AirTagやtileを比較!最新スマートタグおすすめ11選 |紛失防止タグ・AirTagの類似品も(2022)

スマートタグ

出典:Amazon.co.jp

財布や鍵などの大事なものをなくしやすい人や、忘れ物が多い方におすすめなのがappleの「AirTag(エアタグ)」やTileの「Mate」シリーズに代表されるスマートタグです。

スマートタグを取り付けた物がスマホ、つまり自分から離れるとアプリで通知してくれたり、音を出して置き忘れをお知らせしてくれる便利な製品です。

また忘れ物だけではなく、物の盗難時や災害や犯罪等で行方不明になった家族やペットを探すときにも便利なアイテムです。

ただこのスマートタグ、まだまだ認知度が高いとは言えません。

    そこで今回Picky’s編集部でスマートタグの仕組みから使い方、おすすめ機種についてしっかりと解説します。

    大事なものをしっかり管理したい方は是非この記事を読んでみてくださいね。

    スマートタグ(紛失防止タグ)とは

    スマートタグ

    出典:Amazon.co.jp

    スマートタグでできる事
    • Bluetoothと地図の連携でタグをつけた物の位置を探せる
    • タグから音を鳴らして物の位置を教える
    • タグとスマホの距離が離れるとアラームを出して置忘れ防止
    • 同じタグを使っている人と協力して追跡

    スマートタグはタグをつけた物を落としたり、無くしたりしたときにスマホなどで簡単に素早く発見できるスマート家電です。

    タグとスマホはBluetoothで連動するようになっていて、物が見当たらない場合はアプリ上の地図で場所を特定したり、タグから音を出してある場所を確認できます。

      tile 忘れ物防止 アプリ 

      またタグを取り付けた製品がBluetooth範囲外に出ると、プッシュ通知やアラームで知らせてくれる機能で置忘れを防止できます。

      万が一タグをつけたものがBluetooth範囲外に出ても、最後に認識した場所を地図で表示してくれるので、無くした場所や落とした場所の「あたり」をつけることができます。

      Air tag

      家の鍵や財布、その他無くしやすい貴重品に付けておくことで、無くしたり落としたりする確率を大きく下げることができます。

      • 落とし物防止タグ
      • 落とし物タグ
      • 忘れ物防止タグ
      • スマートトラッカー
      • 紛失防止タグ

      ちなみにスマートタグにはこのように色々な別名がありますが、基本的に同じものと考えてOKです。

        スマートタグ(紛失防止タグ)を使うメリット

        スマートタグを使うことで以下のようなメリットがあります。

        落とし物や紛失を防げる

        一番のメリットは貴重品の落とし物や紛失が防げる点です。

        Air tag 無くし物

        財布や鍵を落としやすい人や、頻繁に部屋の中で「あれ、どこに置いたっけ?」ということが多い方には必須のアイテムです。

        また移動中に落としたり置き忘れた際も、スマホに通知が来るのですぐに気づくことができます。

        ひとことメモ
        キーホルダータイプやシートタイプなど様々な形状の物があるので、財布や鍵だけではなく様々なものに取り付けたり貼り付けたりすることができます

        GPS搭載モデルならお子さんやペットの迷子対策にも

        スマートタグの中にはGPS機能が付いた製品もあります。

        Tile pro 迷子対策
        Tile sticker 子供

        GPS機能が付いていれば、落としたり無くしてから時間が経っていたり、距離が離れても最後に通信のあった場所を確認して探しに行けます。

        お子さんのポケットやペットの首輪などに付けておくことで、迷子時の捜索にも役立ちます。

        ただし基本的に完全に場所を特定するものではないので過信は禁物です。

        ひとことメモ
        タグとの接続が切れてしまっても最後に記録した場所が表示されるので、大体の見当を付けて探しに行けます

        スマートタグ(紛失防止タグ)を使うデメリット

        スマートタグには少しデメリットもあります。

        選び方や使い方が少し難しい

        スマートタグ

        出典:Amazon.co.jp

        スマートタグは製品によって様々な機能があり、どれも探し物に役立つものばかりです。

        ですが、まだ一般的に広く普及しているとは言い難いので、使い方に精通した方が少なく、買っても使い方に迷うこともあるでしょう。

        ちゃんと必要な機能を確認して購入したり、自分の目的に合った設定を行わないとその性能を十二分に発揮できません。例えば置忘れ防止で買ったのに、プッシュ通知を設定し忘れてアプリを開くまで置き忘れに気が付かなかったり。

        他にもお子さんやペットの迷子捜索が目的なのに、GPS機能が付いていないモデルを買ってしまえば付近からいなくなった時間くらいしかわかりません。

        ひとことメモ
        スマートタグを購入するときは使い方や機能をちゃんと確認してから購入しましょう

        スマホのバッテリーの減りが少し早くなる

        tile 忘れ物防止  tag 充電

        スマートタグは常にスマホと連動し機能しているため、スマホのバッテリー消費が激しくなるというデメリットがあります。

        かといってバッテリー消費を抑えるため、プッシュ通知などの機能をオフにしてしまうと意味がありません。

        これはスマホを利用するスマート家電の宿命なので現状どうすることもできません。

        編集部

        実際に1ヶ月スマートタグアプリを使用した結果、確実に充電の減りが早くなったと実感しました。

        心配な方は給電速度の早いモバイルバッテリーなどを持ち歩き、減ってもすぐに回復できるようにしておきましょう。

        モバイルバッテリーについてはPicky’s編集部が色々解説していますので、ぜひ以下の記事も読んでみてください。

        関連記事:【スマホ1回の充電にピッタリ】5000mAh モバイルバッテリー おすすめ 15選

        関連記事:【2021年 徹底比較】軽量•薄型•コンパクト!売れ筋の小型モバイルバッテリー おすすめ 20選

        関連記事:【2021年】モバイルバッテリー 10000mAh おすすめ20選 |おしゃれな人気モデルを徹底比較

        スマートタグ(紛失防止タグ)を選ぶ4つのポイント

        Air tag 形状

        スマートタグを選ぶポイントは主に4つです。

        スマートタグを買う時見るポイント
        • タグの形状
        • Bluetoothの有効範囲
        • 電池交換ができるかどうか
        • その他機能

        1つずつ解説していきます。

        タグの形状

        キーホルダータイプ

        キーリングやキーホルダーのように直接ものに取り付けるキーホルダータイプ。

        家の鍵やバッグにつけるのが最適です。

        Air tag 探し物
        スマートタグ ザック 旅行

        編集部

        ややかさばるのが欠点ですが、電池交換できたり、タグから音の鳴るタイプなど豊富な機能が付いているものが多いので最も使い勝手が良いです。

        プレート(カード・シート)タイプ

         

        Air tag 厚み カード

        Tile slim

        名刺やカードのように薄い板状になっていて、財布やパスポートなどの薄いものに入れておけます。

        iPadなどにつける際は裏面にステッカーを粘着シールなどで貼り付けて、iPadカバーに入れれば浮くこともなく自然に装着できます。

        編集部

        財布などにはできる限り薄くて小さい方がかさばらず便利です。

        関連記事:【2021】iPad Airケースおすすめ31選|おしゃれ&かわいいケースもご紹介

        関連記事:【快適に使える】iPad Proケースおすすめ22選|ペン収納やキーボード付きも【2021年】

        シールタイプ

        tile シールタイプ 忘れ物防止タグ

        tile シールタイプ 活用方法

        その名の通り、シールタイプになっていて、財布やパスポート、パソコンにスマホ、自転車やカメラとなんにでも使える便利なタイプです。

        カメラに付けておけば旅行中の紛失、置き忘れ時も安心です。

        編集部

        ただしこのタイプは種類が少なく、また電池交換ができない使い切りタイプが多いので注意しましょう

        スマートタグ【tile】の形状ごとに活用方法を検証し、まとめました。アプリインストール後の解説も載せましたのでご覧ください。

        関連記事:【最小サイズ】貼るだけのTile Sticker。忘れ物タグとしての実力を徹底検証!

        Bluetoothの有効範囲が広いものがベター

        Air tag

        タグとスマホがどのくらい離れても捜索できるのか、という有効範囲も重要なポイントで、当然範囲が広ければ広いほど探しやすくなりますが、価格も高くなる傾向にあります。

        有効範囲20m~50mほどのものが主流ですが、高性能なものになると120m以上有効な製品もあります。

        また、appleが発売したAirTag(エアタグ)に関しては世界中のiPhone、iPad、Macなどのデバイスとつながる事によって場所を特定するというシステムを採用しています。

        なのでBluetoothの有効範囲というよりは、appleのデバイス(自分の物でなくても)が近くにある場所ならどこでも見つけることができるということです!

        ひとことメモ
        できる限り有効範囲が広い製品がおすすめです。ただし距離が広くなればなるほど高性能で、価格は高くなります

        電池交換ができるかどうか

        スマートタグ単体は内蔵された電池で動いているため、しばらく使用していると電池が無くなります。

        その際、電池交換ができるかどうかも大きなポイントです。

        Air tag 電池

        電池交換ができないタイプは比較的安価ですが、電池が切れたら買い替えの必要があります。

        一方で電池交換ができるタイプは、交換できないタイプよりやや高価ですが電池交換をすることでずっと使用できます。

        また一部の機種はUSB充電式タイプもあります。

        旅行などで数日間しか使わない、という方なら電池交換ができないタイプでも良いと思いますが、基本的には長く使える電池交換できるタイプか充電式がおすすめです。

        ひとことメモ
        なお電池の持ちはだいたい1年程度が多いようです

        その他スマートタグでおすすめの機能

        スマートタグは機種によって様々な機能が付いています。

        GPS機能付き

        Air tag GPS

        Air tag 道順

        特に大事なものにスマートタグを取り付けるなら、GPS機能についたものがおすすめです。

        GPS機能があれば地図で現在地をすぐに確認できますし、接続が切れても最後まで通信できていた場所が表示されます。

        ただしGPSの作動はあくまでもBluetooth範囲内ですので、範囲外にある物は「最後の接続場所」しかわかりません。

        ひとことメモ
        お子さんやペットの迷子対策や、自転車などの盗難対策として使用するなら「捜索のあたり」が付けられるこのGPSタイプがおすすめ

        防水機能付き

        tile 防水 防滴

        リュックなどの雨に濡れる可能性があるものに取り付ける場合、防水・防滴性能が付いたモデルがおすすめです。

        製品によって防水性能の高さが違いますので、自分が必要な防水レベルの製品を選びましょう。

        ひとことメモ
        防水・防滴性能のあるモデルはIP55とか、IPX7といった表示がされていて、この数字で防水性能の高さが判断できます

        アイテムファインダー付き

        近くにあるのは間違いないんだけど見つからない、そんなことが多い方にはアイテムファインダー(キーファインダー)機能の付いたモデルがおすすめです。

        スマートタグ 相互音 tile

        アイテムファインダーとは、スマートタグの付いた物が見当たらなくてもスマホから操作することでタグから音を出したり、光らせたりできる機能です。

        特に音が鳴るスマートタグなら大体どの辺にあるのかすぐわかりますね。

        ひとことメモ
        音が出るタイプを選ぶ場合、音量の大きさも重視して選びましょう

        クラウドトラッキング

        MAMORIOという機種には「クラウドトラッキング」という機能が搭載されています。

        引用:MAMORIO公式

        これは、盗難などで自分のBluetooth有効範囲外にあるものでも、同じスマートタグを使用している方たちがタグの付いた物の近くを通ると持ち主に通知されるという機能です。

        「同じスマートタグユーザーと協力して探す」というイメージです。(ただし実際他のユーザーに何かやってもらうわけではありませんが)

        盗難された製品などはまず自分の周囲にある事はありませんし、自分の生活圏外に行ってしまうこともあるので、なかなか探し出すのが困難です。

        そんな時、全国の同じスマートタグユーザーが偶然近くを通りかかってくれれば、どこに行ったか見当もつかない大事な物を発見してくれるかもしれません。

        ただしこの機能は同じスマートタグを使用しているユーザーでないと意味がありません。

        人の少ない所などでは発見してもらえる確率が下がりますので、人の多い都市部で使うと効果抜群です。

        ひとことメモ
        クラウドトラッキングはMAMORIO独自ですが、他のスマートタグでも「コミュニティ機能」などの同様の機能が付いたものがあります

        スマートタグ(紛失防止タグ)の使い方

        スマートタグ

        出典:Amazon.co.jp

        スマートタグの使い方はメーカーや機種によって異なりますが、基本的には専用アプリをインストールして、スマホのBluetoothと連動させるだけです。

        後は貴重品のスマートタグを取り付けて、スマホアプリ上から様々な操作や指示をするだけです。

        Airtagとmamorioとtile、買うならどれ?

        スマートタグで人気の御三家といえば「Airtag(エアタグ)」「mamorio(マモリオ)」「tile(タイル)」です。この人気アイテムの中で「どれを買えばいいの??」という方も多いと思いますので、それぞれについて簡単に比較解説します。

        まず結論から言えばPicky’s編集部では、「Airtag(エアタグ)」「tile(タイル)」「mamorio(マモリオ)」の順でおすすめです。

        製品名 特徴・強み
        Airtag 全appleユーザーが紛失物を通知してくれるので圧倒的に追跡率が高い
        mamorio 対象物の置き忘れに強い
        tile タグとスマホ両方からお互いを探せるもの、使用ユーザーが少ない

        AirTag(エアタグ)の良いところは圧倒的なユーザー数で全国どこでも使える。ただし価格は高い

        スマートタグ

        出典:Amazon.co.jp

        Airtagはappleユーザーが紛失物の近くを通ると、自分のiPhoneに通知してくれる機能によって、紛失物を見つけてくれる確率はNo.1です。

        他のスマートタグは同じスマートタグユーザー同士でないと反応しないといった条件があり、ユーザー数の少なさが課題でした。たとえばtileなどを長野県で使用すると、tileユーザーがほとんど存在しないので、相互に発見するという作用が機能しないのです。

        その点iPhoneはエリア関係なく、非常に多くのユーザーが使っているので、落とし物を見つけれる可能性が他のスマートタグより圧倒的に高いです。ただ、Apple製のAIr Tagのデメリットは、「高い」「邪魔」というデメリットです。

        Air tag 大きさ

        Airtagは500円玉大の碁石のような形状で、意外と取り付け方や収納場所に困ります。キーホルダー型にするアクセサリーも売っていますが、純正品はスマートタグと同じくらいの価格なので結構高額です。

        編集部

        iPhoneユーザーのネットワークを使うかどうか、セキュリティを重要視するかがAirtagを使うポイントになるでしょう
        Apple(アップル)
        最安値 ¥3,800 (税込)

        Tile(タイル)やmamorio(マモリオ)は安く買えるがユーザー数が少ない。地方や田舎では使えない

        スマートタグ

        出典:Amazon.co.jp

        一方で、「tile」と「mamorio」は様々な形状があり、使いたい製品によってカード型やキーホルダー型を選ぶことができます。

        またTileなどにはタグ側からスマホを鳴らす機能なども搭載されており、使い勝手は抜群で、価格も比較的安く購入できるメリットがありまう。

        Tile 通知

        ただし、「tile」や「mamorio」は使用してるユーザー数が少ないので、AirTagと比較すると、相互で発見し合う効果でいうとかなり低いです。とくに地方や田舎だと、tileやmamorioを使うユーザーが少ないので、落とし物を発見できる可能性はかなり低いというのがデメリットです。

        東京などの都市部では問題なく使える可能性があるので、「都市部で使用する」「少しでも安く購入したい」「カード型ほしい」という人は「tile」と「mamorio」の方がおすすめです。

        編集部

        価格も大事だけど実用性で選ぶとしたら、やはりAirtagがおすすめです。

        人気のスマートタグを比較まとめ

        1. Airtag・・・日本全国どこでも使用できる。価格は高いけど実用性は圧倒的にNo1。
        2. 「tile」と「mamorio」・・・東京などの都市部では使える。価格は安いけど田舎では使えない。

          キーホルダー型スマートタグ(紛失防止タグ)の比較一覧表

          商品最安価格タグ形状Bluetooth有効範囲電池交換可否GPS機能防水機能アイテムファインダーその他
          [Apple] AirTag(エアタグ)¥3,800 Amazon楽天市場Yahoo!キーホルダー型どこでも×(独自規格)捜索機能あり
          Tile(タイル) Mate RE-19001-AP 電池交換版 スマートスピーカー対応¥2,249 Amazon楽天市場Yahoo!キーホルダー型60m〇防滴(IP55)〇(本体から音)他ユーザー捜索機能あり
          MAMORIO S マモリオ エス White¥4,179 Amazon楽天市場Yahoo!キーホルダー型30m××××他ユーザー検索機能あり
          山善(YAMAZEN) attag(アッタグ) スマートタグ¥1,898 Amazon楽天市場Yahoo!キーホルダー型40m××〇(音)
          [Qrio] Smart Tag(キュリオスマートタグ) Q-ST1 探し物発見機 忘れ物防止確認中 Amazon楽天市場Yahoo!キーホルダー型20m××〇(音)他ユーザー捜索機能あり
          [JIYOU] キーファインダー Key finder 忘れ物防止タグ スマートトラッカー¥2,399 Amazon楽天市場Yahoo!キーホルダー型40m××〇(音)

          キーホルダー型スマートタグおすすめ6選!

          ここからは各形状ごとにおすすめのスマートタグを紹介します。

          まずはスタンダードなキーホルダー型です。

          ちょっとかさばりますが、豊富な機能を搭載しているものが多く、電池交換可能だったりとバランスの良いタイプです。

          以下の記事でAirTag(エアタグ)について詳しくまとめているので、気になる人は是非ご参照ください!

          関連記事:【見つける天才?!】最新のAppleの忘れ物追跡デバイス「AirTag」をレビュー

          シート型スマートタグ(紛失防止タグ)の比較一覧表

          商品最安価格タグ形状Bluetooth有効範囲電池交換可否GPS機能防水機能アイテムファインダーその他
          Tile(タイル)Slim RE-23001-AP 紛失防止 スマートスピーカー対応¥4,003 Amazon楽天市場Yahoo!カード・シート型60m××〇(IPX7)〇(音)他ユーザー捜索機能あり
          [FINDORBIT] ORBIT CARD 紛失防止タグ カード型確認中 Amazon楽天市場Yahoo!カード・シート型30m充電式〇(IPX6)〇(音)
          [Innway] 紛失防止タグ カード型スマートタグ 充電器付属¥5,980 Amazon楽天市場Yahoo!カード・シート型25mUSB充電式×〇(音)

          シート型(カード型)スマートタグおすすめ3選!

          カードや名刺のように薄くて、どこにでも入れておけるシート型です。

          財布やパスポートといった薄いものにスマートタグをつけたい場合は、このタイプを選びましょう。

          シール型スマートタグ(紛失防止タグ)

          商品最安価格タグ形状Bluetooth有効範囲電池交換可否GPS機能防水機能アイテムファインダーその他
          Tile(タイル)Sticker RE-25002-AP 2個パック 紛失防止 日米シェアNo.1¥6,867 Amazon楽天市場Yahoo!シール型45m××〇(IPX7)〇(音)他ユーザー捜索機能あり
          [MAMORIO] FUDA (フューダ) シール型 紛失防止デバイス¥3,278 Amazon楽天市場Yahoo!シール型60m××××クラウドトラッキングあり

          シール型スマートタグおすすめ2選!

          タグをつけたい物にペタッと貼るだけで追跡ができる便利なシール型ですが、それほど種類は多くありません。

          基本的にどんなものにも使え、かさばらないなどのメリットがある一方、電池交換ができなかったりするので注意しましょう。

          スマートタグ(紛失防止タグ)よくある質問Q&A

          最後にスマートタグによくある質問と回答を集めました。

          スマホには使えないの?

          スマートタグはスマホアプリを使って音を慣らしたり、地図で位置を確認するアイテムなので、基本的にスマホ自体に取り付けて紛失防止にはできません。

          ただしスマートタグの中にはスマホからスマートタグを鳴らすだけではなく、スマートタグからスマホを鳴らせる機能がついた物もあります。

          Air tag 呼び出し

          そういった機種であればスマホかスマートタグ、どちらかがあればもう片方を探せるので簡易紛失対策にはなるでしょう。

          有料サービスに加入すると何ができるの?

          スマートタグのメーカーによっては、一部のサービスが有料になっている場合があります。

          引用:Tile公式

          例えばTile (タイル)では月360円の有料会員になることで、置忘れ防止のスマートアラームや他の人との共有、延長保証などが追加されます。

          メーカーによっては無料、他のメーカーでは有料、といった機能もあるので購入時は注意しましょう。

          ひとことメモ
          買った後に「必要な機能を使うために有料会員にならなくてはいけなかった」ということが無いように、あらかじめそのメーカーのサイトで調べておきましょう

          スマートタグを落としたら個人情報がバレますか?

          スマートタグ

          出典:Amazon.co.jp

          スマートタグを盗まれても個人情報等が盗まれて悪用される可能性はありません。

          スマートタグはあくまでもスマホと連動しているだけで、スマートタグ自体に何か登録することは無いからです。

          スマートタグは高いものほど性能が良い?

          スマートタグ

          出典:Amazon.co.jp

          スマートタグは比較的新しい製品のため、各メーカーで相場と言うか価格帯もバラバラで、「高ければ良い」とは一概には言えません。

          もちろん高いものほど高機能になる傾向はありますが、シンプルな機能で良いなら安いものでも普通に使えます。

          そのため、安い・高いで選ぶのではなく「自分の使うシーンに必要な形状、機能なのかどうか」で選ぶと失敗は少なくなるでしょう。

          スマートタグのストーカーやセキュリティ対策

          位置情報を特定できてしまうスマートタグをよくない事に使う人が出てくることも考えられます。ユーザーが安心して使えるように、個人情報の保護の観点や、ストーカーに使われないための対策を各メーカーかなり考えて作っています!

          その中でもAppleのスマートタグはセキュリティという点ではピカイチだったので、appleの場合はどのように個人情報を保護しているのかを解説します!

          独自のネットワークでGPSを使用せずに場所を特定

          スマートタグ

          出典:Amazon.co.jp

          appleのスマートタグは独自のネットワーク(世界中のapple製品間での暗号通信)で位置情報を特定しています。

          なので、第三者がその情報を知ることはできない上にappleでさえ暗号化されているため知ることはできません!

          悪用されないか心配!持ち物にAirTag(エアタグ)が仕込まれた場合

          Air tag プライバシー

          自分のiPhoneに登録していないAirTagが仕込まれたら、「未登録のAirTag」としてiPhoneに通知がきます。また、登録したiPhoneから一定時間離れると音が鳴って知らせてくれます

          このダブルチェックによって、自分のAirTag以外が悪用されることを防いでいるのです!

          スマートタグの人気売れ筋ランキングもチェック

          こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されているスマートタグのランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

          スマートタグは大事なもの、無くしたくない物には必ずつけておきたい製品!

          スマートタグ

          出典:Amazon.co.jp

          スマートタグを無くしたくない大事な物に取り付けておけば、「見つからない」「落とした」といった際にスマホで簡単に捜索できます。

          取り付けたいものによってキーホルダー型やカード型、シート型といったように様々な形状があり、またそれぞれで機能も様々です。

          自分に合ったスマートタグを選んでみてください。

          Picky’s編集部ではこのほかにも、スマホで暮らしが変わる便利なスマート家電を以下の記事で多数紹介しています。

          スマート家電に興味のある方は読んでみてください。

          関連記事:【2021年最新版】自宅を便利に快適にする人気のスマートホーム家電 おすすめ16選をランキングで紹介!

          関連記事:【徹底比較】Amazon Echo全機種まとめ!おすすめ機種から特徴まで検証

          関連記事:【2021年最新版】スマートスピーカー Google nest 全4機種を比較&人気おすすめランキング!

          この記事は参考になりましたか?

          SNS

          Picky’sのSNSアカウントをフォロー