【プロが教える】警察も活用している 防犯カメラ・監視カメラの映像を復元する方法

防犯カメラの映像は犯罪やトラブルがおきたときに決定的な証拠として使えます。

ところが防犯カメラの映像は、古い映像を上書きしながらループ録画されてしまうので、肝心の部分が消えてしまっているというケースがよくあります。

そこで今回はデータ復旧のプロが警察も活用している防犯カメラの古い映像やデータを復元する方法をまとめてみました!

警察の捜査でも防犯カメラの映像は証拠としてとても重要なデータなので、復旧ソフトや復元業者に依頼して消えてしまった映像を復元しています。

そこで今回は「どちらがオススメなの?」という点を踏まえ、データ復旧の相場や、おすすめの復旧業者まで詳しくご紹介していきます!

【無料診断】データ復旧業者アドバンスデザインに見積もり依頼してみる

いでっち

防犯カメラのデータ復旧は業者の腕次第!正しい業者選びがポイントです!

この記事を監修した専門家

家電の専門家
川島健太郎
家電販売員・商品バイヤー
20歳に家電業界に入り、25歳に全メーカーとの外商を担当。テレビ、パソコン、白物家電、調理家電の仕入れを行い、年間100億円程度の商品買付をしていた腕利きバイヤー。本当におすすめできる良い商品を見つけお届けすることがモットー。趣味はガジェットいじり、ノマドワーカー、サッカー観戦、コーヒー。

防犯カメラの映像は復旧できる?

防犯カメラの映像はSDカードか専用のハードディスクに録画されています。SDカードもハードディスクもデータ復旧の対象になるので、どちらでも復旧できる確率はかなり高いです。

そこで重要になってくるのが、なぜデータが消えてしまったのかという原因の部分です。正しい対処方法が復旧率を上げるための重要なポイントなのでしっかり確認しましょう。

関連記事【2021年最新】家庭でも使える防犯カメラおすすめ 20選 | タイプ別に徹底比較

操作ミスや犯人がわざと映像を消した場合

「映像をチェックしている時に間違えてデータを消去してしまった」などの場合は、高確率でデータ復旧できます。また犯行がバレないように、犯人が故意的に防犯カメラの映像を消した場合でも、だいたい60~80%くらいの確率で復旧できます

どちらの場合でもSDカードやHDD自体には障害が起こっていないため、データ自体は無事に取り出せる可能性が高いです。このように、デバイス自体に物理的な故障がない場合を「論理障害」と呼びますが、論理障害の場合は復旧ソフトなどでデータ復元することもできます

関連記事:【完全比較】SDカードのデータ復元 !! 無料ソフトと復旧業者どちらオススメ?

ただ復旧ソフトの場合は、費用は抑えられますが、処置を間違ってしまうと二度とデータが取り出せなくなるリスクがあるので注意が必要です。大切なデータで失敗できないという場合には、プロの専門業者に任せましょう

防犯カメラで撮影していたはずの映像が映っていなかった

防犯カメラで撮影していた映像が映って記録されていない場合は2つの原因があります。

1つは防犯カメラや監視カメラが動作していなかったケースです。この場合はデータ自体が無い状態なのでデータの復元は不可能です。

もう1つは、映像は録画されていたはずなのにSDカードやハードディスクに何かしたらのエラー障害があって録画されていなかった場合です。このケースだと、録画データがメモリ内のどこかに残っていることもあるので復旧業者でデータを取り出せる可能性もあります。

容量オーバーで古いデータが上書きされてしまった

一番よくあるのは、防犯カメラや監視カメラの映像が上書きされてしまったケースです。防犯カメラはループ録画されているので、容量が満タンになると、一番古いデータから上書きされてしまいます。

上書きされてしまうと復旧確率は40~50%ほどですが、比較的新しいデータの場合は復旧できる可能性もあります。逆に、何度も何度も上書きされてしまっていると、復元したいデータが完全に書き潰されてしまっていて、データ復旧の見込みは低いです。

監視カメラのの場合は、映像が必要になったらすぐにSDカードやHDDを交換して、データ復旧業者に相談してください!

家事や雷で防犯カメラごと壊れてしまった

防犯カメラは屋外に設置していることが多いので、雨や雷などが浸水して水没故障してしまうケースがあります。またよくあるのが火災などによって防犯カメラやSDカードの一部が燃えてしまうケースです。

このように物理的な損傷がある場合を物理障害といいますが、復旧確率はかなり低くくなり10~30%程度でしょう。とくにSDカードやハードディスクのメモリ自体が壊れている場合には復旧に相当な技術が必要になります。

データ復旧業者でも扱えるところは限りがありますが、技術力が高い業者だと復旧できる確率があります!

監視カメラのデータが復旧できないケース

SDカードのフォーマットや初期化されてしまった

SDカードやハードディスクをフォーマット(初期化)してしまうと、復旧できなくなります。

データが消去されてしまったことに気付いたら、自分で操作するのを辞めて、すぐにデータ復旧業者に依頼することが復旧率を上げるために最善の方法です!

メモリー領域の破壊

データ復旧というのは書き込まれているデータが読み取れないエラーを解決することで、データを取り出す作業です。ただしデータが格納されいるファイル自体が壊れているとデータを取り出すことができません。

例えばSDカード自体が車に踏まれてしまってスクラップ状態になってしまうと、そもそもデータが収納されていた基盤やチップが壊れてしまっていてデータが取り出せ無いので注意が必要です。

復旧業者に頼んだ場合、プライバシーは守れる?

防犯カメラの場合、トラブルや事件性が高いケースが多いです。その場合に気になるのが復旧業者から情報やデータが流出することです。データ復旧業者は、防犯カメラに限らず機密性が高いデータを扱うことが多いので、情報の扱いには慣れています。

ISO認証やプライバシーマークを習得している業者だと、一定のセキュリティー施設が必要なので安心して依頼できます。ただし大手に限られていて、その場合は費用がものすごく高くなるというデメリットも。

ISO認証やプライバシーマークを習得していないところでも、官庁や警察、弁護士、病院、研究機関と取引が多いサービス業者もたくさんあり、それらは実績と信頼性があるので、コスパよく大切なデータを依頼することができるのでオススメです。

防犯カメラ・監視カメラ データ復旧の費用の相場

防犯カメラのデータ復旧にかかる費用の相場をまとめてみました。

レベル 症状 金額
軽度の症状 操作ミスやわざとデータを消去した。軽度の論理障害 ¥30,000〜50,000
中度の症状 読み込みめない。上書きしてしまった。
システムエラー
¥50,000〜100,000
重度の症状 水没や火災で燃えてしまった。物理障害 ¥150,000〜400,000

あくまで参考価格なのでHDDの状態や損傷のレベル、作業の難易度によっては金額が変わってきます。専門業者に事前に見積もりや予算などを相談して適切な業者を選びましょう!

防犯カメラのオススメ業者の選び方

防犯カメラのデータ復旧で実績と口コミ評価が高い専門業者を厳選しました。

どの程度の確率復旧が見込めるかは、メディア内のデータコードの状況と、復旧業者の腕次第です。

完全成果報酬型の業者を選ぶ

防犯カメラのデータ復元は、実際に作業してみないと分からないというのが本音のところです。業者によっては診断前に復旧リストを提示してくれるところもありますが、それは軽度障害の場合のみです。

そこで重要なのが「完全成果報酬型」ということです。完全成果報酬の場合、データ復旧できなかった場合には費用を払う必要がありません。

よくあるトラブルは最初に高額な金額を支払ってしまい、結局データが復旧できなかった場合です。最初に費用を要求するところは悪徳業者のリスクが高くなるので避けましょう!

完全成果報酬型の業者を選んでおけばそのリスクを抑えることができます!

実績や口コミをチェックしよう

データ復旧業者は国内だけで100社近くあります。その中でしっかりした業者を探すには実績や口コミを確認するのが一番重要です。

データ復旧率を宣伝しているところも多いですが、復旧率は客観的な数字では無いので、正直あまり意味がありません。それよりも業者の口コミやどんな会社と取引があるかなどをチェックする方が、失敗するリスクを軽減できます!

セキュリティーがしっかりしているところを選ぶ

プライバシーマークやISOの国際的な基準を満たした業者に依頼するのが安心です。ただその場合は大手のみになり復旧にかかる費用も2倍近く高くなることがあります。会社の体裁上、そのような会社にしか依頼できない場合はそれでも良いのですが、少しでも費用を抑えたいという人には警察や研究機関などが多く利用している業者を選ぶのがオススメです。

防犯カメラのデーター復旧・復元 おすすめ業者6選

アドバンスデザイン


アドバンスデザインの公式サイトはこちら

東京、神奈川などにいくつかの拠点をもつアドバンスデザインはデータ復旧業界の中でもっとも老舗な専門業者です。アメリカのHDDメーカー等と技術提携をしているなど、業界随一のデータ復元技術を誇ります。

アドバンスデザインの特徴とポイント
  • データ復旧業界の老舗
  • 世界最大手企業と技術提携
  • Buffaloのデータ復旧の下請け
  • 完全成果報酬型
  • 事前見積もり可能
  • 大規模案件に強い
  • ISO認証取得

データを外部に持ち出すことができない企業などに向けてオンサイト(現地)での復旧作業にも対応しています。

アドバンスデザインの法人向けサイトはこちら

関連記事:[口コミ]アドバンスデザインを徹底検証!料金や対応まで徹底解説

A1Data


A1Dataの公式サイトはこちら

A1Dataはサービス開始27年、データ復旧実績70000件以上を誇る老舗データ復旧業者です。

ストレージの構造を知り尽くしたエキスパートが長年積み重ねた豊富なノウハウを活かして復旧作業を行っています。

ISO27001/ISMS認証を取得しているため、セキュリティは最高レベル。個人情報の流出が心配な方は一度チェックしてみましょう。

の特徴とポイント
  • 豊富な歴史と復旧実績
  • 完全成果報酬型
  • 事前見積もり可能
  • ISO27001/ISMS認証取得
  • 対応OS多数
  • ストレージのメーカーにより割引あり

関連記事:[評判/口コミ]A1Data(エーワンデータ)の料金や対応、口コミ、悪い評判まで徹底解説!この業者は信頼できる?

DATA SMART(データスマート)

DATA SMART HP

DATA SMARTの公式サイトはこちら

東京 神田にあるDATA SMART(旧Smartfix)はデータ復旧技術が高く、暗号データの解読もできる専門業者です。

防犯カメラの取り扱い案件は都内でもTOPクラス。警察からの事件関連の防犯カメラの映像などを専門的に取り扱ってた経緯があり、実績は十分です。

東京や神奈川、埼玉などの首都圏の公官庁、大手企業の依頼が多く、セキュリティーや機密事項の扱いには慎重で丁寧です。

スマホ、タブレット、SDカードなどあらゆる機器のデータ復旧も可能です。

DATA SMARTの特徴とポイント
  • 防犯カメラの実績が高い
  • 完全成果報酬型
  • 事前見積もり可能
  • コスパが良い
  • 警察などの案件を多く手掛ける安心の企業

関連記事:[評判/口コミ]Smartfix(スマートフィックス)の悪い評判・料金・対応まで徹底解説

バッファローデータ復旧サービス


バッファローデータ復旧サービスの公式サイトはこちら

外付けHDDなどのPC周辺機器の大手メーカー・Buffaloが提供するデータ復旧サービスです。

アドバンスデザインと提携しており、復旧技術はトップクラス。

自社の製品の復旧なら無料で対応してもらえる場合もあるなど、大手企業ならではのサービスの充実度を誇ります。

の特徴とポイント
  • Buffaloが提供
  • 完全成果報酬型
  • 事前見積もり可能
  • アドバンスデザインと提携
  • 自社製品なら無料対応あり

関連記事:[評判/口コミ]BUFFALO データ復旧サービスの料金や対応、口コミ、悪い評判まで徹底解説!

LIVEDATA(ライブデータ)

ライブデータ 評判
LIVEDATAの公式サイトはこちら

LIVEDATAは作業完了までのスピードが特に速いデータ復旧業者です。平均作業時間は13.84時間となっており、多くの場合は翌日には復旧作業が完了しています。

このスピードにも関わらず、希望するデータが復旧できなければ料金は0円なので、安心して依頼することができます。

東京・秋葉原駅から徒歩1分の場所に窓口があるので、持ち込みでの作業依頼も可能。何よりも早くデータを取り戻したい方におすすめです。

の特徴とポイント
  • データ復旧スピードが最速クラス
  • 完全成果報酬型
  • 事前見積もり可能
  • 窓口への持ち込みも可能
  • プライバシーマーク取得

関連記事:【口コミ検証】LIVE DATA(ライブデータ) データ復旧サービスの料金や対応は?料金や悪い評判まで徹底解説!

ウィンディスクレスキュー

福岡にあるウィンディスクレスキューは九州エリアでオススメの復旧業者です。

高い復旧技術をもち、クリーンルームなどの最新設備やISOのプライバシーマークなども習得している安心の業者です。

復旧できるメディアも多く、防犯カメラや監視カメラなどどのようなメディアでにも対応できます。

ウィンデータレスキュー
  • WesternDigital(ウエスタンデジタル)社と提携企業
  • 「プライバシーマーク」を取得
  • 完全成果報酬型
  • 事前見積もり可能
  • 九州エリアでNO1実績を誇る
  • 親切で丁寧な対応

関連:【口コミ検証】Win Disk Rescueの料金や対応は?料金や悪い評判まで徹底解説!この業者は信用できる?

防犯カメラ データ復旧 まとめ

防犯カメラのデータトラブルに困った場合でも普及専門会社に依頼することで取り戻すことができます。防犯目的のための映像や警備で使っている映像、監視カメラの映像まであらゆるデバイスに対応することができます。

関連:【2021年】防犯カメラ レンタル業者 おすすめ10社
関連:【2021年】カメラ付きで赤ちゃんを見守れる ベビーモニターおすすめ15選 |

自宅の近くなど、エリア別でデータ復旧業者を探す場合は以下の記事を参考にしてください。

関連記事:【東京のデータ復旧サービスを口コミ比較】池袋・新宿・秋葉原・銀座の人気業者 おすすめ5選

関連記事:[2021年口コミ比較]大阪(関西) データ復旧サービス業者 人気おすすめ4選|梅田・新大阪エリア

関連記事:[愛知(名古屋)・滋賀・三重・岐阜]データ復旧サービスおすすめ3選 口コミで徹底比較

関連記事:【北海道エリア】データ復旧サービスを解説!おすすめ業者3社紹介・比較&口コミ調査!

関連記事:沖縄のデータ復旧業者はどこがおすすめ?口コミ比較で選んだおすすめ業者4社を解説

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー