【雰囲気抜群】スキットルおすすめ21選!かっこいい高級モデルも紹介

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

雰囲気抜群!スキットルおすすめ20選|かっこいい高級モデルも紹介

アウトドアでもウイスキーやウォッカなどのお酒を持ち運びできるスキットル。海外映画やドラマによく登場するため「スキットルでかっこ良くお酒を飲みたい!」と憧れる方も多いのではないでしょうか。

最近はキャンプや登山でも気軽に携帯できるモデルも販売されています。お気に入りのお酒を持参すれば、アウトドアをさらに満喫できますね。

スキットルは素材や容量、デザインに違いがあり、どの製品を選べばいいか迷ってしまいますよね。この記事ではスキットルの選び方やおすすめ人気ランキングをご紹介します。スキットルの購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

スキットルとはアルコール度数の高いお酒を入れる容器

スキットルとはアルコール度数の高いお酒を入れる容器

スキットルとは、ヒップフラスコやフラスクとも呼ばれるお酒用の小型水筒です。ウイスキーや焼酎、泡盛といったアルコール度数の高い蒸留酒を持ち運びできます。飲み口が小さいため、お酒を少量ずつ直飲みできるように設計されています。

スキットルはカーブ形状になった本体が特徴。ズボンのポケットに入れても邪魔になりません。最近はアウトドア人気の高まりから、キャンプや登山用としてスキットルを愛用する方もいます。

関連記事:国産の高級品も!ハイボールに合うウイスキーおすすめランキング22選|スコッチなどタイプごとに解説

スキットルの選び方

スキットルは以下のポイントをチェックして、使い勝手の良い製品を選んでください。

  • 素材
  • 容量
  • 持ち運びのしやすさ
  • 付属品の有無

スキットルの選び方を詳しく解説します。

素材で選ぶ

スキットルは本体やフタの素材によって重量や強度、値段に違いがあります。スキットルの素材について詳しく解説します。

映画のようなアンティークデザインが魅力「ピューター」

映画のようなアンティークデザインが魅力「ピューター」

出典:amazon.co.jp

ピューターとは、錫(スズ)を主原料とした合金です。光沢のある美しい白銀色が特徴で、食器や置物によく利用されます。加工しやすい金属なので凝った装飾の製品も多く、きめ細かなデザインが魅力です。

ピューターは金属特有のにおいが少ないため、お酒の風味を楽しみたい方にもおすすめ。柔らかい金属なので、後ろポケットに入れたまま座ってしまうと破損する恐れもあります。取り扱いには注意しましょう。

軽くて丈夫!種類が豊富な「ステンレス」

軽くて丈夫!種類が豊富な「ステンレス」

出典:amazon.co.jp

ステンレスは低価格で製品の種類が多い、スキットルの定番素材です。シンプルな無地のスキットルやブランドロゴが刻まれた高級感のあるスキットルなどが販売されています。あなたにぴったりな、お気に入りのデザインが見つかりますよ。

ステンレスは軽量で丈夫なので、荷物の多いアウトドアにぴったり。チタンに比べて表面のキズが目立ちやすいですが、使い込むほどにレトロで味のある見た目になります。

荷物の重量が気になる方におすすめ!超軽量な「チタン」

荷物の重量が気になる方におすすめ!超軽量な「チタン」

出典:amazon.co.jp

チタンは、ステンレスよりも軽量で硬度の高い上質な金属です。登山やハイキングなどで、荷物の重量が気になる方におすすめです。

チタンは金属臭がほとんどないため、お酒の風味を損なわずに保管できます。ステンレスよりも高価な素材ですが、使い勝手を重視したい方はチタン製のスキットルを選びましょう。

コスパが良く手軽に使える「プラスチック」

コスパが良く手軽に使える「プラスチック」

出典:amazon.co.jp

プラスチックは値段が安く、コスパに優れた素材です。金属製のスキットルに比べて安っぽさは感じますが、手軽に扱いやすい点がメリットです。

プラスチック製のスキットルにはお茶やスポーツドリンクを入れても問題ありません。ランニングやウォーキングでの水分補給用ボトルとしても活用できます。

居酒屋のような雰囲気が楽しめる「ガラス」

居酒屋のような雰囲気が楽しめる「ガラス」

ガラス製(瓶タイプ)のスキットルは、ウイスキーボトルとして自宅でお酒を保管したい方におすすめ。透明で中身が見えるため、インテリアとしてお酒を保管できます。金属臭がお酒に移らないため、風味や味の劣化がありません。

ガラス素材は重量が重いため、登山やハイキングなどには向いていません。持ち運びするなら、強化ガラスやレザーカバー付きの製品を選びましょう。落下や衝撃に強く、屋外でも利用できます。

容量で選ぶ

容量で選ぶ

スキットルはお酒の量や持ち運びのしやすさに合った容量を選びましょう。スキットルの容量について詳しく解説します。

200ml:ポケットにも入る使い勝手のよいサイズ

200ml(約7オンス)程度のスキットルは、ズボンのポケットに入れて持ち運びできます。スキットルの容量に迷ったら、使い勝手のよい200ml程度の製品がおすすめです。一般的なロックグラス1杯程度のお酒を保管できるため、日帰りのアウトドアに向いています。

100ml以下:複数のお酒を持ち運びたいときに便利

100ml(約3オンス)以下のスキットルは、おちょこ2杯程度のお酒が入る小さなサイズです。お酒好きの方には少し物足りない容量なので、複数のスキットルに種類の違うお酒を入れて持ち運びたいシーンに活用できます。ウォッカやジン、ラムといったアルコール度数の高いお酒を少量ずつ飲みたい方にも向いています。

250ml以上:たっぷりお酒を楽しみたい方におすすめ

250ml(約9オンス)以上のスキットルは、ロックグラス1.5杯以上のお酒を保管できます。キャンプやバーベキュー、旅行などゆっくり過ごすレジャーシーンに向いています。250ml以上のスキットルはポケットに入らない場合があるため、荷物に余裕のある場合に利用しましょう。

500ml以上の飲み物を持ち運ぶなら水筒がおすすめです。水筒の選び方や人気ランキングは以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事:【女子に人気・メンズ向けも】おしゃれな水筒おすすめ25選|サーモスなど人気ブランドを紹介

持ち運びのしやすさで選ぶ

持ち運びのしやすさで選ぶ

スキットルは屋外で使うシーンが多いため、持ち運びしやすいデザインや機能が備わっているかチェックしましょう。持ち運びのしやすさについて詳しく解説します。

カーブ形状ならポケットに入れやすい

カーブ形状ならポケットに入れやすい

スキットルは丸形や長方形など、さまざまな形状の製品が販売されています。本体がカーブ形状になっているスキットルは、脚やお尻の形にぴったり合います。ポケットに入れても違和感がありません

カーブ形状のスキットルはポケットに入れたままでも歩きやすいため、登山やハイキングといったシーンに向いています。リュックを開いてスキットルを取り出す手間もありません。

キーチェーン付きならベルトやリュックに取り付けできる

キーチェーン付きならベルトやリュックに取り付けできる

出典:amazon.co.jp

キーチェーンや取っ手が付いたスキットルは、リュックの外側やベルトに引っ掛けてそのまま持ち歩けます。携帯用の小さなスキットルが欲しい方におすすめです。

アウトドア用品店や100均などで売られているカラビナ(金属製のリング)を利用すれば、取り付け・取り外しも簡単です。

フタが一体化しているモデルなら紛失しない

フタが一体化しているモデルなら紛失しない

スキットルのフタは小さく、紛失しやすいパーツです。スキットル本体とフタが一体化している製品なら、フタを落とす心配がありません。

ただし、スキットル一体型のフタは液漏れしやすい製品もあります。Amazonや楽天市場のレビューを参考にして、液漏れしにくい製品なのかチェックしておきましょう。

お酒を注ぎやすい漏斗付きモデル

お酒を注ぎやすい漏斗付きモデル

 

スキットルを初めて購入する方は、漏斗付きのモデルがおすすめ。スキットルは飲み口が小さいため、お酒をこぼさず注ぐには漏斗が必要です。スキットル専用の漏斗がセットになったモデルなら飲み口にぴったり合うため、お酒の移し替えに便利です。

安いVS 高い!スキットルの比較

スキットルは1,000円程度の安いモデルから5,000円以上の高いモデルまで、幅広い価格帯の製品が販売されています。値段の安いスキットルと高いスキットルを比較し、それぞれの特徴やどんな方におすすめなのか解説します。

安いスキットルの特徴(1,000円程度のモデル)

安いスキットルの特徴(1,000円程度のモデル)

出典:amazon.co.jp

1,000円程度の安いスキットルは、ステンレス材質のシンプルなモデル。安い製品でもカーブ形状・フタと本体の一体構造・漏斗付きの使いやすいモデルも販売されています。

安いスキットルは表面が傷つきやすい欠点がありますが、見た目にこだわらないなら不便に感じることはありません。

ただし、安いスキットルはフタから液漏れしたり、傷や凹みのある初期不良品が届く場合もあります。返品・交換対応の保証が付いたモデルをおすすめします。

こんな人におすすめ
  • シンプルなデザインが好きな方
  • 傷や凹みが気にならない方
  • 初期不良時に返品・交換の対応ができる方

高いスキットルの特徴(5,000円以上のモデル)

高いスキットルの特徴(5,000円以上のモデル)

出典:amazon.co.jp

5,000円以上の高いスキットルは、繊細なイラストが刻まれた高級感のあるモデルです。映画のワンシーンに登場するような、かっこいいスキットルが欲しい方におすすめです。

ピューターやチタンといった高コストの金属を使用したスキットルも値段が高くなります。持ち物を軽量化したい方は、値段の高いチタン製のスキットルを選びましょう。品質にこだわった有名ブランドであれば初期不良品も少なく、安心して使用できますね。

こんな人におすすめ
  • かっこいいスキットルが欲しい方
  • 持ち物の重量が気になる方
  • 高品質な有名ブランドのスキットルが欲しい方

スキットルおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格素材サイズ(長さ×幅×厚さ)容量重量その他の機能
Boundless Voyage スキットル 200ml楽天市場¥3,800 AmazonYahoo!チタン13 × 9.5 × 2.3cm200ml79g漏斗付き
ジャックダニエル スキットル 4点セット楽天市場¥1,960 AmazonYahoo!ステンレス12 × 9.5× 2.5cm210ml-漏斗、カップ付き
voocye スキットル楽天市場¥1,299 AmazonYahoo!ステンレス-220ml-漏斗付き
Praxia スキットル フラスコ ウイスキー ボトル 携帯 軽量 アウトドア楽天市場¥659 AmazonYahoo!ステンレス-170ml 110g漏斗、ポーチ付き
Perfeclan スキットル楽天市場¥1,070 AmazonYahoo!ステンレス9.5 × 7 × 2cm177ml--
Praxia CCCP スキットル楽天市場¥999 AmazonYahoo!ステンレス-220ml143g漏斗付き
LIHAO スキットル楽天市場確認中 AmazonYahoo!ステンレス12.7 × 9.3 × 2.2cm200ml115g漏斗付き
STANLEY(スタンレー)クラシックフラスコ¥4,449 楽天市場AmazonYahoo!本体:ステンレス鋼 フタ:ポリプロピレン・ステンレス鋼 パッキン:シリコーン76×160×33mm約120ml160g-
オーディオファン 小型スキットル楽天市場¥757 AmazonYahoo!ステンレス7.2 × 4.1 × 2 cm29.5ml--
Pinder Bros スキットル ウイスキーボトル¥15,400 楽天市場AmazonYahoo!ピューター77×112×21mm約120ml117g漏斗付き
オーディオファン スキットル 240ml楽天市場¥1,418 AmazonYahoo!ステンレス-240ml--
Rabbit スキットル楽天市場¥4,101 AmazonYahoo!プラスチック15.2 × 8.3 × 3cm344ml--
HIDERME スキットル楽天市場¥998 AmazonYahoo!ステンレス11 × 9.3 × 2.6cm170ml--
English Pewter スキットル楽天市場¥14,499 AmazonYahoo!ピューター-170ml184g漏斗付き
STANLEY マスター スキットル楽天市場¥7,700 AmazonYahoo!ステンレス-230ml270g-
スノーピーク チタンスキットル T-013楽天市場¥19,733 AmazonYahoo!チタン13.6 × 7 × 2.1cm170ml約88g漏斗、ケース付き
RAGPROPER モダンガラスフラスク スキットル¥13,860 楽天市場AmazonYahoo!強化ガラス(レザーカバー)14.7 × 10 × 4.5cm240ml486g漏斗付き
voocye スキットル 30ml楽天市場¥899 AmazonYahoo!ステンレス-30ml-漏斗付き
D DOLITY アルコールフラスコ スキットル楽天市場¥1,619 AmazonYahoo!プラスチック-400ml-2個タイプ
A.E.Williams スキットル楽天市場¥17,600 AmazonYahoo!ピューター12 × 8.2 × 2.1cm180ml--
Kitchen World TDI フラスコスキットル¥2,101 楽天市場AmazonYahoo!ステンレス140×95×20mm約236ml-コップ付き

スキットルおすすめ人気ランキング21選

スキットルのおすすめ人気ランキング21選をご紹介します。

スキットルのおすすめ人気メーカー

スキットルはさまざまなメーカーが特徴のある製品を販売しています。スキットルのおすすめ人気メーカーを紹介します。

頑丈で長く使える「スタンレー」

頑丈で長く使える「スタンレー」

出典:amazon.co.jp

アメリカ発のメーカー「スタンレー」は、軍隊用として採用されるほどの頑丈さが魅力。長く使えるスキットルが欲しい方におすすめです。スタンレーのスキットルは「孫の代まで使える」とまで言われており、落としたり衝撃を与えても壊れにくいことがメリットです。

軽量で持ち運びしやすい「スノーピーク」

軽量で持ち運びしやすい「スノーピーク」

出典:amazon.co.jp

アウトドアメーカー「スノーピーク」は、軽量で持ち運びやすいチタン製のスキットルを販売しています。アウトドア用品は所持できる荷物量が限られるため、軽量・コンパクトであるほど重宝します。スノーピークのスキットルは、アウトドア上級者でも採用するほど持ち運びしやすい製品です。

ウイスキー好きの方におすすめ「ジャックダニエル」

ウイスキー好きの方におすすめ「ジャックダニエル」

出典:amazon.co.jp

アメリカの代表的なウイスキー「ジャックダニエル」のロゴが刻まれた歴史あるスキットルです。ウイスキー好きな方なら、眺めるだけでもクラシックな雰囲気を堪能できます。ジャックダニエルのスキットルは専用漏斗やカップがセットになっており、贈り物にも最適です。

スキットルの洗い方・お手入れの方法

スキットルの洗い方・お手入れの方法

スキットルの日常的なお手入れは、熱湯を半分ほど入れてから数十回ほど振るだけ。飲み口は雑菌が繁殖しやすいため、食器用洗剤をスポンジに付けて擦り洗いしてください。

汚れやにおい、変色が気になる方はお湯とスプーン1杯分の重曹を入れて、1時間ほど置いておきましょう。その後、水ですすぎ洗いすれば強力に洗浄できます。消毒をしたい場合はアルコールスプレーを振りかける方法もあります。

スキットルの関連商品

スキットルと一緒に購入すると便利な関連商品を紹介します。

アウトドアでも持ち運びしやすい「折り畳みカップ」

スキットルには保冷機能がありません。レジャーシーンでもオン・ザ・ロックでお酒を楽しみたい方は、折り畳みカップがおすすめです。リュックに入れても邪魔にならないため、リュック内のスペースを有効活用できます。

お酒をこぼさずに注ぐ「漏斗」

スキットルは注ぎ口が小さいため、お酒を移すには漏斗が必要です。目盛りが刻まれた漏斗ならスキットルの容量ぴったりにお酒を注げます。一般的な漏斗は幅の狭い引き出しには入らないため、じゃばら式に折りたためる漏斗が便利です。

狭い注ぎ口から洗える「ブラシ」

スキットルのお手入れはすすぎ洗い・付け置きが基本ですが、ブラシで洗浄したいですよね。ペットボトル用の細いブラシなら、スキットル内部をこすり洗いできます。先が曲がっているタイプなら、洗いにくい内部の角までブラシが届きます。

スキットルのよくある質問

スキットルはどこで購入できますか?

アウトドア用品店や雑貨店、Amazonや楽天市場などのネット通販で購入できます。さまざまな製品を比較できるネット通販がおすすめです。

スキットルで持ち運びできるお酒を教えてください。

ウイスキーやブランデー、ウォッカなどの蒸留酒が一般的です。ワインや日本酒、ビールやリキュールなどは風味が損なわれるためスキットルでの保管には向いていません。

スキットルに水やジュース等の飲み物を入れても大丈夫ですか?

金属素材は塩分や酸によって錆びやすいため、スポーツドリンクを入れる用途には向いていません。また、スキットルは保温・保冷機能がないため、傷みやすい飲み物の保管は避けましょう。

おすすめスキットルまとめ

スキットルの選び方やおすすめ人気ランキングをご紹介しました。スキットルは以下のポイントをチェックして、使いやすい製品を選んでください。

  • ポケットに入れるならカーブ形状がおすすめ
  • 飲酒量・持ち運びのしやすさに合った容量を選ぶ
  • 取っ手付きならリュックやベルトに引っかけて持ち運べる

大自然の中で飲むお酒は、キャンプやハイキングの醍醐味です。使い勝手の良いスキットルを持って、アウトドアを満喫してくださいね。

関連記事:コクのある高級品・甘くまろやかな種類も!カナディアンウイスキーおすすめ16選| バーボンとの違いや特徴も解説

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー