【2022年】スマートスピーカーおすすめランキング17選!amazon・google・LINEなどを徹底比較

AIによる音声操作でいろいろな操作ができる、話題の「スマートスピーカー」

日本でもamazon echoをはじめとして、googleやLINE、Sonyも発売しており話題になっています!

iPhoneユーザーにとっては馴染みの深い「Siri」やAndroidの「Ok, google」もAIアシスタントの技術を用いているのですが、今回はそんな「音声操作」に特化しているスマートスピーカーやディスプレイ付きの「スマートディスプレイ」の選び方やおすすめの機種を、比較しながらわかりやすく解説していきます!

スマートスピーカーでできること

引用:https://www.amazon.co.jp/

スマートスピーカーの主な機能

  1. 音楽の再生
  2. 動画の再生
  3. 通話
  4. 検索
  5. 天気予報
  6. 電車の遅延情報
  7. 朝のニュース
  8. 本の読み聞かせ
  9. 簡単な会話
  10. ミニゲーム
  11. 家電製品の操作
  12. スマートホーム化

先ほども軽く紹介しましたが「AIアシスタント」を用いて、手を使うことなく(ハンズフリーで)音声のみの操作することができるのがスマートスピーカー(AIスピーカー)です。

使い道はさまざまで、音楽の再生・通話・電車の遅延情報や天気予報まで日常に寄り添った便利な昨日が盛り沢山!

仕事や家事、準備が忙しい時など両手が塞がっている時に、わざわざスマホを取り出して検索しなくても音声のみで操作できるのがスマートスピーカーの魅力です。

料理中スマホを触りたくない主婦の方に人気な機能が「レシピの紹介」までやってくれる優れもの!

スマートスピーカーを使ったことがない人にとっては「どう使えばいいのかわからない」やそもsも「いらない」と言った声も聞きますが、最近のスマートスピーカーはとても直感的で使いやすく、1度その便利さを味わえばハマってしまうこと間違いしです!!

スマートディスプレイとの違い

引用:https://www.amazon.co.jp/

スマートスピーカーを調べ始めると、似たようなデバイスで「スマートディスプレイ」というものが出てきます。

違いとしては簡単で、「ディスプレイがついているかどうか」という一点に尽きるのですが、その性能や使い方は大きく変わってきて

例えばスマートスピーカーでは通話ができますが、スマートディスプレイではビデオ通話ができます。

他にも料理中にレシピを忘れてしまった場合は、音声で操作することによってレシピ動画を料理の手を止めることなく再生することができます。

また、ディスプレイが付くことによって音声だけでなく視覚による情報も増えるので、ニュースやYouTube、NetflixやPrime Videoなど使える選択肢がかなり増えます!

スマートスピーカーとスマートディスプレイの選び方

ディスプレイの有無

AIアシスタントを使うデバイスが欲しい場合、1番最初の分かれ道となるのがディスプレイの有無です。

使う場所や、場面によっても必要性は大きく変わってきますが、スマホでよく映画やアニメを見る人にとってはディスプレイのついているスマートディスプレイを選ぶことをおすすめします!

理由は、機種にもよりますがNetflixやAmazon prime videoといった動画のサブスクリプションサービスも音声操作で簡単に再生することができるからです!

何か作業をしていて手が反せない時に、さっと音声操作で家事や育児の途中でも映画を流すことができます。

ひとことメモ
ネットニュースも流すことが出来たり、カレンダー機能と連携させて「今日の予定は?」と話しかければやることリストが画面に表示してくれたりもします!

音質で選ぶ

スピーカーなのでやはり音質を重視したいという方はとても多くいます。

また、スピーカーのメーカーにもよく見られる特徴なのが「重低音が得意」や「バランスが良い」「高音域が良い」と異なったタイプをスマートスピーカーも持っています。

また、音質を重視する人にはスピーカーメーカーの作ったスマートスピーカーもおすすめ!

スピーカーの代表格「BOSE」もスマートスピーカーを発売しているので要チェックです。

重低音を響かせたい

重低音の音質を重視したいという方には絶対に!appleのHomePod(ホーム ポッド)がおすすめ!

appleのスマートスピーカーは性能も十分なのですが特にスピーカーに拘っているのが特徴です。

全体的にとても良い音が出るのですが特に気持ちよく響くのが低音域。洋楽のR&Bが好きな方にはとにかくおすすめです。

また、重低音では特に定評のあるBOSEもスマートスピーカーを発売しています!

普段からBOSEのサウンドが気に入っているという方は、スマートスピーカー版のBOSEでも絶対満足できること間違いなしです。

ひとことメモ
BOSEのスマートスピーカーには持ち運び自由の「ポータブルタイプ」もあるよ!

バランス重視

引用:https://www.sony.jp/smart-speaker/products/LF-S50G/

とにかくバランスが1番大事という方にはSonyの『LF-S50G』

Sonyは音楽機器の評判が良いメーカーですが、スマートスピーカーでもそれは変わらず。

AIアシスタントはgoogleが開発しているgoogleアシスタントを用いている分、1番力を入れたのがスピーカーの性能。

いろんなジャンルの音楽を聞く人にはおすすめです!

そして、もう1つ。amazonがとにかく音質を重視して作ったamazon echo studioもかなりおすすめです。

スマートスピーカーでありながら圧倒的なプロ仕様のサウンドを楽しめます!!

ひとことメモ
音質を重視する場合、スピーカーサイズが大きく、重たくなってしまいがちです。おく場所も考慮して選ぶことをおすすめします。

ライフスタイルから選ぶ

これが1番分かりやすい選び方かもしれません!

普段MacやiPad、iPhoneを使っている人はappleのHomePodAndroidのユーザーはGoogle Nestamazonでよく買い物をする方やamazon prime会員の方はamazon echoがおすすめです!

やっぱりそこは開発元が同じであれば、使える機能もかなり便利なものになってきます。

普段自分が何を使っているのかで判断するのも良い指標です!

スマートスピーカー選びのコツ

・iPhoneユーザー → Apple HomePod

・Androidユーザー → Google Home/Google Nest Mini/Google Nest Hub

・LINEユーザー → LINE Clova

ストリーミングサービスから選ぶ

スマートスピーカーも結局はスピーカーなので、1番使う機能が音楽の再生機能だと思います。

なので、普段から使っているストリーミングサービスに対応している機種から選べば間違い無いです!

Amazon echo

新型Echoシリーズ

出典:amazon.co.jp

amazon echoはamazon prime music、apple music、Spotify、AWA、Dヒッツなど人気なストリーミングサービスを1番網羅しているスマートスピーカーです。

Google Nest

引用:https://store.google.com/jp/product/google_nest_hub

Google Nestはgoogle play music、Spotifyが使えます!

LINE Clova

引用:https://clova.line.me/device/

LINEのスマートスピーカーなのでLINE musicに対応しています。

ストリーミングサービス比較表

Apple Music Amazon Prime Music Google Play Music Spotify LINE music
amazon echo(アマゾン エコー) ✔︎ ✔︎ △(有料版のみ)
google nest(グーグル ネスト) × ✔︎ ✔︎ ×
LINE Clova(ライン クローバー) × × × × ✔︎

人気のスマートスピーカーのメーカー

amazon (アマゾン)

引用:https://www.amazon.co.jp/

スマートスピーカーの先駆者と呼ばれるのがamazonです。

amazonのスマートスピーカーは「Amazon echo」と呼ばれており、最も使える機能が豊富な機種でもあります。

「Alexa! 音楽流して!」と言えば勝手にスピーカーから音楽が流れてくる。2014年にamazonがそんなCMを放送した時には「なんだこの未来感は!!」とテンションが上がりました。

amazon echoの特徴はなんと言っても「amazon prime」との互換性の高さ!!

amazon primeはamazonの月額制サービスであり、月額500円(税込)、学生なら250円(税込)でamazonで買った商品の配送料無料や、prime videoの動画見放題、prime musicの音楽聞き放題など圧倒的なコスパで多くの人が加入しているサービスですが

amazon echoを使えばこれらのサービスをより便利に使うことができます!

製品ラインナップとしては5000円台から手に入るスマートスピーカーから、3万近くもするスマートディスプレイまで幅広く取り扱っています。

全てでなんと9種類!これだけあればあなたにぴったりのデバイスを見つけることができます。

Amazonの公式サイト、アプリで期間限定のAmazon Echoのセールがやっていたりします!かなり安くなっているのでそういう時が狙い目です!

ひとことメモ
amazon echoはオープンソースの開発なので世界中のあらゆる企業が日々最新の機能を追加しています!なので今はまだ出来ていない機能であっても、機種を買い換えることなく便利な機能がアップデートされるかもしれません!

Amazon Echo スマートスピーカー

Echo Flex (エコーフレックス) プラグイン式スマートスピーカー with Alexa
Amazon
Echo Show 5 (エコーショー5) スクリーン付きスマートスピーカーEcho Flex (エコーフレックス) プラグイン式スマートスピーカー with AlexaEcho Dot (エコードット)第3世代 - スマートスピーカー with AlexaEcho (エコー) 第3世代 - スマートスピーカー with Alexa、ヘザーグレーEcho Plus (エコープラス) 第2世代 - スマートスピーカー with AlexaEcho Studio (エコースタジオ)Hi-Fiスマートスピーカーwith 3Dオーディオ&AlexaEcho Show 8 (エコーショー8) HDスクリーン付きスマートスピーカー with AlexaEcho Show (エコーショー) 第2世代 - スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa
注意
2020年9月25日、最新の発表によってamazon echoシリーズが今後Netflixにも対応することが決まりました!!

関連:新しい機能満載!新型Echoシリーズ”New Echo Show 10”を徹底解説&レビュー!
関連:車で使えるアレクサ!Amazon Echo Autoの機能を徹底レビュー

google(グーグル)

amazonからは少し遅れてスマートスピーカー市場に参戦してきたのがGoogleです。

普段からgoogleカレンダーを利用していたり、YouTubeやNetflixをよく見るという方にはgoogleのスマートスピーカーである「google home」をおすすめします!

最初は「Google Home」という機種を発売していたのですが、今現在では公式HPから買えなくなってしまっています。

そして、新しくラインナップに加わったのが「Google Nest」というシリーズで、全3種類。

ひとことメモ
Spotifyとも連携しているので、朝起きた時に「ok グーグル。プレイリスト モーニングを流して」といえば、自分で作成しておいたモーニングというプレイリストを流してくれます!朝から好きな音楽を聞いてテンションを上げながら準備できますよ〜!

apple(アップル)

圧倒的なブランド力でPCやスマホ市場を席巻しているappleですが、スマートスピーカーも販売しています。

appleのスマートスピーカーは他とは明らかにターゲットとする層が違います。

まずappleユーザー(iPhoneやMac)であり、スピーカーとしてもデザインとしても最高を好む人にむけて作られたかなり完成度の高い製品「apple HomePod」

とにかくappleが好き!という人にはたまらない逸品です。

ひとことメモ
appleのAIスピーカー(スマートスピーカー)は比較的高価なスピーカーなので最初の1台というよりはスマートホームを本格的に始めたい人や、appleの製品がとにかく大好きという人におすすめです!

関連:【最高品質】appleの技術力が詰まった最高レベルのスマートスピーカーHomePodをレビュー

LINE(ライン)

日本人全員が使ってるんじゃないかと感じるほど浸透しているLINEですが、スマートスピーカーも販売しているんです!

LINEは独自の「Clova」という音声アシスタントを開発

LINEが作っているだけあって、LINEのメッセージの読み上げや送信にも対応しており、手を使わずにメッセージでやりとりすることができます!

もちろんLINE通話もハンズフリーで出来ますし、スマートホームにも対応。

また、デザインがとても可愛いのもポイント!

子供の誕生日プレゼントで大変人気な商品でもあります。

ひとことメモ
LINEニュースの読み上げ機能もあるので子供だけでなく、大人の方にもおすすめ!デザインが大人むきのシンプルなものも発売されています。

LINE Clova スマートスピーカー

LINE Clova Friends mini SALLY
LINE Clova Friends mini SALLY

Sony(ソニー)

実はSonyもスマートスピーカーを作っているんです!

しかも、google homeでも使われているgoogleの音声アシスタントを採用しています。

なのでちょっと違和感あるのですがSonyのスマートスピーカーなのに「オッケ〜、グーグル」で通じちゃいます(笑)

じゃあ何が違うのかと言えば、、、Sonyと言えばイヤフォンやヘッドフォンも作ったり、ウォークマンを開発したりと音楽以上ではかなりの技術力を持っています。

なので!!音質がとにかくすごい

更に、音声操作だけでなく「ジェスチャーコントロール」という性能を持っており、本体に備え付けられているセンサーで、触れることなく、ジェスチャーだけで操作することが出来るんです!

以上2点がGoogle Homeとは大きく違うところです。

ひとことメモ
1番の特徴はジェスチャーコントロール。スマートスピーカーは音声操作が基本あのですが、それにプラスした体験が得られます!

BOSE(ボーズ)

スピーカーに少し詳しい人なら誰でも知っているスピーカーメーカーのBOSE。

そんなBOSEもスマートスピーカーを発売しています!

搭載されているAIはなんと「Amazon alexa」と「google assistant」の2つから選ぶことができるんです!

なので、amazonやgoogleのスピーカーだと音質が心配、、、という方にはこのBOSEのHOME Speakerを選ぶことをおすすめします。

音質とマイクの性能はいうことなし。使われているAIも「Amazon alexa」か「google assistant」から選べるので十分です!

ひとことメモ
自分の好きなメーカーやデザインでとりあえず選んでみるのもOK!音質にこだわる方でも満足できるスマートスピーカーがたくさん発売されていますよ〜!

人気のスマートディスプレイの機種

ひとことメモ
いつもNetflixよりもPrime Videoを見ている方にはEcho showの方がおすすめです!
注意
以前はAmazon Echo Spot(エコー スポット)という円形のディスプレイ付きスマートスピーカーも公式で発売していたのですが2020年8月現在販売中止となっています。
ディスプレイ付きスマートスピーカーAmazon “Echo Show5”を徹底解説&レビュー!
ひとことメモ
いつも動画はYouTubeとNetflixをメインに見ている方にはGoogleのスマートスピーカーがおすすめです!

LINE Clova Desk

引用:https://clova.line.me/desk/

LINEの製品なので、Clova Deskの最大の利点LINEのメッセージのやりとりやビデオ通話などができること。

ほぼ毎日、LINEを使わない日は無いと思うので何か作業中にメッセージや電話がきた時でも、ハンズフリーで返信・対応することが出来ます!

もちろんLINEニュースや天気予報にも使えるので、LINEとの連携だけではなく幅広く使えます。

ひとことメモ
Clova Deskではテレビや証明、エアコンなどの家電の操作も可能です!一般的なスマートスピーカーだとプラスαでスマートリモコンという物を購入する必要があるのですが、LINE Clova deskは1台あればその役割もこなしてくれます!

関連記事:【2021最新版】スマートリモコンおすすめ15選|できること・価格でコスパを比較

人気スマートディスプレイ 比較表

Echo Show 5 Nest Hub Clova Desk
メーカー amazon google LINE
対応サービス prime music、prime video、apple musicなど youtube、google検索、google Map LINEのメッセージやビデオ通話など
製品価格 ¥9,980 ¥9,900 ¥28,050
ひとことメモ
apple musicの音声操作に対応しているスマートディスプレイはamazon echo showのみ!Nest Hubでも再生は出来ますが音声操作には対応していないから注意しよう!

関連:ディスプレイ付きスマートスピーカーAmazon “Echo Show5”を徹底解説&レビュー!

初めての方にもおすすめ 価格の安い スマートスピーカー

まずはスマートスピーカーがどんなものなのか知りたいという方にはとにかく安くて使いやすいものがおすすめ!

関連記事:【新型Echoシリーズ第4世代が発売】New Echo Dotはどう変わった?新機能を徹底解説!

echo dot 第四世代 レビュー【新型Echoシリーズ第4世代が発売】New Echo Dotはどう変わった?新機能を徹底解説! プラグイン式スマートスピーカー Amazon Echo Flexの特徴と機能を解説!
ひとことメモ
Amazon Echo DotはBluetoothで接続して普通にスピーカーとしても使えるよ!
【Amazon Echo Dot 第3世代できること】アレクサの機能や特徴を徹底検証レビュー

価格の安い スマートスピーカー 比較一覧表

商品最安価格特徴スピーカーサイズサイズ重量
Echo Flex (エコーフレックス) プラグイン式スマートスピーカー with Alexa確認中 Amazon楽天市場Yahoo!プラグイン式0.6インチ72 x 67 x 52 mm150 g
Echo Dot (エコードット)第3世代 - スマートスピーカー with Alexa¥4,980 Amazon楽天市場Yahoo!コンパクトサイズ1.6インチ43 x 99 x 99 mm300 g
Google NEST MINI(グーグル ネスト ミニ)Amazon¥2,980 楽天市場Yahoo!ちょうど良いサイズ感とクリアな音質40 mm ドライバ搭載直径: 3.85 インチ(98 mm)181 g
LINE Clova Friends mini SALLYAmazon確認中 楽天市場Yahoo!LINEとの連携10W Class D Amp, 45mm Full Range、60 × 45mm Passive Radiator72 × 72 × 109.7 (mm)258g

コスパで選ぶ おすすめ スマートスピーカー

コスパで選ぶ おすすめスマートスピーカーの比較一覧表

商品最安価格特徴スピーカーサイズサイズ重量
Echo (エコー) 第3世代 - スマートスピーカー with Alexa、ヘザーグレー確認中 Amazon楽天市場Yahoo!プレミアムサウンド3.0インチネオジウムウーファー、0.8インチツイーター148 x 99 x 99 mm780 g
Echo Plus (エコープラス) 第2世代 - スマートスピーカー with Alexa確認中 Amazon楽天市場Yahoo!プレミアムサウンド、対応スマート家電の簡単セットアップ、内蔵温度センサー3.0インチネオジウムウーファー、0.8インチツイーター148 x 99 x 99 mm780 g
BOSE HOME SPEAKER 300 スマートスピーカー Amazon Alexa搭載 トリプルブラック¥33,000 Amazon楽天市場Yahoo!搭載AIを選べる(Alexa or Google Assistant)フルレンジスピーカー14.2×16.1×10.2cm0.95kg

音質で選ぶ おすすめ スマートスピーカー

とにかくスピーカーなんだから音質で選びたいという方には

音質で選ぶ おすすめ スマートスピーカーの比較一覧表

商品最安価格特徴スピーカーサイズ大きさ
Sonos One SL One Room ONESLUS1BLK¥46,315 Amazon楽天市場Yahoo!お風呂場でも使える2つのクラスDデジタルアンプ161.45 x 119.7 x 119.7 mm1.85 kg
Echo Studio (エコースタジオ)Hi-Fiスマートスピーカーwith 3Dオーディオ&Alexa¥29,980 Amazon楽天市場Yahoo!Hi-Fi/3Dサウンド、対応スマート家電の簡単セットアップ5.25インチウーファー、2.0インチミッドレンジスピーカー、1.0インチツイーター206 x 175 x 175 mm3.5kg
BOSE PORTABLE SMART SPEAKER ポータブルスマートスピーカー Amazon Alexa搭載 トリプル ブラック¥44,000 Amazon楽天市場Yahoo!持ち運び自由360度クリアなサウンド10.4 x 11.9 x 19.2 cm1.06 Kg
BOSE HOME SPEAKER 500 スマートスピーカー Amazon Alexa搭載¥51,495 Amazon楽天市場Yahoo!どんな状況でも声を拾うマイク8個搭載カスタムドライバーが2基搭載17 cm (W) x 20.3 cm (H) x 10.9 cm (D)2.15 kg

大画面を楽しむ おすすめ スマートディスプレイ

ひとことメモ
スマート家電とのコネクトは可能なのですが、amazon Echoの便利機能「簡単セットアップ」には対応していないため注意が必要です!
【ディスプレイ付きスマートスピーカー】 ”Echo Show8”の機能と特徴を徹底解説&レビュー!

大画面 おすすめ スマートディスプレイの比較一覧表

商品最安価格特徴スクリーンサイズサイズ重量
Echo Show 8 (エコーショー8) HDスクリーン付きスマートスピーカー with Alexa確認中 Amazon楽天市場Yahoo!8インチHDスクリーン付きで情報も、写真も、エンタメも8.0インチスクリーン200mm x 136mm x 99mm1,037g
Echo Show (エコーショー) 第2世代 - スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa確認中 Amazon楽天市場Yahoo!大きなスクリーン、パワフルでプレミアムな音質10.1インチスクリーン246mm x 174mm x 107mm1,755g
Google Nest Hub MaxAmazon¥28,050 楽天市場Yahoo!カメラ搭載モデル10 インチ HD タッチスクリーン101.23 mm×250.1 mm×182.55 mm1.32 kg

スマートスピーカー おすすめアクセサリー

スマートスピーカーを買う理由の一つに「スマートホーム化したい」というのがある方もいるのではないでしょうか。

家のどこからスマートホームにしていくのか悩ましいですが、その中でも比較的簡単かつ便利なものを紹介します!

関連記事:【2021最新版】スマートリモコンおすすめ15選|できること・価格でコスパを比較

関連記事:【2020年最新】Chromecast with Google TV スゴかったところ・悪かったところを実機レビュー
関連記事:Chromecast with Google TVのミラーリングの設定方法!iPhoneやMacを大画面TVに映す方法

スマートスピーカーの使い方

amazon echo(アマゾン エコー)のできる事と使い方

できる事 音声操作例
音楽を再生する

「何か音楽かけて」

「テンションあがる曲かけて」

「○○○(プレイリスト名)をかけて」

amazonで商品を購入する

「水を買いたい」

→該当商品の1番上の物を提案される

「水をもう1度注文して」

→以前買った水を再度購入

アラーム設定

「8時に起こして」

「アラーム確認して」

「アラーム止めて」

スケジュール確認

「明日の予定教えて」

「日曜日の予定教えて」

「明後日、ランチの予定入れて」

ニュースを聞く 「今日のニュースは何?」
天気予報を聞く 「今日の天気教えて」

関連記事:【永久保存版】amazon echo 全機種でできること| alexaの使い方を最新スキル含めて徹底解説!

Google Home(グーグル ホーム)/Google Nest(グーグル ネスト)のできる事と使い方

できること

音声操作例

YouTubeの動画再生

「ヒカキンの動画見せて」

「可愛い犬の動画みたい」

Netflixの動画再生 「NetflixのSUTS流して」
Google Photosの写真表示 「沖縄の写真見せて」
ルーティン操作 「ただいま」や「おはよう」「おやすみ」という声かけに応じて証明をつける→音楽を流す→今日の天気予報について、、、のように決まった動作を予め設定しておくことができる。
天気予報 「明日の天気を教えて」

LINE Clova(ライン クローバー)のできる事と使い方

できること 音声操作例
LINEのメッセージ送信

ユーザー:「クローバー、パパにメッセージ送って」

クローバー:「はい、なんと送りましょう?」

ユーザー:「早く帰ってきて」

クローバー:「早く帰ってきてと送りますか?」

ユーザー:「うん」

クローバー:「ラインを送信しました」

LINEのメッセージの読み上げ

「ラインを読んで」

「ライン教えて」

LINE通話

「ママに電話して」

「切って」

(着信時)「電話に出て」

ビデオ通話 「おじいちゃんにビデオ通話して」

 

スマートスピーカー(AIスピーカー)のよくある質問

質問

Google Nestで祖父母の家のホームモニターとして使いたいのですがどの機種を選べばいいですか?

回答

Googleのスマートスピーカー(スマートディスプレイ)でカメラがついているのは「Google Nest Hub Max」のみです!

Google Nest Miniはスピーカーのみ、Nest Hubはディスプレイはついていますがカメラはついていません。

なので、金額は少し上がってしまいますがNest Hub Maxの購入をおすすめします。

質問

スマートホームにしていきたいのですが、最初の1台は何がいいですか?

回答

比較的安いamazon echo dotやgoogle nest miniがおすすめです!

しかし、スマートホームのハブ機として使う場合これらの機種では使えない機能がいくつか出てしまうので、amazon Flexもおすすめです!

モーションセンサーがついているので、操作しなくても動きを感知するだけでスマートホームを実現してくれます。

初めての方は、スマートスピーカーは便利ですが機能が多すぎて使い方に悩む人も多いのでFlex(フレックス)から始めるのもおすすめです。

質問

Google Homeの使い方がわかりません。

回答

Googleのスマートスピーカーの良いところはGoogleアカウントと紐付けることができることです。

Google Homeの専用アプリをダウンロードしてアカウントでログインし、設定を行えばgoogleカレンダーとの連携やYouTubeアカウントとの連携も自動で行ってくれます!

また、Spotifyとの連携もかなりスムーズなのでまずは音声操作で音楽を流してみましょう!

慣れてきたら「Ok グーグル、今日の予定は?」や「今日の天気は?」とか「何かゲームしよう!」など、直感的に話しかけてみるのもおすすめです!

質問

Googel Nest WiFiって何が違うんですか?

回答

簡単に言えばGoogle Nest MiniとWi-Fiスポットを合わせたものがGoogle Nest Wi-Fiです!

音質にも拘っているのですが、1番はやはりスピーカー自体がWi-Fiのスポットとなり、他のGoogle Nestのデバイスとつなげて操作しやすくするものです。

複数のGoogle Nest端末をお持ちの方にはおすすめです!

スマートスピーカーの人気ランキング

こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されている〇のランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

スマートスピーカー まとめ

以上で、おすすめかつ人気なスマートスピーカーおよびスマートディスプレイを紹介していきました!

amazonやgoogleのスマートスピーカーは使える機能が多すぎて「使い方がわからない」という方もいますが、大丈夫です!

日々進化しているスマートスピーカーはかなり直感的に操作できるようになっています。

とりあえず「こんなことできるかな?」程度に話しかけてみてください。

新しい便利な機能が見つかるかもしれません!

関連記事:【開封レビュー】最新版Amazon Echo Show 5 第2世代を前モデルと比較しながらご紹介!
関連記事:【2021年新発売】スマートディスプレイ Amazon Echo Show 10(第3世代)最新検証レビュー!
関連記事:スマート家電の入門機!スマート電球おすすめ13選|寝ながら操作で生活をより快適に

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー