.4
    スマホと連携する
    スマホ連動機能を備えているランニングウォッチであれば、専用アプリをスマートフォンでダウンロードし、Bluetoothによってランニングウォッチと連携させます。スマートフォンの情報を読み取る場合は、少し時間がかかるので注意。
  • STEP.5
    設定完了
    設定や同期が完了したら、ランニングウォッチを装着してみましょう。腕時計の要領で手首に取り付けます。痛みや締め付けのないようにつけてください。
ランニングウォッチのおすすめ活用方法
  • 毎日の歩数チェックに
  • 心拍数・血中酸素レベルの管理に
  • 運動距離や時間の記録に
  • 自分の睡眠の質・ストレスレベルを知るために
  • 女性の生理周期や排卵日の把握に
  • ダイエットのモチベーションアップに
  • 電子マネー機能でちょっとした買い物に
  • SNSやメールの通知チェック用に
  • 音楽再生や通話機能を楽しむために

ランニングウォッチの関連商品

ランニングウォッチ 関連アイテム

これから運動を始めようと思っている人の中には、「ランニングウォッチの他には何を買えばいいの?」「あると便利な関連グッズを知りたい」という人も多いですよね。ここからは、ランニングウォッチと一緒にチェックしてほしいおすすめアイテムを紹介します。

運動時のスマホ収納に困らない「スマホ用アームバンド」

ランニングウォッチ アームバンド

スマートフォンを腕に取り付けることができるバンドアイテムのこと。ランニングやトレーニングをするときに、スマートフォンの収納場所に困っている人は要チェックです。防水機能があるものやイヤホンが収納できるスペースを備えたものなどが人気ですよ。スマートフォンのサイズを確認してから商品を選びましょう。

水筒やペットボトルを持ち運べる「ボトルポーチ」

ランニングウォッチ ボトルポーチ

運動中に欠かせないのが水分補給ですよね。スマートにペットボトルや水筒を持ち歩きたいなら、ボトルポーチはチェックしておきたいところ。腰に巻き付けるウエストポーチ型・肩に掛けるショルダー型など、商品によってデザインはさまざまです。自分の好みやトレーニングスタイルに合ったものをチョイスしましょう。

揺れないウエストポーチ「フリップベルト」

運動しているときに「ポケットのスマートフォンが落ちそうになる」「荷物が揺れて身体が痛い」と思ったことはありませんか?今話題の「フリップベルト」なら身体に密着する形状になっているので、運動中でも中身が揺れません。スポーツ時のバッグに悩んでいる人や激しい運動が多い人は要チェックのアイテムです。

ランニングウォッチのよくある質問

ランニングウォッチ よくある質問

ランニングウォッチはどこで買うのがいいですか?

ランニングウォッチは、実店舗ならスマートフォンショップ・スポーツ用品店・時計専門店・家電量販店で購入できます。ナイキやアディダスといったスポーツブランドの直営店で販売されている場合もありますよ。ネット通販であれば、商品の取り扱いが幅広いAmazonや楽天がおすすめ。口コミやレビュー評価で、実際に購入した人の声をチェックすることができます。

ランニングウォッチの寿命はどれくらいですか?

ランニングウォッチを含めるスマートウォッチの寿命は、一般的には2~3年と言われています。多くの理由はバッテリーの劣化で、バッテリーの交換ができない機種は買い替えが必要になります。バッテリーの消耗を防ぐためには、高温の場所で保管しない・完全に放電・充電した状態で長期間放置しない・バッテリーを5%以下にしないといった方法が有効。バッテリーが減るとすぐに充電しがちな人が多いと思いますが、意外と30~50%の状態が最適だと言われています。

ランニングウォッチは中古でも大丈夫ですか?

ランニングウォッチは、中古品販売店やメルカリなどのネットオークションで販売されていることがあります。定価より安く購入できるメリットはありますが、バッテリーが大幅に消耗していたり付属品が無かったりと注意するポイントがあります。どうしても購入したいときは、商品の状態をよく確認しましょう。

おすすめランニングウォッチまとめ

ランニングウォッチ まとめ

  • ランニングウォッチはトレーニングを効率よく行える便利アイテム
  • 計測機能だけでなく、日常に役立つ機能を備えたものが多い
  • スマートフォンと連動させることで、さらに快適に使える
  • 自分の用途やスタイルに合わせて必要な機能を選ぼう

今回は、今話題のランニングウォッチについて紹介しました。人気商品ランキングでは、初心者向けと中~上級者向けをそれぞれ10選ずつ紹介しているので、ぜひ購入時の参考にしてくださいね。自分にぴったりのランニングウォッチを選んで、素敵なトレーニングライフを送りましょう。

関連記事:【2021年完全版】マニアが厳選した スマートウォッチ おすすめランキング 30選 | 選び方や機能を完全解説

関連記事:スコアアップ確実!ゴルフ向けスマートウォッチおすすめ15選|安いモデルを徹底比較

関連記事:【スマホやスマートウォッチと連携できる】体重計・体組成計 おすすめ16選 (2021年最新)

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー