【おしゃれ&軽量】ソロテントおすすめ21選|キャンプ女子に人気のワンポール・カマボコも!

ソロテント おすすめ

ソロキャンプ用テントは、ワンポール型・カマボコ型・ドーム型など、種類がさまざま。最近は、おしゃれな見た目でありながら、簡単に設営できるソロテント・前室が広くて快適なモデルが増えています。

コールマン・DOD・ロゴスなど、人気メーカーが揃う中で、特にソロキャンプ初心者は「価格は安い方がいいけど、機能性や耐久性も妥協したくない」「デザインの好みだけで決めていいのか不安」と、迷っている方も多いのではないでしょうか?

本記事では、テントの種類や失敗しない選び方のポイント、人気メーカーなどを徹底解説!とんがり屋根が可愛いワンポール型や定番のドーム型など、カテゴリーごとに売れ筋の商品21選もご紹介します。あなたもお気に入りのソロテントが見つかるはずですよ。

この記事を監修した専門家

徒歩キャンパー / キャンプブロガー
コーディ
コスパが大事な低所得キャンパー&登山好き。
バックパックにキャンプ用品を詰めていく徒歩キャンプを中心に、年間20~30回程キャンプに行っています。
キャンプと登山のブログ「インディキャンプ」を運営。
オススメのキャンプ場/軽量なキャンプ・登山用品/低コストでキャンプが楽しめる情報などを発信しています。

※「専門家のおすすめソロテント」以外の商品の選定には関与しておりません。

【かわいいVSかっこいい】ソロキャンプ用テントの種類

テントを選ぶ際、まずはテントの種類をチェックしましょう。テントの種類は、オーソドックスなドーム型から、おしゃれなワンポールテント、最近登場したカマボコテントまで多彩

タイプによって、かわいいデザインやかっこいいデザインなど、見た目が大きく異なります。設営の簡単さや適した利用シーンも変わるため、詳しく見ていきましょう!

【キャンプ女子に人気】おしゃれで設営しやすい「ワンポール型」

ワンポール型テント

ワンポールテントとは、1本のポールで全体を支える円錐型のテントのこと。別名「ティピーテント」とも呼ばれます。可愛らしい見た目からSNS映えすると女性に人気のテントです。屋根が高いので、着替えが楽にできるのも嬉しいですね。

ワンポールテントは、円錐型を基本とし、三角錐や六角錐などさまざまな形やデザインがあります。角数が増えるごとに強度や安定感が増すので、強風に煽られても倒れにくいのがポイント。

三角錐はペグ(テントやタープを地面に固定するために打ち込む杭いのこと)を打つ数が少なく、設営しやすいためソロキャンプにおすすめです。

【最近の流行りはコレ!】室内が広くて快適な「カマボコ型」

外観:

かまぼこ型テント

出典:amazon.co.jp

室内:

かまぼこ型の室内

出典:amazon.co.jp

カマボコ型テントとは、寝室とリビングスペースが設けられた、トンネル状のテントのこと。「トンネル型」と呼ばれることもあります。「2ルーム型」の居住性と、「ワンポール型」「ドーム型」の設営のしやすさを兼ね備えていることが特徴です。

面積が広いため安定感があり、特に雨天時や強風の時には大活躍します。屋根がフラットに近い状態になることから、居住空間を広々使えるのもポイントです。

一見、サイズが大きすぎるように見えますが、最近はソロキャンパーにも大人気。「カマボコテント」ブームに火をつけた「DOD」からは、ソロキャンプ用が発売されており、おすすめです。

関連記事:【高コスパで快適】2ルームテントおすすめ20選|ファミリーキャンプに大人気(2021年)

【初心者におすすめ】種類が多くて価格が安い「ドーム型」

ドーム型テント

ドーム型は古くからキャンパーたちに愛されている定番のテント。3,000円台とリーズナブルなものから、10万円以上の高級モデルまで、種類が豊富なのも魅力です。

ドーム型は、2本のポールを十字にクロスさせてインナーテントに固定するシンプルな構造のものが多いので、設営が簡単。軽量コンパクトに収納できるため、一人でも持ち運びやすいのがメリットです。

とりあえず低価格のキャンプ用テントを探している方や、まずは定番のテントタイプから試してみたいビギナーソロキャンパーにおすすめです。

【女性でも簡単設営】5〜10分で設置できる「ワンタッチ型」「ポップアップ型」

ワンタッチ型:

ワンタッチテント

出典:amazon.co.jp

ポップアップ型:

ポップアップテント

出典:amazon.co.jp

ポールをセットすることなくすぐに設営できるのが「ワンタッチ型」と「ポップアップ型」。慣れれば5〜10分で組み立てることも可能です。

ワンタッチテントは、テントと骨組みが一体化しているため、傘のように広げるだけで簡単に設営が完了します。ポップアップテントは、収納ケースからテントを取り出すだけで自力で開くため、形を整えて自立させればOK!どちらも底面をペグダウンすれば完成です。

キャンプはもちろん、フェスなどの屋外イベントにも使える気軽さが嬉しいですね。構造上、ポップアップよりワンタッチ型の方が頑丈なので、キャンプでの宿泊にはワンタッチテントがおすすめ。日帰りのピクニックや公園、ビーチなどでの使用は、より手軽なポップアップテントが便利です。

関連記事:【大型・ポップアップも】ワンタッチテントおすすめ18選|たたみ方や人気メーカーも解説!

【かっこいい軍用テント】タープ要らずの「パップテント(シェルターハーフ)」

パップテント かっこいい

出典:amazon.co.jp

無骨さがかっこいいと注目を集めているパップテント(軍幕テント)。少ないパーツで、スピーディーに設営できるのが特徴です。また、就寝時にクローズする布を張り上げるだけで、タープ(ひさし)ができるのがポイント。

パップテントは、熱に強いコットンや、ポリコットン素材を使用したものが多く、耐久性に優れているのも魅力です。シンプルでクールなテントを選びたい方は、要チェックのテントです!

コーディ

見た目だけではなく、自分がしたいキャンプに1番合っているものを選ぶことが大切です。
なるべく面倒は減らしてゆっくりする時間を増やしたいならポップアップ型。
テント内で過ごす時間が多くなりそうなら、快適な室内空間のカマボコ型、といった具合です。
また、広さだけでなく高さにも注意。テント内で立ち上がったり、背の高い椅子を使う場合は、高さがあるワンポール型やカマボコ型を選びましょう。他の種類は高さが低いものが多いので、基本的には座って使うことになります。

失敗しない!ソロキャンプ用テントの選び方

せっかくソロテントを購入するなら、「実際に使ってみたら狭かった」「テント内が暑すぎた・寒すぎた……」などの失敗は避けたいですよね。ここでは、「テント内での快適性」「持ち運びやすさ」などに注目して、後悔しないためのソロテントの選び方を紹介します。

①【急な雨対策・荷物置きに便利】前室の広さを確認しよう!

テントの前室

出典:amazon.co.jp

テント選びの際は、前室の広さもチェックしましょう。寝室の前に、荷物や調理器具などを置けるスペースがあると便利です。悪天候になった場合の避難所としても利用できるため、キャンプをより快適に過ごせます。

前室が付いているのはフライシート付きのダブルウォールと呼ばれるテントのみダブルウォールは、雨の侵入や結露を防ぐ効果があり、冬は防寒対策になるのが嬉しいですね。シングルウォールは別売りのタープを購入すれば、屋根付きのスペースを確保できます。

コーディ

シングルウォールは設営が手軽な反面、防水生地であっても結露でテントの内側が濡れることがあるのでご注意ください。
テントによっては水滴がポタポタ…なんてこともあります。

②【ツーリング・登山でも楽チン】軽量コンパクトな収納サイズを選ぼう

コンパクトが便利

出典:amazon.co.jp

テントの持ち運びや移動も考えて、収納サイズや重さも確認しましょう。ツーリングや登山で利用するなら特に、軽量コンパクトタイプがベスト

テントサイズは、ソロキャンプの場合でも、ワンサイズ大きめが理想です。荷物の配置や居住性を考えると、1人用では窮屈に感じることもあるためです。しかし、収納サイズが大きすぎると、テントを運ぶのが大変になってしまいます。

バイクの荷台に荷物を載せて運ぶ場合、積載荷物は「荷台+左右各15cmまで」「後方のはみ出しは30cm以内」と定められています。登山の場合でも、収納サイズは長さ50cm以下に納めると持ち運びやすいです。テントの重量は2kg前後を目安にしましょう

コーディ

テント含むキャンプ用品を軽量コンパクトにする事によって、リュックやキャリーケースに詰めてキャンプに行けちゃいます!
電車やバス、飛行機等を利用できるので、費用を抑えられたり遠方のキャンプ場に行くことができたりと、楽しみ方が広がります。

③【通気性◎】「メッシュ窓付き」なら暑い夏でも快適

メッシュ窓

出典:amazon.co.jp

夏でも快適に過ごしたいなら、通気性のいいメッシュ窓付きのソロテントがおすすめ。サイドにメッシュ窓が付いているテントや、インナーテントがフルメッシュのモデルなどが販売されています。テントの前後両方をメッシュにできるタイプなら、風通しが良く、夏の蒸し暑さも軽減できますよ

④【防寒・防雪に】冬キャンプするなら「スカート付き」を

スカート付きテント

出典:rakuten.co.jp

スカートとは地面とテントの間を隙間を覆い、風や雨の吹き込みを遮るための布のこと。保温性を高めてくれることから、冬のキャンプに大活躍します。虫の侵入も防いでくれるので、気になる方はスカート付きをおすすめします。

関連記事:2人用テントのおすすめ15選|人気のコールマン・GeerTop・格安モデルを厳選

【お試し・手ぶらキャンプに】使うときだけ「レンタル」もおすすめ

関連記事:【徹底比較】キャンプ用品レンタルおすすめ11選|安い&関東・関西の人気サービスを紹介

コーディ

「自分がしたいキャンプに合うものがやっぱりわからない…。」
という方は、まずは一式レンタルしてみて「もっと簡単に設営できるテントがいいな」とか「テーブルはもうちょっと広い方がいいな」など、こだわりたい部分を決めてから購入すると失敗が少ないのでオススメです。
自分の理想に徐々に近づいていけます。

専門家のおすすめソロテント

この記事を監修したコーディさんがおすすめするソロテントを1つご紹介します!

【ワンポール】ソロキャンプ用テントおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(amazon、楽天、Yahoo、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。

商品最安価格収容人数展開サイズ収納サイズ重量ウォール通気口
BUNDOK(バンドック) ソロ ティピー タープ付き¥19,551 Amazon楽天市場Yahoo!1人用フライ:幅240x奥行240x高さ150cm、インナー:幅220x奥行100x高さ135cm直径19×長さ42cm約2.2kgダブルウォール有(-)
DOD(ディーオーディー) ライダーズワンポールテント¥11,980 Amazon楽天市場Yahoo!1人用幅290×奥行290×高さ183cm幅50×奥行14×高さ14cm約2.6kgダブルウォール有(-)
LOGOS ナバホ Tepee¥20,745 Amazon楽天市場Yahoo!2~3人用幅300×奥行250×高さ180cm直径18×長さ52cm約4kgダブルウォール有(-)
tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン) パンダ¥22,330 Amazon楽天市場Yahoo!1人用フライ:幅240×奥行240×高さ150cm、インナー:幅220×奥行100×高さ135cm幅43×奥行24×高さ130cm約2.26kgタブルウォール有(1カ所)
Canadian East(カナディアンイースト) Pilz7 BLACK確認中 Amazon楽天市場Yahoo!2~3人用幅330×奥行286×高さ180cm幅15×奥行16×長さ53cm約2.3kgシングルウォール有(1カ所)

【ワンポール】ソロキャンプ用テントおすすめ人気ランキング5選

【ドーム】ソロキャンプ用テント人気ランキング比較一覧表

商品最安価格収容人数展開サイズ収納サイズ重量ウォール通気口
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) クレセント ドームテント¥6,399 Amazon楽天市場Yahoo!3人用幅200×奥行200×高さ130cm幅66×奥行14×高さ14cm約2.5kgダブルウォール
コールマン(Coleman) テント ツーリングドーム LX 2~3人用¥15,062 Amazon楽天市場Yahoo!2~3人用幅210×奥行180×高さ110cm​直径21×長さ49cm​約5.2Kgダブルウォール有(2カ所)
フィールドア(FIELDOOR)フィールドキャンプドーム100Amazon¥8,030 楽天市場Yahoo!1人用フライ:幅210×奥行105×高さ110cm、インナー:幅200×奥行100×高さ100cm直径18×長さ44cm約2.2kgダブルウォール有(2カ所)
BUNDOK(バンドック) ツーリング テント タープ付き確認中 Amazon楽天市場Yahoo!1~2人用フライ:幅210×奥行210×高さ115cm、インナー:幅197x奥行110x高さ105cm直径13.5x長さ46cm約2.3kgダブルウォール
BUNDOK(バンドック) ソロ ドーム確認中 Amazon楽天市場Yahoo!1人用幅200x奥行150x高さ110cm直径15×長さ38cm約1.8kgダブルウォール有(1カ所)

【ドーム】ソロキャンプ用テントおすすめ人気ランキング5選

【パップテント】ソロキャンプ用テント人気ランキング比較一覧表

商品最安価格収容人数展開サイズ収納サイズ重量ウォール通気口
MR.PUP ミスターパップ¥8,880 Amazon楽天市場Yahoo!1人用フライ:幅360×奥行190×高さ110cm、インナー:幅190×奥行85×高さ110cm直径25×長さ75cm約5kgダブルウォール
Soomloomミリタリーテント¥14,900 Amazon楽天市場Yahoo!1人用幅360cm×奥行190cm×高さ110cm直径19×長さ42cm約6.4kgダブルウォール
FIELDOORパップテントTC320¥15,400 Amazon楽天市場Yahoo!1人用フライ:幅320×奥行210×高さ130cm、インナー:幅200×奥行105×高さ120cm直径20×長さ73cm約7.5kgダブルウォール
TOMOUNT パップテント TC素材¥17,800 Amazon楽天市場Yahoo!-フライ:幅360×奥行200×高さ115cm、インナー:幅210×奥行85×高さ100cm直径20×長さ50cm約5.7kgダブルウォール-

【パップテント】ソロキャンプ用テントおすすめ人気ランキング4選

【ワンタッチ】ソロキャンプ用テント人気ランキング比較一覧表

商品最安価格収容人数展開サイズ収納サイズ重量ウォール通気口
コールマン(Coleman) クィツクアップIGシェード+¥12,800 Amazon楽天市場Yahoo!約2~3名幅200×奥行150×高さ125cm直径59×幅8cm約2.7kgシングルウォール有(2カ所)
AND・DECO ワンタッチドームテントAmazon¥3,999 楽天市場Yahoo!1~2人用幅16.3×奥行120×高さ120cm-約1.5kgシングルウォール
villimetsa(ヴィリメッツァ) ポップアップテントAmazon¥6,290 楽天市場Yahoo!1人用幅200x奥行180×高さ125cm直径61×幅6cm約3.2kgシングルウォール有(4カ所)
GOGlamping ワンタッチテント確認中 Amazon楽天市場Yahoo!1〜2人用幅225x奥行145×高さ120cm直径16×幅80cm約3.6kgシングルウォール-

【ワンタッチ】ソロキャンプ用テントおすすめ人気ランキング4選

【8,000円以下】安いソロキャンプ用テント人気ランキング比較一覧表

商品最安価格収容人数展開サイズ収納サイズ重量ウォール通気口
コールマン(Coleman) スクリーンIGシェード¥6,964 Amazon楽天市場Yahoo!3~4人用幅210×奥行180×高さ120cm直径15×長さ60cm約3kgシングルウォール
Moon Lence コンパクトテント確認中 Amazon楽天市場Yahoo!1~2人幅220×奥行140×高さ120cm直径15×長さ46cm2.35kgダブルウォール有(2カ所)
TOMOUNT ソロテント¥7,990 Amazon楽天市場Yahoo!1~2人用幅225×奥行160×高さ110cm直径18×長さ45cm約1.85kgダブルウォール

【8,000円以下】安いソロキャンプ用テントおすすめ人気ランキング3選

ソロキャンプ用テントのおすすめ人気メーカー

グランピングムームの先駆者「ノルディスク(Nordisk)」

北欧・デンマークにて1901年に創業した老舗ブランド。白いコットンとハイセンスなデザインが目を引くティピー型テントで一躍注目を浴びました。

極寒の過酷な環境にも耐えることができる頑丈な設計で、内部で焚き火や料理ができるのが特徴。最近ではポリエステルを使用したカマボコ型テントなども人気です。

  • ラグジュアリーな雰囲気のティピー型テントをメインに展開
  • 耐水性に優れ、火に強いポリコットンを使用
  • 内部に多くのポケットを備えるなど居住空間を快適に過ごせる設計が魅力

職人品質を誇る日本ブランド「小川(ogawa・オガワ)」

オリジナルキャンプグッズを取り扱うキャンパルジャパンが展開するブランド。100年以上の歴史を持ち、テントの開発や製造を手がけています。

就寝スペースのみが主流だったころ、屋根と一体化したリビングスペースを備えた「オーナーロッジ」と呼ばれるテントを開発。生地の防水機能、生地の縫い目の強度など、高品質を追求する日本の技術が詰まったテントが魅力です。

廃盤になっている旧モデルも可能な限り修理に対応してくれます。

  • 職人技術が詰まった高品質なテント
  • ファミリータイプをメインに、ソロキャンプ用のテントも展開
  • 修理にも柔軟に対応

リーズナブルで高機能な「コールマン(Coleman)」

キャンプからスポーツ用品まで扱うアメリカのアウトドアメーカー。機能性が高くリーズナブルなテントが多く、ビギナーにおすすめのブランドです。

ワンタッチ型やポップアップ型などの簡単に設営できるタイプから、キャンパーに向けたアメリカンヴィテージシリーズなどレトロなテントまで、幅広い商品を展開しています。

  • デザインや種類が豊富
  • リーズナブルでコストパフォーマンスが高い
  • 初心者でも簡単に設営が可能

テントの最高峰と呼ばれる「ヒルバーグ(Hilleberg)」

テントの最高峰ともいわれるキャンパー憧れのブランド。世界初のインナーとフライシートが一体となったテントを誕生させたことで知られています。

スウェーデン発祥のヒルバーグならではの機能が満載で、北欧の過酷な環境下でも耐えられるテントを開発。通常素材より6倍の強度を持つケルロンという素材を使い、高い耐久性、耐水性を備えています。

  • 圧倒的な耐久性の強さが魅力
  • オールシーズン使用可能

軽量でコンパクトな商品が揃う「ノースフェイス(THE NORTH FACE )」

1975年に世界で初めてドーム型テントを販売したパイオニア的存在のアウトドアブランド。開発した翌年にはイギリス・カナダ合同隊のパタゴニア遠征に採用され、風速200kmもの暴風に耐えた功績を持ちます。

登山家などプロが愛用するテントからファミリータイプまで数多く展開。レジャー用、ツーリング用にぴったりの軽量でコンパクトに収納できるテントも充実しており、女性のキャンパーにも支持されています。

  • 持ち運びに便利なコンパクトタイプが充実
  • 耐久性のほか、追求性や安全性に考慮した設計

オシャレ・高機能・安さを備えた「DOD(ディーオーディー)」

個性的なテントが揃う日本のキャンプギアブランド。カマボコ型をはじめ、タケノコテント、レンコンテントなど、ユニークで親しみやすい名称のテントを販売しています。

DOD最大の魅力は安さ。広告を出さない分、機能性や利便性を損ねずに購入しやすい価格を実現しています。ワンタッチ型、ワンポール型をベースにビギナーに優しい設営のテントが揃います。

  • オリジナルデザインが充実
  • 広告を出さないためリーズナブル
  • 設営が簡単なテントが豊富

【ワンポール・カマボコ・ドーム型】ソロテントの設営方法

「一人でテントを張るのが不安……」という方のために、テントの張り方を解説します!案外簡単なので、慣れれば15分程度で設営可能ですよ。

ワンポールテントの張り方

ワンポールテントの設営方法

出典:amazon.co.jp

  1. 収納ケースからテント一式を取り出す
  2. マットを敷いてペグを打つ
  3. テントをマットの上に広げ、マットと同じ位置に合わせたらペグを打つ
  4. マットの中央にポール立て、屋根の中央に合わせる
  5. シートの貼り具合を確認し微調整を行ったら完成
  6. フライシート(外張りの役割を果たすシートのこと)がある場合は上から被せてペグを打つ

編集部

「3」の工程でフライシートを重ねて設営する方法もありますが、後から張る方がたるみを防げますよ

カマボコ型テントの張り方

かまぼこ型の設営方法

出典:amazon.co,jp

  1. フライシートにポールをセットして半円弧の状態したら、後面をペグダウン
  2. 「1」で固定した位置から一つ目のポールを立ち上げてペグタウン
  3. 「2」で固定したポール部分の次の位置にあるポールを立ち上げてペグダウン
  4. 前面のフライシートをペグダウン
  5. インナーテントをフライシート内に入れる

ドーム型テントの張り方

ドーム型テントの設営方法

出典:amazon.co.jp

  1. ポールをクロスさせてシートの4箇所に固定
  2. インナーテントをポールにフックなどで固定する
  3. フライシートをポールの上から被せたらバックルに固定して、ペグダウン
  4. 完成

コーディ

同じ種類のテントであっても、今回紹介した張り方よりも設営が簡単なものもあります。
ソロで初めてキャンプを行う場合、どうしても設営に時間がかかるものなので、なるべく設営手順が少なく、展開サイズが大きすぎないものをチェックして選ぶのがおすすめです。
「設営に時間がかかって疲れ果ててしまった…」なんて方、結構多くいます…

登山用の「ツェルト」がソロキャンプに活躍!

ツェルトとは、山登りで携帯する緊急用テントのこと。登山時に携帯しておくべきマストアイテムですが、軽量かつ収納時は350mlの缶ジュースほどのサイズになることから、最近はソロキャンプでツェルト泊するキャンパーが増えています。

形状は、天候が悪化した時にポンチョとして羽織れる布型タイプと、簡易的なドーム型タイプが主流。結露などを防ぐ高機能ツェルトなども販売されています。

キャンプ・アウトドアにおすすめのアイテム

レントリーでは、キャンプ・アウトドアにおすすめのアイテムをたくさん紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

関連記事:【ビバークでも安心】ツェルトおすすめランキング20選|モンベル・ファイントラックも紹介

関連記事:【折りたためて小型化も】ロケットストーブおすすめ10選|煙突付きで料理も美味しく作れる

関連記事:【寝るときも安全】冬のキャンプにおすすめの暖房15選|テント内で使える電気タイプも【2021】

関連記事:テント内で使う方法も!薪ストーブおすすめ17選|ソロ向けの安い小型タイプも紹介

関連記事:スマホアプリ VS 専用GPS?登山用GPSおすすめ10選をハンディ・時計別で紹介|ガーミンの使い方も

関連記事:ワンタッチテントおすすめ18選|たたみ方・人気メーカーを解説【大型・ポップアップも】

関連記事:2人用テントのおすすめ15選|人気のコールマン・GeerTop・格安モデルを厳選

関連記事:【キャンプや防災にも】ランタンおすすめ25選!持っておくべきLEDやテーブルタイプを厳選

関連記事:【三脚 VS 打ち込み】ランタンスタンドおすすめ15選!人気モデルを徹底比較【2021年】

関連記事:緊急時に保温!エマージェンシーシートおすすめ10選|普段使いもできる!ダイソー製品の実力は?

関連記事:燻製器おすすめ15選|自宅・キャンプで使える人気モデルとは?失敗しない選び方を公開

関連記事:ライスクッカーおすすめ15選|キャンプに最適な小型タイプ・失敗しない炊き方を解説【2021】

関連記事:【プロが選んだ】明るさ最強の懐中電灯 おすすめ15選|防災・アウトドアに人気アイテムを解説

関連記事:フォンデュ鍋の人気商品15選|電気・直火タイプも紹介・フォンデュ以外の他の使い方も

関連記事:【流行はロースタイル】アウトドアテーブルおすすめ20選|人気の折りたたみ式コンパクトモデルを厳選

関連記事:【可愛い&おしゃれ】キッズテント20選|ティピー・ボールハウス・子供に人気のキャラものを厳選

関連記事:高音質&大音量!アウトドア用スピーカーおすすめ26選|Bluetooth接続のポータブルタイプ

関連記事:キャンプに最適!ハンモックスタンドおすすめ15選|持ち運びやすい軽量・コンパクトタイプも

関連記事:大人数からソロキャン用まで!バーベキューコンロおすすめ20選|持ち運びに便利な折り畳みモデルも

関連記事:【組み立て簡単】ハンモックおすすめ人気15選 | キャンプでも室内でも使える!

関連記事:【オールシーズン使える】寝袋おすすめランキング20選 |コスパ最強モデルを厳選紹介

関連記事:【保冷力、最強!】クーラーボックスおすすめ15選|ソロキャン用の小型タイプも紹介

こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されているソロキャンプ用テントのランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

おすすめソロキャンプ用(一人用)テントのまとめ

ソロキャンプ用のテントの選び方とおすすめランキングをご紹介しました。ソロキャンプ用テントを購入する際のポイントは以下の通りです。

  • オシャレでかわいいテントは「ワンポール型」
  • 寝室とリビングを分けるなら「カマボコ型」
  • 軽量・コンパクト・防水性を重視するなら「ドーム型」
  • 焚火を楽しめるのは「パップテント」
  • 簡単設営&レジャー向きは「ワンタッチ型」「ポップアップ型」

初めてのソロキャンプでは、雨天時の対応に備えた前室付きのテントがおすすめです。虫が苦手な方はスカート付きを選ぶと安心です。この記事を参考に、ぜひ自分にぴったりなテントを見つけてくださいね。

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー