【完全比較】SDカードのデータ復元 !! 無料ソフトと復旧業者どちらオススメ?

   

「あれっ, この前撮影した写真がない」「間違えてGoProのビデオを削除しちゃった……」なんて経験, デジタルカメラやGoProを使っている方なら誰にでもあると思います.

間違えて削除してしまったり, メモリーカードが故障したりして「消えてしまった」データ, 今なら取り戻せるかもしれません.

そんなときに考えるのが、SDカード復元の無料ソフトとデータ復元の業者とどちらが良いの?ってポイントです。

そこで今回は復元のプロがどちらが良いのか徹底比較してみました!!

【セール実施中】amzonのSDカードの売れ筋ランキングをチェック

【完全比較】SDカードのデータ復元 !! 無料ソフトと復旧業者どちらオススメ?

現在主流のメモリーカードは「SDカード」

メモリーカードにもいくつか種類がありますが, 現在主流なのは「SDカード」やそれを小型化した「microSDカード」です.

SDカード以外にもSONYが開発していた「メモリースティック」や高性能な一眼レフで使われていた「コンパクトフラッシュカード」などがあります.

たかし先生

SDカードの種類や一眼レフ・ミラーレスで使うSDカードの選び方については別の記事で紹介しているので, あわせてこちらも読んでみてください.

大事なポイントは3つある 一眼レフ / ミラーレスカメラ用のSDカードの選び方

SDカードは2019年現在一眼レフやミラーレスのみならず, ビデオカメラやGoProなどのアクションカメラなどに使われているほか, 特に小型なmicroSDカードはスマートフォンのストレージとしても活用されており, 多くの人にとってSDカードとその中のデータはとっても大切なものだとおもいます.

ひとことメモ
今回はSDカードとmicroSDカードを前提に説明していきますが, 他の規格のカード(メモリースティックやCFカード)でも参考になると思います.

データが消えた!? でもその原因は何?

「データが消えた」と書きましたが, 場合によってはデータが読み込めなくなっただけで, 完全には消えていない(=データを取り戻せる)という可能性もあります. 

ここに, 一般的に発生しうるケースをリストアップしてみました.

データに異常がある場合(論理障害)

SDカード自体は壊れていないんだけど, 中に記録されているデータが正しく記録されていないため, 写真や動画を読み込むことができない状態です. 難しい言葉で「論理障害(ろんりしょうがい)」といいます.

論理障害の場合は無料の復元ソフトで解決することもあります. また, 復旧業者に依頼する場合でも(比較的)安く済むことが多いです.

論理障害にも色々なパターンがあります.

SDカードを間違えてフォーマット(初期化)してしまった

たぶん誰もが一度は通る道, だと思います. 私も旅行中に, すでにパソコンに移してあると思ってSDカードをフォーマットしたらパソコンには保存されてなかった……という思い出もあります.

フォーマット(初期化)といっても, 実は中のデータが完全に消されているわけではなくて, 特にフォーマット直後ならほとんど無傷の状態で残っていることもあります. そういう場合は復旧ソフトで何事もなかったかのように復元できてしまうこともあります.

記録された写真のうちの1枚だけを消してしまった, という場合も同様です.

書き込み中にトラブルが発生した

GoProなどで動画を撮影中(SDカードに動画を書き込み中)に電池が切れて, 途中で撮影が停止してしまった, という場合がコレです. あとは書き込み中にもかかわらずカードの抜き挿しを行ったとか.

データが中途半端な状態で記録されてしまったため, パソコンやカメラで写真や動画を正しく読み出すことができない状態です.

こちらもファイル復旧ソフトや復旧サービスをつかって解決できる場合があります.

パソコンやカメラに挿入したときにエラー画面が表示されたり, 「フォーマットしますか」と確認されるのも論理障害の一つです

たかし先生

SDカードに異常がある場合(物理障害)

記録されているデータ云々以前に, SDカードが物理的に壊れてしまっている状態です. これを難しい言葉で「物理障害(ぶつりしょうがい)」といいます.

物理障害の場合はPCのソフトでどうこうできるレベルではないため専門のファイル復元業者に依頼するしか方法はありません. また, 業者に依頼する場合でも論理障害とは比較にならないくらい作業が煩雑なので, その分費用も膨れ上がります. また, どれだけ頑張っても「修復不可能です」という場合もあります.

物理障害にもいろいろあります

海や川に落とした

いわゆる水没です. GoProなどに使われるmicroSDカードには防水を謳っている製品が多いのですが, 油断禁物です. 

静電気でバチッと……

よくあるパターンです. 特にmicroSDカードは小さく薄く, しかも端子が露出しているため普通につまむと端子を指で触れてしまいます.

人間にとっては大したことない(?)静電気ですが, 数百〜数千ボルトの電圧がSDカード内を流れることで, 中の電子部品が破損してしまいます.

バキッと折れた(割れた)

私が高校生の時, 後輩に貸したSDカードがバキッと折れて返ってきたことがあります. 曰く「SDカードリーダに挿した状態で引っ掛けてしまい, その衝撃で折れてしまった」と.

破損の程度によってはそのままパソコンなどで読み込むことができることもありますが, 特に重要なデータの場合は症状が悪化する前に専門業者に依頼するのがベターです.

上にも書いた通り, 物理障害の場合は復旧がものすご〜く難しいため, 専門業者に任せる他ありません. 当然費用も高くなり, 10万円はくだらないと思います.

ここまでのまとめ
  • SDカードのデータが読み込めない原因は「論理障害」と「物理障害」の2種類がある
  • 論理障害はデータの書込内容にエラーがあるもので, なんとかなる可能性が高い
  • 物理障害はカード自体にエラーがあるもので, どうにもならない可能性もある

専門業者 vs. 無料ソフト どっちがいいの?

では, データ復旧の専門業者に任せるのと, 無料のソフトを使って自分で復元するのとではどちらがいいのかを比較してみましょう.

データ復旧業者のメリット・デメリット

データ復旧業者に関してはまずどこが良いのかわからないというのが最大のネックですね。そうなってくると自分でやった方が良いんじゃないか?とさえ思ってしまうのも事実です。しかしながら、サービスとして会社が提供しているものなので、データを取り出す可能性は高いです。

業者に依頼することの最大のメリットは, 無料の復元ソフトを使うよりずっと高い割合で復元してもらえることだと思います. また, そもそも物理障害(水没やカード破損など)の場合は業者に依頼する他手段はないと思います.

気になる費用も, データの復元に成功した場合のみ料金が発生するという, 成功報酬型の業者が多い印象です.

あまり考えたくはないのですが, 知り合いの結婚式の撮影を頼まれたものの, データが読み込めなくなったなんて状況なら, 私だったら迷わず業者に依頼するでしょう.

デメリットというか, ファイル復元サービスの利用を戸惑う最大の理由はその料金の高さだと思います.

1000円や2000円ならともかく, 最低でも3万円前後, SDカードの種類や状態によっては20万円近い見積もりという場合もあります. このページを見ている多くの方は趣味でカメラを楽しんでいる方と思いますが, たかが趣味に20万円を費やせるのかと.

20万円あれば最新のカメラや高性能なレンズを買えますね!

たかし先生

なので, 「何が何でも無料で済ましたい」という方にはおすすめできません.

また, 業者側も当然人の手で復元作業を行いますから, 自分が撮影した写真や動画は業者の人に見られてしまいます. そういうのに抵抗がある, という方も多いと思います.

無料ソフトのメリット・デメリット

GoogleでSDカードのデータ復元について調べると, 無料のソフト(フリーソフト)でデータの復元に成功した, というブログの記事を多数見かけますが, 実際には故障の原因やSDカードの状態などによって結果は異なります.

フリーソフトを使う一番のメリットは費用が一切かからないという点です. 後述の通りファイル復元業者に依頼すると, カードの状態によっては20万円以上請求されることも珍しくありません.

無料のソフトだとちゃんと復元できるのか心配, と思われるかもしれませんが, 原因が上述の「論理障害」の場合(間違えてフォーマットしてしまったとか, 書き込み時にトラブルが発生したなど)は思いの外高い復元率を示すこともあり, 侮れません.

また, すべての作業が自分ひとりで完結するため業者に依頼している時間的な余裕がないという方にもおすすめです.

なので, 「趣味で撮影したものだし, もう一度撮影しようと思えば撮影できるよ」という方の場合は無料のソフトを試して見る価値アリだとおもいます.

しかし, 無料のデータ復元ソフトにもデメリットはあります.

無料の復元ソフトでは復元できない, というケースは少なくありません. 大前提として「物理障害」(カードが折れた, 水没したなど)の場合は無料のソフトではどうにもなりません.

また, 無料のソフトで復元を試みることがかえって状態の悪化を招くことも考えられます. 「最初っからファイル復元業者に依頼すればよかった」なんてことになるのは, まさに安物買いの銭失いです.

とにかく失敗が許されない状況だと, 無料復元ソフトの利用はちょっとまった, ですね.

たかし先生

ここまでのまとめ
  • データ復旧業者に依頼するほうが無料のソフトよりも高確率で修復できる
  • 物理障害は無料のソフトでは対応できない

データ復旧業者に依頼するときのポイント

データ復元業者にもいろいろあって, しかも聞いたことのないメーカーばかりなのでどこに依頼すればいいのかわからないという方が多いのでは? データ復元業者を選ぶときのポイントをまとめてみました.

いわゆる「成功報酬型」か

最初の見積もりは無料で, 復元作業の結果によって料金が発生する, いわゆる「成功報酬型」のサービスを選ぶことが重要です. 業者に依頼したが, ほとんど復元できなかったにもかかわらず, 高い費用が発生してしまった, というのは避けたいですよね.

事前に「復元可能なファイルリスト」を提示するか

信頼できる業者は必ず, 事前に「これらのファイルは復元できますよ」という一覧表を示してくれます. 特にカメラの場合はファイル名から必要な写真を見つけるのは難しいと思いますが, それでもどれくらいのファイルを復元できるのか, の目安にはなると思います.

SDカードの状態にもよりますが, 100%すべてのデータを復旧できるなんてケースは極わずかです. 高いお金を払って復元をしてもらったのに, 本当に必要なファイルが入っていなかった! というのは避けたいですよね.

プライバシーの保護は万全か

プライバシーの保護に万全を期しているかは要チェック項目だと思います. それを確認するためには「プライバシーマーク」や「ISO 27001」などのプライバシー, 情報セキュリティに関する認定を得ている業者を選ぶことが重要です.

趣味で楽しむ写真撮影だとしても, 特に知り合いが写っている写真などは他人に見せたくないこともありますよね. また, 復元をお願いした写真や動画がネット上に流出した, なんて自体は絶対にイヤですよね.

SDカードの容量によって料金は変わるか

変わらない業者もありますが, 多くの業者ではSDカードの容量が大きくなるほど料金も高くなる傾向にあります.

特にSDカードの場合, 128GBや256GBなどの超大容量な製品では内部の部品も複雑になり, データ復旧も困難になります.

事前に, 「〇〇万円までなら復元作業を行ってください. それを超える場合は, 検討します」などと, 予算をあらかじめ伝えておくとスムーズに作業が進むと思います.

たかし先生

どれくらいの時間がかかるか

論理障害であれば専用の機器をつかって, 数時間以内に完了するので即日で返却されることもあります. 著しい物理障害の場合は1週間かかることもあるようです.

復元の困難度以外にも, 混み具合だったり休業日で伸びたりすることもあります. 別途の見積もりで「早くして」というのにも対応してもらえるところもあるようです.

SDカードのデータ復旧業者はここがおすすめ!

以下に高い評価を得ているデータ復旧業者を3つ, 紹介します.

データレスキューセンター

https://www.rescue-center.jp/

SDカードを送付すると最初に初期調査を行い, 見積もりや修復可能なファイルのリストを教えてもらってから復旧作業に移るので, 安心ですね. プライバシーマークとISO 27001取得の企業なのでプライバシーや個人情報の保護も問題ないでしょう.

気になる費用は論理障害なら8千円〜4万円程度, 物理障害で3万円〜15万円程度のようです. 二度と同じ写真は撮れない, という貴重な写真を復元できて, この価格なら安い方だと思います.

参考 データレスキューセンターデータレスキューセンター

WinDiskRescue

https://www.kumanan-pcnet.co.jp/

熊本県熊本市に本社のある, 株式会社くまなんピーシーネットのデータ復旧サービスです.

ハードディスク製造メーカーであるWestern Digital社公認のパートナー企業であり, またハードディスクやメモリーカード以外にもスマートフォンのデータ復旧サービスも提供しているあたり, 技術力の高さを伺えます.

もちろんプライバシーマーク取得企業なのでプライベートな写真もOKですね.

参考 WinDiskRescueWinDiskRescue

株式会社バッファロー

https://www.buffalo.jp/contents/service/recovery/

PC用のマウスやキーボードで有名なバッファローですが, ハードディスクやメモリーカードのデータ復旧サービスも提供しています.

最大の特徴は障害の程度に応じた固定料金制を採用しているところで, 例えば中度の論理障害なら5万円程度. 事前に料金がわかるのは安心できますね. また, バッファローのSDカードで, 保証期間内であれば無償で復元してもらえる可能性もあります.

参考 BuffaloBuffalo

オススメのSDカードデータ復元無料ソフト

無料のソフトで復元できるのは「論理障害」のみで, SDカードが折れたとか水没したというような「物理障害」にはほとんど対応していません.

ただ, 「大事なデータが入っているのに間違えてフォーマットしてしまった」というような場合は試して見る価値アリだとおもいます.

EaseUS Data Recovery Wizard Free

https://jp.easeus.com/data-recovery-software/drw-free.html

世界的に有名? なデータ復旧ソフトです.

無料版と有料版があり, 有料版には電話サポートが付いてきます.

無料版では2GBまでしか復元することができません. 最近のSDカードは32GB以上の物が多く, 数十枚の写真ならともかく, 動画を復元したいという場合は少し心もとないかも.

復旧率は97.3%と謳っています. またMacにも対応しているのは個人的に評価ポイントでもあります.

参考 EaseUS Data Recovery Wizard FreeEaseUS

Recuva

https://www.ccleaner.com/recuva

こちらも有名なファイル復元ソフトのひとつです. 画面に表示される指示を読みながらワンステップずつ進めていく「ウィザード形式」を採用しているので, PCの操作が苦手な方でも使いやすいと思います.

Webサイトは英語のみですが, ソフトウェアは日本語表示にすることができます.

参考 Recuva<span>Piriform Ltd.</span>

ファイナルデータ復元

https://www2.finaldata.jp/ファイナルデータ-シリーズ-無料体験版/

こちらは正確には無料ソフトというよりも無料の体験版です. ファイルを復元可能か否かを判断することができますが, 実際に復元するためには製品の購入が必要です.

やはり日本の企業の方が安心できる, という方におすすめです.

参考 ファイナルデータ シリーズ 無料体験版AOS

SDカードのエラー, 故障は未然に防ぐことが重要

個人的に一番言いたいのが, 「SDカードが故障したり, データが読み込めなくなってからでは遅い」ということです. 特に業者に依頼する場合は3万円〜20万円くらいかかることもあるので, そうならないようにする対策が必要です.

そして, そうした対策は何も難しいことではありません.

写真は必ずバックアップを取る

撮影した写真は全部SDカードに入れたまま, は一番良くない例です. 必ずパソコンなどでバックアップを取るようにしましょう.

私の場合, 旅行先でもパソコンを持っていくので, SDカードの容量に余裕があるときでもPCにバックアップを取るようにしています.

「ダブルスロット」を活用しよう

NikonのD7500などの高性能一眼レフでは, SDカードスロットが2つついている, 「ダブルスロット」を採用する機種が多いです. SDカードを2枚用意して, 両方のカードに写真を記録する設定にしておけば, 一方のSDカードがエラーを起こしたり破損したり, あるいは紛失したとしてもなんとかなります.

SDカード用の保管ケースを使おう

使わないSDカードをそのままカバンの中に入れておいたり, ポケットの中に入れておくと静電気や圧力などで壊れてしまう原因になります.

家電量販店や100円ショップでSDカードを数枚〜十数枚保管できるケースが販売されているのをご存知ですか? 中には予備のバッテリーも一緒に保管できるものもあるので, 活用してみるといいと思います.

SDカードの持ち方に注意

特にmicroSDカードの場合, SDカードの端子面に指で触れてしまうような持ち方をしていませんか? そういう持ち方は静電気でSDカードが破損する原因になるので, SDカードの端子面を触れないような持ち方(フチをつまむような持ち方)にしましょう. また, SDカードを他人に渡すときにケースに入れて渡すことも対策になります.

やっぱり安心できるメーカーのSDカードを買おう

絶対に故障しないメーカーなんてのは存在しませんが, それでも信用のできるメーカーのSDカードを使うのがいいと思います. 具体的にどんなメーカーがいいのか, どういうメーカーは避けるべきなのかはSDカードの選び方の記事で紹介しています.

大事なポイントは3つある 一眼レフ / ミラーレスカメラ用のSDカードの選び方

まとめ

SDカードのデータが消えた, というのは誰の身にも起こりうる恐怖です. そうなったときに慌てて取り返しのつかないことになる前に今一度, どうすればいいのかを確認しておくのは大切だと思います.

また, SDカードというのは多くの方が想像しているよりもずっと, デリケートな部品です. 粗雑に扱わず, 保管するときも専用のケースに入れるなどして大切に扱いましょう.